パンク修理していて思うのですが、ゴムのりってどういう成分と言うか仕組みでブチルゴムを
くっつけてるんでしょうか?
加硫とか聞きますが、ゴムのり自体は白濁液ですし、ブチルゴム側が溶けてる

形跡もないし、かといってエポキシやシアノアクリレート接着材のようにある程度の断面積
が存在してるわけではないので非常に不思議なのですが詳しい方御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

時々パンク修理でお世話になっています。


手許のゴムのりのチューブには
ゴム揮発(81%)、ヘキサン(12%)、天然ゴム他(7%)
と書いてあります。
より詳しくは、下記URLに有るように、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

種類 溶剤型加硫接着剤(ノントルエン・非塩素系加硫接着剤)
成分 有機溶剤93%(へブタン(ヘキサンでも良い)・ゴム揮発)、天然ゴム、他
です。
表示の仕方は違いますが、加硫接着剤です。

天然ゴムを有機溶剤と天然ゴムの低分子量物(計93%)に混ぜ、
流れ易く塗り易いようにします。
塗りつけた接着剤から溶剤などが飛んだら、修理するタイヤのゴム面に当てます。
この時に修理パッチとタイヤのゴム面同士が密着するように強く押しつけます。
そのまま保持すると、接着剤の薄く伸ばされた天然ゴム成分とパッチとタイヤの
ゴムの分子の間で加硫反応が起こり、ゴム同士は一体化します。

反応したパッチ、接着剤、タイヤは一体化していますのでなかなか剥がれません。
(但し繋ぎはゴム本体ほど強くないので、強引に剥がすと接着面の結合が切れて
剥がれます)。

加硫とは次の様な反応です。
ゴム分子は細長い分子で、スパゲッティの様なものと考えてください。
スパゲティではお互いに絡み合っていて、引き離すのは大変ですが
引っ張ればずるずると離れてゆきます。
加硫は、そんなゴム分子に硫黄を加えて加熱すると分子の間が硫黄を
で繋がれ橋渡しされます。これを架橋反応と言います。
架橋反応された長い分子は、3次元的な網目構造を持ち、引っ張る力に抵抗し
戻ろうとします。つまり弾力がでてくるのです。
伸び縮みするゴム同士を接着して、その変形に応答できるのはこのお陰です。

ゴムのりはこの反応を室温で、しかもちょっと待っている間にやってくれる
優れものです。溶剤が非トルエンに成ったりしていますが、昔から有る優れものです。
    • good
    • 1

ゴムのりも、調べると5種類ぐらい有るのです。


基本的に、ブチルゴムに、不燃溶剤のトリクロロエチレンなどを使うものが多い。
ゴムとゴムですので、架橋性が良いと思います。
用途的には、パンク修理用、靴底の磨耗防止なので。配合比を変えます。
靴底用を使うと、厚塗りが出来るので、ゴムパッチ無しで補修可能。(乾燥時間は掛かる)

今は業務用でも存在しないと思うけど、昔はベンゼン、トルエンを使用していた。
乾燥が速く、1分でゴムパッチと接着できる。 修理が早い反面、毒性が有る為使用禁止。
(溶剤の吸引とか悪用する人も多いし、発がん性が有るのが主な要因)

シアノアクリレートは、乾燥は速いが、硬化膜なので、自転車のパンク修理には不向き。
すぐに剥離してしまう。
    • good
    • 0

昔は生ゴムを揮発油などに溶かして使いました。


今でも基本は同じでしょうね。
白濁してるならラテックスを使っているのでしょう。
少し松脂のような樹脂を入れているかな。
ゴムの結晶化で接着してるのです。
断面は他の接着剤と同じでちゃんと存在してますよ。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q液体ゴムorシリコン 安価で大量購入したい。

液体ゴムorシリコン 安価で大量購入したい。
主に靴底に液体ゴムを使用したいのですが、400ml 2000円等結構高価です。
もっと大量に安く買えるところはありませんか?
ゴム製品を扱っている会社はいったいどうやっているのでしょう?薬剤を混ぜて固めて・・とかしてるんでしょうが、個人でもできないものでしょうか?


そもそも普通のゴムとシリコンってどう違うの?
靴底にシリコンって聞いたことないような気がしますがインソールには使っていたり・・・・。

Aベストアンサー

・・・自分も皮靴・スニーカー等の靴底の修理を良くします。
専門の修理業者は確かに早く、美しく仕上げてくれますが、修理費用が結構高い!^^;
・・・ならば自分の靴位自身で修理・メンテナンスしてあげた方が良いですよね!

近所のホームセンターなどで『液体ゴム』はチューブ入りが市販されてますが、もっと安価で購入したいと言う気持ちはわからなくも無いです。
工業製品として『液体ゴム』等でググッたら関連メーカーや卸業者が判るかと思います。
しかしながら、あなたが"大量"と求める分量ではおそらく売ってはくれない気がします!
恐らくは貴方が一生掛かっても使い切れないほどの単位に成るような気がします。

自分が補修用に使用しているのは『シュー・グー』とか言う物で輸入品だったかと思います。
他にも国産品で他社製品も聞いた事があります。ググッて見て下さい!

ちなみに補修用ゴム板等を活用する事で『液体ゴム』の使用量を節約する事が可能です!
個人の補修で3回以上補充しては硬化乾燥させては又補充しての繰り返し・・・と言う修理の仕方正直あまりお勧めできません!万一完全硬化前に補充したらその時点で大失敗です!
労多くして効果少なし!(経験済^^;)

尚自転車や自動車のタイヤにも使用されている原材料は天然ゴムが主成分です。それに色々と添加物を配合しているかと。いずれにせよ合成品であるシリコンとは全く性質が異なります。靴底やタイヤは適度な摩擦が不可欠で,シリコン等を使用したら・・・直ぐスリップ事故起こして大変な大惨事を引き起こしかねません!
靴底はゴムや、せめて発泡ウレタン程度しか駄目でしょう。^^;

靴底にシリコンって聞いた事が無い・・・のは、そんな馬鹿な事(自殺行為)をお金を掛けてする意味が無いからだと思います!(^_^;)
逆に言うなら,スキー板の裏側なんぞは摩擦係数の大変低い樹脂で充填されてます!
おまけにさらに滑りを良くするが為にWAXまで掛けるし!^^;

摩擦を増やしたいのか、減らしたいのか、目的によって材料が変わるのは当然の道理です!

・・・自分も皮靴・スニーカー等の靴底の修理を良くします。
専門の修理業者は確かに早く、美しく仕上げてくれますが、修理費用が結構高い!^^;
・・・ならば自分の靴位自身で修理・メンテナンスしてあげた方が良いですよね!

近所のホームセンターなどで『液体ゴム』はチューブ入りが市販されてますが、もっと安価で購入したいと言う気持ちはわからなくも無いです。
工業製品として『液体ゴム』等でググッたら関連メーカーや卸業者が判るかと思います。
しかしながら、あなたが"大量"と求める分量ではおそらく売っ...続きを読む

Qパブリーズの効果の仕組みについて(成分など)

気になる匂いにシュシュとするパブリーズなのですが、
その仕組みがよくわかりません。

便利な物だとは思うのですが、魚を焼いた後のカーテンにふりかけて匂いをなくしているCMを見ると、
1時的には便利なのですが、長期的なことになると、清潔感に問題があるのではと思ってしまうのですが、あの仕組みは何なのでしょうか?

何度も使用しても問題ないものなのでしょうか?

車の中や、布団にふりかけることもあるのですが、
なかなか洗濯できない物に何度か使用することによって、
反対に汚れ(パブリーズの成分の汚れ)なども沈着してしまうのではとも考えてしまいました。

化学で聞くのか、環境、エコロジーで聞くのか、科学で聞く質問なのかわからなかったのですが、
詳しいことを知っている人がいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的に企業秘密に近いので、詳しい仕組みや理論を知ることはかなり難しいと思います。また失礼ながらあなたの回答履歴から察するに仮に理論が分かっても理解はとても難しいと思います。とりあえず調べられる範囲で調べてみました。

まずにおいですが、これはにおいの元を分解するか、閉じ込めてしまうかです。

製造元のHPによるとCY(どうやらシクロデキストリンのようです)がにおいの元を取り込みます。
シクロデキストリン(糖の一種)は環状の分子構造をしており疎水性物質を捕らえる性質があります。香水は花の香り成分を油で抽出したものであるように、香り成分は疎水性であるものが多いです。

つまりシクロデキストリンが環の空間ににおい分子を閉じ込めてしまうことでにおい分子が空気中に蒸散しない、引いてはにおわないということになります。ですからファブリーズをした後はわずかではありますがCYが布に残ることになります。しかしCY自体は人体に無害で、かつ布が振動してしまえば簡単に振り落とすことができるので、問題がありません。
ではCYがホコリになるのではとお思いかもしれませんが、人間が通常の活動をして出すホコリの量の方がさらに多いので問題にはなりません。

これ以上の回答は専門家の方からの回答待ち、製造モノへの直接問い合わせ、ご自身で調べてください。

基本的に企業秘密に近いので、詳しい仕組みや理論を知ることはかなり難しいと思います。また失礼ながらあなたの回答履歴から察するに仮に理論が分かっても理解はとても難しいと思います。とりあえず調べられる範囲で調べてみました。

まずにおいですが、これはにおいの元を分解するか、閉じ込めてしまうかです。

製造元のHPによるとCY(どうやらシクロデキストリンのようです)がにおいの元を取り込みます。
シクロデキストリン(糖の一種)は環状の分子構造をしており疎水性物質を捕らえる性質がありま...続きを読む

Q作業机などの縁ゴムみたいなものはどこで購入?

作業机などの天板の縁に貼り付けてあるゴムのような材料はなんという名前でどこで購入できるのでしょうか?

Aベストアンサー

縁ぐるりに貼ってあるものでしょうかね。

ゴムだったり、塩ビ系だったりします。

ああいうものはデザインも関係しているので、恐らくは各メーカが樹脂成型屋さんに個別発注している特殊品ではないでしょうか。押し出し成型品ですから、恐らくは定長カットの100本単位や100m以上の巻単位での取り引きでしょうね。
そのものずばりが必要であれば、補修部品として、机のメーカーに問い合わせるしかないでしょう。

大きなホームセンターなら『コーナー(エッジ)ガード』や『トリム』、『ガスケット』など、似たような物が置いてあります。

参考URL:http://japanese.alibaba.com/products/table-edge-guard.html

Qゴムの化学成分

ある役所からゴムの化学成分の提出を求められました。
ゴムの材質はNBRとNRです。
(Cが何%、Hが何%、Nが何%・・・等々)
一般的な化学成分でいいので、分かる方教えてください。

Aベストアンサー

どの程度の正確さを要求されているのか判りませんが、次の様にしたらいかがでしょうか。

化学式を書き、その式に基づいてC,H,N等の%を算出した値を記入する。
NRの場合、No.1の方が言われているように、
NR:ポリイソプレン(天然ゴム):(C5H8)n:C%、H%。

NBRの場合、便宜的に
NBR:アクリロニトリルブタジエンゴム:(CHCHCN)m(CH2CHCHCH2)n:C%、H%、N%(メーカー情報に依る)。
とします。m,nは具体的には分かりませんので記入の必要はありません。
メーカにアクリロニトリルとブタジエンの重量比を問合わせるかカタログからの値を基にC,H,Nを算出して記入します。
例えば、参考URLの中高ニトリル(31%以上 36%未満)グレードならアクリロニトリル
33.5%として算出します。
もっともらしい記載が無いと書類不備が指摘されるだけのケースとは思いますが。
添加剤までの詳細が要求されることは無いと思います。
要求されたらメーカーに相談しましょう。

Qゴムボートの購入を考えています。

ゴムボートの購入を考えています。
免許不要2馬力ゴムボートであれば

1.航行範囲は基本どこまででもいけるのですか?
2.ゴムボートでわざわざ船検をとるのはなぜですか?
 
お金もかかって、法定装備が増えて行ける範囲が狭まるのは
かなり不利な気がするのですがどうしてゴムボートで船検を
とるのかわかりません。

何かメリットがあるならば船検つきにしようと思っているので
分かる方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.免許不要ボートで行ける範囲であればどこでも行けます

2.エンジン付きボートで船検が無かったら罰金50万円だからです

海に浮かんでると海上保安庁の船がやってきて書類を見せろと言って来ますので

Q砂に付着した全ての微生物成分およびガス成分を取り除くには?

実験に用いる土壌サンプルの滅菌法についてお尋ねします。

1.土壌サンプルに付着した全ての微生物成分、ガス成分(窒素酸化物、硫黄酸化物、およびそれらのイオン)を除去したいのですが、どの滅菌法が適しているのでしょうか?

オートクレーブ処理ではエンドトキシンやガス成分が除去できないので、乾熱滅菌が良いと考えているのですがいかがでしょうか?

2.また、ある文献ではelectric heater を用い、80パーセントnitrogen gas下で360度30分加熱とあるのですが、この場合のelectric heater とは日本語でいうとどの機器なのでしょうか。

どなたか教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すいません、No.1です。
1.については、おっしゃるとおり、ガス成分、エンドトキシンの除去をするのであれば、乾熱滅菌となります。
2.はNo.1の回答の通りです。

Q靴底を作りたいのですが、液体ゴムは日本で購入できますか?

靴底を作りたくて、液体ゴムを探しています。もし、知っている方、情報をください。

商品名や、購入元を載せてください。

お願いします。

Aベストアンサー

液体ゴムはホームセンターで売っています。
靴底での耐久性はわかりません。

Aベストアンサー

>他の不快臭気成分を教えてください。
魚の腸を塩漬け発酵させた塩辛液に漬けた干物ものですので、あとは酢酸や糞臭の元であるスカトールなども含まれるかと思います。
ただ、単純にクサヤや缶詰のシュールストレミングは、臭気が液状に濃すぎるから臭いのであって、気薄されたり、口に含むと芳香として旨さの刺激としても脳に認識されます。
スカトールなどはジャスミンやオレンジの香気の主成分で、香水には必ず入っている性誘発フェロモンなので。
トイレットペーパーにジャスミンの香りがよくつけてあるのは、うんこの臭いが薄まった香気に近似しているので、臭いをかぐと脳が便意を想起するためです。
不快臭気成分っていうものは、濃度の違いでしか存在せず、脳の認識学なので個人差があり数値化できないので、科学的にはあまり解明されていません。

Qアキレスの4人乗りの小型のゴムボートを購入しました。

アキレスの4人乗りの小型のゴムボートを購入しました。
湖沼でルアー釣りをするのですが、アンカーは何キロくらいでどんな形が適切ですか?
ロープはどれくらい必要ですか?
調べたのですが、よくわかりませんでした。

Aベストアンサー

すいません#1です
形について書いてませんでした、一般的にはダンフォースかマッシュルームかってことになると思いますが、僕的にはマッシュルームでいいのでは?と思います。
ロープの長さは行くところの水深によりますが、当然水深よりも長くなければいけませんよ
通常水深の3~5倍の長さは必要とされてます
後は引っかかり抜けなくなった時のために
まずアンカーの引っかかる方のリングにしっかりとロープを結び、
次にアンカーの棒状になっている方のリングに先ほどのロープを少したるませた状態で釣り糸などを利用して固定する
こうしておけばどうしても引っかかって抜けなくなったときに強く引けば釣り糸が切れてアンカーを反対側から引く形になるので、簡単に抜くことができます

Qブチルゴムの耐候性

建築をやっている者です。

防水材料などでブチルゴムをよく使うのですが、ブチルの耐候性について「とても弱いから使うべきでない」という人もいれば、カンカン太陽の紫外線が最も当たる屋根用の充填剤にブチル製品が販売されていたりします。

ブチルゴムの耐候性って、客観的にはどの程度なんでしょうか?

Aベストアンサー

まず,全般的な話を…
紫外線や熱によって劣化を受けるのは,分子構造の中の二重結合になりますので,二重結合を少なくしてあげれば耐候性は高くなります.反面,二重結合は「柔軟性」に寄与していますので,材料としてのしなやかさが失われます.

材料を合成することができるなら,紫外線吸収剤を添加する方法がありますが,それが無理なら市販の材料から選ぶしかありませんね.(耐候性グレードが存在するかも知れませんので,一応,メーカーに問い合わせてみては?)

前述の理由により,耐候性の高いゴムは概して硬く,加工性などに困難な要素があります.ブチルゴム以上の耐候性を求めるなら,フッ素系がいいと思いますが高価で硬いです.

バイトンは,確かフッ素系のゴムだったと思います.フッ素系の材料中,最高のグレードはテフロンですが,加工性が極めて悪いので,耐薬品性を少し落として成形・加工性を向上させたのがバイトンです.耐候性は極めて良好だと思います.

フッ素系が価格的に厳しいようでしたら,エチレンプロピレンジエン系(EPDM)はどうでしょうか.耐候性はブチルゴムに匹敵すると思います.また,寒熱環境の方が問題になるようでしたら,シリコン系がいいと思います.
http://www.yrc.co.jp/mb-techno/use/04_2.html

参考URL:http://public.sakura-rubber.co.jp/industry/chapter4/i4-12-01.htm

まず,全般的な話を…
紫外線や熱によって劣化を受けるのは,分子構造の中の二重結合になりますので,二重結合を少なくしてあげれば耐候性は高くなります.反面,二重結合は「柔軟性」に寄与していますので,材料としてのしなやかさが失われます.

材料を合成することができるなら,紫外線吸収剤を添加する方法がありますが,それが無理なら市販の材料から選ぶしかありませんね.(耐候性グレードが存在するかも知れませんので,一応,メーカーに問い合わせてみては?)

前述の理由により,耐候性の高いゴム...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング