最新閲覧日:

一般的な黒色アルマイトは絶縁体となるのですが、その黒色アルマイトに導電性を持たせることは可能でしょうか?
また、そういったものは実在するのでしょうか?

A 回答 (4件)

導電性のあるアルマイトがあるという話を聞きました。


下のアドレスの会社が行っているそうです。
ただ、黒い皮膜にするのが可能かどうかはわからないので詳しいことは聞いてみてください。
他にも3社程そのような処理を行えるところはあるらしいです。

参考URL:http://shinshu.online.co.jp/business/industryweb …
    • good
    • 0

こんにちは、



アルマイト(アルミニウムの陽極酸化処理)においては、アルミ表面に酸化アルミを生成させることです。酸化アルミは導電性はありません。
アルマイト生成過程はアルミ自身が酸化していくときに、アルミ表面全面に酸化膜ができるのではなくて、ミクロン単位の穴が無数にできながら、酸化していきます。この穴は通電しています。(そうでないと、酸化膜ができたら通電できなくなり、陽極酸化がそれ以上できなくなる)
その穴に染料などを入れる場合もありますが、アルマイト処理後、封孔(ふうこう)という作業によって、穴を閉じます。

導電性をもたせるには、この穴の中に通電物質を入れたら良いのですが・・・
普通、アルマイトの目的は、柔らかいアルミ表面を保護するために行うので、最後の封孔処理は欠かせません。(製品とならない)また、封孔せずに放置しても、空気中の水分等でしだいに穴は小さくなっていきます。
導電性の可能性はあるが、技術的には難しいのでは、というのが私の意見です。

ところで、アルミは通常銀白色なので、アルマイトしても銀白色です。純度の低いアルミなら多少黄色くなりますが、黒色ということは染料で染めていませんか?
この場合、さきほどの穴に染料が入ってしまうことになるので伝導性の確保は難しくなってしまいます。
    • good
    • 0

アルマイトに導電性を持たせることはできません


どうしても導電性が必要ならメッキを考えられてはいかがでしょう?
ニッケル、クロムもできますよ
ニッケルなら色合いが違いますけど黒ニッケルメッキがあります
参考URLを別に示します

参考URL:http://www.sepi.co.jp/
    • good
    • 0

 御質問のアルマイトとは、アルミの陽極酸化処理の事と考えてよろしいのでしょうか?



 自分は非鉄金属、或いは金属表面処理の専門家、ではありませんが、アルミ(ジュラルミン)を比較的頻繁に使う機械設計屋なので、一応経験者とゆぅ事で回答させて頂きます。

 アルマイトは御指摘通り絶縁性がありますが、元が酸化皮膜なので、この表層自体に導電性を持たせる事は不可能ではないか?と思われます。
 また、導電性のあるアルマイトなる処理方法は、ワタシは耳にした事はありません。

 御質問の内容だけでは状況がよく判りませんが、もし導電性と耐蝕性が御必要なら、銅メッキ、或いは銀メッキを御検討されては如何でしょう?(アルミニウムを電気回路の端子とする場合、銀メッキが一般的の様です)
 ただ、これは着色出来ないので(銅或いは銀の色そのまま)、見た目がブラックアルマイトの様にはなりませんが・・・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ