【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

ポーチ屋根や出が1m以上の庇がガラス等透明な材料の場合は建築面積に算入しますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

庇など囲いのない建造物は、建築面積には入らないと思いますよ


詳しい事を聞きたければ、地元の建築組合などに聞いてみては。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/29 11:48

>ガラス等透明な材料の場合は建築面積に算入しますか?


材種による算入・不算入の違いは無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/29 11:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qひさしは建蔽率に含まれる?

  今、1階倉庫2階事務所の建物を積水(軽量鉄骨)にて検討中です。

 搬出入の関係上、駐車場の上を覆う位にひさしは必須な

 のですが、営業の方に「ひさしは1m以上突き出す場合は

 建蔽率に含まれる」と言われてしまいました。

  しかしあらゆる倉庫を見る限り、かなりの割合で

 道路際付近までひさしを突き出しています。

  営業の方いわく、それは建物を建てた後に

 後付けでつけたものでしょうと言います。

 でも、どうみても後付けで付けた造りには見えません。
 
  どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、お知恵を貸してください。

 
 

Aベストアンサー

こんにちは。

最初から庇をつけるように設計して、フレームと屋根だけ取り付けない状態で完了検査をうけることがよくあるそうです。ので、どう見ても後付に見えないものも普通にあります。実際に検査の時に設置されていない以上、市も文句を言うわけにはいかないようですが、実際に建蔽率を超えていれば違法建築ということになります。

近所のカーポートもほとんどが後付けで建蔽率をオーバーしていますけど、わざわざ市が文句言いにきたりはしていないようです。

Q高度斜線はどうなるの??

建築面積の1/8の塔屋(昇降機や昇降機ホール)は建物の高さに入らないとの事ですが、高度斜線(北側)にかかっても良いという解釈で宜しいのでしょうか??
教えて下さい。困っています。

Aベストアンサー

建築面積の1/8以下の塔屋(高さが12M以下)は、(1)道路斜線の場合には高さに算入されません=道路斜線にはかかりませんが、(2)北側斜線制限(高度地区における北側斜線制限の場合も含む)には高さに算入されます。=高度地区の北側斜線にかかってきます。(建築基準法第56条第1項第3号、同法第58条)

もちろん建築面積の1/8を超える塔屋は、階数と床面積にも含まれるので、道路斜線にもかかってきます。

Q真北の調べ方

こんにちは。住宅の新築にあたり、北川斜線の検討が必要です。検討すのに磁北ではなく真北で検討する必要があるのですが、手元には法務局の測量図はあります。この測量図の座標通りに入力してでた北は真北なのでしょうか、磁北なのでしょうか。また、磁北の場合、どうすれば真北が求められますか?役所で地図を購入すればよいのは分かっているのですが、平日役所まで行く時間が取れません。何か良い方法があれば教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
地球上で北へ行けば行くほど真北と磁北はズレて来ます。
日本の地図上でどの場所はどれくらい真北からズレているかは下のURLで知ることが出来ます。国土地理院のHPです。
厳密には建築予定地その地点での偏角を計算しなければならないのでしょうが、役所提出するならご紹介した日本地図上の地域別に表示されている偏角で計算されれば良いと思います。

多分役所へ提出する図面はCADで描くと思いますから何度何分という偏角は簡単に図面に反映させることが出来ます。
また一般に役所の図面は磁北が記入されていると思います。

http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geomag/images/menu_04/henkakuitiran2000.jpg

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q庇の建築面積

建築面積算定時における、庇部分の1m緩和について教えて下さい。
基準法をみると、端から1mの部分は建築面積より除外してよい事になっていますが、この端とは
(1)前面だけなのでしょうか?
(2)それとも更に両側面より1m後退してもよいのでしょうか?
例えば、建物前面に間口7m、奥行3mの庇があった場合、建築面積は(1)14m2でしょうか。それとも、(2)10m2にしてもよいのでしょうか?
教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

常識的には14m2でしょう。
3方向(両側も)免除してもらった事も確かに何度もあります。
ただし自走式の例では恐らく建蔽率にかなり余裕が有ったのでは?。

今年同様の例で一応役所に確認したのですが条文の・・・施工令の2条の2を引き合いに出し「壁又は柱の中心線云々」(じっくり読むと納得行くと思います)を根拠とする為うちでは認めていない、と言われましたね、けだし正論と納得しました、ただし「建蔽率に余裕が有れば解釈も変わるかもしれませんが」、なんて頼りないオマケも付いてましたが。
>庇でも、4方向のうち1方向にしか壁が無いのであれば、同様に、3方向について緩和が受けられると思ったのですが...。
御免なさいよく理解出来ないのですがとにかく壁から庇が出ている、庇を支える柱も無い、となれば原則両側は認められないはずです。

所轄に聞いてみて下さい、それが間違いないでしょう。


人気Q&Aランキング