出産前後の痔にはご注意!

毎年、お坊さんがお盆にお経を上げに来てくださいます。
我が家は浄土真宗で、我が家のある地区は大体同じお寺の檀家で、お盆は8月12日に来られることが決まっています。
念のため、今日お寺に電話をしましたところ、「今年は体調が悪くてお盆に回れない。お宅は毎月二十日が月命日なのでそのときに回りたい」という返事が返ってきました。

もう今日(8月10日)になって初耳だったのでビックリしたのですが、仕事の合間の電話だったので咄嗟に言葉が出ず、「わかりました」と返事してしまいました。

実は母と二人暮らしなのですが、ここ二年ほど母は高齢のため歩行状態も悪くてあまり外に出ず、私も日中仕事のため、ご近所づきあいが希薄になっていました。

そのためか「こんなに冷たかったのか」と時には涙が出るほどご近所の情報が入ってきません。もしかしたらお坊さんの話も、邪推かも知れませんが、ご近所はとっくに知っていたのではないかとさえ思えてきます。

また、母は私との電話なら会話できますが、私以外の電話だときちんと会話が難しいことも想像できます。なのでもしかしたら私の不在中に電話を戴いていたかも知れないのですが、母がそれを伝えそこなったことも考えられます。

ですので、お寺に電話したときに、その連絡の電話をもらったかどうかを確かめるべきだったのですが、咄嗟のことでそれを聞くことができませんでした。

また、やはりお盆の最中に来てもらえないのは何か気持ちが悪いので、できればどこか代わりのお坊さんに来て欲しいような気もします。

こういったケースをご経験のかた、いらっしゃいませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ずいぶん間が空いているので、もう解答をご希望ではないかもしれませんが、まだ締められてはいないので、念のため。


お母様とお二人暮らしなのは不安ですね。足が悪くていらっしゃるのであれば、いろいろと大変なことも多いでしょう。なかなか外の情報が入ってこないというのも無理はないかと思います。
お電話は転送機能を使用されるなどして、貴方ご自身が家の電話も極力取れるようになさった方がいいかもしれませんね。

お盆に関しては、他の方々もおっしゃられている通り、あまり気にされないでいいと思います。
そもそも原因が体調不良なのはどうしようもないですし、原因が原因ですから、急な連絡になることも仕方がありません。
ご近所からその連絡が来ないのも自然だと思います。何故ならお坊さんご自身の都合による変更だからです。お坊さんご当人が連絡なさるのが筋です。
私としては、各家々を回ってくださるお坊さんに好感が持てます。土地柄なのかもしれませんが、私の地元ではそういった交流が全くないのです。こちらから依頼しない限り、家を回ってくださるなどあり得ません。49日や月命日ですら、こちらから依頼をせねばならないのです。貴方の地元のお坊さんは信頼出来る方だなという印象を受けました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。日時の確認を口実に、もう一度お寺に電話を入れてみましたら実際は交通事故で、かなり大変な状態だったようです。
詳細が確認できましたのでこちらもおちつき、お大事になさってくださいと申し上げ、先方も感じよく答えて下さいました。代わりの日も間違いなく来ていただけたのでほっとしています。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/08/24 11:05

我が家も浄土真宗ですが、浄土真宗はそもそもお盆には重きをおきません。

浄土真宗で一番大事な行事は報恩講となります。
 でも浄土真宗の方の中にもお盆を特別に感じている方も多く(我が家もそうですが)、我が家がお世話になっているお寺さんも新盆の時はお盆の期間中にこられてますが、それ以外はお盆の近くの命日に当たる日に来られています。お寺の機関誌(?)にも明記されています。我が家の場合命日は父が4月12日、母が10月24日、そして生後半年でなくなった妹が8月28日ですのでお盆(13日~15日)に近い父の命日にあわせて毎年8月12日に来られています。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

宗教的にはお盆に大きな意味がないという考えは基本のようですが、その土地独特のならわしというものがあるらしく、我が家の地域ではお盆の時期に集中的に檀家を回られているようです。そのかわりその月の命日には来ない、ということになっています。
あまりにも長年の習慣だったので戸惑ってしまい、それを変更するということになんとなく抵抗もあり、またお坊さんが直前にこちらから電話するまでその意向を教えてくれなかったこともあってうろたえてしまいました。日が違うことはあまり気にしないことにします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/08/11 10:40

『ご近所付き合いの悩み』と『お盆の供養』の問題ですね。



『ご近所付き合い』については、あなたが積極的に関与していくしかありません。自分は会社勤めしているからという口実は捨てて、出来るだけご町内のコミュニケーションに参加しましょう。特に「向こう三軒両隣」については、日頃のご挨拶や、ちょっとしたお裾分けなど、日頃からこまめにコンタクトを取っておけば、有用な情報も入ってくるかもしれません。
待っているのでなくて、こちらから積極的に話しかけていくことが大切です。

『お盆の供養』については、要は祖先に対する尊敬の気持ちの表わし方ですから、お寺さんが来ようとこまいと、自分たち家族で供養すれば良いと思います。今回はたまたまお寺さんの都合が悪かったということで、特に他意はないと思いますよ。
    • good
    • 0

案外捻くれたお考えを為さる方なんですね。


浄土真宗は、仏教宗派の中でも特殊な立場にあって、特にお盆の行事を大切になんて特別扱いしていません。
お宅の宗派が、本当に浄土真宗なんですか?だったら奇特なお寺さんですね。
http://homepage3.nifty.com/houtokuji/2007.7.htm
宗教心は熱心な方と、不真面目な方とさまざまですが、お盆を云々するのは、40数億いる人類の中で約15億の仏教徒だそうですが、その何%が念仏を唱えてるかしら・・・・
気にしすぎです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亡くなった人の法要は何回忌までするのが常識ですか

私の父が亡くなりまして15年です。
13回忌まではお寺様をお呼びして法要をして参りましたが、一体何回忌まで法要を行うのが常識でしょうか?
因みに宗派は曹洞宗です。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
いちおう曹洞宗では、以下の年忌法要を行うことになっています。

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌
二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、四十三回忌、四十七回忌
五十回忌、百回忌(以降は、50年ごとに百五十回忌、二百回忌‥‥と続きます)

地域の風習やお家の慣習によって、この通りに行わない場合がほとんどです。四十七回忌を行う地域は少ないと思いますし、逆に四十九回忌を行う地域もあります。
地方によっては「弔い上げ」と称して十三回忌、十七回忌あるいは三十三回忌で打ち切る習慣があります。曹洞宗では「何回忌までで終わり」というきまりはありませんが、とくに三十三回忌を清浄本然忌とよび、故人が完全に諸仏の位に同化する年限ともいわれますので、「弔い上げ」の習慣が無い地域でも三十三回忌で打ち切りにする場合が多いようです。

Qお盆の墓参りでのお寺さんへのお布施について。

お盆の墓参りでのお寺さんへのお布施について。
浄土真宗のお寺ですが、毎年お盆の墓参りをし、帰りにお寺の本堂で
檀家に応対している御住職にお布施を持ってご挨拶しています。
これまでは住職へのご挨拶は母が代表して行なっていましたが今年他界し、
私が行なうこととなりました。
毎年5000円程度包んでいたようですが、今年はお世話になったこと
でもあり、1万円程度と考えています。妥当でしょうか。
又、包みは白封筒で「お布施」でよろしいでしょうか。
(以前からもっとよく見ておけばよかったと…)

Aベストアンサー

金額は妥当な金額です。1万円で結構でしょう。

お布施は「お布施専用」の封筒があります。表面に『お布施』と書いてありますので、それをお使いください。黄色い線が入っている、あまり大きくない封筒だし、表面に『お布施』としっかり印刷してあるので、すぐに解かると思います。文具屋か仏具店に行けば売ってますよ。

Q初盆を迎えます。何日に迎え何日に送るのですか

母の初盆を迎えます。いつからがお盆なのでしょうか。
坊主さんは、11日に行く。と言うのですが、13日からが盆で、13日に迎えて
15日に送ると聞きました。
京都では、五山の送り火は16日です。子供の頃からその火に乗って仏様は帰っていかれる
と聞いていました。自分がする時になって、何日からなのかが分かりません。
お寺さんも、迎える前に来て頂いても仕方ないと思っています。

Aベストアンサー

organic33さんの様に面白い風習のところもあるんですね。興味深く読ませて頂きました。

私の住む地方では、月遅れでお盆をやります。ですから、普通の家は8月13日の夜に迎え火を炊き、16日の夜に送り火を炊きます。菩提寺のお坊さんは13日から15日の間に回向に訪れます。(8月初旬にどこどこの地区は何日に回向に伺います、という手紙が来ます)

ただし、新盆の家は8月10日の昼間に庭に竹竿で灯篭を飾るための台を作ります。その晩から8月一杯は夜に灯篭に火をともします(今は電球ですけど)。その灯篭を見て、ここの家は今年新盆なんだなと、分かります。
そして、12日の午前中に仏間に仏壇とは別に、新盆用の飾り棚を作ります。午後からは親戚や近所の人が集まります。お坊さんも12日の午後に回向に訪れます。(何軒もの新盆の家を回るのでお経をあげたらすぐ帰ります。)
親戚に新盆の家が3軒も4軒もあると大変です。全部の家を12日の午後に回らないといけないので。場合によっては、夫婦で手分けして回るときもあります。

普通、新盆の家は早めに迎え火をしたり、回向をするのではないでしょうか。ですから、お坊さんが11日に来るというのもおかしくないような気がします。
こういったことは住んでいる地域によって違います。菩提寺のお坊さんか近所のお年寄りに尋ねるのが一番だと思います。

organic33さんの様に面白い風習のところもあるんですね。興味深く読ませて頂きました。

私の住む地方では、月遅れでお盆をやります。ですから、普通の家は8月13日の夜に迎え火を炊き、16日の夜に送り火を炊きます。菩提寺のお坊さんは13日から15日の間に回向に訪れます。(8月初旬にどこどこの地区は何日に回向に伺います、という手紙が来ます)

ただし、新盆の家は8月10日の昼間に庭に竹竿で灯篭を飾るための台を作ります。その晩から8月一杯は夜に灯篭に火をともします(今は電球ですけど)。そ...続きを読む

Qお寺へお墓参りに行った時のお布施の金額について教えてください。

お寺へお墓参りに行った時のお布施の金額について教えてください。
地域的には、大阪堺市で真言宗です。
お彼岸・盆・正月前・月命日とで年 8回は必ずお墓参りにいきます。
実家の方は 市営のお墓だったのでお布施を渡す感覚がなく、いくらほど包むべきなのか分からなく困っています。月参りで家に来ていただく時は毎月3000円つつんでいます。
このまま月命日でお墓参りする回数がふえれば増えるほど家計に圧迫してくる感もあるので決めておきたいので どうか回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

皆さんもおっしゃているように、お墓参りにお布施は不要かと思います。

お坊さんの「仕事」としては何もないですから。

渡せば受け取るのは至極当然のことです。

田舎で一人暮らしの老齢の母親は、お寺さんが近くだというのもあるかと思いますが、悪天候以外は毎日お墓参りしているようです。

お彼岸・盆・正月前・月命日がお布施をしなければいけない感覚の元になっているんじゃないですか。

Qお盆のお布施は、どのくらい?

毎年、お盆にお寺さんがお経を上げに来てくれます。実際は13日~15日は忙しいらしく、12日にお弟子さんが見えます。そのときのお布施ですが、1万円と供物を渡していました。ところがまわりの話を聞くと、多すぎるといわれました。結構3千円ぐらいの家が多く、今年は少し考えようかと思っています。そこで皆さんはどのくらいなのか教えてください。ちなみに私は、信仰心は強くありません。世間一般にすればよいと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まあ、高いでしょうね。
きっと、お盆だと、お経の時間も短いでしょうし。
それに、周りの意見がそうならば、間違いないでしょう。

ただ、お布施なんてのは、気持ちの部分も大きいので、自分の家の収入なども
考えて、自らが満足する金額でいいと思います。
要は「喜捨」ですから。

ま、どうしても気になるのなら、お寺さんに直接聞いてもいいと思います。
そのお寺の雰囲気にもよると思いますが、大体どんなもんかを、それとなく
教えてくれると思いますよ。

Q毎年、塔婆を立てて供養しないといけないのでしょうか?

見ていただき、ありがとうございます。

父は2004年、母は2010年に亡くなり、去年まで毎年、板の塔婆を立てて供養しています。
毎年、墓地の管理料(供養代含む。10,000円)を菩提寺(曹洞宗)に納めていますが、それとは別にお塔婆代(1本7,000円)を払ってきました。

今年も菩提寺から、お盆供養のお知らせと共に、お塔婆の申請書が届きました。
そこでお聞きしたいのですが、塔婆供養は毎年しないといけないのでしょうか?
それとも、初盆や年回忌など、節目の年だけでも構わないでしょうか?

どなたか、教えていただけるとありがたいです。
どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>>うちの菩提寺の住職に「年忌法要以外にも、毎年、塔婆を申し込まなくてはいけませんか?」と聞いても失礼にならないでしょうか?

失礼には当たりませんが「毎年塔婆を申し込んだ方が先祖の供養になります」と、言われるように思います。
お寺に、~~したほうがいいでしょうか?とか、~~はどうしたらいいでしょうか?と聞くと、坊主は金がかかるほうを教えます。
お寺様に何か聞くときは、既に決定しているかのごとく「~にするようにしましたので、よろしくお願いします」と言うと、その決定に沿ったやり方を教えます。

お寺様に何かを聞くのではなく、その間に入ってくれている役員様に聞いて、役員からお寺様に聞いてもらう。
寺の回答がどうであろうと、こっちはこっちのやり方でやる。特に金に関しては、無い袖は振れない、を基本にしないと、100ねん、200年の付き合いになるのですから、一時の迷いでつい一杯出しちゃったと言う事が無いように、控えめに、控えめに付き合うことです。

Q公営住宅に住んでいる方、家賃おいくらですか?

お世話になります。
市営住宅、県営住宅などにお住まいの方達に質問です。

(1)家賃
(2)月収or年収
(3)お住まいの地域

上記、参考までに教えてください。
また、月収14万ほどの場合市営・県営に住むと築年数や地域にもよると思うのですが家賃はだいたいどのくらいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
2年前、妊娠中に当選しました☆

(1)家賃は3万5000円です。
(2)年収は250万円程。
(3)東海地方に住んでいます。

↑築年数は5年なので新しく、3LDKもの広さがあるのでとても満足しています。上限は7万円くらいでした。古い建物だと高くて5万円くらいです。
月収14万程でしたら、1万円~2万円でしょうか。(あくまで推測です!)

Q仏壇の価格の相場を教えてください

先日姑が亡くなりました。
分家なので仏壇を買わなくてはなりません。
葬儀の費用が思いのほかかかってしまい、このあとお墓も買わなくてはいけないので最初は仏壇仏具含めて10万円の予算でした。
ところが葬儀をたのんだ葬儀屋さんがカタログを持ってきて、安くても40~50万というのです。そんなにするんですか?
カタログからは何割引くらいが相場なんですか?
他にどういうところで買ったら安いですか?
置き場所は床の間で、信用できる所で買えれば、私は形さえあればいいと思っていて、床の間に合ったローチェストでも買ってその上に置くのはどうかと言ったのですが主人はかえって専用台のほうが安く付くんじゃない?といいます。そうなんですか?
整理すると
・床の間に置く(あきスペースあっても可)
・日本製にはこだわらない
・位牌はこの後、舅、私たち夫婦の分置ければいいです。(ちなみに子供は二人)
・宗派は曹洞宗
あと「こういうところでは買うな」というところや、アフターケアの内容も知りたいです。教えてください。

Aベストアンサー

葬祭ディレクターで仏壇の営業もしていました。
仏壇の金額はホントにサイズ、素材から色々あってピンキリです。

床の間に置くと言うことですが、
小さい物(箱仏壇)で良いのならばそれこそ数万からあります。
小さくても良い素材だったり細工が細かいと数十万としますけどね。
素材・細工次第ですね。

曹洞宗ですと、金仏壇ではなくて、紫檀、黒檀の唐木仏壇が主流です。
と、言っても実際、全てが紫檀・黒檀の仏壇は今時売っていません。
全て黒檀・紫檀の普通サイズの仏壇なら家の床が抜けますよ。
でもって最低600万はしますね。
そもそも手に余り入らないですよ。

現実は黒檀調・紫檀調と言われている物が売られています。
ベニアなどの板にプリントされているものです。
ベニアと言っても別に壊れやすいことはないので
数十年ならもちますよ。
中には少しだけ本物の黒檀・紫檀が使われているものもあります。
大抵この本物の黒檀・紫檀の量で価格は変わってきます。

一面張か二面張りか三面張りか…
まぁ、はっきり言ってこんなの素人には分かりません。
形だけなら、全てプリントされた~調って物でいいと思います。
道具全て入れて5万も見れば買えます。

道具は本尊と脇軸二枚ですね。
これはプリントなら1枚2000円程度で変えます。
後木魚とおリン。これも二つで2万もいいらないですよ。
位牌はこったものでないのなら字彫り含めて大体1~1.5万。
仏壇本体で3~5万。

仏壇を置く台座は、仏壇屋の物だと本格的で5万とかします。
だからタンスの上などに置く…などならいいのですが
そうでなく、床の間に置くのなら、ホームセンターで
仏壇と似た色合いの台を用意すればいいです。

だから金額的には10万程度でいけますよ。
ただ、床の間ならば、見てみないと分からないのですが
上置き型と言う仏壇でもいいかもです。
こちらでしたら、ピンキリですけど20~40万程度は
覚悟された方がいいかなぁ?って思います。

ちなみにカタログを持って見えたと言うことは
メーカー物と言うことでしょうか?
でしたら大抵2割引が多いですね。いっても2.5割引でしょう。
メーカーならほぼ海外製ですね。
そもそも問屋に行っても、日本製は相当高いです。

メーカー物よりは、信用できる仏壇屋を
近所なり知り合いに聞いてちゃんとした造り問屋の仏壇店に行った方が
同価格でも遙かに良い物が変えます。
(箱仏壇ではどこも似たような物ですが)

ちなみにお寺の紹介などだと、
お寺にマージンが入るので、信用できる仏壇の代わりに
2割は高くなると考えられると良いでしょう。

仏壇ってホント買うの難しいと思います。
黒檀・紫檀の量や欄間の細工の細かさ。
後はツヤ消しタイプ・鏡面タイプ。
色々です。

信用できる人の口コミがベストです。
ご自分で行かれるのであれば、取りあえず
扉の金具が二点止めの物よりは三点止めものを
選択すれば良いと思います。
開け閉めを良くするので丈夫にされている方がいいからです。
それが一番わかりやすいですよ。
(この金具に細工があるかどうかでまた値段も変わりますが…)

形だけと言うならば箱仏壇10万コースがいいと思います。
もう少し頑張って20万でもいいとは思いますが
大きくなるので面倒だと思う人は面倒でしょうね。

私も色々仏壇をご案内して来ましたが
1~3000万の色々な仏壇を紹介してきましたよ。
最終的には予算とお心次第です。

葬祭ディレクターで仏壇の営業もしていました。
仏壇の金額はホントにサイズ、素材から色々あってピンキリです。

床の間に置くと言うことですが、
小さい物(箱仏壇)で良いのならばそれこそ数万からあります。
小さくても良い素材だったり細工が細かいと数十万としますけどね。
素材・細工次第ですね。

曹洞宗ですと、金仏壇ではなくて、紫檀、黒檀の唐木仏壇が主流です。
と、言っても実際、全てが紫檀・黒檀の仏壇は今時売っていません。
全て黒檀・紫檀の普通サイズの仏壇なら家の床が抜けますよ。
...続きを読む

Q棚経は菩提寺さんの義務でしょうか 

檀家になって3年目です。
新盆の年はご住職が来て下さいましたが、2年目・3年目は他の檀家さんはお回りになっても私の家は来ませんでしたので、ご住職にお参りをお願いして来ていただきました。
お尋ねしたい事は、お寺さんは必ず全ての檀家を回るものと思っておりましたが、必ずしもそうではないのでしょうか?
檀家の数は多く、一人で回っています。
お寺の行事や年始や維持費等はきちんと行っております。
来ていただけない理由が思い当たりません。
場合によっては菩提寺を変えようかとも考えていますが、いかがなものでしょうか?
皆様のお考えをお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

ANo.1の者です。補足を拝見しました。
お寺さんも人間ですから色々な性格の方がおいでです。また、一般の方とは少し違う就業環境(?)のためか、往々にして檀家さんや一般の方が疑問に思うような「浮世離れ」した対応をされる方もいらっしゃいます。
檀家さんはお寺の家来でも店子でもありませんから、むやみに遠慮する必要はありません。
お家のご先祖様をお祀りしていく上で、お寺に「このようにして欲しい」と思うことがあればそのようにお願いされて一向に構いません。
結果として、どうしても信頼できず祭祀の頼りにできないと思われれば、他に信頼できるお寺さんを探されるのも止むを得ないと思います。

Qお盆のお坊さんのお参り

我家の本家のお寺さんのお話です。ご住職は足を悪くされています。お盆の前に「今年は足が悪いので檀家周りをようしません。檀家さんのほうでお寺にお参りください」という趣旨の書状が各檀家に届いたそうです。それで檀家さん、それも役員級の有力な檀家さんが怒ってしまったそうです。私は体悪くしてお参りにこれないならしかたないじゃない と単純に感じたのですが、これってそんなに檀家さんを怒らせるような事なんでしょうか?評判よくないご住職なので(儲け主義だときいたことがあります。跡継ぎはロウソクの火をふーっと息をかけてふきけすなど輪をかけてひどいらしいです)それも原因かもしれませんが。

Aベストアンサー

坊さんです。
感情論の問題ですね。宗教上は問題なくてもあとは習慣となっていることなので異論が出るのかもしれません。
ちなみに私の地区は基本的に檀家が寺院のお分法要に参加する形態で、各家へのお盆参りには行けません。(「行きません」ではなく物理的に行くことができない。)
都会のようにマンション住まいで駐車場の用意ができない(お寺さんの車がレッカーで持ってかれてしまう)とか、寺院の周辺に檀家があるわけではなく1日回っても10件も回れない(全檀家、希望者全員を回りきれないで不公平になる)ような地区では最初からお盆参りは行っていないので寺院法要形態が中心ですが、田舎のように村のお寺が村の中を回る的な地区では、急に変更すること自体抵抗もあるでしょう。
ご質問の
>檀家さんを怒らせるような事なんでしょうか?
は、足を悪くしたのは致し方ないとして、寺役員への事前説明や根回しなど、宗教上の問題ではなく人間関係という社会生活上の相互理解・譲り合いの問題でしょう。
田舎では住職も高齢化で、檀家さんも同じ年齢・世代ですから、足が悪いのはみんな一緒で回れないのは当然と理解するでしょうし・・・。突然住職が亡くなり無住になってしまう寺院も多いですからね。
どっちもどっちのような感じがします。

坊さんです。
感情論の問題ですね。宗教上は問題なくてもあとは習慣となっていることなので異論が出るのかもしれません。
ちなみに私の地区は基本的に檀家が寺院のお分法要に参加する形態で、各家へのお盆参りには行けません。(「行きません」ではなく物理的に行くことができない。)
都会のようにマンション住まいで駐車場の用意ができない(お寺さんの車がレッカーで持ってかれてしまう)とか、寺院の周辺に檀家があるわけではなく1日回っても10件も回れない(全檀家、希望者全員を回りきれないで不公平にな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング