Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

人種を分ける時に、主に白人、黒人、アジア人と3種に分けますが、アラブ系(インドやサウジアラビアなどの西アジア)の人々もアジア人に含まれるのですか?だとしても、東アジア系の人々(中国や日本や韓国)などの人と、インド(西アジア)の人たちとは結構顔つきが違うと思うのですが。
正確に分けると、白人、黒人、アジア人、アラブ人になるのでは?

A 回答 (4件)

人種は、白人種、黒人種、黄色人種と3種に分けます。

アラブ人のほとんど、インド人も加えて、白人種に入ります。それでトルコ系のアラブ人は黄色人種に入ります。
    • good
    • 0

インド人は普通アラブ人とは呼びません。

コーカソイドで白人と同じグループです。
大雑把に言えばアラビア語を話す人がアラブ人です。
地域的には西アジアでもイラン人はペルシャ人であって、アラブ人じゃありませんし。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E4%BA%BA


>正確に分けると、白人、黒人、アジア人、アラブ人になるのでは?

白人、黒人と来たら、アジア人でなく黄色人種でしょう。

実際の肌色はグラデーションがあるので、はっきりと白人は真っ白な人だけとか、黒人は真っ黒な人だけとかいうわけではないですね。肌の色は歴史的に住み続けてきた場所の日照量で決まってくるそうです。メラニンの量だとか、遺伝的に。

西アジアというのは地域名ではないでしょうか。
アジア大陸は広くて様々な民族が住んでいます。顔つきも文化も違います。
    • good
    • 0

オーストラリアの息子の高校では、60%がアジア人で、その半分が中国人(ベトナム含む)だそうです。



この余りにもおおざっぱな分け方は肌の色のみで、残り40%は白人(出生国関係なく)です。パキスタンもインドもエジプトもフィジーも一緒にアジアと言い切ってましたから、有色人種は皆同じ、みたいです。細かく聞くと、中東とユダヤ人はアラブといいます。黒人とヒスパニックはいません、地理的に。

ハーフはというと、生徒本人がどのグループに入るかで決まります。英語には問題ないのに、なぜかアジア人グループと白人グループにはっきり分かれています。学校側では姓が英語名か外国名かだけで統計を出しています。
    • good
    • 0

質問は


質問1.アラブ系もアジア人に含まれるか
質問2.人種を分けるときは白人、黒人、アジア人、アラブ人になるのでは
ということでよろしいでしょうか。

質問1.アラブ系もアジア人に含まれるか
アラブ系は外見だけで言えばコーカサス系です。ですから見た目では白人に分類されます。インド系は目鼻立ちはくっきりしていますが、肌の色が黒いので白人には含まれません。ですからアラブ系は異なります。かといって黒人でもありません。アジアか白人かと問われればアジアです。国がアジアですから。ユーラシア大陸にあってヨーロッパの国でない国はアジアです。

質問2.人種を分けるときは白人、黒人、アジア人、アラブ人になるか
米国だったらヒスパニックが非常に大きな比率を占めています。ヒスパニックは定義が難しいですが、アジア系と白人の混血プラスアルファの顔付きですね。上記いずれにも含まれません。一方アラブ人は質問1.の回答に書いたように見た目では白人に分類されると思います。

人種なんてそんなに単純じゃないです。今は混血が進んでいるので、黒人か白人か分からない人も非常に多いです。あまり意味のある議論にはならないかと。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!