ベートーベンがクラシックからロマンティックへの架け橋になった について

色々の書物やコラムで『ベートーベンがクラシック音楽からロマンティック音楽への架け橋になった』、と書かれていますが、どのように、そしてなぜベートーベンがそのような役割を果たしたのでしょうか?

そして、ロマンティシズムの作曲者達で影響を受けた人達は、ベートーベンの作曲法のどこに、そして、なぜ影響を受けたのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたらお教え願います。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も素人ですので


勝手な妄想になってしまいますが

古典派とかロマン派などのカテゴリーができたのは
それほど昔のことでなないと思います

あくまでも現代の学者さんたちが
作風などでベートーベン辺りでロマン派になっているな
と分けたのだと思っています
(ベートーベンさんが「よっしゃ、これからはロマン派の音楽を
作るぜ~」と意識していたわけではないと思います)

もちろん
当時は現代曲だったわけで
新しい試みを聞いて
「ベートーベン先生かっけー、俺もこんなかっけー曲作りたい」
と思った他の作曲家が今までのように型にはまった曲から
脱皮したり

甘く、切ないメロディーを作ったりしたのではないのかな
と思っています

↓のようなことで音域が広がったり
ハーモニーが厚くなったり
トランペットやホルンにバルブができて
音階ができるようになったり
作曲の可能性が広がったこともあると思いますし
何よりも作曲家さんたちの固定観念がなくなってきたのではないでしょうかね

まー当時の人たちからすれば
交響曲にトロンボーンやピッコロを入れたり
合唱を入れたり
衝撃的だったと思います

(すみません。専門的な勉強をしているわけでないので
単なる妄想で、すべて「思う」といういい加減な表現になってしまっています)
    • good
    • 0

確かに時代は無視できません。


ベートーヴェンの時代は、ちょうどフランス革命などを代表とした、王宮貴族の時代から市民の時代への激動期でした。

音楽も変わってきました。私たちはバッハ、ハイドン、モーツァルトたちを音楽の巨人として崇拝し、その音楽的価値は疑うべくもないのですが、当時、実際の彼らの扱いは、「お抱え音楽屋さん」「王宮御用達音楽のアイドル」の域にすぎず、ごく一部の人たちのものでしかありませんでした。

ベートーヴェンの若いころ、それが変わり始め、そういった音楽を、一般の市民が享受できる時代になりつつあったわけです。ベートーヴェン本人もそんな時代に希望を抱き、人民を解放してくれるヒーローと崇めたナポレオンを意識して「英雄」という交響曲も作っています。(その後彼の俗物性に激怒したベートーヴェンが、英雄というタイトルを使わないようにお願いしたというエピソードもあります)

そしてピアノも進化し、それに合わせた曲をベートーヴェンが作り、更にピアノが進化する…の好循環が起こり、音楽は一般民衆のために大きく花開いていきます。ハード面が音楽の様々な要求にこたえられるようになったことで、作曲者もより豊かに心情を表していこうとしたのだと思われます。

それまでは、貴族のサロン、教会などの「添え物」として、また、せいぜい貴族のオペラのものとして使われていた音楽。それが、この時代から、「音楽のみですべてを語る」「音楽が主役」となることが多くなってきました。

ベートーヴェンは音楽に対して非常にまじめな人だったようです。音楽の才能があり、努力家で、情熱あふれる人。そして、社会の動きにも関心を寄せていた人です。彼が作る音楽は、古典派にのっとって形式や、旋律の絡みを重視しつつも、そこに人間性溢れる情感を注ぎこみ、なおかつ無駄な音がない、ち密でまじめな作品が多いのです。

ですから、生前から彼のファンが多かっただけでなく、彼の作品が流行にのっとったやっつけ仕事ではない、芸術性に富んだ作品であることが、「わかる人にはみんな分かった」のでしょう。現代私たちが当たり前に思っている「庶民が自由に楽しむ芸術音楽」のバイブルとして、幾万ものフォロワーを生み、現在を持っても越えられない壁として、大きく立ちはだかっているのです。
    • good
    • 0

 僕は音楽が専門ではないので見当違いかもしれません。

ただ寮で、音楽専攻の学生と同室になり、ダブルデートでコンサートにはよく行きました。

 1。ベートーベンが、架け橋になったのは、意図的にそうなったのではなく、生まれた時期と亡くなった時期が偶然、クラシックとロマンティックの間にあったからでしょう。

 作品番号の若い物を聞けば、クラシックに聞こえますし、亡くなる前のものはロマンティックだと思います。

 2。簡単な例を挙げれば、モーツァルトの、ピアノ協奏曲は、当時のピアノの音量が小さかったので、オーケストラとの対話には使えない、むしろ協調して行かなくては聞こえない、といった制限があります。

 しかしベートーベンになると、ピアノフォルテ、と力が加わって、オーケストラと対等に掛け合いが出来るようになる。さらに終楽章に切れ目なく流れ込むという独創的な書き方をベートーベンから受け継いで、ロマンス派の巨匠ブラームスなどは、彼の壮大なピアノ協奏曲にベートーベンの手法を取り入れています。

 「なぜ影響を受けたのでしょうか」それはロマンティックな作曲家に、お聞きになるといいと思います。模倣は最高の賛辞とか。
    • good
    • 0

私は素人ですから大それた事は言えません、単なる音楽好きです。



>どのように、そしてなぜベートーベンがそのような役割を果たしたのでしょうか?
そして、ロマンティシズムの作曲者達で影響を受けた人達は、ベートーベンの作曲法のどこに、そして、なぜ影響を受けたのでしょうか?

このお答えは芸術・文化の一般的進化論になりますが、
ベートーベンが他の有力な作曲家、それどころか他の優れた一般的な芸術家と同じようにモニュメンタルな個性を持っていたからです。

あるトップランナーが世に先駆けるスピードで芸術の世界を駆け抜けます。でも彼は空前絶後の能力を持っていただけではなくて先人の手法を知り、学んだ上でそれに彼の個性的な感覚を付け加えたからその能力を身につけられたのです。

仮にもしベートーベンがその能力を持ったままで石器時代に生まれていたとするならば、彼の作品は生まれ得よう筈がないとは思いませんか。

だから彼はバッハが、ハイドンが、モーツアルトが彼の前に居たからこそ彼がベートーベンになり得たと思います。

そこで具体的にお答えするならば、

>どのように、そしてなぜベートーベンがそのような役割を果たしたのでしょうか?
彼がたまたま高い感性を持って古典派とロマン派の間に生まれたからです。

>人達は、ベートーベンの作曲法のどこに、そして、なぜ影響を受けたのでしょうか?
彼が音楽家として優れて個性的で新しい感覚をもった音楽を作り出したからです。

彼の音楽を知り、それ以前の優れた音楽を聴き、それ以後の音楽を学んだ上でなら、
彼(だけではなくその他の世に残っている作曲家達)の音楽史上の役割が解ると思います。

このような現象はベートーベンに限らず、音楽に限らず、芸術に限らず、すべての分野で
当たり前のように行われて来た事ではないでしょうか。

かなり外れたお答えですが、こんな見方も何かのお役に立てるかも知れません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジャズ作曲とクラシック作曲について

今、日本の音大の作曲科を受験するために勉強をしている者です。高3です。最終的には、ジャズ作曲の勉強をしにアメリカの大学に行きたいと思っています。
日本の音大で作曲を勉強するとなるとクラシックの作曲を勉強することになりますよね?
日本の音大でクラシック作曲の勉強をすることは、将来ジャズ作曲を勉強することにどのような事がどれくらい役立つのでしょうか?

今のところ日本の音大に行くつもりですが、日本の音大に行かずに、アメリカの大学に行くという案も少しあります。
ですが、作曲の知識がまだとても浅いのと、語学に自信がありません。

Aベストアンサー

日本の音大でもジャズ科・ジャズコースを設けている大学はいくつもあります。この回答の下の方に参考までにいくつかの大学のホームページをリンクします。ただ、「ジャズの作曲だけ」を勉強するコースというのはありません。

そもそもジャズというのは、インプロヴィゼージョン(即興演奏・歌唱)をメインに聴かせる音楽なので、他人が作曲した譜面をもらってその通りに演奏・歌唱するということはほとんどやりません。なので、ジャズの作曲だけを専門にしているプロの作曲家という方もいないのではないかと思います。

(一部、ビッグバンドジャズは、ジャズの中でも作曲家が比較的きっちり譜面を書くタイプの音楽ですが、作曲者は大抵ビッグバンドのリーダーで自分でピアノを演奏することがほとんどです。)

(少人数のジャズでは、ミュージシャンが自分でオリジナルの曲を書いたり、有名な曲のメロディを借りて来て自分でジャズ風のコード進行にアレンジして曲の骨格を決めた上で、演奏自体はアドリブでどんどん崩していきますので、作曲家に曲を書いてもらうということはしません。)

…ということで、もしジャズの世界を志すのであれば、なんらかの楽器の演奏家としてジャズのアドリブ演奏の要素を理解して演奏できる技術の方が重要で、クラシックの作曲の勉強はほとんど役に立たないというか路線がだいぶ違う気がします。今、実際に何かの楽器でジャズ演奏には取り組んでいますか?であれば、その楽器でジャズ専攻で受験する方が正解だと思いますけども。

<ジャズ科・ジャズコースがある音大の例>

洗足学園音楽大学 音楽学部 ジャズコース
 http://www.senzoku.ac.jp/music/school/course/jazz/

国立音楽大学 音楽学部 演奏・創作学科 ジャズ専修
 http://www.kunitachi.ac.jp/education/college/perform/jazz.html

昭和音楽大学 器楽学科・声楽学科(ジャズ・ポピュラー)
 https://www.tosei-showa-music.ac.jp/university/college/jazz.html

尚美学園大学 芸術情報学部 音楽表現学科 ポップス&ジャズコース
 http://www.shobi-u.ac.jp/faculty/music/course/jazz.html

日本の音大でもジャズ科・ジャズコースを設けている大学はいくつもあります。この回答の下の方に参考までにいくつかの大学のホームページをリンクします。ただ、「ジャズの作曲だけ」を勉強するコースというのはありません。

そもそもジャズというのは、インプロヴィゼージョン(即興演奏・歌唱)をメインに聴かせる音楽なので、他人が作曲した譜面をもらってその通りに演奏・歌唱するということはほとんどやりません。なので、ジャズの作曲だけを専門にしているプロの作曲家という方もいないのではないかと思い...続きを読む

Qベートーベン作曲のシンホニーの数が少ない。

長寿のわりに他のクラシック作曲家に比べタイトルの通り。疑問です。

Aベストアンサー

あれだけの、重厚長大なシンフォニーは、いくら天才でもそう何曲も作れるものではないのだ、というのが、私の見解です。(単なるシロートですが)
ハイドンとかは、100曲近く作っていますが、1曲の重みで言ったら、ベートーベン1曲=ハイドン10曲くらいの、違いはあるのではないでしょうか?(ハイドンファンの方、すみません!)

モーツァルトにしても、シンフォニーは、1曲30分前後?で、比較的短いですよね。

なので、ベートーベンは、シンフォニーの数は少ないが、偉大な作曲家である!が、私の結論です。(曲数ではありません。)

Qベートーベン作曲、交響曲第9番の第四楽章

最近、ベートーベン作曲の交響曲第9番の声楽付きの第四楽章を聞きまして、とても感激しました。
その為、もう一度聞きたいと思い、CDを探してみましたが、当方音楽のことは全くの素人で、どのCDが良いのか分かりませんでした。
声楽付きの第四楽章が入ったCDで、皆様がおすすめするもの等ありましたら、お教え願えないでしょうか?

Aベストアンサー

私も「ベートーベン作曲の交響曲第9番」の合唱が大好き(曲が美しく、詞の意味がすばらしいので)で良く聞きます。

個人的にはベルリンフィルでカラヤン指揮がお薦めです。
・Karajan / Beethoven. Symphony No.9 / Ode to joy 1/2 / Berlin
一緒に歌うにはこちらがお薦め。
・The European Union (anthem)
歌詞:
http://de.wikisource.org/wiki/An_die_Freude_(Beethoven)
上をコピペしてYouTubeでも聞けます。

http://www.google.com/search?q=%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%B3%E7%AC%AC%E4%B9%9D&rls=com.microsoft:de:IE-SearchBox&ie=UTF-8&oe=UTF-8&sourceid=ie7&rlz=1I7GPRE_deDE287


Beethoven: Symphony No. 9 - Berliner Philharmoniker - Herbert von Karajan

私も「ベートーベン作曲の交響曲第9番」の合唱が大好き(曲が美しく、詞の意味がすばらしいので)で良く聞きます。

個人的にはベルリンフィルでカラヤン指揮がお薦めです。
・Karajan / Beethoven. Symphony No.9 / Ode to joy 1/2 / Berlin
一緒に歌うにはこちらがお薦め。
・The European Union (anthem)
歌詞:
http://de.wikisource.org/wiki/An_die_Freude_(Beethoven)
上をコピペしてYouTubeでも聞けます。

http://www.google.com/search?q=%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%80%...続きを読む

Qクラシックに詳しい方、作曲者を教えて下さい!

クラシックに詳しい方、作曲者を教えて下さい!

「孤独」「あなただけに」と言う曲を作曲した人の名前を教えて下さい。
古いメモに書いてあった曲なのですが、字がかすれてしまって作曲者が解りません。
シンプルな曲名なためか、検索しても中々ヒットしませんでした…。
作曲者の名前で、唯一読めるのは「??ル・テイス」と言う文字です。
メモには

曲名:「孤独」「あなただけに」
作曲者:??ル・ティス

と書いてありました。
解っている事はこれだけです。
情報が少なくてすみません…。
ご存知でしたらぜひ作曲者名を教えて下さい。
宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

エルネスト・ディ・クルティス ではないでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9

Qクラシックの指揮者・演奏家・聴衆は作曲家に敬意を払っていると思いますか?

クラシックのコンサートを生で鑑賞するたびに思うのですが、曲が終わって指揮者がソロ奏者を立たせて労ったり、指揮者自身が満場の拍手を受けています。
それはもちろん頷けるのですが、何か忘れていませんか?と思うのです。

曲を作ったのは作曲家であり、もちろん誰かが演奏しなければただの楽譜で終わってしまいす。
なぜ、敬意を払っていないかと思う理由ですが、指揮者や演奏家のあまりに身勝手な解釈で、曲がスポイルされているのではないかということです。
「炎の指揮者」とか「ナントカ節」などと言われる「枕詞」がその根拠です。

一般的に言って、「個性」を重要視するあまり、作曲家の意図を楽譜から読み取っていないのでは?という危惧があります。もちろん、作曲すれば作曲家の手を離れてしまって、解釈するのは指揮者や演奏家、はたまた聴衆である、というご意見もあるでしょうが、

皆さんは、コンサートに行って作曲家に想いを馳せることはありますか?

Aベストアンサー

難しいですね。
昔は、確かホグウッド辺りの指揮者が出る前まではバロックなども現代楽器で演奏していましたし。
それで作曲者の意図が再現されているかと言われると、音としてはピリオド楽器で演奏しないといけないわけで…、
さらにそれを現代の大ホールで聴衆が満足できる音が得られるかというと、楽器としてホールへの力不足感がありますし。

曲に対して弟子が色々と改変加えた曲も多いですよね。作曲者の意図を重視するというけれども、どこにあるのかどの版を信用したら良いのか。

政治的に弾圧された作曲家もいますよね、曲に対する本音は体制への迎合なのか、迎合と見せかけて裏には皮肉が込められているんじゃないかなど。

色々と考え出すとどれが作曲者の意図をくんだ演奏だというのはますます判らなくなるように思います。

私は、「ああ、こういう解釈もあるのか、こういう解釈だと作曲者の意図が伝わるかな、弱いかな、この解釈だと楽しいけれど、この解釈だと楽しさの中に別の感情があるかな」等、
そういう思いを馳せるのも楽しみの一つだと考えています。
そして、残された楽譜から現代の音楽家が何を読み取って聴衆にどう伝えるのか、時代によって変化していくものだと思います。

難しいですね。
昔は、確かホグウッド辺りの指揮者が出る前まではバロックなども現代楽器で演奏していましたし。
それで作曲者の意図が再現されているかと言われると、音としてはピリオド楽器で演奏しないといけないわけで…、
さらにそれを現代の大ホールで聴衆が満足できる音が得られるかというと、楽器としてホールへの力不足感がありますし。

曲に対して弟子が色々と改変加えた曲も多いですよね。作曲者の意図を重視するというけれども、どこにあるのかどの版を信用したら良いのか。

政治的に弾圧された作曲...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報