アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

お疲れ様です。
現場マイスターのかた、教えてください。
緊急です。

材厚t-22のプレートに対し、貫通させずにタップ切する方法を教えてください。

・ボルト径 16mm、穴径 17mm のタップを切りたい。

※事務所側の間違いにより、現場にご迷惑をおかけしております。
径の小さなボルト用のタップが切ってあります。
現在、ボルト径 12mm、穴径 13mm

該当プレートの背面がH鋼 h-200 のフランジに固定されており、構造上・ルール上、その鉄骨に穴をあけることができません。
一面からの穴開け(下面から鉛直上方に向けての穴開け)により、上記穴径のタップを切りたいのですが、
H鋼フランジまで達せずタップを切る方法がわかりません。

建て方進捗のため、部材の解体、入れ替えは不可
各種制約のため、現場鍛冶工事も選択できません。

工具、キリ材などの購入 可
よほどの金額でない限り、予算上の制約もありません。

困っております。
お詳しい方ご教授ください。

A 回答 (3件)

皆さんのご意見もっともです。


唯作業には錐やタップ形状は一般用のものではだめです。
(奥の先端まで加工できるように、最初の入り口のみとっつきは普通のやり方で。後半は改造した工具を使うとかができればいいのですが・・・)

なお、切粉の詰まる可能性が非常に高いので、切削油に気を配り、穴の掃除回数を必ず増やしてください。 少しずつやれば時間がかかりますが可能です。
    • good
    • 0

15mmφの穴を貫通させないようにドリルで開け、M16のタップを立てればいいんじゃないですか。

    • good
    • 1

貫通させられないということは、下穴もタップも深さ調整できるものということにはなりますね。



>現在、径の小さなボルト用のタップが切ってあります。

これは先に開けてあるのでプレート自体は既に貫通穴が開いているということですね。
で、同じ芯位置でM16のタップを立てたいと。

既に穴は空いてしまっていますが、ギリギリまで下穴を掘り込みたいので、14前後(許容値は調べて下さい)のドリルで奥まで開けたあと、エンドミルか底刃付リーマで先端外周を削り込み。

ネジ穴自体は「止まり穴」加工用を使うことになりますから、タップも先タップ 中タップ 仕上げタップ に、更に止まり穴用ということになるかと。

プレートの現場での状態がはっきりわかりませんが、ドリルは安定固定させたいので、可能であればマグネットボール盤(日東工器のアトラシリーズなど)とかで、穴を正確に開けていきたいですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!