ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

波動エンジン及び波動砲のしくみを教えて下さい。

こんばんは。

波動エンジン及び波動砲のしくみを教えて下さい。
あの宇宙戦艦ヤマトに搭載されている動力源及び重火器のことです。

実写版映画は見ていませんが、昔のTV版アニメからすると、
あの巨艦を推進する凄いパワー及び核兵器に匹敵する破壊力を持っています。
でも核エネルギーを使っている訳有りませんよね。

●これのエネルギー源及び制御原理を説明して下さい。
●あと昔のアニメだと波動砲を撃つ時サングラスをしていましたが
今は要らなくなったのですか?

では宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

wikipediaに、意外とまじめにまとめられています。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A2%E5%8B%95% …

あくまでもSFですけど・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>宇宙エネルギーを圧縮し超光速タキオン粒子に変換して動力とする

とあります。
宇宙エネルギーってなんですか?

ガミラスの戦艦も波動エンジンだそうです。
波動エンジン当たり前みたいですね。
そうすると物量的にヤマトは帰ってこれない。

いい年して変な質問すいません。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/12/16 20:58

>今は要らなくなったのですか?


掛けていますよ。

YouTubeにもアップされています。


まぁ、御自分で映画を見るか、検索されるかまでのお楽しみ、としてURLは書かないでおきますね(^^)/
ネタばれ、って事もないのでしょうが(^^;;;
    • good
    • 2
この回答へのお礼

実写版はレンタルで見るつもりです。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/12/18 18:36

>●これのエネルギー源及び制御原理を説明して下さい。



については、#2さんでよろしいかと^^。

>●あと昔のアニメだと波動砲を撃つ時サングラスをしていましたが
今は要らなくなったのですか?

って、実写版の方ですか?。「対ショック、対閃光防御!」って言わないの?。

 ・・・昔のアニメの波動砲のビームは、デジタルでなくアナログアニメーション(専門用語はあるが、知らない)だったので、テレビ画面が白一色になるほど強烈な透過光満載の光の奔流でした。「対閃光防御!」が必要だったのは、そのためでしょう^^。

 もしくはヤマト艦橋にも、自動UVカットガラスがやっと採用されたのかな?。考えてみたら22世紀にもなって、それがないのもおかしいし・・・^^。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

まだ実写版見ていません。
TVCMでキムタクが裸眼で波動砲打とうとしてましたので。

シールドみたいなのを使っているのではないかと。

確かはやぶさがイオンエンジンでしたよね。
次は波動エンジンですね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/12/16 21:03

>波動エンジン及び波動砲のしくみを教えて下さい 。


>あの宇宙戦艦ヤマトに搭載されている動力源及び重火器のことです

それを理解して、説明できる科学者が世界中で一人でもいれば
もう人類は、太陽系どころか他の恒星系まで到達しています(-。-)y-~

あぁぁ、私も今の境遇からワープしたいです( ̄▽ ̄;)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あっと、イスカンダルってどこでしたっけ?
スターシヤでしたっけ、そこからテレパシーで、地球の皆さん・・・・。

なんか光を使ってんじゃないかと考えたのですが、#2さん紹介の
ウィキでもはっきり言及されない。

ワープし過ぎると過去に戻っちゃいますよ。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/12/16 20:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙戦艦ヤマトの波動エンジン

波動は、物理学の範疇だと思うのですが、
波動エンジンとは、どんな構造をしているのでしょう?そもそも、波動というもので、動力を取る事は、可能でしょうか?

Aベストアンサー

空想科学だからねぇ・・・・
この方のブログに詳しく説明がありました・・・
http://judas.air-nifty.com/rakugaki/2005/09/index.html

参考URL:http://judas.air-nifty.com/rakugaki/2005/09/index.html

Qガンダム側戦艦と宇宙戦艦ヤマト側戦艦どっちが強い?

ガンダム側戦艦は地球連邦軍(U.C0079~0088)(ティターンズも含め)

エゥーゴU.C0087~0088までの戦艦
         vs
宇宙戦艦ヤマト1.2.3シリーズ戦艦どっちが強いのでしょうか。
ルールはms•戦闘機などの発進は禁止
戦艦の実力で勝負
かつのはどっちでしょうか教えて下さい。
(僕は連邦軍•エゥーゴを応援してます)

Aベストアンサー

29万6千光年の旅を成し遂げた程の宇宙戦艦ヤマトは、
ガンダム側戦艦の物資補給や燃料補給が比べようがありません。

ガンダム側戦艦のミノフスキー粒子の存在があっても、
宇宙戦艦ヤマトの攻撃の作戦しだいではガンダム側戦艦の補給はまま成らないでしょうね。

アステロイドシップ計画で、攻守に特化した宇宙戦艦ヤマトは、
宇宙を漂う岩石と化すので、ガンダム側戦艦に発見されない。
ガンダム側戦艦がミノフスキー粒子散布でレーダーを殺しても無駄です。
空間磁力メッキでタキオン粒子を利用した光学兵器やエネルギー兵器を反射させる訳で、
宇宙戦艦ヤマトを沈める事はガンダム側戦艦にはムリです。

波動エンジンがある限り宇宙戦艦ヤマトのエネルギーは無尽蔵でしょう。
ガンダム側戦艦が物資補給や燃料補給の機会に宇宙戦艦ヤマトがアステロイドシップ計画で、
岩盤を回転させてガンダム側戦艦を沈めるとミサイルは消費しないで良い訳で、
で、イザと成れば、極短距離のワープで距離を取ればよい訳です。
更には、ガンダム側戦艦がワープでガンダム側戦艦にぶつければ、
レーダーがどうのこうのの騒ぎじゃない訳です。

なので、ガンダム側戦艦の圧勝ですね、いや、勝負に成らないのでは?。

29万6千光年の旅を成し遂げた程の宇宙戦艦ヤマトは、
ガンダム側戦艦の物資補給や燃料補給が比べようがありません。

ガンダム側戦艦のミノフスキー粒子の存在があっても、
宇宙戦艦ヤマトの攻撃の作戦しだいではガンダム側戦艦の補給はまま成らないでしょうね。

アステロイドシップ計画で、攻守に特化した宇宙戦艦ヤマトは、
宇宙を漂う岩石と化すので、ガンダム側戦艦に発見されない。
ガンダム側戦艦がミノフスキー粒子散布でレーダーを殺しても無駄です。
空間磁力メッキでタキオン粒子を利用した光...続きを読む

Qレーザー、ビーム兵器は実現可能か

レーザーは熱線、ビームは加速させ指向性を持たせた粒子、
SFにはレーザーソード、レーザーライフル、ビームライフル、ビームソード等様々な兵器が登場しますが
この中で実現可能な兵器はありますが?
実現が不可能なものに関してはどのような技術、素材が足りていないのでしょうか?

Aベストアンサー

レーザー砲は実用化済み。
具体的に挙げればTHEL(戦術高エネルギーレーザー、砲弾/航空機迎撃)、AL-1(弾道弾迎撃レーザー航空機)。
あとアメリカ海軍が船に迎撃レーザーを搭載するとかしないとか。
射程はTHELが数km、AL-1がたしか300kmくらい。
両方ともに化学レーザーを使用。

個人携帯用としてのレーザーライフルもあるにはあるが、無力化(失明)兵器レベル。

粒子ビームでは医学/先端科学では存在するが兵器としてはまだ不十分。
アメリカでは自由電子レーザーの構想があったらしいが、技術的ハードルと電力供給の問題から頓挫していたはず。
(現状どうなっているかは自分は知りません。)

ソード系に関しては実現は可能かもしれないが、実用的ではない。
たとえば、筒状の物体から大気が励起されるレベルのレーザー(又はビーム)を照射すれば、漫画のようなビームサーベルはできるかもしれない。
でも、そんなエネルギーのものを生身の人間が手に持つこと自体が無理。
周囲に膨大な熱を発するはずなので、近づけないか持っている人自体が大ヤケドしてしまうでしょう。
それにそんなエネルギーを使うなら、遠距離攻撃に生かした方がいい気がしますし。
(また、電力供給の問題があるし、さらにいえば切るだけなら通常のナイフで十分。)
(カッコいいってことには同意しますが(笑

といったところでしょうか。
結局のところ電力供給と大気による減衰/妨害をどう乗り越えるかが問題じゃないかと思います。
レーザーにしろビームにしろ、物体に当たった部分が熱を発して破壊するため、瞬時に破壊的な熱量を与えるためにはレーザー出力を大きくしなければならず、そのためには大型化/大電力が必要になってくるんじゃないかと。
あと原理上、荒天時(雨の日とか)の運用は難しくなるという欠点もあると思います。
(距離による減衰が大きくなるから。)
(THELはイスラエルとアメリカの共同開発、イスラエルは中東であり気候的に雨が少ない、AL-1は高高度での運用なので雲の上でなら妨害も大気減衰も少ない。)


以上、参考まで。

レーザー砲は実用化済み。
具体的に挙げればTHEL(戦術高エネルギーレーザー、砲弾/航空機迎撃)、AL-1(弾道弾迎撃レーザー航空機)。
あとアメリカ海軍が船に迎撃レーザーを搭載するとかしないとか。
射程はTHELが数km、AL-1がたしか300kmくらい。
両方ともに化学レーザーを使用。

個人携帯用としてのレーザーライフルもあるにはあるが、無力化(失明)兵器レベル。

粒子ビームでは医学/先端科学では存在するが兵器としてはまだ不十分。
アメリカでは自由電子レーザーの構想があったらしいが、技術的ハードル...続きを読む

Q真空から素粒子とかエネルギーって本当に出てるんですか?

真空の何もない空間から、素粒子や
エネルギーが出てくると聞いた事があるんですが、
具体的には、何が出てくるんでしょうか?
詳しく教えてください。

また、規則性や法則性を以って、それらは、
現れるんでしょうか?
それとも、不規則にランダムに出てくるんでしょうか?

何卒、アドバイスのほどお願いいたします。

Aベストアンサー

 皆様が回答されておられる通りなのですが、私なりに回答してみます(実は、回答をどう書くか考えているうちにたくさんの回答が寄せられていました ^^;)。

>真空の何もない空間から、素粒子やエネルギーが出てくると聞いた事があるんですが、

 多分、量子論の不確定性原理から導かれる、対生成のことでしょう。不確定性原理というのは、今の場合、位置を正確に確定すればするほど、その位置でのエネルギーの大きさが確定しなくなるということです。
 つまり、原子などよりずっと小さい領域を物理的に解析してみると、そこでは大きなエネルギーが現れる可能性があるということです。このエネルギーにより素粒子がつくられます。つくられる素粒子は、普通の物質と反物質の対になります(これが「対生成」と呼ばれるゆえん)。
 なお、このような対生成で普通の物質と反物質ができても、すぐさま普通の物質と反物質が反応して消えてしまいます(対消滅といいます)。
 この対生成・対消滅により何らかのエネルギーなどが観測できるはずなのですが、今のところ、実際の観測では量子論から理論的に予想されるものよりはるかに小さい値しか得られていません(観測値は実質0とのことです)。

>具体的には、何が出てくるんでしょうか?

 理論的には、何でもでてくる可能性があるのですが、エネルギーの小さいものほど対生成がおきやすいので、ほとんどの場合、光子ができます(つまり光です)。光子の反物質は光子で、同じものなのですが、これもすぐ対消滅します。
 余談になりますが、対生成しても、対消滅が起きない場合があるという仮説があります。ホーキング博士が提唱しているもので、ホーキング輻射と呼ばれています。
 これは、ブラックホールの事象の地平面近くで対生成が起こったとき、対でできた一方の素粒子がブラックホールの強大な重力に引かれてブラックホールに落下し、残ったほうが宇宙空間に飛び出してくるというものです。残念ながら、これが観測されたことはまだなく、仮説の域を出ていません。

 さらに真空について踏み込んでみます。
 普通、真空というと宇宙空間のように何もない(厳密には星間物質がありますが、密度が小さいので今は無視します)空間を指します。しかし、量子論で突っ込んで考えた結果、観測できない素粒子で埋め尽くされているという仮説が出ています。この観測できない素粒子はヒッグズ粒子と呼ばれています(他に、ディラックが提唱した真空は観測できない電子で埋め尽くされているという「ディラックの海」という仮説もありますが、今は割愛します)。
 そこで、そのヒッグズ粒子がない空間が作れたとすると、それこそ本当の真空ということになります。そういう本当の真空の空間があるとすると、ヒッグズ粒子で埋め尽くされた普通の真空空間との間にエネルギーの差があることになり、エネルギーが取り出せるという仮説があります。
 ただ仮に仮説が正しいとしても、本当の真空を作るには膨大なエネルギーが必要とされており、現実にはできません。また、その真空から取り出せるエネルギーがどれくらいの量なのかについても諸説があって、未だに定まっていません。

 宇宙は現在膨張していることは観測事実として確定していますが、膨張の仕方については諸説あります。標準的な理論では、膨張の仕方は時間が経過すると、重力のせいで遅くなっていくとされています。しかし、宇宙の膨張の仕方が時間の経過とともに大きくなっていくと主張する物理学者も少なからずいます。
 つまり、宇宙が加速膨張しているということなのですが、もしそうだとすると、それが反重力のせいである可能性があります。つまり、反重力はあるのかも知れないということです。
 これらはまだまだ観測が不足で、盛んに議論はされているものの、確からしいところはわかっていません。

 皆様が回答されておられる通りなのですが、私なりに回答してみます(実は、回答をどう書くか考えているうちにたくさんの回答が寄せられていました ^^;)。

>真空の何もない空間から、素粒子やエネルギーが出てくると聞いた事があるんですが、

 多分、量子論の不確定性原理から導かれる、対生成のことでしょう。不確定性原理というのは、今の場合、位置を正確に確定すればするほど、その位置でのエネルギーの大きさが確定しなくなるということです。
 つまり、原子などよりずっと小さい領域を物理的に解...続きを読む

Qなぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なの

なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

米国アメリカ海軍の原子力潜水艦より性能が上な理由を教えてください。

Aベストアンサー

>なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

音が静かで深く潜水できるからです。

まず、日本の海上自衛隊のような通常動力型潜水艦と米海軍の原子力潜水艦とでは使われ方が全然違います。

原子力潜水艦は速度が速いが音がうるさい、だから敵に見つかる可能性が高い。
原子力潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら後はバンバン音を出して高速で逃げる戦法。

通常動力型潜水艦は速度は遅いが音は静か、だから敵に見つかる可能性は原子力潜水艦より低い。
通常動力型潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら見つからないようにひっそりと隠れる戦法。

どっちの戦法を使うかですよ。
敵に見つからないようにひっそりと隠れる戦法では日本の海上自衛隊の潜水艦の方が上なんです。

ただ見つかっちゃったらもう終わりですけどね。速度が遅いので逃げ切れない。

Q四次元というのはどんな世界ですか?

そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?
三次元の世界とは縦横高さのある空間の世界だと思います。
これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?
我々の世界にも時間があるので、四次元といってもいいのでしょうか?
それとも四次元とは時間とは無関係の世界なのでしょうか?
あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタインでした。
 彼は、リーマンという数学者が作った、
曲がった空間の幾何学(現在リーマン
幾何学と呼ばれています)を使い、4次元の
空間が歪むという状態と、重力や光の運動を
あわせて説明したんです。これが相対性理論。

>これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?

 物理学的にはそうです。

 相対性理論の話に関連付けて説明するとこんな感じです。
例えば、下敷きの板のような平面的なもの(数学的には
これを2次元空間と言ったりします)を曲げると
いう動作を考えてみて下さい。下敷きに絵が書いて
あったとして、曲げながらそれを真上から見て
いると、絵は歪んで見えます。平面的に見て
いても下敷きという2次元空間が歪んでいる
ことが感じ取れます。
 2次元的(縦と横しかない)な存在である下敷きが
歪むには、それ以外の方向(この場合だと高さ方向
ですが)が必要です。

 19世紀に、電気や磁気の研究をしていた学者たちが、
今は小学校でもやる砂鉄の実験(紙の上に砂鉄をばら撒いて
下から磁石をあてると、砂鉄が模様を描くというやつです)
を電磁石でやっていたときに、これは空間の歪みが
原因ではないかと直感したんです。
 電磁石の強さを変えると、砂鉄の模様が変化します。
これを砂鉄が動いたと考えず、砂鉄が存在して
いる空間の歪みが変化したのでは?と考えたんです。

 3次元の空間がもう1つ別な方向に曲がる。
その方向とは時間という方向だということを
証明したのが、相対性理論だったんです。


>あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

 4つ目の方向である時間は、存在していても
その方向に、人間が自由には移動する方法は
現在ありません。時間方向を自由に動ける機械と
いうのは、タイムマシーンのことなんですが。

 日常生活を考えてみたとき、縦、横といった
方向は割りと自由に動けます。1時間ちょっと
歩けば4kmくらい楽に移動できますが、
道路の真中で、ここから高さ方向に
4km移動しろと言われたら、人力だけでは
まず無理でしょう。
 飛行機やロケットといった道具が必要と
なります。
 時間方向というのは、このように存在していても
現在のところ自由に移動できない方向なんです。

 例えば、人間がエレベーターの床のような
平面的な世界に生きているとしましょう。

 この場合、高さ方向を時間と考えて下さい。

 エレベーターは勝手に下降しているんです。
この状態が、人間の運動と関係なく、時間が
経過していく仕組みです。

 人間もほんの少し、ジャンプして高さ
方向の移動に変化をつけることができます。

 同様に時間もほんの少しなら変化をつける
ことができます。

 エレベーターの中で、ジャンプすると
ほんの少し下降を遅らせることができる
ように、時間もほんの少し遅らせることは
できるんです。




 

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタイン...続きを読む

Q「反重力エンジン」実現の可能性は・・・?

そう言えば最近めっきりと、UFOのことが話題に上らなくなりました。確か、イギリスでは科学者・学識者がUFOなるものは存在しないという終息宣言のようなものが出されたとか・・・

さて、そこで「反重力エンジン」です。インターネットでも、理論上不可能ではない?ようなことを見たような覚えがあるのですが。
果たして地球上でこのエンジンの実現の可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「あるものが回転すると, その回転の中心と反対方向に向かう力を感じる」というのが基本.
だから, 地球が自転することで「地球の中心と反対方向に向かう力を感じる」(「地球の中心と反対方向」ということは「重力とは反対方向」と考えていい --- 本当は違うけど --- ので重力が小さくなるように感じる) し, 宇宙ステーションが自転することで「宇宙ステーションの中心と反対方向に向かう力を感じる」(実は宇宙ステーション内では外側の壁にへばりついて生活している) ことになります.
なお, 宇宙そのものには上下はないんですが, 「重力方向 = 下」というのが地球での感覚なのでそのように思っておけばよいかと. つまり, 宇宙ステーションの例では「外側 = 下」ということで.

Q人間が電子レンジの中に入っるとどうなる? 暖かくて気持ちイイ? すぐ死ぬ? 発狂する?

外国で我が子を電子レンジに入れて逮捕されたバカ親がいたそうです。
他にもペットの猫の身体を洗ったあと、乾かそうとして電子レンジに入れて殺しちゃったバカもいたそうです。
(これはPL法に関する注意事項が都市伝説化して実話みたいに伝えられた、とも聞きますが。)

そこで質問です。実際に人間が電子レンジに入ってあの電磁波を浴びるとどうなるのでしょうか?
「冷たい食品に電磁波を照射して水分子を振動させて、摩擦熱で温度上昇させる」
というのが機械の原理なわけですが、生きた人体にその電磁波が当たるとどうなるのでしょうか?

「あー、暖かいなー、気持ちいいなー」となるのでしょうか? もしそうならほどほどのところで止めておけば新しい暖房器具になるかも知れませんね。
それとも電磁波を浴びた瞬間に脳の中の水分子がいっせいに振動して頭がぐらぐらするような感覚に襲われるのでしょうか?
それとも次第に幻覚とか見えてきてついには発狂してしまうのでしょうか?
僕は歯を治療したときに銀の詰め物をしたのですが、やっぱりスパークするのでしょうか?

電子レンジを発明した人は電磁波の実験をやっていたときに漏れた電磁波がポケットに当たり、ポケットの中のチョコレートが溶けたことにヒントを得たて電子レンジを作ったそうですが、彼は健康に害はなかったのでしょうか?

ちょっと気になったもんで誰か教えてください。(実験はしなくていいです。責任取れませんので)

外国で我が子を電子レンジに入れて逮捕されたバカ親がいたそうです。
他にもペットの猫の身体を洗ったあと、乾かそうとして電子レンジに入れて殺しちゃったバカもいたそうです。
(これはPL法に関する注意事項が都市伝説化して実話みたいに伝えられた、とも聞きますが。)

そこで質問です。実際に人間が電子レンジに入ってあの電磁波を浴びるとどうなるのでしょうか?
「冷たい食品に電磁波を照射して水分子を振動させて、摩擦熱で温度上昇させる」
というのが機械の原理なわけですが、生きた人体にその電...続きを読む

Aベストアンサー

 生肉をレンジに入れたときと同じことになります。
表面=皮膚はすぐに沸騰し始め、内部にも影響します。
言うなれば、水なしに肉を茹でていることになるので、
極めて短時間にさまざまな部位が機能を失い、苦痛と
ともに死を迎えます。

 肉体を茹でるという行為は傷つけることに比べても
はるかに甚大な影響を与えます。傷は再生可能ですが、
茹で上がった肉は絶対に再生不可能です。

> ほどほどのところで止めておけば新しい暖房器具になるかも知れませんね。

 これは難しいでしょうね。というのも、肉体の表面は
わりと温度変化しやすいのに対し、内部の温度はほとんど
変わりません。だから風邪を引いて体温が数度上がった
だけで、人はフラフラになるのです。

 赤外線ではなく電磁波で暖めるのは、肉体内部の水分に
直接影響するので、体内温度が上がります。これは暖かさ
を感じるといったレベルではなく、その部位が即座に悲鳴を
発し、痛みや気持ち悪さを感じることになるでしょう。

 ちなみにレーザーでガンを温めてやっつける治療法では、
可能な限りピンポイントでレーザーを当てる必要があります。
そうしないと周りの部位を損傷するからです。

> 彼は健康に害はなかったのでしょうか?

 ずーっと続けていたら害があったと思いますが、害がある
ほどの照射なら本人に痛みなどが発生していたはずなので、
とりあえずは大丈夫だったんでしょう。

 生肉をレンジに入れたときと同じことになります。
表面=皮膚はすぐに沸騰し始め、内部にも影響します。
言うなれば、水なしに肉を茹でていることになるので、
極めて短時間にさまざまな部位が機能を失い、苦痛と
ともに死を迎えます。

 肉体を茹でるという行為は傷つけることに比べても
はるかに甚大な影響を与えます。傷は再生可能ですが、
茹で上がった肉は絶対に再生不可能です。

> ほどほどのところで止めておけば新しい暖房器具になるかも知れませんね。

 これは難しいでしょうね。とい...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q架空の相転移エンジンと核パルスエンジンについて

宇宙戦艦ナデシコというアニメに出てきた相転移エンジンと核パルスエンジンについて教えてください。
Wikiでの用語解説を読んで相転移エンジンについては以下のような記述がありました。
『相転移エンジンはインフレーション理論で説明される真空の相転移を利用し、真空の空間をエネルギー準位の高い状態から、低い状態へ相転移させる事でエネルギーを取り出す』
と書いてあったのですが、今一よく分かりません。
インフレーション理論で説明される、真空の相転移とは何なのですか。
真空の空間をエネルギー順位の高い状態から、低い状態へ相転移させるとはどういう事なのでしょうか。
また何の説明もない核パルスエンジンについても想像でかまいませんので思いついた内容を書いて下さると大変助かります。
私には詳しい科学知識がありませんので、できるだけ解りやすく書いて頂きたく思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 SF設定は、できるだけ科学考証(物理学など科学では正しいとされること)を推し進め、それに関するSF考証(どこで嘘をつくかということ)をできるだけ少なく、小さくするのが腕の見せ所ですね。

 相転移というのは、物質は気体、液体、固体という三つの「相」(という状態)があるわけですが、液体が気体に変わる、固体が液体に変わる、といった変化のことをいいます。
 ご存知のように、相が変わるときは、潜熱というものが発生したり吸収されたりします。気体が液体に相転移するとき、潜熱が発生しますが、これが気化熱の発生です。

 インフレーション理論では、宇宙の始まりは物質も重力と言った力も何もない真空(現在の真空と区別するときは偽真空などと呼びます)だとし、その後(といっても、超一瞬ですが)、物質が生まれたとされています。
 何もないところから物質が出てきたということで、フリーランチ(無料の昼食)などといわれたりしますが、実はエネルギー収支は合っています。というのも、物質は正のエネルギーですが、物質間に働く重力はエネルギーとしては負なので、この正負合わせてゼロだということになっています。

 重力は「場」です。つまり空間にあるものです。これがエネルギーとしてはマイナスなのですから、偽真空のほうが普通の真空より、エネルギーがあることになります。この偽真空普通の真空への相転移について、エネルギーの多寡を表す時に言う「準位」という用語を使えば、「真空の空間をエネルギー準位の高い状態から、低い状態へ相転移させる」という表現になってきます。

 物質と言いましたが、これは光といった正のエネルギーと言い換えたほうが正確です。これが重力による位置エネルギーのマイナスと釣り合います。
 これが、物質の相転移で潜熱が出ることと似ているため、真空の相転移と呼ばれるようになりました。偽真空が気体だとすれば、それが潜熱というエネルギーを放出して液体になったのが、今の普通の真空だというわけです。

 今でも、偽真空があれば、それを普通の真空に相転移させれば、エネルギーを得ることができることになります。まあ、どこにあるのだかまったく分かっていませんが。
 しかし、そこを狙ってSF考証をして、「あるんだ、どこでも使えるんだ」として、便利なエネルギー源としてフィクションによく利用されています。作品によっては、宇宙エネルギーなどと言い換え、インフレーション理論由来なことをぼやかしていることもあります。

 核パルスエンジンは、お椀のような物の中で核爆発を起こし、普通なら光(これは運動量がある)を含めた飛散物が四方八方平等に放出されるのを、一つの方向に集中させ、運動量を得るものです。普通のロケットは化学反応ですが、核反応はけた違いに効率が良いため、少ない燃料で大きく長く出し続けられる推進力を得ることができます。

 実際に、オリオン計画(またはオライオン計画)という、実用に向けた検討が為されています。化学燃料では火星に行くのも大変ですが、核パルス推進なら冥王星ですら、比較的に簡単に行け、さらに光速の数パーセントまで加速可能で、最も近い恒星であるアルファ・ケンタウリにも数十年で行けるとされていました。予備実験として、化学物質の爆薬で実験も行われ、充分可能ではないかとされていました。
 残念なことに計画は中止されました。宇宙での核爆発を禁止する条約が成立したのが原因という人もいますが、中止理由の詳細は不明です。

 しかし机上のプランとして、核パルス推進を利用する宇宙船建造・恒星間飛行を目的とするダイダロス計画なるものも立案され、こちらは光速の12パーセントまで可能だと結論しています。オリオン計画では核分裂を主に考えていましたが、ダイダロス計画ではそれより効率のいい核融合を使っているため、そういう差が結論に現れています。

 SF設定は、できるだけ科学考証(物理学など科学では正しいとされること)を推し進め、それに関するSF考証(どこで嘘をつくかということ)をできるだけ少なく、小さくするのが腕の見せ所ですね。

 相転移というのは、物質は気体、液体、固体という三つの「相」(という状態)があるわけですが、液体が気体に変わる、固体が液体に変わる、といった変化のことをいいます。
 ご存知のように、相が変わるときは、潜熱というものが発生したり吸収されたりします。気体が液体に相転移するとき、潜熱が発生しますが、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報