NTT光回線の普通工事費用てなんですか?
一度キャンペーンで初期費用2100円で光回線をしいてその後1年縛りのあとNTTの契約を解約して、しばらくしてそこからまたネットがしたくなってNTTと光回線契約をする場合
もう光回線は引き込み完了してるので、初期工事費用0円、契約料840円だけかと思って
NTTに問い合わせたところ
「その場合は普通工事費用として30000万円弱の工事費用がかかる」と言っていました。
もう光回線をしいてあるので後はルーターの取り付けだけなのでルーターを郵送してくれれば自分でも出来ると思うんですがなぜそんな料金をとられるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>西日本の電力系というとなんでしょうか。


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/2010042 …
上記のうちコンシューマー光サービスのある会社は、

関西地区(¥4900)…株式会社ケイ・オプティコム
中国地区(¥5565)…株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
四国地区(¥5985)…株式会社STNet
九州地区(¥5775)…九州通信ネットワーク株式会社

>バックボーン回線についてはどちらがその地域での加入者数が多いかですよね。
間違っています。
加入者が多いのであれば、より大きな回線が必要になります。
NTT/KDDIは、関係ありません、プロバイダの部分です。

ちなみに関西電力グループの株式会社ケイ・オプティコム(サービス名eo光「イオヒカリ」)の場合
100万回線突破時点の回線は、199Gbpsになります。
http://support.eonet.jp/setup/speed/internet.html

公表しない会社は、自信がないからです。

>KDDIは初期工事費を毎月月賦で支払わされます
本来の姿です。わかりやすくてよいのでは?

>2年未満解約時にも残りの工事残金を丸々払わされる
工事をしたのですから払って当然です。

>NTTのほうが優しく
工事代金の償還が終わっても、ずっと高い料金を払い続ける方がひどいですよ。
永遠にローンが終わらないのと同じです。

関西の電力系は、再加入ユーザーにもやさしいですよ。
http://eonet.jp/go/campaign/home/

キャンペーン期間中に該当サービスを新規でお申し込みいただき、平成23年3月31日までにご利用を開始されたお客様が対象となります。契約申込書でお申し込みの場合は、平成22年9月30日弊社到着分まで有効とします。

「再加入には、適用しない」って書いていないでしょ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当ですね。再加入には適用しないとは書いてありません。やはり西日本は融通が利きますね。NTTは一度敷いたら再加入なのに工事費丸々もう一度取りますからね。バックボーンに関してはプロバイダなんですね。100万回線突破で199Gbpsという計算方法はよくわからないのですが、人気のプロバイダほど1人分の回線は細くなると考えていいですね。ならば人気のないISPでと考えても小さなISPはそれだけ小さな回線しかレンタルしてないでしょうからどっちもどっちですね。東ではso-netが一番いいキャンペーンをやっているので価格.comなどでも1位ですが、それだけ利用者が増えるとなると考えものですね。凄く参考になりました。誠に有難うございました。

お礼日時:2010/07/26 15:04

お礼有難うございます。



乱暴になりますが書かせていただきます。

>新設工事よりお金がかかる
中古配線の復旧には、「破損がないかの検査」「元収容設備の空き状況」などの確認が必要です。

>NTTは光回線を全国に敷きたくて今がんばっているわけですよね。
いいえ違います。
「コストパフォーマンスの良いところに引きたいだけ」です。
現にユニバーサルサービスではないですよね…

>最初の工事費で多少ユーザーに出してもらえるわけですからいいじゃないですか。
いけません。「永久に使ってもらう前提」で回線設計を行っています。

>うちまでひいた光回線はまた近所の誰かが光に申し込んだら使えるわけですから。
光コンセントを設置していて、残地撤去しているのですよね。
質問者様が完全撤去しなければ、ご近所様に設備を明け渡すことができませんよ。

>どっちみち引かなければなりませんしできるだけ全国に引く予定なわけですよね。
ユニバーサルサービスでない以上「全国に引く必要はありません」
ある程度まとまった需要がないと引きません。

>NTT以外の光サービスならもう事実上KDDIしかないですね。
東日本では、おっしゃる通り「KDDI」になります。
西日本では、KDDI以外に電力系が頑張っていますので競争効果で激しい価格競争が発生しています。
一部地域では、J:COMなどケーブルテレビも選択肢に入るかと思います。

>回線もNTTより太いしそちらにしようかな。
見た目の太さは、KDDIでしょう、但し使い方によっては、NTTフレッツの方が良いかもしれません。
一般的なユーザが感じる反応速度は、1ユーザあたりのバックボーン回線の太さに比例します。
KDDIでもフレッツでも大きく変わりません。

>KDDIでも同じようなシステムなら終わりですけど。
http://www.auone-net.jp/service/connect/ftth/cam …
に記載があります。
「 1設置場所につき1回限りとさせていただきます。適用期間中に移転・解除された場合は本キャンペーンは終了となります。」
一回入ったらずっと使ってくださいって事です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます:結果としては残念ですがよくわかりました。なんか解約するとauひかりでもNTTでも元の回線を引っこ抜いて持っていくというのを聞いたことがあります。その場合は新設費用がかかるのはしょうがないと思っていましたが、結局再開通するのにモロモロけっこうお金がかかるんですね。
実際にNTTがそう言っていても本当にどの位かかるのかはわかりませんが:

西日本の電力系というとなんでしょうか。TEPCOはサービス終了して統合するらしいですが西日本はまだがんばってるんですね。とにかく西日本の競争が激しく価格競争も凄いのは感じます。

バックボーン回線についてはどちらがその地域での加入者数が多いかですよね。東京都内ですとやはりNTTかな~というところなのでやはり回線的にもKDDIがかなり速いかもしれません。

システムについてはKDDIは初期工事費を毎月月賦で支払わされますけどそれでも月額料金がNTTより安いですね。ただ2年未満解約時にも残りの工事残金を丸々払わされるという点ではちょっと厳しいです。

そうすると初期工事費用の負担についてはNTTのほうが優しくしてくれていてるという見方もできますね。

お礼日時:2010/07/24 20:17

>ということは一度3万円払って初期工事をしてひいても、解約すると色々外す工事をするということですか?そのほうが逆に手間とお金がかかるような気がするんですが。



収容状況に余裕があれば、網収容装置の前で外しておわりですが、中継端子盤もあまっているわけではないので、転用されます。

>それをまた繋げるだけで初期工事費と同じ金額がかかるということですか?宅内への引き込み、光コンセントの設置などするならわかりますが、もう最初に払った分で既に施設されてるというのにまた再度初期費用と同じだけとられるのですかね。

最初の工事費用を抑えています。本来なら3万円でできる範囲を超えています。逆に収容し直しに伴う工事で一律3万円であるならば、損をしている人の方が多いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。損をしている人のほうが多いというのは誰ですか?ユーザーなのかNTTなのかユーザーですかね。ということは一度契約したら毎月契約を持続しなければ8か月分くらいは損ですよね。再開費用に30000円ですから。でもキャンペーンなどの1年縛りの間の解約手数料は8400円ですよね。そのへんもよくわかりません。契約してた人が、理由があってやめてもまた利用したいというならば毎月使用料払うわけですから、そこに30000円の壁を作って再開しずらくしている意味がわかりません。罰というならば一年以内の解約手数料を25000円にするとか、辞めるときにハードルをあげるのならばわかりますが。再度利用したいという人は毎月の使用料を払うお客さんになるわけですからね。最初の工事費を抑えているなら余計矛盾に感じます。

お礼日時:2010/07/23 12:14

簡単に書くと「ひかりを辞めた罰金」みたいな物です。



新設工事より手間がかかりますし
また辞められるかもしれない
リスクが多い案件になりますから
従来より高い初期費用が請求されます。

逆に考えれば、お好みのタイミングで
辞める事ができますから良いですよ。

どうしても支払いたくなければ、
NTT以外の光サービスを利用してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新設工事よりお金がかかるというのが理解できないです。なぜでしょうか?
また辞められるかもしれないて、NTTは光回線を全国に敷きたくて今がんばっているわけですよね。
それを最初の工事費で多少ユーザーに出してもらえるわけですからいいじゃないですか。
うちまでひいた光回線はまた近所の誰かが光に申し込んだら使えるわけですから。
どっちみち引かなければなりませんしできるだけ全国に引く予定なわけですよね。

NTT以外の光サービスならもう事実上KDDIしかないですね。
回線もNTTより太いしそちらにしようかな。でもKDDIでも同じようなシステムなら終わりですけど。

お礼日時:2010/07/23 11:59

既に、あちこち外していますから、あなたの家に引き込まれた光は局まで通っていません。

要は外したところを繋げる、あなたを接続することで収容数が多すぎる場合は、他の端子やら他の分岐装置につなげることになるので、その調査検討費用も含まれています。

>「その場合は普通工事費用として30000万円弱の工事費用がかかる」と言っていました。

さすがに3億円はかからないでしょう。全くNTTの設備がないところで、電柱から設置して敷設設備をNTTに寄付したとしても、なかなか3億円はいきません(経験上、北海道某地で5500万円でした)。離島であればユニバーサルサービスで最低限に銅線は引いてくれますしね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

30000万円は間違いでした::3万円です。ということは一度3万円払って初期工事をしてひいても、解約すると色々外す工事をするということですか?そのほうが逆に手間とお金がかかるような気がするんですが。それをまた繋げるだけで初期工事費と同じ金額がかかるということですか?宅内への引き込み、光コンセントの設置などするならわかりますが、もう最初に払った分で既に施設されてるというのにまた再度初期費用と同じだけとられるのですかね。

お礼日時:2010/07/23 07:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q可変費用曲線・・・

 ある問題で、企業が固定費用1万円、限界費用が2千円で生産するときと、固定費用2万円、限界費用千円で生産するときがある。とういうのがありました。
 この中で、可変費用は2000yと、1000yでいいのでしょうか?また可変費用曲線を書く場合、生産量は特に設定されていないので1,2,3・・・としていいのですか?(直線になりますが・・)あと、可変費用曲線のほかに、平均可変費用曲線、総費用曲線、平均費用曲線を書いたあとに、どの産出量で企業は固定費用の低い技術を用いるか、どの産出量で企業は固定費用の高い技術を用いるかという問題はどのように考えたらいいでしょうか?
 質問ばかりですいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どの産出量で企業は固定費用の高い技術を用いるか?

総費用曲線を用います。この場合、2本の総費用曲線を
書くと、ある産出量以上から、「固定費用の高い技術」の方が総費用が安くなるのが分かると思います(逆にその産出量に達するまでは、「固定費用の低い技術」の方が総費用が安い)。産出量に応じて、安くなる方を用いるわけです。この問題の場合、その、ある生産量yを計算で求めて回答すれば良いわけです。

Q光回線の工事とキャンペーンについて

この春からヨドバシカメラの店頭にて、光one@niftyで契約をしました。ところがネットに繋がってから、たまたま知ったのですが、店頭よりも、価格.comなどでの申し込みの方が長期的にみるとお得なようです。
現在のプロバイダを解約したいと思うのですが、半年間は違約金が発生してしまうようです。そこで、半年後に乗り換えよう(光のままプロバイダーを変更しようと思っています)と思っているのですが、半年後も現在のような工事費無料のキャンペーンやn万円の割引は存在するのでしょうか?(春は特典がさかんにつけられると聞いたので、半年後のの時期では存在するか不安です)
 また、光ケーブルの敷設の工事はまた必要なのでしょうか?
この二点について解答していただきたい次第です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

価格.comのキャンペーンはプロバイダだけでなく回線自体も新規申し込みしなければ適用されなかった気がしますけど?
スレ主の場合はひかりoneと一旦契約破棄して、撤去工事しなくてあらためて新規申し込みすれば適用されるはずです。

参考URL:http://kakaku.com/bb/faq/faq_before_b06.html

Q長期の平均費用と限界費用の位置関係は、短期の平均費用と限界費用の位置関

長期の平均費用と限界費用の位置関係は、短期の平均費用と限界費用の位置関係と同様の性質を持つ、と学んだのですが、別の問題でそれぞれ下記の解説がありました。

1.長期平均費用が一定のとき、長期限界費用はそれに一致する。
2.限界費用が一定の大きさのとき、平均総費用は逓減する。

2は短期の問題です。1と2は同じことを言っているようで違うことを言っていて、よくわからなくなりました。

長期と短期で性質が違うときがあるのか、それとも、2について「平均総費用が一定のとき、限界費用はそれに一致する」のでしょうか?

Aベストアンサー

費用は大きく分けて固定費用と可変費用に分けられます。可変費用を生産量で微分したものが限界費用であり、費用全体を生産量で割ったものが平均費用です。

1.の場合、平均費用が一定なので、固定費用がゼロ、かつ限界費用が一定でなければなりません。
限界費用は、充分に生産量が大きいならば一定又は逓増することが仮定されているため、この条件以外では1.を満たしません。

2.の場合、固定費用がゼロでないならば、平均費用は逓減します。

これらは数式では
C = F + V(x)
C/x = F/x + V(x)/x
dC/dx = dV(x)/dx
であり、1の場合ではF=0, C/x = Const. のとき、V(x)/x =Const. がいえるため、V(x)=kx となり、明らかです。

2の場合では
dC/dx = dV(x)/dx=Const.のときV(x)=kxとなるため、
C/x = F/x + V(x)/x = F/x + k
となることから明らかです。


これらは長短関係なく成り立ちます。

QNTT光回線工事について

下記の内容はNTTでは良くある事なのでしょうか?

・昨年、10月中旬にADSL光回線工事を依頼、新しいアパートなので
 マンションタイプの工事からになると言われる。
 工事予定については後日、連絡。

・11月中旬、連絡がない為、こちらから連絡するがNTTでネットデータ
 拡張の為、工事が遅れているとの事。
 ネットデータ拡張が良く分からない。。。

・12月上旬、連絡が来ないのでまた連絡、工事の時に取り付ける部品の
 生産が遅れているとの事。工事は1月に成ると言われる。

・1月6日、住んでいる地域(千葉県習志野市某小学校近く)に
 ネット環境がないのでアパートに引き込むまでの工事が必要で
 2月になると言われる。

※住んでいる場所は民家に囲まれていて、半径70m以内に小学校や
 小中クラスのマンションが建っている。

・工事依頼から4,5ヵ月掛かるのは普通でしょうか。
 実家でADSL光の工事を頼んだ時は1か月以内で終わりました。
 どこが嘘でどこが本当だかわかりません。
 
詳しい方がいましたら宜しくお願い致します。
 

下記の内容はNTTでは良くある事なのでしょうか?

・昨年、10月中旬にADSL光回線工事を依頼、新しいアパートなので
 マンションタイプの工事からになると言われる。
 工事予定については後日、連絡。

・11月中旬、連絡がない為、こちらから連絡するがNTTでネットデータ
 拡張の為、工事が遅れているとの事。
 ネットデータ拡張が良く分からない。。。

・12月上旬、連絡が来ないのでまた連絡、工事の時に取り付ける部品の
 生産が遅れているとの事。工事は1月に成ると言われる。

・1月6日、住...続きを読む

Aベストアンサー

ADSL光回線工事??ADSLと光は違うのでは??

まず、連絡が無いのは昔も今も変わりませんね~。
これが企業相手だと早いんですが(連絡はw)
ネット環境が整ってないのは致命的です。
でも、それは初めに確認するのが普通ですねw
だって、それによって出来ない場合もあるんですから。
光の引き込みはかなりの時間がかかります。3.4カ月は最低でもかかります。つまり、一からやるなら半年はかかる計算ですね。
なので、初めからの言い訳は全て引き込み工事の関係ではないかと推測できます。
まあ、真意はわかりませんが・・・・
民営化されても、お役所仕事的な部分は全く無くなりません。
でも、民営化前ならもっと時間がかかったでしょうw

なので、怒る気持ちはもっともですので、回線が引かれてないならば、何故初めに調べて教えないのか?と問い詰めましょうw

あと、光が施設されていれば一戸建てならすぐに出来ます。工事の順番待ちくらいですから。

Q限界費用関数について

総費用関数を微分すると限界費用関数となるとありますが本当でしょうか?
総費用関数がY=Xの2乗、とすると、限界費用関数はY=2X、です。
具体的には、
生産量が0、総費用が0、限界費用が0
生産量が1、総費用が1、限界費用が1
生産量が2、総費用が4、限界費用が3(つまり4-1)
生産量が3、総費用が9、限界費用が5(つまり9-4)
生産量が4、総費用が16、限界費用が7(つまり16-9)
ですよね。
しかし、限界費用関数で導出すると
Y=2Xですから、0,2,4,6,8となります。
ご覧のとおり個別に計算したものと一致しません。

なにか勘違いしているのでしょうか。
是非教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 総費用関数を微分すると限界費用関数となるとありますが本当でしょうか?

はい。本当です。


> 具体的には、<略>ですよね。

ここが間違っています。
質問者氏の計算は、ゼロから1まで、1から2まで・・・の追加的にかかった費用の平均であって、限界費用ではありません。


生産量が1の時を考えましょう。ここから0.1を増やした1.1の時、
(1.21-1)/0.1=2.1
となるはずです。この1.1をさらに近い数字(例えば1.01)にした場合には2.01となります。
どんどんこの差をゼロに近づけていくと、2になるのは分かると思います。この極限が2であり、それが微分です。

おそらく、「生産を1単位追加した場合にかかる追加的な費用」という説明に引っ張られていると思いますが、単位を少し変えるだけで変わってしまうため、Xの1メモリは特に何の意味もありません。

Q光 KDDIとNTTどちらが良い? 今:KDDIメタルプラスbutアパートでNTTの光を敷くことに。

こんにちは。NTTとKDDIどちらの光が良いか悩んでいます。
アドバイスをお願いします。

現在:
PC…KDDIのADSLメタルプラス(プロバイダー:DION)
家の電話…KDDI
携帯…docomoのmova

今後:
すんでいるアパートでNTTの光ファイバーの工事が入ることになった。
NTTの営業が光の契約の勧誘を住人にしているところで、私も勧誘された。

私の気持ち:
KDDI、NTTのどちらの光にしても、AXN(LOST、エイリアス)・FOX・CNN・ディスカバリーチャンネルを別料金払って視聴できるのが魅力です。
果たして、どちらが得なのでしょうか?
ちなみに、NTTの営業さんは、NTTの光の電話にすると、KDDIの今の電話番号を引き継ぐのは難しく、番号が変わる上に3000円の工事費がかかる、といっています。

Aベストアンサー

アパートにお住まいということは賃貸ですよね。
将来にわたってずっとそこに住み続けるという保証はないという観点では、経験上NTTが良いと思います。
知り合いが以前KDDIの光ファイバーを引いていて、転居する際の移転手続きが大変だったという話を聞いたことがあります。2年くらい前だったかなぁ。
とにかく移転先で開通するのに1~2ヶ月かかると言われたそうで、その知人はNTTに乗り換えました。

また私個人では、会社のネットワークにつなぐ必要もあってグローバルIPアドレスが必要ですが、ASAHIネット+フレッツという組み合わせが一番安く固定IPを取得できるので、他に選択肢は考えられません。

固定IPも必要ないし、転居の予定もないとなれば、たぶん、ユーザー数が多いNTTは速度面では不利かもしれないのでKDDIも良いかと思いますが、、、あとはご自身で判断してください。

Q訴訟費用について

本人訴訟なので素人ですみません

判決
原告勝訴 「訴訟費用は被告の負担とする」
控訴上告の猶予期限2週間が過ぎ判決確定
原告は訴訟費用計算
訴訟費用額確定申立書を裁判所に出す
・・・・その後はどういう流れになるのでしょうか?

ちなみに訴訟費用内訳は
1.訴え提起手数料
2.書類の送達費用(切手代)
3.代表者事項証明書交付手数料
4.同送付費用
5.原告出頭旅費
6.原告出頭日当
7.書類作成費用及び提出費用
8.訴訟費用額確定処分正本送達費用
・・・・他にありますか?

色々質問させていただいていますが
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

>原告は訴訟費用計算、訴訟費用額確定申立書を裁判所に出す

その次ですか ?
それならば、その申立が認められたならば「決定」と言う裁判形式で当事者に送達されます。
7日間の即時抗告の期間が経過すれば確定し、それが債務名義となります。
なお、実務では、そこまでする案件は皆無に等しいくらいです。
何故ならば、認められる金額の割に手間が大変なので合わないからです。
本案の判決に基づき強制執行で債権の実現を得るので普通のやり方です。
なお、訴訟費用の範囲とその額は、「民事訴訟費用等に関する法律」の2条で詳しく載っています。

Q光回線が使える♪でも光回線ってどうですか?

只今、何らかのキャンペーン中のようですが、詳しくは知りません。光回線の初期導入が安くなるみたいですね。

なんとなくNTTのwebページで自分の家に繋がるインターネット回線を調べていたら、光回線の申し込みが可能となっていました。ちょっと嬉しい、ですが光回線のメリットは「早い」だけでしょうか? まだ調べていないので詳しくは存じませんが、高い工事費、面倒なパソコン内での設定、思ったよりも速度が出ない、など無いでしょうか?

実は引越しをする前の2ヶ月間だけ光回線を使用しようかと考えてはいるのですが、「最大3ヶ月利用しないと解約できない」とかになったりはしませんか?
取敢えず明日116番へ電話し聞いてみますが、上記に対してのご意見をお聞かせください。

質問がありましたら追記します。
パソコンのスペックはWindows2k のCPUが1.6Gです。

Aベストアンサー

こんばんわ、namerinです。

私も今週の金曜日にBフレッツ回線になります。
各プロバイダ会社で工事費無料のところがありますが、無料期間内に解約すると工事費が取られるはずです。
工事費は27100円です。

ちなみに自分も工事費無料のプロバイダを探しました。

ADSLは所詮、全線光回線になるまでの繋ぎなようで、速度が遅いなどいろいろトラブルも多いみたいですよ。

ついでにいっておくと、うちの地区は光回線でADSLがつなげられませんでした。

参考にならなくて、すみません。

Q損益計算書上の退職給付費用と注記資料の退職給付費用の関係について

退職給付会計について調べていますが、損益計算書に計上される退職給付費用について質問です。会計の本やインターネットで調べると、損益計算書上に計上される退職給付費用=勤務費用+利息費用-期待運用収益+過去勤務債務の処理額+数理計算上の差異の処理額+会計基準変更時差額の処理額とありました。
しかしながら、実際に数社の連結財務諸表(有価証券報告書)を見ると、連結損益計算書の販売費及び一般管理費にある退職給付費用と退職給付関係の注記にある退職給付費用に関する事項に記載されている退職給付費用には大きな差があります。以下の例をご覧下さい。
例)
(1)損益計算書:退職給付費用 37,559(単位以下すべて百万円)
(2)注記:退職給付費用に関する事項 
イ)勤務費用   47,802
ロ)利息費用   33,288
ハ)期待運用収益 △17,999
ニ)会計基準変更時差異の費用処理額 12,009
ホ)数理計算上の差異の費用処理額  12,298
ヘ)過去勤務債務の費用処理額   △ 5,431
ト)その他              179                       
注記:退職給付費用計         82,146

ご覧のように、注記の退職給付費用は上述の計算式の項目(退職給付費用=勤務費用+利息費用-期待運用収益+過去勤務債務の処理額+数理計算上の差異の処理額+会計基準変更時差額の処理額)が記載されています。しかし、損益計算書上の退職給付費用は注記のそれより大幅に少ない数値が記載されています。本やインターネットを見る限り、注記の退職給付費用の数値と損益計算書上の退職給付費用はほぼ同額であるべきではないかと思うのですが、なぜこのような大きな差がでるのでしょうか。いろいろ調べましたが、どうしても分かりません。企業会計にお詳しい方、どなたかお教えください。よろしくお願いします。

退職給付会計について調べていますが、損益計算書に計上される退職給付費用について質問です。会計の本やインターネットで調べると、損益計算書上に計上される退職給付費用=勤務費用+利息費用-期待運用収益+過去勤務債務の処理額+数理計算上の差異の処理額+会計基準変更時差額の処理額とありました。
しかしながら、実際に数社の連結財務諸表(有価証券報告書)を見ると、連結損益計算書の販売費及び一般管理費にある退職給付費用と退職給付関係の注記にある退職給付費用に関する事項に記載されている退職...続きを読む

Aベストアンサー

No.1さんの仰る可能性が高いと思うのですが・・・
以下ご確認までに;


損益計算書の「退職給付費用」は、どの大項目に記載されていますか?
例えばこちらのように、
http://www.hap-net.com/ir/pdf2/37h_pl.pdf
”販売費及び一般管理費”の配下に記載されていませんか?

とすれば、No.1さんのご推測どおりです。

-----

実は、少なからぬ企業の有価証券報告書において、「退職給付費用」は損益計算書に独立項目として記載されていません。
(注記に記載されているだけです)

もし損益計算書に独立項目として記載されている場合、大概の場合が”販管費”の一項目として記載されているケースと思われますが、
この場合、同時に”原価”のほうにも、退職給付費用が配賦されているはずです。
(→この場合、原価のブレイクダウンが注記に存在すれば、そこにかかれているケースもなくはないかもしれません。)

退職給付費用は、人件費の事後費用、といったところですから、商品製造・販売に直接関わる”原価”、直接関わらない"販管費"部分、双方に配賦されるのが通常、というわけです。。。


以上、ご参考いただける部分あれば幸いです。

No.1さんの仰る可能性が高いと思うのですが・・・
以下ご確認までに;


損益計算書の「退職給付費用」は、どの大項目に記載されていますか?
例えばこちらのように、
http://www.hap-net.com/ir/pdf2/37h_pl.pdf
”販売費及び一般管理費”の配下に記載されていませんか?

とすれば、No.1さんのご推測どおりです。

-----

実は、少なからぬ企業の有価証券報告書において、「退職給付費用」は損益計算書に独立項目として記載されていません。
(注記に記載されているだけです)

もし損益計算書に...続きを読む

Q光回線キャンペーンについて

家電量販店などでキャッシュバックキャンペーンをしています。

PCを買わなくても、光回線+光電話+光テレビの加入で
3万円キャッシュバックなど。(光回線だけだと、1万円。)

光電話と光テレビはすぐに解約してもいいとのことですが、
個人的には、それなら最初から光回線だけで3万円の
キャッシュバックでいいのではと思ってしまいます。
(光電話と光テレビは解約金は無いとのことです。)

このキャッシュバックキャンペーンには、消費者にとって
何か落とし穴があるのでしょうか?

実際に、光回線+光電話+光テレビのセットで契約して
すぐに、光電話+光テレビを解約された方はいますか?

Aベストアンサー

落とし穴などはありません。

ご想像になっているよりも、加入後即解約と言う方は少ないのです。

光電話と光テレビに個別の営業マンなり営業部署をあてて、一日に何件取れるでしょう。

しかし、お尋ねの方法なら光回線加入者数と同数を一度に獲得出来ますので、たとえその中の半数以上が解約したとしても、残る契約件数は上記の個別に営業をかけた時の軽く数倍になりますから、キャッシュバックもしましょうし、加入後即解約してもかまいませんよと言っているだけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング