プロが教えるわが家の防犯対策術!

 日本語を勉強中の中国人です。日本式の手紙の最後に相手の名前を書くと聞いています。それはなぜでしょうか。この手紙はどなたに対して書いているのかわからなくなるのではないでしょうか。とても不思議です。ご存知でしたら、教えてください。

 また質問文に不自然な表現がありましたら。それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 淡雪さん、また訪問しました。


 最初に、この(私のこと)うるさい爺(じじい)が気になる事をご注意申し上げます。
 【日本式の手紙の最後に相手の名前を書くと聞いています。】⇒
 【日本式では、手紙の最後に相手の名前を書くと聞いています。】の方が理解するのにつっかえてなくてすみます。

 昔、といっても敗戦後ですが。何かの小説でしたね。
 【はいけい、てんのうへいかさま】って書き出した小説を書いた人がいました。
 まぁ平仮名しか書けない無教養な庶民のことを画いた小説です。
 今は○○様とか最初に宛名を書く人も、そうする場合も多く為りました。

 そうする場合とは仕事の場合どか、役所や企業体などに出す場合です。
 仕事の場合は当然、相手方(宛名)を最初に書きます。そして発信者も。
 横書きの機関や組織の出す文書などは、右の上(右肩)に発信日付、発信機関部局名をいれます。
 そして最初に宛名(受信者)となります。

 昔から私信では、最初からあからさまに相手や自分を出す事は不躾だ(見る人をどきっとさせる)ということで、慎ましく最後に書いてきました。
 これは日本人の心理と気持ちからの慣習ですね。
 大体、封緘しますからその表書きには相手の名前を敬称をつけて書き、その裏には発信者の名前を下げて小さく書きます。
 だから誰からの誰宛の手紙だということは、手紙の本文の最後にまでいかなくても判ります。
 淡雪さんには納得できなくても、そうやって来ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 krya1998さん、こんにちは。またお会いできて嬉しいです。ご親切に教えていただきありがとうございます。「最初からあからさまに相手や自分を出す事は不躾だ(見る人をどきっとさせる)」というご説明に納得できました。日本の方はとてもシャイですね。質問文の添削にも感謝いたします。これから気をつけます。とても嬉しいです。本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/01/06 13:59

 ANo.3


 淡雪さん、みなさん日本の慣習とその根付き、そしてそれで差しさわりがないことを仰せですね。
 その通りなんです。
 私がANo.3でお役所などの公文書について触れました。
 庶民にはお役所は、普段は関係がなく(鼓腹撃壌のことではなく)、命令と指示のおっかないところで、関係したくないところです。
 そこから○○ ○○宛てとか殿なんて真っ先に目にはいる突端(とっぱな)に書かれているとドキッとするんです。何事じゃと。
 個人の信書でも、そんなふうに構えて、形式ばった書き方で手紙が来ると、なんじゃ?と受信者も構えます。

 私の家内はおんなばかり5人姉妹。一番下から二番目からの手紙やメールは最後に“○○(自分に対する呼び名)でした”という文面で終わります。
 そうやって軟らかさを出しているんです。
 まぁ心理ですね。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 krya1998さん、お礼が大変遅くなりまして申し訳ありません。ずっと教えてGOOのマイページにログインできない状態が続いています。いまやっとログインすることができました。何度もご丁寧に教えていただき誠にありがとうございます。とても参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/02/11 10:31

このご質問は、どうやら私の過去回答に発端があるようなので、"明解"とは言えませんが、回答申し上げます。


1.なぜ宛名を末尾に書くか?
歴史的慣例によるものです。
鎌倉時代-弘安8年(1285年)、に「弘安礼節」と称す規範が定められた。これは公家・武家社会の身分秩序を踏まえた礼節と行動規範の定めを著したもの(この書は中国の様式・慣行を参考にしている...といわれています)。各種文書の様式・用語等も含む、その一環として、私文書についても徐々に形式が定まっていきました。その流れの中で時代の変化を反映しつつ定着してきたものです。
2.誰に宛てた文書か分からない?
それを言うならば、差出人も、最後まで読まないと分かりませんね。
封書であれ、葉書であれ、宛名は表書きに書いてあるので、本文を読む段階では、誰に宛てた書状かはわかっています。差出人も同様です(が、これは封筒に書いてない場合もありがちです)。
■江戸時代のsample 徳川家康書状
 http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageI …
・冒頭には宛名なし
・後付け
  天正拾年壬午 
   七月十四日  家康(花押)  …差出人
  酒井左衛門尉殿        ・・・宛先
注:花押・・・个人化的署名。署名源于中国唐朝时代,在日本平安时代中期传入。
■江戸時代及び以前でも、公的なものは冒頭に宛名を書く例が多いのですが、親書(私信)というよりも文書の範疇でしょう。
■現在は、私信以外すなわち、公的文書、企業内文書、商用文、諸発令・表彰状などは冒頭に宛名を置きます。縦書きも横書きも同じです。
但し、これらの機関が発する文書でも、公務や事業内容と直結しない主旨の書状では、私信と同じ様式を採る場合が多く見られます。例:慶弔に伴う書状、創立記念等の催事案内、時季折々の儀礼的挨拶状 etc.。
■ところで、現在の中国では、簡体字と拼音方案発布と時期を同じくして、横書きが標準とされ、今日に至っております。文書において必ずしも縦書きが禁止されているわけでもない様子ですが、古典類を除き事実上全て横書きですね。
「写信的格式」を小学校から教えるほどですから、手紙も西式便箋。中式便箋は高齢の方しか使わないのが実情で、漢字の国中国としては寂しい思いがします。何といっても漢字は縦書きが美しいですから。
昔(1949年以前)はどうでしたか。伝統的文化として様式があったのに、縦書きから横書きの変化と共に忘れられたものもあるでしょう。
伝統的には親書の構成として6ケの部分、敬称、文中さらに結語での用語法など厳しい慣例がありましたね(現在も生きているものがありますが)。私の知る範囲では、6ケの部分の順番(宛名の位置)を明快に記述したものは見ていません・・・学者でもなく浅学ゆえ当然のことです。残されている書状の例でも、宛名の位置は冒頭の場合と後ろの場合があります。探してみて下さい。
■結局、ご質問に対しては「日本に定着した習慣です」としか言えないのですが、冒頭に宛名が無いことによる不都合はありません。2で述べたように表書きに書いてあることも含めて、そもそも開封する段階で、自分宛てであることが確定しています。つまり、自分宛てでないものは絶対に開封しない文化だということです。余程の特殊な事情が発生するか、本人の依頼が無い限り、夫婦間でも自分宛てでなければ開封しません。貴国でも同じではありませんか。
親書の性格が薄れる(公的文書や商用文書など)ほど、冒頭に宛名を書く必要が出てきます。私信でない場合は事務的に開封するからです。封筒と中身は一体感がなく、要件のみが意味を持ち封筒は捨てられることもあり、内容は文書として独り歩きするからです。
*以上説得性のない説明で恐縮です。実例を示したかったのですが俄かには間に合いませんでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 お礼が大変遅くなりまして申し訳ありません。ずっと教えてGOOのマイページにログインできない状態が続いています。いまやっとログインすることができました。ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。大変参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/02/11 10:29

淡雪さん、こんにちは。



何故かというと、西洋式と日本式の違いです。
江戸時代末期までは日本式でしたが、明治時代以降は西洋式も輸入し、
西洋式と日本式の両方が現在でも使われています。
http://www.midori-japan.co.jp/letter/tegamichish …

西洋式 - 西洋から輸入した書き方なので、横書きの手紙の場合に多く使われます。
http://www.owned.lv/images/x3x6facb01ae6bd366b25 …
 例文

親愛なる淡雪様( To Dear Friend )、お元気でお過ごしでしょうか。
おかげさまで当方も、家族共々無事に毎日を過ごしております。(前文)

本文*********

流感が蔓延しております。お体に気をつけてお過ごしくださいませ。(末文)

  ○月○日 ( From ) kentaulus

----------------------------------------------------------------------

日本式 - 縦書きの手紙の場合に使われます。
      太古から続く、日本の伝統的な書き方です。 
 例文

拝啓
日増しに寒さが厳しくなる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。(前文)

本文*********

風邪など引きませぬよう、ご自愛くださいませ。(末文)
  敬具

○月○日 ( From ) kentaulus
 ( To ) 淡雪様


参考資料 - 江戸時代の書状(手紙)です。

左端 第一位が相手の名前、宛先
左端 第二位が手紙を書いた人の名前

http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/cmsfiles/ …
http://www.shirakawa.ne.jp/~rekimin/monjyo/yuki. …
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/ …
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/ …
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/fd/01/hakusyu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 明けましておめでとうございます。ご健康とご多幸を謹んでお祈り申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 kentaulusさん、こんにちは。ご親切に教えていただきありがとうございます。西洋式と日本式の例文は大変参考になりました。江戸時代の書状は中国の昔のものだと錯覚してしまいました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/01/06 16:59

門外漢ですが、


#1さんの回答のようにそのような方式なので・・・という説明になりそうです。

質問者さんは、日本の手紙についての疑問ですが、日本語の語順には疑問をお持ちではないのですか?

たとえば、
私は、このことについて〇〇だから、□□□は△△△であると思わない。
という文で、
「私は、このことについて〇〇だから、□□□は△△△であると」まで読んでも
「私」の考えはどうなのかがわからない、最後の「思わない」ではじめて「私」の思いが伝わる。

このように日本語(日本文)の構成になっているのです。
ですから、ご質問の手紙の構成も、それと同じようになっているのだろうとは考えられないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 明けましておめでとうございます。ご健康とご多幸を謹んでお祈り申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 ご親切に教えていただきありがとうございます。日本語の語順と関係があるというお考え方ですね。とても面白いです。大変参考になりました。「私は、このことについて〇〇だから、□□□は△△△であると思わない」のお話は以前大学時代の先生もおっしゃったことがあるような気がします。同時通訳もやっていらっしゃる先生は、日本語の語順の特徴を私たちに印象付けるために、日本の方の話を最後まで聞かないとわからないという面白い例を出されました。とても、とても長い内容の最後に「思わない」という言葉が続いたら、前しゃべった内容をすべて否定する意味になりますよとニコニコしながら語られた姿を思い浮かべました。先生がおっしゃるには、実はこつもあります。前の長い部分に「思わない」の雰囲気を匂わせる言葉(副詞とか)が時々入っています。ですから、最後まで読まなくても、最後は「思わない」が続くことだろうを推測することができます^^。本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/01/06 12:39

「それはなぜでしょうか」と言われても、「それが日本式の手紙の形式(慣習)だから」と回答せざるを得ません。


少なくとも「どなたに対して書いているのかわからなくなる」からではありません。

http://www.nengasyotyuu.com/mamechishiki/letterb …
に伝統的な手紙の形式が載っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 明けましておめでとうございます。ご健康とご多幸を謹んでお祈り申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 ご丁寧に教えていただきありがとうございます。慣習と言っても人が作るものなのですね。なぜそういうふうに決めるのかその理由が知りたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/01/06 12:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q面識のない方へ手紙を出す場合

この度ようやく身辺のゴタゴタが片付きまして
以前からの夢であった職人を目指して、ある方に弟子入りしたいと思っています。

その方に連絡する場合、手段としては電話か手紙か
もしくは直接伺うという3つの選択肢しかないのですが
電話で長々と思いを伝えるのも難しいですし、直接押しかけるのも失礼かと思い
まずは手紙を書いてみようと書き始めたのですが。
今までビジネス定型でEメールくらいしかうってなかったので
いざ書いてみるとこれでいいのか?とちょっと不安です。

文面としては「拝啓→時候の挨拶→主文→結び→敬具」
で良いと思うのですが、どこかのサイトで調べた所
面識のない方に出す場合は時候の挨拶がいらないとか書かれていたような?
実際はどうなのでしょうか??
とりあえず以下のような感じで書いてみたのですが・・・。


拝啓 実り豊かな秋を迎え、ますますご活躍のことと存じます。
初めてお手紙を差し上げますことをお許し下さい。
私は・・・(主文)・・・
紅葉美しい季節、皆様方のご隆盛を心よりお祈りいたします。 敬具


言葉の使い方、選び方におかしな感じはないでしょうか?

それともう1点、実際に文章として書いた場合の「段落」についてなのですが。
現段階では「拝啓・時候の挨拶」で一段落、「初めてお手紙を~」で一段落
その後に「主文」を書いて「結び・敬具」で一段落にしていますが
これで書き方としては合っていますか?
それぞれの段落の頭は1文字分空けなくて良いと記憶していますが
それで間違いなかったでしょうか。

なにぶん手紙を書く事に不慣れな上に大事な手紙になりそうなもので・・・。
皆様よろしくご教示の程お願いいたします。

この度ようやく身辺のゴタゴタが片付きまして
以前からの夢であった職人を目指して、ある方に弟子入りしたいと思っています。

その方に連絡する場合、手段としては電話か手紙か
もしくは直接伺うという3つの選択肢しかないのですが
電話で長々と思いを伝えるのも難しいですし、直接押しかけるのも失礼かと思い
まずは手紙を書いてみようと書き始めたのですが。
今までビジネス定型でEメールくらいしかうってなかったので
いざ書いてみるとこれでいいのか?とちょっと不安です。

文面としては「拝啓→...続きを読む

Aベストアンサー

『前略 突然手紙を差し上げるご無礼をお許しください。
 私は・・・で、かねてより○○先生の・・・、どうしても・・・・いたしたく、失礼を省みず手紙を差し上げた次第です。
 ぜひ先生にお目にかかり・・・お願いいたしたく・・・、伏してお願い申し上げる次第です。・・・・・・  草々』

ビジネスレターではないので、書式や時候の挨拶よりも、どれだけ必死さをアピールするかにかかっています。
それと直接面談し弟子入りをお願いするのが筋です。手紙だけで用件を済まそうとしては失礼です。
手紙はあくまでもその事前準備として活用すべきです。

Q縦書きの数字の表記方法は?

例えば「21」を縦書きで表記する場合、「二一」と
「二十一」はどちらが正しいのでしょうか。
「10」の場合は「一〇」か「十」で悩みます。

Aベストアンサー

基本的に、どちらも間違いではない、ということになるとは思いますが、通常は
・二桁の場合は「二十一」というように、「十」を入れる。
・三桁以上の場合は「一二三」というように、「十」「百」を入れない
・ただし「千」「一万」といったような数の場合には、そのまま漢字で書く

というようにすることが多いですね。もともと日本語で書く時の本則は「百二十三」というように、「十」も「百」も入れるものです。各桁の数字だけ書く、というのは、算用数字の記載法を漢数字の記載に取り入れたための、いわば便方ですね。このほうが、算用数字に慣れた目には解りやすいし、文字数の節約になる(こういった表記は、活字印刷から始まっています。活字の場合、文字数がそのままコストに跳ね返ってきますので、新聞・出版業界では「123」を「一二三」とするような表記を採用したわけです)
漢字で(二人とか三人という意味の)「にさんにん」と書く場合、「二三人」と書いていたわけです。今でもそう書く人は少なくありません(今では「二、三人」と書く人も出てきていますが)。「23人」を漢字で書く時に「二三人」と書くと、この「二三人」が「にさんにん」のことなのか、「23人」のことなのか、曖昧になる。そのため、二桁だけは「二十三」というように「十」を入れて書こう、というのが暗黙の了解になっているわけです。

基本的に、どちらも間違いではない、ということになるとは思いますが、通常は
・二桁の場合は「二十一」というように、「十」を入れる。
・三桁以上の場合は「一二三」というように、「十」「百」を入れない
・ただし「千」「一万」といったような数の場合には、そのまま漢字で書く

というようにすることが多いですね。もともと日本語で書く時の本則は「百二十三」というように、「十」も「百」も入れるものです。各桁の数字だけ書く、というのは、算用数字の記載法を漢数字の記載に取り入れたための、いわ...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q貴殿と貴台の使いわけについて

貴殿と貴台では、何が違うのでしょうか?
また、文書では、どちらを使えばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。お礼欄でちょっと気になりましたので。

>貴殿を使っていたのが、貴台に直された…

【貴殿】より【貴台】のほうが、より丁寧な印象を受けると思います。

>送り手の男性女性によって、かわるのですね。(ちなみに私は女性です)

おそらくビジネス文書であると推察しますが、
○○株式会社△△部☆☆課
山田 花子
というように、発信者欄に担当者名まで書かれるのであれば、【貴台】は使われない方がよいでしょう。しかし、発信者欄が社名のみ、あるいは担当部署名のみで終わっているなら、書いた人の性別まで詮索する必要はなく、【貴台】でよいと思います。

>貴台は貴職と同じ意味だと言うことも聞いた…

これは少し、いや、だいぶ違うでしょう。【貴台】は個人に対する敬称、【貴職】は役職名に対する敬称です。会社に対する敬称なら【貴社】ですね。

Q手紙の書き方(横書き)

手紙の書き方の本を見ながら書いているのですが、
作成例が全部縦書きでわからないので、
横書きの場合のマナーを教えてください。
普通縦書きの場合は拝啓などから始まり、
最後に相手の名前を書きますが、
横書きの場合はどうなのでしょう?
相手のお名前はどこに書くべきなのでしょうか。
相手の名前が下のほうにきてしまうので、
失礼にあたるのではないかと心配です。
ちなみにビジネス文書ではなく、普通の手紙です。

Aベストアンサー

冒頭に書く相手の名前ですか?
普通に、

○○○○様

拝啓


と書けば、下に来ないと思います。

Q「送らさせて頂きます」という言い方

「送らさせて頂きます」や「送らさせて頂きました」という言い方はおかしいのでしょうか。
「お送りさせて頂きます」や「お送りさせて頂きました」が普通使う言い方なのでしょうか。

「送らさせて頂きます」で検索をかけると結構な数がヒットしますがいかがな物なのでしょうか。

Aベストアンサー

文法的には、「送らさせて頂きます」は「サ入れ現象」と言われ、「ラ抜き」と同様によくある誤りです。「送らせて頂きます」とするべきです。

「~させて頂く」という言葉は、丁寧なクセに恩着せがましいところがあり、よい印象を懐かない方も多くいらっしゃるようなので、「お送り致します(致しました)」を用いる方が妥当です。

多くの人がうっかり使ってしまうあまり綺麗ではない日本語、というところでしょうか。

Q「OKです」の丁寧語を教えてください

ビジネスメールで、「○○はその内容でOKです」又は「○○はその内容で大丈夫です」
という様なことを言いたいとき、どちらもくだけた言い方だと思いますので丁寧な方法で表現できる良い言葉がございましたら教えてください。

Aベストアンサー

OK=問題ございません で結構代用が利くのではないでしょうか。

販売企画の内容は、その内容で問題ございません。
出張の請求については、その内容で問題ございません。
弊社へのご請求は、その内容で問題ございません。

結構通じるように思うのですが、いかがでしょうか?

Q「敬具」の位置について教えて下さい。

30代の主婦です。私自身は働いていませんが、時々自宅のパソコンで夫の仕事を手伝っています。
今回、取引先に渡す売上明細の体裁を整える事を頼まれたのですが、拝啓及び敬具の使い方及び位置がこれで正しいのか不安になり、質問させていただきます。
具体的に、文章を引用しますと以下のような感じです。

========================
拝啓、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。御社、○○年○月ご利用分の
明細を下記の通り記載させていただきます。ご確認よろしくお願い致します。

敬具
========================

敬具が行頭に来るのは何となく違和感があるのですが…しかも1行空いているせいで「敬具」だけが妙に浮いて感じるのですが、私がビジネス文書…というか、手紙の書き方をよくわかってないから、でしょうか?
ネットでも調べてみましたが、いまいちピンとくるものがありませんでした。

このままでいいのか、またはおかしいならどうすべきなのか、ご教授いただければありがたいです。よろしくお願いいたします。

30代の主婦です。私自身は働いていませんが、時々自宅のパソコンで夫の仕事を手伝っています。
今回、取引先に渡す売上明細の体裁を整える事を頼まれたのですが、拝啓及び敬具の使い方及び位置がこれで正しいのか不安になり、質問させていただきます。
具体的に、文章を引用しますと以下のような感じです。

========================
拝啓、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。御社、○○年○月ご利用分の
明細を下記の通り記載させていただきます。ご確認よろしくお...続きを読む

Aベストアンサー

 追伸:
 今お送りした後に更に気付いた事で…、

・拝啓の位置について、
“拝啓 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。”
↑一番左で。左に一字分空けずに。
 拝と啓の間に一字分空けるという人も居ますが、付けて居ていいと思います。
・拝啓の後に一字空けて、改行無しで時節の挨拶等を入れたら、その後に続けて請求内容等の文章を並べずに、改行をします。
・敬具の敬と具の間は一字分空ける。空けなくてもいいと思いますが、空けた後に、更に一文字分空ける。
 ↑先程の“一文字空ける”はそういう意味です。
・一応、ご高配を賜り等という言葉を入れて居るのですから、最後に請求した文面の後に、
“末筆ながら貴社のご発展と社員皆様のご多幸をお祈り致します。”等と入れたら宜しいのではないでしょうか?
・“ご確認よろしくお願い致します。”→ご確認をして下さいます様宜しくお願い申し上げます。”の方が宜しいのでは無いでしょうか?
 

 
 


人気Q&Aランキング