スキューバダイビングで水中カメラを始めようと思っています。
本格的にはでなく、趣味の一環としてやる程度ですが、継続していきたいとは思います。
そこで、オススメのデジカメがあったら教えてください。
ハウジングも含めて値段が手ごろなのがいいかなと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お気楽のメモリー替わりでなく、趣味としてやるなら一眼でしょうね。


OLYMPUS PEN Lite E-PL2
のハウジングとのセットでしょうかね。
友人も買いましたが、全部で10万くらいですね。
    • good
    • 0

質問から時間がたっていますが、当方も回答させていただきます。


『趣味の一環として』と言うのであれば、陸上でも使えるコンパクトタイプのデジカメ+ハウジングと言うのが、安価でお勧めです。一眼レフと言う選択もありますが、このハウジングがカメラより高い場合があり、ライトなどの副装備品とそれを支えるアームなどを考えるととんでもない出費になります。
現在防水系デジカメは各社出していますが、水深が浅いところ限定となっています。オリンパスの一部機種ではかなり深いところまで、ハウジング無しでいける機種もあるようですが、水没しないとも限らないだけに、ハウジングのある機種にされるのがベストだと思います。
ハウジングのディスカウントはあまり考えられませんので、ハウジングがあり(=水中モードがあるデジカメ向けに作ってある)、気に入ったメーカーの機種を選ぶというのが失敗なく選べると思います。つまり、ハウジングを基準に機種を選定しないといけないということです。
当方は、キャノン/FUJIと3機種ほど使っていますが、今はFUJIのFINEPIX F200EXRをメインに使っています。現行機種はF80に防水ハウジングがあります。メーカーの好み等もあろうかと思いますのでご参考まで。
    • good
    • 0

もうかれこれ10年ぐらい、デジカメで水中写真を撮ってます。


写真(静止画)を撮ろうとすると、なかなかきれいに撮れないんですよ。
かなり近づいて、明るく撮る必要があるので、なるべく大きなレンズのカメラに、
ワイドレンズを付けて、フラッシュも出来れば2灯で、、、とかなり大がかりになります。

それでたどり着いた結論が、動画でした。
特にパラオに行った時は、相手が大きくて遠いので、写真に納めることはほぼ不可能。
でも動画で撮るとけっこう迫力満点で撮れるんです。
みんな小さなデジカメの動画機能で必死にバラクーダの群れとか撮ってました。

きっといずれはきれいな動画を撮りたいと必ず思いますので、
どうせなら動画メインの機種がお勧めです。

下のハウジングは、ビデオカメラ用としては破格の安さです。
コンパクトデジカメよりは少し高くなりますが、動画も静止画もどちらも撮れるのでお得です。


ハウジングはEPOCHのEHS-1000
http://www.epoque-japan.com/digitalhousing-ehs10 …

できればワイドレンズもあった方が良いですね。
水中では水の屈折率の関係で、陸上よりも大きく(望遠で)写ってしまいますので。
ご予算的に厳しければ、後から買い足しでも良いと思います。
DCL20-67DR
http://www.epoque-japan.com/digitalacc.htm

本体はSANYOのXacti、HD1000、HD1010、HD2000のどれでも使えます。
個人的にはHD1010がお勧めですが。

水没の問題が出ていますが、私はまだ水没したことはありません。
パッキンを丁寧にグリスアップし、きちんと閉めれば大丈夫だと思いますが、
確かに構造的にコンパクトなものよりも弱いかも知れません。
その点は注意が必要です。

以上、ご参考になれば。
    • good
    • 0

色々な意味で、OLYMPUS μ-8010。


http://olympus-imaging.jp/product/compact/mjutou …

1.オリンパスは水中カメラの経験が長く、水中での画像の作り方が上手い。
2.そのせいかダイバーはオリンパスのユーザーが多く、問題があれば色々聞きやすい。
3.μ-8010は本体でも一定の防水性能があり、スキンダイビングなどではハウジングが無くても使える。

ちなみにスキューバダイビングでは、ハウジング(水中ケース)は必須だと思って下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキューバダイビング・沖縄でのおすすめスポット

こんにちは。

僕は去年スキューバダイビングを始めた社会人2年目の者です。
正直お金がかかるのでまだそんなに経験値は高くないのですが、
近日初めて沖縄で潜ることになりまして本当にウキウキしております。

そこでダイビングに詳しい方にお聞きしたいのですが、
沖縄でダイビングするにあたってここは行った方がいいという場所があれば教えていただきたいです。
(一応、漠然とケラマでウミガメ見に行きたいな、という計画はあります。笑)
実際2日くらいしか自由に動けませんので、
本島から行動することを前提に現実的に行ける範囲のスポットでお聞きしたいです。

また沖縄でダイビングするにあたって気を付けるべき事、
ショップの選び方などあればそれも加えてお教えいただけると嬉しいです。

詳しい方いらっしゃいましたらお教えください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

若くしてこの趣味を知ったのはいいことです。体力云々もさることながら、「そのときにしかいけない場所」というものがありますからね。がんばって本数増やしてください。

さて、沖縄自体は、どこもがポイント、といっても言いすぎでないくらい、ポイントだらけで、「ここは必須」なんて場所は多すぎます。
慶良間も本島からクルーザータイプの船で一日回るタイプが主流で、あえて島に渡って、なんていうスタイルは逆に料金も時間もかかってしまいます。
「近日」という事は、繁忙期に向かわれることが必須なわけで、そうなると、初心者に近い質問者様でもそのレベルに対応できる規模の大きいショップというのが選択肢として考えられます。

まあいろいろと述べましたが、質問者様のご意向・・・慶良間には行きたい・・・を具現化してくれるショップを選択することは必須になるでしょうね。またできれば「自社持ちボート」のあるショップがいいですね。
こうなってくると、当方も利用し、かなりの好感を持てたショップがあります。下記URLで参照してください。

続いては、おそらく初沖縄になるであろう質問者様に旅行の際のアドバイスを。
・器材持ちなら、宿泊先かショップに直送。これで行きは軽めの荷物で出かけられる
確かに飛行機の手荷物預けを利用する手もなくはないのですが、意外に扱いはぞんざいで、壊れるほどではないにしても「不安」が付きまといます。その点、宅配業者を使うと仮に壊れていても保険で損害賠償が効きます(飛行機での後での申し出の場合、かなりの手間隙と時間がかかる)。重量オーバーに悩むこともありません。
当たり前のことですが、事前に連絡はしておくのはマナーですので。
・減圧症対策
帰路の便に乗る24時間前にはダイビングを終えておく。これは必須です。減圧症になってからでは遅いので、これだけは守ってください。
・せっかくなので・・・
ダイビング三昧もいいですが、陸の自然や文化に触れるという選択肢もありといえばありです。レンタカーを借りていくのならなおさら。
・へたにツアーを選ぶより・・・
ショップ料金込みのツアーよりは、「格安航空券+1泊」的なチケットとショップ直予約のほうが、自由度もあり、当然料金も安めに推移しますのでおススメです。繁忙期はツアー選択が手っ取り早いかもしれませんが、料金もそれなり。

こんなところでしょうか・・・。一番いい時期には行ったことがない小生ですが、いい体験が出来るよう祈念しております。

参考URL:http://www.seasir.com/

若くしてこの趣味を知ったのはいいことです。体力云々もさることながら、「そのときにしかいけない場所」というものがありますからね。がんばって本数増やしてください。

さて、沖縄自体は、どこもがポイント、といっても言いすぎでないくらい、ポイントだらけで、「ここは必須」なんて場所は多すぎます。
慶良間も本島からクルーザータイプの船で一日回るタイプが主流で、あえて島に渡って、なんていうスタイルは逆に料金も時間もかかってしまいます。
「近日」という事は、繁忙期に向かわれることが必須なわけ...続きを読む

Qフリーダイビングとスキューバダイビングの水深

ダイビングはしたことが無いのでわからないので教えてください。
スキューバダイビングは水深40mまでで、それ以上深く潜ると危険だと聞いたことがあるんですが、フリーダイビングは空気タンクを背負わないで潜ると思うんですが、水深はもっと深く潜りますよね?
イメージでは、空気タンクがあった方が深く潜れると思うんですが、どうしてフリーダイビングのほうが深く潜れるのでしょうか?

Aベストアンサー

スキューバの水深は、
「お遊びで安全に潜るのなら、ここまで」という決めごとで、限界水深ではありません。
通常のスキューバダイバーの規定水深は18mで、40mまで潜ろうとすると、もう1ランク上のライセンスが必要になります。
さらに上のランクのダイバーになると、タンクを何本も背負って100m以上潜ったりもします。

フリーダイビングでは、プレーヤーは素潜りですが、安全確保のためにタンクを背負った補助ダイバーが待機しています。
(プレーヤーが失敗した場合、水中でエアを与えられるように)

ですので、タンクを背負ったダイバーも、その気になれば40mを越えてフリーダイビングよりも深いところまで潜ることができます。
フリーダイビングの方が深く潜れるわけではありません。

しかしながら、あまり深くまで潜ると、いろいろと弊害が出てきます。
スキューバダイビングでは、その水深における圧力の空気を吸い込むため、吸い込む空気の絶対量が多くなります。それは、水深が深くなるほど増大します。そこで摂取した過剰な窒素が血液中に溶け込み、重大な障害「減圧症」を引き起こします。
それを避けるためには、ゆっくり浮上しなければならないのですが、深い所ではエアの消費が早いため、あまり深い所でゆっくりしていると、すぐにタンクがカラになってしまいます。
それが、スキューバではものすごく深くまで潜らない理由なのです。
(この辺のメカニズムは、スキューバライセンス取得時の学科で勉強します。興味があったら、調べてみて下さい。)

スキューバの水深は、
「お遊びで安全に潜るのなら、ここまで」という決めごとで、限界水深ではありません。
通常のスキューバダイバーの規定水深は18mで、40mまで潜ろうとすると、もう1ランク上のライセンスが必要になります。
さらに上のランクのダイバーになると、タンクを何本も背負って100m以上潜ったりもします。

フリーダイビングでは、プレーヤーは素潜りですが、安全確保のためにタンクを背負った補助ダイバーが待機しています。
(プレーヤーが失敗した場合、水中でエアを与えられるよ...続きを読む

Qスキューバダイビングする東大生はなぜするのか

スキューバダイビングをする東大生は、東大生で勉強に我慢出来るから
水の中でも我慢出来るからなのでしょうか。
なぜスキューバダイビングをするのでしょうか。

Aベストアンサー

禅問答のようなご質問ですな。

早速ですが、「なぜスキューバダイビングをするのでしょうか」は、答えとして「そこに海があるから」。
潜りたくなる、非日常を味わいたい、水中のことを知りたい云々・・・。知識欲に飢えている、もしくはそういったものから解放されたいと思っている「東大生」は多いはずです。

とはいいながら、質問者様が「東大生」と限定的に質問されている意図がよくわかりません。
ということで質問文を読み返してみます。
前段で、「スキューバダイビングをする東大生は」とかなり限定的にしていますね。ここは別に東大生でなくても、京大生でも、ぶっちゃけ3流大学でもいいわけです。その後の文言はかなり意味不詳です。

勉強に我慢できるのと水の中で我慢できるのとは別次元過ぎます。勉強は頭脳を使うことであり、水中での動作は肉体的なことです。又、確かに水圧に「耐える」というか体を慣らすということに関しては、ちょっとした我慢が必要かもしれませんが、基本的に我慢をして潜るものではありません(逆に我慢というか、体が変調をきたしているのに無理して潜り続けることは即刻命にかかわる)。

別に大学生に限らず(ましてや特定の大学に限定しなくても)、潜りたい人は潜るものですし、我慢とかそういうことはまったく関係していません。

禅問答のようなご質問ですな。

早速ですが、「なぜスキューバダイビングをするのでしょうか」は、答えとして「そこに海があるから」。
潜りたくなる、非日常を味わいたい、水中のことを知りたい云々・・・。知識欲に飢えている、もしくはそういったものから解放されたいと思っている「東大生」は多いはずです。

とはいいながら、質問者様が「東大生」と限定的に質問されている意図がよくわかりません。
ということで質問文を読み返してみます。
前段で、「スキューバダイビングをする東大生は」とかなり限定的に...続きを読む

Qダイビング(レスキュー、水中カメラ)について

ダイビングについて、以下の2点について教えてください。

1)レスキューダイバ(PADI)について、講習内容の詳細が分かるサイトを教えてください。
  ex)水中でのBCD脱着など、細かく分かればベストです。

2)水中カメラの全般についてわかりやすいサイトがあれば教えてください。
  ex)ストロボとライトの使い分け(選び方)、ワイド/マクロ撮影の注意点など

片方だけでも構いませんので、よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

こちらのサイトが簡潔かつ詳細な説明でいいと思いました

参考URL:http://www.seapoint.co.jp/photo_rec/deji_tec/index.html

Q飛行機搭乗後のスキューバダイビング(減圧症)

今度ハワイでダイビングします。
スキューバダイビング後の飛行機搭乗は24時間空けたほうがいいと聞きました。
飛行機搭乗後の後はスキューバダイビングしてもいいのでしょうか?
ハワイに着いた翌日にスキューバダイビングしようかと考えているのですが、減圧症が心配です。

後ダイビングした後などに、ダイヤモンドヘッドなどに行っても減圧症の心配はないのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。
計算が間違っていました。
飛行機は、高高度を飛行しているとき、機内の圧力は約2/3気圧以内に保たれているので、1気圧との差圧は0.3気圧です。この水深は7mでなく3mに相当します。7mを3mに読み替えてください。
ダイヤモンドヘッドの標高はたかだか200mちょいです。この場合の気圧の差は0.1気圧にもなりませんので気にする必要はないと思います。

水1立方メートルの重さは約1トン、空気1立方メートルの重さは約1キロで重量比は1対1,000となります。水は圧縮しても体積はあまり変わりませんが、空気の場合は大きく変わりますので水中と空気中とでの高さの比率は、単純に1対1,000にはなりませんが、差圧の計算で分かるように、水中に比べれば空気中の高さのことは気にしなくても良いのがお分かりと思います。

そもそも減圧症というのは深い海の中でエアボンベからの高圧の空気で長時間呼吸をしていますと、体内に窒素が入り込んできます。急浮上すると体内の窒素が膨張し関節とか色々なところに作用します。このことを指します。これを防止するため一気に浮上しないで深さと時間に応じて途中で浮上するのを止め、体内にある窒素を血液、肺を通じて外に出すということを何回か繰り返します。また、その状態に応じて次にダイブするまでの時間間隔を調整します。

資格を持った方または主催した責任者はこういった一連のダイビングのスケジュールを立てますのでその指導に従ってください。もし責任者からの説明が無いときもしくは、無資格者同士でのダイビングは非常に危険です。止めた方が賢明です。

No.2です。
計算が間違っていました。
飛行機は、高高度を飛行しているとき、機内の圧力は約2/3気圧以内に保たれているので、1気圧との差圧は0.3気圧です。この水深は7mでなく3mに相当します。7mを3mに読み替えてください。
ダイヤモンドヘッドの標高はたかだか200mちょいです。この場合の気圧の差は0.1気圧にもなりませんので気にする必要はないと思います。

水1立方メートルの重さは約1トン、空気1立方メートルの重さは約1キロで重量比は1対1,000となります。水は圧縮しても体積はあ...続きを読む

Qスキューバダイビングについて

はじめまして、今スキューバダイビングを始めようと思っています。
そこで兵庫県周辺(出来れば瀬戸内海)で出来るだけ安くCカードを取れるところはありますか?そもそも私はまだ高校生なのですが、Cカード取得出来るのでしょうか?

また、実際始めるには全て込みで最低限いくらぐらい必要ですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

具体的にどこそこで安いという情報は残念ながらわかりませんが、高校生でとれるか、という質問に関しては、私が高校時代にとりましたので問題ないと断言できます。

いままで色々な店や雑誌の広告を見てきた以上特殊なキャンペーンでもない限り国内で5万以下で取得ということはまず難しいでしょう。

取得にはまず講習費が必要なわけです。
講習費にはマニュアル代や申請料などが含まれます。
そしてプールや海洋講習があるわけですが
プールの施設使用料程度は講習費に含まれるかもしれませんが、海洋講習の場合現地への交通費や宿泊費などは別途かかるのが普通です。
その上で器材が必要ですから、購入またはレンタルする必要があります。

上をみたらきりがないですが、最低ラインとしては器材フルレンタルで7~9万程度でしょうか。

国内で取得するメリットは
土日だけの休日でも潜りに行ける。
日本語が通じ、納得いくまで質問し、確かな技術を身に付けられる。
トラブルが起きたときに安心。
レンタル器材なども比較的信用できる。
これは店次第ですが、行きつけの店のメンバーになるとファンダイブに誘ってもらったり、ツアーの案内が手に入ったりすることもメリットに数えていいかもしれません。(誘われなければなかなか行こうとしないものです)

デメリットとしてはなんといっても高くつくことでしょうか。そして、取得後の海のお誘いは煩わしいと感じる方にはデメリットになるかもしれません。

海外取得は安いですし、世界的にも有数の海のキレイな場所に行くわけですから(わざわざ海外の汚いマイナーなところに行って取得するなら別ですが)一回目の講習から瀬戸内海ではできない体験ができるでしょう。しかし、海外は色々といい加減なことが多くレンタル器材にトラブルが起きる、などといった事が起きる可能性は国内より高いです。(もちろん国内で起きる可能性もゼロではありませんし、海外でも起きない事の方が多いです)日本で申し込んでツアーのような形で海外取得であれば日本語で講習を受けられるはずですが、海洋講習をじっくりやる時間があまりとれなく、ちゃんとした技術が身につかないままいいかげんにCカード発行、という事になることもあります。
そして何より、それほどの海で講習しかしないのはもったいないです(笑)

瀬戸内海何度か潜ったことありますが、あれはあれで味があります。基本的に食卓に並ぶような魚しか見れないかもしれませんが、興味があれば地味ながら面白い生態をもった生き物は見つけられるでしょう。兵庫であれば和歌山まで足を伸ばせばサンゴの海が広がっています。透明度は沖縄などのサンゴの海と比べると平均して悪めではありますが、日によって違いますし(たとえば雨が降れば川から土砂が流れて土色に濁ります)見えている時は沖縄と比べても変わりません(まれですが^^;)

具体的にどこそこで安いという情報は残念ながらわかりませんが、高校生でとれるか、という質問に関しては、私が高校時代にとりましたので問題ないと断言できます。

いままで色々な店や雑誌の広告を見てきた以上特殊なキャンペーンでもない限り国内で5万以下で取得ということはまず難しいでしょう。

取得にはまず講習費が必要なわけです。
講習費にはマニュアル代や申請料などが含まれます。
そしてプールや海洋講習があるわけですが
プールの施設使用料程度は講習費に含まれるかもしれませんが、海洋講...続きを読む

Qハワイでスカイダイビングとスキューバダイビングをしたいのですが…

こんばんは。
カテゴリに迷ったのですが、こちらに質問させて頂きます。
9月に4泊6日でハワイに旅行に行くのですが、
スカイダイビングとスキューバダイビングをしたいと思っています。
(まったくの初心者です)
日程の都合上2日目にどうしてもはずせない用事があるので、
残りの2日で両方したいと思っていたのですが、
スカイダイビングの予約サイトの注意事項に、
『前日スキューバダイビングをした人はできません』
とありました。これは気圧の変化とかの関係でなのでしょうか?
どちらかとなるとスカイダイビングを優先したいのです。注意事項とは逆に、先にスカイダイビングをして次の日にスキューバダイビングをするというのもだめなのでしょうか?
どなたかおわかりになる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずスキューバダイビングですが、ライセンスはあるのでしょうか?
なければ体験ダイビングになるでしょうね。

>『前日スキューバダイビングをした人はできません』
これはタンクの空気を水圧のかかった状況下で体内にとり込むために
圧縮された窒素が体内に入り込みます。それが気圧の少ない空の上に行くと
身体の中で爆発的に大きくなります。減圧症です。
命にもかかわるのでダイビングをした翌日は航空機に乗れません。

>先にスカイダイビングをして次の日にスキューバダイビングをするというのもだめなのでしょうか?

OKです。ただし帰国前日にスキューバをして、翌日帰国というのはダメです。

Qスキューバダイビングで・・・

1件お教え願います。スキューバダイビングで船から飛び込むとき後ろ向きに座って飛び込むのは何か意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、
ダイビングのエントリ(水への入り方)はオープンォータの講習で行います。後ろから入る方法(バックエントリ)は重い器材を背負い、揺れる船から安全にエントリする方法の一つです。
海まで降りるリフトや、甲板から手すりづたいに海に入れるような船の構造であれば必ずしもバックエントリする必要はなく、船の構造によってエントリ方法を使い分けます。

海に背を向けて入る姿勢は一見怖そうに見えますが、実は一番簡単な方法なのです。良く雷に怖がったりすると人は頭を抱えて小さくまるまりますよね。はじめて船でダイビングする人でも最初は体がこわばったりする場合があります。
こわばったまま無理に自分で飛び込んでも体制を崩す事になるよりも、まるまった姿勢のまま上手な人に軽く押してもらう事で無理なくエントリできる方法なんです。

ダイビングでよく見る船は比較的小型の船です。ですからポイントまでの移動は座ったまま移動します(船の構造や移動距離によって器材を装着したまま移動するか、ポイントについてから装着するかの違いはあります)。ので座った姿勢から立ち上がったりするより、ズルズルっと座ったまま船の”へり”まで移動してそのままドッボ~ん!出来たほうが楽と言う利点もあります。

海にドッボ~ん!した瞬間 下から海面を見れるので私にとって一番好きなエントリ方法です。

こんにちは、
ダイビングのエントリ(水への入り方)はオープンォータの講習で行います。後ろから入る方法(バックエントリ)は重い器材を背負い、揺れる船から安全にエントリする方法の一つです。
海まで降りるリフトや、甲板から手すりづたいに海に入れるような船の構造であれば必ずしもバックエントリする必要はなく、船の構造によってエントリ方法を使い分けます。

海に背を向けて入る姿勢は一見怖そうに見えますが、実は一番簡単な方法なのです。良く雷に怖がったりすると人は頭を抱えて小さくまるまり...続きを読む

Q妊娠6週でスキューバダイビング

妊娠6週でスキューバダイビング
8月の第一週末にスキューバダイビングをする予定で以前より計画を立てていました。
昨年から赤ちゃんが欲しく、もう一年近く主人と一緒に頑張ってきましたがなかなか恵まれず、今回のスキューバダイビングも気晴らしのつもりで計画を立てたものです。

ただ今日になって初めて妊娠をしているかもと思える兆候がでてきました。
生理前なのですが過去月に比べて高温期が長くなってきたのです。
検査をするにはまだ確実な時期ではないこと、また計画したスキューバダイビングのキャンセル可が金曜日までのため、皆さんのご意見を伺いたく質問させて頂きます。

妊娠6週目頃にスキューバダイビングをするのは危険でしょうか?
実際にしたことのある方、医師から止められた方などいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

妊娠している方のダイビングはどこも同意しませんよ。
どこのダイブショップもどこの指導団体も妊娠者のダイビングは禁止となっています。
妊娠に気づかないうちのダイビングはまず影響が無いといわれています。
この区別は実際にはあいまいですが、実験が出来ないので正確な基準は作られないと思われています。

黙って申し込みしていてもエントリー直前にショップに分かれば、その場で拒否される事になります。
ダイビングはあきらめてください。
でも、気晴らしに海に行くのは気持ちのいいことだと思います。

妻もセブまで一緒に行って直前に妊娠が分かったので潜りませんでした。
生まれてからベビーシッターを一日雇い(セブでは安いので1000円ちょっとぐらい))引き続きダイブを楽しんでいます。

http://www.marinevillage.jp/mvc/index.html

Qスキューバダイビングと頭の保護

スキューバダイビングをする際には頭には何もかぶらないのですか。写真などで見る限りでは何もかぶってないようですが、それが普通なんですか。水泳帽なんかをかぶっては変ですか。実は髪の毛が薄くて一部カバーしているので、何かをかぶって押さえていないと不安なんです。そんな人はこれまでに居たでしょうか。

Aベストアンサー

 水泳帽かぶってる人たくさんいますよ。私の知り合いのおっちゃんもかぶってますし、女の人も髪が乱れるのでかぶってます。変ではありません。水泳帽が変だったらフードがもっと変です。モジモジ君みたいで。
 それがいやだったら、バンダナをまいたりキャップ(野球帽)をかぶったりでいいと思います。私の友達もやってました。ちょっとお洒落ですよ。
 サングラスを持っていって写真取る時にマスク外してサングラスかけたりいろんなことで遊んでます。
 それではダイビング楽しんでください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報