「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

低学年が中心の試合が始まりました。
ピッチャーもコントロールがいまいちで押し出しだらけの試合があります。
やまなりの球など観戦していておやっと思うストライクがあります。ストライクゾーンを教えてください
また高校野球やプロ野球の場合のストライクゾーンとの違い、ソフトボールとの違いなどもお願いいたします
 ド素人です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

今晩は。

#1です。
すいません。tootyannさんのご質問をよく理解していませんでした。
>ストライクゾーンの天井から入ってストライクゾーンの後ろに抜けるものや~これはtootyannさんが仰りたかったことは、やまなりの球が、ホームベース上の五角柱の空間を通過せず、この空間を飛び越えた球ということですよね。これに関しては、野球規則でインフライトの状態で、通過すれば、ストライクで、通過しなければ、ボールのようですが、実際は、このような球はありえないと思うのですが・・・

>正面から入って底におちてワンバウンド~ですがこれも野球規則では、ストライクゾーンの下限のラインを通過すれば、ストライクのようですが、捕手の手前でワンバウンドしたらストライクかボールかという問題のようです。これは、審判をなさっている方にお聞きしましたが、ルールブックの表現上はストライク、しかし運用上はボールとすることもあるそうです。
しかし、ホームベース上でワンバウンドすることは、現実的には、フォークボールでも無理だと思うのですが・・・
あとこの「下限」のラインですが、アマチュア野球では「下限」について球の全てが下限のラインの上方を通過したものをストライクだそうです。ですからひざ頭の下部の下限のラインの上を通過すればストライクで、下限に触れている球や、下限より下方を通過した球はボールだそうです。軟式野球ではこの「下限」はひざ頭の上部になっているようです。

>コーナーをかするもの~これについては、私は、ホームベースの「接点」を通過した球だと勘違いしていました。tootyannさんが仰られたように基本的には、ボールがホームベースを少しでもかすればストライクですが、このホームベースの「接点」を通過した場合はストライクになりません。この件に関しても、審判をなさっている方にお聞きしました。
    • good
    • 0

ストライクかどうかは、ストライクゾーンの中で、


捕手が捕球したかどうかではなく、
投球が、ストライクソーンを通過したかどうかで
判断されると思います。

なので、ストライクゾーンを通過していれば、見逃して
捕手が後逸してもストライクです。

コーナーをかするものは、少しでも、ホームプレートの
一角を投球がよぎっていればストライクです。
キャッチャーが捕球した場所ではないと思われます。

この回答への補足

ストライクゾーンとはベースの上空で膝上から胸あたりまでの空間(いいかげんですみません)をどんなかすりかたでも(上から下でも右端でも左端でも。ただし下はいろいろ制限あり)かすればいいのかなと思っておりました。
ソフトの審判講習でストライクゾーンの正面からボールが進入してなんて教わったような記憶があったもんで混乱しています。

補足日時:2003/08/28 20:01
    • good
    • 0

今晩は。

#1です。
>ストライクゾーンの天井から~ですが、これはかなりのやまなりの球ということのでしょうか?
ストライクゾーンの中に捕手の構えたミットにボールが収まれば、ストライクです。

>ストライクゾーンの後ろに抜けるもの~というのは捕手が後逸した球ということでしょうか?
これはバッターが空振りすればストライクになりますよ。

>正面から入って底におちてワンバウンド~
これもバッターが空振りすればストライクになりますよ。

>、コーナーをかするもの~
投手の投げ球が、受けた捕手のミットがストライクゾーンからはみ出していますと、ストライクにはなりません。


投球がストライクゾーンを通過しなかった場合のストライクをいくつか紹介します。

(1)バッターが空振りしたら、ストライクですが、投球がワンバウンドしても、バッターに当たっても、空振りすれば、ストライクになります。

(2)ボールカウントがノーストライクまたはワンストライクの時、バッターがファウルを打つと、ストライクになりますが、ツーストライク後のファウルは、ストライクにはなりません。

(3)バッターがバントして、空振りしたり、打球がファウルになった場合は、ストライクになります。ツーストライク後にバントして、打球がファウルになった時は三振になります。

(4)打球がファウルチップになった時は、ストライクです。バッターにボールがかすり、キャッチャーのミットに鋭く捕球されるのが、ファウルチップです。

できれば、このような文章で説明するよりも図やイラストなどを書いてストライクゾーンを分かりやすく説明したかったのですが、これに関しては、何かいいものがないか私なりに調べてみたのですが、こちらなどがいいのではないかと思いまして、貼っときます。
http://www.creator.club.ne.jp/~awa/bb/rule04.html
私は今回初めて知りましたが、日本のアマチュア野球に関しては、ストライクゾーンの規定は、少し違うようです。

参考URL:http://www.creator.club.ne.jp/~awa/bb/

この回答への補足

純粋に空振りもなく哺逸にも関係なく主審がストライクとコールする場合はどんなのかの疑問です。
スポーツ新聞では正面からストライクゾーンを通ったかどうかの写真が出ますが、ストライクゾーンが空間だとするとゆるいボールしか投げられないピッチャーはワンバウンドの玉しかストライクにならなかったり(ベースの前面のストライクゾーンだけをを通過した球がストライクで肩口から(ストライクゾーンの天井から)ストライクゾーンに入ってきた球はボールとすれば)
ひざ上のコースに入る球でベースの後ろ側でもその高さを維持していなければならない(正面からはいって後面に抜けないとストライクじゃない)としたらやまなり君はほとんどストライクが入らないことになってしまいます。

補足日時:2003/08/28 19:42
    • good
    • 0

少年野球の指導経験がありますが、ストライクゾーンはみな規定どおりです。


ただし、低学年の試合の場合は、まだ技術的にも投手の力がつかないので大量得点(四球禍による)試合が乱発します。肝心のバッティングなどを出来なくなる試合も多発します。そこで指導者間では暗黙の了解で「広めで行きますよ」とかあらかじめ大会申し合わせで広めで…などという場合があります。

厳密に取るとほとんどがボール球だったりするため、当該支障にならないカウント(3ストライクめ等)を除き少しゾーンを緩和する事があります。これは主審の裁量の範囲ですが…。なかにはきっちり取られる方もいらっしゃいますが、低学年なら勝敗より先に守備.打撃の質の向上を目指す為、こう言った措置で機会を増やしてあげる事があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
2ストライクまでは広めにってのは理解できます。
試合が終わりませんので(進みませんので)。
ところが肝心のストライクゾーンが?なわけで
ソフト(女子中学)の審判講習でたしかストライクゾーンの正面(ベースの投手よりの前面)からボールが入って後ろに抜けたボールのうち.....なんて教えられたような気がして、ストライクゾーンがわからなくなりました。

お礼日時:2003/08/28 19:39

おはようございます。


上はバッタ-の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点、
下はひざ頭の上部。
ホームプレートの上空で、この高さの空間が、ストライクゾーンです。
プロ野球も高校野球もストライクゾーンは一緒だと思いますが、
バッターの身長によって、ストライクゾーンの大きさは、違ってきますから、
低学年の少年野球となると、ストライクゾーンは狭くなるので、曖昧になるのかなぁ。
実際、自分も身長の低い子は投げづらかったのを思い出しました。
ソフトボールは、本格的にやった経験がありませんので、はっきりした事は言えませんが、おそらくストライクゾーンに関しては、同じだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお答えありがとうございます。
ストライクゾーンの天井から入ってストライクゾーンの後ろに抜けるものや、正面から入って底におちてワンバウンドでミットに収まるもの、コーナーをかするもの。最後の場合の「かするもの」はストライクなんでしょうが1番目と2番目の場合がよくわかりません

お礼日時:2003/08/24 15:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qストライクゾーンの定義

少し検索してみましたが、よく分かりません。

以下の理解で間違えているところ、などをご指摘ください。
要は、4)の部分ですが・・・

1)ストライクゾーンは ホームベース(5角形)の上方に存在する立体である。
2)高さは、打者の膝(の上か下かは、いろいろあるようですが、ここではいいとします。)よりから、胸(※)。
 (※)細かくは、肩の上端とベルトの中間地点が上限らしいですね。今日ここで調べて初めて知りました。
3)ストライクゾーン(立体=5角柱)を通過したボールはストライク。
4)ストライクゾーンの近くには、際どい空間として、下記がある。
 ・ストライクゾーンの真上にある空間(空間上)
 ・ストライクゾーンの真下にある空間(空間下)
 ・ストライクゾーンの投手から見てすぐ右にある空間(空間右)
 ・ストライクゾーンの投手から見てすぐ左にある空間(空間左)
 このうち、空間上もしくは空間下を通過したボールは、ストライクゾーンを通過していても、判定はボール。
 空間右と空間左については、通過していても、ストライクゾーンを通過していれば、判定はストライク。

つまり、左右については、ゾーンをぎりぎりかすってさえいれば、ストライクであるのに対して、高低については、本塁上を通過する間、ボールが完全にゾーン内部に収まっていなければならない。
ホームベースの先端に達したときには、高さは入っているが、ストンと落ちて、ホームベースを通過し終わるときには、高さが入っていないような投球はボール。

少し検索してみましたが、よく分かりません。

以下の理解で間違えているところ、などをご指摘ください。
要は、4)の部分ですが・・・

1)ストライクゾーンは ホームベース(5角形)の上方に存在する立体である。
2)高さは、打者の膝(の上か下かは、いろいろあるようですが、ここではいいとします。)よりから、胸(※)。
 (※)細かくは、肩の上端とベルトの中間地点が上限らしいですね。今日ここで調べて初めて知りました。
3)ストライクゾーン(立体=5角柱)を通過したボールはストライク...続きを読む

Aベストアンサー

ベース上で、膝から胸の高さの空間をかすればストライクです。
左右高低関係なくです。

しかし、立体に見るのは難しいため、実際には面で見ているような気がします。
アンパイヤが球団の春季キャンプで練習しているのを見ても、紐をはってストライクを判断するのはいいですが、面に紐を張っていますよね。ホームベース先端で判断していると理解するのが近いと思います。

もっと簡単、単純に言えば球審がストライクをコールすればストライクなのです。

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

Q平均的なストライクゾーン

平均的なストライクゾーンを具体的に教えて下さい。
壁相手にキャッチボールをしています。
今は、自分が155cmと小さいので、自分の肩位の位置に○をチョークで書いてそれに向けて投げています。
せっかくなので、ストラックアウトみたいに、ストライクゾーンを9分割して投げてみようかと思いました。
実際に野球をするわけではないので、想定の相手がいなく、どれくらいのストライクゾーンを書いたらいいかわかりません。
ストラックアウトのパネルを参考にしたかったのですが、具体的に書いてあるページが見つかりませんでした。
「こんなもんかな」でいいので、地面から○○cm、横○○cm、縦○○cm、と具体的にアドバイスください。

Aベストアンサー

平均的なストライクゾーンは、
地面から46cm
左右43.2cm、上下75cm位で良いと思います。
左右はホームベースの幅なので、17インチ=43.178cmです。
高さ方向は、打席に立った打者の体やフォームによって変わります。下は、ひざの高さですから、45~50cmです。そこから上に75~85cmですが、ストライクゾーンを厳しく取ると75cmが良いと思います。高めにいくと打たれます。

Q効率よく子供に野球を教える方法(親子ともに初心者)

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に私がこのままではいけないと思っている状態です。
我が家には父親がいません。
私は野球の簡単なルールは知っていますが、フォームがどうとか、専門的な事は全く分かりません。
が、子供が少しでも自信を持ってくれるよう、朝練(フルタイムで働きいているため、朝しか時間がとれません)をしようと決めました。
時間は30分から1時間弱しかとれません。
この度素人の私が、子供にキャッチボール、バッティングを効率よく教えるための手順、方法などありますでしょうか?
私は決して運動が得意とは言えませんが、子供と一緒に上達出来たらなぁと思っています。
無理難題申しますが、アドバイス、ご意見よろしくお願いいたします。

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に...続きを読む

Aベストアンサー

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで、
ルールなどはチームにいればこれから自然に覚えていくと思いますので、
今の段階ではあまり考えなくてもいいと思います。

練習方法としては、まだフォームやスタイルはあまり難しく考えず、
本人がやりたいスタイルでやらせてあげた方がいいと思います。

キャッチボールについては、まだボールに慣れていないのであれば、
無理に軟球とグローブを使用せず、柔らかいゴムボールで
キャッチボールをされた方がいいです。

小学校2年生くらいですと、まだボールに恐怖感をもつ子どもも多く、
ボールから体を避けてキャッチする子も多いです。
まずは柔らかいボールでボールへの恐怖感をなくすことにより、
キャッチングの基本である正面でキャッチするということが、身に付くと思います。
ボールに慣れてきた所で軟球に替えるといいでしょう。

またグローブについてですが、手の小さいうちから大きなグローブを使用すると
まだ握力と腕力が充分でないため、正しいキャッチングができないと思います。
手の平で捕るというより、大きなグローブにボールを入れるような
捕り方になってしまうこともあるので、
なるべく手の平にあった柔らかい小さなグローブを使用し、
素手感覚でキャッチできるような物を選ぶといいと思います。

普通にキャッチボールするだけでもいいですが、
時にはボールを少し高く投げてフライを捕らせるような練習や、ゴロを転がしてあげたり、
また、短い距離でかまわないので、お母さんが座ってキャッチャーになり、
子どもさんにピッチャーをやらせ、ストライク、ボールの判定をして
三振だ、フォアボールだ、とゲーム感覚でキャッチボールされるのもいいと思います。

バッティングについても、小学校高学年と低学年では筋力が違いますので
使うバットも無理に高学年の子と同じ物を使うのではなく、
軽くて振りやすいものを与えてあげるのがいいと思います。

とはいえ、慣れてないと細いバットにボールを当てるのも一苦労するとおもいますので、
慣れるまでは、バトミントンをやらせるのも一つの方法です。
バトミントンのラケットは軽く振りぬきやすく、またラケットの面積も大きいので
打ち返しやすく、シャトルも軽く腕にかかる負担が少ないです。

また、バトミントンの腕の振りは、キャッチボールのそれと動きが非常に似ていて、
正しいスローイングのフォーム作りにも繋がります。
まあそこまで意識する必要はありませんが、
なにより、打ち返すことの楽しさを身につけることができます。

バットを使った練習では、新聞紙をガムテープなどで丸めてボールにして
短い距離から緩いボールを投げてあげて打たせるなど、
まずは簡単に打ち返せるような練習をされるといいと思います。

新聞紙ならミートしても遠くに飛びませんし、
当たっても物が壊れることがありませんから室内でもできます。
ただ振り回すバットで物を壊したり、誤って怪我をさせてしまうことがありますから
室内で行うときはなるべく広いところでやってください。

道具については決して高価な物を買う必要はありませんが、
体に合った物を買ってあげるのが一番です。

そのうち大きくなるからといって、今の体のサイズに合わないものを買うと
それを使いこなせず、上手くならないこともありますし、
上手くならないことにより、野球が嫌いになってしまうこともあります。

長くなりましたが、まずは野球を好きになるようにすることを第一に練習してみてください。
野球が好きになれば、必然的にもっと上手くなりたいと思いますし、
そのためには何をしたらいいのか自分で考えるようになります。

その頃にはお母さんの手を離れて、チーム内の友人と競いあったり、
指導者からの指導やアドバイスにより、より良い練習方法を身につけていくことと思います。

他にも練習方法はいろいろあり、子どもの体格や技術に応じて練習方法は変わってきますが、
現時点では楽しんでできる練習を心掛けたらいいと思います。

まとまらない長文、失礼しました。
これからのお子さんの活躍が楽しみですね。
お母さんも無理なさらず、子どもと楽しんで練習をしていってくださいね。

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで...続きを読む

Q少年野球の審判のジャッジについて

少年野球の審判のジャッジについて
先日、実際に起こったケースですが(私は審判ではありませんが)、
1アウト3塁、2ボール2ストライクの状況です。
ボール球を打者がハーフスイングしたところ、捕手が後逸し、ボールはデッドゾーンに入ってしまいました。
球審は、ストライク・ボールのジャッジをせず(コースはボールだが、スイングしたかどうか迷っていたのと後逸したボールの行方に注意がいってしまっていた)、遅れて3塁審にスイングチェックを委ねたところスイングとのジャッジでした。
打者は、ストライクのコールがなかった為、ボールと判断しバッターボックスにいたところ突然ストライク3のジャッジをされ、ベンチへ下がってしまいました。
最初、3塁走者はホームイン(1点)・打者はアウト(振り逃げ放棄)にて、2アウト走者なしで再開しようとしたところ、攻撃側からストライク3の時点でボールデッドだから、打者は1塁ではないかとのクレームがつきました。
結局、守備側が大量リードしていたこともあり(守備側が譲歩してくれた)、攻撃側の主張を通した結果となり、1アウト走者1塁にて再開しました。
問題は、球審のストライク3のコールが遅かったところにあるのでしょうが、私は打者がベンチに帰った時点で振り逃げの意思なしということでアウトが正しいジャッジではないかと思うのですが・・・
ルール等に精通されている方のご意見をお聞きしたく、質問させていただきます。よろしくお願いします。

少年野球の審判のジャッジについて
先日、実際に起こったケースですが(私は審判ではありませんが)、
1アウト3塁、2ボール2ストライクの状況です。
ボール球を打者がハーフスイングしたところ、捕手が後逸し、ボールはデッドゾーンに入ってしまいました。
球審は、ストライク・ボールのジャッジをせず(コースはボールだが、スイングしたかどうか迷っていたのと後逸したボールの行方に注意がいってしまっていた)、遅れて3塁審にスイングチェックを委ねたところスイングとのジャッジでした。
打者は、ストラ...続きを読む

Aベストアンサー

No.2で回答した者です。

ボールデッドになった時の審判の対応が違っているので
再開の時どの様にするのかは難しいですが、キャッチャーが
3塁塁審にスイングのリクエストして、塁審がスイングを取ったのなら
3塁走者のホームインを認め、ランナー1塁でも間違いでは無い気もします。
(ここでスイングのリクエストをするのは、少年野球位かな?)

記録はどうでも良いかもしれませんが、打者の記録は三振
1塁に生きたのは、振り逃げではなくボールデットラインを
超えたためですね。

本来であれば、ボールデッドラインを超えた時点でタイムを掛け
3塁走者を無条件でホームに入れます。
(この時打者のカウントは2-3のままでも構いません。)

その後キャッチャーがスイングのリクエストをして、塁審が
スイングを取ったのなら、打者は三振ですがボールデットゾーンを
超えているので、審判は1塁に行く様に促します。
(非常に不思議な光景を見ている感じになりますけど・・・)
そうで有れば、1点が入り1アウト1塁でも良いでしょう。

少し本題から離れますが、振り逃げが出来る状況でキャッチャーが
完全に後ろに逸らしてしまった場合、球審はスイングを取る様に
言われている連盟が多い様です。

以前、動画サイトでこの様な判定を集めた者が有りましたが、今探しても
出てきませんでしたが、一応
http://www.youtube.com/watch?v=qhkvVF16KPY
を見つけましたので、ご覧になってください。

敢えて説明の必要は無いと思いますが、この時球審がスイングを取らなければ
打者は1塁に走る事は無いでしょう。
しかし、キャッチャーがボールをとり、1塁塁審にリクエストをして
スイングを取れば、揉め事になってしまいます。
(勿論これはこれで仕方がないとも言えますけど)

仮に打者が「振ったかも」と思い、1塁に走りセーフのタイミングだった場合
キャッチャーはリクエストをしませんので、1塁に走った打者は
バッターボックスに戻されてしまいます。

この様なトラブルを回避するための申し合わせだと思いますが
勿論強制的な物では有りません。

No.2で回答した者です。

ボールデッドになった時の審判の対応が違っているので
再開の時どの様にするのかは難しいですが、キャッチャーが
3塁塁審にスイングのリクエストして、塁審がスイングを取ったのなら
3塁走者のホームインを認め、ランナー1塁でも間違いでは無い気もします。
(ここでスイングのリクエストをするのは、少年野球位かな?)

記録はどうでも良いかもしれませんが、打者の記録は三振
1塁に生きたのは、振り逃げではなくボールデットラインを
超えたためですね。

本来であれば、ボールデ...続きを読む

Qソフトボール及び野球のストライクゾーンを教えて下さい。

地元の子供達にソフトボールを教えていますが、ソフトボール及び野球のストライクゾーンの定義を教えていただけませんでしょうか。左右はボールの一部がかすればストライクですが。高低はボール全体がストライクゾーンに入らなければならないのでしょうか?それとも左右同様ボールの一部がかするだけでストライクなのでしょうか?

Aベストアンサー

ストライクゾーンは打者がまさに打ちに行ったときの
姿勢が基準となります(構えたときの姿勢ではありません、これは野球、ソフト共通です)

ゾーンに関しては野球とソフトでは若干の違いがあります、

「野球・アマチュア」
打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間部分ひいた水平ライン(大体、チーム名のところ)
を上限とし膝頭上部をボールの全部が通過したのが
ストライクです、(プロは膝頭の下部ー規則2-73)
「ソフト」
わきの下と膝頭の上部の間を通過したボールはストライク。

いずれも最終的には審判の判断によりますので、野球、ソフトともストライクゾーンの一部でもかすって
いればストライクという審判と完全にボールが入って
いなければストライクにならない審判がいます、
これは米国、日本同じです。
詳しくは協会に確認してください、
TEL 03-3481-2370

Q投げ方を直す方法

子供が少年野球を始めましたが、投げるときに肘が下がってしまい何回注意しても直りません。何か良い矯正法か指導方法があれば教えてください。(野球のコーチが口で言ってもそれだけでは直りません)

Aベストアンサー

はじめまして、野球好きのオッサンです。
野球を始めたばっかりのときは、トップの位置で肘が下がっている子供が多いです。すなわちボールが頭からはなれた位置でトップになっているのだと思います。
テークバック・トップ・リリース・フォロースルーといった一連の動作をうまくつなげていくのは、低学年の選手に教えるのはなかなかうまくいきません。
そこで、テークバックからトップまでとトップからリリース・フォロースルーまでの2分割で教えてみます。
 トップの位置を決める際に、サッカーのスローインをイメージさせて、両手で大きなボールを持っているつもりで頭の後ろへ回させます。そのままグローブのほうの手を下ろせば(投げ手はそのまま)トップの格好になります。そのとき投げ手の親指の爪が後頭部(頭骨と首の骨が付いている所)にひっつくように教えます。
 そのトップのフォームを基本に前半と後半に分けて教えていました。
 あと、キャッチボール中に「肘をあげろ」とか「肘下がってる」と言っても子供は修正できないので、肘が下がっている子には「親指を頭の後ろにひっつけろ」とか「ボールが頭から離れてるぞ」と声をかけていました。
ん~、言葉で説明するのは難しいですね、ご参考になれば幸いです。

はじめまして、野球好きのオッサンです。
野球を始めたばっかりのときは、トップの位置で肘が下がっている子供が多いです。すなわちボールが頭からはなれた位置でトップになっているのだと思います。
テークバック・トップ・リリース・フォロースルーといった一連の動作をうまくつなげていくのは、低学年の選手に教えるのはなかなかうまくいきません。
そこで、テークバックからトップまでとトップからリリース・フォロースルーまでの2分割で教えてみます。
 トップの位置を決める際に、サッカーのスローイ...続きを読む

Qストライクゾーンの定義

 ストライクゾーンの定義を教えて下さい(硬式と軟式で違うのなら、硬式)。上下が特に分かりません。左右(内角・外角)は、ホームベースの幅でしょうか。あと、前後はどうなっているのでしょう? これもホームベースの上でしょうか。それから、ボールがその立体(空間)の中の一部でも通過すればストライクなのでしょうか? それとも、ボール全体がゾーン内におさまっていなければならないのでしょうか。図で示されたサイトがあれば一番分かりやすいので、紹介していただければありがたく存じます。
 それと、ストライクゾーンの定義の中に、「打者がまさに打とうとしている姿勢に対して」というのがあると思いますが、敬遠のときに、バッターが打つ姿勢を取らずに突っ立っているような場合に、審判はどうやって判定するのでしょうか? 「この打者が構えたらこれぐらいの高さだろう」と想定して判定するのでしょうか(敬遠のときにそんなきわどい球はないとは思いますが、ルール上でどうなっているか知りたいです)? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうも今晩は!

公認野球規則ではストライクゾーンを「打者の肩の上部とユニフォームのズボンの
上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、ひざ頭の下部のラインを下限と
する本塁上の空間」と定めています。
この仮想のゾーンを投球が少しでもかすめていれば、ストライクとなります。
また、前後についても「本塁ベース上」とされています。
http://www.npb.or.jp/column_rule/
http://www.sports-rule.com/baseball/pitching/index.html

しかし、実際には球審の裁量で決定されるため、規則の基準と球審の判断との間
の誤差や、球審の間で個人差が生じています。
また、プロ野球でもセ・リーグとパ・リーグではストライクゾーンに違いがある(セ
が外に広い)ことが指摘されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3

ご参考まで

どうも今晩は!

公認野球規則ではストライクゾーンを「打者の肩の上部とユニフォームのズボンの
上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、ひざ頭の下部のラインを下限と
する本塁上の空間」と定めています。
この仮想のゾーンを投球が少しでもかすめていれば、ストライクとなります。
また、前後についても「本塁ベース上」とされています。
http://www.npb.or.jp/column_rule/
http://www.sports-rule.com/baseball/pitching/index.html

しかし、実際には球審の裁量で決定されるため、規則の...続きを読む

Q少年野球のキャッチャーミット

小学3年の子供が少年野球(軟式)で最近キャッチャーをやるようになり、キャッチャーミットを買うべきか悩んでおります。現在は、監督さんの私用のものを借りている状態で、監督さんからは好きに使っていいと言っていただいておりますが、いつまでも借りているのも気が引けております。そこで質問です。今購入した場合、小学校を卒業するまで使えるものでしょうか?当然、練習量や保管状態にもよるとは思いますが、一般的にで結構です。また、メーカーはハタケヤマのものを考えておりますが、サイズLでは小学3年では大きすぎますか?実際に手にとってみるのが一番だとは思いますが、田舎なのでハタケヤマの少年用を販売しているところがないため、そのときは通販と思っております。参考程度でも健康ですので、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

私は現在野球少年団のコーチをしている自称お兄さんですが、元高校球児&ノンプロ選手
でキャッチャーでした。結論から言わせていただきますと、
「子供さん本人が絶対キャッチャーをやりたい!」と強く決意しているのであれば、
今購入しても良いと思いますが、半信半疑であればしばらく借用品の方が良いですよ。
借用品で気が引ける気持はわかりますが、キャッチャーミットは野手用のグラブよりも
高額ですし、ミットの型を作るのも子供さんには非常に大変です。
購入当初1~2カ月位はまともに捕球出来ないと思います。
今流行の湯もみ型付けはミットにはあまり適していないと私自信は思っております。
その場にいて自分の理想を話して型付けしていただくなら良いのですが、まだミットの
型をどう作れば良いかもわからないはずですから!
仮に今ミットを購入した場合、少年野球卒団までは使用出来ると思いますが、現時点で
3年生に少年用Lサイズは大きすぎますよ。特にキャッチャーはミットが大きすぎると
網部分で捕球した場合にミットを押えきれず流れてしまう傾向がありキャッチングが
上手く出来ないものです。今購入するなら体に合うサイズの物を・・・
ハタケヤマのものを考えておりますが、は見る目が良いですね!私がノンプロ時代に
出来たメーカーですが(確か1985年)良いミットでしたよ。
ただ今は他のメーカーもがんばっているので、実際に量販店等で手にして見るのを
おすすめします。その際サイズの問題もわかると思います。
ちなみに今うちの選手が使用しているキャッチャーミットはナイキ社製の城島モデルで
昨年イオンのスポーツオーソリティーで半額以下で団で1つ購入したんですが、
レギュラー捕手が同じものをすぐ購入しました。レギュラーともなると自分のものが
欲しくなるんですね!
指導者の方とよ~く相談して、あせらずに決めましょう。
時期によっては安くて良いものが手に入りますよ。
元気良く野球がんばってくださいね。親御さんも何かと大変だと思いますが
将来野球をやらせて良かったね!って思える日が絶対に来ると思いますので
協力してあげてください。

私は現在野球少年団のコーチをしている自称お兄さんですが、元高校球児&ノンプロ選手
でキャッチャーでした。結論から言わせていただきますと、
「子供さん本人が絶対キャッチャーをやりたい!」と強く決意しているのであれば、
今購入しても良いと思いますが、半信半疑であればしばらく借用品の方が良いですよ。
借用品で気が引ける気持はわかりますが、キャッチャーミットは野手用のグラブよりも
高額ですし、ミットの型を作るのも子供さんには非常に大変です。
購入当初1~2カ月位はまともに捕球出来ないと...続きを読む

Q学童軟式野球のルール & マナー

教えて下さい。
長男(小5)が、今年から軟式野球をしています。一応エースピッチャーです。
先日の試合、息子が突然制球が乱れ、四球を連発。 満塁が続き、観客席から観戦をしていたのですが、思わず『振りかぶれ』と叫んでしまいました。
試合後、監督からベンチ外の保護者などのこのような発言は禁止されてるからと注意を受けました。

野球経験がない私。
保護者は、試合の際など、一切口出しは出来ないのでしょうか?

そのあたりのルールを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

この質問だけを読むと、色々な可能性が有ります。

監督が言った『ベンチ外の保護者などのこのような発言は禁止されてるからと』
が、連盟などの決まりであれば、保護者(観戦者)は口出しが出来ないこと
なります。

自分自身、色々な地域の決まりを知っていますが、当然どこでも野次は
禁止されています。

ただ、例えばライトの守備が上手くない場合、攻撃側の保護者などが
「ライトに(右に)打て」は問題ない地域も有りますが、これも禁止されている
地域も有るようです。

また、自分の子がエラーした場合「シッカリと守れ」や、ボール玉を空振った時
「ホールをよく見て打て」等も禁止されている地域が多いようですが
明らかにミスしたチーム側と分かれば、問題ない地域も有ります。

当然ファインプレイをした選手に「ナイスプレイ」等は全く問題有りませんが
今回の『振りかぶれ』は、ほめ言葉ではないですけど、基本的に問題のないレベルだと
思いますが、連盟で禁止されていれば、監督手して気になるかもしれません。

余計なことですが、満塁でファボールを連発していれば、ピッチャーは
厳しい立場にいる事になります。

この様なときは「落ち着け」等の方が良く、フォームの事を言われると
逆にパニックになる可能性が高いです。

家の方の地域では、監督がマウンドに行く事が許されていますので
この様な場合は、監督が間を取るのも有効ですね。

この質問だけを読むと、色々な可能性が有ります。

監督が言った『ベンチ外の保護者などのこのような発言は禁止されてるからと』
が、連盟などの決まりであれば、保護者(観戦者)は口出しが出来ないこと
なります。

自分自身、色々な地域の決まりを知っていますが、当然どこでも野次は
禁止されています。

ただ、例えばライトの守備が上手くない場合、攻撃側の保護者などが
「ライトに(右に)打て」は問題ない地域も有りますが、これも禁止されている
地域も有るようです。

また、自分の子がエラーした場合「...続きを読む


人気Q&Aランキング