車に詳しいかた教えてください。
ターボの役割についてはなんとなくですけど解るのですが、シーケンシャルツインターボというのはどのような機能を持っていてどのようなメリットがあるのですか?

A 回答 (4件)

シーケンシャルツインターボとは、簡単にいうと低回転から高回転までフラットにターボがかかります。

どうなっているかというとまずタービンが2つついていてそれぞれプライマリタービンとセカンダリタービンと呼ばれています。低回転では小さいプライマリタービンで圧をかけ、高回転ではセカンダリタービンで圧をかけるのです。そうすることによって普通のターボにありがちな低回転でパワーがでないということが無くなるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ターボラグをそれほど感じずに上から下までトルクフルなんでしょうか~
FDを購入予定なので参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/03 21:53

エンジン回転数が低回転の時はシングルターボ。

高回転の時はツインターボ・・・じゃありませんでしたか?
メリットは低回転から高回転まで、単位時間当りの排気量に応じて適切な加給圧を供給できると云う点。
デメリットはツインターボに切り替わった直後、静止状態のタービンが必要な回転に達するまでの間は、加給が落ち込んでしまう点です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アクセルべた踏みでフル加速したとすると、ある回転数で一瞬加給圧が落ち込む、という感じですか?
乗った感覚だとどう感じるんでしょうね~
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/03 22:05

ターボは排気を利用しタービンを回すことによって、より高圧縮な空気を送り込み、その爆発力で高出力を得るための装置です。


それゆえ排気される空気の少ない低回転ではターボタービンが十分にまわせず、いわゆるターボの利いてない状態があります。そしてタービンが大きくなる(高出力になる)ほど高回転が必要になります。反対に小さければそれだけ低回転でも利きだしますが、出力は小さくなります。

そこで低回転時からの加速には小さいタービンを利用し、ある一定の回転数からは大きいタービンを回すことによって大出力を得られるように、大小2つのタービンを組み合わせ、それを切り替えるようになっているのがシーケンシャルターボです。

以前はこのようなやり方も多くみられたのですが、これは構造がとても複雑になるため、ターボの性能向上(軽くて丈夫な材質でかつ効率良く空気を送れるタービンの開発)
によって、1つのタービンで低回転から高回転までサポート出来るフルタービンの方が最近の主流になっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

FDは現行のタイプはもうシーケンシャルツインターボじゃないんですか?
どっちにしても私が買えるのは中古ですのでどうなんでしょう・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/03 22:01

シーケンシャルですから直列に2個のターボが付いてます。


ちっちゃいのと大きいものを組み合わせれば、低速時はちっちゃいタービン。
高速時は大きいタービンが、それぞれ稼働し、でっかいタービン1個付けたときの低速時のパワー不足?(トルク不足)を補う事ができるって事だと思います。
で、欠点は、ちっちゃいターボと大きいターボの切り替わり目の回転での段差。があるって事です。
理屈では低速から高速までターボが効くって事になってますが、実際はかなり難しいとの事です。

専門家じゃないんで、雑誌で読んだ程度の知識です。参考程度に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高回転時は小さいほうは止まるんでしょうかネ?
複雑な構造なんですね~
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/03 21:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマツダのツインターボ

シーケンシャルツインターボはプライマリータービンとセカンダリータービンの径が同一と記憶しています。タービン径を同一にする理由ってなんですか?
スカイアクティブDでは2ステージツインターボと呼ばれていて、大小2種の異なる径のタービンが使われていると記憶していますが、この場合は何故シーケンシャルツインターボと同様に同一径のタービンを使用しないのでしょうか?

当方の記憶が間違っていますか?

Aベストアンサー

お礼に書かれた内容について。

2代目レガシィの「2ステージ・ツインターボ」は字の通り2機のタービンです。
ご自身で書かれたようにシーケンシャルです。
レガシィの後代と3代目ずんぐりS-GTはツインスクロール。

つまり、これまた記述にヒントがあるのですが、
「2ステージ」は「2段階」、「ツイン」は「2個・2倍」なので
「2ステージ・ツインターボ」は「2機のタービンで2段階」って事です。
「2ステージターボ」だったら1機か2機かは曖昧ですが。

で、先に書いたユーノスコスモシーケンシャルターボの問題で、容量差を考察されていますが、wikiを読むとレガシィのシーケンシャルツインも大小タイプです。
おそらく当時のタービン組合せ、制御方法が良くなかったのだろうと考えます。
自分もマツダ以外はあまり詳しくないですが、今コスモなりFDなりを280ps上限のまま開発してたら、ターボ制御のトラブルは当時よりかなり減らせたでしょう。
現在の高出力の流れに乗ると、それはそれでまたトラブルに見舞われそうですし、別の選択の可能性が高いですが。

検索等でここをたまたま読む人のためにマツダファンからの蛇足
「ツインスクロールターボ」と「シーケンシャルツインターボ」を国産車で初めて市販搭載したのはマツダ(参考:ウィキペディア)。

お礼に書かれた内容について。

2代目レガシィの「2ステージ・ツインターボ」は字の通り2機のタービンです。
ご自身で書かれたようにシーケンシャルです。
レガシィの後代と3代目ずんぐりS-GTはツインスクロール。

つまり、これまた記述にヒントがあるのですが、
「2ステージ」は「2段階」、「ツイン」は「2個・2倍」なので
「2ステージ・ツインターボ」は「2機のタービンで2段階」って事です。
「2ステージターボ」だったら1機か2機かは曖昧ですが。

で、先に書いたユーノスコスモシーケンシャルターボの問題で...続きを読む

Qシングルターボ、ツインターボの違い

この前車の試乗会に行ったときに
何か違いがあるのかなと思い、
担当の人に聞いてみたんですが
その説明もよくわかりませんでした。
知っている人がいましたら
どういう違いがあるのか
どんなメリットがあるのか
その他どんなことでもいいので
わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

参考URLをどうぞ

参考URL:http://www7.lunartecs.ne.jp/~analysis/dritech/turbo1.html

Qツインターボって?

レガシィとRX-7のツインターボは低速用のターボと高速用のターボが途中で切り替わるタイプですよね? 切り替わる回転数以外はどちらかのターボがメインと言うことで、ある意味シングルターボでの加速。
 スカイラインのGT-Rやスープラのツインターボは、低速から高速まで、2つのターボはずっと同じ様に回っているのですか?

Aベストアンサー

>レガシィとRX-7のツインターボは低速用のターボと高速用のターボが途中で切り替わるタイプですよね?

 違います。切り替わるののではありません。最初はタービン1個で回し、途中から2個を回すのです。プライマリー(低回転~高回転)+セカンダリー(高回転のみ)です。最終型スープラも同じシーケンシャルターボであったと思います。
 ちなみに一つ前のスープラは常時タービン2個を回してしるので、文字どおりツインターボです。
 

Qシーケンシャル(スポーツ)モードATの使い方

先月、ホンダ・ストリームを購入しました。
ホンダのAT車は3台目なのですが、今回初めてシーケンシャルモード(他社(車)ではスポーツモードというのでしょうか?)が付きました。せっかくの機能ですから有効に使いたいのですが、どなたか賢い使い方をご教授お願いします。過去の質問を観ていると、MT車とAT車の比較に頻繁にでてきましたが、できればDレンジとの比較でお願いします。またシーケンシャルモードは使わない方がよいという方の意見も待っています。
初めての質問なので返事等に失礼があったらごめんなさい。

Aベストアンサー

#1 です。

1回目の燃費データが出ました。
Dレンジのみに比べても2~300mの差(短い)しかなく、これはもう誤差の範囲ではないでしょうか。

今日は、久しぶりにDレンジで走ったのですが、変なキックダウンと加速のもたつきが気になって気になって・・・

Qツインターボとシングルターボ

R32の2000ccGTS-Tに乗っているのですが、低回転域のトルクの渋さにほとほと嫌気が差し、最近では改造を考えています。そこで、今RB20DETをツインターボ化したら低回転域も生きてくるのではと(理屈ではなく単純に)思っているのですが、ツインターボとシングルターボの仕事の違い、また、ツインターボ化することが正しいかどうか、知識のある方、どうかご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アイドル時からのピックアップの改善と言うことであれば、ツインターボ化によるメリットはあまりの望めないでしょう。不可能ではありませんがセッティングが非常に難しくコストを考えても現実的とはいえないでしょう。ツインターボ化する事によりターボラグの改善は望めますが、NAの同系エンジンから比べると、ブーストが掛かるまではどうしてもトルクが低くなってしまいます。これはターボチャージドエンジンでは圧縮比が低く設定されているためと過給が行われるのを前提としたバルブタイミングであるためなどの要因による物です。これらは加給が行われて実質的に圧縮比が上がった状態になると、通常のNAのようなセッティングではノッキングやデトネーションの発生などの不都合があるからです。瞬間的なものであれば点火時期の制御などで回避できますが、このような状態が連続的に起きると点火時期による制御では、エンジン効率を酷く落としてしまいます。

シングルターボは単独のターボですべてを賄う方式です。一般的なターボはほとんどこの方式です。構造が簡潔でコストも低いのが特徴ですが、高い過給圧を得ようとすると大容量のターボチャージャーが必要になり、タービン、コンプレッサーの慣性質量の増加から、応答性が悪くなる問題があります。自動車用のエンジンのように加速・減速を頻繁に繰り返す場合は問題ですが、船舶や産業用のエンジンなどでは、大型のターボチャージャー1機で高い過給圧を得るこの方式のメリットの方が多いようです。

ツインターボ(同種のターボーチャージャーを2機)のメリットとは、ターボチャージャーのタービンおよびコンプレッサーが小型軽量になり慣性が小さくなるため、素早い応答を得られます。ただし、小型になった分能力が小さくなるため2機を並列に使用することで、十分な過給を得るようにしています。

シーケンシャルターボとは小型と大型の2種類のターボチャージャーを使用する方式で低速域では小型の物を使用(少ない排気ガスでも十分な回転数を得て過給できる)し中速域以上では大型に切り替え大量の過給を行う方式です。この方式をうまく設定すればアイドル回転程度からの過給も可能ですが、この種のターボの汎用品が存在するかどうかきわめて疑問です。

アイドル時からのピックアップの改善と言うことであれば、ツインターボ化によるメリットはあまりの望めないでしょう。不可能ではありませんがセッティングが非常に難しくコストを考えても現実的とはいえないでしょう。ツインターボ化する事によりターボラグの改善は望めますが、NAの同系エンジンから比べると、ブーストが掛かるまではどうしてもトルクが低くなってしまいます。これはターボチャージドエンジンでは圧縮比が低く設定されているためと過給が行われるのを前提としたバルブタイミングであるためなど...続きを読む

Q排気量の大きい車を持つことのメリット

質問は標記の通りです。

ウォータースポーツの為に、モーターボートなどを牽引するのでランドクルーザーを買った。
などの理由はわかるのですが、そういう理由が無い場合は所有することにどのようなメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

・金が無い
・自宅の駐車場が狭い
・運転に自信がない
・同乗させる相手(家族や友達)がいない
・趣味が無い

少なくとも、結婚して子供ができれば少しでも広くて排気量の大きな車が欲しいと思うよ。
家計の状況にあった車しか買えないから、一番の理由は金銭的問題でしょ
(全部の理由もこれに当てはまると思う)

理由がなきゃランクルを買っちゃダメって聞こえるけど、カッコいいとか俺はランクルに乗りたい!
単純な理由じゃダメなのかなーって思う。

若者の車離れや金銭的価値観のズレが大きいんじゃないかな?

個人的意見としては、多趣味の人は大きい車に乗る人傾向が強い様に思います。

Qツインターボ?

ターボに関しては質問があったので分かりましたがツインターボとはターボとどう違うのですか?教えてください。あとHONDAのVTECはターボとは違うんですか?

Aベストアンサー

ターボが二つついているものがツインターボ
ターボと同じ過吸気の種類でスーパーチャージャーがあります。これは方式の違いです。
ターボは排気を利用しタービンを回して吸気を強制的に送り込む機械のこと
スーパーチャージャーはエンジン回転数(クランクの力を)利用して共生的に送り込む機械のこと
ツインターボの場合一個のターボで吸気するよりも効率よくなるような仕組みを取り入れたり、回転数に応じてプライマリー、セカンダリーといったように二つを使い分けて使ったりも出来るメリットがあります。
VTECは本田が車やバイクCB400F(当時のなはREV)で培った(80年代の)技術をレースで進化させた可変バルブシステムで、強制的に空気を送るものではありません。
簡単に言うと、燃費や馬力、トルクなどの効率を考え回転数に応じて、バルブの開く個数を変えるシステム
(吸気2個、排気2個のバルブがある場合低回転ではそれぞれ1つ、回転数に応じて2つ使う)
というような説明になります

VTECは現在、車、バイク共に使われております。本田以外でも名前はVTECではありませんが、いろいろな会社が可変バルブシステムをとりいれております。

ターボが二つついているものがツインターボ
ターボと同じ過吸気の種類でスーパーチャージャーがあります。これは方式の違いです。
ターボは排気を利用しタービンを回して吸気を強制的に送り込む機械のこと
スーパーチャージャーはエンジン回転数(クランクの力を)利用して共生的に送り込む機械のこと
ツインターボの場合一個のターボで吸気するよりも効率よくなるような仕組みを取り入れたり、回転数に応じてプライマリー、セカンダリーといったように二つを使い分けて使ったりも出来るメリットがあります。
...続きを読む

Qターボチャージャーの軸受け

タービンの軸受けの種類を確認したいのですが、
外観だけでボールかスラストかなど確認する方法はありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ボールかスラストかの見分け方とありますがラジアルかスラストかの確認方法でよろしいのでしょうか?
ボールベアリングはラジアルであってもスラストであってもボールを使用していますので。
一般的に軸に対して直角方向の力にはラジアル・平行方向の力にはスラストを使用します。

よってベアリング自体の形が異なってきますので見た目に分かると思います。

ラジアルベアリングは軸外周にボールがセットされており、スラストベアリングは・・・言葉での解説は難しいのでリンク先を参照して下さい。

ターボにはどのベアリングが使用しているかは分解しないとわからないでしょう。そのチャージャーを設計した設計者の意図によりラジアルかスラストかは変わると思いますので。

ただ、機構から考えるとラジアルボールベアリングを使用しているかもしれません。

参考URL:http://www.sarnatech-japan.com/standard/peek_bearing.html

Qツインターボについて

 ターボチューンのことについてお聞きします。
 ターボチューンにはシングルとツインがあるようですが、ツインターボにすればシングルターボで必要としていた容量の半分のタービンを二つ付ければ出力はそのままに、レスポンスのみアップできるのでしょうか。
 そもそもターボの知識が少ないので書いていること自体がおかしいかもしれませんが、それも含めて回答お願いします。

Aベストアンサー

ツインターボとは主に6気筒エンジン等で、排気管の取りまわしでターボを2個付けなければならない場合に用いる物。

ですから質問者さんが言っている事は、現在そのまま6気筒エンジンではそのまま利用されています。

4気筒エンジンでは排気管の取り回しは比較的スムーズなのでツインにする事はありません。

レスポンスアップにはシーケンシャルターボやスクロールターボが用いられるます。

Qターボコンパウンドについて

自動車では何故ターボコンパウンドが普及しないのでしょう?
私が知る限り、トラクタートラックくらいです。
航空機では50年前に実用化されていた(そしてすぐに廃れた)技術なのに。
旅客機のDC-7では同じENGで燃費が30%ほど向上したようです。

加減速が多い自動車には不適だからでしょうか?
コストの問題でしょうか?
継手の問題でしょうか?
整備性の問題でしょうか?
触媒の性能を維持する為の熱が奪われるからでしょうか?

例えば、
ハイブリッドカーだったら、
リカバリータービンで発電機を回して、
その電気をエレキシステムに入れてやればいいんじゃないかな?
と素人の私は考えてしまいます。

Aベストアンサー

>自動車では何故ターボコンパウンドが普及しないのでしょう?

そうですね。
コンボイとか航空機(有名どころはB29のエンジン)以外では、成功しなかったようですね。

ターボチャージャーとターボコンパウンドを比較すると・・・。
最高出力は20%、最高トルクは30%UPしたようです。(日野自動車)
然しながら、2000cc程度の小さなエンジンで、渋滞が多く、エンジンを高回転しない自動車では「費用に合った性能が出ない」のが現実です。
エネルギー回転率が高くても、燃費高率が非常に低くなります。

ただ・・・。
ディーゼルエンジンについては、某メーカーが実験をしている?とのウワサを聞いた事がありますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング