以前住んでいたところまで(たくさん引っ越しましたが)は放って置いてもイチゴが成り、株も増えていました。現在の家に移ってからはイチゴがまったく育ちません。今年もめげずに4株買ってきてプランターに植えました。1か月くらいは元気でしたが、最近どんどん外側にあるまだ若い葉っぱまで枯れてゆきます。1株はクラウン(中央の芽のでるところ)のところまで茶色くなりました。日当たりは11時ころからは日光が当たります。残念ながら朝は建物の影になってしまいます。本をいろいろ見ているのですが、イチゴの栽培方法はなかなかくわしいものがありませんでした。栽培方法と、現在弱っている株を復活させるほうほうがあれば教えてください。ちなみにアパート1階のベランダでの栽培です。他にもたくさんの植物がありますが、大抵のものは育っています(ただし、5年以上ずーっと育てていたバラは10鉢以上あったのに現在の家に来て夏越しできず年ごとに減り7鉢くらいはダメになりました)。

A 回答 (2件)

こんにちは



miitannさんのイチゴの現状から、考えられるのは、
土壌病害として、イオウ病・イチョウ病、カビ関係のタンソ病・葉タンソ病、ウイルス病としてエキ病、虫の害として線虫などが考えられます。症状としては、もっともポピュラーな、イオウ病ではないかと思うんですけど(実物の写真があればすぐにわかるんですが)若い葉っぱは、小さくなっていませんか?小さくなっていればイオウ病です。イオウ病は土の中に病原菌がいるので、いったん発病したら直す方法はありません。
いずれにしても、上に書いた病気であれば、土に病原菌がいるので、wyvern0さんも書かれている通り土壌病害ですから、土の交換がよいです。土に病原菌がいいれば、新しい株を買ってきても一緒の結果になります。
念のため、新しく買ってきたイチゴの1株はいままでの土に、他の株は新しい土の植えてみると、よくわかると思います。
イチゴのイオウ病・葉タンソ病は、イチゴ専門の農家でも大問題になっている病害です。(発病してからの農薬防除の方法がない、発病すればすでに手遅れ)
今までの土は、他の花とか作物を作れば問題ないと思います。ただし、イチゴはバラ科の植物なので、バラは避けて下さいね。

この回答への補足

お礼が遅れて申し訳有りません。その後の結果はやはりダメでした。かろうじて1株残っているのですが葉っぱが小さく元気がありません。結局、新しいものを新しい用土で育てることにしました。

補足日時:2001/05/04 21:05
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。別々の鉢で育てていたときにはとても元気だったので、やはり土壌病害と考えられますね。おっしゃるイオウ病だと回復できないとのことでしたが、捨ててしまうのはもったいないので、一応(ダメモトで)プランターに一緒に植えていた4株をすべてベンレートという薬剤で消毒して、土もすべておとし(ちょっと勇気がいりましたがダメモトなので)てからそれぞれ別の鉢に1株ずつ新しい用土で植え替えました。3,4日たっただけなのでまだわかりませんが、今のところ新しい芽がきれいな緑色で大きくなり、葉が展開してきました。もう少し様子を見たいと思います。これでダメだったら新しい株を新しい用土で植えて再度挑戦します。

お礼日時:2001/04/13 23:36

イチゴは同じ土を使いつづけると、土の中にイチゴの病気の原因(名前はちょっとわすれました)が増えるようになります。


それを防ぐためにネギ(普通の長ネギです)を一緒に植えておくとイチゴの病気のもとを退治してくれるので、ずっと同じ土でイチゴを作ることができます。

これでイチゴもできるし、ネギもできます。
一石二鳥とはこのことですね。

もし実行されていないようでしたらお試しください。

この回答への補足

お礼が遅れて申し訳有りません。その後の結果はやはりダメでした。かろうじて1株残っているのですが葉っぱが小さく元気がありません。結局、新しいものを新しい用土で育てることにしました。

補足日時:2001/05/04 21:07
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。土の病気が原因では?という回答でさっそく、植えていた株をベンレートという薬剤で消毒して(土もおもいきって全部落としました)から新しい鉢に植えてみました。ネギは残念ながら一緒に植えるスペースがないので次回試してみます。クラウンの中の新しい芽がちょっと育ってきたので(きれいな緑色です)ちょっと様子をみてみようと思います。

お礼日時:2001/04/13 23:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいちご栽培

栽培に関して素人です。。。
鳥取県は、比較的雨が多く、日は短いと思いますが、いちごの施設栽培(土耕)に適してますか?鳥取県に適した地域はありますか?

やはり晴れの国岡山県よりは、おいしいイチゴは出来ないのでしょうか?

実際、鳥取県でもいちごは栽培栽培されてます。雨が多く、日が短いって言うのは関係ないんでしょうか?

Aベストアンサー

鳥取の地域を把握してはいないのですが、雨が多く、日照が少ないのは、イチゴには比較的難しいのかと思います。イチゴは水が好きですが、過水は根グサレの元となります。また雨が多いと、結実が難しい(受粉しても花粉が流れてしまう)ので、ほぼハウスで温度管理等をしているのではないかと思います。

今は農業技術が発達しているので、栽培に適さない場所は少ないのではないでしょうか。おいしさは、比較したことがないので分からないため、ごめんなさい。

Q先月の終わりと今月の頭にホームセンターでイチゴの苗を一株づつ買い 鉢に

先月の終わりと今月の頭にホームセンターでイチゴの苗を一株づつ買い 鉢に植え替えしました。乾燥したら 水をやり 家のベランダで一番日当たりがよい場所に鉢を置いてます。
お花はかわいく咲いていますが、なかなか実になってくれません。花が散った後 膨らまずに茶色く枯れっぽくなりました。肥料が必要でしょうか?元肥入りの果樹用の土に植え替えました。園芸屋さんに聞いて 買った土なので問題ないとおもいますが。あと 他に考えられることってありますか?あと、マルチングって必要ですか?

Aベストアンサー

こんばんは。実家でイチゴを栽培しています。

質問者さんの現場が100%把握できないので、文章から察っしてみましたが、

1.水分の極端な変化による株の痛み
2.寒害、つまり冷たい風や遅霜の影響
3.用土中の肥料が多過ぎる

などが考えられます。
イチゴの受粉ですが、受粉する条件が整っていれば、風や手で花をゆする程度でも必要な受粉が可能なもので、筆や耳かきの羽毛での人工授粉を行えば、尚確実だと思います。受粉の効率が良いのは、気温が10~25℃程度、開花から72時間以内で、今の時期では暖かいお昼ぐらいが良いでしょう。

イチゴは乾燥を嫌い、鉢の表面が乾くようでは水やりが足りなくなっている可能性があります。乾燥により株やが傷めば、普通の植物と違い回復までに週単位の期間が必要に成り、受粉しても実の肥大が停滞します。
また、果樹専用の用土では酸度は問題ないとしても、肥料が多過ぎて植え替え時に根が傷んだり、窒素成分が多過ぎる可能性もあります。
肥料に関しては、イチゴは人工的な施肥をあまり必要とせず、専門家でも、生育が遅いからといってあせって肥料をやりすぎた人ほど失敗するものです。

個人で出来る範囲で考えられる対策としては、

1、水やりの頻度を現在よりも増やし、ビニールや紙類でマルチングをし、根の生育環境を整える。
2、夜は霜や寒風の当たらない所に入れるか、ビニール袋をかぶせて保護する。(昼間はビニールをとって風通しを確保し、過湿を避ける)
3、肥料は今の用土の肥料分でまかない、追肥は収穫が終わるまで我慢して様子を見る。

でしょう。前の方々に併せて参考になれば幸いです。

こんばんは。実家でイチゴを栽培しています。

質問者さんの現場が100%把握できないので、文章から察っしてみましたが、

1.水分の極端な変化による株の痛み
2.寒害、つまり冷たい風や遅霜の影響
3.用土中の肥料が多過ぎる

などが考えられます。
イチゴの受粉ですが、受粉する条件が整っていれば、風や手で花をゆする程度でも必要な受粉が可能なもので、筆や耳かきの羽毛での人工授粉を行えば、尚確実だと思います。受粉の効率が良いのは、気温が10~25℃程度、開花から72時間以内で、今の時期...続きを読む

Q今年もいちご栽培失敗のようです。

以前住んでいたところまで(たくさん引っ越しましたが)は放って置いてもイチゴが成り、株も増えていました。現在の家に移ってからはイチゴがまったく育ちません。今年もめげずに4株買ってきてプランターに植えました。1か月くらいは元気でしたが、最近どんどん外側にあるまだ若い葉っぱまで枯れてゆきます。1株はクラウン(中央の芽のでるところ)のところまで茶色くなりました。日当たりは11時ころからは日光が当たります。残念ながら朝は建物の影になってしまいます。本をいろいろ見ているのですが、イチゴの栽培方法はなかなかくわしいものがありませんでした。栽培方法と、現在弱っている株を復活させるほうほうがあれば教えてください。ちなみにアパート1階のベランダでの栽培です。他にもたくさんの植物がありますが、大抵のものは育っています(ただし、5年以上ずーっと育てていたバラは10鉢以上あったのに現在の家に来て夏越しできず年ごとに減り7鉢くらいはダメになりました)。

Aベストアンサー

こんにちは

miitannさんのイチゴの現状から、考えられるのは、
土壌病害として、イオウ病・イチョウ病、カビ関係のタンソ病・葉タンソ病、ウイルス病としてエキ病、虫の害として線虫などが考えられます。症状としては、もっともポピュラーな、イオウ病ではないかと思うんですけど(実物の写真があればすぐにわかるんですが)若い葉っぱは、小さくなっていませんか?小さくなっていればイオウ病です。イオウ病は土の中に病原菌がいるので、いったん発病したら直す方法はありません。
いずれにしても、上に書いた病気であれば、土に病原菌がいるので、wyvern0さんも書かれている通り土壌病害ですから、土の交換がよいです。土に病原菌がいいれば、新しい株を買ってきても一緒の結果になります。
念のため、新しく買ってきたイチゴの1株はいままでの土に、他の株は新しい土の植えてみると、よくわかると思います。
イチゴのイオウ病・葉タンソ病は、イチゴ専門の農家でも大問題になっている病害です。(発病してからの農薬防除の方法がない、発病すればすでに手遅れ)
今までの土は、他の花とか作物を作れば問題ないと思います。ただし、イチゴはバラ科の植物なので、バラは避けて下さいね。

こんにちは

miitannさんのイチゴの現状から、考えられるのは、
土壌病害として、イオウ病・イチョウ病、カビ関係のタンソ病・葉タンソ病、ウイルス病としてエキ病、虫の害として線虫などが考えられます。症状としては、もっともポピュラーな、イオウ病ではないかと思うんですけど(実物の写真があればすぐにわかるんですが)若い葉っぱは、小さくなっていませんか?小さくなっていればイオウ病です。イオウ病は土の中に病原菌がいるので、いったん発病したら直す方法はありません。
いずれにしても、上に書い...続きを読む

Q駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがい

駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがいを教えてください。
また、それぞれの鉢の長所、短所も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢と比べたら少ないというだけです。
逆に素焼き鉢は、強度が弱い代わりに通気性や透過性が大変良いです。しかし、通気性や透過性が良いということは、水がすくに蒸発してしまうという事でもありますので、水の管理が大変です。真冬などにしみこんだ水が凍って膨張し、割れてしまうこともあります。

駄温鉢はどこにでもある見慣れた形で外見に面白みはないのですが、植物の生育には最適な鉢だと思います。室内や玄関先などをおしゃれに飾りたい場合はデザイン性に富んだ素焼き鉢から選び、植物の生長を重視する場合は駄温鉢を使うという使い分けをすると良いと思います。

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢...続きを読む

Qいちご栽培について

どうしてもMYいちごが食べたくてマンションなんですが昨年、プランターにイチゴの苗を植えて栽培し始めました。ここ最近、苗が枯れてきました。葉の周りから茶色になり始め葉全体が枯れてきてしまうんです。新しい葉も出て来ていますが回りが茶色くなってきたような気がします。何か病気にかかっているのでしょうか?対処方法を教えてください。

Aベストアンサー

どこにお住まいか分かりませんが、普通寒い時期はそのような状態になります。よほどの寒冷地でなければそのままで良いでしょう。春になって活動を始める前に枯葉を取り除き施肥を行います。肥料は与えすぎると障害が起きます。

Qラズベリーの鉢栽培

ラズベリーを大型の鉢で育てたいと思って、
いろいろ調べています。

1,生食でおいしい品種のお勧めがあれば教えて下さい。
(今、候補に考えているのは、インディアンサマー、
マイラビット、ファールゴールドです。これらを
食べた・育てた事があるかたの感想もぜひ聞きたいです。)

2,乾燥に弱い様ですが、夏場は腰水しても大丈夫ですか?
(日当たりと風通しが良すぎるため、夏場は朝晩水を
あげても、乾燥してしまいます。)

3,かなり繁殖力が強いようですが、寄せ植えしても
大丈夫そうですか?
(ミント等の様に、他者を駆逐してしまいますか?
今考えているのは、10号程度の鉢で、マルベリー・
ワイルドストロベリー数株との寄せ植えです。性質が
似ているようなので、一緒に育てやすいかな?と思い
ますが、どうでしょうか)

他、ラズベリー栽培経験者の方のアドバイスや、他の
ベリー系おすすめ品種等もあれば、併せてお願いします。

Aベストアンサー

わかる範囲だけ書きますね。^^

2.乾燥に弱いといっても、腰水するほどではありません。水持ちのよい少し重たいめの土を用いる程度で充分だと思います。
夏場の腰水は、水がお湯になり根を傷めてしまう可能性もありますし。。。

3.繁殖力は、毎年、株元からシュートやサッカーが出ます。ですが、鉢植えですと根が伸びる範囲が限られていますので、手に負えなくなるほどではありません。
品種にもよりますが、古枝を切って新枝と更新するタイプのものだと、そんなに大きくはなりませんが、
それでも10号鉢だと、1株植えが適当かと思います。
寄せ植えということですが、マルベリー(桑ですよね?)は、根を張るスペースを求めてけんかしそうですし、ワイルドストロベリーは、駆逐されそうな気が。。。(^^;
マルベリーも10号以上の鉢で、1株植えがよいかと思います。^^

おすすめベリー系といえば、ジューンベリーがおすすめです。
こちらは、草ではなく木なんですが、10号鉢程度で栽培できますし、花も実も楽しめますよ。^^

Qいちご栽培について

今年初めてイチゴの苗を買って畑に植えていますが
今後どうやって育てていけばよいか分りませ
どんな肥料をいつ頃やって寒い冬はそうすればよいか
教えて下さい

Aベストアンサー

家庭菜園で毎年20ポット買って来て畑に植えています。

植え付け準備として2~3週間前に堆肥、苦土石灰、ようりん、元肥(化成肥料)を全面にまいて、耕して置きます。

目安としては1m2当たり堆肥(2kg)苦土石灰(150g)ようりん(100g)です。元肥として化成肥料を1m2当たり60gです。

イチゴは生育期間が長いので、肥料を追加します。追肥と言います。12月、2月に薄い液肥(ハイボネックス等)か油かすをひとつまみ程度株元に施します。

♯1さんが書かれている様にマルチングすると、地中が温められ育ちが良く雑草等の繁殖防止になり又、雨などの土はねで果実が汚れずにすみますので、マルチングはお勧めです。

私の地方での積雪(10cm)は5回位ですが、特に管理はしていません。

Qイチゴの栽培について

昨年よりイチゴを栽培し始めました。
今ランナーが伸びて株が倍くらいに増えてとても嬉しいです。ところで、栽培について3個質問があります。


(1)こちら鹿児島なのですが、いちごの元株の葉が枯れてきました。この枯れの原因が分かりません。天気でこうなったのか、肥料か水か?はたまた、もう株の寿命なのか?分かる方教えてください
ちなみに最近の天気は1週間前が直射日光もきつくとても暑い日で、ここ数日は毎日雨です。
一週間前に肥料もやりました。

(2)イチゴの実がある程度大きいのですが少々すっぱいです。甘くするにはどうしたらよいのでしょうか?

(3)これからの季節の管理方法がわかりません。日陰で育てた方がいいのでしょうか??


どうぞご教授お願い致します。

Aベストアンサー

(1)考えられる原因、及び傾向と対策としては、
・高温による一時的な株疲れ→普通に管理していれば回復。
・肥料やけ→株に近いところに肥料を施したことによる肥料やけ。水をたっぷりかけて様子を見る。
・葉にクモの巣がかかったようになり、色あせて枯れていく。葉裏に小さく赤い虫がいる→ハダニ(害虫)による被害。被害にあった葉は摘み取り、殺虫剤をかける。
・カビのようなものがつき、黒く変色→灰色カビ病による被害。通風を良くして乾燥気味に管理。
と言ったケースが考えられます。
対策を施しても枯れたときは、寿命と思って新しい苗を親株にしてください。

(2)これも品種によりますが、イチゴはもともと寒い地方の作物であり、しかも昼夜の温度差が大きいほど甘みが増します(これは野菜・果物共通の生理)。
人為的に糖度を上げるためには、アミノ酸の葉面散布が一般的に効果があると言われております。

(3)とりあえず秋口までは、普通に直射日光下で育てます。
夏場は花を咲かせないので、肥料はチッソ・リン酸・カリのバランスが取れた、長効きするタイプのものを使用します。
#2さんと重複しますが、根が直接肥料に当たると肥料やけを起こしますので、株から離して与えます。

(1)考えられる原因、及び傾向と対策としては、
・高温による一時的な株疲れ→普通に管理していれば回復。
・肥料やけ→株に近いところに肥料を施したことによる肥料やけ。水をたっぷりかけて様子を見る。
・葉にクモの巣がかかったようになり、色あせて枯れていく。葉裏に小さく赤い虫がいる→ハダニ(害虫)による被害。被害にあった葉は摘み取り、殺虫剤をかける。
・カビのようなものがつき、黒く変色→灰色カビ病による被害。通風を良くして乾燥気味に管理。
と言ったケースが考えられます。
対策を施しても...続きを読む

Qいちご栽培担当者を英語で何と言いますか?

名刺に記載する名称で困っています。

「いちご栽培担当者」を英語で何と言いますか?

教えてください。宜しくお願いします。

Strawberry Cultivation Administrator では固いような気がして。。
他に良い表現があればお願いします。

Aベストアンサー

どういう意味の担当者かによります。
実際につくっていれば、Cultivatorでもよいでしょうが
省庁などでの担当誰ばお書きになったような訳かと
おもいます

Qイチゴの栽培について。

今からイチゴを栽培しようと思っています。
苗などはホームセンターで購入しました。
プランターは20×60×20(縦×横×高)くらいの物を使用するつもりです。

そこで、気をつけるべき事を教えてください。
あと、収穫して食べれるのはいつになるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、

私もプランターでイチゴを育てています。私の場合は、10月頃植えて、現在もイチゴがなっています。もう、3年ぐらいになります。品種は、トヨノカとサチノカです。

土は、普通の培土(花の土)など、水はけの良い土を使います。イチゴの味を良くする為に、リン酸肥料を少し加えて下さい。それぐらいのプランターなら、約100グラム程度の骨粉か過燐酸石灰になります。(なければ、無しでもよい)

プランターの大きさからして、苗3株程度植えるのがよいです。

苗の状態はどうでしょうか?花は見えていますか?
花が咲いている状態でしたら、苗を植えて、肥料(できれば有機肥料)を200グラムぐらい、株に間において下さい。
花が見えない状態でしたら、そのまま肥料なしで植えて、花が見えたときに同じように肥料をやって下さい。

苗を植えてから、2週間は土を乾かさないように頻繁に、水をかけます。

花が咲いたら、受粉をします。本格的にイチゴを作っている農家は、ミツバチを飼って受粉させています。もし受粉させなければ、イチゴの形がゆがんだものになります。受粉やり方は、ワリバシの先にワタみたいなものをつけて、花をポンポンと軽くたたきます。
花が咲いてから、だいたい30日ぐらいで収穫です。(冬場は45日ぐらいでしょうか)

イチゴに付く病気・虫も数多くあります。一番の気をつけるのは、ウドンコ病です。ウドンコ病は、イチゴの葉の裏や実に、白いカビが発生します。
まずは、こうならないように、プランターにイチゴを植えてから、定期的に活力剤などを霧吹きで散布してやります。活力剤は、キトサンや木酢液が一般的です。

イチゴの実が色づきかけたら、水は控えめにします・・味を良くするためです。
実は日に当てたほうが、良いので、葉の陰にならないように出してやります。
イチゴの実は花が咲いてから、収穫までの日数が長いほどおいしくなります、冬のイチゴが美味しいのはそのためです。
イチゴの花が出る、葉が5枚ぐらい出る、また花が出るというのを繰り返します。

イチゴの実が成ってきたら、かなり葉が茂ってきますので、黄色くなった下葉を取り除いて下さい。手入れしてやれば、7月ぐらいまで、実はとれますが、暑くなってきて、イチゴの味は酸っぱくなってしまいます。

収穫が終われば、イチゴはランナーという、芽を出してきます。このランナーから、次の苗を取ることができます。

冬場でも、室内でイチゴを育てることができます。そのときは、品種はサチノカをおすすめします。

こんにちは、

私もプランターでイチゴを育てています。私の場合は、10月頃植えて、現在もイチゴがなっています。もう、3年ぐらいになります。品種は、トヨノカとサチノカです。

土は、普通の培土(花の土)など、水はけの良い土を使います。イチゴの味を良くする為に、リン酸肥料を少し加えて下さい。それぐらいのプランターなら、約100グラム程度の骨粉か過燐酸石灰になります。(なければ、無しでもよい)

プランターの大きさからして、苗3株程度植えるのがよいです。

苗の状態はどうでしょうか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報