見守り電球またはGPS端末が特価中!

カルチャースクールで、日本舞踊を習いたいのですが、習う際は必ず着物を着用しなければならないのでしょうか?
経験者の方やお分かりになる方、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

着物でなくても少なくとも浴衣・帯・足袋 は


着用ということになります。
着物(ポリエステルも含む・・?)じゃないとだめとか
帯も半幅帯でも大丈夫なところ、おたいこ帯じゃないと
・・という雰囲気のところもあるようです。そこは
カルチャーセンターの受付や担当の先生の方によく
お問い合わせください。たずねれば、いろいろ
教えてくださいますよ^^

日本の伝統的舞踊には着物の
「襟」「袖」「たもと」ときには「裾」が
舞踊表現としてとても重要になるのです。
ですので、他のワモノの御稽古と違い
舞踊には「きもの」がツールとしても
とても重要です。

着つけも教えていただけるところも
多いと思います。
舞踊用の着つけは他のどこの着つけよりも
動きやすいようになっていますよ。
着物に着なれるにも舞踊は一番いいと思います。
    • good
    • 0

日本舞踊のお稽古はやはり着物です。


しかし、浴衣で十分ですよ。
なぜなら、結構体力を使います。
年配の方でリハビリに来ている方から本格的にされる方までさまざまですが、真剣に稽古しようとなると、汗もかきます。
正絹の長襦袢なんて着ていられませんよ。
季節的に今はないかもしれませんが、ユニクロで一式揃って5000円くらいのものもあると思います。
とりあえずはそれで良いのではないでしょうか。
着付けが出来なくても、きっと教えて下さいますよ。
大丈夫です。
踊りも踊れるようになって、立ち居振る舞いも綺麗になって、着付けも出来れば、一石三鳥ですね(^・^)
私もこの春からお稽古場をやっと持てそうです。
生徒さんがたくさん集まったら嬉しいな…☆
    • good
    • 1

やはり、着物を買うことがネックになっていたのですね・・^^



浴衣でも大丈夫なところもありますので、教室に問い合わせたら
いいと思いますよ。

リサイクル着物は「リサイクル 着物」などで検索すれば
いろいろお店情報も出てくると思います。
個人的には仕立て上がりであることを考えると
ネットショップよりも
体に合わせられる店舗買いの方がいい気がしますが・・・。

日本の舞踊は見た目はしとやかに見えますが
結構な「スポーツ」です。
私は地唄舞(上方舞)をやってましたが、ゆっくりした
動きでも、下半身の筋肉をたいそう使います。
私は御稽古後、いつも筋肉痛でした・・。
冬でも汗をかきます。

日本舞踊は地唄舞より動きますので、息切れ
することもあるかもしれませんね・・。

まぁ何事も経験。舞踊を習うことはきっとmiliomilioさんの
人生に大きな+になると思いますよ!
応援してます!!
    • good
    • 0

つづきです。



着物を買わなければいけない場合でも、
骨董市やアンティークのお店(日舞用には向かないかな?)
リサイクルショップなどでは洋服並の値段で(そこまでいかなくても
かなり格安で)
きものを買うことができますので、すごい出費には
ならないと思います。

着物の出費がハードルになっているようでしたら、
そういうことですので、心配なさらないでくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
女性らしさを身に付けたく、日舞に興味を持ったのですが・・やはり出費が気になってました。
着物に関して知識もなかったので(リサイクルショップでも意識して見たこともありませんでしたので)、とても参考になりました。
2度もご親切に回答してくださり、ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/16 22:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本舞踊を習ってみたいのですが・・・

私は今21歳です。そして、普通の会社員です。

昔から日本舞踊を習ってみたいと思ってます。
しかし、日本舞踊を見るのがとりわけ好きと言うわけでもないし、なんとなく興味があるだけで、軽く本当の趣味としてかじってみたいだけです。

私はピアノを長いこと習っています。
質問するに当たり、ここのサイトや他の所も少し見てみたのですが、日本舞踊も音楽関係と同じような古典的で閉鎖的な匂いを感じました。
色々な宗派?流儀?みたいなのがあるようで、はっきり言って全然違いが分かりません!

こんな私が日本舞踊をはじめるとしたら、どんなところで習えばよいのでしょうか?
というか、私のようなものが習えますか?
又、相場でお金はどのくらいかかるものですか?

どんな話でもよいので、お聞かせください。

Aベストアンサー

以前に、同じようなご質問された方への回答とカブってしまうかもしれませんが、参加させてください(笑)
日舞は、古典と新舞踊がありまして、それに伴う「流派」があります。
良くNHKとかで出ている「歌詞が古語」みたいな日舞は、古典です。演歌に乗せて踊るのは新舞踊です。簡単に言うと。
流派も様々あって、古典の代表的な「藤間や花柳」など、どデカい伝統のある流派はお行儀や格式が結構キビしいです。(同流派の末端さんの方は分かりませんが)
しかし、これらの流派で、ゆくゆく名取りとかになった場合に、「ステイタス」または「ネームバリュー」がありますね。
新舞踊は、恐らくどこの市町村でもお気軽に入れて、そんなに格式やうるささもないと思います。
下の方も書いてある通り、セミナーセンターや、地域がやっている日舞を利用すると気軽ですね。
月謝は、本当にお師匠さんによりますが、弟子入りする場合は、
古典で「入会金1万~3万、月謝1万5千円~3万」
新舞踊で「入会金5千円~1万、月謝5千円~1万」
程度だと思います。
閉鎖的な匂いを感じているのはごもっともだと思います。一般的には想像も付かないような暗黙のルールが多々あります(笑)
例えば、他で日舞を披露する時は「絶対」に師匠に一報して許しをもらう。とかですね。しかし、日舞の世界で21歳は全然若手(というか子供)なので、丁寧に教えてくれるハズです。新舞踊の場合は、古典みたいに閉鎖さはないです。
古典の名のあるところの場合は、更に「切符買い」や「盆暮れ正月」もあります。有名な方や歌舞伎役者が流派のトップの場合は、お師匠さんの所に切符が送られてきまして、希望する弟子達が購入します。お歳暮お年賀お中元は、師匠へ一万づつ包みます。(最初の頃の最低金額)
大変に長くなって全部は書ききれないのですが、舞台に出る時も、費用は掛かります。出なくても良いのですが。2万~1千万ですね(笑)違いは、舞台です。市(区)民センターか、国立劇場か。
古典のメリットは、例えば京都とかにフラっと遊びに行ったとして、芸者のいる席で踊れる。とか、名前が知られている。ということですね。
新舞踊の場合だと、演歌ばかりなので、京都では通用しませんが、気軽に習えて料金も安いです。
おっしゃってる通り、気軽に習うのであれば、新舞踊で出来れば「洋服でも良い」と、簡単な所が良いでしょう。習うに当たって、最低「手ぬぐいと扇子」は必須購入だと思います。
かなり一回の文章でご説明するのは難しいので、果たして質問の回答になったか分かりませんが(笑)参考になれば幸いです。

以前に、同じようなご質問された方への回答とカブってしまうかもしれませんが、参加させてください(笑)
日舞は、古典と新舞踊がありまして、それに伴う「流派」があります。
良くNHKとかで出ている「歌詞が古語」みたいな日舞は、古典です。演歌に乗せて踊るのは新舞踊です。簡単に言うと。
流派も様々あって、古典の代表的な「藤間や花柳」など、どデカい伝統のある流派はお行儀や格式が結構キビしいです。(同流派の末端さんの方は分かりませんが)
しかし、これらの流派で、ゆくゆく名取りとかになっ...続きを読む

Q着物が着られる習い事

着物が好きの者(女)です。
着物を着る機会が多い習い事って着付け教室以外で何があるでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

絶対、毎回着物!!は「日舞」だと思います。

たとえば家から着物を着ていって練習に参加されるのであれば、お茶、お華、長唄、三味線、お琴など和のお稽古であれば違和感もなく、どれを選ばれても良いとおもいます。

ただ、お勤め帰りの方などが洋服のままお稽古場まで行く、という状況だと話はかわってくると思います。
上記のお稽古事ですと、練習前に着替える時間やスペースの関係上、「洋服で」といわれるお師匠さんもいらっしゃると思います、なぜなら和服でなくてはそのお稽古をできないわけではないからです。

その点、日舞は着物でないとできません。
お袖の中に手をいれたり、脚さばきなど、着物を着ていないと練習できません。
ですから、お仕事帰りに着物でお稽古を考えていらっしゃるのであれば、「日舞」をオススメいたします。

もちろんお茶、お華などもお師匠さんによっては「絶対毎回着物に着替えていただきます」、という方もいらっしゃるかと思います。
一番いいのは、興味のあるお稽古のお師匠さんへ「毎回着物ですか?」と問い合わせされることが良いと思います。

ちなみに私は同じ理由で日舞を選びました。
和のお稽古事はお師匠さんや先輩弟子さんとの関係が難しく、お金も非常にかかるため、一年でやめてしまいましたが。。。

絶対、毎回着物!!は「日舞」だと思います。

たとえば家から着物を着ていって練習に参加されるのであれば、お茶、お華、長唄、三味線、お琴など和のお稽古であれば違和感もなく、どれを選ばれても良いとおもいます。

ただ、お勤め帰りの方などが洋服のままお稽古場まで行く、という状況だと話はかわってくると思います。
上記のお稽古事ですと、練習前に着替える時間やスペースの関係上、「洋服で」といわれるお師匠さんもいらっしゃると思います、なぜなら和服でなくてはそのお稽古をできないわけではな...続きを読む

Q日舞の流派について

こんにちは。
日舞には色々な流派がありますが、その中でも5大流派と呼ばれている「花柳流・若柳流・坂東流・藤間流・西川流」について質問です。
この五つの流派では、それぞれの流派の踊り方にはどのような特徴がありますか?また、それぞれどのように違うのでしょうか?
日舞について右も左も分からないので;
知っているという方、回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

●花柳流(はなやぎりゅう)
1849(嘉永2)年、花柳寿輔が創始。
花柳寿輔は4世西川扇蔵に学び、歌舞伎舞踊の振付師として重きをなした。
最初は家庭の子女の舞踊として浸透したが、今は組織力の強さで最大の流派(名取り数約15000名)となっている。
踊りの特徴は、小間(こまかい間のリズム)をとても大切にすること。
その小間が全体の大きなうねりを形成し、華やかな踊りとする。


●若柳流(わかやぎりゅう)
初世花柳寿輔の門から出た花柳芳松が、1893(明治26)年に若柳吉松(のち寿童)と改名して創始。
花柳界で発展したため、手振りが多く、品のある舞踊が特徴。

●坂東流(ばんどうりゅう)
3代坂東三津五郎を祖とする。3代は初代の子で、舞踊の名手として化政期の代表的俳優だった。
踊り方の特徴は、知りません。

●藤間流(ふじまりゅう)
藤間勘兵衛が宝永年間に創始。
茅場町の勘十郎家・浜町の勘右衛門家に分かれる。
歌舞伎役者には藤間姓が多い。三世藤間勘右衛門が松本流を派生させる。
男性的な、荒い、太い線や仕舞風のきっかりとした直線と、飄逸な曲線とを併用した振付が特徴。

●西川流(にしかわりゅう)
元禄時代に始まり、2世西川扇蔵が確立した。
江戸の正派と、西川鯉三郎を祖とする名古屋派とがある。
舞踊劇であることが特徴です。

●花柳流(はなやぎりゅう)
1849(嘉永2)年、花柳寿輔が創始。
花柳寿輔は4世西川扇蔵に学び、歌舞伎舞踊の振付師として重きをなした。
最初は家庭の子女の舞踊として浸透したが、今は組織力の強さで最大の流派(名取り数約15000名)となっている。
踊りの特徴は、小間(こまかい間のリズム)をとても大切にすること。
その小間が全体の大きなうねりを形成し、華やかな踊りとする。


●若柳流(わかやぎりゅう)
初世花柳寿輔の門から出た花柳芳松が、1893(明治26)年に若柳吉松(のち寿童)と改名して創始...続きを読む

Q単のきものにあわせる帯について

袷の時期には毎週、着物を着ています。
(着物も帯もいろいろそろっています。)
これまで単はあまり着なかったのですが、今年は着てみようと思っています。
一応、頂き物で、単の着物2枚と帯1本があります。
着まわしの点から言うと、後1本帯があればと思っています。
袷の時期に締めている帯で、色柄が丁度良いものがあるのですが、単の着物に合わせても良いのでしょうか。また、帯締め、帯揚げなどについてもアドバイスをいただけないでしょうか。
呉服屋さんで相談すればよいのでしょうが、「買え」といわれてしまいそうで。。。
出来れば手持ちですませたいと思っているものですから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第という時代になっています。
春先は気候の変化も激しく年によっても差があるし、梅雨時には一時寒さが戻るような梅雨寒の日もありますね。
そのような気候の変化に合わせて着る物を選ぶのが面倒でもあり楽しみでもある時期です。

さて、本題ですが白っぽい袷用の帯、もちろん使えますよ。
6月も中旬を迎える頃には夏帯(絽や八寸)を合わせると程良いでしょう。
単衣に夏帯を合わせて一足先に夏姿というわけです。
もちろん真夏のように暑い日にはもっと早くでもいいですよ。
もっとカジュアルに着る場合は木綿の半幅帯なども重宝します。
冬のウールなどに合わせてもいい季節を問わない素材です。
ただし色柄や織り方で季節のあるものもあります。
ちょっと変わった物では櫛織り帯というのがあります。
レースのように透けているので夏物と思われがちですが夏帯ではありません。
袷用のものですが透け感が軽やかな感じで単衣向きの帯と言えます。
綴れ八寸も代表的な単衣向きの帯で普段着向き、フォーマル向きがあります。
絽綴れという絽目の入ったものは単衣から盛夏まで使えます。

帯締めは夏向きの色であれば袷用で結構です。
夏はレースでなければいけないと思ってる方も多いようですがそんな事はありません。
帯揚げは夏帯を締める時には絽のものを使いましょう。
半襟も同時に絽を使います。
それ以前で単衣に向く素材としては楊柳や絽ちりめんです。

着物は帯が要のファッションなので春単衣には早めに夏帯を、秋単衣には早めに袷用の帯を締めるのがお洒落です。
ちなみに秋口、薄物から単衣への切り替えは9月中旬からが適当です。

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第...続きを読む

Qだらり結びの結び方

だらり結びとはどうやって結ぶのですか?

また舞妓さんがしているような画像をよくみますが、普通の半幅帯か名古屋帯でもできますか?

Aベストアンサー

結び方だけなら、あれは普通のヒモをかた結びしたようなものですから、簡単です。
ひもの両端をブランとさせる、結び目を隠すように上げヒモをして・・・と。
帯がとても重たいの長いので、実際に、結ぶには腕力が要りますが。

ただ、よーっく、ダラリの帯を見てください。
裏表、同じ柄がついているはずです。(だから重たい、袋帯2本分以上重たい)

ぶらぶらさせているのに、裏表がない。
ソレと、胴体にぐるぐる巻いている帯の幅が、半分(4寸=20cm?)におってないでしょう?

立体構造として、腰骨から、胸まで、しゃんと、帯幅で「柱」にしないと、どうやっても腰骨のうえまで、帯が落ちてくるから、
帯幅いっぱいまで胴体にへぐるぐる出来るだけの「柱」が必要。

今は、帯というと、「結び」を見せますが、昔(江戸時代それ以前)は、帯そのものをみせるの本筋だったのです。
ぴらんとみせるように、反物を見せる様にです。
だから、浮世絵を見ても、みんな後姿では帯を幅いっぱいに、びらんびらんでしょう?

ぴらんぴらんだと、みせるにはいいけど、動くに不便。
それで、もっと「結ぶ」様になり、結びをアレンジするのが、いわば、あまりたいしたことない帯でも見せる、魅せる、手法になりました。
それから出来たのが、結びの部分の帯だけをみせる節約バージョンとして出来た、けち臭い帯・・・だから名古屋(俗説かもしれないですが、ふんどしの簡易バージョンを越中というのと同じでしょう、コレも本来の長さの半分ですむ)といいます。
ハンハバも普段使いの、節約帯ですから、元から長さ、幅ともに不足です。

帯、そのものをぴらんぴらんと、これ見よがしに、スゴイだろう、全部に柄がゴージャスにある・・・
・・・とみせるために、最低限の結び=だらりです。

帯を見せるものじゃない、半幅や、けち臭い目的が生まれの名古屋では元から、役不足なんです。
というか、舞台裏が全部見えるでしょう?
幅がぜんぜんない、長さがない、道中が半分しかないとか。

ちなみに、いまどきの袋帯(振袖用)なども、見えるとこだけ柄があるので、同での2重巻きの部分の下に相当するところには柄ナシで、裏にも柄がないです。
コレも、節約帯のパターンだから。

結び方だけなら、あれは普通のヒモをかた結びしたようなものですから、簡単です。
ひもの両端をブランとさせる、結び目を隠すように上げヒモをして・・・と。
帯がとても重たいの長いので、実際に、結ぶには腕力が要りますが。

ただ、よーっく、ダラリの帯を見てください。
裏表、同じ柄がついているはずです。(だから重たい、袋帯2本分以上重たい)

ぶらぶらさせているのに、裏表がない。
ソレと、胴体にぐるぐる巻いている帯の幅が、半分(4寸=20cm?)におってないでしょう?

立体構造として、腰骨か...続きを読む

Q着物と長襦袢の袖丈の違い、許容範囲はどれくらい?

最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index/f_ld_12.htm

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いの...続きを読む

Q着物の身丈について

着物初心者です。

着物が欲しくて、いろいろオークションとかを覗いているのですが、「身丈147」とか短いですよね。

私は身長153センチなのですが、身丈はどれくらいのサイズを選べばよいのでしょうか?

全くの初心者なので、見当違いの質問をしていたらすみません。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

うーん、、ちょっと短いかと思われます。

「身丈」は着ていない状態で広げた着物の肩の高さ(=肩山)から裾までの長さです。
一方、「着丈」は着物を着た状態での肩山から裾までの長さを言います。

目安のサイズですが、一般的に身丈=身長です。
この場合で、帯の下におはしょりが5.7cm(1寸5分)くらい出ます。

振袖・訪問着・留袖などの晴れ着の時は見栄えの点からおはしょりがもう少し欲しいので、身丈の長さは身長+2.7cm(2寸5分)とし、これでおはしょりが7cmになります。
※おはしょり部分は布地が二重になるので2.7cm÷2=1.3cmプラスされ、5.7cm+1.3cm=7cm。

ご検討の着物はmika-827さんの身長よりも6cm短い。
するとおはしょりが目安の寸法より3cm短くなり、実寸が2.7cm位。・・・うーん、これは短いですね。

対応策としては、腰紐を締める位置を下げる、帯を締める位置を高くする、といった作業でおはしょりを長く出すことができます。これで2cmくらいおはしょりを長めに出すことが出来そうです。これでおはしょりが4.7cm。

mika-827さんは割合小柄なので、目安のおはしょりの長さ(5.7cm)よりも1cm位短いおはしょりも可能かと思いますが・・・。
細かいことにこだわらなければ、なんとかなるかもしれません。でもギリギリのラインじゃないかと思います。

なお、身丈同様、裄もご検討要素に加えていただければ、ご判断なさりやすいのではないでしょうか。
※裄=ゆき。手を45°の角度にのばして首の後ろのぐりぐりから手のくるぶしまでを計った寸法

昔の人は腕が短めの方が多いので、裄が短いこともあります。裄が短いと襦袢の袖が着物の袖の内側から出てしまったり、袖から延びる自分の腕の露出具合が多くなり気になることがあります。

でも、理想を言い出すと着物を着る機会が減りますよね。理想の着こなしは晴れ着の時などにとっておいて、普段の楽しみとして大らかに着物を楽しむのもいいことだと、個人的には思っていま~す☆

下記、「京都工芸染匠協同組合」の「キモノ総合辞典」のURLです。「キモノの寸法」や「きもの用語辞典」など参考になるかと思います。

参考URL:http://www.sensho.or.jp/dictionary_menu.html

うーん、、ちょっと短いかと思われます。

「身丈」は着ていない状態で広げた着物の肩の高さ(=肩山)から裾までの長さです。
一方、「着丈」は着物を着た状態での肩山から裾までの長さを言います。

目安のサイズですが、一般的に身丈=身長です。
この場合で、帯の下におはしょりが5.7cm(1寸5分)くらい出ます。

振袖・訪問着・留袖などの晴れ着の時は見栄えの点からおはしょりがもう少し欲しいので、身丈の長さは身長+2.7cm(2寸5分)とし、これでおはしょりが7cmになります。
※おはしょり部分は布地...続きを読む

Q舞を観賞する際の服装について

近々、舞の公演を観賞させていただくことになりました。

和のイベントに出かけていくのは初めてのことなので、服装をどうするべきか悩んでいます。

(1)
基本的には着物で参加される方が多いと思いますが、私は着物を持っていません。

ただ11月に習っているお琴のおさらい会があり、今回観賞するのと同じ流派の地唄舞もこれから習う予定ですので、一枚買いたいな…とは思っていました。
気持ちとして、「着物を着て出かけてみたい」というのもあります。

でも着物を買ったとして、所作に自信がありません。

公演は庭園内の舞台で行われ、合間にはお茶とお菓子を頂けるようです。(チケットは2000円)

下手な所作でまごまごするよりは、いっそ洋服で行った方が良いでしょうか?


(2)
着物を買う場合、学生で予算に余裕がないのでリサイクル着物にするつもりです。

TPOに合うかお店の方とも確認して決めるつもりですが、リサイクル着物で舞を観賞するのは、他の方から見て「恥ずかしいこと」と思われたりするでしょうか?


(3)
「舞の観賞」「地唄舞の稽古」「琴の発表会」どれでも着ていける…そんな欲張りな着物はあるでしょうか?

初めて買う着物なので、ひとまず色無地と名古屋帯を検討中です。


着物に関心はあるものの、まったくの初心者です。

よろしくお願いいたします。

近々、舞の公演を観賞させていただくことになりました。

和のイベントに出かけていくのは初めてのことなので、服装をどうするべきか悩んでいます。

(1)
基本的には着物で参加される方が多いと思いますが、私は着物を持っていません。

ただ11月に習っているお琴のおさらい会があり、今回観賞するのと同じ流派の地唄舞もこれから習う予定ですので、一枚買いたいな…とは思っていました。
気持ちとして、「着物を着て出かけてみたい」というのもあります。

でも着物を買ったとして、所作に自信がありません。...続きを読む

Aベストアンサー

遊びで着物を着ている40過ぎのオバチャンです。

(1)
別に洋服でも構わないとは思います。習い事をしていらっしゃる方たち向けなら、着物をお召しの方が多いでしょうが、一般的なものなら洋服も多いですよ。

ただ、できることなら、せっかくなのですから着物を着ていただきたいな、と思います。
着物の所作は、慣れの部分が多いので、着た回数に比例して綺麗になる部分がかなり多いです。もちろん、毎日着ているけれど気にしない人、たまにしか着ないけれど所作に注意している人なら、後者の方が綺麗になりますけれど。

40過ぎの私でも、着物を着ていると、年上の方から「若いのに綺麗に着てるね」と好意的に対応してもらえます。
学生さんということは20台の方でしょうか?
たとえ、少々マナーに反した所作があっても、好意的に見てくださる方が多いと思いますよ。勉強はするべきと思いますが、思い切って着てみないと始まりませんよ。
実際問題、それほど、ご心配なさらなくても着物のマナー本を1冊読んで、袂と裾に気を配っていれば、それほど見苦しいことにはなりません。

(2)
リサイクルでもポリエステルでも、かまいません。
確かに、ハンパに値踏みをする方もいらっしゃるようですが、本当にレベルの高い方は、そんなことはなさいません。むしろ、あまり高級なものを若い方が着ている方が、不釣り合いと思われます。
ただ、半襟と足袋だけは、新しい白いものを使う方が良いでしょうね。

(3)
習い事の発表会や稽古の場合、その教室で確認されるのが一番ではあります。
ご参考までに、一般的に書いていらっしゃるものに合う組み合わせを書いてみますね。少し長くなってしまいます。ごめんなさい。

まず、着物は、質問者さまがお考えの色無地ですね。

次点は、三役や裃小紋と呼ばれる江戸小紋。1色に白く細かな模様が抜けていて、遠目には無地に見えます。江戸小紋専門のお店のHPをご紹介しておきます。
http://www.someichie.jp/hpgen/HPB/entries/46.html
なお、この江戸小紋には、いわれ小紋と呼ばれる、非常に遊んだ面白いものもあります。たとえば、「鎌の絵」と「丸」とひらがなの「ぬ」で「かまわぬ」とか、「春」「夏」「冬」の文字を散らして「あきない」とか。ただ、こういった遊んだ柄は、発表会には向かないかもしれません。

三番手には、無地っぽい小紋ですね。
江戸小紋と同じような細かな柄で地色と模様部分が違う色の物か、上品な古典柄を余白をたっぷり取ってちりばめたようなもの(飛び柄小紋と呼びます)が、お勧めです。
なかなか、良いサンプルが見当たらないのですが、いくつか写真を見つけました。
http://www.bigpad.jp/chulthaino-6-nbsp-p-15972
http://www.wabitas.com/blog/?cat=6 (9/5 7/21 7/22 の写真)
あまり華やかな柄が全体にあるものは、お稽古には大げさになりますし、一方で縞や格子は発表会にはカジュアルすぎますね。

この3つのうち、1つめと2つ目は紋を入れると略礼装として着ることができますので、利用範囲は非常に広くなります。ただリサイクルに出るかが微妙ですね。
3つめの小紋が一番でているかもしれません。なお、小紋と似た雰囲気で、柄がすべて上向きの物を「つけさげ」と言い、格が少し上がります。発表会や鑑賞には、こちらでも素敵です。


続いて帯になります。

まず、一番軽いものが半幅の帯。
練習用には構わない、という先生もいらっしゃるようです。結び方も簡単ですし、新品でも安いです。
一番のお勧めは、博多織のものですね。ポリエステルは安いのですが、締めにくいので、お勧めできません。
ただし、半幅帯は一般的にはカジュアルになるため、「つけさげ」には締めることができません。また、発表会にも不向きだと思います。

次に名古屋帯。
お太鼓用の一番一般的な帯です。材質や模様、織り方によって、格が非常に幅があります。
質問者さまの条件で、はじめの1本としてお勧めなのは、西陣織の名古屋帯、博多の紋織、綴れ帯なのですが、リサイクルにあるかどうかが少し疑問です。
染めの帯ですと、カジュアルで季節感にあふれますが、少し格は低くなります。

最後に袋帯。
振袖に締めたことがないでしょうか?長くて、最初から最後まで同じ太い帯です。
織りの袋帯が最もフォーマルになります。本当は高価な帯ですが、リサイクルには一番出ているかもしれません。この帯なら、発表会などには適していますが、練習には少しおおげさかもしれません。


長々となって、分かりにくくて申し訳ありません。途中で「格」とかなんのこと?と思われたかもしれませんね。
自己流ではありますが、ざっくりとしたレベル感を最後に書かせていただきます。ただ、これは着物や帯の細かな点でも変わりますので、あくまでも目安です。
あと、今回のご質問に無関係の留袖や紬は省かせていただきます。

【フォーマルドレス級】
「訪問着」か「つけさげ」+織り袋帯
振袖や留袖は、この上になります。

【パーティドレス級】
「つけさげ」か華やかな「小紋」+織り袋帯

【フォーマルスーツ級】
紋つきの「色無地」か格の高い「江戸小紋」+織り袋帯

【ビジネススーツ級】
「色無地」、格の高い「江戸小紋」、「飛び柄小紋」+織り名古屋帯

【ワンピース級】
各種の小紋や色無地+織り名古屋帯または染め帯

【ジャケット級】
縞や格子の小紋+染め帯

この下に、半幅帯を合わせた着付けや、紬が入ってきます。


質問者さまの考えておられるレベルですと、フォーマルスーツ~ワンピースくらいが目安かなと思います。

お気に入りになる1枚に出会えるといいですね。

遊びで着物を着ている40過ぎのオバチャンです。

(1)
別に洋服でも構わないとは思います。習い事をしていらっしゃる方たち向けなら、着物をお召しの方が多いでしょうが、一般的なものなら洋服も多いですよ。

ただ、できることなら、せっかくなのですから着物を着ていただきたいな、と思います。
着物の所作は、慣れの部分が多いので、着た回数に比例して綺麗になる部分がかなり多いです。もちろん、毎日着ているけれど気にしない人、たまにしか着ないけれど所作に注意している人なら、後者の方が綺麗になり...続きを読む

Q着物で外出はそんなに変か?

先週、国際交流系のイベントに参加しました。
外国の子どもたちとの交流であり、折角だから和服でお出迎えしようということになり、皆が1着は持っているであろう浴衣を着ることになりました。

イベント会場には着替える場所がないとのことで、流石にトイレを占領して着替えるわけにもいかず、家から浴衣を着ていくことになりました。


その、家からイベント会場の道中であったことなのですが・・・。


私は、母から譲り受けた手縫い手染めで白地に藍の朝顔の柄の浴衣+半幅帯という出で立ちの格好で会場に向かいました。
道中、電車で30分・・・。
その時、たまたま鉢合わせた老婆に叱咤されました。

「浴衣なんかで外を出歩くもんじゃない。浴衣は風呂あがりに着るもんだ。安い生地の浴衣なんか着て外出歩いているのは風呂あがりの使い古したバスタオルだけを巻いて出歩いているようなもんだ。
半幅帯なんて正装でもないものを人様の前に出るときにつけるもんじゃない。みっともないものを人様に見せるんじゃない」

老婆に言われたことをまとめると、こんな感じです。
正直私は20代になったばかりですが、浴衣がバスローブ・・・という感覚は全くないのです。
勿論正装かと言われたら、そうでないのは解ります。
ですが、私の中では浴衣=Tシャツ+ジーパンくらいの感覚なのです。
家に着物もありますし、年に1回以上着物も着ますし、自分で着付けもできる程度に和服に触れてきましたが、しかしやはり、ひどく叱られてからもバスローブという感覚は全くピンときません。

私は京都に住んでいますが、京都三大祭りなんかが近くなると、私より年上の30~40代の方でも電車に浴衣姿で乗っておられますし、京都駅で立っていると100人単位で浴衣姿の方が電車から降りてくるのも見かけます。
そういった風景を見慣れているので、私の感覚がおかしくなった・・・ということなんでしょうか?

今でも多くの人は、公共の場で浴衣なんて非常識だ!浴衣はバスローブだ!半幅帯なんて外でつけるもんじゃない!という認識なのでしょうか?

知識的な部分ではなくて、感覚的な部分で皆さんどう感じられていらっしゃるか教えて下さい。

先週、国際交流系のイベントに参加しました。
外国の子どもたちとの交流であり、折角だから和服でお出迎えしようということになり、皆が1着は持っているであろう浴衣を着ることになりました。

イベント会場には着替える場所がないとのことで、流石にトイレを占領して着替えるわけにもいかず、家から浴衣を着ていくことになりました。


その、家からイベント会場の道中であったことなのですが・・・。


私は、母から譲り受けた手縫い手染めで白地に藍の朝顔の柄の浴衣+半幅帯という出で立ちの格好で会場に向か...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
まあこういう話(浴衣に関する物議)は毎年のように話題に上りますね。
結論から言うとそのお婆さんの言うのも間違いではない。
そしてあなたの感覚もおかしくはない。
シンプルに言えば年代による感覚の差だと思います。

京都にお住まいと言う事で和装の関する感覚は他のちがうところもあると思います。
もう10年も前の話ですが、全国の成人式の模様をテレビで流していました。
その時に、振袖の上に羽織る鳥の羽のようなひらひらしたショール、あれをほぼ全員が室内でも外さないのを見て大変違和感を持ちました。
羽織りものやコートは室内では脱ぐというマナーを知らないのか、もはや振袖の一部、アクセサリー扱いなのか?と。
そんな中、京都の成人式だけは一人もそのような人がいなかったのです。
ああ、さすがだな、和服の伝承が根付いた土地だな、と思いました。
ところが6月上旬に京都へ行った時に浴衣で街歩きする女性達を見ました。
たぶん観光客だったと思われますが、着物レンタルで借りたのかも知れません。
6月に浴衣はちょっとなあ、と思いました。京都の人はどういう思いで見てるのだろう?
お客さんだから何でもアリなんだろうか、と。
けど今や浴衣はイベント着。そういう時代なのねと納得させました。

その老婆の言うように浴衣は湯上り着、という感覚はさすがに古いと思います。
老婆と言うからには70代以上と思われますが、だったらそういう感覚を持っていて不思議はないです。
私は二十歳の頃から自分で和服を着始めておよそ30年が経ちますが、まあ時代時代で感覚は変遷しています。
私が二十代の頃には真っ昼間に浴衣を着て外を歩くのははばかられました。
30代でもそういう感覚は残ってましたが、それで若い人が和服に親しんでくれるなら問題ないと思いました。
40代にもなるともう何でもアリで良いんじゃない?と。着るものなんて好き好きで結構と。
ましてやイベントならコスチュームですから。

時代で感覚や習慣が変わるのは致し方ないことです。
でも若い方はその変遷を知らずに着ているわけですね。
お婆さんの若い頃にはNGだったものが今は堂々と認められている。なにもおかしい事ではありません。
それを教えてくれたのだと思う事ですよ。勉強させてもらってありがとうございます、と。
だからお婆さんの感覚に合わせろとか言うことを聞けという意味ではないですが、「知る」という事は何においても大切なことです。
無関心が当たり前の現代ですが、昔はそうして年寄りは若い者に小言を言うのが当たり前だったのです。
五月蠅い叱責とばかり思わずそういう感覚の人がいるという事実を受けとめる事だと思いますよ。
事実こうしてここで質問を立てて皆さんからご意見を頂けて、ずいぶんとお勉強できたのではないですか?

つい昨日です。うちの大学生の娘が「浴衣で大学来てる子もいるよ」って言ってました。
「あら、そう、良いじゃない?あなたも着て行けば?」って言いました。
「作業があるから無理だよ」と娘は笑ってましたが、二十歳くらいの子なら何したって許せます。
いっぱい失敗したり叱られたりして経験する事の方がずっと大事なので、怖がらないで何でもやってどんどん叱られたら良いと思います。
そして「ふーん、そういう意見もあるのね」と柔軟に受け入れて行けば良い。
私もそうして来たのです。最初から何でもわかってる人なんていませんからね。

こんばんは。
まあこういう話(浴衣に関する物議)は毎年のように話題に上りますね。
結論から言うとそのお婆さんの言うのも間違いではない。
そしてあなたの感覚もおかしくはない。
シンプルに言えば年代による感覚の差だと思います。

京都にお住まいと言う事で和装の関する感覚は他のちがうところもあると思います。
もう10年も前の話ですが、全国の成人式の模様をテレビで流していました。
その時に、振袖の上に羽織る鳥の羽のようなひらひらしたショール、あれをほぼ全員が室内でも外さないのを見て大変違...続きを読む

Qウールの着物

ウールの着物で単のものがあるのですが、これは単の季節にしか着られないんでしょうか?今の時期にこれを着ると変なんですか?この着物はアンサンブルで羽織がついてて羽織は当然袷なんですけどこの組み合わせで着ても足が寒そうなんですよね。HPを検索したらウールなら冬でも単でいいのかな??って、思える情報もあったのですがよくわかりません。それと、単の季節にウールを着るっていうのも暑そうなんですけど、その辺の感覚もわかりません。詳しい方どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ウールは、基本的に単で仕立てるもので、
厚い生地のウールは、更衣のきまりからいうと、夏以外はOKです。
昔は、サマーウールとか、ポーラとかいうものもあって(薄いウール)
こういうものは、単の時期あたりから着るようです。
#ブショウアンさんとかは、昔ウールの袷(裏は絹だったかな?)を
だしてましたけど。

ですが、ウール自体、普段着の部類にはいるものなので、
普段着としてなら、いつでも好きなように着ていいと思いますよ。

足は、ステテコとかタイツとかストッキングとかスパッツとか
いろいろ手はあると思います。
裾除けを重ねるとか、足袋2枚がさねとか。

個人的には、足より手と肩がサムイかな。(これは絹でも)
部屋のなかなら気にならないですけどね。


人気Q&Aランキング