利用規約の変更について

国語 夏休みの思い出の作文が…
 
中学生です。国語の宿題で、夏休みの思い出の作文(720字程度)があります。
旅行に行ったのでそのことをとりあえず下書きで書いたのですが
どうも文末が「~でした。」「~です。」「~ました。」ばかりになってしまいます。
なにをしてなにをしてなにだとおもいました。ってかなり小学生みたいなのでどうにかしたいのですが
文末を工夫できませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

書きたいことを書く。

それだけです。
文章力ではありません。
何に興奮したとか、何を食ったとか、何が気持ちよかったとかを素直に書けば、自然と気に入った文章ができます。

それはともかく、逆に「~でした。~でした。~でした。」と同じ文末を徹底して使いまくるように努力してみてはいかがでしょうか。
下手くそなら、下手くそなりにこだわればいいのです。
何も文末のバリエーションを豊富にすることだけが作文ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/01 13:34

http://www.mori7.com/okap/index.php

↑ここで、色々なお友達の作文を参考にしてみてください!
    • good
    • 3
この回答へのお礼

作文は敬体で書かないといけないんです。すみません。

お礼日時:2010/08/31 13:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活作文の書き方について

こんにちわ。今中学3年生です。
生活作文を書かなければいけないのですが、生活作文は普通の作文のように書いていいのでしょうか?部活動のことを題材に書こうとしているのですがよくわからなくて困っています。なので生活作文の書き方を詳しく教えてほしいです。できれば文章構成も教えてほしいです。枚数は3枚です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 読書感想文に近いとは思います。生活作文で3枚はけっこうきついかもしれませんが、題材は大きめがいいですね(つまり広がりのあるテーマ)。部活は大丈夫だと思います。

1 あらまし
2 自分の部活動に入った経緯・環境などについて
3 具体例をふまえて、自分の発見・事件・変化など
4 展望、まとめ

 というところでしょうか。


 例文



 私は中学入学の時からサッカー部として練習してきたが、最後の総体も残念ながら一回戦敗退という結果におわり、引退した。ふと部活動を続けて、意味があったのだろうかと考えることがあった。

 


 私は小学校の頃からサッカークラブに入っていた。もともとサッカーに興味があったのではなく、ちょうど親友に誘われて何となくはじめた。しかし、じょじょにその魅力を知った。・・・



 引退後、すぐには自分がサッカーをしてきたことは時間の無駄だったのではないかと思った。しかし、今その考えは間違いだと思っっている。サッカー部だからといって、サッカーの技術だけを学んだわけではない。1年のとき、友達と喧嘩した。2年のとき、総体に敗北した時、先輩と共に涙をながした。日々の練習はつらかったけれど、その一日一日につらさもあれば、笑いもあった。・・・



 サッカー部で、私はたくさん友達に恵まれた。その友達とは部活にかぎらず、一緒に勉強することもあったし、いろんな悩みを相談しあうこともよくあった。今、私はたくさんの価値あるものをもらったのだ。・・・


 適当に書きましたが、みたいな感じなのでしょうかね。3はもっと具体的に、詳細に書けると思いますが、このあたりが一番大事でしょうね。

 読書感想文に近いとは思います。生活作文で3枚はけっこうきついかもしれませんが、題材は大きめがいいですね(つまり広がりのあるテーマ)。部活は大丈夫だと思います。

1 あらまし
2 自分の部活動に入った経緯・環境などについて
3 具体例をふまえて、自分の発見・事件・変化など
4 展望、まとめ

 というところでしょうか。


 例文



 私は中学入学の時からサッカー部として練習してきたが、最後の総体も残念ながら一回戦敗退という結果におわり、引退した。ふと部活動を続け...続きを読む

Q生活作文~困っています~

こんにちは。
夏休みの宿題も生活作文だけとなりました。が・・・
生活作文に何を書こうか思いつきません。内容は、部活と勉強以外だそうです。
部活と勉強以外でなにか、かけそうな内容をアドバイスしてください。
 中学生です。

Aベストアンサー

部活動そのものはテーマとして利用できないのであれば、夏休み、暑い中でかかさずに続けることによって自分が得たもの、家族旅行や遊びの計画の調整や試合の応援、はては毎日の洗濯物(運動部だとして?)といったことを通じてサポートしてくれる、家族との絆やその大切さ……はどうでしょう?

Q作文の書き出しってどう書けばいいですか?

私は高校生です。
未だに課題の作文が書けずに困ってます。
自力で書いて頑張ってみたのですが、どうしても一番最初の書き出しが書けません。
いつも書き出しさえ書けてしまえばあとは15~20分あれば、清書まで終わってしまうのですが・・・。
内容は修学旅行で出会った、あるとても優しい人について書く予定です。
具体的でなくていいので、何かヒントを下さい!
お願いします。

Aベストアンサー

はるか昔に高校生だった者です。
作文の書き出しは、たしかに苦労しますよね。
でも、いつもは↓なんですよね。

>いつも書き出しさえ書けてしまえばあとは15~20分あれば、清書まで終わってしまうのですが・・・。


その時のことを思い出してみてください。自分の過去の成功例を思い出して、それを再現するんです。
どうしてました?
いろいろ情景を思い描いたり。
浮かんでくる文章の断片を、真っ白な紙に、つれづれに書いていったり・・・・なんてしてませんでしたか?
(ちなみに、これはわたしの場合なんですが)

ちょっと落ちついた場所で、ひとりでコーヒー飲んだり。
旅行中の写真があったら、眺めてみたり。
原稿用紙から、少し離れてみてはいかがでしょうか?

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。

Q中学生の生活作文ってなにをかけば。

僕は今中2です。夏休みの宿題に生活作文があります。ですが、何を書けば良いのか分かりません。小学生のころなら「海に行った」とか書いていればよかったのですが、中学生で「海へ行った」なんて書くのもどうかと思うし・・・・。
何かアドバイスください。

Aベストアンサー

海へ行ったことだと小学生でも書けそうですよね?
特別な行事を書くのは小学生までかもね^^
休みが入る前と休みが入ってからの生活への変化?を書いたらどうでしょう。
小学校の時の感覚とと中学に入ってからの感覚は少し違うのでは?
その感覚的な事や行動などをまとめてみたらいいと思います。
あとは部活をしていればそのことでもいいかもしれませんね。

抽象的なアドバイスですがもう中学生ですからこのくらいのヒントでいいでしょう?

私の娘も質問者様と同い年なので、もし同じ事を聞かれたら上記に書いた事をヒントとして言いますよ。
宿題頑張ってください^^

Q「夏休みに見た映画」の作文の書き方

「夏休みの思い出」で作文7~8枚書くという宿題があるのですが、
作文の書き方や作文を書くときのコツとかあったら教えて下さい。
「夏休みに見た映画」をネタにして書こうと思っているのですが、
映画の感想文を書くときのコツもあったらお願いします。

Aベストアンサー

7~8枚って少し多いですね。
本当は、まとまりのある文章とするには、テーマを決めて、そのことに絞って書くと良いのでけど、長文だと、そうも行きません。
貴方が見た映画についてのことを書くのでしたら、その映画を見た印象を3つ位のテーマを立てて論じていくといいと思います。
くれぐれも、筋を追って、エピソードに関する感想の羅列にしない方がいいと思います。

また、課題が「夏休みの思い出」という題ですから、夏休みにどのくらい、あなたが成長したかを、最後の部分でまとめるとよいでしょう。

Q夏休みの宿題の自由題作文の題材を

私は中学3年生です。
夏休みの宿題で作文があるのですが、自由題が一番書きやすそうだったので、自由題作文にしました。
題材は、今、自分が習っている「バレエ」について書こうと思ったのですが、この題材では少し幼いでしょうか?
書こうと思っている内容は、「発表会に出演するので魅せる演技をしたい」や「なぜバレエを始めたのか」という事、注意された事、今までの習い事の発表会での失敗談などを中心に書いていきたいのですが…。
また、上に書いた事で「これは書かない方が良い」というのがあれば、それも教えていただきたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も、前の方々と同じように、書かない方が良いことなどは無いと思います。

一つ注意したいのは作文のストーリー構成ですね。バラバラなストーリー展開では読む側は疲れます。

私はバレエを○○年間やっている

自分には、ライバルがいて、切磋琢磨出来る間柄だ

小さい頃、先生に注意されたコトが○○年前のコンテスト入賞に大いに役立った

バレエを始めたキッカケは親の薦めだったが今は自分の意思で続けている

バレエをやっていて良かったことは・・・・

と言うような構成で書いてしまうより、ある種物語を作るような感じで、

バレエをやっている

始めたキッカケは・・・

小さい頃は・・・

ライバルと競っている

先生からこんな厳しい指導を受けた

今はこんな風に自分の形成に役立っている

(全部ひっくるめて)バレエは自分にとって・・・

と言うような、あくまで一例ですが。

読み手にとって一番ありがたいのは(手書き作文なら)
・字の丁寧さ(上手いか下手かではない。丁寧かどうか。)
・適度、適切な漢字の使用
・ストーリー展開の流ちょうさ(スムーズに読むには結構大事。)
だと思います。

私も、前の方々と同じように、書かない方が良いことなどは無いと思います。

一つ注意したいのは作文のストーリー構成ですね。バラバラなストーリー展開では読む側は疲れます。

私はバレエを○○年間やっている

自分には、ライバルがいて、切磋琢磨出来る間柄だ

小さい頃、先生に注意されたコトが○○年前のコンテスト入賞に大いに役立った

バレエを始めたキッカケは親の薦めだったが今は自分の意思で続けている

バレエをやっていて良かったことは・・・・

と言うような構成で書いてしまうよ...続きを読む

Q学校の調査書の短所の書き方

長所は「明朗活発」で良いと思うのですが
短所の書き方がわかりません。
どのような書き方があるのでしょうか。
例えば「気が短い」「飽きっぽい」
「細かい」とかの書き方じゃなく
四文字とかで表せるのってありますか?
教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは
私は、教育に多少は携わっていますが、逆に自分の短所を書かなければいけないときには、「少し頑張りすぎる。」「一つのことに、熱中しすぎる。」「誰にでも、気を遣いすぎる。」「心配症である。」など長所と裏返しのことを書くようにしています。
それだと、マイナスになりにくいですから。
調査書には、そういう書き方が良いのではないでしょうか。

Q生活作文の題材

高1の女子です。
7枚半の『生活作文』を春休みの宿題で書くことになったんですが、
題材がまだ決まっていません。
夏休みは『お小遣いについて』、冬休みは『クリスマスについて』書きました。
どのような題材がいいでしょうか??

Aベストアンサー

炊事・洗濯・ご飯炊きなど、普段は「お母さんがやっていること」を、自身で体験して・・・

例えば、ご飯の炊き方とか「いろいろなやり方があること」を、本やネットで調べて「やってみたら」・・・

「お母さんより、うまくできた。」

「将来、お嫁さんになった時に、だんな様においしいご飯を作ってあげようと思う。」

とか・・・

日常やっている、「あたりまえのこと」を「ちがう視点から見つめる」のが、良いのではないでしょうか。

Q作文の添削をお願い致します。「部活動について」

私なりに頑張って書いたつもりですが、提出するに相応しい文章なのか目を通して頂きたいと思います。
そこで、間違いや話の順序の違いなどあれば、文章を引用しても構いませんので、加筆・訂正などをよろしくお願い致します。

=========================
部活と聞くと、あまり良い思い出はありませんでした。高飛車な物言いをする先輩との上下関係や部員との価値観の違いなどから、ものすごく苦痛だった中学校生活を思い出してしまいます。そのようなトラウマから去年は事実上の帰宅部員として、1年間過ごしました。2学年に進級した私は、何か新しい事をしたいと考えたところ、部活をしてみようと思いました。部活動登録の時には去年全く出席しなかった申し訳無さでいっぱいでしたが、後輩も入部してきたので新しい気持ちで何かを始めようとした自分にはぴったりだと感じました。授業が終わったらすぐに逃げるように帰っていた自分は、今年から部活動に取り組もうと決心しました。
部活を始めてみようと思っていた当初は、「暇つぶしぐらいになればいいや」という考えでした。しかし、部活動を通してそのような気持ちは薄れて行くことになります。中学校とは違い、高校生は部活動全体が顧問や先輩の指示の下にさせられるのではなく、あくまでも自己裁量で活動内容を考えなくてはなりません。先輩としての立場を重んじて、後輩のバックアップやコミュニケーションを兼ねて何をやらなければいけないのかを考えるうちに個性や能力を発見し、伸ばす事が必要ではないかと思います。学年上、後輩からは「先輩」と呼ばれています。しかし、一年生と一緒に入部したも同然の自分は、部活動の中では下級生と対等な立場で取り組んでいるつもりです。それは以前身をもって体感した嫌な思い出があるから、職権の乱用とも言える横柄な態度を取る先輩は、下級生の模範にはならないと考えたからです。だからこそ、第一にコミュニケーションを大切にし、活発な意見交換を目指して、余暇の善用をはかりたいと思っています。

私なりに頑張って書いたつもりですが、提出するに相応しい文章なのか目を通して頂きたいと思います。
そこで、間違いや話の順序の違いなどあれば、文章を引用しても構いませんので、加筆・訂正などをよろしくお願い致します。

=========================
部活と聞くと、あまり良い思い出はありませんでした。高飛車な物言いをする先輩との上下関係や部員との価値観の違いなどから、ものすごく苦痛だった中学校生活を思い出してしまいます。そのようなトラウマから去年は事実上の帰宅部...続きを読む

Aベストアンサー

日に日に格段に上達しておられますね。ここは的を得た素晴らしい指導をされる方が多数おられますので、とても参考になっていらっしゃるのでは。

私見ですが、今回の作文はあなたの人となり、非常に真面目で完璧主義で、ある意味少しばかり融通の利かない性格の一端が垣間見えて、興味深く読ませて貰いました。これでイケルと確信します。

ただ気になった言い回しや、用語に関しては多少手を加えさせていただきました。


部活と聞くとそれまでは、あまり良い思い出はありませんでした。高飛車な物言いをする先輩との上下関係や部員との価値観の違いなどから、ものすごく苦痛だった中学校生活を思い出してしまいます。そのようなトラウマから去年1年間は、事実上帰宅部員として過ごしました。
2学年に進級した私は、何か新しい事に挑戦したいと考え、部活をしてみようと思いました。部活動登録の時には、去年は全く出席しなかった申し訳無さでいっぱいでしたが、後輩も入部してきたので新しい気持ちで何かを始めようとした自分にはまさに相応しいと感じました。授業が終わるとすぐに逃げるように帰っていた自分は、今年こそ部活動に取り組もうと決心しました。
部活を始めてみようと思った当初は、「暇つぶしぐらいになればいいや」という考えでした。しかし、部活動を通してそのような気持ちは薄れて行くことになります。
中学校とは違い、高校生は部活動全体が顧問や先輩の指示の下に強要されるのではなく、あくまでも自己裁量で活動内容を考えなくてはなりません。先輩としての立場上、後輩のバックアップやコミュニケーションを兼ねて何をやらなければいけないのかを考えるなかで、彼らの個性や能力を発見し、伸ばす事が必要ではないかと思います。
学年上、後輩からは「先輩」と呼ばれています。しかし、一年生と一緒に入部したも同然の自分は、部活動の中では下級生と対等な立場で取り組んでいるつもりです。それは以前身をもって経験した嫌な思い出から来ています。いわゆる立場の乱用とも言える横柄な態度を取る先輩は、とても下級生の模範にはならないと考えたからです。だからこそ、常にコミュニケーションを大切にし、活発な意見交換を目指して、余暇の活用をはかりたいと思っているのです。

日に日に格段に上達しておられますね。ここは的を得た素晴らしい指導をされる方が多数おられますので、とても参考になっていらっしゃるのでは。

私見ですが、今回の作文はあなたの人となり、非常に真面目で完璧主義で、ある意味少しばかり融通の利かない性格の一端が垣間見えて、興味深く読ませて貰いました。これでイケルと確信します。

ただ気になった言い回しや、用語に関しては多少手を加えさせていただきました。


部活と聞くとそれまでは、あまり良い思い出はありませんでした。高飛車な物言いをする先輩...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報