痔になりやすい生活習慣とは?

ヤマハのジュニア科1年目グループレッスンを受けている小2です。最近、やめて個人のピアノ教室に変えようか悩んでいます。ヤマハ経験者の方、アドバイスをお願いします。

娘のクラスは4人と少人数で、その中に一人大変お上手な子供さんがおられます。お母様がエレクトーンがすごくうまい方の様で、先生も名前を知っておられたくらいです。小1からエレクトーン、ピアノとどんどんコンクールに出場させて、上の大会まで進んでおられます。

次はJOCに出たいといわれてから、クラスの他の子も曲を作ることがレッスンに入ってきました。なかなかテキストの曲もすらすらとは弾けない残りの3人にとっては、曲を作る以前にもっとやることあるんじゃないの?って感じです。ジュニア科の1年目では作曲するというのが課題として皆が取り組むものなのでしょうか?

先日は1時間の中、マイレパートリーの曲を1曲ずつ弾いた後、作ってきた曲の披露と手直しだけで終わってしまいました。しかも、その上手なお子さんの指導に15分以上かけておられました。挙句の果てに「覚えきれないから録音して持って帰って家で考えてくる」とその子の曲だけ録音されていました。

あまりのことに、「一人に合わせてレッスンが進むのは納得できない」と話したら、そんなことはないの一点張りで、曲の長さで指導の長さが変わるのはしょうがない、次に他の子がもう少し進んで持ってきたら録音するつもりだった。とのことでした。
ヤマハのグループレッスンというのは、金の卵を探し出すための仕掛けで、他のレベルの低い子はお金集めなの?って感じです。
お話しても分かってもらえる感じがなく、すぐにでもやめて個人に移るべきかなと思っています。

ただ、私も上の娘も個人のピアノ教室育ちで、それなりにいろいろな曲を自分で弾くことができますが、アレンジしたり、他の楽器を演奏したりすることができません。ヤマハなら、さまざまな音楽の楽しみ方が身につくかもということは魅力に感じています。

その一方、小2の後半にもなって、指の形の指導などもしてもらっておらず、4人のうちまともに弾けているのはそのおひとりだけです。もちろん練習時間も圧倒的に違うのだとは思いますが、お母様がおられてのことだと思うと、家で指導できない子はヤマハに行っていても伸びないのか?とも思います。

先生はグループだけでもちゃんと弾けるようになる。今は技術よりも音楽を楽しむことや感じを表現することが大切だという感じですが、ヤマハのグループレッスン経験者の方、アドバイスいただけますでしょうか?

JOCについてですが、出場するのはその子供さんだけです。
あと3人はワンコインで出られる発表会に出るようです。
先生は、その子供さんが出るから作曲に取り組むことに決めたのではなく、
他の曜日のコースでも同じと言われます。

そのお一人がコースに合っていないとは皆が思っていることだと思います。
周囲はものすごく上手いひとつ年下の子の演奏に、毎回戸惑ってしまうのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


娘がジュニア1年目に通っています。

すごくレベルの高い子(母)がまじっているレッスン・・
15分もその子にかける、というのは本当に「あまりのこと」ですね。

その子の希望ばかりで振り回されたり、それによって指導時間が変わるのは、
同じ月謝を払っていて納得できませんね。
正直、先生の扱いまで違うとなれば、母としても面白くないと思います。

だけどきっと先生もかなりやりにくいのではないかと思います。

そのお子さんなら、そろそろグループも物足りないのでは・・
先生に相談すれば
「他の子ともレベルの差が広がってきているようなので、
 そろそろレベルにあわせて個人レッスンされるほうが伸びると思います。」
と勧めていただけるかもしれません。
みんなそう思っていそうだし・・ もしかして、そのお子さんのお母様も
そろそろ限界かしらと思っていらっしゃるかもしれません。。

しかしJ専にいかずにジュニアにあがられたのなら、クラスを気に入っておられるの
でしょうね。このクラスにどうしても、とおっしゃるのであれば、
個人レッスンを併用していただくという手もあります。
ひとりだけJOCにでたいとかレッスン時間が足りないのであれば、
個人を併用していただくのが一番かと思います。

ジュニア科が作曲するかどうかですが・・

うちは秋にアンサンブルフェスティバルに出たので、夏から秋までその練習にとられ、
テキストに戻ったのは今月にはいってから。。まだ1の本が残っていました。

そんな状態ですので、レパートリーだけ大急ぎで無理やり終え、やっと2に突入したという感じです。
テキストにあった、作曲や創作に関するページはレッスンで取り組む暇がありませんでした。

なにかイベントがあるとそれに時間がとられ、テキストの進みが遅くなってしまうというのは
ヤマハのグループならどこもあるかと思います。
ただ、イベントに出るメリットは大きいものがありますので、私はイベントが嫌ではありません。

ヤマハはいろいろと言われますが、カリキュラム自体が、
出来る子には物足りず、出来ない子には早すぎるため、結局、平均のあたりを取りながら、
ゆるく優しく楽しく音楽の楽しみを味わうことを主眼に置いたレッスンをされると思います。
グループレッスンですので、指の使い方や形まで細かくみている暇はうちのところもありません。

私がこれまで娘を通わせながらたどり着いた結論は、
レッスンでしないことは家でするしかない。です。。

指の形や、音符カードや読譜や音名唱など、先生の指示はありませんが、家で見ています。
たま~に娘が作曲したときは、それを5線のノートに書かせています。いい楽典の勉強になります。

レパートリーが上手く弾けることはなにより弾く楽しみにつながりますので、
レッスンで仕上がりを見ていただく日にはちゃんと弾けるようにしています。


・・というわけで、ご質問の内容についてですが、
その上手いお子さんについては、他のお母様ともお話になって、
先生にご相談されるのがよいのでは・・と思います。
15分・・のくだりは、他人の私が聞いても「ちょっと・・」です。グループの15分は大きいです。
上手な子がグループにいるメリットもありますし、その方がグループがいいとおっしゃるなら
先生から個人の併用を勧めて頂くとよいと思います。

家で指導できないと伸びないかどうか・・は、今の時期はそうかもしれない、伸びるか伸びないかは
子と母の取り組み次第と思います。できるお子様がいらっしゃることとはまた別問題な気がします。
ただ、今の時期だけです。結局、ピアノは長く続けた人が上手くなると思います。

先生はゆるく優しく、なので、グループへの指示だけを待っているとあまり伸びない気がします。
家でどのような練習をすればよいか先生に相談したりネットで情報をあつめ、
家での練習に上手く付き合ってあげてください。母が弾けなくてもできることはありますし、
スレ主さまはお弾きになるようですので、いろいろ可能だと思います。
ちなみに私はあまり弾けるほうでないので、スレ主さまには仏に説法・・ですね。(汗)

うちの娘はグループレッスンが大好きで楽しく通っています。
指の指導がないこと、読譜の指導がないことなど、「どうなんだろう・・」と思うことは多々ありますが、
グループは、音楽を楽しみ、楽しく通い、先生には褒めてもらってやる気を出すところと考えて
家では、練習が苦痛にならないように、おだてたり褒めたりして上手く習慣づけてあげること、
先生の指示で足りなところは、家でおぎなう覚悟でいくことにしています。

スレ主さまとお子様が、心置きなく楽しく通うことができるようお祈りしてます。

長文になりましたが ご参考までに・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。結局12月から個人のピアノ教室に変わることにしました。
先生やスタッフの方ともお話しましたが、結局納得できることは聞けませんでした。


内容的には中途半端になってしまうものもありますが、気持ちを入れ替えて楽しく通えるように
子供をバックアップしていこうと思います。
今は、お姉ちゃんが使っていたピアノの本を見て、楽しみにしています。

これからも楽しんで音楽と付き合っていきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/28 16:58

いま高1で、3歳から小4まで


ヤマハでエレクトーンを習っていて
中3までは自分で好きなように
好きな曲を弾いていました。

ちなみに私がヤマハを小4の時に辞めた一番の理由は
「皆のレベルについて行けなかった」です。

辞める時のアンケートみたいなのに
そういう項目に○をつけた覚えがあります(笑)

私だけ発表会のパートが簡単;;
私だけ1つ下で
私だけ小学校も違って…。

って理由で辞めました。


今となっては、ヤマハは
グループレッスンなので
ひとりひとりレベルは違うし
平等に指導できないのは
しょうがないんじゃないかと思っています。



あと、指の使い方とかは幼児科(?)で
習った記憶があります((+_+))!!!
(↑指をくるんってするやつとか)

だから「習った」っていうのを
前提に進めているんじゃないですか?
    • good
    • 1

普通は、ものすごく上手な子の場合、幼児科からジュニア科ではなく、専門コースに行きませんか?



専門コースは、昔は選抜制で、優秀で素質がある子しか入れませんでした。
もちろん、お母さんはピアノの先生とかザラです。
そういう子たちが、JOCで頑張っていました。

なんで、専門コースに、その上手な子が入らないのか意味が分からないです。

私の友達は、けっこう専門コースの子が多かったですよ。
ほとんど、音大のピアノ科に進みましたね。
中には芸大の作曲科に進んだという子も!小学校5年生で、ショパンの「革命」を弾きこなしていました。

そして、ジュニア科に行く子は、そこに入れなかった(いわば素質がない)子達で、私も、その1人でした。
ジュニア科の子は、みんな、JOCには縁がなかったですよ。

でも、別に弾けるようにはなりました。

私の場合は、ヤマハのピアノの個人レッスンとジュニア科を、併用していました。
そして、必ず、グレード試験を受けて、6級まで、地道に取得していきました。

あと、まだ親がピアノ教室に通って習っていたのなら有利な状況だとは思いますよ。
私の親なんて、全然、ピアノが弾けませんでした。

だけど、本当に、それなりに何とかなっていて、中学のときは音楽の先生に武蔵野音大付属高校の声楽科に推薦するといってもらえました。

声楽科というのが「ミソ」ですが、声楽科といえど、けっこうピアノは弾けないといけないと入れません。

ピアノ教室の先生でも、けっこう声楽科出身の先生がいますよね。

・・・というわけで、それでも何とかはなります。
頑張れるなら頑張ってください。

結局、素質もないし、練習も嫌いだし、ギリギリで入っても、音楽の道で生きていくのも大変なので、私は、音大には進みませんでしたが、グレード試験などで培ったアレンジ力は、今でも健在です。

自分の場合、ヤマハのジュニア科へ行ってよかったですよ。
素質がない子の場合、ヤマハではない個人のピアノ教室に移ると、大人になって、やめて、それっきりだと思います。

弾かないと指も衰えますしね。
結婚しても、ピアノの置ける家に住めるかどうかは微妙です。

しかし、ピアノを弾くということではないアレンジ力とか、作曲の仕方というのは、ピアノを弾かなくなっても衰えることがないんです。

キーボードで童謡の伴奏を考えて弾いて、娘を歌わせたり楽しくやっています。
    • good
    • 0

小学生の子供がいる母親です。


昔の話で恐縮ですが、私自身がヤマハ音楽教室に8年間通っておりました。

質問文を読ませていただいて、当時と何ら変わりはないという感想です。
私もジュニア科になってから初めて作曲をしました。
ただ、みんなで作曲に取り組むというのはジュニア科だけで、それ以上になるとやっぱり能力差が出てくるため出来る子だけがやっていました。
出来る子が作った曲をみんなで演奏するという感じでしたね。
その点私は完全な脇役でしたが、自分に作曲能力がないことはジュニア科の経験でわかっていたのでお気楽でした^^;

指の技術指導の方がさっぱりなのも、これまたヤマハ音楽教室の「最大の特徴」とも言えます。
あの程度のレッスンでは技術力が向上しなくて当然です。
ちなみに私の場合グループレッスンの先生からグレードを取るためには個人レッスンが必要だと言われ、4年生頃から通っていました。

3人が出来ないのではなく、3人の方が普通でなぜか1人だけで出来る子がいる、という状態です。
劣等感を抱く必要はどこにもありません。
比べ過ぎ、気にし過ぎですね。

先生のレッスン内容としてはまったく問題はないです。
システムに沿ってきちんとレッスンを行っています。どの曜日でも同じだというのも納得です。
ただグループという性質上、生徒の質によってレッスン内容が変化するのは仕方がありません。
たまたま今回上手な子が1人いるという状態ですが、逆にすごく出来ない子が1人いる場合もそれはそれで悲惨でして・・・

私が8年間も続けた理由はただ1つ、グループレッスンが大好きだったから。
技術力が無くともグループの力やエレクトーンの力で素晴らしい演奏が出来るのが嬉しかったです。
これが個人レッスンなら自分で全部弾かなくちゃいけませんからね・・・
自分の下手な技術とまともに向き合うため、個人レッスンは嫌で仕方がなかった。

グループは色々な楽器を演奏出来ることが楽しかったし、何より発表会のあの規模は個人レッスンではないことですよね。
個人レッスンでの発表会もありましたが、弾くのも聴くのもつまんないし、規模はうんと小さいし、おもしろくないなと思った覚えがあります。
アレンジについては続けていれば抜群の能力を発揮します。
私はもう音楽をやっていませんので指を動かす技術力はだいぶ衰えましたが、アレンジ力は30代の今でもまったく衰えていません。

私の時代はジュニア科になると親の付き添いがなかったのですが、今はあるのでしょうか。
親の思いと子供の思いは違ったりしますので、案外見ない方がお互い幸せってこともあるんじゃないかと思います。
親はヤキモキするけれど、子供は楽しんでいるかもしれないし・・・

グループは辞めずに一度個人レッスンを体験してみてはどうでしょうか。
やはり知らないとデメリットを見逃しがちです。
実は私も個人レッスンを受けるまではヤマハがそれほど好き!というわけではなく、個人レッスンに憧れていました。
でもいざ個人レッスンが始まると嫌で嫌で、自分はグループレッスンが好きなんだと認識した次第です。

もちろんその逆パターンもあることでしょう。
どちらにしろ比べることでグループを続けるか個人にするのか、はっきり判断が出来ますよ。
    • good
    • 2

その子にジュニア科専門ハイクラスに行ってもらえばいいんじゃないかと。



yamahaのグループレッスン出身ですが、一通りみんなで弾いて、個人個人を回って「ここはもう少し強く叩いて。 スピードが速くなっていっている」とか指導してました。

私は一番チビで、一通り一回弾くと先生は他の人の指導に行き、残り1人でヘッドホーンで弾いてました。

なんか これもおかしい気がするのですが、、、
だってみんなで一緒に弾くのは3回くらいで、後は先生が他の生徒を指導している間、家でやっているようにヘッドホンつけて教室で1人で練習しているわけですから。笑
他の人が指導されているのを眺めながら。。。笑

で、やはり練習量とか上達に差が出るわけで、半年から1年に1回くらいグレード受験させられてました。
受かると次のグレードのクラスになり、だんだん「あーあ 暇だなぁ」とはならず、「ムズイ」ってなってきたし、「今度のグレード受験しなさい」の肩たたきが1年に1回くらいしか来なくなった・・・・笑

まあ グレードの本を弾いているうちに、技術がついてくるみたいで、教室に通ってクラス指定の楽譜でレッスンを受けていれば、グレード受験に合った練習になっているというのが、教室に通った方がお徳って理由なんでしょうね。


ジュニア科は9級のレベルに達するのが目標らしいです。

ひとまず「あと1年で9級のグレードに合格できるレベルにしてくれるんですよね」って言ってみては。

「それは個人の努力次第です」って言われたら「じゃあ 自宅で練習しろってことですか? わざわざ教室に通うメリットは無いってことですか? 教室で合格できるレベルになるよう指導してくれるって思ってましたけど、違うんですか? やっている? どこが。9級を目標にレッスンをするってのがこのジュニア科のうたい文句ですよね、 しかし 実際は よくできる子どもを合格させるために尽力を尽くしていて、他の子には十分な援助をしていない。ネグレクトしている。 ネグレクトの意味わかりますか? 無視です、見捨てるって意味です。 興味ある子以外は手抜きそして仕事をサボル。 さそがし楽でしょうね。プロとしての恥を知りなさい。yahamaの講師ってのは一つのステータスです。 教えるプロであるだけではなく、モラルも重要な有資格要素です。yahamaの講師には倫理規定があり、yamahaの講師の名誉を失墜させる行為をしたものは除名されます。 yahamaの講師のステータスを下げる行為をこれ以上続けるのであれば、yamahaの講師の資格を返上すべきです。私から通報される前に、自分で資格を返上してください」と言ってみんなで他の教師つい集団移動したらどうですか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幼児科後の進路&ヤマハのジュニア科について教えてください。

幼児科後の進路&ヤマハのジュニア科について教えてください。

 現在幼児科2年目です。幼児科の後はエレクトーンに興味はないので、ピアノに進みたいと思っています。
ただグループレッスンでみんなと歌ったり、レッスン自体は、すごく楽しんでいます。

 
  ジュニア科は、エレクトーンでのレッスンですよね?幼児科の延長のような物でしょうか?(歌ったり、アンサンブルをしたり・・・)

ピアノでと考えているなら、ジュニア科は選択肢に入れない方がいいでしょうか?

  

  ジュニア科2年で、どのぐらいのレベルまで行けるかという疑問もあります。

 
   早く上達してほしいなら、ピアノ個人に進むべきでしょうか?


   進路について、アドバイス頂けたらと思います。よろしくお願いします。


 

Aベストアンサー

グループレッスンかピアノ個人か。
長い目で見て、子供さんが楽しくピアノを続けられる。このことを大切に考えて選択するなら。。。

今は楽しくグループでレッスンされているのですね。
子供さんが楽しくレッスンに通うためには、
(1)本人の興味・努力
(2)先生の指導力
(3)親の協力・理解
この3者の連携がとても大切ですよね。
そこで3つの視点から考えてみてはいかがでしょうか。

(1)子供さんのことを一番理解されている質問者さんからみて、
 子供さんが(1対1でピアノの前に30~40分座って)ピアノ個人でレッスンしたほうが、やる気を出し、能力を発揮するタイプか?それともみんなで楽しく!がいいのか?

(2)先生からみた子供はどちらのタイプか?
 また、先生は子供の資質をわかって、感性を引き出してくれる人か?

(3)子供さんと先生の気持ちの橋渡し役として、それぞれ話をした上で、レッスンの選択をする。

もし、ジュニア科に進んだとしても、ピアノを続けることが断念されるということにはならないと思います。現に、有名なピアニスト上原彩子さんは、ヤマハ音楽教室出身だそうです。なかなか、長くピアノを続けるのは、難しいこと。これから、挫折する要因が出てくるかもしれません。そんなときでも、やっぱりピアノが好きだから、続けよう。と、いえることが、上達のための一番の条件ではないでしょうか。
子供さんにとって、楽しいピアノとの出会いは果たしているのですから、よりよい道を選択して下さい。

グループレッスンかピアノ個人か。
長い目で見て、子供さんが楽しくピアノを続けられる。このことを大切に考えて選択するなら。。。

今は楽しくグループでレッスンされているのですね。
子供さんが楽しくレッスンに通うためには、
(1)本人の興味・努力
(2)先生の指導力
(3)親の協力・理解
この3者の連携がとても大切ですよね。
そこで3つの視点から考えてみてはいかがでしょうか。

(1)子供さんのことを一番理解されている質問者さんからみて、
 子供さんが(1対1でピアノの前に30~40分座って)ピアノ...続きを読む

Qピアノのヤマハのカリキュラムと個人レッスン

小4の娘が5歳の時よりヤマハでピアノの個人レッスンを受けています。
通っていた幼稚園にヤマハの出張教室があったため、他の教室と比較検討することもなく習い始めました。
かれこれ5年以上通っていますが、上達の進度が遅いこと、カリキュラムが独特なことに今更ながら、という気はしますが疑問を持ち始めています。
我が子はあまり練習熱心ではなく、上達しない一番の原因は子どもにあります。それは重々承知の上なのですが、それを踏まえた上での相談なのです。
ちなみに、習い始めの当初から個人レッスンで、幼児科、グループレッスンなどのコースとは全く違っています。(ヤマハのシステムついては無知なので申し訳ありません)
別のヤマハの教室に通っているお友達は、コンクールに出たりもしているようですが、うちの教室の子たちには無縁の世界です。
私も子どもの頃ピアノを習っていましたが、ハノン、ブルグミュラー、プラス副教本に、ソルフェージュでワンレッスン。
自分も熱心な生徒ではありませんでしたが、それでも今のわが子の年齢にはかなりのレベルの曲を弾いていたものです。
未だに薄い一冊の教本のみ、簡単な曲だけでその他には何もありません。
練習不足が第一の原因としても、先生もあまり厳しくはないそうで、御月謝だけが上がっていくという印象です。
そもそも、ピアノの練習をするときはまず「ハノン」で指を慣らしてから、という風に教えられていたような気がするのですが、それさえもやらないというのはどうしてなのでしょう?
個人のお教室が近くにあることが分かり、先生を変えることも検討していますが、何かアドバイスがありましたらよろしくお願いいたします。

小4の娘が5歳の時よりヤマハでピアノの個人レッスンを受けています。
通っていた幼稚園にヤマハの出張教室があったため、他の教室と比較検討することもなく習い始めました。
かれこれ5年以上通っていますが、上達の進度が遅いこと、カリキュラムが独特なことに今更ながら、という気はしますが疑問を持ち始めています。
我が子はあまり練習熱心ではなく、上達しない一番の原因は子どもにあります。それは重々承知の上なのですが、それを踏まえた上での相談なのです。
ちなみに、習い始めの当初から個人レッスン...続きを読む

Aベストアンサー

地域や先生によって随分違うものとは聞いていましたが、お嬢さんのカリキュラムはちょっと少なすぎる気がします。
ピアノのみならば三冊は習わないと、テクニックの上昇と曲を楽しむ事が難しそうな気がします。
私は地方都市のヤマハ音楽教室でしたが、ハノンとツェルニーで指ならし、ブルグミュラーと副教本で曲らしい曲を習う、といった4本立てでした。
ピアノの個人レッスンの他に、グループレッスンでエレクトーンとソルフェージュを別途受けるクラスだったので特殊かもしれないですが、小学校3年で殆どの子がブルグミュラーを終えてソナチネに入り、5年ぐらいからソナタに入っていたと思います。
ヤマハに一度相談なさってみては・・・講師によって随分差があると思われますので。
上に紹介した私の受けたシステムでも、生徒の人数が多かったため講師が二人に分かれて担当していましたが、二クラスを比較すると進度と習熟度には差がありました。
普段は別講師担当の子等と接する機会はないのですが、オリジナルコンクール前の講習やグレード試験の時、他クラスの子等と接して感じた事です。
また、親同士でもあっちの先生がよかったね、などの、当たり外れについての話が出た記憶があります。
講師の熱心さや厳しさによってもお子さんの上達の速度はぐっと差が出ると思いますので、早めによい先生に変更なさる事をお薦めしたいです。

地域や先生によって随分違うものとは聞いていましたが、お嬢さんのカリキュラムはちょっと少なすぎる気がします。
ピアノのみならば三冊は習わないと、テクニックの上昇と曲を楽しむ事が難しそうな気がします。
私は地方都市のヤマハ音楽教室でしたが、ハノンとツェルニーで指ならし、ブルグミュラーと副教本で曲らしい曲を習う、といった4本立てでした。
ピアノの個人レッスンの他に、グループレッスンでエレクトーンとソルフェージュを別途受けるクラスだったので特殊かもしれないですが、小学校3年で殆ど...続きを読む

Qヤマハジュニア科に在籍~グレード9級

今月末にピアノグレード9級を受験する娘(小2)とエレクトーングレード9級を受験する息子(小1)がいます。一般的に「親子分離のレッスン」ですが、在籍するグループは親が同伴しています。ジュニア科に上がった当初、講師から「なるべく同伴を」と言われました。同時間帯に下の息子のレッスンで、当初より私は同伴を殆どした事が無く、でも他のお母さんは当初から欠かさず同伴。それを、我が子達が嫌がり始め「○○くんとか△△ちゃんは、お母さんが横で座って教えている。」「先生にいつも言われっぱなしでつらい。お母さんが付いている子達はそういう事を言われない。」と愚痴るようになりました。
ジュニア科1年目の発表会を控えての練習中。当時小1の娘は午後6時まで学童、その後保育園に息子達を迎えに行く等、親の都合で練習不足になっておりました。それでも何とか仕上げさせたのですが
「練習してきてない!何してたの?発表会はあんた達2人の音消して先生の音を出してもらう。音消すのは簡単だから引くマネだけ当日してくれたらいい。」と講師に言われ、以来「このグループに私達がいなくてもアンサンブルが成立する。」と思うようになってしまいました。レッスンで何を言われるかと思うとお腹が痛くなる、頭が真っ白になるとも。
講師より「全てにおいて他のお子さんより遅れている」と言われ、息子においては「1度もまともに弾けた事が無い。読譜もできていない。合格させる自信は無いです。」と言われてます。子供に何度と無く「練習しようか。」と声を掛けるのですが中々気分が乗らないでいます。グレードに不合格になった場合はどうなるのでしょうか?この状態ならやめさせた方がいいのでは?と思う反面、自分達が続けたいと言うならば、しんどい事から逃げるな!と言う私もいます。どんな事でも構いませんので、アドバイスや助言を頂けたらと思います。よろしくお願いします。

今月末にピアノグレード9級を受験する娘(小2)とエレクトーングレード9級を受験する息子(小1)がいます。一般的に「親子分離のレッスン」ですが、在籍するグループは親が同伴しています。ジュニア科に上がった当初、講師から「なるべく同伴を」と言われました。同時間帯に下の息子のレッスンで、当初より私は同伴を殆どした事が無く、でも他のお母さんは当初から欠かさず同伴。それを、我が子達が嫌がり始め「○○くんとか△△ちゃんは、お母さんが横で座って教えている。」「先生にいつも言われっぱなしでつら...続きを読む

Aベストアンサー

小4と小1の母親です。
ウチは私と子供たちでエレクトーンとピアノの個人に通っています。

お母さん同士の付き合いやhatohibariさんがおっしゃっている発表会の時の弾けない子の音を消すと言うことや グレード問題などなど・・いろいろ面倒だったので個人レッスンをお願いしています。
ズバリ・・9級は誰でも受かります(笑)
先生の脅しじゃないでしょうか??(爆)

>グレードに不合格になった場合はどうなるのでしょうか?
試験監もそういったことをちゃんと考えていますのでグループレッスン、9級グレードはみんな合格するようになっているみたいです。
なので悩まなくていいと思いますが・・先生の言い方、ひどいですね。

レッスンを受けているhatohibariさんのお子さんがその先生のせいで音楽が嫌いにならなければいいですが。そうなる前に先生や個人レッスンに替えるのもいいかと思います。

ヤマハの方などは最初はグループをすすめてきますが、私が思うに・・最初は個人がいいような気がします。出来るようになってからアンサンブルを楽しめばいいと思います。私の体験からレベルの違う人とのグループは出来る人も出来ない人も疲れちゃいます。
出来る人は出来ない人にイライラし、出来ない人はこんなに頑張っているのに何で?何で出来ないんだろう・・と。

お月謝だってお教室によって違うかも知れませんがそれほど高くはならないと思いますので個人レッスンでゆっくり自分のペースでレッスンを受けた方が子供も親も楽です。

子供たちにピアノやエレクトーンを教えることもレッスンやおウチでの練習を覗くことはほとんどありませんが確実に腕を上げています。
年に数回の演奏の場(発表会やコンクールやお祭りなど)で子供たちの演奏を聴いてびっくりするくらいです。

発表会で自分の子だけ音を消されていたらかわいそうじゃないですか?
それを子供が知っていたりわかってしまったらどんな気持ちになるんでしょうか?
頑張るのはレッスンを受けている子供たちですが 頑張りたくなる環境を作ってあげられるのは 今のところは、お母さんやお父さんですよね?

小4と小1の母親です。
ウチは私と子供たちでエレクトーンとピアノの個人に通っています。

お母さん同士の付き合いやhatohibariさんがおっしゃっている発表会の時の弾けない子の音を消すと言うことや グレード問題などなど・・いろいろ面倒だったので個人レッスンをお願いしています。
ズバリ・・9級は誰でも受かります(笑)
先生の脅しじゃないでしょうか??(爆)

>グレードに不合格になった場合はどうなるのでしょうか?
試験監もそういったことをちゃんと考えていますのでグループレッスン、9級グレ...続きを読む

Qヤマハジュニア科の教材について

ヤマハ音楽教室ジュニア科の教材について質問があります。

数年前の教材とのことですが、ジュニアとワークブックを習っていたと
いうお子さんがおられます。
(ジュニアは4巻終了間際まで習われていたそうです。)

個人でピアノを習いたいそうですが、教材としてはどの位のレベルと
思ったらいいでしょうか。
バイエル修了程度でしょうか。ブルグミュラー(25の練習曲)に
進んでもいいものでしょうか。
(ブルグミュラーは若干早いのかもしれない、と思ったのですが、
ジュニア4巻の中に、ブルグミュラーの曲が1曲ありました。
主教材の1冊を検討しています。)

是非教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ピアノを教えている者です。
ヤマハのグループレッスンから移ってこられる生徒さんもよくレッスンしています。

ヤマハのグループレッスンは、音楽を楽しみ、耳を育てる教育方針をとっています。
読譜も教えますが、CDなどの音源を聴いたり、先生やお友達の演奏に触れながら弾けるようになる生徒さんがほとんどです。

それで、ブルグミュラーの曲程度の難しい曲が何曲か演奏できても、実際自分ひとりで楽譜を読むのは苦手な生徒さんが多いです。

最初に移ってこられた時に、保護者の方にそのあたりのことを説明して、少しレヴェルをおとして一週間で両手で練習してこられる簡単な曲からレッスンを始めています。(音楽性がとても身についている点は必ずほめます)

例えばバイエル下巻や、みんなのオルガンピアノの本3巻などと、併用曲集を組み合わせたりしています。

ただ、生徒さんのよってもレヴェルの差があるので、初見で何か曲を弾いてもらって様子をみます。
すごくよくできる生徒さんだったら、ブルグミュラーも可能かもしれません。

Qヤマハ音楽教室の個人レッスンについて

いつもお世話になっております。
小学1年生の娘のピアノ教室を探しております(個人レッスンを希望)。自宅でお教室を開いている先生の情報がなかなか手に入らないので、比較的近所にあるヤマハ音楽教室を検討中なのですが、ヤマハはグループレッスンが主流なのでしょうか? ヤマハの個人レッスンは料金がかなり高いように思うのですが、それでもヤマハを選ばれた方は、何を決め手にされたのでしょう? 専門的な道を志すためなのでしょうか? ある程度上達して趣味として楽しめるようになってくれたらと思っているのですが、このような動機で受講するには、料金的にぜいたくなのかしら、と躊躇しております。アドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ピアノ講師をやっている30代の者です。

私も小学校1年生からヤマハにかよっていました。子供のころはグループでした。私はヤマハ→個人の先生→大学の先生という風にかわっていきました。
毎年グレードがあったり、発表会があったり、カリキュラムがある程度決まっているので、お子さんがそこでのレッスンを楽しめるようだったら将来とかに関わらず、必ず上達するとおもいます。そして一生の趣味にもなるような気がします。でも、たしかに諸々のお金はかかります。

個人的には個人の先生に見て貰う方が、お子さんと先生とのきちんとしたつながりなどもできますし、なんと言っても融通が利いてお子さんのペースにあわせたレッスンができるかもしれないです。
でも、いい先生をみつけるのは難しいですね。

無料の体験レッスンをされているところがたくさんあると思うので、
よかったらいろんなところにいって、お子さんと先生が合いそうな
お母様も安心できる先生をみつけられるといいですね!
あとは、口コミも結構いいらしいです。ご近所でピアノを習っているお子さんがいましたら、そこで情報を収集してよさそうな先生を見つけることもオススメです。

ステキな先生に出会える事を願っています!
がんばって♪

ピアノ講師をやっている30代の者です。

私も小学校1年生からヤマハにかよっていました。子供のころはグループでした。私はヤマハ→個人の先生→大学の先生という風にかわっていきました。
毎年グレードがあったり、発表会があったり、カリキュラムがある程度決まっているので、お子さんがそこでのレッスンを楽しめるようだったら将来とかに関わらず、必ず上達するとおもいます。そして一生の趣味にもなるような気がします。でも、たしかに諸々のお金はかかります。

個人的には個人の先生に見て貰う方が、お子...続きを読む

Q電子ピアノを買ったのですが、だめだったんでしょうか。

6歳の娘がヤマハ音楽教室に通っている時、電子ピアノのクラビノーバCLP-120を買いました。(今年の4月)8月に入って個人で教えている先生のピアノ教室に変わったんですが、その先生から電子ピアノで練習している子とピアノで練習している子では差がで出てくるから折角買うならピアノにすればよかったね~と言われました。

私はピアノに全く無知で、クラビノーバを買うときは、続くかどうかわからないし、もし続けばその時ピアノを買えばいいや。位の軽い気持ちだったんです。

先生のお話を聞くうちに小さい時も大切なんだということがわかってきましたが、クラビノーバを買ったばかりなのでまた買い換えるのももったいない気もします。

現在1年生ですが、最悪何年生位を目安にピアノに変えたら良いでしょうか。
また、うちはマンションですが騒音面でも気になっています。今クラビノーバは角部屋なのでどことも隣接していない壁面に置いています。げたばきマンションの2階なので下は駐車場です。
あわせてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしていたので、試験勉強で追いつめられた時も、朝の3,4時にピアノを練習することがありました。なので、電子ピアノも使いようによっては、便利なものになります(私はその後、音大に行ったので、高3の時にアプライトを売り、グランドピアノを買いました)。

電子ピアノをアプライトピアノやグランドピアノに切り替える時期ですが、中学生くらいまでは電子ピアノで様子をみてもいいのではないでしょうか。
その子の上達の度合にもよりますが、もしその子がいつまでもピアノが好きで、これからもずっと続けたという意志を強く持っているなら、いつの日か、その子の方から、電子ピアノではもう自分の表現したいことを表現しきれないから新しいピアノを買って欲しい、という風に言う時が、必ず来ると思います。そうしたら、その時に、買ってあげればいいと思いますよ。
また、それが音大受験にまでつながる情熱と能力である場合には、アプライトではなく、グランドピアノが必要になります。

お子様の上達に合わせて、その子の方から、新しいピアノが欲しいと思えるような、そういう実力がついたときに、買ってあげてください。
私の場合は、高校生の時にすでに、アプライトピアノでも響きに不満を感じるようになって、自然にグランドピアノを求めるようになりました。中学の時まではアプライトで十分に満足していて最高のピアノだと思っていたのですが、自分の力が上達していくと、自然に新しいピアノを求めるようになるものです。

ピアノが上達する鍵は、ジャンルを問わず、多くの音楽をCD,DVDで聴くことです。そして、川の流れをみても、山にいっても、海に行っても、自然そのものに音楽を感じられるようになる力をつけることです。
いろいろな音楽をたくさん聴いて、いろいろなところに旅行することも、ピアノの上達につながります。さらうことだけではないということを、どうか忘れないでください。

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしてい...続きを読む

QヤマハのJ専コース辞めようか迷ってます。

ヤマハのジュニア専門コース(J専)二年目に通ってます。
他の子供達より1年早くはじめてるのでまだ小学校1年生です。家の近所の教室ではJ専コースをやっていないので、車で1時間かけて通っていて、レッスンも厳しいし、コンクールや休日レッスンなどで休みもほとんどピアノ漬け状態に親子共々疲れてきました。
本人はグループは楽しいけど、個人レッスンは辛そうです。グループのお友達と分かれたくないから通っているという感じです。ピアノは先生も厳しく、練習も平日2時間ほど弾いてます。(休みの日はもっと練習します)最近音も良くなってきて、レベル的には良い感じになってますが、先生の求める事がどんどん高度になってきて練習しても追いつかなくなってきました。
それに、「グランドピアノを持っていないとコンクールには勝ち進んで行けない」と言われて、売込みが凄いのです。小学校1年生にグランドがいるのでしょうか・・・。
本人は「ピアニストになりたい!!」と言ってますが、親的には音大に入ってほしいと思っています。(でも、レベルの高い音大など狙ってません!!)このままJ専に通ったら上手くなって行くのは分かるのですが、小学校1年生には過酷過ぎるように思えて・・。音大に入るには小さい時からこんなに練習させないといけないのでしょうか?
近所の個人レッスンに替えると、レベルが落ちるような気がして・・・。

ヤマハのジュニア専門コース(J専)二年目に通ってます。
他の子供達より1年早くはじめてるのでまだ小学校1年生です。家の近所の教室ではJ専コースをやっていないので、車で1時間かけて通っていて、レッスンも厳しいし、コンクールや休日レッスンなどで休みもほとんどピアノ漬け状態に親子共々疲れてきました。
本人はグループは楽しいけど、個人レッスンは辛そうです。グループのお友達と分かれたくないから通っているという感じです。ピアノは先生も厳しく、練習も平日2時間ほど弾いてます。(休みの日は...続きを読む

Aベストアンサー

お嬢さまは1年生で、よく頑張っておられますね。
これは、お母様のサポートが素晴らしいからですよ。

まず、J専とは、このような所です。
今活躍されている、JAZZピアニストの上原ひろみさんもJ専出身です。
もう一人の上原(下の名前は忘れました)さんも、同期のJ専でクラシック界で活躍されています。

また、YAMAHAの雑誌などに登場する40代~50代の先生方は、初期のJ専出身者が多いです。

レベルの高い音大のピアノ科の学生さんは、幼児から親子で努力されてきた方が殆どを占めていると思います。

それに、音大でもレベルの高い所は先生の質も違いますので、良い先生に教えてもらう方がお嬢さんにとってプラスになると思います。

私の周りのもおられますが、お母様の力の入れようは、すごいです。
よくTVで取り上げられる、小学校のお受験ママと同じ感じです。

個人宅のレッスンは、趣味程度のレッスン内容の先生や専門家を育てるレッスンなど形態が様々です。
将来ピアニストを目指す人の、音大教授クラスのレッスンですと、J専と同様の練習が必要です。

ピアニストを目標にしているなら、グランドピアノは絶対必要です。早い方が良いと思います。
これは、アップライトとグランドではピアノの構造が違う為、鍵盤のタッチやぺダルなどが異なる為です。
専門家になるなら、これは重大問題です。

お嬢様は、やる気もあり、才能もあるようですので、お母様のサポートは大変でしょうが、このまま、続けていかれてはと思います。

辞めることは、いつでもできますので、お嬢様ご本人がやる気のある間は、継続してあげてください。

現在活躍されているプロのピアニスは、小さい頃に何かを犠牲にしてきた話しを聞きますので、それだけ厳しい世界のようです。

お嬢さまは1年生で、よく頑張っておられますね。
これは、お母様のサポートが素晴らしいからですよ。

まず、J専とは、このような所です。
今活躍されている、JAZZピアニストの上原ひろみさんもJ専出身です。
もう一人の上原(下の名前は忘れました)さんも、同期のJ専でクラシック界で活躍されています。

また、YAMAHAの雑誌などに登場する40代~50代の先生方は、初期のJ専出身者が多いです。

レベルの高い音大のピアノ科の学生さんは、幼児から親子で努力されてきた方が殆どを占めてい...続きを読む

Q子供のピアノテキスト ピアノスタディはどうですか

はじめまして。
6歳の娘のピアノテキストでご相談です。

ヤマハ幼児科を経て、個人がいいという本人の強い希望をヤマハ受付に伝えたところ、
ヤマハのピアノ講師を薦められ、個人レッスンを受けることとなりました。

私自身はエレクトーン経験者なのでヤマハに通わせていたのですが、娘はピアノを選択し
私にとっては未知の世界に進んでしまいました。

紹介された先生は音大出身で信用しているのですが、教材の話し合いの場には受付の方が
同席し、その方の意向でピアノスタディという教材に決まりました。
中身はかわいく子供も接しやすいようですが、同時に購入したCDの音源にはエレクトーンも
含まれており、ピアノを選択したにもかかわらずそのようなものを買わされたことに少々腹立たしく
思っております。
そこから不信感が募り、このままヤマハで良いのか?と悩み始めました。

ピアノ=ハノン・バイエル…などという名前が思い浮かぶのですが、その話をしたところ
まだ早い!!と言われました。
ですが、インターネットで調べたところ、それらのテキストを平行して使用されている子もいるようです。

ピアノスタディは延々12巻まで続く教材のようで、この先、このコースで進むのは無駄な時間を過ごすことになるのでは?と不安です。

昔ながらの教材では飽きてやめる子が続出するという話もよく聞くので、今の時代は子供が接しやすい教材を使うのかもしれませんが、ヤマハ側の意見だけを聞いて後悔をしたくないので、ピアノの世界に精通した方にぜひお話を伺いたいと思います。

私の方針は、音大を目指して欲しいとは思っていません。
ピアノを選択した娘にピアノの世界を広く知って欲しいのです。
少々厳しいレッスンであっても、自分の望む曲(難曲)を演奏するための道のりを大切にして欲しいと思っています。
でも、これはピアノの世界を知らない者の理想論だと思います。

アドバイスをぜひお願いします。

はじめまして。
6歳の娘のピアノテキストでご相談です。

ヤマハ幼児科を経て、個人がいいという本人の強い希望をヤマハ受付に伝えたところ、
ヤマハのピアノ講師を薦められ、個人レッスンを受けることとなりました。

私自身はエレクトーン経験者なのでヤマハに通わせていたのですが、娘はピアノを選択し
私にとっては未知の世界に進んでしまいました。

紹介された先生は音大出身で信用しているのですが、教材の話し合いの場には受付の方が
同席し、その方の意向でピアノスタディという教材に決まりました。
中...続きを読む

Aベストアンサー

ピアノ講師・ピアノ弾きです。
言いたいことは色々ありますが・・・

# ヤマハで相談してもヤマハのカリキュラムから抜け出せる講師には会えません。ヤマハの講師たちはそのまた講師からカリキュラムやテキストや教育法の指導を受けています。

# もちろんヤマハにも優れた講師はいるし良い指導を続けている人もいます。でも、そういう講師に出会えるのは宝くじと同じ。ほとんどの講師は言われたことをやる凡庸な講師であり、ましてピアニストとして自分を磨き続けている人は少ないでしょう。

# 音大を卒業というステータスは今ではほとんど何の意味もないと言っていいほどです。音大を出た友人がたくさんいますが、ほとんどが「ピアノ馬鹿」です。ピアノだけを勉強することに精一杯で、「音楽」をまったく勉強してこなかったからです。音楽を知らない人が楽器を教えて、良い教育ができるとおもいますか?

# 要するに、テキストそのものの問題ではなく、テキストをどう使うかが問題なのです。テキストから自分なりの使い方を探し出して印刷されていることの3倍4倍の価値を与えることができる講師が良い先生になれるのだと思います。

# 楽譜通りに弾ければ○をくれる講師は良い先生ではないと思ってください。努力が見えてこない講師も同様。現在出版されているテキストのほとんどはそれほど悪いものではありません。その使い方次第です。

# CDがついた教材を買わせる先生は信用できないと考えてくれてもかまいません。耳で音を体験させたいなら、先生が生徒の前で弾いてあげればいいことです。繰り返し繰り返し聴いて耳から覚えるという教育はどこか違う、と思っています。

# 今時バイエルなんて言わないでください。もう何十年も前に過去の教材になっています。だから、バイエルを使っている先生は勉強をしていない先生なのです。ハノンを小さい頃から導入するというのははよっぽどの考慮を重ねた先生にだけ許される行為です。指が強くなる、とか、速く動くようになる、とかは本当ではあるけれど、「正しく使って」の上でのハナシです。

まだまだ今のピアノ教育に関して言いたいことがたくさんありますが今回はこれにて。
良い先生に出会うって本当に大変なことなのです。音大卒業生たちが今になって目からウロコを落としている始末ですから。

ピアノ講師・ピアノ弾きです。
言いたいことは色々ありますが・・・

# ヤマハで相談してもヤマハのカリキュラムから抜け出せる講師には会えません。ヤマハの講師たちはそのまた講師からカリキュラムやテキストや教育法の指導を受けています。

# もちろんヤマハにも優れた講師はいるし良い指導を続けている人もいます。でも、そういう講師に出会えるのは宝くじと同じ。ほとんどの講師は言われたことをやる凡庸な講師であり、ましてピアニストとして自分を磨き続けている人は少ないでしょう。

# 音大を卒業...続きを読む

Qヤマハのグループレッスンと個人レッスン

こんにちは。ヤマハ音楽教室についてお尋ねします。
ヤマハには、幼児科とかジュニア科などのグループレッスンと
ピアノやエレクトーンの個人レッスンなどがありますよね。

グループレッスンは歌とかもあって、個人レッスンとはまた
種類が違うとは思いますが、ピアノやエレクトーンが弾ける
レベルはだいぶ差があるのでしょうか?
現在、上の子がジュニア科なのですが、ある程度はやっぱり
弾けるようになったらいいなと思うので。。。

グループレッスンや個人レッスンに通わせている方の、感想とか
アドバイス、内容などお聞かせ願えればと思います。
(下の子ももうすぐ3歳なので、どれに通わせようかな~と
考え中なので。。。)

Aベストアンサー

おかあさんのあなたが子供さんにどれくらいのことを望んでおられるのでしょうか。

小さいあいだはグループレッスンがおすすめです。
お友達もできるし、総合的な音楽の勉強のための下地ができます。
ピアノを弾くというのは、ただ単に指を動かすだけではなく、
自分の感じたことを音にして表現するということです。
べつにやっている本のレベルで上手、下手が決まるわけではないのです。
個人レッスンは、ソルフェージュも多少やるとは思いますが、
やはり「弾く」が中心になってしまいます
確かに本は進みます。
でも、先生によって指導の内容に差もありますから、総合的と言えるかどうかはわかりません。

さて、私の娘は現在中学生です。
3歳からずっとヤマハっ子です。
幼児科、ジュニア専門コース、個人とやってきています。
普通の勉強はイマイチできない子ですが(^^;
中学校では音楽の成績だけはバツグンです。
小学校の卒業式でのピアノ伴奏や、中学校の行事のピアノ伴奏をやったりしています。
今、やっている練習曲は、確か、ツェルニー40番練習曲と
ショパンワルツ、ベートーベンソナタ集、バッハフランス組曲 ほか。

おかあさんのあなたが子供さんにどれくらいのことを望んでおられるのでしょうか。

小さいあいだはグループレッスンがおすすめです。
お友達もできるし、総合的な音楽の勉強のための下地ができます。
ピアノを弾くというのは、ただ単に指を動かすだけではなく、
自分の感じたことを音にして表現するということです。
べつにやっている本のレベルで上手、下手が決まるわけではないのです。
個人レッスンは、ソルフェージュも多少やるとは思いますが、
やはり「弾く」が中心になってしまいます
確かに本は...続きを読む

Qカデンツを覚えるには

小2の娘が音楽教室に通っているのですが、今カデンツ(ハ・へ・ト長調、イ・ニ短調)を覚えるように言われています。
今まで曲を弾くのも頭でまる暗記して弾くような状態だったので、下向き、上向き、順番を代えてなどと言われるとさっぱりついていけません。
親の私も全くついていけてないのですが、なにか覚えるこつはないでしょうか?

Aベストアンサー

非常に長くなってしまいますが、ご容赦ください。

今回のは一番基本的なカデンツです。
この段階を理解しておくと、この先が非常にスムーズになりますよ。


今回のカデンツですが、3つの音からなる「三和音」に、左手を付けた形と考えて良いと思います。

かなり噛み砕いて説明すると、「ドミソ」も「ミソド」も「ソドミ」も同じ和音なんです。ただ、音が重なる順番が変わるだけ。
ではなぜ重ねる順番を変えるかというと、一つ前の和音からスムーズに音が移り変われるようにするためなんです。
例えば、ドミソからファラドと移るよりは、ドミソからドファラと移った方がスムーズに進むように思いませんか?
ドファラとなっているのはこのためです。

今回のカデンツは、上記のような「音の重ねる順番を変える」ということをしない場合、このようになります。

ドミソ

ファラド

ソシ(レ)ファ

ドミソ

このような和音の進み方をするのですが、スタートのドミソからスムーズに音を移り変わらせるために、ファラドがドファラになるわけです。
左手の音は、それぞれの和音の一番下の音を弾いているだけです。


「シファソ」について、特別な事情があります。
シファソという和音は、本来はソシレファソという4つの音からなる和音なんです。
ですが、今回は三和音のカデンツのため、一番重要度の薄いレの音を省略して、ソシファになります。そして、上記の重ねる順番の変化により、シファソになったりするわけです。

で、ソシレファとは何か。
ドミソという、このカデンツの主たる和音に対し、「ドミソに戻りたい!」という気持ちが一番強く表れる和音がソシレなんですが、そこにファの音を加えると、「主たる和音に戻りたい気持ち」が非常に強まるんです。そこで、カデンツの最後の一つ前という、一番ドミソに戻るぞ!という和音にはソシレファを使うんです。そして、上記の通り今回は三和音なので、レを省略してソシファになります。




>理想ではハ長調では左手がファなら右手がドファラになるというような事を、どの調でも理解できたらいいのですが、コツがあればと思いました。

Iドミソ
IIレファラ
IIIミソシ
IVファラド
Vソシレ
VIラドミ
VIIシレファ

各調の音階の上に出来る和音のことは、上記のように数字(ローマ数字)で呼びます。
今回のカデンツは、「I→IV→V→I」と進む分けです。

カデンツの調が変わるときに、全ての音を一から考え直すのではなく、
まずこのカデンツのIの和音は何か、IVの和音は何か、Vの和音は何か、ということを考えるんです。その後、先に書いたように和音の順番が変わります。こうすれば丸暗記を避けることが出来ます。




no.1の回答欄でも書きましたが、お子さんと大人では覚え方が違うかもしれません。
私は高校生の時にこの辺りの勉強をしたため、完全に理屈で覚えた人間です。
質問者様も今回の回答の覚え方で良いと思いますが、お子さんの理解の仕方については、是非ピアノの先生に相談してください。
なぜかというと、小さい子供は和音の進み方などを良い意味での感覚的にグングン吸収出来るので、今回私が書いた理解の仕方を押し付けると、せっかくの「感覚的な伸び」の邪魔をしてしまうのではないかと思うからです。
今は感覚的に理解し、中高生になってから理屈を把握するのも遅くはありません。
私はこのように考えますので、今回の回答はひとまず質問者様の理解の手助けに止めて頂きたいと思います。


今回の回答の内容は非常に噛み砕いた内容です。
no.1でご紹介した本で理解を補って頂きたいと思います。
139ページから148ページの範囲になります。
実際に楽譜が載っていますので、非常に分かりやすいです。

この楽典の本を読み、さらに今回課題となっている全てのカデンツを五線紙に書いてみてください。理解が深まると思います。
各調の各和音の、全ての転回形(重ねる順番が変わった和音のこと)も書いてみてください。


さらにご質問等ありましたら、またコメントさせて頂きます。

非常に長くなってしまいますが、ご容赦ください。

今回のは一番基本的なカデンツです。
この段階を理解しておくと、この先が非常にスムーズになりますよ。


今回のカデンツですが、3つの音からなる「三和音」に、左手を付けた形と考えて良いと思います。

かなり噛み砕いて説明すると、「ドミソ」も「ミソド」も「ソドミ」も同じ和音なんです。ただ、音が重なる順番が変わるだけ。
ではなぜ重ねる順番を変えるかというと、一つ前の和音からスムーズに音が移り変われるようにするためなんです。
例えば...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング