日陰でも「ひまわり」は育ちますか?

家の東側にある花壇に、「ひまわり」の種を蒔いたのですが
午前中は日当たりは良いのですが、午後は日陰になってしまいます
それでも育つでしょうか?

日陰でも育って、高さが高くならない品種などありましたら
教えて下さい

A 回答 (2件)

一応、育つ事は育つと思います。



しかし、ひまわりは上手に育てると2m以上に育ったりしますが
その様な大きなひまわりに育てる事は少し難しいと思います。

もしかしたらヒョロヒョロの細い小さめのひまわりになるかもしれませんが
あまり大きくしたくないようなので、
お望みの感じに育てる事は可能なのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

ご指摘の通り、小さめの花がたくさん咲くようなのが理想です

お礼日時:2010/06/14 22:10

午前中日が当たるんだったら充分育ちますよ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2010/06/12 21:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半日陰??に何か植えたい!

半日陰って朝日しか当たらない場所ってことなんでしょうか?それとも常に半分の量の日光しか当たらないってことですか?
庭に午前中しか日が当たらない場所と午後の何時間しか日が当たらない場所があって何かカラフルな花を地植えしたいんですが、そういった場所は何を植えたらいいのか
何時間かだけですが結構日光はサンサンと当たります
できたらチューリップとムスカリをたくさん植えたい!のですが、植えたはいいがヒョロヒョロ~ってなったらやだなと思いまして
色が華やかな花は大抵日当たり、水はけの良い場所って書いてあるのでやっぱり無理でしょうか?
種袋だけを読むと何も植えられませ~ん(涙)
教えてください!!お願いします

Aベストアンサー

日当たりが悪くても植えられる植物は有りますよ。
1日2,3時間西日が当るより朝日があたれば大丈夫です。もう夏の花は終わりですが来年の夏はインパーチェンス等が良いです。多分間延びはしないと思います。

こぼれ種で毎年苗を買わなくても経済的です。
毎年違う花を植える、もしくは毎年時期になると芽吹く宿根草などがありここで日陰,日向と色々な種類がありますので簡単にアドバイスしますと、クリスマスローズは日陰に向いていますが派手さはいまいちですが確実に花は苗木でなければ花がつきます。
何事も経験です。お好きな種、花を買ってどのような結果が出るかトライしてみてください。話しより経験の方ガ頭の中に残りますよ。

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qなぜ、ミニひまわりが枯れたのでしょうか?

ベランダで、プランターにミニひまわりを
6本ほど植えていたのですが、元気に成長し、
綺麗に花が咲いて、喜んでいたのもつかの間、
開花直後に葉の緑色が薄く、粉を吹いたような色になり、
4~5日で全て、完全に枯れてしまいました。
「花が咲いたあとはそんなものかな?」と思い、
種を採取しようとしたところ、全く実っていませんでした。

毎日、欠かさず水はやっていましたし、
日当たりも、半日以上あります。
開花前後に特別、何かしたことはありません。
一体、なぜ枯れてしまったのでしょうか?
ご存じの方、お教え下さい。

Aベストアンサー

暑く乾燥した日がつづくとハダニが発生しやすくなります。
葉水をするか薬剤を日頃から散布して予防しなければなりません。
ハダニはいろいろな植物に発生しますから、園芸店やホームセンターで薬剤を買っておいても良いと思います。
種類はいろいろあるのですが、私はハダニにはオサダンという薬品を使っています。
その他にも各薬品の箱の表や裏側を見ると被害の様子の写真など載っていたりするのでひまわりがどんな状況に近かったか見れると思います。それと、ホームセンターの園芸用薬品のコーナーに行くとパンフレットが置いてあったりしますから、確認してみるといいと思います。
その他の病気などにもいろいろ効き目のある薬剤などもありますから用途に合ったものを見付けてください。
今年はうちもたくさんハダニやそのたの病気で植物をダメにしました。早めに予防できた物は生き残りました。まだ残っている植物が回復してくれるといいですね。

Q種(ひまわりとあさがお)を確実に発芽させる方法はどのような方法がありますか?

故人の思い出のこもった「アサガオ」と「ヒマワリ」の種を蒔きたいと思っています。

どうしても花を咲かせて、また今年も種を採って、
来年も、その次の年も、ずっと子孫を残したいと思っているのですが
確実に芽を出させたいのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

小学校で習ったようなやり方以外
・下準備
・蒔き方
・その後の育て方等で、正しい方法やアドバイスを教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 農家の方が稲の種を播いて確実に発芽させる技術を持っています。
1.水に種を入れる。
浮いたり、中間で滞留しているものは捨てる。
2.一晩種を水に浸しておく。
3.育苗箱にそれぞれ種をばら撒きして土で軽く覆い温室で管理する。
4.温度と湿度を一定にして管理する。
   (温度23度~、湿度60%~)

 以上を簡略すると5月後半に種を播いて発芽まで水切れしないようにすれば大概芽は出ます。 我が家ではコボレ種で毎年咲いてます。 6月初旬頃から忘れたようにニョキっと芽が出てきます。
 発芽させるには楽な部類に入ります。だから教材になるんですけどね。

Qひまわりの花が咲かない

家のひまわりですが、なかなか花が咲きません。どうしたら
花が咲くのでしょうか?

植えたのは、4月の上旬です。現在、長が170cm以上にもなっている
ひまわりもあります。比較的近接して植えてありますが、茎は太いです。
日当たりも十分あります。全部で30本程度あり、成長の差はあります。
右側のひまわりはあまり成長せず、左にいくに従ってよく成長して
います。土の関係でしょうか。ま、どちらでもいいですが
花がさかないで葉っぱばかり多く大きくなっています。病気は
ありません。

Aベストアンサー

開花時期は品種によつて異なります

ヒマワリは 本来長日性で 6月頃に花芽が分化して開花しますが
一部の品種は 短日性を示し 日が短くならないと花芽が分化してこない

http://www2.tky.3web.ne.jp/~hidamari/photo017.html

夏至を過ぎると 日は徐々に短くなり 短日性の品種にも花が着くようになります

ここで問題になるのは 人工光による障害 季節は短日なのに 人工光によりまだ長日か・・・・

Qオルトランの効果、使用法?

オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、

ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。

現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。

根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。

あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。

水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか?

あと、スプレーより飛び散らないような感じがするんで、効果は多いでしょうか?(スプレーはほとんど、空中に捨ててしまうイメージがあるんですが、、、?)

※あと、既に、きんもくせいなどは、完全に新芽がゼロの状態までひどく、葉巻虫にやられました(こんな状態で駆除をして意味はあるでしょうか?夏にむけて、まだ、新芽はでてくるんでしょうか?)。

レッドロビンやどうだんつつじなどは、まだ、今は、葉巻虫にそれほどは食われていません。

少しでも、効果的な方法をアドバイス頂けたら嬉しいです。

あと、根元に散布とありますが、風で吹けるから、水をまいたほうがよいでしょうか?(1メーター少しの高さの樹木にどれくらい撒いたらよいのか?もわかりません。一応、一本の根元に大きなスプーン2杯程度まいて、シャワーで水を撒いておきましたが、、、これでよいのか?

あと、風で吸い込んでも、心配はないでしょうか?

すいません、宜しく、ご教示ください。

オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、

ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。

現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。

根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。

あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。

水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか?

あと、スプレーより...続きを読む

Aベストアンサー

オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は
オルトラン水和剤のみだけです。粒剤や液剤は使用が出来ません。
粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な
ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布
をします。スプレー容器に入れて薄めるのではありません。バケツで溶かした
液をスプレー容器に入れて噴霧します。
薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り
に薄めて使用して下さい。
スプレー式のオルトランCがありますが、ハマキムシには効果はありません。

オルトランには色んな種類がありますが、名前が同じだけで成分が異なります
から、場合によっては害虫が駆除する事が出来ず、樹木を弱らせて枯らせてし
まう事もあります。

薬剤を使用する時は、まず薬剤が害虫に対して有効(駆除が可能な事)であっ
て、散布する樹木が作物登録されている事が条件となります。
樹木が作物登録されていても、ハマキムシには有効では無い時は使用する事が
出来ないと法律で厳しく制限されています。

薬剤を確実に害虫に付着させるには、ダインと言う展着剤を薬剤に混ぜて使用
します。ダインは一種の糊です。
散布すると大半は害虫には付着しませんが、ある程度付着すれば効果はありま
すから、気にしないで散布して下さい。

オルトランは農薬で毒ですから、使用する時は必ずマスクと防護メガネ、ゴム
手袋を着用して作業をして下さい。
原則として無風時で天候の良い日を選び、風が強い日や散布して1時間後に雨
が降る時は延期をします。
散布時間は朝か夕方の何れかに行います。

もう一度だけ言いますが、ハマキムシには水和剤以外は使用しない事です。
葉が全て食われても散布は行って下さい。ハマキムシの肉眼では見えない幼虫
が潜んでいます。

オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は
オルトラン水和剤のみだけです。粒剤や液剤は使用が出来ません。
粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な
ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布
をします。スプレー容器に入れて薄めるのではありません。バケツで溶かした
液をスプレー容器に入れて噴霧します。
薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り
に薄めて使用して下さい。...続きを読む

Q初心者です・日照時間とひまわり・紅花・バジルについて。

複数質問ですいません。
解ることだけでも教えてください。

私の小さな庭は、日の出~午後2時までしか
日が当たりません。
その為か、植えた植物が、緑というより
黄緑~黄色っぽいのです。

大輪ひまわりは、丈が50cmほどしかないのに
もう、小さなつぼみをつけていて
茎も細く、葉も下の方は、ほぼ黄色で萎れています。
説明では、2m程になるとかいてあるのに。

紅花も、細く、つぼみができましたが
5mm程しかありません。ひょろひょろしています。

バジルは、4月の頭くらいから、大きさが
変化せず、丈が2cm程で、色はほぼ黄緑です。

これらは、すべてプランターに植えていて
土は、ガーデニング用の土です。
庭に、直接植えている花は
(山椒、雪柳、小手毬、すずらんなど)すごく成長しているのですが
日照時間は同じ条件です。

解決策はありますか?
家の形の影響で、どうしても午後2時以降は
日に当てる事ができません。

水は、早朝と夕方にたっぷりと2回です。

肥料は今のところ与えていません。

どうぞよろしくおねがいします。

複数質問ですいません。
解ることだけでも教えてください。

私の小さな庭は、日の出~午後2時までしか
日が当たりません。
その為か、植えた植物が、緑というより
黄緑~黄色っぽいのです。

大輪ひまわりは、丈が50cmほどしかないのに
もう、小さなつぼみをつけていて
茎も細く、葉も下の方は、ほぼ黄色で萎れています。
説明では、2m程になるとかいてあるのに。

紅花も、細く、つぼみができましたが
5mm程しかありません。ひょろひょろしています。

バジルは、4月の頭くらいから、大きさが
...続きを読む

Aベストアンサー

日の出から午後2時くらいまでの8時間程度の日照は、普通の植物にとっては理想的です。ですから、プランターに植えた植物が元気のない状態なのは、日のあたり具合が原因ではないと思います。

これだけの情報では原因の特定はできませんが、水遣りが朝晩たっぷり2回というのは、この季節にはちょっと多すぎる気がします。根腐れしているのではないかという印象を受けますが、プランターの排水はどうなっていますか?プランターの底に水がたまっていたらそれを捨てて、土が乾いてきたら与えるようにしてください。

もうひとつの可能性は、土が悪いことです。
市販のミックス培養土はたまに非常に質が悪いものがあるので、できれば面倒でも黒土か赤玉土に腐葉土を3割くらい、バーミキュライトを1割くらい混ぜて使った方が、確実に育つと思います。以前ハーブ類で何を育ててもうまくいかなかったときに、土を変えたら一気に改善したことがあります。

とりあえず、水を控えるようにして様子を見て、それでもだめでしたら土を変えてみてください。もしも自由に使える地面があるのでしたら、そこから土を取って腐葉土を半分くらい混ぜて使ってもいいと思います。

日の出から午後2時くらいまでの8時間程度の日照は、普通の植物にとっては理想的です。ですから、プランターに植えた植物が元気のない状態なのは、日のあたり具合が原因ではないと思います。

これだけの情報では原因の特定はできませんが、水遣りが朝晩たっぷり2回というのは、この季節にはちょっと多すぎる気がします。根腐れしているのではないかという印象を受けますが、プランターの排水はどうなっていますか?プランターの底に水がたまっていたらそれを捨てて、土が乾いてきたら与えるようにしてくださ...続きを読む

Q肥料が強すぎて枯れてしまった植物は・・・

植物全般においての質問なのですが、
1.肥料がその植物に合わない
2.株元の近くに肥料を置いた
など、間違った肥料のやり方をしてしまい植物が枯れてしまった場合、その植物はどうすることもできないのでしょうか?
また、枯れたものを抜き、肥料を変える、肥料を離すなどした後に、同じ場所に同じ植物を植えると、土の性質の関係上また同じことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

1の回答について
肥料には主な成分は大きく3つに分けれます。
チッ素とリン酸とカリウムです。
肥料の袋などにN:P:Kとかかれているのがそれにあたります。
チッ素は葉を育てる肥料でやりすぎるとひょろ長くひ弱になってしまいます。
リンは実や花を咲かせるための肥料で多少多くても大丈夫です。
カリウムは根っこを育てる肥料で日照不足環境のところでも多少強くさせることが出来ます。
あまり肥料があわないということは考えにくいでしょう。

肥料にも色々あり、発酵が未熟な鶏糞などは植物にとってあまりよろしくありません。
よく熟成した物を買うようにしましょう。
鶏糞だけでなく油かすにもいえるのですが、この手の肥料は特に根っこに直接あたらないようにしましょう。
あたると肥料焼けをおこし枯れてしまうことがあります。
もし、そうなった場合、早期であり植物に体力が残っていれば肥料を全部取り除き無肥料の土を入れいてやれば、運と体力次第で持ち直す可能性があります。
ただ、体力がないと難しいので草花では難しいと思われます。

ま、無難なところで8:8:8ぐらいの化学肥料を根っこから遠いところにやればいいんじゃないですかね。
また、最近では肥料やけを起こしにくい肥料も売られているのでその辺を購入しましょう。

同じ場所に同じ植物を植えると…の質問は肥料が直接あたらないように土をある程度よけてやれば大丈夫でしょう。
ただし、ビワなどのように以前植わっていた所に植えても育たない植物の場合は難しいでしょう。

1の回答について
肥料には主な成分は大きく3つに分けれます。
チッ素とリン酸とカリウムです。
肥料の袋などにN:P:Kとかかれているのがそれにあたります。
チッ素は葉を育てる肥料でやりすぎるとひょろ長くひ弱になってしまいます。
リンは実や花を咲かせるための肥料で多少多くても大丈夫です。
カリウムは根っこを育てる肥料で日照不足環境のところでも多少強くさせることが出来ます。
あまり肥料があわないということは考えにくいでしょう。

肥料にも色々あり、発酵が未熟な鶏糞などは植物にとって...続きを読む

Q花壇の土の入れ替え方

7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。
(縦30cm~1m×横3m×高さ30cmほど)
いろいろ植えていたのですが、ある程度育ってもそれ以上大きくなりません。(今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。カモミールは夏枯れました)

苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。

根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ替えようと思っています。
掘り返してみると、上5cmくらいはすぐ掘り返せるのですが、それより下は硬くて、掘ると砂のような土で、5cmくらいの石も混じっています。

既存の花壇の土の入れ替えは「既存の土と堆肥を混ぜ込む」とあるのですが、砂のような土でも堆肥を混ぜ込むだけでいいのか不安ですし、
また更地を花壇にする方法として「土を掘り返し、消石灰を混ぜた後、堆肥を混ぜる」とあるのですが、砂のような土には上記の方法の方がいいのかわかりません。

また他にしておいた方がいいことや、混ぜた方がいいものがあれば教えていただけませんか。
あと、苗を植えているところの土はどうすればいいのでしょうか。回りの土を入れ替えていけばいいのでしょうか。

よろしくお願いします。

7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。
(縦30cm~1m×横3m×高さ30cmほど)
いろいろ植えていたのですが、ある程度育ってもそれ以上大きくなりません。(今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。カモミールは夏枯れました)

苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。

根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ...続きを読む

Aベストアンサー

園芸は土つくりです。

表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。
その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%9C%9F

本来、山砂には栄養分などは有りませんが、これに有機質を混ぜることで立派な園芸用の土に生まれ変わります。
業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。

問題は質問者様の後々の管理です。
そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる」状態に陥ります。
7年も有機質を入れなければ当然固い土に戻ってしまいます。
かろうじて園芸店から買ってきた苗についている土だけが唯一の有機質の供給源ですから・・・。

手間が掛かりますが園芸用のスコップではなく、
大きな工事用のスコップを用意して掘り返してください、
そしてその中に完熟堆肥、腐葉土を混ぜ込んでやってください。
堆肥は完熟したものでないと植物の根には悪いです。

一度にする必要は有りませんが塊が無いようになるまで良く切り返して(混ぜ合わせて)元に戻してやってください。

底の方の小石は排水のために故意に入れています。
あまり浅いようでしたら取り除く必要が有りますが、業者さんがいい加減な仕事をしていない限り大丈夫です。
情況から見れば良心的な施工だと思います。

植えっぱなしにするのであれば、このたび思いっきり有機質を入れてやってください、又年に一度くらい数箇所に穴を開けてそこに有機質を埋め込む方法で供給することも可能です。
季節毎に植え替えなどで耕すのであればその都度有機質肥料を混ぜ込むようにすればいいかと思います。

また、土は必ず酸性に変わってきます。
消石灰で弱アルカリ(植物によります)にするために散布します。
これも正式にはPHを計測する器具が販売されています。(ホームセンターに有ります)簡易なものもあるようなのでそれで調べながら園芸を楽しむことも一つの方法です。

園芸は土つくりです。

表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。
その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%9C%9F

本来、山砂には栄養分などは有りませんが、これに有機質を混ぜることで立派な園芸用の土に生まれ変わります。
業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。

問題は質問者様の後々の管理です。
そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる...続きを読む

Qひまわりは摘心することができますか?

ひまわりは摘心することができますか?

種類は、1.5Mくらいに成長する大きなタイプです
ミニヒマワリでは摘心することができるのをネットで確認できたのですが、大きく成長するタイプのが見つかりませんでした

成長しきったひまわりをみたことがないのですが、1本に1つしか花をつけないイメージなので、摘心することでバランス崩したりしないかちょっと心配です

Aベストアンサー

本来ひまわりは一本の茎の先に一個の花が咲きます。ミニヒマワリは枝が分かれていくつもの花が咲くので摘心できるというかむしろ摘心することで枝をふやそうというやり方でしょうね。芽を切るという事はどんな植物でもその代わりに脇芽を出して成長させる(花、実の付きを増やす)のが目的です。
そのひまわりの品種は分からないですか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報