週末に、義母の母の葬儀があります。
通夜の翌日、火葬、葬儀、法要があるそうです。
香典は、葬儀のときと法要のときにそれぞれ出すということ、金額はそれぞれいくらかということも、決まってます。(親戚が教えてくれました)
法要は、葬儀当日に1度やって、あとは一周忌までないそうです。
こういう場合、法要のときの香典袋は「ご霊前」ですか?「御仏前」ですか?
バタバタしていて、義母とは、なかなか連絡がつかず、教えてくれた親戚というのも、こちらから連絡する間柄ではないので、なかなか聞けなくて・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



宗派によって違います。大概には,七七日までは御霊前で,それ以降は御仏前になりますが,浄土真宗では,霊と言う概念がないので,葬儀当日も御仏前となるようです。

御香典にすれば,どの宗派でも問題はないと思われます。
    • good
    • 2

四十九日までは御霊前。

この場合四十九日の法要をやらないのかもしれませんが、御霊前でおかしくないと思いますけど
    • good
    • 3

今回の場合だと、繰り上げで初七日法要を


行われると思われるので御霊前が妥当です

http://www.hourinin.or.jp/web/terakoya/page/koud …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も、四十九日までは御霊前と聞いたことがあったので、ご霊前かなと思ったのですが、一周忌まで法要が無いとなると、百か日法要までまとめてするのかなあとも思い、こういう場合どうしたものかと悩んでしまいました。

お礼日時:2010/12/16 22:55

故人が「お骨」になりましたら「御仏前」になります。

極端な話、焼き場で故人が「お骨」になり、お骨を骨箱に納めた後に、焼き場へお悔やみにやってきた人がいたとします。その時に渡すお香典の表書きは「御仏前」になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q繰り上げ法要 北海道

北海道の一般的な仏教の葬儀に参列します。
告別式などの後、「繰り上げ法要」が行われると思われます。
その時包むお金は、「なんという不祝儀袋」に入れればよいのでしたっけ。
(通夜・告別式の時は「ご霊前」)

Aベストアンサー

御仏前で良いかと思います。

私は葬式に御霊前、その後の取り越し法要(五七日忌法要が多いかな)以後(初七日とか、四十九日法要)は御仏前としています。
人によっては四十九日法要までは御霊前としている人もいますし、葬式から御仏前の人も居ます(宗派によりけりです)。
表書きより大事なのは袋の中身ですので、それさえ間違いの無い額が入っていれば、或は間違えて多く入れちゃったりしても、苦情は来ないはずです。

Q新聞のお悔やみ欄をネットで見ることはできないか?

 地方の新聞のお悔やみ欄をネットで見ることはできないのでしょうか。できれば、北海道新聞の情報を知りたいのです。

Aベストアンサー

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fuhou/index.html

この程度が限界です。

Qお通夜(精進おとし)葬儀後(初七日の法要の後のお膳)両方出席の場合の香典について

妹の姑が亡くなり,喪主は長男である妹の旦那です。
お通夜(精進おとし)とお葬式(初七日の法要も当日なのでお膳が出る)両方出席する場合、香典はいくらでしょうか?別にお花を(一万円)お供えします。夫婦と子供一人(お子様用のお膳)で行きます

Aベストアンサー

こんにちは。40代前半既婚女性です。

お通夜と、葬儀はお香典を出します。
お通夜に出る軽食は、「精進おとし」ではなく
「通夜ぶるまい」です。
お通夜と葬儀がセットと考えて
姉夫婦ならば、1万~3万くらいですね。
あなた様のご実家の親御さんも
ご出席でしょうか。
そうなると、ご実家の親御さんのほうが、お香典も
あなた方よりも高額になります。
お香典と別に、御供えのお菓子など(個別包装されていて、30個ぐらい入っているもの。5000円程度)も
御供えとのしをつけて用意します。

また葬儀後の初七日は
また別に包みます。
ご霊前と書いて、また1万から3万ですね。
本来は本当に1週間後に集まって、そのときに持参したので
お香典とは別に香典袋を用意しておきます。
初七日の法要が終って食べる食事や
葬儀後に食べる食事を「精進おとし」といいます。

喪主の妻をする
妹さんの面目が立つように支えてあげてくださいね。

Q繰り上げ初七日と繰り上げ四十九日のお布施のことで

近頃、葬儀で繰り上げ初七日とか繰り上げ四十九日といった便利なシステムが普及してきております。
この繰り上げ方式の様子を見ていると僧侶が繰り上げ分のお経を唱えています。
ということは、この繰り上げ読経分の料金を考慮して僧侶に多めのお布施を支払うようにするものなのでしょうか?

返信お待ちしております。

Aベストアンサー

普及してきているかどうか判りませんが、わたしらの所では以前からやっていて、それが風習のようになっています。
町内の墓地に隣接しているダビに伏す場所で火葬しなくなってから、ごく普通にやっています。50年位なるかな。
その時から、火葬してからの葬儀になりました。
わたしのところでは初七日は葬儀と一緒にやりません。三日参りと五七日忌法要です。
なので、お布施に三日参り分と五七日忌分のお金がプラスされます。伴僧の方のお布施にも。
お布施の額が中途半端な額になりますが、一枚一枚いわれのあるお札ですので、切り上げしません。切り捨てさせてくれません。

七日目七日目に行うのが普通だとすると、早く繰り上げて法要をする事を取り越し法要と言います。遅れてすることを追善法要と言います。
わたしらの所では、早くやるのは構わないが、遅れるのはいけないとされていますので、ほとんど取り越し法要です。

そして、計算上の五七日辺りに四十九日法要と称して納骨します。
葬儀の日に納骨する風習の所もありますので、その場合四十九日までの全てを葬儀の時に行うのかも知れません。
今の家族葬程度の人数ですが、葬儀、取り越し法要をおわして、お斎の会食をして、それから納骨して散会のようです。
所変われば風習も変わりますし、時が移れば風習も変わります。
わたしの所も葬式の日に納骨するようになればいいのですが。

普及してきているかどうか判りませんが、わたしらの所では以前からやっていて、それが風習のようになっています。
町内の墓地に隣接しているダビに伏す場所で火葬しなくなってから、ごく普通にやっています。50年位なるかな。
その時から、火葬してからの葬儀になりました。
わたしのところでは初七日は葬儀と一緒にやりません。三日参りと五七日忌法要です。
なので、お布施に三日参り分と五七日忌分のお金がプラスされます。伴僧の方のお布施にも。
お布施の額が中途半端な額になりますが、一枚一枚いわれのあ...続きを読む

Q告別式と同日に初七日法要を行う場合の香典

告別式の後、同じ日に初七日の法要が行われる場合に、葬儀の香典(御霊前)とは別に、初七日のお香典を用意した方が良いのでしょうか?
実は、私自身は特に疑問に思う事もなく「不要」だと思っていたのですが、ある時、別にくださった方がいらっしゃったので、これが正式なのか? と考え込んでしまったのですが・・・。

Aベストアンサー

おそらく決まりは無いと思います。地域によって全然違いますし。

私に経験上、受付に頂いた香典以外に、別に包んで渡してくれた方や、実際の初七日に、わざわざ自宅まで持ってきてくださったり、現金書留で送ってくださった方もいらっしゃいました。
身近なかたなどの場合には、そうすることも多いようです。しかし、香典やお布施、これらすべてはあたなのお気持ちです。

Q孫からの香典の金額について

孫からの香典について質問です。
先日祖母が亡くなりました。香典はいくらくらいか一応母に聞いたところ、最初孫は1~2万と言っていたのが、3万→5万になりました。お花代も込みで5万だそうです。
でもこれって高すぎじゃないでしょうか?我が家に余裕がないというのもあり…納得できません。。
ちなみに私は結婚していて、今年30です。2歳と0歳の子供もいます。お葬式をする祖母の家は東北でかなり遠いので、今日夜中に出発します。常識がなくてお恥ずかしいですが何か意見聞かせてください。

Aベストアンサー

相場と言うのもなんなんですが、祖父母の香典は1万円くらいが相場です。
それに孫一同とかのお花代がプラスでしょう。
5万円は正直高いと思いますが、家柄、土地柄等もあるのでなんとも言えません。
それと、もし他の孫たちがその金額を出した場合、ご質問者様ではなく、ご主人様の顔を潰すことになります。

ご主人様を交え、もう一度お母様と相談された方がいいかと思います。

Q親の葬式に際して、実家を出た子どもの立場は?

私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの兄弟が継いだ形で両親と同居しています。

親が健在のうちからこんなことを考えるのはどうかとも思う反面、両方の親ともかなり高齢になってきて、健康上の問題も出てきて入院することも度々となっており、いずれは来る日の事を考えておかなければとも思い、質問いたします。

親が亡くなり葬儀となった場合、喪主は同居していた兄弟がするのが自然だと思うのですが、実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか、それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか、どちらなのでしょうか。

それによって、お金のことも含めて、心づもりしておかなければならないことが全く違ってくると思うのです。

ネットで「親の葬儀」などのキーワードで検索すると、「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか、という疑問もあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。
逆に、香典だけで支払分に足りなければ、補填するのは喪主の責であり、親戚が赤字を肩代わりする必用はありません。

要するに、葬儀や法事を営むことは、いずれ故人と同じ墓に入る者の責務なのです。
故人と同じ墓に入ることはできない分家した者や他家へ嫁いだ者は、あくまでもお参り客に過ぎないのです。

>それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか…

喪主・喪家にもっとも近い親戚として、香典とともに供花や供物などが必用です。

>「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか…

10万円では足りないとお考えなのですか。
まあ、あなたの懐にお金が有り余っているならいくらでも出せば良いですけど、親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。
慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。
多ければ多いほどよいというわけでは決してなく、多すぎてももらったほうで迷惑することがあるのです。

冠婚葬祭をド派手にやる地域でなければ、香典 5万円に供物や供花なども含めて 10万円弱も用意しておけばじゅうぶんでしょう。

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。...続きを読む

Qお葬式は友引にはしませんがお通夜は?

お葬式は友引には絶対しませんがお通夜はしてもよいのでしょうか?それと49日や法事とかは?ご存じの方がいらっしゃれば教えてくださいね!

Aベストアンサー

 一般に、友引に葬儀はしないと言われますが、キリスト敎や仏教の中でも浄土真宗では、気にしません。なので「友引」には、絶対にしないとは言い切れません。
(浄土真宗でも、首都圏では「迷信・日の吉凶に囚われない」という教義が浸透していないので、友引の葬儀を避ける場合もあります。)
 暦注である「六曜」の友引と、「陰陽道」において禍が友におよぶ方角を表す「友引」が、混同されて、「友引」には、葬儀を出さないという慣習が出来上がってしまったものです。

 私自身は、浄土真宗の信者なので、まったく気にしませんが、私の住む地域は、真言宗・曹洞宗の寺院が多く、まず「友引」には、葬儀をしません。つまり、自分自身は問題なくても、弔問される方が嫌がるかもしれないことに注意してください。

 通夜に関しては、友引の前日である「先勝」には、営まないでしょうが、「友引」には通夜を営みます。理由は、6日間に2日も葬儀を出せない日があると都市部では火葬場が足りなくなるからでしょうか?

 四十九日法要は、故人が亡くなった日を一日目として数え、49日目に営むので「友引」は気にしません。ただ、四十九日が土日祝日なら問題ないのですが、平日の場合は、参列者の都合を考慮して、直前の土日祝日に繰り上げて営む場合が多いみたいです。一周忌などの法要も、同様です。まず「友引」を気にする場合はないです。

 また、火葬場が休みのほかに、葬儀関係の業界の用語で「友前」・「引き前」といって、通夜の準備の無いため、友引の前日を社員の休日に当てます。その事もあって、友引前に通夜を営むのを嫌がる葬儀社もあるかもしれません。

 

 一般に、友引に葬儀はしないと言われますが、キリスト敎や仏教の中でも浄土真宗では、気にしません。なので「友引」には、絶対にしないとは言い切れません。
(浄土真宗でも、首都圏では「迷信・日の吉凶に囚われない」という教義が浸透していないので、友引の葬儀を避ける場合もあります。)
 暦注である「六曜」の友引と、「陰陽道」において禍が友におよぶ方角を表す「友引」が、混同されて、「友引」には、葬儀を出さないという慣習が出来上がってしまったものです。

 私自身は、浄土真宗の信者なの...続きを読む

Q御霊前と御仏前を一緒に渡す?至急お願いします。

先日夫の祖父が亡くなりました。
 明日、お通夜なのですが、お香典をいくら包めばよいかと義母に尋ねた所、「御霊前で一万円、七日の払い用に御仏前で一万円で良い」といわれました。
 葬儀の時に七日の払いも一緒に行うようですが、そのような時にはお香典を別に包むのが一般常識なのでしょうか?結婚してまだ半年足らずで、よくわからないのですが、主人が28歳私が22歳の若夫婦(?)で私は働いておらず、我が家の経済状態もあまりよくないのにはっきり言ってかなり痛い出費です。
 それに、私は実母から亡くなった方は四十九日を過ぎるまでは霊で四十九日を過ぎると仏様になるからそれまでは、お通夜の時も葬儀の時もお香典は、「御霊前」で包むものと教えられたのですが、違うのですか?
 一般的な金額と表書きはどのようにすれば良いのでしょうか?
 それとも義母の言うように二種類用意した方が良いのでしょうか?
 アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は東京在住ですが、告別式のあと 出棺して 斎場(焼き場)へ行き お骨になったあと 初七日(しょなのか)の法要をするパターンが 多いですね。今は忙しい人、遠方の人 色々あるので 一緒の日に 行う事が多いです。
通夜、告別式から 四十九日前までは ご霊前。
四十九日の法要、忌明けからは ご仏前。となります。
(でも最近は 三十五日で忌明けをするのも多いらしい)

おじいさまが亡くなって、初七日の法要にも出席するのでしたら やはり 初七日も出した方がいいと思います。
目的も違うのですから 通夜の香典とは 絶対別にした方がいいと思いますよ。
うちの場合は ご霊前っと書かれてる表書きの斜め上に 初七日と書き 区別します。

でも 地域や宗派が違うと さまざまですから お義母さまとあわせるのが いいとは思いますが 不安でしたら 香典袋を 両方用意しておくのも いいかもしれません。
(もしかしたら お骨になると 仏前と思う人もいます)

下のサイトは 地域や宗派別に 色々のってます。
参考にしてみてください。

http://www.taka.co.jp/link.htm
宗派辞典 http://www.miyagawa.com/syuha/index.html

参考URL:http://www.sousai.com/hp/library/index.htm

私は東京在住ですが、告別式のあと 出棺して 斎場(焼き場)へ行き お骨になったあと 初七日(しょなのか)の法要をするパターンが 多いですね。今は忙しい人、遠方の人 色々あるので 一緒の日に 行う事が多いです。
通夜、告別式から 四十九日前までは ご霊前。
四十九日の法要、忌明けからは ご仏前。となります。
(でも最近は 三十五日で忌明けをするのも多いらしい)

おじいさまが亡くなって、初七日の法要にも出席するのでしたら やはり 初七日も出した方がいいと思います。
目的も違...続きを読む

Q告別式と同日に行われる初七日

本日、告別式に参列します。その後火葬の後、初七日も行われます。宴(精進おとし?)に出させてもらいます。告別式の香典は告別式の受け付けの時お渡ししますが、初七日用に包んだ不祝儀袋は、どのタイミングで先方にお渡ししたらよいでしょうか?火葬から戻った時でよいでしょうか?また、何と不祝儀袋に書けばよいでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
地域ごとの習慣によっても違いますが‥‥
最近のお葬式では本葬儀に続いて初七日法要も行う事が多いです。本来、これは別々の法要ですから、包みものも別に用意するのがマナーです。
ただし実際には、続けて初七日法要を営む場合、本葬儀のために奉げる包みものが、いわゆる「御霊前」「御香典」にあたるもので、初七日分は斎席のお膳料と引き物に対する「費用の一部弁済」といった意味合いを持たせる事が多いようです。
初七日分の包みものは、おおよそ1万円くらいの所が多いようです。表書きは「志」「御供料」等と書き、右肩に小さく「初七日分」と書き添えると先方もわかりやすいのではないでしょうか。
捧げるタイミングは、最初の受付で本葬儀分の御霊前と一緒に出してかまいません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報