AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

ストーリーがわりと短くて、子供たちが喜ぶ日本の昔話

今度病院で病気の子友達の前で読み聞かせをすることになりました。そこで、日本の昔話か落語あたりを聞かせようと思っています。対象が病気の子供たちなので、死ぬとかそういった悲しくなるような話はNGです。

・ためになる
・暗くない
・ストーリーが短い

の3つを考えたときにどういった話が子供たちにあうか、知っている物語があったら教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

うちの子は日本むかしばなしのビデオが好きで、中でも「三枚のお札」を擦り切れる程見ていました。


絵本であるかどうか分かりませんが、よかったら本屋さんで聞いてみてください。

日本むかしばなしで取り扱っているお話は、為になるものが多いですよ。
    • good
    • 0

ためになる・・・か、どうかは分かりませんが


「へっこきよめさん」(よめさま、女房、よめどん・・・など)
「わらしべ長者」
「ねずみのすもう」
「びんぼうがみとふくのかみ」
    • good
    • 0

>・ためになる


>・暗くない
>・ストーリーが短い

う~む。これはもう、きっちょむさんか一休さんにお出ましいただくしかないのではないでしょうか。
きっちょむさん http://hukumusume.com/douwa/pc/jap/terakoya/100. …
一休さん http://hukumusume.com/douwa/pc/jap/terakoya/101. …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生向け、おもしろーい話、こわーい話、教えて下さい

サッカーのスポーツ少年団で指導者をやっています。
8月に、ある大会があり、5泊6日で遠征するのですが、
例えば、夕御飯、入浴後に子供達(高学年生)の部屋で、
おもしろーい話、またはこわーい話をしてあげたいと
思っています。
皆さんのこれは絶対お勧め、これは受けると言うお話
を教えて頂けないでしょうか?


ちなみに私の持ちネタの一つ。

よしお君が10個入りのたこ焼きを買って、さあ食べようと、
蓋を開けたところ、9個のたこ焼きしか入っていませんでした。
なぜでしょうか?

答えは当然、蓋に1つくっついていたのでした、ですよね。

で、そのよしお君の大好きなおじいちゃんが、ある日突然、
亡くなってしまいました。悲しい話だなー。
そこで、大好きなおじいちゃんの顔を最後の最後に見てみたいと
思ったよしお君は、お父さんにお願いして棺桶を開けてもらいま
したが、何とそこにはおじいちゃんがいませんでした。
なぜでしょうか?

答え: おじいちゃんは棺桶の蓋にくっついていたのでした。

程度が低くてすみません。

皆さんのご回答、宜しくお願いいたします。

サッカーのスポーツ少年団で指導者をやっています。
8月に、ある大会があり、5泊6日で遠征するのですが、
例えば、夕御飯、入浴後に子供達(高学年生)の部屋で、
おもしろーい話、またはこわーい話をしてあげたいと
思っています。
皆さんのこれは絶対お勧め、これは受けると言うお話
を教えて頂けないでしょうか?


ちなみに私の持ちネタの一つ。

よしお君が10個入りのたこ焼きを買って、さあ食べようと、
蓋を開けたところ、9個のたこ焼きしか入っていませんでした。
なぜでしょうか?

答えは...続きを読む

Aベストアンサー

(怖い話?なのでおどろおどろしく!)昔々、ある村では60歳を過ぎた老人を山奥に置いてこなければならない、という規則がありました。その村では今日も、おばあちゃんを背負って歩く青年がいました。『おばあちゃん、もうすぐ着くからね。』『・・・』『???』しばらく歩いていると背中から『ポキッポキッ・・・』(思いっきり不気味な言い方をして下さい!)と音が聞こえてきます。『・・・』青年は不思議に思いましたが黙々と歩いていました。すると今度は『ボキッボキッ!』と音が大きくなってきました。怖くなった青年が振り向くとっっっ!!!(ここの間が大切です!)なんとっっっ!!!おばあちゃんは・・・ポッキーを食べていたのでした。ちゃんちゃん。

スミマソン・・・。けっこうウケるんですけどね・・・。かなり持ちネタです。

Q短い素話を教えて下さい^^

30秒、もしくは1分ほどしかかからない短い話を教えて下さい。素話で使いたいと思っています。バリエーションを増やしたいと考えています。登場人物が繰り返し出てくるような簡単な話で結構です★

Aベストアンサー

短いお話ならばイソップ童話がおすすめです。
ただし、30秒~1分というのは短すぎて素話になりません。
自分が読んだらそれくらいですが、話をするなら1分ほどでは
「ある所に、おじいさんとおばあさんがいました。
おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へ洗濯に・・・」
ぐらいで終わってしまうのでは?

繰り返しで短いのは、他に
「おおきなかぶ」でしょうか。

あと、フレーベル館から
「ひとくち童話」「続・ひとくち童話」
東君平/著 フレーベル新書
という本が出ています。
絶版だったらごめんなさい。

Q子供が寝る前に聞かせるお話

小学4年生の息子にほぼ毎日寝る前に5分くらいのお話を聞かせてあげています。1年半以上続けていますが、日本、世界の昔話は言うに及ばず、私の子供のころの経験談、遊び、雑学、その他もろもろ、色々な話をしました。

息子はこのお話を楽しみにしており、私もできるだけ付き合ってあげたいのですが、さすがにネタ切れです。小学生向けで短くて面白いお話
がたくさん掲載されているサイト、本等ご存知でしたら教えてください。最近息子は自然科学、車、PCなどに興味を持っていますが、ホラー物以外ならジャンルは問いません。

Aベストアンサー

検索したらいっぱいかかりました。
http://www.google.com/search?q=%E5%B0%8F%E8%A9%B1&hl=ja&lr=lang_ja&num=100

以下のURLが面白かったのでオススメします。
http://www.ne.jp/asahi/fujisan/happy/

話自体は1分もちそうにない短さですが、
親子の会話で5分くらいに広がるんじゃないかな。^^;

Q小学生向けの【おもしろーい話】や【こわ~~い話】

スポーツ少年団で指導者をやっている者です。

8月に団のレクレーション行事として、1泊2日で出かける予定があるのですが、
例えば、夕食後、就寝前に子供達(多分ほぼ全学年)の部屋で、おもしろい話や
こわい話をしてあげたいと思っています。

皆さんの、これはお勧め!これは絶対受ける!と思われるお話を教えて頂けないでしょうか?


なお、実は約1年前にも同様の質問をしたのですが、数人の子はそのネタをよーく覚えているので、
新ネタを仕入れたく、再度質問をさせて頂きました。

 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=97048


宜しくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

おだてられると木に登るタイプですので、またしつこくやって参りました。
shino911さんの話、大笑いしましたよ。それで思い出したんですが、こんなジョークが
ありました。うろ覚えですが、、、。
-----------------------------------------------------
おじいさんが死ぬまぎわの、夫婦の会話です。

『ばあさんや、結婚して70年、ばあさんにはいろいろ世話になったのう』
『何をおっしゃるんですか、おじいさん』
『ところで、前から1つだけ聞いておきたいと思っていたんじゃが』
『おじいさん、何ですか?』
『わしらの15人の子供たちのうち、みの助だけがどう見てもほかの子供たちと顔が違うと思っていたが、もしかしてみの助だけが父親が違うんではないだろうか?』
『およよよ、おじいさん、気がついていたんですか、ごめんなさい、ごめんなさい』
『やはりそうか。よいよい、泣かんでもええ。最後に1つだけ教えてくれ。みの助の父親はいったい誰なんじゃ?』
『おじいさん、みの助の本当の父親は・・・』
『本当の父親は?』
『それは・・・』
『それは?』
  ・
  ・
  ・
  ・
『それは、あなたなんです』
-----------------------------------------------------

これも昔から出回っている有名な話ですが、かなり忘れてしまっているので、所々抜けていますがご容赦を。
-----------------------------------------------------
令子さんは東京で一人暮らしをしているOLです。ある時、田舎に住んでいるおよねばあさんが東京見物をしたいというので、令子さんが案内してあげることになりました。

東京駅まで迎えに行った令子さんは無事におよねばあさんに会えました。およねばあさんは都会が初めてなので、見るものすべてが驚きです。駅のあちこちにアンケートの箱が置いてあります。『みなさんのお声をお聞かせください』と書いてあるのを見たおよねばあさん、箱に近付くと、『わっ』

バスに乗るときに、およねばあさんが乗ろうとするとバスの運転手さんがマイクで『後ろから乗ってください』それを聞いたおよねばあさんは、『都会は難しか乗り方ばするとね』と言いながら、後ろ向きになって前の扉から乗りました。

無事にバスを降りて、アパートの近くでケーキを買って帰ろうということになりました。ケーキ屋さんで
店員『何にいたしましょう』
おばあちゃん『じゃあ、これとこれ』
店員『どれですかー?名前を言ってください』
おばあちゃん『およね』

せっかくの東京なので、まずは寄席に行きました。入り口で学生が、『学生1枚』と言うのを聞いて、およねばあさんも『農業1枚』

疲れたので二人は喫茶店にはいりました。ウエイターが注文を聞きにきたので令子さんが『レイコー1つ』と言うと、およねばあさんはやっぱり『およね1つ』

結局、およねばあさんは田舎しるこを注文しました。ウエイターがアイスコーヒーと田舎しるこを持ってきて、
『田舎はどちらですか?』
『熊本ですばい』

まだまだ続きがあったのですが、忘れてしまいました。すみません。
-----------------------------------------------------

もうひとつ、鶴の恩返しを。
-----------------------------------------------------
むかしむかし、傷ついた鶴を助けたよひょうのところにきれいな娘が訪ねてきて『お嫁さんにしてください。働くし、料理もするし、布も織りますから』というのでおじいさんは娘を置いてあげたとさ。

『わたしが布を織るところを決して見ないように』と言われたものの、好奇心でつい部屋の中をのぞいてみると、家財道具が一切なくなっていたそうな。
あれは『つる』ではなく、『さぎ』だったんだと。

またある時、違う娘が訪ねてきたので、よひょうは娘を置いてあげました。
『わたしが布を織るところを決して見ないように』と言われたものの、好奇心でつい部屋の中をのぞいてみると、鳥が倒れていたそうな。
あれは『つる』ではなく、『がん』だったんだと。

またある時、違う娘が訪ねてきたので、よひょうは娘を置いてあげました。
『わたしが布を織るところを決して見ないように』と言われたものの、好奇心でつい部屋の中をのぞいてみると、機織りではなく紙すきが行われていたそうな。
あれは『つる』ではなく、『わし』だったんだと。

またある時、違う娘が訪ねてきたので、よひょうは娘を置いてあげました。
『わたしが布を織るところを決して見ないように』と言われたものの、好奇心でつい部屋の中をのぞいてみると、ねぎをしょっていたそうな。
あれは『つる』ではなく、『かも』だったんだと。

またある時、違う娘が訪ねてきたので、よひょうは娘を置いてあげました。
『わたしが布を織るところを決して見ないように』と言われたものの、好奇心でつい部屋の中をのぞいてみると、誰もいなかったんだそうな。
あれは『つる』ではなく、『しじゅうから』だったんだと。

またある時、違う娘が訪ねてきたので、よひょうは娘を置いてあげました。
『わたしが布を織るところを決して見ないように』と言われたものの、好奇心でつい部屋の中をのぞいてみると、高級な靴をはいていたそうな。
あれは『つる』ではなく、『フェラガモ』だったんだと。
-----------------------------------------------------

ということで、長々と失礼いたしました。どっとはらい。

おだてられると木に登るタイプですので、またしつこくやって参りました。
shino911さんの話、大笑いしましたよ。それで思い出したんですが、こんなジョークが
ありました。うろ覚えですが、、、。
-----------------------------------------------------
おじいさんが死ぬまぎわの、夫婦の会話です。

『ばあさんや、結婚して70年、ばあさんにはいろいろ世話になったのう』
『何をおっしゃるんですか、おじいさん』
『ところで、前から1つだけ聞いておきたいと思っていたんじゃが』
『おじいさん、...続きを読む

Q笑える詩、ありますか?

笑える詩、ありますか?
面白い詩を探しています。
明日の学校の授業で詩を朗読することになったのですが、
私は今まであまり詩に対して興味がなかったので
どのような詩があるかよく分からないでいます。

どなたか面白い詩を知りませんか?
できれば皆が笑えるような詩がいいです。

ググレカスなどと言わずに笑える詩を教えてもらえると幸いです。

Aベストアンサー

工藤直子さんの『のはらうた』、いかがでしょう? シリーズになって何冊か出ています。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%89%E3%81%86%E3%81%9FI-1-%E5%B7%A5%E8%97%A4-%E7%9B%B4%E5%AD%90/dp/492468421X

学校図書館や、お近くの公共図書館でもたいてい見つかるかと思います。

Q3歳向けの怖い話

最近甥っ子がお化けとかに興味がでてきたらしく、「おばちゃん、怖い話して!」と言ってきました。

なので昔聞いたことのあるような話を割愛して以下の様に話しました。

昔、ある男の子が友達と一緒にお寺に泊まりに行きました。たくさんの友達と大きな部屋で布団を並べてねんねしました。
でも他の友達はイイコにねんねしたのに、男の子は遅くまで起きていました。
すると、スーっと戸が開いてお化けが入って来ました。男の子はびっくりして自分の布団の中に隠れました。
お化けは一番端の子の布団をめくると、「この子はイイコでねんねしてるな。この子じゃないな~。」と言いました。
そして次に隣の子の布団もめくって「この子もイイコでねんねしてるな。この子じゃないな~。」と言いました。
そして順番に布団をめくって行きました。段々男の子の布団に近づいてきました。そしてついに男の子の布団がバッっとめくられました。
「ねんねしてない悪い子はお前か~!」
そうして男の子はお化けに食べられてしまいました。
この話を聞かせると、甥っ子はとても喜び、「もう一回怖い話して!」と何度も何度も話をせがみました。
初めはかわいくて喜んで話してあげていましたが、正直もう飽きてきました…。同じ話を50回くらいさせられました。

そこで、他に子供が喜びそうな怖い話を教えていただけないでしょうか?

パソコンで「怖い話」を検索しても都市伝説のような大人向けのが多くて、子供には難しいし、私の方が怖いです(>_<)

上記程度の簡単で少し怖い話をご存知の方がいらしたら、教えてください。

最近甥っ子がお化けとかに興味がでてきたらしく、「おばちゃん、怖い話して!」と言ってきました。

なので昔聞いたことのあるような話を割愛して以下の様に話しました。

昔、ある男の子が友達と一緒にお寺に泊まりに行きました。たくさんの友達と大きな部屋で布団を並べてねんねしました。
でも他の友達はイイコにねんねしたのに、男の子は遅くまで起きていました。
すると、スーっと戸が開いてお化けが入って来ました。男の子はびっくりして自分の布団の中に隠れました。
お化けは一番端の子の布団をめ...続きを読む

Aベストアンサー

子供の頃読んで怖かったお話は
「お天道さんと金のくさり」というお話です。
調べたら昔話のサイトがありました。
わたしが読んだお話もありましたので、
貼っておきますね。
もし携帯からの投稿だと見えないかもしれませんが。
あ、パソコンからのようですね。
「福娘童話集」というサイトです。

http://hukumusume.com/douwa/pc/minwa/08/21.htm

サイト内の検索窓に「おばけ」などのキーワードを入れて検索すると、
関連するお話がヒットしますので、参考にされてはどうでしょうか。
あまり怖い話は小さい子にはトラウマになるかもしれませんので、
多少のアレンジを加えるといいかもしれませんね。


人気Q&Aランキング