去年、12年間習っていた財団法人の書道教室で師範10段を取得し、半年前に引退しました。

しかし、心配していることがあります。

高校の書道の時間に先生に、「あなたの書いている字は書写(習字)であって、書道ではない」と強い口調でダメ出しをされたことがあります。
たしかに、私が習っていた教室では、先生や所定の手本をよく見て、それを忠実に書けているか、書き順が合っているかというような試験であったし、楷書と行書以外習ったことがありません。


長い間習ってきた経験を無駄にしたくないし、
書道について見聞を広めていきたいです。

今後どのようなことをすれば良いでしょうか?


何も分からない状態で、どこから始めて良いのかわからず、非常に困っています。


将来習字の指導もできるようになりたいので、それを踏まえて
アドバイスよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

書道十段師範とのことですが、高校生になったときに一度成人向けの段位に引き戻されているなら本物です。

普通子供向けの段に師範を冠することはあまり考えにくいようにも思います。

下の回答を見ていると質問者様の真意に反する道に誘導される恐れがあると思うので老婆心ながらアドバイスしておきます。
しかるべき先生を選んで書道を続けるなら、それなりのしがらみが生じます。毎月の月謝と時間の拘束はもちろんのこと、先生の出品した展覧会のチケットを売りさばかされたり、いつかご自身の作品を展覧会に入選させていただくため、あるいは雅号をもらうために多額の(10万単位)のお金を先生から要求されることもあります。念願の書道教室で子供を教えようとする場合、所属する会の名前を使わせてもらうために毎月上納金を納めなければならないことがほとんどです。

こうなったときに質問者様は本当に書道を楽しめる状態でいられるでしょうか。
またそのときは質問者様もこの連綿と続く集金システムの一部に取り込まれることになります。

もちろんいい先生についたほうが上達は早いです。でもそれによって生じるリスクに対する心構えをしておくのも必要です。私はめんどくさいので書店等でいろいろお手本を買って自由に書きたいときに書いています。基礎の運筆ができている質問者様ならそこから先は自分ひとりでもある程度上達できます。

最近はお手本.コムなど単品の実物大の手本で作品を添削・検定してくれるサイトなどもあります。あんまり片意地張らずに、楽しんでみてから行く末を考えてみてもいいのではないかと思います。
自分のほれ込んだ古典を見つけて臨書してみるのもいいでしょう。現に中国ではものすごく古い時代のマイナーな古典にほれ込んで全臨書を行いひとつの境地にたどり着いた先生もおられます(中国の集金システムには詳しくありませんが)。

下の回答は金まみれの書の道へあたかも専門歩い言葉を並べて誘導している印象を個人的には受けました.サンプルにあげられている古典はいい古典です。だいたい一通り自分で書いてみたことはありますが、やはり自分の好みがあります。私は王義之が酒に酔って書いたと言う蘭亭が大好きなので週1回気が向いたときに書きます。いや、拘束されずに好きなときに書けるのはとても楽しいです。学びておもわざればとか、その逆のリスクもありますが、しがらみから解き放たれた書道の楽しさはひときわです。今の時代、徒弟制度みたいなしがらみにとらわれずに、楽しく上達して、権威のある会の名を借りずに、近くの子供に書の基本を教えるという選択もあるのではないでしょうか。

これは今の拝金主義の書道業界がこの先尻すぼみになることに対する警鐘でもあります。でも偉い人は自分が年代的にに逃げ切ることしか考えていないのでどうしょうもないでしょう。下の回答者は他の回答でも自由に楽しむ書道愛好家にさげすむような意見を書いているように見受けられます。
どちらにしても、定時定刻に月謝を払って、気の乗らないときにも書道に取り組むことから解放されると書道の楽しさは見違えるほど広がりました(私の場合)。しかるべき先生につきたいと思う時期が来る前に、一度そんな開放的な楽しい書道の時期をおかれたほうがいいと思います。

臨書も倣書もお手本あるいはその心をなぞることから始まります。質問者様の今の段階でお手本どおりに書くことの何が悪いのかわけがわかりません。基本を押さえずに自分流を始めるのはハイリスクミドルリターンです。堂々となぞっていただいてよろしいかと愚考します。
    • good
    • 27

dhaikohuさんは現在高校生の十段ですね?18歳以下は成人の段級位とまったく違う事を教えておきます。



未成年の十段は成人の初段と思ってください。ですからその積りで読んで下さい。

今まで習ってきた書道を将来人の役に立てたい,その気持ちは大変よいと思います。

高校の書道の時間に書写であって書道ではないと強く言われた。だから書道を極めたいから高校でもを習っている。そうですね?

今までは手本をよく見て忠実に書きなさいと,教わってきたはずです。その何処がいけないのと,言いたいけれど,時には先生はそのように言う事があります。
それは,ぜんぜん駄目か,この子はうまくなると思った時に,そのように言う事があります。

あなたの,長い間習ってっきた経験を無駄にしたくないし,書道の見聞を広めていきたい。これは大変よいことです。未成年のうちは楷書と行書がしっかり出来れば上等です。

成年になって指導を受ける時は,あなたが先生を選択して,この先生に習いたいと思う先生に師事して下さい。

文字は,楷書・行書・草書・隷書(れいしょ)・篆書(てんしょ)・変体かな(変体仮名)・創作(そうさく「勢いと,流れるような擦筆(かっぴつ)で揮毫する文字」)・遊書(ゆうしょ「絵のような文字」)今度機会が会ったら展覧会を見て下さい。本屋で眺めもよいでしょう。
孔子廟堂碑。九成宮醴泉銘。王羲之小楷字帖。顔眞卿。鄭道昭。欧陽詢。などの書を学ぶもよいと思います。

書道は,教室や,連盟等によって段級位の付け方が違います。よって成人の部の準師範は未成年~成年級位くらいまでの指導可。師範は成人の段位までの指導が出来ます。         専門家   翠  峰
    • good
    • 5

そうですね、楷書、行書だけを手本を見て書くだけでは将来教えるって言っても、、、子供にお習字や硬筆を教えるくらいはできるでしょうけどね。



書道教室をやめられたばかりで、また、今度はもっといろいろを教えてくれる教室に入ってみてはどう?、と言うのはダメですか?

やはりいい師範につくのが一番だと思うんですが。
近所だとか、カルチャーセンターだとか、書道の教室がありませんか?

私は小学校6年間近所の書道教室に通い、中学・高校の時はやめていたんですが、社会人になってまた同じ教室に通い10年で師範免許を取りました。

小学生の時はお手本を見て真似して書いて級・段を取っていくという、いわゆる「お習字」でしたが、

社会人になってからは手本を見て練習したものを毎月提出して級や段をとっていくのもしていたし、作品を創作して展覧会に出品したりもしていました。

書の種類も楷書、行書、草書、隷書、かな、近代詩(調和体)といろんなものを練習していました。

もし、再度どこかの教室に入るのが難しければ、
書道教室の「競書誌」を取り寄せて練習するっていう手もあります。
でも競書誌だと指導がないので、
指導が必要なら通信講座などを探してみられてはどうでしょうか。

「墨」という雑誌もあります。
それも参考になると思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですね。
やはり、自分自身で知識を得ていくのには限界がありますね。
今年から東京生活が始まるので、お教室探してみようとおもいます。

「競書誌」初めて聞きました。
周りに詳しい方がいなかったので、参考になります。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/27 00:19

私でお答えできるかどうかわかりませんが、私なりに考えてみました。


私は個人宅で行っていた小さな無名の書道教室に通っていました。
しかし、私が習っていた字は習字であって、書道ではありませんでした。
師の字を習っていても、臨書の勉強をしていませんでした。
また、書道に必要な、書道史なるものの勉強もしたことがありません。
さて、貴方様のご年齢がわからないので、なんとお答えしてよいのか
迷いますが、将来どのように、書道にかかわっていきたのでしょうか。
たとえば、高校の書道の先生になりたいというのでしたら、
大学で教諭の資格を得なくてはなりません。
どこの大学で書道教諭の資格が得られるのか、それはご自身で
お調べになってください。
教諭資格を得られる過程で臨書、中国語その他の勉強をされることでしょう。



開塾の場合、貴方様はこれをご希望とのことですが、
私はそれで食べていけるとは思えませんが、
開塾するにあたっては師範の免許は必要です。
通っていたお教室で師範免許取得、開塾できるまでにはあと何年通えばいいのか、
開塾したい旨を師に言ってみてはどうでしょうか。

プロになりたい、大学教授になりたい、書で食べていくのには
どうしたらいいのか、という質問に関しては、
OKWaveであらためて質問をされてみてはいかがでしょうか。
書道の専門学校もあるみたいです。
書道の勉強はここでできても、就職先がどこになるのか、
これは調べてみてはいかがでしょうか。
また、専門学校ではなくとも、専門学院のような、書道の勉強をするところは
あるみたいです。
調べる価値はあるでしょう。

夢をお持ちになるのはいいことだと思いますが、
絶対に期待はしないこと、です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

はい。
それだけで食べていけるとは思っていませんし、
周りの人からもそういわれているので、
本職にしようとは思っていません。

大学は全く違う学科にいきます。(幼稚園教諭系)
ちなみに今年大学生になります。

40歳くらいになったら、教諭を引退して
習字で習ってきた知識、そして仕事で得た子供に対する知識や経験を活かして書道教室を開きたいと思っています。
まだ、将来像の時点ですが。


先生は今体調を壊されているので、少し調子がよくなった頃をみて今後相談してみようと思います。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/25 22:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書道師範としてを習字を教えているものです。日本では習字を習う人は毎年減

書道師範としてを習字を教えているものです。日本では習字を習う人は毎年減少しています。しかし、海外で漢字がCOOLでカッコイイと人気であることを知りました。不思議な気がします。どこが外国人にアピールするのでしょうか?どんな人が興味を持つのでしょうか?日本文化に興味を持つ知的な教育水準の高い人、あるいは漢字タトーをいれた不良っぽい人?どこの国で人気があるのでしょうか?アメリカ、ヨーロッパの国?年齢層は?海外経験のある方などお教えください。(私の書道塾の生徒も少なくなり、外国人向けになにかできないかと考えています。)よろしく御願いします。

Aベストアンサー

私は以前アメリカ西海岸にしばらく滞在していましたが、確かに漢字は人気があるようでした。
年代としてはやはり20代、30代が中心で、特に不良っぽい人という感じではなく、わりとそこらへんに居る普通の若者です。
人通りの多い街中でも漢字をプリントしたTシャツやシールを売っており、シールは刺青代わりに貼るものです。
そこで売っているシールはごく普通の無難な文字で、「春」「雲」「風」「紫」などでしたが、そのシールを買いに来た客は二の腕に「台所」という文字を刺青していたのには大爆笑でした。
本人もやはりその意味は知らずに入れてしまったようです。
彼らは漢字をアートとして受け入れており、デザイン的に気に入っているだけで意味はそれほど気にしていないようです。

漢字に限らず世界的に日本食がブームになっていますし、日本のコミックも世界中で翻訳されて読まれていたり、柔道、空手をはじめとして武道を志す人達も多くなりましたし、日本ではすっかり廃れてしまった感じの算盤なども海外で見直されていたりなど、日本の文化は世界的に注目されていますよね。

Q書道 習字 ペン習字練習法

こんばんは。

書道・習字について教えていただきたいことが御座います。

要点としてはどのような方法で練習をされていたのでしょうか?ということです。


私は現在ペン習字を始めて1ヶ月ほどになります。
練習には“書き込み式ボールペン字の練習帳”とジャポニカ学習帳を使用しております。

現在は平仮名を練習しており、本を見ながら学習帳(5mm方眼1ページ330字)に
・平仮名すべてを1回
・1日1行ずつ(あ行、か行….)各字30回
・名前 数回
・数字 数回
・行、数字については5mm四方にて数回
計1ページを1時間ほど掛かり練習しております。

1日1行で現在4周目にはいったところです。

正直少しは成果がでていると思います。
平仮名の3割ほどは比較的満足に書けるようになりました。

が、ふと練習方法に疑問が生じました。

次のカタカナにいっていいものなのかどうか
平仮名・カタカナ・漢字と同時進行が良いのか
平仮名を全体的に済ますべきなのか
平仮名1文字ずつ完璧にしていくべきなのか

現在は時間・金銭面等々の都合により難しいのですが、いつしか毛筆かペンの教室に通いたいと思っております。

現在の練習や将来の教室選びの参考にさせていただきたく下記に質問をまとめさせていただきました。

(1)通学 or 通信
(2)学習時期・期間
(3)練習方法
(4)練習方法良い点
(5)練習方法悪い点・改善点
(6)成果自己評価

是非とも皆様の体験をお聞かせ下さいませ。

宜しくお願い致します。

こんばんは。

書道・習字について教えていただきたいことが御座います。

要点としてはどのような方法で練習をされていたのでしょうか?ということです。


私は現在ペン習字を始めて1ヶ月ほどになります。
練習には“書き込み式ボールペン字の練習帳”とジャポニカ学習帳を使用しております。

現在は平仮名を練習しており、本を見ながら学習帳(5mm方眼1ページ330字)に
・平仮名すべてを1回
・1日1行ずつ(あ行、か行….)各字30回
・名前 数回
・数字 数回
・行、数字については5mm四方にて数回
計1ページを1...続きを読む

Aベストアンサー

質問の趣旨とはずれるかも知れませんが・・・

私は字を本気で上達させたいのであれば毛筆を練習すべきと思っています。
ペン字はあくまでペンで書いた時の「見た目」を良くするだけで、
短期間のうちにある程度まで上達することは可能ですが、それ以上となると
やはり毛筆の技術や知識も必要となってくると思っています。
ペン字のお手本を書いているような先生方もみな、毛筆にも熟練しているはずです。

質問者様の文面から、真摯に高い目標をもって字を学びたいのだとと推察いたしましたので、その前提でお話させていただきますね。

本来であれば、早めに良き教室を見つけ、毛筆と硬筆を並行して習うべきかと思います。
独学だと、変なクセがついてしまう心配もありますし、常に「これで本当にいいのかな」
という疑問もつきまとうのではないでしょうか。
ただ、今すぐに書塾に通うことが難しいとのことですので、自宅で行うペン字練習の方法で考えて見ます。

小学生の習字や硬筆は、基本的に「平仮名」>>「カタカナ」>>「漢字」の順で習います。
「平仮名」はもともと漢字の草書体が変化したもので、丸みがあることが特徴ですが、「カタカナ」は、漢字の楷書体の一部を切り取って成立しました。つまり、「カタカナ」を練習することは、漢字の練習の基礎とも言えるわけです。
ですから、上記の順番で練習することは悪いことではないと思います。
とは言っても、形を優先するペン字においては、それほど順番にこだわらず、漢字の練習中心、または漢字とカタカナ並行でもいいのではないでしょうか。漢字の形が良くなってくると、自然とカタカナも上手く書けるようになりますよ。

ただ、字の形と同じぐらい大切なことがもう一つあります。
一文字一文字はそれほど上手ではないのに、その人が書いた文章全体を見るととても綺麗でまとまって見えることがあります。もちろんその逆もあります。
大切なのは字と字のバランスなのです。

・文字の大きさをそろえること
・書く位置をそろえること(筋を通すこと)
・漢字に比べ、仮名はやや小さめに書くこと
・文字と文字の間隔がばらつかないようにすること
・その文字だけに集中せず、時々全体を見るようにして書くこと

このあたりに気をつけて書けば、全体がとても美しく見えてきます。
一つの文字にこだわって、何度も練習するのはいいですが、(自分の書き方が絶対に正しいかどうかわからないのに)こだわりすぎて書きすぎるのも危険です。それならばむしろ、
全体のバランスということを特に気をつけて書く練習をすべきです。
筆を使うテクニックに比べて、全体を見て考えながら書く、という力はなかなか身につかないものです。こういうセンスを今ちょっとずつ磨いておくことは、きっと将来本格的に学ぶ時にも役に立つはずです。

余談ですが、いつか書塾を探す時には、漢字だけではなく「毛筆かな」も学べるところが理想です。漢字の書き方とかなの書き方はかなり違うので、両方とも教えられる先生は少ないのですが、かなを学ぶと、普段書く字にも大きな影響があると思いますよ。美しい「仮名」文字は、他人を感動させる力があると、私は思います。

質問の趣旨とはずれるかも知れませんが・・・

私は字を本気で上達させたいのであれば毛筆を練習すべきと思っています。
ペン字はあくまでペンで書いた時の「見た目」を良くするだけで、
短期間のうちにある程度まで上達することは可能ですが、それ以上となると
やはり毛筆の技術や知識も必要となってくると思っています。
ペン字のお手本を書いているような先生方もみな、毛筆にも熟練しているはずです。

質問者様の文面から、真摯に高い目標をもって字を学びたいのだとと推察いたしましたので、その前提でお話...続きを読む

Q書道教室(小筆書きを習いたい)を探しています

かなや小筆書きを習いたいのですが、その分野を得意とする先生&書道教室を探しております。ただ、会社帰りの平日の19時以降の時間帯を希望しています。
時間的なことからカルチャースクールも含めて、いろいろと探してみているのですが、希望の時間に東京都内に小筆のお教室を開かれている先生が残念ながら見つかりません。
習ってみたい字のイメージとしては、以前、宮本竹逕先生のお作品を拝見して、とても素敵だなと思いました。でも、小筆を得意とされている先生であれば、宮本先生の字にこだわっている訳ではありません。
どなたかいいお教室をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。
下のアドレスを参考にして下さい。
正統的ですので、大変良い会だと思います。都内にも何ヶ所も教室がありますし、恵比寿に本部の教室もあります。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/cosmos/index.html

Q書写と習字の違いについて

小2の息子が通っている教室なんですが、先生に
「ここは書道ではなく書写教室です」と言われました。
書道と書写どう違うのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

おそらく、私の通っている会だと思います。
質問文を拝見して、すぐにピンときました。

私の先生は
「うちの教室は、芸術的な字ではなくて、見る人にいい感じを与える字が書けるようになるのを目的としているの。だから、あまり勇ましい字などは書かないように指導しているの」
と生徒に言います。
ちなみに、その会の先生は全員女性です。

文部科学省の「書写」の教科書のお手本を書いておられる方が、教材のお手本を書いているようです。
「誰が見ても綺麗」という字が書けるようになるためであれば、とてもいいと思います。
しかし、個性尊重とは正反対の方針です。
「誰が見ても綺麗」というのは、悪く言えば「個性のない無難な字」ということだからです。

将来、お子さまに、芸術としての書道を身につけさせたいというお考えならば、他を探してみたほうがよいかもしれません。
しかし小学校2年生ならば、書写教室で充分だと思います。

私の叔父は書家なのですが
「書道は、『教育書道』と『芸術書道』とあるんだよ。『芸術書道』のほうが面白いよ。ただ『芸術書道』をやるためには、まず『教育書道』からやらなければダメなんだよ」
と言っていました。
要するに、「書写」とは「教育書道」ということです。

おそらく、私の通っている会だと思います。
質問文を拝見して、すぐにピンときました。

私の先生は
「うちの教室は、芸術的な字ではなくて、見る人にいい感じを与える字が書けるようになるのを目的としているの。だから、あまり勇ましい字などは書かないように指導しているの」
と生徒に言います。
ちなみに、その会の先生は全員女性です。

文部科学省の「書写」の教科書のお手本を書いておられる方が、教材のお手本を書いているようです。
「誰が見ても綺麗」という字が書けるようになるためであれば...続きを読む

Q書道教室 創作書道

札幌で創作書道の教室を紹介してほしいのです。相田みつおさんのような文字や迫力のある書道の枠を超えたものを書いてみたいと思ってるのですがなかなかみつからない状態です。お願いします(*μ_μ)

Aベストアンサー

書は「先生を選ぶ」ことが大事です。
作品展など見に行って、ぴったりする先生があれば教室に見学に行って決められたらいかがでしょう。

ネットでも「書道 北海道」などで検索したら作品画像や教室案内や展覧会情報が手に入ると思います。

先生には文字の形を教わるのではなく、勉強の仕方を教わらないと自分で創作できるようにはなりません。文字の数が多いし画面構成も多様ですから。基礎の臨書を教えてくれる先生を個人的にはおすすめします。

よい出会いをお祈りしています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報