プロが教えるわが家の防犯対策術!

「努力」についての作文手伝ってください><

授業で卵を平面の上に立ててそれについて作文を書くっていう宿題がでました。
実際は立てることより、立てようとする努力に意味があるらしいです。  ちなみにホントに卵は立ちます。

作文的なことは大の苦手なのでどなたかお手伝いお願いしますm(。。)m

A 回答 (4件)

よっしゃ、お手伝いしましょう。



じゃあまず卵を立ててください。

立てられたら、それまでの様子を詳しく教えてください。どんな卵を使ったとか、何分かかったとか、「補足要求」が一切ないように、詳しく。

次に、立った瞬間の気持ちを詳しく聞かせてください。「もう少しよくわかるように言えば?」という質問がないように、詳しく。

次に、立った卵を片づける時の気持ちを…以下、同じ。

まあ、作文ってこういうことなんですよ。作文が苦手な人は、題材・課題について、1から10まで詳しく様子がわかるように書ければ、まず合格点です。そんなところから始めましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく教えていただき、
ありがとうございました><b

お礼日時:2010/05/06 21:52

努力なくして卵立たず。


努力なくして作文なし。

お礼をするのにも努力しようねー。
    • good
    • 1

アドバイスです。



こんなところで聞いとらんと、もっと努力せんかいな! 努力して自分で考えて書いてみること。
    • good
    • 0

 こんな書き出しはいかがでしょう。



 「卵を立てる」で,多くの人は「コロンブスの卵」を思い浮かべるだろう。これは,後世の作り話らしいが,良くできたたとえ話だ。
 ところで,ゆで卵ではなく,生卵が本当に立つことも結構知られている。ただし,相当の根気が要るようで,今回これに挑戦してみた。くだんのコロンブス氏がうまくできたかどうかは謎だが。

 あとは何なりと。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q努力って何?

 努力って何なんでしょうか?
 やりたい事をやっている時は欲求にしたがっているから辛さはありませんよね?。
 しかし、やりたくない事をやっている時は「辛い」という心的負担がありますよね?。

 努力ってやりたいから頑張れる様を表す言葉なんでしょうか?。それともやりたくないけど、やらないといけないことを習得しようとする様を努力というのでしょうか?。

Aベストアンサー

こんにちは。

私、何を始めても中途半端というか、長いことやりつづけたりできないことが多いです。

努力ってなんだろう、って、私もこの前ふと考えていました。

たしかに、やりたいことをやりたい分だけやっているうちは、努力というのとは少し違うかもしれませんね。

でも、「やりたい」と、自分にエンジンをかける努力、という意味では、努力であるかもしれないですね。

う~ん、私もまだ模索しているところだけど、とにかく「目標到達」に向かって進んでいくことが「努力」なんじゃないかしら。それを「辛い」と感じてしまうときは苦しいけど・・・山登りとかだって、最初は楽しくても後から辛くなったりして、でも最初の楽しく上っていたときも、やっぱり「努力」のうちなんじゃないかしら?

「辛抱する」=「努力する」とは、微妙に違うような気がするんですよね。

あ、今広辞苑出してきました。

【努力】目標実現のため、心身を労してつとめること。ほねをおること。「休まず―する」「―家」

どうなんでしょ。これ見ただけでは、苦しむことが含まれているのかどうかはよくわかんないけど。参考になりましたら幸いです。

こんにちは。

私、何を始めても中途半端というか、長いことやりつづけたりできないことが多いです。

努力ってなんだろう、って、私もこの前ふと考えていました。

たしかに、やりたいことをやりたい分だけやっているうちは、努力というのとは少し違うかもしれませんね。

でも、「やりたい」と、自分にエンジンをかける努力、という意味では、努力であるかもしれないですね。

う~ん、私もまだ模索しているところだけど、とにかく「目標到達」に向かって進んでいくことが「努力」なんじゃないかしら...続きを読む

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。

Q人生で一番大切なこと→目標達成のため努力する事・・

人生において一番大切なことと、理由を500字以上で書かなければなりません。
(ES/就活)

私は大切なことは・思いやり・友達・家族などといったワードが浮かんだのですが
500字以上書くとなると・目標に向かい努力すること を大切なこととし
理由は中学時代バレーボール部で一回戦突破に向けてみんなでひたすらに練習したことで
結果は大したことなかったけれど努力したことはもちろん無駄になっていないし
素晴らしい青春を送れた ということを書きたいと思ったのですが、
文章力がなく本当にまとまらないんです・・。

努力することは無駄じゃないなんて100人中100人がわかることだと思うし
なにいかドーンと印象づけるような文章ありますでしょうか?

助けてください><。お願いします><・

Aベストアンサー

少し厳しい事を言わせて頂きます。


目標達成の為に努力する事!が大切なのではありません。そんなの当然の事です。



>中学時代バレーボール部で一回戦突破に向けてみんなでひたすらに練習したこと

この目標は正しかったのでしょうか?

まずはこの検証から入るべきだと思います。



高校野球を見れば、一回戦突破!なんてちっぽけな目標を掲げるチームは無いと思います。
無理なのはわかっていても「甲子園出場」という目標を掲げるのではないでしょうか?


中学時代の目標が「優勝」であったなら、努力の仕方も違うだろうし結果も変わっていたかもしれません。



>素晴らしい青春を送れたということを書きたい

過去の栄光!古き良き時代の思い出に浸る人に将来性を感じないのが私の感想です。



また、ここでこのような質問をしている時点で努力の仕方が間違っていると思います。

相手に印象付ける為の文章を書くための努力をしているだだと思います。

つまり、貴方が就職する為だけの低い目標を掲げているから努力の仕方を間違えたのです。


中学時代も同様に目標が低かったから結果も大したことが無かったのです。



私に言わせれば、目標を掲げる事が大切なのでは無いと思います。

目標を掲げて目標達成の為の課題を掲げる事は大切なのだと思います。
また、課題を掲げる為にさまざまな方向から現状を検証することが大切だと思います。


目標を達成したことで何を得る事が出来るのか?そしてその先にあるものが何か?を明確にイメージすることも大切だと思います。



私は無駄な努力をしている人は多いと思います。

厳密に言えば、成果の薄い努力をしている人は多いと思います。


例えて言うなら、今の貴方だと思います。


就職活動において就職できなくても印象付ける文章が書ければ良い!ってことでしょ?

貴方にとって必要な事は、SEには何が必要か?会社が求める人財とはどのような人財か?をまずは考えるべき。
そして、必要なもの!求められるも!を得るためには何が必要なのか?
その為にはどんな努力が必要なのか?

また、必要な人財になることで会社や自分にどのような効果があるのか?

それを明確にイメージして過去の経験を踏まえて起承転結のある文章を書かれるのが良いかと思います。

少し厳しい事を言わせて頂きます。


目標達成の為に努力する事!が大切なのではありません。そんなの当然の事です。



>中学時代バレーボール部で一回戦突破に向けてみんなでひたすらに練習したこと

この目標は正しかったのでしょうか?

まずはこの検証から入るべきだと思います。



高校野球を見れば、一回戦突破!なんてちっぽけな目標を掲げるチームは無いと思います。
無理なのはわかっていても「甲子園出場」という目標を掲げるのではないでしょうか?


中学時代の目標が「優勝」であったなら、努力の...続きを読む

Q弁論の書き方がわかりません…

夏休みの宿題で弁論があって、それで食の安全性について書こうとおもってます。
それで、どういう風に書けばいいのかがわかりません。
書き方を教えてください!

Aベストアンサー

>夏休みの宿題で弁論があって

弁論を書く以前に、
学校で課される弁論には、2タイプあるようですが。

一つ目は、書き上げた弁論(形式)作文を提出して終わりになるもの。

二つ目は、弁論形式で書き上げた作文、及び、そのために収集した資料をもとに、ディベートを行うもの。


今回は、ディベートへの記述が無いところから判断して、一つ目のケースと判断します。
(いろいろとずれていたらゴメンナサイ)


私がわざわざ書くまでもありませんが、
「食の安全性」を問うニュースは、検索エンジンに、いくつかキーワードを組み合わせて、ググるとたくさん出てきます。

できれば、書くと時には、一つか二つの具体的事例にしぼって書かれると良いと思います。

調べるのは、いくつでもいいのですが、字数制限や、論理だった考察をした場合の文字数や、文末に書く「提言・提案・改善策」の内容が、シンプルでわかりやすいものにするためには、二つぐらいがいいと思います。


>どういう風に書けばいいのかがわかりません。
私は、ネット上に上がっている「弁論(形式)作文」の「フォーマット・雛形」を、そのまま真似ていいと思いますよ。



テーマの提示・問題提起
    ↓
テーマ選択の根拠・問題提起の理由
    ↓
テーマに合致した具体例の紹介
    ↓
具体例の考察
(食品の安全性に関する考察)
(取り上げた(二つの)具体例の共通点の指摘)
    ↓
現在の知見で考えられる個別の「安全性確保の具体策」
(もし字数に余裕があれば、個別の具体策への反対意見やデメリットも紹介する。
さらに、可能ならば、その反対意見への質問者さんの反論も書く。)
    ↓
テーマ・問題の解決策の提言・提案

という感じでしょうか。
(上記は単なる参考です。)


私だったら、
『食の安全性の確保というと、年々、公的機関(保健所・厚労省等々)の”監督責任”を問う声が、強くなる一方である。他方、交通事故の撲滅に関しては、自転車の左側通行やスマホのながら歩き禁止等、ユーザー側の”自己責任”を問う声が高まる一方である。両事項の対照性を鑑みて、私は、食品製造会社(供給側)から適切な情報開示が行れるという条件付きで、”監督責任”だけでなく、消費者(ユーザー)側に、自覚や”自己責任”を問う声をあげてもいいと考えます。』
くらいで、一度書き上げて、その後に、丁寧に推敲しなおしますけどね。


弁論なので、読書感想文とは全く異なり、「思ったこと」で無く、「考えたこと」を書くので、
取り上げたテーマについて、「全否定・全肯定・部分否定・条件付き肯定」で結論(の冒頭部)を書いても、全てOKです。
ただし、最後に、しっかりとした提案・提言、もしくは自己主張が無いと、良い弁論(作文)とはいいがたいものがあります。

大変だと思いますが、頑張ってください。




最後にそもそも論ですが、

夏休みの残り2週間程度で、どうにかできる問題ではないのですが、
新聞の「社説」を読まれるといいと思います。

新聞は原則として、「事実」しか書きません。
その一方で、意見は意見ですと断って、「意見」を書いています。
その「意見」の代表例が、「社説」です。
(間違っても、「天声人語」のようなコラムを参考にしてはいけません。)
本物の物書きのプロが、極力、論理的に「意見」を書いています。

社説の具体的内容で無く、論理の展開に注目して読まれてください。
弁論(形式)作文の論理展開を、しっかりとしたものにしてくれるヒントやコツを沢山得られると思いますよ。

>夏休みの宿題で弁論があって

弁論を書く以前に、
学校で課される弁論には、2タイプあるようですが。

一つ目は、書き上げた弁論(形式)作文を提出して終わりになるもの。

二つ目は、弁論形式で書き上げた作文、及び、そのために収集した資料をもとに、ディベートを行うもの。


今回は、ディベートへの記述が無いところから判断して、一つ目のケースと判断します。
(いろいろとずれていたらゴメンナサイ)


私がわざわざ書くまでもありませんが、
「食の安全性」を問うニュースは、検索エンジンに、いくつ...続きを読む


人気Q&Aランキング