人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

『お金は使わないと入ってこない』

と言う人がいますが、これは本当だと思いますか?
普通、使ったら無くなるものだと思いますし、風俗やギャンブルに使ったお金が戻ってくるとは思えません。

投資や株だって、損をすることがあるでしょう。

『お金は使わないと入ってこない』はどういう意味だと思いますか?

本当の意味や、経験を通した回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

本当だと思いますよ。

。。

ある日急に無職になった事があります(笑)。
残る貯金を“絶対に減らさない!”と思って過ごした時期があります。
でも、自分が生きてる限り減っていくんです。
『何にもしない』で“ただ生きてるだけ”で“何もしないのにただ時間が流れるだけ”でも出ていくものなんです。

例えば…食費・光熱費…年金や市民税や府民県民税…
何もしてないのにウンコ出てきますし…その為にお金が要ります…(トイレの水道代)。
だからどこまでも“節約”しましたし、出費を抑えました(笑)
10キロ15キロくらいの距離なら平気で歩きましたね。
冬は暖房つけず服を着まくって“服の雪だるま”みたいになってました(笑)
でもそこまで節約しても、結局どこまで節約しても減ってくものなんです。
お金っていくら“極限まで出費を抑えても”出ていくだけ減るだけのものなんです。

『何かした』ら、その時には尚更出ていくものなんです。
ただ“どこかへ行く”それだけでも移動費(電車チン)とかがかかります。
“何かする”にはお金がかかるんです。 世の中タダのものなんて無いですよ。
“タダ”に見せてるだけですし“タダ”に見えるだけです。

友達に“気分転換しろ”と言われ誘い出されても、その友達と会いに行くにもお金いるんです(笑)
電車賃が要るし、どこかで話するにしてもそこの喫茶店代とか…
お金って何もしてなくても減るだけだし、何かするなら尚、出て行くものなんです。
“入ってくる”ものを“今持ってるお金”で作らない限りはね…。


貯金が50万円を切ったとき、“こりゃイカン!”と思って仕事を探し始めました。
気づいてないかもしれませんが“仕事得る”にもお金使わないといけないんです。
仕事を探すには履歴書買わないといけないし、職安にも行かなきゃいけませんし“面接に行かなきゃ”いけませんし、“電話”しなきゃいけません。“身なりを整え”なきゃいけません。 散髪するにもお金がいります。
“節約”してた私にはすごいイタイ出費でした。
“この電車賃痛いなぁ”とか、“なんで履歴書買わなきゃいけないんだ、ただの紙に書きゃいいだろクソ!”って思ってました(笑)

何かするにはお金使わないといけないんです。
そうやってお金使わないと“仕事”も得られないんです。

でも私の場合…残念ながらその方法だけでは仕事は見つかりませんでした。

で…

貯金が10万になった時、“こりゃホントにイカンぞオイ!”と思いどうしようか考えた挙句…
仕事がないなら自分で仕事を作るしかないかと思い、仕方なくその10万のうち5万円を使ってモノを仕入れてそれを売り始めて…でもそれを“売る”にもやっぱりお金がかかるので…そのお金を払って貯金がどんどんなくなり残りが3万円になり2万円になって…全財産が財布に1万5千円になったんです。
全財産1万五千円… 財布の中にあるピョロロ~とした2~3枚のお札…“これしかないんだ…”って思った時もうなんていうか…“ダメかな”ってホントにそう思いました(笑)
でもそこで…やっと仕入れたのが売れはじめて“増え”はじめたんです。

今、まだ生きてます(笑)。 
思うんですが…
あの時そのまま守りに入って同じ様にただ仕事探すだけだったら多分お金つきてます。
『お金使わない』ようにしてたら、今こうして能天気に書き入れ出来てないです(笑)

投資や株だってそりゃ損しますよ。
でもそれは 『仕事探したって見つからない事もあるでしょ。』
『ただ電車賃ムダにするかもしれないでしょ』って言ってるのと同じ事だよ(笑)。

何もしなかったら何もしないまま…無くなってくだけです。
お金を使って“何かをする事”でお金が入ってくるんです。

節約したってお金は出てきます。
よく考えれば判ると思いますが節約するにもお金がかります。
出納帳をつけるにも出納帳がいる(買う)。
節約がムダだといってる訳ではないです。
でも節約は収支の効率をよくする“工夫”にはなっても、
お金を“入ってこさせる”ものにはなりません。

その節約の方法をまとめて、『お金を使って』本にして売ればお金は入ってきます。
ですが、ただ“お金を使わない”ならお金は絶対に入ってこず無くなるだけ。

お金を使わないようにする…つまり“守る”方向にお金を使っても…お金は入ってきません。
増やそうと攻めてお金を使った時のみ…お金が入ってきます。

攻めたときにのみ、良い結果が得られますし楽しみを得られますし、つまり安心も安堵も得られたりします。 でも守ったら…というか守るだけになり攻めなくなりお金使わなくなると怖さだけが膨れてきて不安と不幸に捉われますよ。

お金は“増える”方へ使わないと無くなる(入ってこない)んですよ。
    • good
    • 1

本当ですよ。


いつも何かで使うとすぐ全く同じくらい入ってきて常にプラマイ0。
”おお~!”と驚いています。
お陰で増えることがないけど。

↑は個人的経験で。
実際は景気がよくなって消費が活発になればそれだけ収入も増える。

あとお金には目があって自分の事を有効に使ってくれる人のところに寄ってくるっていいますよね。
ギャンブルとか株投資とか”儲けよう”って欲でやると逃げちゃうのかも。
    • good
    • 0

本当です。



今なぜ日本だけがデフレスパイラル状態なのかを考えるとわかります。
早い話が安心して使える世の中になく、使わないからです。
社会保障がきちんとしており、老後の心配もいらないとなると使えます。

私は毎月30万円程度のクレジット支払いがありますが、無駄はありません。
必要なものを必要なだけ、きちんと計画的に使っていますし、使用した
内容も表計算に記録しており、クレジット会社のオンライン明細にて
毎日2回は照合しています。

ちなみに風俗には一度も行ったことありませんし、ギャンブルは大嫌い。
投資や株も私にとってはギャンブルなのでもちろんしません。

お金を流通させるという意味も含め、必要なものを必要なだけ、
きちんと使っているということです。
収入は働きに応じて入ってきますので、ただ努力するだけです。
毎月確実にクレジット支払いができるように努力していますよ。

私がギャンブルを嫌いなのは、見返りを求めてしまうから。
見返りを求めると正常な判断能力が失われてしまい、ろくな使い方に
ならないからです。
    • good
    • 0

会社経営がまさにその典型です。



ものを売ろうとすれば仕入れや人件費その他経費のためにお金を使うことが必要です。お金を使ってこそものが売れるわけです。入ってくるお金から出て行くお金を引いた部分が利益と呼ばれるもので、実質的に入ってくるお金(利益)が積み重なると「お金が入ってくる」と実感できるのだろうと思います。
 逆に赤字(支出が収入より多い)と、「お金が出て行く」という感じになります。
    • good
    • 0

金は天下の回り者


こういうことわざに基づいているのです
金を貯め込んでもタンスの肥やしになるだけ
有効に使ってこそ役にたつ
有効に使えば使った金が金を連れてきてくれる
こういうことです

知らない人が多いようですがタンス貯金は通貨の流通を妨げてはならないという規定に反するそうです
    • good
    • 0

お金は貯めていると「守り」に入っていきます。


行動が消極的になるし、疑心も起きやすいし、なによりも「お金のために生きる」という構図になってしまいがちです。
ですから「使う」こと、消費することでその「弱虫根性」が起きないようにするのです。

風俗とか、ギャンブルとか、タバコもそうですかね…消費財と言うのは「必要悪」なんです。
使って、消滅することが清いし、正しい使い方です。
その点、株式投資などは「消滅しない」です…会社が存続している限りは。
紙切れ同然になっても、消滅しない…だからアレは「消費」じゃないんですよ。
そういった意味では「収入の無い 節約生活」というのも同義です。
「消滅すること」こそ、人間の生き方の根源であると言えます。
だから「必要」なんですよ。
守りに入らないように、消費するためにこそ人は働き、生を全うするのです。
    • good
    • 0

流通ということを考えるとそうなのかも知れませんね


バブリーなころは大阪からラーメンを食べに北海道まで行くなんてのも普通に行われてましたからね
それでも金回りはよかったんですよ(笑)

でもね お金って寂しがりやなんです だからお友達がいてるところに行ってしまうんです(笑)

同じお金を使うんでも 稼ぐために使うのか 単純に浪費するために使うのとでは
入ってくる額が変わってきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旦那が鬱です。私も限界。支える事に疲れました。

旦那は約5年前から鬱病を発症(それ以前からも怪しかったですが)。ずっと心療内科に通っています。2年前ぐらいがひどい時期(何度か自殺未遂、約1ヶ月休職も3回ぐらい)だったのですが、現在は「死にたい」と言う事も無く、以前と比べると落ち着いている感じです。クヨクヨと「自分はなんで(仕事が)出来ないんだ」等、ブツブツ言ってますが。

ちなみに・・・旦那の欝の原因は旦那の母親で、アダルトチルドレンです。今は距離を置いて実家との付き合いをしているので、大丈夫な感じです。

さて・・・今の旦那は「母親」という大きな呪縛からもちょっとは解かれ、鬱の回復期(?)だと思うのですが、私への依存が強く、自己中な考え方、幼少期に母親にかまってもらえなかったからか、私への
要求だらけでもううんざりです。

旦那の母親は、診療科の先生に言わせると、境界型パーソナリティ障害だと思われる人だそうです。旦那も少し(いや大分?)境界型の性格です。

「死ぬ」とほのめかしていた頃は、必死で死んでは駄目だと支え(その間3人の子供の精神安定をフォローするのも大変でした)、夜どこかへ行ってしまった旦那を必死で探したり、休職した際も、私がかなりハードに働き、それはもう、クタクタでへとへとで大変でした。

「しっかりしろよ!」と言いたいけど、旦那に言うと、「どうせ俺は出来ないんだ」と、また暗く落ち込むので本人に喝を入れるとか、本音でガンガントークが出来ません(また死ぬって言われたら嫌だし)

正直、旦那の愚痴を聞くのも嫌で、巻き込まないで欲しいと思っています。
愛は無いけど情はある。といった気持ちです。
子供がまだ中学生と小学生なので、大人になるまでは辛抱・・・と思っていましたが、こんな旦那、どうあしらったらいいか・・・私だけが我慢しているようで、「割に合わない」と考えてしまいます。

寝る前に暗い話(どうして俺はこうなんだろう・・・こんな僕はいや?等)をするので、隣で寝るのが嫌になり、今は一緒に寝ていません。(娘が旦那と寝ています)
それについても、今朝、「娘が僕と一緒に寝たいから替わったわけ?それとも僕と一緒に寝るのが嫌なん?」と聞いてきたので、正直に「娘はパパと寝たいって言ってる。私はそもそも1人で寝たいタイプだし、寝る前にグチグチ暗い話しないのなら、また一緒に寝てもいいけど。」と言ってやりました。
するともう・・・またキレて暗くなりはぶてた様子・・・

自分の思うようにならないと、すねたり、はぶてたり、暴言を吐いたりする旦那。
朝からため息ばかりつかれ、周りがどんなに気を使っているか、分かって無いんでしょうか?
よくキレていたので、正直ビクビクしています。
こんなの普通の夫婦関係じゃないですよね?とにかく毎日疲れます。
鬱だから・・・といって一番身近な妻である私に辛い思いをさせて平気なのでしょうか?

「どうしたらいい?」としょっちゅう職場からも電話があり、アドバイスしても結局は聞き入れてもらえず、勝手に落ち込んでいる旦那。
振り回すだけ振り回しといて、「僕の事嫌いになった?」などと甘えて聞いてくる神経がわけ分かりません。
私はひとつも旦那に(精神的に)支えてもらっておらず、心安らぐ事が無いです。顔を見るのも嫌になっています。

愚痴になってしまいました。すみません。
私のような方、他にもおられるのでしょうか?私が心療内科に相談した方がいいのでしょうか?
毎日が辛いです。

旦那は約5年前から鬱病を発症(それ以前からも怪しかったですが)。ずっと心療内科に通っています。2年前ぐらいがひどい時期(何度か自殺未遂、約1ヶ月休職も3回ぐらい)だったのですが、現在は「死にたい」と言う事も無く、以前と比べると落ち着いている感じです。クヨクヨと「自分はなんで(仕事が)出来ないんだ」等、ブツブツ言ってますが。

ちなみに・・・旦那の欝の原因は旦那の母親で、アダルトチルドレンです。今は距離を置いて実家との付き合いをしているので、大丈夫な感じです。

さて・・・今の旦...続きを読む

Aベストアンサー

うちの主人も7年間うつ病です。休職を1年半しました。まだまともに出勤できません。
私も最初の2年ほどは、暖かく見守り、支えてきましたが、
3年もすぎると自分の心がどんどんささくれてくるのがわかりました。

で、私の対策ですが、
・旦那に対する期待値を下げる(期待しなければ失望もしない)
・旦那は生きているだけでヨシとする。致命的な大病じゃなくって良かったと思いこむ。
・旦那の甘えは受け止めつつ、エスカレートしないように適度に受け流す。否定は絶対にしない。
・子供は無条件にパパが好きなのでそれは推奨する
・自分が旦那の近くにいるだけでイライラするような状況になったら
自分のキャパが減っていると言う事なので、自分のケアに専念して黒い気持ちの浄化に努める
・旦那の話が多い人からは距離を置く(ノロケ話満載のママ友は絶縁)
・できるだけ独身の友達と会う(違う世界だから気分展開になる)
・離婚するかどうか考えて、しないと決めたら腹をくくってこの状況を受け止める。
・心の処方箋になるような本を心の親友として持ち、時々ひもといて心の浄化につとめる
・同じことは二度考えないようにする
・鬱の人は自分のことで精一杯。思いやりや協力を求めない
・奥さんがしっかりしすぎていると旦那さんの立場がますますなくなるようなので、
自分もがんばらない
・旦那のプライドは傷つけない
・あまり気を使わない。

私も一時期は旦那の半径1メートル以内に近寄るのも嫌でした。
何か生理的に嫌になったんです。重荷としか思えなくなったこともあります。
進学も就職も順調だったのに、結婚が人生一番の失敗だったと愕然としたこともあります。

お子さんが3人もいてうらやましいです。
頑張っているママを誰よりも理解してくれる仲間がたくさんいるじゃないですか。うちは一人っ子です。
で・・・・私はカウンセリングには行ってますが、とても頼りになります。
質問者様は疲れているだけなので、心療内科は行かなくてもいいように私は思いました。
質問者様は私よりもずっとずっとがんばっていらっしゃって、
旦那様のグチも聞いて(私はだいたいスルーするほうが多いかも!)
働いて本当にすごいと思います。私だったら家出してます(私も1回家出しましたが。子供が泣いて家に帰りたいと言うので帰りました)。
とにかくうつ病は長いんです。重苦しいんです。いつ治るのか治らないのか先が見えないし、
努力しても看病しても、さっぱり手ごたえがなくむなしいのです。しかも世間には軽く見られるのです。
しかしこれも運命なのです。
どうかご自分の心のケアをして、いい人生を送られますよう。私もまだ希望を持ってます。

うちの主人も7年間うつ病です。休職を1年半しました。まだまともに出勤できません。
私も最初の2年ほどは、暖かく見守り、支えてきましたが、
3年もすぎると自分の心がどんどんささくれてくるのがわかりました。

で、私の対策ですが、
・旦那に対する期待値を下げる(期待しなければ失望もしない)
・旦那は生きているだけでヨシとする。致命的な大病じゃなくって良かったと思いこむ。
・旦那の甘えは受け止めつつ、エスカレートしないように適度に受け流す。否定は絶対にしない。
・子供は無条件にパパが好...続きを読む

Q今、貧乏。裕福だった時代を忘れられないです。

15~20年ほど前まで実家が事業を営み(大企業の役員などコンサルなどしてました)とても裕福でした。
自分が20代の頃です。

今、40代半ばの安月給サラリーマンです。

20~30代半ばまで(バブル崩壊後)は、
実家が裕福で年に3回ほど海外旅行に行ってました。
家族で有名なフランス料理店で食事したり
年末年始を高級旅館で過ごしたりしていました。
洋服もほとんどブランド物で親の口癖は「安物は何枚買っても安物だから、いいのを買いなさい」
紅茶もハロッズやフォートナムメイソン、ジャムも砂糖不使用の高級な外国のジャム、
使う食器もブランドもので外国製の一皿数万円のものばかり。
贈答品も凄く、お中元お歳暮では高級食材や高級菓子がどんどん届いて
デパートの外商さんが出入りしてました。

現在はとても貧乏です。
不景気で給料が減り海外旅行どころか隣県への旅行もできないほどです。

でもタンスの中には、
高級なスカーフや洋服や宝石類が今でも残っていているのでそれらを身に着けています。
ブランド洋服で流行に左右されない定番デザインなのと良質だったせいか
長持ちしてくれて10年以上たった今でもそれらを大事に着ています。
新しく「シマムラ」や「ユニクロ」を買う余裕もないのです。
出費を抑えるには持っている古いブランド服を着るしかないのです。

それなのに「貧乏人が見栄をはってブランド物着てる」と思われます。
「昔は実家が裕福だったけど、今は貧乏なの」と説明しなければなりません。

昔は当たり前のように飲んでいたハロッズ紅茶とか、
高級菓子、食材も、石鹸に至るまで今は高くて手が出ません。

昔よく食べていた高級な食べ物が雑誌やTVやネットなどで見かけると
「昔はよく食べていたなあ」「懐かしいなあ」「今でも味は変わっていないのだろうか」
などと思ってしまいます。

私自身は、普通の平凡なサラリーマンだと思うのです。
庶民なら誰だって節約してると思います。

ただ実家が裕福過ぎたのだと思うのですが、
親は引退し月額70万もの年金で相変わらずの暮らしぶりです。
安月給のサラリーマンが親が気に入る高級旅館やレストランに招待するなんてできません。
独立しているので実家から援助してもらうつもりは毛頭ありませんが、

かつての生活が忘れられず自分は貧乏だと感じてしまいます。

「昔お金持ち、今貧乏」って人いますか? 
親元離れて社会人になったら一気に貧乏になった人っていますか?

15~20年ほど前まで実家が事業を営み(大企業の役員などコンサルなどしてました)とても裕福でした。
自分が20代の頃です。

今、40代半ばの安月給サラリーマンです。

20~30代半ばまで(バブル崩壊後)は、
実家が裕福で年に3回ほど海外旅行に行ってました。
家族で有名なフランス料理店で食事したり
年末年始を高級旅館で過ごしたりしていました。
洋服もほとんどブランド物で親の口癖は「安物は何枚買っても安物だから、いいのを買いなさい」
紅茶もハロッズやフォートナムメイソン、ジャムも砂糖不使用の高級...続きを読む

Aベストアンサー

>「昔お金持ち、今貧乏」って人いますか?
私はそうではありませんが、そんな人は世の中にいっぱいいるでしょう。

>かつての生活が忘れられず自分は貧乏だと感じてしまいます
時の流れは、過去から現在、未来へと流れていきます。
過去には決して戻れません。
なのに、ああすればよかった、こうすればよかったと過去を悔む人がいます。
また、貴方のように、あのときはよかった、楽しかったと、過去を思い出している人もいます。
悔しい思い、いやな思い、あのときはよかったなどすべて過去の思いです。
思いだすたびに、時の流れに逆らって船を漕いでいるのです。
忘れられないと思えば思うほど、激流に逆らい歯をくいしばって船を漕いでいるのです。
どんなに漕いでも漕いでも、過去には決して戻れません。
むだな努力、むだなことはしないほうがいいです。

貴方の目を過去ではなく、未来に目を向けるのです。
未来はどうありたいか、思いっきり、積極的で肯定的に思い描くことです。
過去を忘れるとか思いださないとか、そんなどうしようもないちっぽけなことを吹き飛ばすくらいに。
人間は過去に生きることはできません。
後ろ向きではうまく歩けません。
人間は前を見て(未来を向いて)歩くようにつくられているのです。
それが自然の法則ですし、そのように生きて行くのが自然です。
そして、そうすれば必ずものごとはいい方向に向かい成就します。
これ本当です。

>「昔お金持ち、今貧乏」って人いますか?
私はそうではありませんが、そんな人は世の中にいっぱいいるでしょう。

>かつての生活が忘れられず自分は貧乏だと感じてしまいます
時の流れは、過去から現在、未来へと流れていきます。
過去には決して戻れません。
なのに、ああすればよかった、こうすればよかったと過去を悔む人がいます。
また、貴方のように、あのときはよかった、楽しかったと、過去を思い出している人もいます。
悔しい思い、いやな思い、あのときはよかったなどすべて過去の思いです。
思いだ...続きを読む


人気Q&Aランキング