ホヤの系統について深く知りたいのですが、本屋に行っても自分が求めているものもなくて、ネットでも検索してもあまりなかったのでここで聞いてみようと思いました。
分子的なホヤの系統に関するサイトや本を知っていましたら、教えてください。お願いします!
ここで書いてくれても全然構いません。お願いします!

A 回答 (1件)

↓ 『ホヤの分子系統学を世界に先駆けて行った』先生の様です。

文献も出てます。

参考URL:http://www.seto.kais.kyoto-u.ac.jp/wada/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!

お礼日時:2003/08/01 03:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分子系統樹

河合のマーク式総合問題集の生物で、異なるアミノ酸の数に関する分子系統樹の問題があったんですけど、「理論上、2樹間で異なるアミノ酸の数は、分岐してからの時間に比例する」と解説に書いてあって、哺乳類bとc、bとa、bとヒトの異なるアミノ酸の数は近い値になると書いてあります。
分子系統樹を見たら、それぞれの距離が違うのになんで近い値になるんですか?

Aベストアンサー

距離は図の線をずっとたどるんだよ。たどった線の長さは同じになりませんか。

Q分子進化の中立と系統樹

CLUSTALWで系統樹を作成する際、分子進化の中立性に関する設定項目がありますよね。
デフォルトでは考慮する様ですが、試しに考慮せずに作成したところ、劇的に変化しました。
系統樹を作成する上で、分子進化の中立性は具体的にはどのように用いられたのでしょうか。
できれば、計算式ではなく概念について教えてください。
もちろん、参考書やWebでもかまいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もう下記のURLはご存じかもしれませんが。念のため…

◎木村資生と中立説
http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/C/bunsi-02.html

参考URL:http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/C/bunsi-02.html

Q細胞内共生の第二段階を経て進化した褐藻の分子系統学的解析

褐藻類は形態上の特徴として4重膜を持つため、二次共生型であるということは理解できたのですが、果たしてこれは分子系統学的にはどのように解析された(どのような遺伝子に着目して解析されたのか)が分かりません。

参考URL等ござましたらどなたかご教授ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

走塁の第二段階の細胞内共生については、
『多様性の植物学 (2)植物の系統』(岩槻 邦男 ,加藤 雅啓 編. 東京大学出版会)
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%9A%E6%A7%98%E6%80%A7%E3%81%AE%E6%A4%8D%E7%89%A9%E5%AD%A6%E3%80%882%E3%80%89%E6%A4%8D%E7%89%A9%E3%81%AE%E7%B3%BB%E7%B5%B1-%E5%B2%A9%E6%A7%BB-%E9%82%A6%E7%94%B7/dp/4130642383/

の第5章「細胞内共生と系統分化」(原 慶明)に記述されています。

その中で表示されている分子系統樹は以下の3篇に依っています。

・核由来のリボソーム小サブユニット遺伝子(rRNA)と
葉緑体由来のルビスコ大サブユニット遺伝子(rbcL)
McFadden, G. I., P. R. Gilson and R. Waller. 1995.
Molecular phylogeny of Chlorarachniophytes based on plastid rRNA and rbcL sequences. Arch. Protistenkd. 145 : 231-239
http://cat.inist.fr/?aModele=afficheN&cpsidt=3545800

・クロララクニオン植物のヌクレオモルフと、他の植物の核由来のSSU rRNA遺伝子
Ishida, K., R.R.Green and T.Cavarier-Smith. 1999.
Diversification of a Chimaeric Algal Group, the Chlorarachniophytes: Phylogeny of Nuclear and Nucleomorph Small-Subunit rRNA Genes. Mol. Biol. Evol. 16 : 321-331
http://mbe.oxfordjournals.org/cgi/content/citation/16/3/321

・単細胞紅藻類に焦点をあてた紅色植物の核由来の18SrRNA遺伝子
Yokoyama, A., K. Sato and Y. Hara. 1999.
The generic delimitation of Rhodella (Porphyridiales, Rhodophyta) with emphasis on ultrastructure and molecular phylogeny.
Hydrobiologia : (投稿中)
http://www.springerlink.com/content/r3k70445w13387k1/

スペルミスがあったらご容赦。

走塁の第二段階の細胞内共生については、
『多様性の植物学 (2)植物の系統』(岩槻 邦男 ,加藤 雅啓 編. 東京大学出版会)
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%9A%E6%A7%98%E6%80%A7%E3%81%AE%E6%A4%8D%E7%89%A9%E5%AD%A6%E3%80%882%E3%80%89%E6%A4%8D%E7%89%A9%E3%81%AE%E7%B3%BB%E7%B5%B1-%E5%B2%A9%E6%A7%BB-%E9%82%A6%E7%94%B7/dp/4130642383/

の第5章「細胞内共生と系統分化」(原 慶明)に記述されています。

その中で表示されている分子系統樹は以下の3篇に依っています。

・核由来のリボソーム小サブ...続きを読む

Q分子系統

一つの遺伝子の塩基配列を用いるより、複数の遺伝子の塩基配列を用いたほうが良い分子系統解析結果になるとされる根拠は何でしょうか?

Aベストアンサー

まず単純に情報量が増えるからです。

次に,狭い領域を使った場合,その領域に固有のノイズの影響が無視できません。
しかし複数の遺伝子を用いればノイズ同士が互いに打ち消し合う可能性が期待できるためです。

後者については必ずしも正しいとは言えない場合も多いため,注意が必要です。
(例えば用いたすべての遺伝子で同じバイアスがかかっている場合)

もちろん,多数の系統解析に適さない遺伝子より,少数の適切な遺伝子を用いた方がよい,などの議論は常にされています。

Q分子系統学の意味について

はじめまして。
生物の分類や系統樹の作成は最終的にどのような意味があるものなのでしょうか?
抽象的な質問で申し訳ないのですが,できれば具体的に答えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

系統樹構築の意義は、種分化や系統発生について、分子ごとに類縁関係を明らかにすることにあります。それは、丁度私たちヒトの家系図を構築する場合の意義と似ています。それは、ある生物が、何時頃、どの系統から分岐したのかを推測する場合の良い参考になります。できるだけ多くの分子を用いて系統樹を作成すれば、その信頼性が高まります。反対に、一つひとつの「分子」に注目すれば、その分子が何時頃できてきたのか、どのような生物において発生し、どのように受け継がれて行ったのか、など、その分子について、より詳しく推測することができます。

さらには、これらの系統樹におけるその生物の位置と、その生物の表現型とを突き合わせてみると、遺伝子型と表現型との関係についての知見になりますし、分子進化の傾向や集団分子遺伝学の上での重要な知見になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報