オークションのブランド品でよく
「非直営品ですが本物、新品」という言葉を
目にします。これって、結局は、どーいうこと
なんですか?やっぱり偽者なのでしょうか?

また、直営店に持っていった場合修理はしてもらえる
のですか?
やっぱり、直営店で買った商品とは異なる点が
あるのでしょうか?

よろしく御願いします。

A 回答 (2件)

たとえば、



ヴィトンのとあるバックが日本で10万円だとします。
まったく同じものがイタリアだと日本円で6万円だとします。

これは日本円との差や輸送費やブランド力維持も含めて日本で買うと4万円高いわけです。
(だからよく海外旅行先でブランドあさる日本人いますよね)

並行輸入というのはぶっちゃけていえば、これを業者がやっていると思ってください。イタリアまで行って、現地でたくさん買って、日本に持ってきて、それを売る。すると(いろいろ輸送費や手数料はかかるにせよ、うまくやれば)差額で儲かりますよね。

当然、そういうことをされるとせっかくのブランドイメージやサービスが台無しになるので、ブランド側はいい顔をしませんし、基本的には修理なども断られることがほとんどです。

また、当然そのような流れですのでニセモノをつかまされることも多々あります。オークションなどで出されているものは余計にそのニセモノ比率も高いですね。対面販売でもないし、店を構えているわけでもないので、仮にニセモノだとわかってもなかなか対処してもらえません(よくそれで直営店に持ち込んで、白い目で見られる人もいますね)

しかしながら、ちゃんとした並行輸入業者も中にはありますので、修理等を期待しなくてもいいから安く手に入れたい人や、日本ではまだ発売されていないタイプを手に入れるなど、並行輸入ならではの便利さもあります。

うまく利用してください。ただし、やはりオークションでの平行輸入品はあまりお勧めしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり偽者もあるんですね!本物を並行輸入で
手に入れられたら最高ですが、やっぱり偽者だと
とっても、損した気分になりますし・・・
どうもありがとうございます!
とっても、解りやすい説明で助かりました!
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/15 14:01

こんにちは、並行輸入品も別の総代理店を通して輸入されるので、ここの代理店の保証書が付いていれば、本物と信じるしかないでしょうか。

それに、有名ブランドですと代理店以外の国際保証書が付いていることが多いと思います。国際保証書は名のとうり世界中の代理店で修理、アフターケアーをしてくれると思います。普通、代理店の保証書とメーカーの国際保証書とが、同梱されていれば安心とはおもいますが、昨今その保証書までもを偽造されていたりしますので、やはり高価なブランド品は、総代理店から輸入された、直営店で購入されるのが後々悩まずに済むかも(笑)ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうですよねぇ。
ブランド物は、長くつかいたいので、アフターサービス
もちゃんとしてないと。
とっても、ためになりました。
ありがとうございました!!

お礼日時:2003/07/15 14:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング