ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

<前提条件>
・パソコンを常に起動している(シャットダウンはしない)
・TEST.xlsにマクロ作成済

<お聞きしたいこと>
・毎日指定時刻(15:30)にTEST.xlsを開き、登録されている
 マクロを自動で実行したい

<私の考え>
・TEST.xlsに下記マクロを登録しようと思っております。
 ただ、下記だけですと、「指定時刻にエクセルを開く」と、
 「毎日指定時刻に自動でマクロを実行する」ことができません。
 あまりマクロについて知識がないため、ご教示のほどよろしくお願いいたします。

Sub 指定時刻にマクロを実行する()
Application.OnTime TimeValue("15:30:00"), _
"MSGBOX", _
TimeValue("00:00:30")
End Sub

Sub MSGBOX()
msgbox"TEST"
End Sub 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>パソコンを常に起動している(シャットダウンはしない)


Excelも常時起動しておけるのなら、この様な方法も

Sub 指定時刻にマクロを実行する()
  Application.OnTime TimeValue("15:30:00"), "MSGBOX", TimeValue("00:00:30")
End Sub

Sub MSGBOX()
  Dim myDate As Date

  MSGBOX "TEST"

  myDate = DateValue(Now() + 1)
  '翌日のOnTimeセット
  Application.OnTime TimeValue("15:30:00") + (myDate), "MSGBOX", TimeValue("00:00:30")
End Sub
    • good
    • 5

#1様がおっしゃられているようにタスクを使うべきですね。


スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→タスク(XPの例)
そこで15:30にTEST.xlsを実行させてあとはオープンイベントでいいんじゃないでしょうか?

オープンイベントについては下記参照
http://office.microsoft.com/ja-jp/excel/HA010346 …
    • good
    • 2

Excelのマクロは、Excelが起動していてマクロを含むブックが読み込まれている状態でないと実行されません。

なので、Excelのマクロに何を書いても、Excelが起動していない状態からExcelを起動することはできません。
タスクスケジューラに登録するなど、別の方法を考えてください。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【Excel VBA】マクロでExcel自体を終了させたい

環境:WindowsXP、Excel2003

マクロでエクセルを終了(ブックを閉じて、アプリケーション自体も終了)させたいのですが、以下のコードではアプリケーションが閉じてくれません。

ThisWorkbook.Close
ExcObj.Quit
Application.Quit

どこか悪いところはありますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通に考えれば質問者のコードで上手くいきそうですが
hana-hana3さんの回答にもあるようにThisWorkBook.Closeでコード終了となりますので
Application.QuitをThisWorkBook.Closeの前にもってこないといけません。
Application.Quitはそれがあるプロシージャのコードが全て終わるまで
その実行を保留するちょと特別動作をします。

'-------------------------------------
 Application.Quit
 ThisWorkbook.Close
'-------------------------------------
 
 

Qエクセルで定期的(30分おき)にマクロを実行させる方法は?

エクセルにて刻一刻変る外部データ(株価)を表示させています。それを自動で30分置きにデータ蓄積させる方法はありませんか?

現在は自分で作ったキーボードマクロで 時計を見ながらボタンを押し、データを取り込ん出る始末です。

その簡単マクロに「30分置きに実行させる」と云う記述を付け足す程度で自動実行させる事は可能でしょうか? 
当方キーボードマクロでの自動書き込みしか出来ない素人ですが、少々複雑な物であっても頑張ってみるつもりですので、どなたかご教授下さい。

Aベストアンサー

えーー。。実際に使うなら、zap35 さんのように、OnTime で実行したマクロ
の中で再度 OnTime を登録する方が良いと思います。

この方式だと、OnTime で登録されるのは常に一つだから管理し易いです。
これに未実行の予約を破棄できる仕組みを組み込めばベストだと思います。

今更こんな事言うのは、#6 の大げさなコードを見て、「また、やっちまった...」
と反省しているからです。が、#6 をアップしてしまった以上、それなりに
まとめておきました。こちらは、一括登録方式です。

コードのままだと、午前10時~午後6時まで30分間隔で Macro1 を実行します。
変更点は、

 ・ブッククローズをトラップした
 ・進捗状況をステータスバーに表示するようにした
 ・その他しょうもないこと

です。

このままコピペで使えると思いますが、試される場合は、MACRO1 はご自分の
用途に合わせて適切に修正して下さい。


Option Explicit

Dim mcolTask As Collection

Sub 実行予約()

  Dim i      As Date
  Dim strProcName As String
  Dim datBigin  As Date
  Dim datEnd   As Date
  Dim datInterval As Date
  Dim datTimeout As Date
  Dim blnJustTime As Boolean

  ' Setting-------------------------------------------------------

  datBigin = TimeValue("10:00:00")  ' 開始時刻
  datEnd = TimeValue("18:00:00")   ' 終了時刻
  datInterval = TimeValue("00:30:00") ' 実行間隔(少なくとも数秒以上で)
  datTimeout = TimeValue("00:02:00") ' 実行待機タイムアウト
  blnJustTime = True         ' datInterval で丸めるか
  strProcName = "MACRO1"       ' 実行するマクロ名

  '---------------------------------------------------------------

  ' 既に実行予約されているか確認
  If mcolTask Is Nothing Then

    ' 日付シリアル値を加算
    datBigin = datBigin + Date
    datEnd = datEnd + Date
    ' 終了時刻が開始時刻より小さければ日をまたぐので補正
    If datEnd < datBigin Then datEnd = datEnd + 1
    ' 現在時刻が既に終了時刻を過ぎている場合
    If datEnd < Now() Then
      MsgBox "終了時刻を過ぎているため予約できません。", vbCritical, "終了"
      Exit Sub
    End If
    ' 現在時刻が開始時刻を過ぎていれば補正
    If datBigin < Now() Then
      ' 開始時刻を datInterval で指定された値で丸めるか
      If blnJustTime Then
        datBigin = Application.Floor(Now() + datInterval, datInterval)
      Else
        datBigin = Now() + datInterval
      End If
    End If

    ' 初期化
    Set mcolTask = New Collection

    ' メイン部分
    For i = datBigin To datEnd Step datInterval
      ' 後から取り消せるようにコレクションに退避
      mcolTask.Add CStr(i) & "," & strProcName
      ' Application.Ontime で実行予約を行う
      Application.OnTime EarliestTime:=i, _
                Procedure:=strProcName, _
                LatestTime:=i + datTimeout, _
                Schedule:=True
    Next i
  Else
    MsgBox "既に実行中です", vbInformation
  End If

End Sub

Sub 未実行予約強制解除()
 
  Dim i  As Long
  Dim vntS As Variant
 
  On Error Resume Next
  Application.StatusBar = "タスク破棄中... "
  For i = 1 To mcolTask.Count
    vntS = Split(mcolTask.Item(i), ",")
    Application.OnTime CDate(vntS(0)), CStr(vntS(1)), Schedule:=False
  Next i
  Application.StatusBar = ""
  Set mcolTask = Nothing

End Sub

' タスク管理用
Private Sub RemoveTask()
  
  On Error Resume Next
  mcolTask.Remove (1)
  Application.StatusBar = "待機中のタスク... " & mcolTask.Count
  DoEvents
  Beep
  If mcolTask.Count = 0 Then
    Application.StatusBar = ""
    Set mcolTask = Nothing
  End If

End Sub

Sub Auto_Close()

  Dim intRes As Integer
  If Not mcolTask Is Nothing Then
    intRes = MsgBox( _
        Prompt:="待機中のタスクが " & mcolTask.Count & " 件あります。" & vbLf _
           & "破棄して終了しますか?", _
        Buttons:=vbOKCancel + vbDefaultButton2 + vbExclamation, _
        Title:="問い合わせ")
    If intRes = vbOK Then
      Call 未実行予約強制解除
    Else
      ' ブッククローズをキャンセル
      Application.ExecuteExcel4Macro ("Halt(True)")
    End If
  End If

End Sub

' 呼び出すマクロ--> Application.Ontime のマクロ名と一致させて下さい
Sub MACRO1()

  Dim lngRow As Long
  With ThisWorkbook.Sheets("Sheet1")
    lngRow = .Range("V65536").End(xlUp).Offset(1).Row
    .Cells(lngRow, "V").Resize(1, 3).Value = .Range("Q12:S12").Value
    .Cells(lngRow, "Y").Value = Now()
  End With

  ' ご自分のマクロの最後に次の一行を追加しておいて下さい
  Call RemoveTask

End Sub

えーー。。実際に使うなら、zap35 さんのように、OnTime で実行したマクロ
の中で再度 OnTime を登録する方が良いと思います。

この方式だと、OnTime で登録されるのは常に一つだから管理し易いです。
これに未実行の予約を破棄できる仕組みを組み込めばベストだと思います。

今更こんな事言うのは、#6 の大げさなコードを見て、「また、やっちまった...」
と反省しているからです。が、#6 をアップしてしまった以上、それなりに
まとめておきました。こちらは、一括登録方式です。

コードのままだと...続きを読む

QVBAを時間指定で自動実行

就業時間内(9時~6時)でエクセルVBAを指定時間に自動実行させたいです。
エクセルはパソコン起動した朝に、開いておきます。(バックグラウンド)
指定時間になったらVBAを自動実行させたいのです。
指定時間は例えば、
10時11分
10時16分
10時21分 などです。最初の時間から5分間隔で実行。
こういう事はできるのでしょうか?VBAでできるのか?
それ以外の方法があるのか?よくわかりません。
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

たとえば、こんなことか。
下記は、1度testを実行すると、15秒たつとtest1を実行し、以後10秒ごとにtest2を実行するというもの。
test1もtest2も単にmsgboxを表示するだけ。

Dim gotime1, gotime2
Sub test()

gotime1 = Time + TimeValue("00:00:15")
gotime2 = gotime1
Application.OnTime gotime1, "test1"
gotime2 = gotime2 + TimeValue("00:00:10")

While gotime2 < gotime1 + TimeValue("00:01:00")
Application.OnTime gotime2, "test2"
gotime2 = gotime2 + TimeValue("00:00:10")
Debug.Print gotime1, gotime2
Wend
MsgBox "start " & Time
End Sub

Sub test1()
MsgBox "test1 " & Time
End Sub

Sub test2()
If Time >= gotime1 + TimeValue("00:01:00") Then
MsgBox "end " & Time
Else
MsgBox "test2 " & Time
End If
End Sub

たとえば、こんなことか。
下記は、1度testを実行すると、15秒たつとtest1を実行し、以後10秒ごとにtest2を実行するというもの。
test1もtest2も単にmsgboxを表示するだけ。

Dim gotime1, gotime2
Sub test()

gotime1 = Time + TimeValue("00:00:15")
gotime2 = gotime1
Application.OnTime gotime1, "test1"
gotime2 = gotime2 + TimeValue("00:00:10")

While gotime2 < gotime1 + TimeValue("00:01:00")
Application.OnTime gotime2, "test2"
gotime2 = gotime2 + TimeValue("00:...続きを読む

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QExel VBA 別ブックから該当データを検索し、必要なデータを取得する方法について

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数ではなく、マクロで処理を希望します。

自分では、部品表の商品番号をコピーして、コード一覧表で検索し、検索結果の右隣のセル(B列のコード)の値を部品表のC列に貼り付ければよいかと思い、書いてみたんですが…

Sub 別ブックから貼り付ける()
  Dim 検索する As Long
Windows("部品表.xls").Activate
検索する = cells(i,2).Value
Windows("コード一覧表.xls").Activate
ActiveWindow.SmallScroll Down:=-3
Selection.AutoFilter Field:=3, Criteria1:="=検索する", Operator:= xlAnd

と、してみたものの、検索しても、その検索結果の隣のセルのコードをどうやって取得すればいいのかが、わかりませんでした。

基本事項は本で学びましたが、呪文のようなコードはよく理解できません。懸命にネットで検索して、訳して理解する努力をしてはいますが。

どうぞよろしくお願いします。

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks.Open("C:\★★\コード一覧表.xls") '★要変更★
 I = 2
 Do While Range("A" & I).Value <> ""
  ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("C" & I).Value = Application.VLookup(ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("B" & I).Value, xlBook.Worksheets("Sheet1").Range("A2:B65535"), 2, 0)
  I = I + 1
 Loop
 xlBook.Close
 Application.ScreenUpdating = True
 MsgBox ("完了")
End Sub

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks....続きを読む

QExcel VBAにて、xls.ファイルを指定の時間に勝手に開くというのは可能でしょうか?

Excel VBAにて、xls.ファイルを指定の時間に勝手に開くというのは可能でしょうか?

用途ですが、半月に一回仕事の工数をつけなければいけないのですが、
毎日勤務時間を控えておかなければ、思い出せません。
そこで毎日、ある時間に勝手にxls.が開けばなあと思うのですが。

検索しますが、なかなかヒットしません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

windowsのタスク機能を使用する方法は如何でしょうか。
スタート→プログラム→アクセサリ→システムツール→タスク→スケジュールされたタスクの追加→次へ→参照から該当ファイルを選択→以降はウィザードに従って下さい。

QSub ***( ) と Private Sub ***( ) の違い

初歩的な質問で申し訳ありませんが・・・

自分でコードを書いていても、イベントが発生したりした時の処理で、コードのウィンドウで上のドロップダウンリストで選択できる時の処理などは自動的に[Private Sub Command1_Click( )]などと出てくるのでそのまま使っています。自分で別途プロシージャーを作成する時は[Sub ****( )]としています。
ですがその違いを理解しないまま、自分で作成する時は[Private Sub]ではなくて[Sub]を使っています。

Sub ***( ) と Private Sub ***( ) の違いは何なんでしょうか?
どなたか説明頂けませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「Sub」の部分にカーソルを置いて[F1]を押せばヘルプが起動します。
「指定項目」のところに「Public」と「Private」の説明がありますよ。
省略して「Sub hogehoge()」とした場合は「Public」とみなされます。

Publicは「すべてのモジュールから呼び出せるプロシージャ」ということになります。
Privateとすると「同じモジュールの中からしか呼び出せないプロシージャ」となります。

もしExcelをお持ちでしたらExcelのVBEで標準モジュールを追加し、「Sub Test1()」と「Private Sub Test2()」を作成してみてください。
そしてExcelの[ツール]-[マクロ]-[マクロ(Alt+F8)]でマクロ実行のダイアログを表示させてみるとわかります。
ここには実行できるプロシージャの一覧が表示されますが、Test1は表示されているけれどTest2は表示されません。
Test1はPublicで、Test2はPrivateだからです。

Q別のシートから値を取得するとき

Worksheets("シート名").Activate
上記のを行ってから別シートの値を取得するのですが、
この処理を行うと指定したシートへ強制的にとんでしまいます。。。

※イメージ
For ~ To ~
  Worksheets("シートA").Activate
  シートAの値取得
       :
  Worksheets("シートB").Activate
  シートBの値取得
Next

このイメージ処理を行うとものすごい勢いで画面がチカチカします。。。
シートを変えずに他のシートから値を取得する方法はないのでしょうか。
教えてください!

Aベストアンサー

Worksheets("シートA").Range("A1")

みたいな感じでできませんか?

QEXCEL VBAで計算値を四捨五入、切り上げ、切捨てする方法

ネットで探してみたのですが、計算結果を四捨五入して特定のセルを
返すにはどうしたらいいのでしょうか?

Sub hokangosa()

Dim ZPS As Double
Dim ZPOS As Double
Dim DMN As Double
MsgBox (" >>> 補間誤差自動計算 <<< ")
MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ")
ZPS = InputBox(">>> ステップを入力してください<<<")
ZPOS = Sheet1.Cells(22, 4).Value
DMN = ZPOS / ZPS
Sheet1.Cells(23, 6).Value = DMN
End Sub

ここでDMNの値を四捨五入したいです。

またこれとは別に切上げ、切捨ても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

DMN = Application.WorksheetFunction.Round(ZPOS / ZPS, 0)
で、四捨五入
DMN = Application.RoundDown(ZPOS / ZPS, 0)
で切り捨て
DMN = Application.RoundUp(ZPOS / ZPS, 0)
で切り上げです。

引数で、対象桁を変更できます。

Qエクセル VBA ユーザーフォームを閉じる

ユーザーフォームを開く時は
UserForm1.Showですが
閉じる時は?
UserForm1.Close
だとコンパイルエラーになります。
End
にするしかないですか?

Aベストアンサー

Unload Me とか Unload UserForm1 でユーザーフォームを閉じることができます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング