私は最近会社の都合上、経理をやらなくてはならなくなったのですが、ほとんど経理は初心者で、会計士の先生に相談したところ、JOLの会計ソフトを使っているそうです。しかし、そのソフトがどのような物か分からず、迷っています。初心者の私でも使えるでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

基本的な質問ですが、会計士の先生からJDLの経理向けソフトを使用するように勧められたのでしょうか?


データの共通化の見地から、JDLのソフトを勧められた場合には他に選択肢は無いと思いますので、使用感については先生に聞くなりするしかないと思います。ただ、仕訳などに詳しくなくても伝票のイメージで入力するだけでJDLの専用機と同じデータ形式に保存されるソフトも市販される予定のようです。

先生から特に使用するソフトを限定されていないのであれば、先に回答をいただいた方の意見を参照に市販のソフトの情報を集めて、できたら試用してみるのがよろしいかと思います。
先生がJDL機を使用しているなら、市販ソフトとデータのコンバートができるかについても確認した方が良いでしょう。
    • good
    • 0

最近このサイトを知りましたので、大変遅いレスポンスで恐縮ですがご参考までに・・・



市販会計ソフトには、大きく会計事務所をターゲットにした「プロユースソフト」から派生しているもの(下記A群)と、最初から一般企業をターゲットにしたソフト(下記B群)と大きく分かれてきます。

(A)TKC社、JDL社、ミロク情報社等
   傾向として機能重視型です。(専門家向け・・・と感じます・・・)
(B)PCA社、OBC社、インテュイット社、ソリマチ社、オーケン社、等
   機能重視型から、操作性重視型、小規模企業向け(廉価版)とう幅広く販売   されています。
ここで問題になってくる事は、貴殿が機能として求める物が何処まで出来るかと、予算的な問題です。
(機能)
ソフトによって作表種類が違ってきます、この部分は貴殿で作表したい帳票にどのようなものが有るのかを、入手したカタログや出力帳票集から検討するといいでしょう。
(価格)
A群はメーカー直販のケースが多く、申し訳有りませんがよく分かりません。(少々高額かも・・・)
B群は2万から25万まで様々です。
安いからといって飛びつくと機能が・・・何てこともあります。
(操作性)
これに関しては使用する担当者の方の好みが大きく影響しますので、あれこれ言えませんので、無料体験版(CD-ROM)を入手して実際に操作してお気に入りを決めるといいでしょう。
(注意)
B群には、安価な会計ソフトでも青色申告用会計ソフトと一般法人向け会計ソフトとありますので、注意してください。(有)(株)なのに青色申告用会計ソフトを購入すると駄目です。
(会計事務所)
同じものを使用すれば、データのやり取りができる事はメリットとして有りますが、世間一般論で言えば会計事務所と同じシステム導入するケースはほとんど有りません。日常業務で、不明な仕訳や修正するべき仕訳、勘定振替する仕訳で、分からない事は教えてくれますのでそれを自社で入力することで問題ありません。B群のソフトには大抵「仕訳辞書」を設定できますから、教えてもらった仕訳を登録しておけば、次回からは同じ仕訳を何回も聞くという事は減るはずです。
    
先ずは、カタログや出力帳票集や体験版を入手して、実際触ってみてください。
後で、こんなはずでは・・・なんて事のないように・・・


ミロク情報サービス http://www.mjs.co.jp/
PCA社http://www.pcaco.jp/
OBC社http://www.obc.co.jp/
オーケン社http://www.ohken.co.jp/
インテュイット社http://www.intuit.co.jp/
ソリマチ社http://www.sorimachi.co.jp/

上記URLにて検索してください。ミロク以外は体験版CD-ROMを無料でもらえます。
    • good
    • 0

 たぶん、「JOL」じゃ、なく「JDL」かと思います。


 昔から、定評のあるソフトですので、講習システムが充実しています。あまり、心配はしなくていいかと思います。

参考URL:http://www.jdl.co.jp/products/ap/useware/ope.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古い登記簿謄本と公図の請求

アドバイスいただけませんでしょうか。

住宅ローンの本審査にあたり、銀行から登記簿謄本と公図を用意するように言われました。
昭和の半ば頃に購入した古い土地だからか?おそらくネット上では、情報が確認できないそうです(見積りを依頼した今回建てるところとは別の建設会社に言われました)

こういった古い登記簿謄本と公図の場合、どのように請求すればいいのでしょうか?

また、こういった古い土地でも、ネット上で請求可能なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

古い登記簿謄本ってなんですか?

たぶん、登記変更などが長年なかった不動産の登記ってことですよね?
古い登記というものはなく、登記は原則現状を表しているものです。今日登記簿謄本を取得すれば、今日現在登記として有効な情報の記載がなされた、登記情報の証明としての登記簿謄本が得られるのです。

登記簿原本から必要な情報を転記・写しをしたものを登記簿謄本といいます。
古い登記簿謄本というと、昔に取得した登記簿謄本となってしまいます。

権利が法的に有効な不動産であれば、普通に法務局で申請することです。

その建設会社の説明はよくわかりませんが、たぶん、不動産の登記簿謄本を取得する場合には、不動産の所在地情報が必要となります。この所在地は、住所表記とは異なりますので、金融機関であっても、依頼者から正しい情報がなければ入手できませんし、入手する場合にも費用が掛かるものです。
不明な部分があれば、法務局で閲覧などを行った上での調査でしょうから、金融機関の営業マンではなく、金融機関は専門家以来となってしまうのかもしれませ。
顧客などへ費用負担を求めにくい立場などであれば、顧客が普通に入手できる登記簿謄本などは、自分で取得してもらうのが通常ではないでしょうかね。特に顧客の個人情報の記載のある証明書類を金融機関自身が請求したりする行為は、金融機関としてもやりたくないのではないですかね。必要ならば顧客からの提示という形にしたいと思いますね。

少し前に固定資産税の課税のための通知を受けていませんか?その中に不動産の一覧があると思います。
この一覧に記載のある不動産であれば、その記載の所在地は登記上の所在地となっていると思います。
通知が見当たらなければ、市役所の固定資産税担当に相談のうえで、評価明細などをもらいましょう。その中に記載があることでしょう。
権利証などがあるのでしたら、そちらにも所在地などの記載があるはずです。
これらの資料から法務局で登記簿謄本の請求をされることですね。

その登記簿謄本を持っての相談で、公図・地積測量図の請求の相談をしましょう。
登記所の所在地の周辺の大きな地図を用意してくれるはずです。その中から証明を受けたい土地の場所を特定して、公図の交付を求めるのです。大きな公図から必要な個所を抜き取った公図をコピー機などで作ってくれて、証明印を押してくれることでしょう。

質問は公図となっていますが、その土地や隣地にて地籍測量を行い、登記がされていれば、明治時代などから使われている公図などより詳しい、衛星座標などの記載のある地積測量図が手に入るかもしれません。
区画整理などが行われている地域ですと、あなた方に記憶がなくとも、地積測量図がある場合もありますよ。こちらも同様に請求して証明印をもらうことが可能であり、金融機関などとしては、地積測量図のほうがよいと判断するかもしれません。

ネットでの請求も可能かもしれませんが、ネットでの請求では十分な情報を持っていることが必須です。間違った登記簿謄本を取得しても費用は取られますし、ネットでは閲覧(印刷可)と郵送請求になるかと思います。金融機関では証明力が重要なため、証明印のない閲覧した情報の印刷では意味がないでしょう。
ネットでの請求は安いという面があります。しかし、法務局での直接対応であれば、相談が可能です。
中には正式な証明印を押す前に確認をさせてもらうことで、無駄な費用を払わなくて済む場合もあります。

必要な資料を持って法務局で相談すべきだと思います。

古い登記簿謄本ってなんですか?

たぶん、登記変更などが長年なかった不動産の登記ってことですよね?
古い登記というものはなく、登記は原則現状を表しているものです。今日登記簿謄本を取得すれば、今日現在登記として有効な情報の記載がなされた、登記情報の証明としての登記簿謄本が得られるのです。

登記簿原本から必要な情報を転記・写しをしたものを登記簿謄本といいます。
古い登記簿謄本というと、昔に取得した登記簿謄本となってしまいます。

権利が法的に有効な不動産であれば、普通に法務局で申請...続きを読む

Q無料でダウンロードできる会計、経理、経営分析等のソフトはありますか?

タイトルの通りなのですが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ベクター、もしくは窓の杜で検索なさってみてはどうですかー。
ベクターのURLと、経理で検索したURLを貼っておきます。

見つかるといいですね(*´ -`)(´- `*)

参考URL:http://www.vector.co.jp/,http://search.vector.co.jp/search?query=%8Co%97%9D

Q地番や住所が不確かでも公図と登記簿謄本がとれますか?

昔商売していた田舎の家の公図をとりたいのですが、地番や住所が不明です。今は他人の手に渡ったと思うのですが
理由があって公図と登記簿謄本がほしいのです。
場所はもちろんわかるのですが、田舎の法務局までいかなければ無理でしょうか?
郵送でとりたいのですが?
明細地図とかあると聞いたのですがそういう方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

住宅地図を発行している株式会社ゼンリンより、ブルーマップという名前で、住宅地図と公図を重ね合わせた地図が発売されています。

以下、ゼンリンのサイトより引用
---引用始め---
「ゼンリン住宅地図」に登記所備え付けの「公図」(地図)及び都市計画情報を重ね合わせました。登記簿閲覧申請、法的規制の事前の確認に最適。
---引用終り---

但し、全国すべての地域を網羅しているものでもないようですし、また、全国のブルーマップを一度に閲覧できる施設もないようです。(国会図書館の所蔵を検索しましたが見つかりませんでした。所蔵されていないのか、特殊な資料として別置されているのかはわかりません)

考えられるのは、該当の地域の都道府県立図書館に問い合わせることですが、電話では説明しずらいと思いますので(説明するほうも受けるほうも)、封書で問い合わせればいかがでしょうか。

追記:公図番号がわかればよいのですよね?

参考URL:http://www.zenrin.co.jp/product/tochijoho.html

Q初心者でも使えそうな便利な会計ソフト

大変初歩的な質問で恐縮ですが、どうかお知恵をお貸し下さい。

旦那が小さな会社を作り、初心者ですが経理を担当することになりました。
担当の税理士さんからは、
・現金出納帳
・売掛金元帳
・振替伝票
・出金、入金伝票
を作ったほうがいいと言われましたが、とくにおすすめのソフトを教えてもらえませんでした。
大きい電気やに行ったら、弥生会計とMJS が売っていました。
何を買ったらよいかわからず、こちらで質問しています。
過去の質問から弥生会計がよさそうだと思いましたが、お店にはいくつか種類があり迷ってしまいました。
ちなみに従業員は3人です。

弥生会計以外でもいいので、おすすめのソフトを教えていただければと思います。
経理初心者ですが、簿記2級は一通り勉強しました。

よろしくおねがいいたします!

Aベストアンサー

おはこんばんにちは、
会計ソフトはまず税理士さんか会計士さんに確認してみましょう。
出来ればこのソフトでと言われる場合があると思います。
弥生・MJS・ソリマチ辺りなら同クラスではないでしょうか。
http://www.yayoi-kk.co.jp/products/
http://miroku.mjs.co.jp/products/
http://www.sorimachi.co.jp/
最終目的は決算書の作成なので、どこも同じでしょうが、
個人的に、あまりに安いソフトは後々怖い(メーカー倒産等)かな。
と思います。
税理士さんがお薦めのソフトがあれば、決算時にデータをお渡ししたり、
入力方法も教えてもらえる可能性もあるのでは?

他のソフト(ライティングソフト、ホームページ作成ソフトとか
思っていただくとよいかと)でも、慣れていくのが大事でしょう。
その事で使いこなすことになっていくと思います。

またソフトに関係無く、作った方が良いと言われたものは、
今後のために作る必要があるものでしょうね。

Q公図と登記簿の面積

登記簿の面積と実際の土地の測量図の面積は若干測量の方が量が多いもののある程度(誤差は10%以下)整合性があります。
しかし、公図を見ると現在の地形より小さく見て取れ、お隣から当方の敷地に自分の土地があると主張されています。現時の地形となってから既に20年以上経過しているのですが、現在お隣は自宅取り壊しの準備をしている為、何か準備中に気付いたのだと思います(お隣は何十年経過していても関係ない!!と何故か自信満々です)
お隣の主張を受け入れると当方は登記上の面積よりも小さくなってしまい、納得がいきません。又、敷地内の水路(現在は形跡なし)についても関係ないですが「お前は違法なことをしている。国有地に家を建ててはいけないのだぞ!!」と指摘されており、これについて対応する必要はありますでしょうか?宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

>>登記簿の面積と実際の土地の測量図の面積は若干測量の方が量が多いもののある程度(誤差は10%以下)整合性があります。
 この誤差のことを公差といいます。公図の精度区分によって誤差も変わってきます。
簡易面積公差計算
http://www.2201a.com/zeikin/keisan/kousakeisan.html

 公図等を取り寄せ、法務局の担当官にその地域の公差がどのくらいか確認してください。その公差範囲であれば測量結果はそのまま使えますが公差の範囲を超えていると地籍更正をしないといけません。
 境界を確定するときは公図、地籍測量図等で公図転写をし、過去の境界杭等を確認し、最後は当該地の周りの所有権者が承諾して初めて決まります。一人でも境界に承諾しない所有権者がいると境界は確定しません。承諾したくないのならば記名押印しないことです。
 なお、押印しなくとも立会い者の欄に記名すれば承諾があったものとして法務局に地籍更正、分筆等の手続きをするものもいますので注意してください。

 敷地内の水路ですが、現在使われていない水路は財務省で管理しています。水路の払い下げをお願いするときは、まず、市町村に確認しそのうえで財務省に払い下げをお願いしてください。手続きは市町村に確認したときに確認してください。
 法定外公共物(使われなくなった旧里道、旧水路)のパンフレットのアドレスを一応書いておきます

http://www.mof-chugoku.go.jp/kokuyu/kansou/kounyuunoshiori.pdf

>>登記簿の面積と実際の土地の測量図の面積は若干測量の方が量が多いもののある程度(誤差は10%以下)整合性があります。
 この誤差のことを公差といいます。公図の精度区分によって誤差も変わってきます。
簡易面積公差計算
http://www.2201a.com/zeikin/keisan/kousakeisan.html

 公図等を取り寄せ、法務局の担当官にその地域の公差がどのくらいか確認してください。その公差範囲であれば測量結果はそのまま使えますが公差の範囲を超えていると地籍更正をしないといけません。
 境界を確定するときは...続きを読む

Q会計ソフトの「○○会計」と「○○販売」のちがい

個人事業主です。と、いっても週末に小規模でやっている程度ですが、ゆくゆく・・・と言う野望を持っています。

質問なのですが、会計ソフトを導入しようと考えているのですが、「弥生」にしろ「ソリマチ」にしろ

「○○会計」と言うのと「○○販売」

と言う両ソフトの違いがよくわかりません。現在の業種は資材を仕入れ、加工しネットなどで販売しているのですが、こういう場合「○○販売」と言うソフトの方が適しているのでしょうか?

会計をPCにて管理したいため「○○会計」を購入しようと思っていたのですが、誤りなのでしょうか?

教えて頂きたいのですが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

簡単にいえば会計は金の流れ、販売は物の流れを管理するものです。
どちらか一方がもう一方を兼ねるようなものではありません。両方が必要です。

弥生シリーズは体験版があるようなので、それで試してみてはいかがでしょうか。

Q登記簿と実面積が違うのですが?

所有する土地の実面積と登記簿面積が異なります。全体の10%位は当方の面積が
減っている状況です。
公図を見ましたが明らかに土地の形が違います。(公図は参考資料としました)
相手には違っている旨話しましたが門前払い状態です。
どうしたら登記簿の通りに出来るのでしょうか?登記簿は約300m2ですが、実測量では260m2くらいです。
行政にも相談しましたが「お互いが話し合って下さい」との回答でした。
門前払いでは話もできません。

Aベストアンサー

公正に行ってくれる専門家、土地家屋調査士に依頼すべきと思います。
調査士は測量図を基に測量し正確な境界を決めます。そして隣地に境界を確認してもらい承諾を得ます。
隣地とは問題になっている一件だけではなく、あなたの土地と接する全ての隣地と境界を確認します。
(なぜならあなたの土地全体を測るので境界位置が現在と変わらなくても承諾が必要です)
お金がかかりますが専門家に任せる方が後々問題にならないと思います。
隣地の方が調査士も門前払い、承諾しない等となると面倒ですがそこはプロですから頑張ってくれると思います。

調査士と仕事上繋がりがあるのは、司法書士や不動産屋です。
そういう職業の知り合いがいたら紹介してもらうのもいいかもしれません。

Q弥生会計の違い。会計ソフトどれを買おうか迷ってます。

父が大工をしています。私は、頼まれて今年の申告分まではロータスでやっていたのですが、複式簿記に移行しようと頑張っていましたが、流石に大変で会計ソフトを導入しようと思い、オークションなどで安く手に入れようとした所、沢山会計ソフトがあるのに驚きました。そこで、お聞きしたいのです。
質問は、
1、弥生会計2001と弥生会計2002standardの違いは?2001でも大丈夫  なら、安いのにこしたことはありません。
2、他の安い青色申告ソフトでもことは足りますか?父は個人事業で人は雇ってい  ません。売掛や掛売はあります。
会計ソフトに詳しいかた、個人事業のかた宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.会計ソフトは、法律の改正に対応するために、毎年バージョンアップしています。
つまり、弥生会計2001は2001年のもので、2002は今年のものです。
従って、高くても今年のものを買った方がよろしいのです。
2002を買っても、毎年、有料のサポート契約を更新して行くことが必要になります。

2.他の青色申告ソフトでも、複式簿記に対応しているものなら使うことは出来ますが、売掛金の管理に対応していない場合は、売掛金管理は手作業かロータスなどで行なうことになります。
他の青色申告ソフトでも、法律の改正に対応するために毎年の更新が必要になります。

インターネットで「青色申告 ソフト」で検索すると、いろいろと情報があります。

Q土地の閉鎖登記簿を入手する方法について

祖父の土地が元の住居の周囲に点在しています。その中の(1)Google MAPで見ると家が建っているたので、母に聞くと遺産相続をしていないと言います。一筆公図を近くの法務局出張所で入手しました。
(1)の土地は、合計12筆で構成・分筆されています。この場合、祖父の名義なのか否か、登記簿謄本、又は、閉鎖登記簿からの登記簿謄本を入手する事を考えています。
閉鎖登記簿の登記簿謄本を入手する目的は、登記簿謄本と添付資料を入手する事です。
母の妹・弟等の法定相続人計6名が、遺産相続分割協議書を作成したと仮定しての事です。

Q1:上記の場合、合計12筆に対して、登記簿謄本も計12となるのでしょうか?
Q2:登記簿謄本は、母の代理(祖父の孫:私)が入手したいのですが、母の委任状とか、私が祖父との直系親族である事を証明する戸籍謄本等を用意する必要がありますか?

Q3:昭和24年には民法第5章遺産相続が施行開始したものの、それまで存在した家督制度がこんにちでも踏襲された事例がある。平成以前に、母の弟・三男が一括相続移転登記を行ったのではないかと、母の妹・二人が申しております。この様な方法で登記申請が受理されたのか、判りません。
法定相続人全員の捺印・印鑑証明書付きの添付資料が存在する法務局・出張所もあるらしい。

現在は、逝去した三男の配偶者に相続され、配偶者名義の土地が存在する事が名寄帳を発行する当該市役所の回答で判った。三男の配偶者には、名寄帳の複写を入手すべく、私を代理とする委任状への捺印を依頼しているが、10日間を過ぎたが返答がないので、電話で状況・意向を聞く所存です。
逝去した三男は、地方公務員で、戦後の遺産相続のオーソドックスな手順・概要を知る環境・地位にあったと推察しますと、姉たちの無知→善意を逆手に、一括遺産相続を履行したと推察する次第です。

よろしくお願い致します。

祖父の土地が元の住居の周囲に点在しています。その中の(1)Google MAPで見ると家が建っているたので、母に聞くと遺産相続をしていないと言います。一筆公図を近くの法務局出張所で入手しました。
(1)の土地は、合計12筆で構成・分筆されています。この場合、祖父の名義なのか否か、登記簿謄本、又は、閉鎖登記簿からの登記簿謄本を入手する事を考えています。
閉鎖登記簿の登記簿謄本を入手する目的は、登記簿謄本と添付資料を入手する事です。
母の妹・弟等の法定相続人計6名が、遺産相続分割協議書を作成した...続きを読む

Aベストアンサー

(1)YES
(2)必要なし。登記簿謄本(登記事項証明書)、閉鎖謄本は赤の他人であろうと誰でも取ることが可能。

(3)・・・
家督相続で登記されているなら、戸籍にも家督相続の旨の記載があるはずで、それならば当然に家督相続で三男にしてあるわけで、三男が一括相続移転登記をしても何ら問題ないです。
民法以降後でも、それ以前に家督相続されていれば(戸籍に記載されていれば)、家督相続は有効で、当然に登記可能です。家督相続なら、無知を逆手にとかはあまり考えられません。

法務局の印鑑証明書の保管閲覧とか考えられているようですが、登記申請書類(添付書類)の保存期間(2,30年だと思う)は決まっていて、昭和のだと閲覧は難しいかもしれません。(閲覧時には利害関係人であることを証する書類が戸籍類が必要です。)
協議して遺産分割なら遺産分割協議書等が閲覧可能かと思います。(ただし大抵還付請求されてますので、原本ではなくコピー)


戸籍に家督相続の旨が無く、法改正後に兄弟に俺が家督相続したんだからと、遺産分割したとしても、分割協議書類にハンコを押してるなら、騙したようなことになっているというのを証明するのは無理があるような気がします。無知を理由に覆すのは無理じゃないかと。
脅されたとかそういったのならという気もしますけど、本人死んでから、その相続人に訴えても・・・。かなり無茶な話に見えるのですが。


まぁ、まずは登記簿謄本取ってから・・・。

(1)YES
(2)必要なし。登記簿謄本(登記事項証明書)、閉鎖謄本は赤の他人であろうと誰でも取ることが可能。

(3)・・・
家督相続で登記されているなら、戸籍にも家督相続の旨の記載があるはずで、それならば当然に家督相続で三男にしてあるわけで、三男が一括相続移転登記をしても何ら問題ないです。
民法以降後でも、それ以前に家督相続されていれば(戸籍に記載されていれば)、家督相続は有効で、当然に登記可能です。家督相続なら、無知を逆手にとかはあまり考えられません。

法務局の印鑑証明書...続きを読む

Q簡単な会計ソフトをつくるかフリーソフトをさがしてます

パソコン初心者ですのでよろしくお願いします。
エクセルかアクセスで次のような簡単な会計ソフトを作りたいと思っています。どのように作成すればよいかアドバイスください。または、そのようなフリーソフトがあれば教えてください。
イメージ的には、科目ごとの入出金内訳表に記帳した内容が、同時に出納帳に時系列的に記帳されていくようなものです。そのデータをもとに簡単な決算書までつくりたいと思っています。現在は、手書きでそれぞれの帳簿を記帳しています。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんなのもありますが・・・
無料・有料と・・・

エクセルかアクセスで作るよりは、簡単だと思いますよ・・

参考URL:http://channel.goo.ne.jp/download/search/search.php3?MT=%8A%A8%92%E8%8C%B3%92%A0&CD=1&SW=1&OS=3&category=1&search_num=10


人気Q&Aランキング

おすすめ情報