OCN光で最大124,800円おトク!

日本神話を題材にした小説を探しています

神話そのものを再現しているのではなく、日本神話をモチーフにした怪奇、伝奇モノなどを探してます。純粋に読みたいという気持ちで探しているので、オススメの作品がありましたらぜひぜひ教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ちょっと?古いですが、



火の国のヤマトタケル(ハヤカワSF文庫、1971年)
出雲のヤマトタケル(ハヤカワ文庫、1974年)
神風のヤマトタケル(祥伝社、1981年)
英雄ヤマトタケル(祥伝社、1984年)
天翔るヤマトタケル(祥伝社、1985年)
飛騨のヤマトタケル(祥伝社、1986年)
巨神国のヤマトタケル(祥伝社、1988年)

豊田 有恒氏の作品ですが、お勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皆様回答ありがとうございました!小説は中身を読んでみないとわからないので、一番最初に回答をくれた方にベストアンサーを贈りたいと思います。本当は回答していただいた方全員をベストアンサーにしたいところなのですが、システム上それも出来ませんで…。

せめてもの感謝の気持ちに、みなさんのオススメの小説は全て読んでみたいと思います!皆様、本当に色々な作品を紹介していただいてありがとうございました。早速、書店に行って探してみたいと思います。

お礼日時:2010/06/29 00:09

日本神話をモチーフに創作した自説論や小説は、ここ数年買い集めてます。


勾玉シリーズも持ってます。ヤマトタケルシリーズは見たことがありません。
宇宙皇子はアニメで見ただけです。
「根の国物語」篠田真由美 中央公論社 C・NOVELS(ファンタジー)
「八王国記」麻木美穂 徳間書店Edge(ファンタジー)
「人工憑霊蠱猫」化野燐 講談社NOVELS(コメディ)

 高田崇史の小説殆どがその系統。(ミステリー)
「卑弥呼暗殺」 山村正夫(ミステリー)
その他、図書館に数冊あったので読みましたがタイトル忘れました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!ううん、、タイトルからして面白そうな匂いです。是非読んでみたいと思います。

お礼日時:2010/06/29 00:12

たつみや章さんの


『イサナと不知火のきみ』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062134225.h …
『イサナ龍宮の闘いへ』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062143097.h …
    • good
    • 0

藤川桂介「宇宙皇子」全52巻


ひかわ玲子「木の国の媛 太陽の娘」全3巻
    • good
    • 0

荻原 規子の『空色勾玉』『白鳥異伝』『薄紅天女』は日本神話(主に勾玉)題材です。


私も中学生の時に読みましたが、非常に読み応えがありました。
Wikipediaにもあらすじが載っていますので、参考にどうぞ♪

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E8%89%B2% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の神様(神話・神社)が題材の小説ってどういうのありますか?

こんばんわ。
最近読書をしていて、ふと気になった事がありまして
質問させて頂きたく思います。

よく古来より天使と悪魔といった題材や世界各地の神話を
モチーフにした小説は見かけますが、日本のやおろずの神様を
題材とした小説とかって見かけないような感じがします。
ギリシャ神話と同じくらい色々なエピソードがあるし、結構
話膨らむ気がするのですが。
私の探索不足なのかもしれませんが、何かご存知の方おりま
したら著者とタイトル等教えていただけますと幸いです。
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

町田康の短編集「浄土」のなかの「一言主の神」が日本の神話をモチーフにしています。ムチャクチャな神様で面白いですよ。

Q日本神話を題材にした小説、漫画など

お世話になります。

タイトルの通りなんですが、日本神話を題材にした小説や漫画を探しています。
日本神話について興味を持ったのはPS2ソフト大神がきっかけなので、その辺りのお話(アマテラスとかスサノオとか)ですと尚良いですが、日本神話というものに興味があるので、全然違う神様のお話でもいいです。

難しく説明がまとめられた本とかよりは、物語になっている方が良いです。
すんなり入っていけて、分かりやすいもの等、お勧めがありましたら教えてください。

ちなみに昨日、さらちよみさん著「ヒのカグツチ」という漫画は買いました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

『八雲立つ』(樹なつみ/マンガ)
文庫で全10巻。少女マンガ。スサノオ神話およびシャーマニズムがテーマです。この物語ではスサノオ、オオナムチ、スクナヒコナは古代の実在の人物だった、という設定になっています。

『石神伝説』(とり・みき/マンガ)
3巻まで出てますが未完。確か連載していた雑誌が休載してそれっきり。ベースはヤマトタケルで、各地の神話伝説がいろいろと絡んできます。説明多。絶版かも。

『魔神転生』(上田信舟/マンガ)
原作はATLASの『真・女神転生』の番外編『魔神転生』です。日本神話といっても、イザナミさまがちょっとだけ出てくる程度ですが。絶版。

『夜叉鴉』について。神道の話ですが(?)、イザナギ・イザナミ神話は物語の核心なので、終盤まで触れられません。

Q古事記を題材にした小説・漫画

先日梅原猛氏の古事記を読んで、古事記の面白さに
目覚めました。
でも、解説書・研究書の類は、今の私には馬力が
いりそうで(国文科出身なのに・・・)
とりあえず、小説・漫画などから
興味を深めていこうと思っています。

おすすめの小説・漫画をご存知でしたら
お教えください。

Aベストアンサー

ファンタジーがお嫌いでなければ、次の本などいかがでしょうか。

・荻原規子『空色勾玉』『白鳥異伝』(福武書店→徳間書店)
  →『空色勾玉』は、アマテラスオオミカミ・ツクヨミノミコトあたりの話で、
   『白鳥異伝』は、ヤマトタケルノミコトあたりの話です。
・氷室冴子『銀の海 金の大地(1~11)』(集英社コバルト文庫)
  →サホビコ・サホビメあたりの話です。

ちなみに、現代語訳『古事記』関連の書物でしたら、
・三浦佑之『口語訳 古事記[完全版]』(文藝春秋社)
が、お勧めです。読みやすく、また原文にも忠実に訳されていますので、
小説・漫画の次は、是非この本に挑戦されてはいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング