【お知らせ】カテゴリの見直しについて

テニスラケットのグリップに巻くテープ、もともと巻いてあるテープは剥がしてから巻くのでしょうか?重ねて上から巻くのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

グリップテープには2種類あります。


リプレースメントグリップとオーバーグリップです。

・リプレースメントグリップは初めに巻いてあるグリップテープをはがして「交換」する為のグリップテープです。
このグリップテープによってグリップ全体の握りの硬さなどが変わります。
大きなショップでは、グリップだけのラケットにこのグリップテープが巻いてあり、握った感触などが確かめられます。バボラは軟らかいなど。
値段はだいたい1本1000円前後です。
・オーバーグリップは初めに巻いてあるグリップテープ上に巻くグリップテープです。
このグリップテープによってグリップの質感が変わります。ウエットタイプだったり、ドライタイプだったりです。
値段はだいたい300円前後です。3本入りや5本入り15本入りなどを買えばもっと安くなります。

俗に言うグリップを巻きなおすというのは、だいたいオーバーグリップを言います。
リプレースメントを巻きなおすのは、新しいラケットを買ってすぐに、グリップの感触を変えたい場合や、長年使って磨り減ったグリップを変えたい場合などです。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2010/07/29 17:26

高1男テニ部で~す




もともと巻いてあるグリップは元巻きと言います
普通は元巻きの上に自分に合ったグリップを巻きます


まぁ元巻きのグリップで普通にテニスをしている人もいますが・・・
    • good
    • 8

こんにちは


僕もテニスをしていますが、僕は重ねています
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテニスラケットのグリップがボロボロに・・・修理はどうしたらいいの?

今晩は!
今週末、10年ぶりにテニスをやることになりました!(^^)
とっても楽しみなんですが、10年前にアメリカで買ったテニスラケットを探し出して握ってみたら、なんとグリップの部分がボロボロになってしまいました。

グリップの部分の修理って、みなさんどのようにしているのでしょうか?何か専用のテープとかがあるのでしょうか?お値段などなど色々教えてください!

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

グリップがボロボロというのが良くわかりませんが、多分レザーグリップが経年劣化した症状かもしれません。

ここで注意していただきたいのが、グリップテープと言っても、もともと巻いてあるグリップテープの上に巻く吸汗式(ポリウレタン製や布製)の数百円で購入できるタイプと、フレームに直に巻く主に皮製(最近はポリウレタンの物も多いです)の千円強で購入できる物とがあるということです。これらの違いは主にテープの厚さにあります。前者は0.6mm程度で後者は1.5mmくらいあります。PinkyMadamさんの場合はフレームに直に巻く後者のテープだと思いますから注意してください。

交換の仕方は、まずボロボロになった古いテープを剥ぎ取って、残った接着剤などもできるだけきれいに取り除いてください。次に新しいテープですが、たいてい裏側には接着テープが付いていますので、グリップエンドから斜めにずらしながら巻いていきましょう。多分テープは長めだと思いますので、グリップの上端まで巻き終えたら余ったテープを切り落としてください。最後にその上端部分に付属の化粧テープを巻いてやれば終了です。ここでの注意点はテープの重ね合わせの幅です。これはテープの幅方向の両脇が薄くなっていますので、その部分を重ねてやれば良いでしょう。

それよりPinkyMadamさん、10年ぶりのテニスとのこと。ウォーミングアップとクールダウンは十分にしてくださいね!

グリップがボロボロというのが良くわかりませんが、多分レザーグリップが経年劣化した症状かもしれません。

ここで注意していただきたいのが、グリップテープと言っても、もともと巻いてあるグリップテープの上に巻く吸汗式(ポリウレタン製や布製)の数百円で購入できるタイプと、フレームに直に巻く主に皮製(最近はポリウレタンの物も多いです)の千円強で購入できる物とがあるということです。これらの違いは主にテープの厚さにあります。前者は0.6mm程度で後者は1.5mmくらいあります。PinkyMadamさんの場...続きを読む

Qテニスラケットのグリップテープの替え方

テニスラケットのグリップテープが汚れてきたので、新しいものに変えたいと思い、
ショップでグリップテープは購入したのですが、替え方が分かりません。
どなたか御存知の方がいらっしゃいましたら、詳しく教えて頂けませんか?
今貼ってある汚れたテープは剥がすのですか?
テープ自体に糊が付いていないのですが、剥がれてこないのでしょうか?

また、替え方に付いて詳しく載っているH.Pがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

前のテープは剥がして跡が汚くなっていたなら、カッターナイフの刃を立ててテープかすをこそぎ落とし、出来ればサンドペーパーで表面をキレイに整えてください。
下準備が出来たら新しいテープをグリップの下の部分から上に巻いていきます。 この時、巻き始めは先端を下にして上にかぶせるように巻き始めるので、固定する必要はありません。不安なら先端部分の1~2センチだけでも両面テープで貼って固定すれば良いです。
このテープの先端は巻き始め部分がキレイになるよう、斜めにカットしておいた方が良いです。

巻き始めたら見た目が良いようにテープの重なり具合を均一になるよう気を付けて巻いてください。(なるべくテンションを強めにかけて巻いて下さい)

最後の仕上げは巻き初めと同じように先端を斜めにカットして、最後の巻き部の高さがキレイに揃うようにしてください。

そして付属の固定用テープで先端を4~5回キレイに巻いて固定すれば完成です。 見た目をよくする意味合いとして巻き始め部分にも同じように固定用テープを巻いてやるのも良いでしょう。
固定用テープもグリップテープと一緒に同梱されていたと思いますが、
無ければスポーツ用品店で売っています。

新しいグリップのラケットで気持ち良くテニスをお楽しみ下さい。

こんにちは。

前のテープは剥がして跡が汚くなっていたなら、カッターナイフの刃を立ててテープかすをこそぎ落とし、出来ればサンドペーパーで表面をキレイに整えてください。
下準備が出来たら新しいテープをグリップの下の部分から上に巻いていきます。 この時、巻き始めは先端を下にして上にかぶせるように巻き始めるので、固定する必要はありません。不安なら先端部分の1~2センチだけでも両面テープで貼って固定すれば良いです。
このテープの先端は巻き始め部分がキレイになるよう、斜めにカットし...続きを読む

Qテニスラケットのグリップについて

テニス初心者です。
ラケットのグリップについて教えてください。

先日、新品のテニスラケットを初めて使いました。
DUNLOPのVC Feelというもので、グリップが真っ白だったのですが、一度使ったら汚れがついてしまい、気になっています。

今さらながら疑問に思ったのですが、そもそも、新品のラケットをそのまま使ったらいけなかったのでしょうか?

グリップテープというものがあるのは知っていましたが、買った時のグリップがダメになった時にはがして巻き替えるものかと思っていたのですが、もしかして、新しいグリップの上に巻いて使用するものだったのでしょうか?
そうだとすると、グリップがちょっと太くなってしまい、打ちにくくなる気もしますが。

ちなみに、今のグリップの感触は、手のひらにぴったり吸いつくように馴染んで、滑りにくく、太さもちょうどいい感じです。
なので、汚れさえ気にしなければ、あえてテープを巻く必要もない気がしますが、本来は、どうすべきものだったのでしょうか?

超初心者の質問ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ラケットのグリップテープには2種類あります。
買った時に巻いてあるテープ=リプレースメントグリップテープ
リプレースメントグリップの上から巻く、使い捨てのテープ=オーバーグリップテープ

もちろん買ったまま使って構いません。
本来そういうものです。
しかし質問主様の言うとおり結構すぐ汚れてしまいます。
新しいものに巻き直せば済むのですが、リプレースメントグリップは高級品(1,500~2,000円)なので頻繁に交換できません。
そこでオーバーグリップを上から巻くのです。
オーバーグリップは安い(150円~300円)ので汚れても気軽に使い捨てできます。

オーバーグリップを巻くと当然すこし太くなります。
が、実際のところグリップは太めのほうがストロークが安定します。(特に初心者)
また手に伝わる衝撃をすこし緩和してくれます。
カラフルなものを巻けばラケットのイメージががらりと変わります。

もし新品のラケットにオーバーグリップを巻いていたとしても、リプレースメントグリップは粘着テープの跡などが残り、どうせ汚れてゆきます。
気にする必要はありません。

Qグリップを細くする方法‥

硬式テニスを始めて9ヶ月あまりたちます。
そろそろいいかなと思い
ウィルソンN4-111を購入したのですが、
グリップが太くて、強い球をフォアハンドで返そうとすると手首がぐらぐらします。
私は女性で手首から手の先までが16センチ位、G2を使用しています。
細いとラケットが手の中ですべるというアドバイスのもと、この太さを購入したのですが
かなり打ちにくいです。
購入したばかりの状態からラケットのグリップを細くする方法ってあるのでしょうか?
なんとか、このラケットを使っていきたいと思っているので、アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

補足ありがとうございました。

以前にn4-101を使用してそれが使いやすかったのならば、そのまま101を購入した方がよかったかもしれませんね。

とりあえず、あわてて買い換えるにはまだ早いと思いますよ。 けして安い買い物ではないですしね。
まずは、下記の方法を試してみてください。 同じような悩みの方に当方でまず最初にやってみる対処法です。

(1)レザーグリップ(いわゆる元グリ)を巻き替える。
巻き替え用のグリップはいろいろありますが、当方では「バボラ社のナチュラルグリップ」を使用しています。 本皮タイプのレザーグリップの中では比較的薄い感じがします。 このグリップを可能な限り引っ張って少しでも薄くなるようにして巻きます。 たぶん巻き替え工賃込みで2000円程度で加工できるかと思います。
このグリップは一般的なグリップに付いているクッション材が付いていません。 つまり、その分薄くなります。 また、そのクッションの部分が無くなるために打球感がよりダイレクトに、そしてシャープになります。 さらに、一般的なグリップよりも重量があるためにバランス位置が若干手元に移動して、振り抜きが良くなります。 クッション材がなくなる分衝撃を吸収しなくなりますが、n4-111ではもともとフレームに振動吸収のシステムが組み込まれていますので、あまり問題にならないかと思います。

(2)オーバーグリップも薄いものを使用する。
ヨネックスの「極薄グリップ」、バボラの「VSグリップ」あたりがお勧めです。
一般的なオーバーグリップが0.6mmの厚みなのに対して、上記のグリップは0.4mmの厚みしかありません。 ウエット感がお好きであればヨネックス。 ドライ感がお好きであればバボラを選択すればよいでしょう。

この程度の加工でしっくりするものになってくれると良いんですが… グリップテープの加工で足りない場合はグリップ本体を加工することになります。

補足ありがとうございました。

以前にn4-101を使用してそれが使いやすかったのならば、そのまま101を購入した方がよかったかもしれませんね。

とりあえず、あわてて買い換えるにはまだ早いと思いますよ。 けして安い買い物ではないですしね。
まずは、下記の方法を試してみてください。 同じような悩みの方に当方でまず最初にやってみる対処法です。

(1)レザーグリップ(いわゆる元グリ)を巻き替える。
巻き替え用のグリップはいろいろありますが、当方では「バボラ社のナチュラルグリップ」を...続きを読む

Qグリップテープの下に・・・

現在、ラケットを2本所持している者です。どちらのラケットも、購入時のグリップテープのまま1年半近く使い続け、そろそろヤバイなと思った頃にテープを変えました。
そしたら!NEWラケットのテープを、7月上旬に変えた時のことです。OLDラケットの時と同様に、きれ~いにテープをはがして、新しいものを巻きなおしたんです。それをスクールのコーチに見せたら、元から巻いてある、皮の部分まで剥がしていたことが判明しました!
剥がしたグリップテープを見たら、裏には皮の様な物がついっている・・・しかし、テープとべっっったりくっついていて、どうやったって剥がせません。なので、ラケットのプラスチックのような固い部分の上に、そのままテープを巻いている状態です。
両面テープを駆使して、なんとかズレを防いでいたものの、1ヶ月ほど経ったら、ずるずるとテープがずれてきてしまいました~。
こんな風に、剥がしてはいけないものまで剥がしてしまった方など、いらっしゃったらその解決法を教えて下さい。

Aベストアンサー

たびたびすいません、スコンチョと申します。(^_^)
書き忘れたことがあるので、自己レスです。

まず、レザーグリップを巻く場合でも樹脂の上に両面テ
ープを貼ります。グリップエンドからラケット上部に
向けて真っ直ぐ貼ります。これをアップ面とダウン面の
両方に貼っておけばずれにくくなります。(両面テープ
は薄手で強力タイプがよいでしょう)

それと、どうしてもレザーグリップを貼るのが面倒だと
いう場合は、同じように両面テープを貼ってから通常の
グリップを巻き、その上にもう一巻きグリップテープを
巻いて使っている人もいました。とりあえずそちらなら
すぐに対応できると思います。(^_^)

Q軟式テニスのガットの強さ

後衛です!
ガットは後衛だったら何ポンドぐらいがいいのかと思いました!
分かる方教えてください!
弱めがいいとか強めがいいでもいいので・・・。

Aベストアンサー

ストリング(ガット)のテンションは、下のような特徴があります。

強めに張ると、コントロールが付きやすくけれど、ボールが飛ばなくなる。

弱め(緩め)に張れば、ボールが飛びやすくなるが、コントロールがしにくくなる。

前衛やパワーヒッターは、やや強めに張ってボールの飛びを抑えます。
パワーが無い人は、やや緩めに張るのが一般的です。

このことを踏まえると、ボールが飛びすぎてアウトにあってしまうことが多いようなら、強めに、逆にボールが飛ばなくネットにどうしてもかかってしまうようなら、緩めに張る方がいいでしょう。

ちなみに、ソフトテニスラケットの適正テンションは、25~35lbs(ポンド)の物が多かったと思います。
なので、強めなら31~35lbs、弱めなら25~29lbsだと思います。大体、1lbs単位で調整が出来るので張る人に相談してみるのがいいでしょう。

最近は、機械で張ることが多いので、ストリング1本にかかるテンションはほぼ一定ですが、ストリングパターン(張り方)や張る人によって面圧は異なるので、同じテンションではっても若干違和感が出ることがあります。
面圧を正確に測る方法が無いので難しいのですが、張替えの時は信頼できる(きちんとした技術を持った)お店でやったほうがいいと思います。

ストリング(ガット)のテンションは、下のような特徴があります。

強めに張ると、コントロールが付きやすくけれど、ボールが飛ばなくなる。

弱め(緩め)に張れば、ボールが飛びやすくなるが、コントロールがしにくくなる。

前衛やパワーヒッターは、やや強めに張ってボールの飛びを抑えます。
パワーが無い人は、やや緩めに張るのが一般的です。

このことを踏まえると、ボールが飛びすぎてアウトにあってしまうことが多いようなら、強めに、逆にボールが飛ばなくネットにどうしてもかかってしまうよう...続きを読む

Qラケットを重くすることについて

教えて下さい。ラケットに重りを貼ることですが、バランス等が狂い悪影響が生じたりするのでしょうか?(やはりメーカーは最適なバランスを考慮して設計してるのでしょうか)ラケットの重量、バランス等は個人の筋力やスタイルによって違うとも思いますし、プロなどは見た目は一般向けのラケットでも中身は違うとも聞きます。重くすることで球質を重くできるように感じるのですがそのことによるデメリットなどはどんなものがあるのでしょうか?(疲労等?)昨日yonexのRDX500HDを購入し、10~15gほど重くしようかと思っています。トップライトにしたいのでベースグリップの下に仕込もうかと思っています。

Aベストアンサー

ストリンガーの仕事をしています。

まず、プロのラケットですが、市販モデルをそのまま使っているプロも居れば、選手用のスペシャルモデルをを使っているプロもいます。 選手用モデルは、重量が重いもの・ストリングパターンが違うもの・バランスが違うものといろいろな種類があり、プロ自身がテストした上で自分に合うものを選んだり、トッププロになると自分専用のスペシャルラケットを作って使っている場合もあります。

さて、ラケットに錘を貼ることですが、あまり難しく考えずにやってみてください。 単純に両面テープで貼り付けるだけなので、手間さえ惜しまなければ元の状態に戻すことは簡単です。 危惧されているバランスの狂いですが貼り付ける場所さえ間違わなければそれほど大きな影響はありませんので、現状のラケットになんとなくでも不満を感じているのであれば、いろいろと頭で考えているよりはやってみる価値はあるはずです。 重くしたことでその分だけ疲労感が出るでしょうけれども、トップライトにバランスを変化させる事によってスウィングウエイトが軽くなり振り抜きが楽になりますので10~15gほどの変化は相殺されてしまう可能性もありますね。 スウィングウエイトが軽くなっても重量の増加分だけ質量は大きくなりますので、きちんとボールを捕らえて打てる事が条件になりますが(←上のクラスでも優勝できるように練習がんばって下さいね!)一般的に言う球質が「重い」状態になるはずです。

全体的に重量を増やした上で若干トップライトにしたいということですので、フェイスの両脇に2gづつ合計4g・グリップをすべて外してベースグリップの下に8gくらいから始めてみると良いのではないでしょうか?
1度で完璧に自分好みに合わせる事は不可能なので、小さく切ったセロテープ(なるべく重量の増減が少ないようにしましょう。 厳密に言えば錘の裏についている両面テープも裏紙を剥がして貼り付けるので、その分軽くなります! まぁ、あまり気にならない程度なんですけどね~)などで仮止めをして、できればボールを打ちながら錘を貼り付ける最適な位置を探しましょう。 位置が決まったら錘に付いている両面テープで固定して完成です。

ご自分で錘のチューンナップをする場合以下のことにご注意下さい。
●ラケットに錘を貼るときは上下・左右・裏表 それぞれが対称になるようにしましょう。
●錘をラケットのトップ部に貼るのは極力止めましょう。(ボールを打つときの面の安定性が低下します)
●フェイスの両脇・シャフト部・ヨーク部等に貼る時は、できるだけラケットの厚みの中心に貼りましょう。

錘はお近くのショップで700~1000円で売っていると思いますので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか? ベースグリップの下に貼る錘はキモニーが良いかと思います。 私が知る限りでは市販されている錘の中で一番薄いのでグリップサイズの変化が少なくなります。

ストリンガーの仕事をしています。

まず、プロのラケットですが、市販モデルをそのまま使っているプロも居れば、選手用のスペシャルモデルをを使っているプロもいます。 選手用モデルは、重量が重いもの・ストリングパターンが違うもの・バランスが違うものといろいろな種類があり、プロ自身がテストした上で自分に合うものを選んだり、トッププロになると自分専用のスペシャルラケットを作って使っている場合もあります。

さて、ラケットに錘を貼ることですが、あまり難しく考えずにやってみてください。...続きを読む

Qリプレイスメントグリップ 巻き方

知人からもらった硬式ラケットのグリップテープがぼろぼろだったので交換しようと思ってオーバーグリップを2枚ぐらいむいていたらリプレイスメントグリップもぼろぼろでした。なのでむいてしまったんですけど、オーバーグリップとは少し違うのでどうしたらうまくまけるでしょうか。またよいリプレイスメントグリップがあれば紹介してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一応、プロのストリンガーです。
もちろんグリップの感じにも好き嫌いがあるのでここに記載した物が最高と言うわけではありませんのであしからず。
比較的手に入り易い物(たいていのお店で売っているであろう)の中からお勧めしますと以下のような物はどうでしょうか?

よりダイレクトな打球感を求めるなら
⇒BABOLAT:NATURAL GRIP

一般的な打球感なら
⇒YONEX:SUPER LEATHER

よりやわらかい打球感を求めるなら
⇒BABOLAT:PERFECT GRIP

また、リプレイスメントもオーバーグリップ同様に巻いてOKです。 巻き始めの部分を固定して、巻く時にグリップ同士を重ねる幅を均一に2mm程度にするとキレイに巻けます。
心配であれば購入店で巻いてもらったらどうでしょうか? そんなに工賃は取られないかと思います。 ちなみにわたしの店ではどんなグリップでも購入していただいたら工賃無料で巻いています。

Qグリップテープの上手な巻き方

僕は何回かグリップテープを巻き変えた事が有るのですが一度も上手く巻けたことがありません。
ので上手く巻くコツなんぞ有りましたら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

ストリンガーの仕事をしています。
グリップテープを巻くことは簡単です。 基本はレザーグリップ(通称:もとグリ 以下レザーと略します)に沿って巻くのがキレイに仕上がって握りやすいかと思います。
巻き始めはレザーの巻き始めの箇所からスタートしずれないように少し強めに引っ張りながら始めます。 太さが均一になる部分からはあまり強く引っ張らないようにして(引っ張りすぎるとグリップテープの幅が細くなりすぎてうまくいきません)レザーのふちに沿って巻き進めます。 最後の部分はま少し強めに引っ張ってレザーの巻き終り部分に合わせてグリップテープをカットして付属のテープで止めて完成です。

グリップテープの重なりは2mmくらいにすると、あまりでこぼこもせず太さも変わらないで巻き上げることができます。 また、重なる部分が少ないとどうしてもずれてしまうという場合は「ゴーセン」「ルキシロン」のグリップテープが他社のグリップテープよりも幅が広いのでお勧めになります。(幅が広くなってもレザーのふちに沿って巻き、重なる部分を大きくします)
 
グリップテープの巻き方は個人差がありますので、基本の巻き方に自分なりのアレンジを加えて(重ねる部分の大きさを変えて自分の握りやすい太さを作りましょう)調節してみてください。

暑くて熱中症になりやすい時期です。 水分補給を忘れずに楽しいテニスライフをお過ごし下さい。

ストリンガーの仕事をしています。
グリップテープを巻くことは簡単です。 基本はレザーグリップ(通称:もとグリ 以下レザーと略します)に沿って巻くのがキレイに仕上がって握りやすいかと思います。
巻き始めはレザーの巻き始めの箇所からスタートしずれないように少し強めに引っ張りながら始めます。 太さが均一になる部分からはあまり強く引っ張らないようにして(引っ張りすぎるとグリップテープの幅が細くなりすぎてうまくいきません)レザーのふちに沿って巻き進めます。 最後の部分はま少し強めに引っ張...続きを読む

Q硬式テニスラケットのガット交換の目安

週1回テニススクールの初級クラスに通っているのですが、スクールでガットの張替えを3ヶ月ごとにするように勧められますが、本当のところ、どうなんでしょうか?中・上級者のようなラケットの使い方をしているわけではないし、屋内のスクールなので、3ヶ月で張替えとは、早過ぎるような気がするのですが・・・

Aベストアンサー

結論から言いますと

 屋内で週1回の初級クラスであれば
最低でも年に1回は交換しましょう。出来れば半年に1回が
ベターでしょう。
こまめに張り替えても効果は感じられなく、無駄な投資です。

定期的に週2回とか屋外で半日以上プレイするようになれば
3ヶ月で張替えた方が良いでしょう。

   ちょっと理屈
(ガットの弾力低下や磨耗による傷み以外に張りかえる理由)

テニスが上達してくると、ガットの緩みによってプレイに支障
が出ます。 (スクールでは上級クラスかトーナメントクラス)

ガットは張り上げ後しばらくはボールの飛びが抑えられて
コート内にボールを入りますが、同じ打ち方でもガットが
緩んでくるとアウトし易くなります。
(つまりボールコントロールが難しくなります)
アウトしないようにするにはスイングで調節しなくては
いけません。

その為に
ボールを入れる為弱く打ったり、過度にスピンをかけるように
なり、本来持っている自分のパフォーマスが発揮できません。

 だから
上手な人ほど自分のスイングパワーにガットのテンションを
合わせる傾向が多くなり、トッププロは試合の6時間前と
ガット張りの時間を指定してストリンガーを泣かせるのです。

まだ初級レベルではガットのテンションに神経質になるより
テニスをやる機会を増やした方が良いですね。

結論から言いますと

 屋内で週1回の初級クラスであれば
最低でも年に1回は交換しましょう。出来れば半年に1回が
ベターでしょう。
こまめに張り替えても効果は感じられなく、無駄な投資です。

定期的に週2回とか屋外で半日以上プレイするようになれば
3ヶ月で張替えた方が良いでしょう。

   ちょっと理屈
(ガットの弾力低下や磨耗による傷み以外に張りかえる理由)

テニスが上達してくると、ガットの緩みによってプレイに支障
が出ます。 (スクールでは上級クラスかトーナメントクラス...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング