gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

例えば、ドル円やユーロ円ならば、ピプスの差がそのまま損益になります。


しかし、ユーロドルの場合、ピプスの差×円換算をして損益を出しているようなのですが、
これはどの業者でもそうなのでしょうか?

例えば、今は1ドル80円程度なので8割り垳になります。
1ドル120円だったら12割垳になって、かなり値が変わりますよね。

ドル円やユーロ円など対照的なユーロドルやポンドドル等は、
かならずこのような計算が行われますか?

gooドクター

A 回答 (3件)

はい。

行われます。

だって、両替の値段の差を使うわけですから。
ドルをユーロにして、しばらくしてユーロをドルにした。そしたらドルが増えてた。

利益はドルの札束ですね。

なお、USD/JPY のUSD部分をベース通貨、JPYをカウンター通貨といい、
利益はカウンター通貨で行われます。

JPY/KRW (円ウォン) の場合、利益はウォンです。
それを最終的には円換算します。
(だってほとんどが外国通貨で振込みできないでしょ。)
    • good
    • 0

私の取引している業者では、約定した瞬間のレートで円換算されるところと、


各国通貨で保持されて口座金額は確認したその瞬間のレートで表示され週末に円に両替するところがあります。

円に両替をしない業者や方法もあるでしょうから、それを選択すれば悩みは解決するのでは?
    • good
    • 0

どの業者でもそうかについては、原則を述べることで回答します。



ユーロドル通貨ペアの取引を反対売買すると、ドルにて損益が認識されます。

簡易な覚え方としては通貨ペアの右側にある通貨が、この場合ドルなので、ユーロドルだからです、ドルで損益がでます。

次に、その損益はあなたの資産や負債ですから、それをFX業者が勝手に円換算することはできません。
勝手にしているように見える業者は、事前にあなたの了解同意を取引約定約款で決めています。

8割桁という表現は、存在しませんので、何か勘違いされているか、あるいは質問表現を変えれば回答を得やすくなると思います
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング