今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

日本にはじめて仏教を広めた人はだれでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

538年に、百済の聖明王の使いで訪れた使者が欽明天皇に金銅の釈迦如来像や経典、仏具などを献上したことが日本での仏教の始まりです。



その後推古天皇の時代に「仏教興隆(こうりゅう)の詔(みことのり)」が出さして、各地で寺院建設が始まりました。

約600年には聖徳太子や蘇我馬子が権力争いのために日本の多くの地に寺院が建設されたらしいです。
ちなみにこの頃に作られたのが、飛鳥寺(法隆寺)です。

つまり答えはこの↑2人かな。よく聖徳太子って言われてますが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

聖徳太子や蘇我馬子ですか、仏教を伝来したはじめての人は具体的な資料や文献が乏しいですよね。やはり聖徳太子って事になるんでしょうか
回答ありがとうございます。

お礼日時:2003/07/13 16:52

 「初めて広めた」となると、デリケートな問題になりますね。

最初に崇仏した人物となると、蘇我稲目あたりになります。

 たしかに、仏教興隆の詔によって各氏は氏寺を建立しました。この中には、広隆寺を建立した秦河勝もいます。

 かといって、蘇我稲目・馬子や秦河勝が積極的に広めたという記録は残っていないし、現存する資料で仏教を広めたことが検証できるのは、やはり聖徳太子ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり聖徳太子が広めたってのが一般的な説ですか
教科書とかにも具体的には載ってないので、困ってました
回答ありがとうございます。

お礼日時:2003/07/13 16:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ仏教は日本に広まったの?

聖徳大使や天武天皇はなぜ仏教を日本に広めたのでしょうか。
為政者が宗教を保護するのに「ただ好きだったから」
なんて単純な意味とは思えないんですが、
どのような意味があったのでしょう?

Aベストアンサー

 現代日本人の宗教観からすれば、宗教は個人のものですが、奈良時代までの仏教は、国家仏教と呼ばれるように国家が管理したものでした。

 その導入の目的には、天皇を中心とした中央集権国家を作るためのイデオロギー(思想・理念)としての側面があります。

 元々、大和朝廷はその成立の経緯から、地方・中央の有力豪族の連合国家で、天皇家といえども絶対的な権威・権力があるわけではなく、言わば地方分権でした。
 しかし、国の規模が大きくなり、外国とも交流が行なわれるようになり、天皇を中心とした中央集権国家を作ろう(=国力のアップ:外交上の有利・政権担当者の権限の強化。中国という国家を見ることで、中央集権国家の国家としての能力の高さに目覚めたのではと思います。)という流れが起こってきます。

 中央集権にする以上、政権成立の経緯から、天皇―豪族の長―部民(豪族に属する人々。天皇家も豪族の一つとして直接支配する部民を持っていました。)という所属関係となっている国民を、直接天皇が支配する関係にしなければなりません。

 つまり、天皇家に属する部民のみが、天皇の命令に従う意識を持っていただけで、他の国民はそれぞれの豪族の長に従うという意識を強く持ち、「天皇や朝廷との直接のつながりは全く意識されていない。」という現状を、変えなければなりません。

 そこで、所属する豪族の枠を超えて、共通の考え方を持たせる目的で、仏教を国家的に導入することを考えたのです。
 国家仏教が導入されれば、国=天皇=朝廷=仏教=寺院(国分寺)と仏教を信じる人々が、豪族の長を通さず、直接つながりを持つ政治体制が始まります。

 当然、既存の豪族は最有力の物部氏を中心にその導入に反対し、逆に天皇家の家老(古代ではこのようには言いませんが)的な立場で、勢力を伸ばしていた蘇我氏としては、当然導入に賛成しました。

 物部氏が敗れたのは、豪族の中にも「中央集権」でないと、今後は他国との関係で不利になると考える人が結構多かったからでは、と思います。

 現代日本人の宗教観からすれば、宗教は個人のものですが、奈良時代までの仏教は、国家仏教と呼ばれるように国家が管理したものでした。

 その導入の目的には、天皇を中心とした中央集権国家を作るためのイデオロギー(思想・理念)としての側面があります。

 元々、大和朝廷はその成立の経緯から、地方・中央の有力豪族の連合国家で、天皇家といえども絶対的な権威・権力があるわけではなく、言わば地方分権でした。
 しかし、国の規模が大きくなり、外国とも交流が行なわれるようになり、天皇を中心...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報