『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

タイトルの通りなんですが
プロ野球の1軍登録の先発投手のうち、その日登板のない投手
(控えのリストにも載ってない人)って、球場には来てるんですか?
ホームの時はまだしも、遠征にもついてくるのでしょうか?

来ても無駄、というか、それなら練習でもしたほうがマシだし
オフだとしたら、何してようとお咎めなしなんでしょうか?
まぁ成績命なので自己責任なんでしょうが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

スポーツ好きのおっちゃんです



所謂「先発ローテーション」に入っている投手はチームに帯同する必要は無いのが一般的です。
特に前日先発した投手は殆ど帯同しません。
俗にいう「上がり」です。

それ以外の日は当然「練習」と「調整」です。

ただし、これはチームの方針・戦略によって変わって来ますので「必ず」という事ではありません。

ちなみにアメリカのメジャーに「上がり」のシステムはありません。
前日先発した投手は次の日にスコアをつけたり、簡単な「雑用」をしたりします。

まぁ、「上がりの日」にボケーっとしてようが、自主練しようが、チームに何も言われていなければ
結局はプロなので「自己責任」ですけどね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

三浦投手(横浜)のファンなのでブログをよく拝見するのですが
遠征先での試合に登録されてないのに
絶対遠征に帯同してるようで、ふと「なんで?」って思っちゃいました。

チームによっても違うんですね。
三浦投手本人の希望なのかもしれないですけど・・・
メジャーは雑用するんですね。面白いですねー。

お礼日時:2010/04/10 00:44

細かい日付けは忘れましたが、東京ドームでのジャイアンツとの試合で中日ドラゴンズの移動が台風で足止めを食ってしまい、関係者が色々な方面で尽力したのですが、それも空しく試合が中止になってしまったことがありました。



その時、間に合った時に備えて先に東京まで来ていた先発要員の西本聖投手(現千葉ロッテコーチ)と山本昌広投手がベンチ前でキャッチボールをしていました。

ということで先発要員の投手が先乗りしているということはあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

なるほどー。
移動日の天候を予測して備えていたのかもしれませんね。
備えで思い出しましたが、雨天時の試合でどろんこになっても
すぐにユニを着替えてますけど
遠征時は何枚くらい持って行くんだろう??って思ってました。
打席数分×3日分?いったい何枚持ってるのかな・・・
↑変な事ばかり気になってますね、私。

お礼日時:2010/04/10 01:04

こんばんは 余り自身はありませんが・・・。



帯同しなくてもよいと、きいたことがあります。

その代わり、二軍の選手と一緒に練習したり、オフでない限りは

基本ルールとして、体作りや軽めの運動などが中心になるそうです。
 #亡くなられましたが、稲生さんに聞きました。
 #たまたまお会いする機会がありまして^^;
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
やはり稼働日(練習)ではあるのですね!
先発投手はシーズン中にも旅行に行こうと思えば行けるのか?
と思ってました(汗)

稲生さんってもしや・・・神様仏様(だっけな?)の方ですか?
プロ野球ファン歴は浅いですが
何かの番組で見たような・・・
そのような方にお会いできるなんてすごいですね(違ってたらすみません)

お礼日時:2010/04/10 00:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロ野球の先発ピッチャーは休みすぎじゃないですか?

プロ野球の先発投手って中5日とか中6日じゃないですか。
だいたい1試合平均で6回くらいまでですよね?球数だと100球くらいかな。

先発ピッチャーって5日も6日も休まないといけないほどそんなに疲れますか?
サッカーだったらわかります。走りっぱなしだし。
でも野球って試合の半分はベンチに座ってるじゃないですか。
高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?
プロ野球選手はもっと体鍛えてると思うんですけど、体力ないんですか?
なんかたくさんお金もらってるくせに、5日おきとかしか投げないのは腑に落ちないなあ。

なんでそんなに休まなければいけないのですか?

Aベストアンサー

すでに回答は出揃っている感がありますが…

MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言われた権藤博さんが言ってますが
「アマチュアの連投とプロの連投とは違う」のだそうです。
年に多くても数回のトーナメントを戦うだけのアマチュアと
約半年ほとんど休みなく試合が続くプロとでは、体の疲れ方が根本的に異なる、と。

ただ、権藤さん自身そのことに気がついたのは引退してからだそうで、
コーチになってから「投手に無理をさせない」ことを第一に考えるようになりました。
(かの10.19で阿波野投手をダブルヘッダーに連投させたことで仰木監督と衝突したのは有名な話)

なお、中6日の元祖的存在である「サンデー兆治」村田投手のローテーションを生んだのは
鉄腕と言われた稲尾和久監督です。

昔の投手は確かに連戦連投でしたが、その連戦連投した投手たちが指導者となって
今のローテーションを確立しているというのは注目に値すると思います。

すでに回答は出揃っている感がありますが…

MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言わ...続きを読む

Qなぜ昨日投げた先発投手が次の日にベンチ入りしてるの?

なぜ昨日投げた先発投手が次の日にベンチ入りしてるの?

よくプロ野球で、先日先発した投手が次の日にベンチ入りしていることがあるのですが、
これはどういう意味があるのですか?その日に試合で投げる可能性ほぼゼロじゃないですか。
普通に考えたらベンチからはずして他の戦力になる選手をベンチ入りさせたほうがいいと思いますが、
なにか意図があってやっているのでしょうか?

Aベストアンサー

No2です。説明不足でしたか。では実例を出してみてみましょう。
本日9月22日の読売ジャイアンツの布陣を例に出してみます。

投手
内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井
久保・高木・越智・MICHEAL・クルーン・山口・上野
捕手
阿部・加藤・鶴岡
内野手
寺内・小笠原・坂本・脇谷・ゴンザレス・大道・古城
外野手
ラミレス・谷・鈴木・高橋・松本・矢野

以上が一軍登録人数28人です。
このうち投手で、内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井の5人が先発ローテ要員です。

そして今日のベンチ入り選手は

投手:内海(先発投手)、久保、高木、越智、MICHEAL、クルーン、山口、上野、藤井
野手:坂本、松本、小笠原、ラミレス、阿部、高橋、古城、脇谷、寺内、谷、鈴木尚、エドガー、加藤、鶴岡、大道、矢野

の25人です。グライシンガー、ゴンザレス、朝井の3人がベンチ外ということになっています
ここで先発要員の藤井がベンチ入りしてるのがもったいないと仰りたいのですよね。


では今後のローテーションを予測すると、
22日 内海(今日)
23日 ゴンザレス(中4日)
25日 藤井(中5日)
26日 グライシンガー(中5日)
28日 朝井(中6日)
29日 内海(中6日)

ですかね?あくまで予想なんでわかりませんが。仮にそうだとします。

今日の試合に藤井が出場予定はありませんでした。なぜなら25日の先発に備えているからです。
枠がもったいないからという理由で、藤井を19日に投げた翌日に登録抹消して控え野手を登録してたとします。
一度登録を抹消してしまうと10日間は再登録できませんから、再登録可能日は30日になります。
そうすると25日に先発する投手がいなくなります。それでは困りますよね。

今日投げた内海を抹消して、野手を補充しても29日に投げる人がいません。
そうした理由で1人は先発投手をベンチ入りさせる必要が出てくるのです。


もしも仮に、19日の試合で藤井がグダグダな内容で2軍降格を言い渡されたとして(あくまで仮定の話ですよ)
25日に投げる投手は藤井じゃない別の人を2軍から昇格させる予定だとします。

そういう場合は19日の翌日から次の投手を登録する25日までの間、控え野手や中継ぎ投手を補充しておくときはあります。

No2です。説明不足でしたか。では実例を出してみてみましょう。
本日9月22日の読売ジャイアンツの布陣を例に出してみます。

投手
内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井
久保・高木・越智・MICHEAL・クルーン・山口・上野
捕手
阿部・加藤・鶴岡
内野手
寺内・小笠原・坂本・脇谷・ゴンザレス・大道・古城
外野手
ラミレス・谷・鈴木・高橋・松本・矢野

以上が一軍登録人数28人です。
このうち投手で、内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井の5人が先発ローテ要員です。

そして今日のベ...続きを読む

Qプロ野球の先発ピッチャーは投げない日は公休ですか

新人ピッチャーのファンになってプロ野球に興味がわくようになりました。先発ピッチャーは投げない日はベンチにいないのですがどこで何をしていますか。何日かは公休も含まれるのですか。どうもわからないのは他の選手が一生懸命試合をしていて少なからぬ人がその試合を見ているわけですがそんな日高校野球みたいにベンチで応援しないのですね。

Aベストアンサー

ピッチャーが投げない日は、球場の裏で投げ込みをしたり、トレーニングをしていることが多いようです。
しかし、球場にさえ来ない日もあります。
プロ野球選手は雇用形態が年俸制ですので、何日間休んだとか出勤(出場した)とか関係ないんです。
ようは、呼ばれた日にどれだけの成果を上げることができたか、できなかったか。1年間でどれだけチームに貢献したかについて報酬が支払われます。

もちろんチームを盛り上げるために、出場しない日にも顔を出す人もいますが、その時間を自己研鑽に使うのもまたプロ意識なのだと思います。

Qプロ野球選手が遠征先でのホテルの部屋について

プロ野球選手が遠征先でのホテルの部屋について

プロ野球選手や監督が、遠征先でホテルに宿泊する時の部屋は相部屋なんでしょうか?
それとも個室ですか?まさかスィートルームと言うことは無いと思いますが。
また、ホテルはいわゆる一流ホテルなのでしょうかね?

それと、それぞれのチームの本拠地も選手、監督の我が家も違うと思いますが、その場合、誰がホテルに泊まって誰が泊まらないと、チームスタッフが聞いて手配するのでしょうか?
宿泊費は多分チームが負担すると思いますが、プロ野球チームは大所帯なので宿泊費もバカにならないと思います。
なので、泊まる人数が多い少ないでは年間の経費もかなり違ってきますよね。

ちなみに自分はファイターズファンですが、チームの本拠地は札幌市、梨田監督は関西に家があり、選手は多分元々が東京が本拠地のチームだった為、東京に家がある選手が多いのではないかと思います。
もちろん札幌に仮の家、マンションを持っている選手もいると聞いています。

その辺の事情に詳しい方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

ホテルのフロントを経験していた者ですが、広島カープが宿泊していました。
市内の全日空ホテルに宿泊するチームは、巨人とかの一流のチームが宿泊していました。
ホテルの部屋割は、一番高いシングルの部屋に主力選手を、若手選手に中ぐらいの部屋を割り当てていました。
相部屋ということはなくて、選手一人に対して1つの個室でした。一般客と区別して、フロアー(その階)ごとの貸切にしていました。(例えば、1階から6階までは、すべて使用していました。)
監督は、スイートルームへの宿泊でした。自分の勤めていたホテルは、一流ということはなかったですが、全日空ホテルに続くランクのホテルでした。
すみません。それ以外のことは、経験がないのでわかりません。参考になれば・・・。

Q先発投手はいっしょに移動しますか

パ・リーグの一軍先発投手の移動について教えて下さい。
本拠地で週の後のカードに登板しました。
次の週はビジターで先のカードには先発しませんが後のカードで再び本拠地登板予定です。
この場合登板しなくてもチームの移動にわざわざ帯同するのですか。
それとこの場合完全休日はいつもらえるのですか。

Aベストアンサー

それは、チームの状況と首脳陣の考え方で変わってきます。
帯同しないケースがほとんどだと思いますけどね。

Q雨天コールドゲームは何回で成立する?

野球の雨天コールドは5回を終わっていれば成立すると一般的に理解されていると思いますが、では5回表終了時あるいは5回裏途中で後攻チームが勝っていた場合はどうなるのでしょう?
もしかしたら組織によって異なるのかもしれませんが、最もポピュラーな野球規則に基づいたもので結構ですので教えてください。
甲子園で雨天順延が続いたので、ふと気になりました。

Aベストアンサー

公認野球規則4.10正式試合
(c) 球審によって打ち切りを命じられた試合(コールドゲーム)が
次に該当する場合、正式試合となる。
(1)五回の表裏を完了した後に、打ち切りを命じられた試合。
(両チームの得点の数には関係がない)
(2)五回表を終わったさい、または五回裏の途中で打ち切りを命じられた試合で、
ホームチーム(後攻)の得点がビジティングチーム(先攻)の得点より多いとき。
(3)五回裏の攻撃中にホームチーム(後攻)が得点して、
ビジティングチーム(先攻)の得点と
等しくなっているときに打ち切りを命じられた試合。

とありますので、5回表終了時あるいは5回裏途中で
後攻チームが勝っていた場合は公認野球規則4.10(c)(2)により
試合が成立しますので、後攻のチームの勝ちとなります。

Qプロ野球の応援団って何で飯食ってるの?

毎試合球場に足を運んで応援してますけど、彼らの収入源は?
そして、いつも外野のいい席を陣取ってますけど、入場の時ちゃんと並んでるんですか?
だとしたら昼間もおちおち仕事してられないですよね?

Aベストアンサー

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃いますが、昔(15年以上前、特にパリーグ)は試合開始時点では人数が少なく、3回くらいからようやくラッパ応援が始まるような例も少なくありませんでした。仕事が終わってから三々五々球場に駆け付けていたためでしょう。
また「秋~春はひたすらアルバイトでお金を貯め、その資金でシーズン中の応援活動を行う」という人もいるようです。これは応援活動に限らず、放浪旅行を楽しんだり、タレントの追っ掛けをやったりする人も使う手ですね。
ビジターの試合まで全部観るとなるとさらに大変ですので、それも含めて全試合観ている人は少数でしょう。ビジターを本拠とする応援団の人がホーム球場に出向く場合も同じです。ただNo.6でyorunoaozoraさんがお答えのように、ビジターでも何らかの応援組織が存在するのが今は普通ですから「ビジターでは応援なし」というケースは少なくなりました。
遠征の場合その地区の幹部クラスの人が、金欠の若手団員向けに自宅を宿泊所として提供することもよく行われます。

(2)座席確保
「年間指定席だから」と回答しておいでの方が多いですが必ずしもそうではありません。確かに年間指定席を買っている場合もありますが、年間指定席があってもそこでの応援が禁止されている球場(横浜など)や、外野の年間指定席がそもそも存在しない球場も多くあります。指定部分の多いナゴヤドーム外野でも応援団は自由席を使って応援しています。
自由席の場合にどうするかというと、座席確保のために試合の始まる何時間も前から並んでいます(主に若手団員の役目だそうです)。

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃い...続きを読む

Qメジャーリーグの投手に上がりがない根拠は何ですか?

「上がり」とは登板日以外はベンチ入りしない事だそうです。つまり登板日だけベンチ入りするわけですね。

えっ~、1/13のサンスポの井川選手のコメントで知りましたが、個性を認めないで常に同じ行動を要求する日本なら分かりますが、メジャーでは前日に完投や、例えばノーヒットノーランをやった選手でも次の日に試合があれば、絶対に投げないと分かっていてもベンチ入りしなくてはいけないルールなのでしょうか?

合理主義のアメリカとは思えないです。投げた次の日の先発投手は日米ともに、肩の故障から守るために完全休養だと勝手に思っていました。これに関しては、日米逆ですね(~o~)

どうしてメジャーはこうなっているのでしょう?

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の知る限り(ローテンションピッチャーの)いわゆる「上がり日」というのは、登板日の翌日1日にだけが完全休養日だったと思います(早い回でのKO板などの、先発投手としての責任を果たせなかった場合は違うようですが)。
仰るように、フルに使った肩を完全に休ませる意味があったと思います(多少のご褒美の意味合いもあるような)。
もちろん球団にもよりますが、確か先発前日は必ずベンチ入りするだろうし、その他の日はそのチームの投手層によってマチマチだったような気がします。
少なくとも、登板日(先発日のことですよね?)だけベンチ入りするということは聞いた事がありません(ということは、その他5日も6日も休みなんですか?)
でも正直、日本の野球を毎日のように見ていたのは10年ほど前までで忘れかけていますので、間違っていたらすいません。

まぁ、それはともかく
MLBにおいて、いわゆる「上がり日」が無いのは、ここ10年以上野球はMLBしか見なくなった私にとって、ごく当たり前のことになっていました。
たしかその理由は、#1さんの言われる物理的な理由もあったと思いますが、よりメンタル的なことで言えば「(25人の選ばれたMLBプレイヤー達なのだから、いつもチームに帯同して)チーム全員で闘う、いつもいっしょに闘いに参加する」という意味合いがあったと思います。
逆に言えば、(日本よりも、より消耗品と見なされている投手の肩と言えども、そして仮に前日先発で見事なピッチングをしたとしても)なぜ?他のチームの仲間が闘っているときに、「一人離れて」休日を取る必要があるのか、と言う事ではないのでしょうか。
もっと言えば、(私も学生時代投手をしていて、そのアマチュアのレベルでさえ投手がいかに肩はもちろん全身をフルに使い疲労するか分かっているつもりですが)「チームと離れて」完全休養をしなければ、体力が回復しないのか?とも思います(その日、肩を休めるのは当然ですが)。
でも、少し変に感じませんか?
私も野球と言うスポーツは先発投手がゲームの勝敗を決める大きく占めているのは理解してるつもりですが(言ってみれば、たった一人で9イニング0点に抑えればほぼ負けは無いわけですから)、例えばイチロー選手が2HR10打点の6安打5盗塁でもすれば翌日が完全休養日なんてことが決まってたら、変でしょう。出場休みはあるかもしれないけど、チームメイトが闘ってるとき、家帰って寝っ転がっててもいいなんてことになったら。
もちろん消耗品といわれる肩とは違いますけど、だからチームから離れて休まなければいけない理由にはならないと思いますよ。
それこそスター投手であれば尚更に、そういう日にファンサービス(試合前のサインとか)すればよいのではないですか。

MLBの方に慣れてしまった私からしても、(最近は知りませんが、私が知る限りでは)もちろん前日フルに仕事をして疲労をしたとは思うが、なぜ「チームメートが試合してるとき」に、家でテレビ観戦したり、家族サービスに費やしたり、中にはゴルフをしてたりして、(その日の登板は有り得ないとしても)「チームから完全に離れた」休養日が必要なのか、そっちの方が不自然に感じます。

MLBでは、それでも先発投手は基本的に(それに見合う成績・活躍を満たしていても)MVPの受賞はかなり困難です。
なぜなら、MVPとは「毎日ゲームに出場している野手が受賞するに相応しい」と考えられているからです(この10年間でア・ナリーグ20人中で投手はたった一人です)。
乱暴に言えば、(毎日のベンチ入りは当然のことで)週に4日も5日も休むプレイヤーはMVPには値しないという考え方です。
その代わりとは違うのでしょうが、投手には「サイヤング賞」という最高の栄誉のタイトルが用意されています(日本で言えば「沢村賞」でしょうか。かなり意味合いが違う気もしますが・・)

私もそれなりに知ったのは’95年に野茂さんがMLBに移籍して活躍されたときが初めてだったのですが、当時やはり日本と違うシステムに野茂さんも初めはほんの少し違和感を感じたようですが、すぐに慣れてその一体感を満喫したようで、「(先発登板日以外でも)ベンチに座って、それぞれ個性のある球場の雰囲気の中で、相手チームの選手でさえ見てるだけで楽しい!」というようなことをコメントされていたのを覚えています。

例えば、乱闘になったときに、それに参加しなかった選手(めったにいませんんが)に対する風当たりの強さは、日本の比ではありません。
それも、「一緒に闘う」という意味合いから来るのではないでしょうか(たぶん)。

長々と脈略も無く書いてスイマセン
もし参考にしていただければ幸いです。

私の知る限り(ローテンションピッチャーの)いわゆる「上がり日」というのは、登板日の翌日1日にだけが完全休養日だったと思います(早い回でのKO板などの、先発投手としての責任を果たせなかった場合は違うようですが)。
仰るように、フルに使った肩を完全に休ませる意味があったと思います(多少のご褒美の意味合いもあるような)。
もちろん球団にもよりますが、確か先発前日は必ずベンチ入りするだろうし、その他の日はそのチームの投手層によってマチマチだったような気がします。
少なくとも、登板...続きを読む

Qプロ野球選手の生活について教えてください!

野球ド素人です。
以下についてわかる範囲で教えていただきたいです!

(1)シーズン中、ナイターの場合などは午前中は練習しているのですか?
入り時間など決まっていますか?

(2)例えばほとんど練習せずにいきなりゲームにでる選手もいるのでしょうか?

(3)シーズン中の練習メニューは合同?個人?

(4)オフシーズンの時の練習内容は個人にまかされているのですか?
球場などは自由に使えるのですか?

(5)オフシーズン時の練習のキャッチボールなどの相手は誰が担当するのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)ホームチームの方が先に練習開始ですので、選手は正午すぎぐらいに球場に来ます。中には早く来たり、あるいは朝から2軍の球場などでいわゆる「早出特打ち」などの練習をしてから球場に来る選手もいますし、出場機会が少ない1軍の若手が昼間2軍の試合に出てから夜は1軍の試合に出るという場合もあります。

(2)故障を抱えている選手が打撃練習や守備練習など一部の練習を休んだりすることはあります。もちろん症状によってはまったく練習しないこともありますが、そういう選手が試合で先発してフルに出る、ということは少ないですね。

(3)試合前の練習のことでしたら流れがもう決まっているので、全体的な練習メニューに従います。もちろん前日にバントをミスした選手が念入りにバント練習をしたり、エラーした選手にノック、ということもあります。状況に応じて変化します。

(4)12月と1月はコーチが指導する練習というのは禁止されています。この時期練習してないという回答がありますがそれは間違いです。球団や選手会行事がない日はリハビリ中の選手を除いてほとんどの選手は何らかの練習を毎日のようにしています。例えば西武から巨人への移籍が決まった片岡は、昨日西武の2軍の球場で中村らと3時間ほどの練習をしたそうです。
自主トレですので練習内容は個人に任されていますが、若手の選手には事前に「自主トレでここを鍛えておけ」という指示がトレーニングコーチなどから出ていることもあります。また、「練習」をグランド内だけのものと考えているのかも知れませんが、ウェートトレーニングなども立派な練習です。球団の施設は基本的に自由に使えますが、12月中旬以降になると海外など暖かい場所に移動して集中して自主トレを開始する選手が増えます。
すでにアリゾナなどのトレーニング施設に向かった、などという記事も目にするようになりました。

(5)例えば巨人ですと阿部、坂本らの野手、内海、山口らの投手のグループがグァム島で、高橋由伸らは沖縄など、数人ずつのグループで12月下旬ぐらいから相次いで各地に自主トレに行きます。打撃投手やブルペン捕手のような裏方さんなどが同行するグループもありますし、村田のように捕手の実松や投手の今村などが一緒のグループもありますが、たいていは色々な役割を分担しながら練習します。
2軍の施設などでの練習の時にはたいてい誰か他の選手がいますし、マネジャーやスコアラーなどの球団スタッフや、場合によっては野球経験のある新聞記者がキャッチボールの相手をすることもあります。

(1)ホームチームの方が先に練習開始ですので、選手は正午すぎぐらいに球場に来ます。中には早く来たり、あるいは朝から2軍の球場などでいわゆる「早出特打ち」などの練習をしてから球場に来る選手もいますし、出場機会が少ない1軍の若手が昼間2軍の試合に出てから夜は1軍の試合に出るという場合もあります。

(2)故障を抱えている選手が打撃練習や守備練習など一部の練習を休んだりすることはあります。もちろん症状によってはまったく練習しないこともありますが、そういう選手が試合で先発してフルに...続きを読む

Qプロ野球選手は皆さん一緒に遠征先へ移動するのですか。

プロ野球選手は皆さん一緒に遠征先へ移動するのですか。
宿泊先では門限があるのですか。
たとえば無断外泊禁止とか聞きますが断れば友人宅とか実家とかに泊まったり出来るのですか。

Aベストアンサー

基本的には一斉に移動します。
ただ、先発投手などは3連戦の初戦で投げたら単身本拠地に戻ったり、また逆に3戦目だったりすると調整してから前日合流などもあったりします。
門限もあるようですよ。
基本的には許可を取っていても外泊はほとんど禁止にしているようです。
逆に家族や友人が宿舎に訪ねてきたりしているようですし。


人気Q&Aランキング