ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

僕の友達は回り込みをしてこないで、いつも両ハンドで待っています。
バックハンドはそこそこうまいです。(相手)
どういう風に戦術を組み立てたらいいでしょうか?
両ハンド待ちの弱点、対策などを教えてください。
お願いします。ポイントは絶対上げます。

A 回答 (3件)

間違いなくミドルが有効ですね。

どんな選手でも最後に残る課題はミドル対処のはずです。逆に言えばそこを克服すれば良いわけですね。他の回答者様が言われているように、基本的なスタンスは横の平行スタンスのはずです。つまり、サーブはフォアミドルのハーフロングで出し、チャンスボールになれば逆を突くかミドルかボディですね。ボディは反応が遅れると非常にとりづらいのでお勧めです。
参考程度に~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ミドル攻めですか、、、、。
練習してみます!

お礼日時:2010/12/10 14:43

両ハンド攻撃型は、ミドル攻撃が鉄則です。


両ハンドということは、
ほぼシェークかペンの裏面攻撃型だと思いますが、
でしたらフォア面とバック面が違う面での打球になりますので
フォアミドル付近でラケットがひっくり返ります。
このあたりが一番対処しにくいコースになります。

上手くミドルがつければ、その後の両サイドへの対応が遅れがちに
なりやすいので(足が止まる)、
ミドルから両サイドを試してください。

また、両ハンドスタイルの選手がスタンスが横に広く、
前後にほとんど差がない場合が多いので、ミドル前(浅い)も
狙い目です。
また、その対処に右足か左足か前に出す足が決まって対応する事が
多いと思いますので、
右足を踏み込んで打つタイプなら次はフォアへ、
左足ならバックへなども有効と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にして、やってみます!!

お礼日時:2010/12/10 14:42

左右に振ってとどめはミドルを狙うのがいいとおもいます。

また、その逆かすべてミドルへか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます^^
早速試して見ますね。

お礼日時:2010/11/26 22:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドライブ時の手首の活用方法。

フォア、バックともに、ドライブ時に威力を出す為には、手首の活用が
重要とよく言われていますが、皆さん手首は使っていますか??

というのも、バックドライブはいいのですが、フォアドライブ時に
手首を使うと、ドライブが安定しません。コートに入らないというわけ
ではないのですが、ボールに横回転がかかり、かえってボールが遅くなってしまいます。どのように手首をつかうといいのでしょうか??
また、手首を活用できるようになるための「良い練習方法」が
あれば教えて欲しいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分の場合、手首を使うことは意識していません。手首をリラックスした状態でスウィングすると自然と手首がしなるので、それに任せています。手首の動きを意識しすぎると、力が入って手首はもちろん体全体が滑らかに動かなくなります。(あくまでも私の場合です。サーブも手首を大きく使いません)
以前は足の力で打つことを意識してましたが、最近では中国選手を参考にして上半身の筋力でスウィングするようにしています。(腹筋や胸の筋肉)
手首を使うと横回転がかかる原因は、ラケットヘッドが下がっているからではないでしょうか?その状態から手首を大きく使ってドライブを打つと少しボールの外側を打つようになるからだと思います。ラケットヘッドを下に向けず、横向きの状態からスウィングすれば、まっすぐ飛びやすいはずです。

Q木材ラケットの良さとは、特殊素材ラケットの良さとはなんですか。

木材ラケットの良さとは、特殊素材ラケットの良さとはなんですか。

Aベストアンサー

木材ラケットは、オールラウンドという感じで、どんな戦型・ラバーにも合います。7枚合板以上であれば、威力がありますし、打球感がハードなので、どちらかといえばスマッシュを多用する戦型にマッチします。
ただ、7枚合板以上になってくると、重いです。5枚合板以下なら、そんなこともないのですが……。
前述の通り、オールマイティなので、まだ戦型が決まっていない初心者には、5枚合板のラケットをお勧めしています。

特殊素材ラケットには、大きく分けて2種類あります。
安定性を高める特殊素材(例:バタフライのアリレート、ニッタクのグラスファイバーなど)
ドライブがソフトになり、コントロールが良くなります。
スピードを高める特殊素材(例:バタフライのT5000カーボン、ニッタクのチタンカーボンなど)
これは上級者用で、木材合板よりもスピードが出て、攻撃力が増します。

私は卓球を始めた時は合板でしたが、今はスピード系のカーボンラケットに替え、攻撃力がアップしたと自負しています。

Q卓球の右足軸回転とは?

今日買った卓球の本に「右足軸回転」という打ち方がありました。
その打ち方は、体重を右足にのせたまま左足を体にひきつけて打つという方法です。
でも、体重は右から左に移動させるものなのではないのでしょうか?
それと、この打法はどのような場面で使う打ち方なのでしょうか?

Aベストアンサー

最近の理論では右から左への体重移動や前に踏み込みながら打つ後ろから前の体重移動はあまり効率的に力が伝わる打法ではないというのが常識のようです。
効率的に力伝えられる打法が軸回転を利用した打法で簡単にいえばコマのように軸を中心に体を回転させてその勢いをロスすることなくボールに伝えるのです。当然軸がぶれてはうまくいきません。
右足軸を実感するには左足を上げて右足だけで立って打つといいと思います。左足が地についていなければ体重移動はできませんので。
フォアハンドをフォアサイドで打つ場合は右足軸、バックサイドに回り込んで打つ場合は左足を軸にするといったように軸を自然に作れさえすれば複雑に考えなくていいと思いますし、ある程度は誰でも自然に行っているのではないでしょうか。
参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング