人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

貝のシッタカ(バテイラ)をゆでると奥に引っ込んでしまうのですが、どうしたら引っ込ませずにゆでる事ができますか?ちなみに生きたまま熱湯に入れました。

A 回答 (5件)

 こんにちは、いろんな巻貝を海で採ってきて茹でて食べます。


「正しい巻貝の茹で方」なんて今まで気にした事ありませんが、
いつもやっている方法は、「水から茹でる」唯これだけです。
生きた貝をいきなり熱湯に入れればびっくりして奥の方へ縮んでしまうので、水からゆっくりと暖めてやれば、いい湯だなとおもって体を伸ばしてくつろいでいる間に安らかな成仏。……でも本当は、段々水が熱くなってきて”助けてー”と身をよじりながら断末魔の悲鳴を上げている最期の姿……
    • good
    • 14
この回答へのお礼

No3さんの紹介ページにもありました。水から茹でるようです。引っ込んでいない時に熱湯で瞬間的に茹でてしまうと考えていましたが、全く間違っていたようです。ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/16 14:28

#2です。


水から茹でるという方もいらっしゃいますが、バテイラでしたら沸騰したところに入れて、再沸騰してから約2分で茹で上がります。
そのようにしても質問者の方の言うような全く奥に引っ込んで身が出てこない状態にはなりません。
茹で汁も塩だけよりも水と酒、醤油、若干の塩の茹で汁で作るとよりおいしいと思います。
ちなみにゆで汁に入れたまま冷ましてからたべても身が固くなってしまうということもありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/08 12:51

こんにちは



こちらですね
http://store.shopping.yahoo.co.jp/ozukasuisan/u- …

水からゆでるようですよ
http://www8.ocn.ne.jp/~hayama/sotomeshi/shittaka …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HPを見させていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/16 14:24

バテイラであれば大体はそのようにならないのですが、似たような物でオオコシダカガンガラ、コシダカガンガラと言う貝がありそれらだと質問のような状態になるのではないかと思います。

採取されたものか購入されたかはわかりませんが、それらは全てシッタカとされて販売されているようです。ちなみに茹で方はその方法で構わないと思います。
    • good
    • 2

生きた貝ですから、ゆでて引っ込むのはどうしようもないでしょう。


ゆでた後、ふたのすき間に針のようなものをさしこんで、貝をくるっとしたら身が抜けます。

この回答への補足

見えないところまで引っ込んでしまうんです。
仕方ないので割って食べましたけど。
料理屋さんで出してくれるのは引っ込んでいなくて、ツマヨウジでくるっと出す出来ます。なので、ゆで方にコツがあるのかと思いまして。

補足日時:2008/08/15 10:45
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qびな(九州北部では)を上手に茹でる方法教えて下さい。

びな(九州北部では)と言う貝は茹でて、爪楊枝を刺してほじって食べます。
ただ、なかなか巧く茹でられません。
爪楊枝が刺さらないくらい奥に引っ込んでしまいます。
食べやすく、上手に茹でる方法教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは.

「ビナ」と言ってもいますが,
形状が長細い「カワニナ」のことですか?
それと同じ「ウミニナ」が存在します.
「カワニナ」は,河川の上流の一部と,
海の干潟に生息している「ウミニナ」があります.
地域によると巻貝を含んでいる場合がありますが,

どちらかと言うとサザエ型の巻貝の場合は,
爪楊枝や太い留め針などで身を回転させながら引き出します.
そうする事で,貝奥の身の末端まで取り出すことが出来ます.

カワニナ型の場合は,穴の有る五円硬貨を用いて食べます.
硬貨の穴に貝のとがった先端を差込み折ります.
そして貝の反対側から,身を吸い出していただきます.

これは非常に簡単な食べ方ですが,
中には捕獲される前の成長期に川の流れなどで
先端が折れている場合があります.
その場合は留め針を使っていただくしか手がありません.

なお唇に貝を当てて吸い込む訳ですから,
慣れない人の場合,肺にまで吸い込まないように,
吸い込む時に舌の先端で貝自体を止める,
充分な注意と配慮が必要があります.

茹でる際には,海水と同じ程度の塩水を沸騰させ,
洗ったニナを投入すれば,5~10分位で熱が通ります.
あまり長く煮ると身の旨味が茹で汁に流出し,
身が硬くなったり味が奪われたりします.

ミナ貝の場合,
茹で上げたのに,一見生の状態かと思われる粘質部が残っっていたり,
貝が食べた藻類の濃い緑色部が残っていたりしますが,
私の場合はそれもニナの特徴有る風味と思っていただいています.

「塩水で煮る」のには意味があります.
茹で上げた後貝はざる等に移し,すぐに茹で湯は捨てます.
ザルに熱いままの放置すると,貝の表面に残った塩水は,
熱で塩分だけが薄い白色として残ってしまいます.
いただく時に,唇に触れたその際に残った塩が味付けになり,
吸入した身が口中でマッチして美味しいからです.

ニナの食味を,ご家族でどうぞ心行くまでお楽しみください.

ご質問者さまの参考の一助になれば幸いです.

こんにちは.

「ビナ」と言ってもいますが,
形状が長細い「カワニナ」のことですか?
それと同じ「ウミニナ」が存在します.
「カワニナ」は,河川の上流の一部と,
海の干潟に生息している「ウミニナ」があります.
地域によると巻貝を含んでいる場合がありますが,

どちらかと言うとサザエ型の巻貝の場合は,
爪楊枝や太い留め針などで身を回転させながら引き出します.
そうする事で,貝奥の身の末端まで取り出すことが出来ます.

カワニナ型の場合は,穴の有る五円硬貨を用いて食べます.
...続きを読む

Q貝の保存法が間違っているか心配です

本日、貝を採ってきました。
海水と一緒に持ち帰って、3時間ほどで自宅に到着。
おそらくほとんど砂抜きができていると思います。
その後、砂を取ってから同じ海水でもう少しつけておきました。
そのときは元気があったのですが、真水を少し足してから元気がありません。
あわてて塩分3%の水を作り入れなおしましたが、それでも元気がありませんが、問題ないでしょうか?
金曜日の夜に食べたいんですが、保存方法等を教えてください。

Aベストアンサー

潮干狩りでアサリでも獲ってきたんですか?^^

一旦弱り始まると、死んだヤツの体液で廻りの貝も弱ってきて
最後には全滅しますから
弱っちゃったら、とっとと冷凍した方がイイですよ。

たぶん、塩分濃度の変化と水温高くて弱ったんじゃないですかね。

冷凍で長持ちさせたいなら
殻剥いた身を立て塩ごと袋に入れて空気抜いて冷凍すれば、
空気に触れないんで冷凍ヤケせずに済みます^^

ウチでも
剥き身の岩ガキ、ホッキ、アワビなんかを冷凍してますが
ちゃんと処理すれば1年位は余裕ですw


貝は獲ってスグに食うのが一番ウマイのは確かですから、冷凍をオススメしてる訳ではありませんが、
ウチでは不漁の時の保険で冷凍してます^^

Q味付けばい貝の奥までキレイに取る方法

他のカテゴリーで『伊東家の食卓』の裏技の事でおなじ
質問していましたが、こちらの方がご存知の方がいらっしゃるかと
思い、質問いたします。

『味付けのばい貝』や『サザエ』などなかなか取れない奥を 
(先です。なんて呼ぶ部分なんでしょう 肝ですか??)
最後まで気持ちよく取りたいのです。番組では、耳元で
振って中身をキレイに取っていましたが詳細が思い出せません。

番組を見ていた方いらしたら教えてください。
また、その番組の裏技に限らず他に良い方法でも
良いです。宜しくお願いします^^

Aベストアンサー

まず焼いたサザエの汁を皿などにだしておく。
蓋がついたまま右手に持って振る。
音が変わったら(ぽこぽこ)片方の手にうちつけて
えい!っとお皿の上に取り出す。
あまり振りすぎると肝がつぶれるので注意。

Q[あわび]と[とこぶし]の違いを教えて!

これまで、[とこぶし]というのは[あわび]の小さいものの総称とばかり思っていました。どなたか両者の明確な違いを教えてください。
併せて、何処産のものが美味しいのかも知りたいです。

Aベストアンサー

一番判りやすいのは[とこぶし]と[あわび]の殻の穴の数を比較すると[とこぶし]は9個前後、[あわび]は7個位で[とこぶし]が多い。

両方とも殻の色は茶褐色で、赤褐色の不規則な斑紋があって内側は真珠のような光沢があり、大きさの違いが特徴です。

[あわび]は北海道南部から九州までの水が澄んだ潮通しのよい海域に生息し・・・旬は晩春から夏にかけてです。

[とこぶし]は北海道南部から九州までの各地に分布し,外海の岩礁に生息し・・・夏が旬です。

[とこぶし]も[あわび]も3~4月頃、内臓に毒性がみられますが一般に夏に解禁時期を迎えています。


[とこぶし]の美味しい所は、東京近辺では伊豆下田、火山被害で心配な「三宅島」が有名です。

[あわび]の美味しい所は、エサの海藻が美味しければ[あわび]も旨く北海道北部の昆布産地の[蝦夷あわび]は最高だと思います。

その他の有名産地では、青森県大間産、岩手県吉浜産は、乾燥アワビでは[鮑魚:パオユイ]といい、香港辺りでは最高級食材で

一個当たり、2万円~25万円(直近)で取り引きされ贅沢な饗宴に供せられます・・・

    http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=205095・・・#2参照。
    http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=285644・・・#3参照。
    http://www.the-kaiya.com/products/index.html・・・こんな鮑もあります。


*中華料理では[鮑魚]とかいてある場合、特にアワビとトコブシを区別しないようです。

*[あわび]の大きいものは、殻の長さが約15~25cmにもなり[くろあわび][まだかあわび][めかいあわび]などがあります。

一番判りやすいのは[とこぶし]と[あわび]の殻の穴の数を比較すると[とこぶし]は9個前後、[あわび]は7個位で[とこぶし]が多い。

両方とも殻の色は茶褐色で、赤褐色の不規則な斑紋があって内側は真珠のような光沢があり、大きさの違いが特徴です。

[あわび]は北海道南部から九州までの水が澄んだ潮通しのよい海域に生息し・・・旬は晩春から夏にかけてです。

[とこぶし]は北海道南部から九州までの各地に分布し,外海の岩礁に生息し・・・夏が旬です。

[とこぶし]も[あわび]も3~4月頃、内臓に毒性...続きを読む

Qサザエの茹で方について

私は毎年夏になると海に生き、素もぐりでサザエをとってきては
普通に茹でて食べているのですが、毎回、茹でるたびに
「どれくらいの時間茹でればいいのか」迷っています。
茹で過ぎると硬くなるような気もするし、茹でたりないと日持ちがしないんじゃないか、などと悩んでいます。また、茹でるとき塩を入れたほうがいいのでしょうか?なんとなく入れたほうが良いような気がして一応入れてますけど…。
皆さんは、どのようにしているのか教えて下さい。

Aベストアンサー

私の田舎では茹でる時に塩を入れて茹でます

沸騰したお湯に塩を入れてサザエをいれ
再び沸騰して5分くらいしたらざるにあげ
食べてます

沢山とれすぎると茹で上がったものを
さまして冷凍して
次回食べる時には水から入れて(塩も入れます)
沸騰してから5分くらいでざるにあげます

生で食べない時は茹でるか
茹でたものを身を取り出して
甘辛く煮て食べたりもしました

刺し身、壷焼きもいいですが
甘辛く煮るのも個人的には大好きです

あと、ナスと身を炒めて
酒と醤油で軽く味を付けるとか

酢の物にするとか結構いろんな事をして食べてました

田舎を離れてしまうとなかなか
こういう食べ方は出来ませんが
チャンスがあったら是非試してみてください

Q死んだ貝をを食べるとどうなりますか?

死んだ貝は、茹でても貝が開かなく、中にこもってしまいますが
無理やりこじ開けて身を食べた場合、おなかを壊したりしますか?

Aベストアンサー

火を通しても開かない貝は、死んでるから開かないということでは無いです。

死んでいても、加熱して、損傷の無いものは開きます。

死んだ貝でも腐ってなければ、食べても平気。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Qミナ貝の砂抜き方法

ミナ貝の砂抜き方法

Aベストアンサー

アサリと同じですよ

たっぷりの量の海水もしくは海水と同じ濃度にした塩水の温度を50度にすれば、15分ほどで砂抜きが完了します

Qあわびの調理法を教えてください!!

活きたあわびを2枚頂きましたが、調理の仕方がわかりません。

明日の晩御飯に1枚はお刺身、1枚はバター焼きで食べたいと思いますが、
下ごしらえ(洗うところ)から調理の仕方まで、全くわかりません。

魚介類の調理が苦手なのですが、特に生きて動いているのは
触れません・・・。(-_-)

どなたかお料理が得意な方がいらっしゃいましたら、
教えて頂けませんか?
宜しくお願いします!!

ちなみにあわびは
発砲スチロールの箱に海水に浸かっているのですが、
とりあえず蓋をあけて冷蔵庫に入れました。

Aベストアンサー

下ごしらえは何で食べるかによって違います。

刺身は皆さんの言うとおり塩して綺麗に洗うのが理想でしょうけど、陶板焼きや、バター焼きは私は軽くしか洗いません。
理由はあまり綺麗に洗うと、磯の香りがなくなってしまいます。
陶板焼きは特にですね。

刺身は殻からはずしてひだひだの部分は硬いので外します。
で、貝柱みたいなところを薄くスライスして肝醤油で食べれば美味しいです。
ひだひだは、酒と水の同割り(玉酒っていいます)で柔らかくするために大根入れて30分ほど蒸して食べれば、柔らかくて美味しいです。酒でくさみ取れ大根入れる事で柔らかくなります。
勿論アワビの身ごと蒸しても柔らかくて美味しいです。
ボイルは中に火入るまでやると、かなり小さくなってしまいます。
生きているの触れないのであれば、殻のほうを良く洗ってそのまま蒸して、そのあと外してもいいかも。

肝は緑の部分ですが、全て食べられるわけではありません。説明しにくいですが、砂が入っている部分があります。
生ではさすがに食べない方がいいでしょう。
食べるなら、玉酒で蒸すか、ボイルしてからですね。

加熱した肝を裏ごして刺身醤油に混ぜれば、肝醤油の出来上がりです。

バター焼きは生きているの触れないのであれば、これも殻のほうを良く洗ってそのまま焼けばよいでしょう。
熱したフライパンにアワビ入れ、白ワイン入れてアルミホイルで素早くフタをして蒸し焼きみたいにするといいでしょう。
その後に塩なり、胡椒なり、醤油なりいれて味付けすれば良いとおもいます。そして最後あたりにバター入れて完成。
この場合は最後にバター入れたほうが、バターの香りが飛びすぎず良いでしょうね。

家庭ではなかなか難しいかも知れませんが、頑張ってみて下さい。

下ごしらえは何で食べるかによって違います。

刺身は皆さんの言うとおり塩して綺麗に洗うのが理想でしょうけど、陶板焼きや、バター焼きは私は軽くしか洗いません。
理由はあまり綺麗に洗うと、磯の香りがなくなってしまいます。
陶板焼きは特にですね。

刺身は殻からはずしてひだひだの部分は硬いので外します。
で、貝柱みたいなところを薄くスライスして肝醤油で食べれば美味しいです。
ひだひだは、酒と水の同割り(玉酒っていいます)で柔らかくするために大根入れて30分ほど蒸して食べれば、柔...続きを読む

Qアサリ、死んじゃった? 食べても大丈夫ですか?

2歳と4歳の娘がアサリの酒蒸しが大好きなので、お昼買ったアサリを砂だししておきました。が、うっかり忘れていて、10時間ほど経った今みてみると、塩を吹いた形跡はあるものの、みんなダラーンと白い体?を貝から出して元気がない様子です。突っついてもあんまり反応がありません。ピクッとする物もいるけど完全に貝の中まで引っ込んではくれません。

塩水を作るときにきちんと計らず、目分量でドサッと入れたのでしょっぱすぎたのかな?とも思っています。明日子供に食べさせても大丈夫なのか心配です。死んじゃったのでしょうか?

Aベストアンサー

塩の濃度が高いと、貝は死んでしまいますよ。
かなり弱っているようなので、復活するかわかりませんが
海水と同じくらいの濃度(3~5%)の水に、取り替えてみてください。(1リットルに大さじ2杯ぐらい)
それと、アサリが完全に塩水に浸かってしまっていませんか?
アサリが重ならないようにして、貝の上部すれすれの水の量にしてください。
塩も、完全に溶かしてくださいね。

もしアサリが死んでいたなら、明日になればかなりの悪臭がします。
火を通しても、アサリの蓋が開かないと思います。
(蓋の開きが悪いものも、できれば食べないほうが良いと思います)

以上、目安にしてください。


人気Q&Aランキング