最近、環境とサイフの保護のために省燃費走行にチャレンジ中です。
色々調べているうちにNA車の場合、燃調にポンピングロスというものがあり、
多少アクセルを変化させた方が燃費が良い。
ということらしいのですが、どういう理屈なんでしょう?
ちなみに成果としては、レガシイ250T-BのATで12km/L前後。これって優秀?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

レシプロエンジンの仕組みは御存知ですよね?


丁度注射器のような構造のシリンダーとピストンで得られた往復運動を、回転運動に換えて原動力としているんですね。
この、往復運動は4サイクルエンジンの場合、
吸気→圧縮→燃焼→排気のサイクルとなっているのは周知の通り。
ところが、「燃焼」以外は運動エネルギーを生み出しません。
そこで、燃焼以外のサイクルを自転車の空気入れのポンプに見立て、そこで失われるエネルギーをポンピングロスと称しています。
さて、省燃費運転とは、一般に、アクセルを可能な限り閉じて定速走行をすることだと思われています。
しかし、アクセルを閉じるということは(ガソリンエンジンの場合)吸気経路に軽く蓋をしたような状態になるワケです。
これでは吸気の際にインテーク内が負圧となり、それが抵抗となってエネルギーをロスしてしまいます。
つまり、「燃焼」で、「吸気」のロス分だけ余計に出力を発生しなければならなくなるのです。
そこで、省燃費運転を徹底する時は、軽くアクセルを開いて燃料を多く消費しない程度に加速し、空気抵抗が問題となる速度に達する前にアクセルを全閉にして燃料をカットし惰性で走行することを繰り返すんです(この時エンジンを切ってニュートラルで走行すれば更に燃費が伸びますが、ブレーキのマスターバックが作動しなくなり、危険ですのでそれは止めて下さい)。
しかし、こうした走行は周囲のクルマにとって迷惑以外の何物でもありません。
自分以外にクルマが居ないようなガラ空きの道路以外では控えてください。

なお、AT車の場合、緩やかな加減速によってロックアップが解除されると、トルクコンバーター内でスリップロスが発生するため、返って燃費が悪化することが懸念されます。
どちらかといえば、MT車用の裏技だと思いますね。

また、念の為に申し上げますが、スロットルを持たないディーゼルエンジンには該当しません。

※追伸:GDIなどの省燃費エンジンの場合、アクセルオフ時には電子制御でスロットルを開いてポンピングロスを抑えています。 凄いですね、最新技術って。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

な~るほど。口をちっちゃく開けて息を吸うと、負圧でほっぺがしぼんじやう。
これですね?確かに息苦しいわ。
ディーゼルエンジンの例もあり良くわかりました。
それにしても最近のATってスムーズでロックアップのつかみにくいこと。

お礼日時:2001/04/03 23:20

すみません、ポンピングロスについては


全く解らないのですが、レガシィ250T-Bって
2500ccですよねぇ? それでリッター12kmって
もの凄く優秀な気がしますよ。
ちなみに、ウチの『日産・プレーリー』は2400cc
なんですが、日常の一般道走行だと、リッター5.5km
くらいらしいです。まぁ、もう6年で80000kmの
古い車だから、と言うのも多少あるかも知れませんが、
最初からそんなに燃費は良くなかった様に思います。
以前、『ホンダ・ビート』と言う軽自動車が、リッター
17~18km走ると言う話を雑誌で読みました。ビートも
その時点で絶版になっていた車なので、少なくとも
5~6年は経過している車だと思いますが。

この回答への補足

5.5ってのもツライですね。うちは田舎なので道路環境の差もあるでしょう。でも普通に乗ると、9km/Lぐらいになっちゃう。
それと2.5Lのレガシイの場合、低速トルクが太いので2000rpm以下だけでも普通に走っちゃう。
新車情報の三本和彦さんが言ってた、大排気量で低回転が良いというのはほんとに実感できます。
ATならロックアップに気を使うことと、1分以上の停車時のアイドリングストップやってみては?かなり効果ありますよ。

補足日時:2001/04/03 21:01
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q排風ファンの静圧制御におけるバルブ開度

排風ファンの静圧制御において排気ファンの後(排気する配管側)にバルブを設けて、その開度調整で静圧を制御します。この場合、バルブ開度と静圧は、比例(線形)するでしょうか。

Aベストアンサー

比例します。

ただし、排気ダクトの長さや形状、弁の種類(ダンパ弁一択ですね)やサイズ・形状により特性が多少変わります。
試験運転をして必要な風量・静圧時の弁開度を確認しておくと良いです。

Q燃費についての質問です。私の見た資料の「市街地走行燃費」、「定地走行燃

燃費についての質問です。私の見た資料の「市街地走行燃費」、「定地走行燃費」、「モード走行燃費」の比較表がありましたが、市街地走行燃費といううものがいまいちよくわかりません。
また、その表には「定地走行燃費」、「モード走行燃費」と比較していると、後者のほうが燃費が良くなっています。加速やアイドリングを行うモード走行燃費が低くなるのではないのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

市街地走行燃費って言うのは聞いた事無いです。
以前の「10モード」の事では・・・と思いますが、

>「定地走行燃費」、「モード走行燃費」と比較していると・・・
これは条件の違いからだと思います。
定地走行燃費は、車両総重量で行います。
モード走行燃費は、シャシダイナモで一定の条件で行います。
車両重量で負荷が違ってきます。
丁度境なら、車両重量が10kg違うだけで、燃費が2~3km違うって事も有ります。

また、車によっては、高速道路だと燃費が悪くなる物もあります。
私の乗っている ハイゼットバン デラックス 3AT では、
高速を90km/hで走るより一般道でも60km/hの定速で走った方が少しよくなります。
ギヤ比と空気抵抗のためだと思います。


http://www.geocities.jp/twosan2001/nenpi.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/10%E3%83%BB15%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89%E7%87%83%E8%B2%BB

Qキャブとスロットル開度の関係

キャブとスロットル開度の関係で
閉→開/エアー>パイロット>ニードル>メイン
とされています。

Q1:
この時の開度は「エンジン回転数」と考えセッティングを
行ったらいいのでしょうか?

Q2:
a.下り坂・寸開・回転数高
b.上り坂・全開・回転数低
この二つの走行状況の場合、どこのパーツ(調整系)が一番影響
しているのでしょうか?

Aベストアンサー

Q1.違います。
エンジン回転数とスロットル開度は別物です。スロットル開度が大きくてもエンジン回転が低いときがありますし、スロットル開度が小さくてもエンジン回転が低いときがあります。

Q2.aの場合はスロットル開度が低いのでパイロット系、bの場合はスロットル開度が大きいのでメイン系です。

Qアクセル操作と燃費の関係について

燃費効率の良い運転のことでおたずねします。下り坂を運転している際、アクセルから足を離した状態でもエンジン回転数があがっている場合があります。いわゆるエンジンブレーキ状態など。この場合って、単純にエンジン回転数が高いだけで、燃料は消費していない状態と考えてよいのでしょうか。それとも燃料は喰っているのでしょうか。 もうひとつ、逆に上り坂の場合、アクセルをめいっぱい踏んでも、そこそこ踏んでもスピードが変わらないことがあります。厳密にいうとちがうかもしれませんが。この場合は、アクセルを踏み込んだ場合のほうが燃費効率は悪いと理解していいのでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 前者は、新しい車に限りそのとおりです。
 話によると、昭和60年くらい以降の車は、回転数の高いエンジンブレーキ時に燃料消費をゼロにする機能が搭載されているのだそうです。
 ただし、この機能はエンジンブレーキが効きはじめて2、3秒たたないと働かないうえ、回転数が1500だか2000回転を超えないと働かないらしいので、短い下り坂などでは、回転数が高くなると、その分のガソリンを消費するそうです。

 後者に関しては、とかく、「踏み込めばガソリン消費が悪くなるのは当たり前」と思っておけばいいです。
 加速が悪かろうとなんだろうと、スピードが出ていようとノロノロ運転していようと、踏み込めば踏み込んだ分、ガソリンを消費します。

Qポンピングロスとは?

最近、環境とサイフの保護のために省燃費走行にチャレンジ中です。
色々調べているうちにNA車の場合、燃調にポンピングロスというものがあり、
多少アクセルを変化させた方が燃費が良い。
ということらしいのですが、どういう理屈なんでしょう?
ちなみに成果としては、レガシイ250T-BのATで12km/L前後。これって優秀?

Aベストアンサー

レシプロエンジンの仕組みは御存知ですよね?
丁度注射器のような構造のシリンダーとピストンで得られた往復運動を、回転運動に換えて原動力としているんですね。
この、往復運動は4サイクルエンジンの場合、
吸気→圧縮→燃焼→排気のサイクルとなっているのは周知の通り。
ところが、「燃焼」以外は運動エネルギーを生み出しません。
そこで、燃焼以外のサイクルを自転車の空気入れのポンプに見立て、そこで失われるエネルギーをポンピングロスと称しています。
さて、省燃費運転とは、一般に、アクセルを可能な限り閉じて定速走行をすることだと思われています。
しかし、アクセルを閉じるということは(ガソリンエンジンの場合)吸気経路に軽く蓋をしたような状態になるワケです。
これでは吸気の際にインテーク内が負圧となり、それが抵抗となってエネルギーをロスしてしまいます。
つまり、「燃焼」で、「吸気」のロス分だけ余計に出力を発生しなければならなくなるのです。
そこで、省燃費運転を徹底する時は、軽くアクセルを開いて燃料を多く消費しない程度に加速し、空気抵抗が問題となる速度に達する前にアクセルを全閉にして燃料をカットし惰性で走行することを繰り返すんです(この時エンジンを切ってニュートラルで走行すれば更に燃費が伸びますが、ブレーキのマスターバックが作動しなくなり、危険ですのでそれは止めて下さい)。
しかし、こうした走行は周囲のクルマにとって迷惑以外の何物でもありません。
自分以外にクルマが居ないようなガラ空きの道路以外では控えてください。

なお、AT車の場合、緩やかな加減速によってロックアップが解除されると、トルクコンバーター内でスリップロスが発生するため、返って燃費が悪化することが懸念されます。
どちらかといえば、MT車用の裏技だと思いますね。

また、念の為に申し上げますが、スロットルを持たないディーゼルエンジンには該当しません。

※追伸:GDIなどの省燃費エンジンの場合、アクセルオフ時には電子制御でスロットルを開いてポンピングロスを抑えています。 凄いですね、最新技術って。

レシプロエンジンの仕組みは御存知ですよね?
丁度注射器のような構造のシリンダーとピストンで得られた往復運動を、回転運動に換えて原動力としているんですね。
この、往復運動は4サイクルエンジンの場合、
吸気→圧縮→燃焼→排気のサイクルとなっているのは周知の通り。
ところが、「燃焼」以外は運動エネルギーを生み出しません。
そこで、燃焼以外のサイクルを自転車の空気入れのポンプに見立て、そこで失われるエネルギーをポンピングロスと称しています。
さて、省燃費運転とは、一般に、アクセルを可...続きを読む

Qレガシイのプラグ交換

DIY派としてはプラグ交換ごとき、意地でも自分でやりたいのですが、
何ともスペースが狭くて・・・。
周辺の補機類もじゃまで何処から手を入れたらよいものやら(TOT)
専用のプラグレンチとかあるんでしょうか?
みなさんはどうしてますか?
形式はBH9です。

Aベストアンサー

大変ですけど、やってみますか?

参考資料は下記にあります。
がんばってください!

http://www.rr.iij4u.or.jp/~myzk/impreza/plug/plug.html

http://homepage3.nifty.com/hiroshik/impreza/PLAG.html

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/noz3ra/noz11-5.htm

参考URL:http://www.rr.iij4u.or.jp/~myzk/impreza/plug/plug.html

QDCSの出力とコントロールバルブ弁開度

DCSの信号処理を経由する、一般的なコントロ-ル弁制御系について教えてください。

(1)バルブによりCv特性が違うので、DCS出力とバルブ開度は、関連はあるが別物、という理解で間違っていますか? 

(2)最近のコントロ-ル弁は、ほとんどインテリジェント型ポジショナ-を付属していて、出力はポジショナに送られます。この場合は、ポジショナにより、DCS出力はバルブ開度から、さらにかい離することになるのでしょうか

Aベストアンサー

(1)間違っていません。

 そもそも、DCS(アナログのPID制御器でも何でも同じ)は、「PID制御」を行うもので、制御出力がプロセスを制御した結果(制御量:流量や圧力、温度などの制御したいプロセス量)をフィードバックし、目標値との偏差を演算して制御対象(この場合はコントロールバルブ)に制御出力を出します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/PID%E5%88%B6%E5%BE%A1

 つまり、DCSの出力は、制御したいプロセス量(流量や圧力、温度など)と目標値の偏差を入力として、その偏差を特定の時定数で解消するための出力です。(「特定の時定数」とは、小さければ過敏に反応して、いわゆる「ハンチング」(暴れ)を起こし、大きすぎるといつまでたっても制定しないので、その中のどこかにチューニングしたもの。正解は一つではありません)
 この出力は、弁開度を表わすものではありません。
 基本はプロセス量(流量や圧力、温度など)に対応したものですが、弁の特性とプロセス量の関係があまりにも不均一でうまく制御しにくい場合には、それを補償する特性カーブをもたせることもあります。(単純に考えれば、DCS出力と制御したいプロセス量がリニアであるのが一番制御しやすい)

 たとえば「弁で燃料の流量を制御して、その結果得られるボイラーの圧力(または温度)を一定に制御する」ような制御の場合、DCSから出力されている信号がその瞬間でどういう意味をもつのか、説明はできないと思います。

(2)の「インテリジェント型ポジショナ-」というのは、上記の「補償特性カーブ」をあらかじめポジショナー内に持たせているものだと思います。おそらく「DCS出力と弁開度をリニアにする」、あるいは「DCS出力と、そのときの弁開度で決まる流量をリニアにする」ものだと思います(詳しくはそのポジショナーの説明書を見ないと分かりません)。

 少なくとも、「DCS出力はバルブ開度から、さらにかい離する」ということはなく、「かい離を小さくする」のが目的だと思います。

(1)間違っていません。

 そもそも、DCS(アナログのPID制御器でも何でも同じ)は、「PID制御」を行うもので、制御出力がプロセスを制御した結果(制御量:流量や圧力、温度などの制御したいプロセス量)をフィードバックし、目標値との偏差を演算して制御対象(この場合はコントロールバルブ)に制御出力を出します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/PID%E5%88%B6%E5%BE%A1

 つまり、DCSの出力は、制御したいプロセス量(流量や圧力、温度など)と目標値の偏差を入力として、その偏差を特定の時定数で...続きを読む

Q空燃比について

以前別件で質問をさせて頂いた際に、ある方から頂戴したアドバイスを読んでいて、実は自分は空燃比について良く理解できていないことに気付きました。詳しい方おられましたら、宜しくお願い致します。

理論空燃比14.7というのは、『爆発燃焼に寄与する燃料と空気が互いに過不足無く供給されている状態』と理解しています。この前提に立つと『理論空燃比から少しでもずれれば、多少なりとも燃料または空気の過不足が起きる』と言い換えることができるはずです。空燃比が概ね12~17程度の範囲内にあれば、爆発燃焼自体は行われるそうですから、このレンジ内で考察してみます。たとえば空燃比13と濃い目の状態ならば爆発燃焼が完了した後に、燃料過多(空気不足)により生ガスの一部がそっくり燃え残っていて、空燃比16と薄めの状態なら空気過多(燃料不足)によって空気の一部が新鮮なまま残っている、という解釈でよろしいでしょうか?もしそうならば、分からないことがあります。エンジンが最も高出力が出せる時の空燃比を出力空燃比といい、最も燃費が良くなるときの空燃比を経済空燃比といって、それぞれ理論空燃比から多少外れた空燃比率だといいます。ということは、そうした状態のときは、多少なりとも燃料または空気の一部が爆発燃焼に寄与せずに余っているのではないでしょうか?爆発燃焼に寄与していないガソリンや空気というのは、まったく仕事をしていないのだから、それ自体存在しなくても同じだと思います。つまり、最初から燃え残ることが分かり切っているガソリンまたは空気を余分に投入したときに、最大の出力が出せるとか、最高の燃費に到達する、というのことが理解できないのです。 宜しくお願いします。

以前別件で質問をさせて頂いた際に、ある方から頂戴したアドバイスを読んでいて、実は自分は空燃比について良く理解できていないことに気付きました。詳しい方おられましたら、宜しくお願い致します。

理論空燃比14.7というのは、『爆発燃焼に寄与する燃料と空気が互いに過不足無く供給されている状態』と理解しています。この前提に立つと『理論空燃比から少しでもずれれば、多少なりとも燃料または空気の過不足が起きる』と言い換えることができるはずです。空燃比が概ね12~17程度の範囲内にあれば...続きを読む

Aベストアンサー

この場合、理論と実際を分けて考えてみる必要があるでしょうね。
理論空燃比14.7は、あくまで「理論」であり、(これも、前提となるガソリンが、雑多な炭化水素の集合体なので、炭素と水素の比率が正確にいくらだとは言えないので、ちょっと怪しいのですが)ガソリンに含まれる炭素と水素が空気中の酸素と過不足なく反応する量で、この場合、実際の反応で生成される窒素酸化物は考慮されません。(なので、理論空燃比で運転して出てくる排気ガスを三元触媒に通せば、燃え残ったHCやCOは酸化され、NOxは還元できて出てくるのは、CO2とH2OそれにN2だけになるわけです)
内燃機関がカルノーサイクル(理論サイクル)のように、動いてくれるのであれば理論空燃比で運転すれば最高の燃費で最大の出力が得られるはずですが、実際には、シリンダ内の混合気は、部分的に空燃比がばらついていますし、燃焼にも時間がかかります。
理論上は考慮していなかった窒素酸化物ができたりします(窒素酸化物の生成は吸熱反応なので、燃焼ではない)
それに、ガソリンエンジンの場合、スロットルを絞る事で出力をコントロールしているので、シリンダ内の圧縮圧力も変わってきます。
で、空燃比を変えて実際に運転してみたら、最高の燃費が出る空燃比と、最大の出力が出る空燃比がそれぞれ違う位置にある事が判った訳で
す。
簡単に考えれば、投入した燃料を全部使い切るためには空気は少し多めにしたほうがいい(つまり、最高の燃費)
吸入した空気中の酸素を全部使い切るためには、燃料を少し多め(いくらかは反応しきれなくて残ってしまうけど)にすれば、パワーが出る(出力空燃比)

この場合、理論と実際を分けて考えてみる必要があるでしょうね。
理論空燃比14.7は、あくまで「理論」であり、(これも、前提となるガソリンが、雑多な炭化水素の集合体なので、炭素と水素の比率が正確にいくらだとは言えないので、ちょっと怪しいのですが)ガソリンに含まれる炭素と水素が空気中の酸素と過不足なく反応する量で、この場合、実際の反応で生成される窒素酸化物は考慮されません。(なので、理論空燃比で運転して出てくる排気ガスを三元触媒に通せば、燃え残ったHCやCOは酸化され、NOx...続きを読む

Q低開度のキャブセッティング

2ストのRG125ガンマ(NF11F)に乗っています。
パワーフィルター装着によりキャブセッティングをしてまして、スロージェット→ジェットニードル段数→メインジェットの順でセッティングし、中開度から高開度までは良い感じで走るようになりました。

今度はアイドリング、低開度で問題が起き、
(1)停止時のアイドリングでは問題はなく、走行して一時停止とかに止まると回転が下がりたまにエンストする
(2)低開度で走行中、4000回転付近で引っかかると言うかノッキングみたいな症状がでる

の2点の問題がおきました。
スロージェットを調整しようと思うのですが、濃いのか薄いのかよくわからなくなってしまい、質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>濃いのか薄いのかよくわからなくなってしまい

そう言う時はチョークを使って確認できます。
少しチョークを利かせて・・・・
調子良くなれば薄い・・・
さらに調子悪くなれば濃い・・・・
と言う事になります。

でも・・・ノーマルが一番調子良いのでは・・・

QVZN-215の燃調

VZN215の燃調にはどこのメーカーの機種が対応しているか探しても見つからないのでご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

Vプロで良いんじゃないですか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報