ちょっと変わったマニアな作品が集結

「えをえがく」?
最近、テレビを見ていると「えをえがく」という表現を頻繁に耳にします。しかし、「えをかく」で良いのではないでしょうか。「えをえがく」と言う人は、「描く」を必ず「えがく」と読まなければいけないと思っているのではないでしょうか。また、当用漢字音訓表において「描」の「かく」の読みが認められていないことが「えをえがく」と言われることの原因なのでしょうか。ご意見を宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

4番です。

下のURLを見てください。
エライ作家はみんな「絵をかく」です。
「絵を描く」になっているのも「絵をかく」と読むんでしょうね。

http://www.google.com/search?as_dt=i&as_sitesear …

坊主が屏風に上手な坊主の絵をエガイタ・・・爆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前の方へのお礼にも書いたように、この問題で最も重要なのは、過去の用例だと思っており、ご紹介の情報は大いに参考になりました。有難うございます。個人的には、20年前、50年前、100年前の日本人が「えをえがく」をどのくらいの頻度で使っていたのかを知りたいと思っています。

お礼日時:2010/06/12 00:48

4番、6番です。


先程の資料の中で「絵をかく」になっていたものは、原文は「描(か)く」と書いていたのを、文部省の音訓表の関係で編集者が仮名に直したんじゃないかと思います。
そして、直されていない「絵を描く」の読み方は、「えをかく」だろうと思います。
下のURLは戦前の新聞で、仮名が振られていますので、読み方を調べるのに便利です。
一つだけ調べましたが「絵を描(か)く」になっています。
おヒマでしたら、どんどん調べられたらいかがでしょう。

http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentVi …

音訓表のことですが、一般人、とくに中高年の人は音訓表に縛られることは少ないと思います。
辞書を引いて、「例外的な訓」とあっても、それが適当であればその読み方を使います。
漢字の和語読みなんてものは、もともといい加減なところがあります。
経験がものを言います。
しかし、若い人で読書量が少ないとそうもいかんでしょう。
「描く」・・・「これに振り仮名をつけなさい」というテストがあれば、みんな「えがく」と答えます。
こんなことで覚えた人が増えたんじゃないかという気がしてきました。

「絵をえがく」というのはダブり表現だと思います。
言葉の発生学的には「絵をかく」⇒「えがく」ですから。
(「かく」の大本は「掻く」です。大昔、縄文人?は地面や木の幹を尖ったもので引っ掻いてシルシをつけていたんだろうと想像しています)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の情報、有難うございます。「絵をえがく」でグーグルの検索をしてみましたが、文学作品等の信頼できそうな用例はまだ見つけていません。その代わり、辞書風のサイトや、絵画関係・絵画指導関係のサイトが多くヒットします。日常会話にはあまり使われていないようです。最近「えをえがく」をよく耳にする原因については、前に記したような自分なりの考えは一応ありますが、他の可能性も含めて検討する必要があるかもしれません。比較的若い人の読みについてのご指摘は、有力な感じがします。有難うございました。

お礼日時:2010/06/12 23:16

 現在は当用漢字音訓表はなく,これに代えて常用漢字表があります。

この中に「描」の漢字があり,音訓とそれらの語例として,
ビョウ 描写,素描,点描
えがく 描く,描き出す
とあり,「かく」の訓は認められておりません。
 ところが今年秋ごろ,常用漢字表の改定が予定されており,改定案では「かく」の訓が含まれており,語例欄に「描く,絵描き」とあります。
 以上です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「当用漢字音訓表」は、質問する直前に検索して見つけたので、これが原因だと思ったのですが、有益な情報を有難うございます。

お礼日時:2010/06/12 00:46

私は「えをえがく」とはいいません。

ダブっているような気がして言いません。

しかし、次のような言い方は、ダブりだとは思いませんので、使います。
A踊りを踊る。
B朝食を食う。
C歌を歌う。
D後で後悔するなよ!

A~Bの言い方はよく使われていますし、それなりの理由があると思います。

「絵を描く」の読みは「えをかく」が普通だと思います。
「えがく」はチョッと大層な言い方だと思います。

辞書の用例にも「えをかく」はあっても、「えをえがく」は載っていません。

テレビで「絵をえがく」と言っている人が多い!?

これは最近の風潮・・・敬語の使い過ぎ、物事を丁寧に言い過ぎる傾向・・・などに通じるところがあるのではないでしょうか。

「人(ひと)」でいいところを「方(かた)」と言ったり、
犬に餌をあげたり・・・。

>「えをえがく」と言う人は、「描く」を必ず「えがく」と読まなければいけないと思っているのではないでしょうか。

・・・「えをえがく」の方がていねいな言い方だと思っているんじゃないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答、有難うございます。私は、台本か何かに「絵を描く」と書かれていて、「描く」は正式には「えがく」としか読まないので、みな「えをえがく」と読むのではないかと思っていましたが、この点については他の可能性も考えられるかもしれません。

お礼日時:2010/06/12 00:44

 今回の鳩山辞任、菅首相誕生でよく使われた「絵をかく」とは「設計図を描く」って意味です。


ようするに、いろいろ画策するってことなんですが・・・って、質問ではないですよね?(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有難うございます。その用例では、単に「書く」より「描く」の方がよさそうに思うのですが、それでも「えをかく」と言うところが興味深いと思います。

お礼日時:2010/06/12 00:42

長く趣味で水彩画を描いていますが、


教室でも、先生からも、えがくと云う言葉は聞いたことがありません。
実際に絵はかくと云う作業だから、かくでいいと思います。

えがくと云うと心象的な物を思わせます。面影を描く、ふるさとの風景を思い描く
とか、頭の中で描く場合は描くのほうがいいと思います。

第三者が絵についての解説をしている場合 この壁にえがかれているのはニ体の仏像です。
というほうが丁寧に聞こえていいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。私も「えをえがく」という表現を口にする気にはなりません。「えがく」が他の目的語をとる場合は別ですが。

お礼日時:2010/06/12 00:39

「かく」は「えがく」という意味を含みます。


だから、「えをかく」でも何ら問題はありません。

広辞苑によると、「えがく」は平安時代から「物の形や姿を絵にあらわす」という意味で使われています。
そのほか、「文章や音楽などに表現する(例:嵐の情景を描く)」という意味もあります。

つまり、「えがく」は「かく」行為のうち、とくに抽象的・芸術的表現をするときに使われる言葉といえます。

だから、「えをえがく」という表現はごく普通の表現です。(最近の言葉ではありません)

個人的には、「かく」は広い意味を持つので、「えをかく」よりは「えをえがく」と言ったほうが、
芸術的な行為であることを印象づけられると思います。
より率直に言うと、「えがく」のほうがより相応しいと感じます。

とは言いつつも、「描く」と書いて「かく」と読ませる流儀も好きです。
「かく」という読みが認められていないからこそ、粋な、あるいは知的な感じがします。

どんな言葉でもそうですが、大切なのは字面ではなく、
その言葉を使おうとするときの状況・相手・媒体・時代等によって適切な選択をすることです。


最後に、「えをえがく」と言われることの原因をお知りになりたいようですが、
既に述べたように言ってはいけないという理由はなく、最近の言葉というわけでもないので、何とも申し上げようがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有難うございます。ただ、ご回答はズレているという感じがします。

質問の意図を誤解されているようですが、ここで問題になっているのは「えがく」の意味ではありません。「えがく」の意味は分かりきったものであって、「ふうけいを(絵画として)えがく」が正しい表現であることは誰でも認めるでしょう。問題なのは、「えがく」や「かく」といった動詞の意味は何かではなく、それらがどんな目的語をとりうるか、どんな目的語と共用しやすくて、どんな目的語と共用しにくいか、ということなのです。「えがく」について辞書的定義を紹介されていますが、辞書的定義は、通常、ある動詞がどんな目的語をとるか(とらないか)を規定するほど精密なものではないので、あまり役に立ちません。この問題にとって有益なのは、過去(平安時代や20年前や100年前)の用例だろうと思います。

私は、子供の時から「えかき」や「おえかき」をはじめとして、「えをかく」系の表現は頻繁に耳にしてきたのに、「えをえがく」は記憶にありません。記憶は不確かなので、記憶にないからといって皆無だったとは言えないかもしれませんが、とにかく「えをかく」より聞いた頻度が極めて少ないであろうとは言えます。一方、最近のテレビでは、「えをえがく」は頻繁に耳にするのに、「えをかく」は皆無かまたは非常に少ないようです。まるで、「えをかく」という表現が存在しないか、誤りと考えられているかのようです。

個人的には、一般社会とテレビ・ラジオのそれぞれにおいて、2、30年前と今日とで、両者の使用頻度がどうなっているのかを知りたいと思っております。何が正しい日本語とされているかについて、少なからぬ日本人の感覚に変化が生じている可能性があるからです。最近、「誹謗中傷」を四字熟語、「雪辱を果たす」をイディオム、と捉えているように見える人がよくいます(彼らは「誹謗」や「中傷」を単独で、あるいは「雪辱する」という単純な形を使いません)が、「えをえがく」も、最も単純な表現を避けるという点では似ており、単純な形式を使わないのは無知のためではないかと思っております。

お礼日時:2010/06/12 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「書く」と「描く」に違いアリ?

「書く」は字の場合。
「描く(画く)」は絵の場合。

・・・と、自分のなかでは使い分けているのですが、
実際には、ここまで厳密に区別しなくてもいいものなのでしょうか?

「絵を書く」「マンガを書く」などの表現を
目にすることがありますよね?
「誤用じゃないの?」と気になってしまいます。

「書く」「描く」の用法についての説明や、
「自分はこのように使っている」などのご意見をお待ちしております。

Aベストアンサー

描く(画く)とは、えがくとも読みますがこれは、「絵書く」からきています。
絵画・図形をあらわす場合に使います。
書くとは、文字や記号をかくものを書くと書きます。
ただ、どちらも「かく」は、語源が掻くからきているようで
紙などをなにかでひっかいて記録表現する仕草をあらわすもののようです。
ただ感じであらわす場合は、それそれ使い分けされています。

Q10分は”じっぷん”と”じゅっぷん”ではどちらが正しいの?

日本語の正しい読み方はどちらでしょうか?
ワードで変換すると、どちらでも正解の
ようですが、実際の国語教育では
どうなのでしょうか。
ちなみに、私は、「じゅっぷん」としか
言いようがないと思っていましたが、
間違いでしょうか。

Aベストアンサー

正式には「じっぷん」ですが今では「じゅっぷん」でもいいそうです。
しかし漢和辞典で「十」の字を調べると「じっ」とはありますが「じゅっ」とは
載っていないんですよね。

十進法、十手、十中八九、十指、などの読みもすべて「じっ」が正式な読みとなっています。

テレビやラジオのニュースでのアナウンサーや野球中継でのアナウンサーも
半分以上の方が「じっ」と発音しているようです。
野球中継ではよく十という言葉が使われるので(十本とか十回など)
注意して発音聴いてみるといいです。

Q「同じくらい」と「同じぐらい」とはどう違う?

いま、ある文章を書く依頼を受けています。
書いていて気づいたのですが、「同じくらい」と「同じぐらい」とは、どちらかが正しいのでしょうか?
また、なぜ2種類あるような印象があるのでしょう?

教えていただければと思います。

Aベストアンサー

通信社・新聞社の用字用語辞典(*)では、
助詞(副助詞)としての「くらい」「ぐらい」に触れていないか、あるいは用例のみを示すにとどまっています。
(*)時事通信、共同通信、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞

唯一、『NHK ことばのハンドブック』には、以下の説明があります。
------------------------------
~くらい・~ぐらい
 「このくらい(ぐらい)の広さ」「10歳くらい(ぐらい)の子」
などの「くらい」「ぐらい」は,どちらを使ってもよい。
 以前は,次のような使い分けが行われていた。
(1) 体言には「ぐらい」が付く。
(2)「この・その・あの・どの」には「くらい」が付く。
(3) 用言や助動詞には,普通は「ぐらい」が付くが,「くらい」が付くこともある。

 「ぐらい」と連濁する場合はひらがな表記も濁音表記とする。
 〈例〉10歳ぐらいの子
------------------------------

以前は使い分けが行われていたが、現在は「くらい」「ぐらい」のどちらでも良いという説です。

手もとの国語辞典(*)には、どれも「くらい」の主見出しで名詞の「位」と、そこから転じた副詞(副助詞)の「くらい」の解説がありますが、ほとんどは『「ぐらい」とも』としています。「ぐらい」は参照見出し(空見出し)になっています。
(*)新明解、広辞苑、岩波、大辞林、明鏡

『明鏡国語辞典』だけは、「くらい」の項の最後に以下の説明がありました。
----------------------
[語法]
「くらい/ぐらい」は、今は区別なく使うが、伝統的には、体言には「ぐらい」、コソアド系の連体詞には「くらい」、活用語には「ぐらい」「くらい」ともに付いたという。
----------------------

結論として、
伝統的には使い分けがあった。
現代語ではどちらを使っても間違いではない。
というのが、事実上の正解でしょう。

現実には、個人の言語感覚によってかなり差があると思います。年代差や地域差もあるかもしれません。


ここまで書いて、以前別の場所で同じような話があったことを思い出しました。

『きょうのことばメモ』
  〔早稲田大学の飯間先生(日本語学)のブログ〕
http://yeemar.seesaa.net/article/14552277.html
「くらい」の清濁 2006年03月09日

「以前は」「伝統的には」というのは、江戸時代の頃のようです。

通信社・新聞社の用字用語辞典(*)では、
助詞(副助詞)としての「くらい」「ぐらい」に触れていないか、あるいは用例のみを示すにとどまっています。
(*)時事通信、共同通信、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞

唯一、『NHK ことばのハンドブック』には、以下の説明があります。
------------------------------
~くらい・~ぐらい
 「このくらい(ぐらい)の広さ」「10歳くらい(ぐらい)の子」
などの「くらい」「ぐらい」は,どちらを使ってもよい。
 以前は,次のような使い分けが行われて...続きを読む

Q「他」は「た」としか読まないそうですが…

他は「た」としか読まないそうですが、

(1) 社員他=社員ほか?社員た?

(2) 他の人=たのひと?ほかのひと?

(3) 他の管理職=たの管理職?ほかの管理職?

読み合わせを行ったあとに毎年ゴチャゴチャ言う人がいて、
明日の読み合わせが不安です(涙)

より一般的な読み方をお教えくださいますよう、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#5です。
>(3)の読みを具体的に教えていただけないでしょうか?
これは実質名詞ですから本当は「外(ほか)の管理職」が望ましいのですが、そうは直せない状況の様でしょうから、それに準じて「他(ほか)の管理職」と読みましょう。

他(た)については、そのように実質名詞に使うと、幾らか卑語のトーンが混じり出します。
「他人事」という熟語は「ひとごと」と読むのであり、これを「たにんごと」と読むのは誤り、もしくは卑語と聞き手に取られかねません。
「外/他(ほか)の方はご遠慮願います」に対し「その他(た)大勢」と言った時の相手に伝わるイメージの違いを想像してください。

Q「~にくい」と「~がたい」の違い

「~にくい」と「~がたい」は共に動詞の連用形に付いて、「言いにくい」「言いがたい」「理解しにくい」「理解しがたい」のように、派生語を作ることが出来ます。そして、表す意味もかなり近いようです。一方、「分かりにくい」は言いますが、「わかりがたい」はどうも落ち着かないような気がします。「~がたい」のほうが堅いと言うことは知っていますけど。両者の違いを、分かりやすく説明していただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

日本語教師です。昔書いたものから。


[V-にくい]
「V-やすい」の反対の意味を表します。
[1]人の意志的な動作で
 ある物・人が「~するのは難しい、大変だ」という性質を持っているという意味です。
 他動詞の「Nを」が「Nが」となる例が多くあります。その他に、道具の「Nで」、
 場所の「Nに」なども、「Nが」になります。
 「その人にとっては」という場合、「(人)に」で表します。
 否定的評価で、「そういう性質を持っていることは良くない」という話し手の評価
があります。
     この本は小学生には読みにくい。(人ガ本ヲ読む→本ガ人ニ読みにくい)
     この早口言葉はそんなに言いにくくない。
     別れの言葉は書きにくかった。
     あの先生の説明はわかりにくい。
     この靴はどうも歩きにくいです。(その靴デ歩く)
     右利き用のはさみは、左利きの人には切りにくい。(はさみデ切る)
     東京はすっかり住みにくくなってしまった。(東京ニ住む)
     その温泉はずいぶん行きにくい所にあった。(所ニ行く)
     この問題はあの人には相談しにくい。
     あの先生はどうも相談に行きにくい。
     なんだかやりにくいなあ。 

[2]非意志的な動詞で
 「かんたんにはそうならない、そうなることがあまりない、という性質を持って
いることを表します。それが良いことか困ったことかは、文脈によります。
     体が丈夫で、病気になりにくい。
     この絵の具は変色しにくい。
     私は、風邪を引きにくい体質です。
     この服は汚れが落ちにくいね。
     地震の後は電話がつながりにくくなります。
     この辞書は厚すぎて、カバンに入りにくい。
     燃えにくい物を入れないでください。
     消防士は燃えにくい服を着る。
     倒れにくい建物   腐りにくい食べ物   割れにくいガラス
     とれにくい汚れ   混ざりにくい絵の具   流れにくいトイレ
     折れにくい枝(木に登るのにはいい/たきぎにするには不適当)


[V-がたい]
 「かたい」は「-やすい」の「易」の反対の「難い」です。音変化を
起こして「-がたい」となっています。そうすることが困難であり、ほとんど
できないことを表します。精神的なことに関する動詞が多いです。硬い文体で
使われます。過去にはなりますが、否定の形「×V-がたくない」はありません。
     台風の進路予想は、何とも言いがたい。 
     現状のままでは、この地域は発展しがたい。
     天才の頭脳の働きは、凡人には想像しがたい。
     彼の行為は許し難かった。

この他に次のような動詞とよく使われます。名詞修飾の形で例を出します。
     忘れがたい(思い出)  信じがたい(話)  得がたい(人物)
     近寄りがたい(人) 動かしがたい(証拠) 耐えがたい(苦しみ)

saburoo

こんにちは。

日本語教師です。昔書いたものから。


[V-にくい]
「V-やすい」の反対の意味を表します。
[1]人の意志的な動作で
 ある物・人が「~するのは難しい、大変だ」という性質を持っているという意味です。
 他動詞の「Nを」が「Nが」となる例が多くあります。その他に、道具の「Nで」、
 場所の「Nに」なども、「Nが」になります。
 「その人にとっては」という場合、「(人)に」で表します。
 否定的評価で、「そういう性質を持っていることは良くない」という話し手の評価
があります...続きを読む

Q階段は「上る」?「登る」?

今 文字を書いていたら、「階段をのぼる」と書きたいと思ったのですが

階段は「上る」だと思ったのですが、
「登る」のような気もしてきて どちらだか
わからなくなりました。
お恥ずかしいお話ですが
どなたかおしえてください。(o゜▽゜)ゝ(o_ _)o))ペコ 

Aベストアンサー

「上る」を使うことが多いと思いますが、
どちらでもいいですよ。


のぼ・る

意図的に上に行く。

(1)意図的に上の方へ移動する。「あがる」と比べて、途中の経過点に注意が向けられている。《登・上》
http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?qt=%A4%CE%A4%DC%A4%EB&sm=1&pg=result_k.html&sv=DC&col=KO

Q『いく』、『ゆく』の使い分け

電車に乗っていて、車内の電光掲示板で

<この電車は ○○ゆきです>と出ていました。

この『ゆき』は漢字にすれば『行き』だと思います。

で、素朴な疑問なんですが・・・

『行く』の読み方なのですが、

『いく』と読む場合と、『ゆく』と読む場合の

使い分けってのはどのような例があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こういう問題は、やはり国の示す指針に従うのがよいでしょう。
文化庁の『国語施策情報システム』の中に、「国語審議会の記録」として次のような記述があります。
「参考資料」→「各期国語審議会の記録」→「第5期」→「発音のゆれについて報告(3)」→「10」

★ 標準的な形として口頭語的な「イク」を採るとしても,改まってものを言う場合や文章語では,やはり「ユク」を使うこともあるであろう。★

ということですから、社内の電光掲示板は「ゆく」、ホームや車掌の案内は「いく」と使い分けるようですね。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/

Q明日 「あす」と「あした」の違い

「明日」を、「あす」・「あした」と言う時の、意味の違いを教えてください。
外国人のかたにたずねられて困っています。
彼は日本語を勉強中ですが、小学校2年生程度の漢字とひらがなは読めるといった程度です。

Aベストアンサー

語源的なことから説明しますと、
 「あす」は、昔から「きょう」の次の日を意味(現在の明日の意味)しています。
 一方、「あした」は「ゆうべ」に対する「朝」を意味していました。一日の終わりが「ゆうべ」「日暮れ」というため、「あした」は、「きょうのゆうべ(日暮れ)の次の朝」ということになり、今の言葉でいうと「翌朝」のことになります。その後、「あした」は「朝」から「翌日の午前中」となり、さらに「翌日」へと意味が広がっていきました。
 現在では「あした」は砕けた表現で、「あした」→「あす」→「みょうにち」の順に改まった表現になります。ただ、話し言葉では「あした」が主流で、書き言葉では「あす」が主となります。常用漢字の付表における熟語「明日」の読みは「あす」であり、「あした」はありません。これは「書き言葉」を意識したためといわれています。

Q「なりうる」「なりえる」の違い

「なりうる」と「なりえる」は何が違うのでしょうか。

ネットで検索すると「なりうる」はあまりヒットしませんが、「なり得る」はたくさんヒットするので、「なりうる」は間違いなのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「なり得る」は「なりえる」、「なりうる」どちらの読み方も可能です。「える」も「うる」も漢字で書けば「得る」となるのです。

本々、文語では下二段動詞「う」だったのです。それが、現在語では下一段動詞「得る」になっているのです。

したがって、「うる」は「古臭い」、もしくは「格式ばった」用法となりますから、一般的には「える」が多用されるのです。

Q「~になる」と「~となる」の使い分け

複数の人で手分けして報告書を作成しており、現在校正中です。
今悩んでいるのは、ある人は「~になりました。」と書き、別の人は「~となりました。」と書いているところがあり、報告書全体としては「に」と「が」が混在している状態なので、この表記の揺れをなくすために、どちらかに統一すべきかどうか、ということです。
「に」でも「と」でも全体の文意は同じのような気がするのですが、ニュアンスや文法的な違い、あるいは使い分け方法があれば教えていただきたいと思います。
よろしくご教示のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

格助詞「に」と「と」の違いですね。この質問は過去に2,3回ありましたのでその1つを1部付け加えて回答しておきます。
「に」「と」はともに帰着または結果を表しますが、ニュアンス的には少し違いがあります。
「雨が降れば川になる」というのは平板で当然の帰結としての言い方の場合は「に」
「蛇行を繰り返し小川や多くの支流を集めて大河となる」のように紆余曲折を経る場合は「と」です。
「すったもんだの末、結局彼が村長となった。」
「すんなりと彼が村長になった」
あなたの会社の報告であれば:
「計算の結果予算は○○円になりました。」
「いろいろ審議を重ねて検討した結果○○円となりました。
また、「へと」と 「へ」との違いについての質問にも私が回答したのがありますので参考にしてください。

参考URL:http://okwave.jp/qa1126103.html


人気Q&Aランキング