最新閲覧日:

よく格闘技のビデオなんかを見ますが、スリーパーホールドって頚動脈を押さえて失神させる技ですよね?チョークスリーパーは気管も押さえてしまう技ですよね?
質問が多岐にわたって申し訳ないのですが、仮にスリーパーホールドを掛けっぱなしにすると、相手はどうなってしまうのでしょうか?
また、たまにスリーパーが決まった瞬間に「落ちてしまう」のを見かけますが、あんなに瞬時に決まってしまうことも有るのでしょうか?
打撃格闘技しか経験が無いので良くわかりません。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

こんにちは~。

はじめまして~。

ノーマルとチョークの違いはそれで正しかったと思いますよ。
あと、スリーパーの掛けっぱなしは、前の皆さんの言ってる通りだと思います。
落ちちゃうと自発呼吸がとまることもあるらしいので、ほんとに危険です。

んで、瞬間落ちのことですが、確かにスリーパーなど頚動脈絞める系は
完璧に決まるとどんな人でも約7秒で確実に落ちるらしいです。
でも、スリーパーのようにしめ技でなくて打撃による頚動脈への攻撃
(頚動脈への水平チョップとか)がタイミング(呼吸、筋肉の弛緩との関係とか)
よく決まると、一瞬・一撃で落ちることもあるらしいです。
多分、絞める際の腕の「がしっ」っていうのがそのタイミングに
ぴったり合ってしまった時、瞬間的に落ちてしまうのではないでしょうか?
ラリアットを頚動脈に食らう感じ?

でも、ほんとに頚動脈チョップはききますよ。
自分で軽く一発やるだけでくらくらします。
良い子は真似しないように(笑

でわわ~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、約7秒ですか・・・。
相手を失神させるなんて技は有る意味最強の技ですよね。
食らわないように気をつけます(笑)。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/10 08:03

 こんにちは。


まぁ、先達が書いてある通りですね。
ただ、瞬時に「落ちて」しまうのは、
掛けられた相手に「落ち癖」がついていたりする場合が
有ると思います。
頚動脈を締められると、「落ちて」しまいますが、
その回数が多いと、脳の防衛反応が働くようになって
余計に苦しまない様に、落ちるまでの時間が短くなるそうです。
脳に酸素がいかないのは、脳にとっては苦しい様です。
本人は気持ちイイらしいですが。

こんなのでイイですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

落ちぐせがあるとは知りませんでした。
空手の組み手でも、首筋に蹴りが入っただけでKOされるのを見たことがあるんです。
やはりそう言う癖があるんですね。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/10 07:55

人間は血管が無数にあります。


その中でも最も重要な血管の一つが頚動脈なんです。
そこを締められる訳ですから脳に酸素血液が行き届かなくなり
失神してしまうんです。

瞬時に決まってしまうのは一瞬の間に凄まじい力で締めつける為、
行き先が完全に遮断されてしまうからです。

そう簡単に死ぬ事はありませんが、
酸素が5分以上いかないと死にますから友達とふざけ半分でやってはいけません。

余談ですけど、少林寺拳法は軽い一撃で相手を失神させる恐ろしい技が
あるそうです。師範クラスにならないと体得できないという噂ですけどね。
参考になりましたか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

少林寺拳法にもこんな技があったんですね。
立ち技系とはいえ、恐ろしいものです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/10 07:51

スリーパーがすんごくキレイに決まったら10~15秒ぐらいで白目むいて気を失います。

瞬時ではないでしょうが・・・まあ実際私が遊びで暴れてたときにやられたときは何秒かかったか覚えていませんが、頭がジーンとして目の前真っ白になって気が遠くなり、次に気がついたら起こされてました。

ウソー!と思って、体感したいのであれば試しにtiger-maskさんの首の両側にあるドクドクしている頚動脈を両手でグイッと押さえてみてください。5秒ぐらいで目の前チカチカしはじめるはずです。そうなると眠りは近いです。

*危ないので落ちるまでやらないほうがいいですョ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
実際におとされた経験が無かったので、参考になりました。
危険な技ですねー!

お礼日時:2001/04/10 07:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報