『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ダイビングでダイブマスターの講習中です。
20スキルのテストを受けました。

殆どクリアできたのですが、ホバリングでどうしても足が動いてしまいます。。。

よく、アグラのような格好でホバリングをするとよいということですが、
足を組もうとするとオシリから沈んでしまいます。。

何かコツがあれば教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

hoveringは水中での姿勢がどうでも良いのならば、さほど難しくはありません。


しかし、逆立ち状態だったり、お尻が落ちて水面を仰ぎ見るような姿勢でのhoveringは、ダイビング中であることを考えると、不適切で危険ですよね。
また、あぐらを組むhoveringは、しばしば「究極」のhoveringとして雑誌等でも取り上げられますが、私は無意味だと考えています。
たとえば、ラインや岩などつかまるものがない状態で水深6mで安全停止をする場合に、あぐら状態でhoveringをするのは、バディやチーム・メンバーへの注意がおろそかになり、流れがあれば簡単に流されてしまうなど、マイナス面がたくさんあります。
目指すべきは、実戦的な姿勢でのhoveringです。

ここでは、実戦的な姿勢のhoveringがどのようなものかは、割愛しますが、次にあげる事柄が水中姿勢に関係してきますので、参考にしてください。

1、ウエイト量とウエイトの配置
最初の回答者のかたが言われる通り、ウエイトベルトにウエイトを集中させた場合、ウエイト量が多すぎると、お尻から沈む可能性が高いですね。0.5kgまたは1kg単位で、ウエイト量を変えて適正なウエイト量を改めて確認することをお勧めします。
また、ウエイトベルトのどこにウエイトを配置するかも関係します。背中側にウエイトが配置されると、後ろに引っ張られることになります。
水平姿勢でhoveringするならば、腰にウエイトを集中させずに、上半身にもウエイトを分散する必要があるかもしれません。(とくにドライスーツを着用している場合)

2、タンク
スチールとアルミでは水中特性が異なります。ご存知の通り、アルミタンクの場合は残圧が少なくなると、タンクのお尻のほうから浮きはじめます。スチールはほぼ空になってもマイナス浮力です。したがって、スチールタンクで200bar充填されている場合は、背中側がかなりマイナス浮力ですから、上半身を垂直に起こすと、後ろにひかれることになります。アルミタンクを選択するか、水平姿勢でのhoveringにするか、あるいは残圧が少なくなってから実施するほうが容易でしょう。

3、フィン
フィンの浮力も関係します。とくに水平姿勢でhoveringする場合は重要です。下半身が浮くようならば、ゴム素材の重めのフィンを使い、下半身が沈むようならば、軽めのフィンを使うなど、ウエイトとタンクの調整では補えない微妙な調整は、フィンの変更によって調整することがあります。

DM取得、がんばってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
細かいご指導ありがとうございます。

確かに、前回スチールでやってうまく行かなかったのですが、
アルミでやったときはもう少しうまくいった気がします。。

色々調整してみます。
ありがとうございます

お礼日時:2011/02/23 22:21

前の回答者様の補足説明をさせて頂きます。



水中でウエイトやタンクのバランスが取れて、ほぼ垂直の姿勢が取れた段階での練習法をご紹介します。

基本的にホバリングは呼吸のコントロールですから、いかに自分の呼吸を無意識でコントロールできるようになるかです。

先ずはスクーバセットを着けないでプールで練習する方法をご紹介します。

プールにあるビート板を1枚用意して、水中で腰掛けます。

慣れるまでは手でスカーリングをしてバランスを取ってもかまいません。

その状態で肺に息を一杯吸うと顎が水面から出て、息を吐くと目の辺りまで沈みます。

その状態の浮力が確認できたら、肺に一杯息を吸い込んでちょっと止めて下さい。

顎が水面上に出ていると思います。

浮いて上下動が無くなったら、普通に息を吐いて下さい。

そして身体が沈み始めたら、口を水面上に出して普通に息を吸います。

そして浮いたら息を吐きます。

これを繰り返します。

ここで呼吸と上下動のタイミングにずれがある事を感じて下さい。

慣性の法則があるので、息を吐くのと同時に沈むのではなく、また息を吸ったのと同時に浮くのではなく、吐いて暫くしてから沈み始め、吸っても暫く沈み続けてから浮き始める感覚が解ると思います。

その時間的なずれを利用して、息を吐いて沈み始めたら息を吸い、身体が浮き始めたら息を吐く、そしてできるだけ上下動をしないタイミングを覚えて下さい。

最初は速い呼吸でもかまいません。

水面でこの感覚が理解できたら、スクーバを装着して水中で練習してみましょう。

ダイビング専用のプールですと、タイルの継ぎ目など目標になるものがあるので、それを基準にプールで行った呼吸法を練習してみて下さい。

先ほどの呼吸と上下動のタイミングのずれがもっと良く解ると思います。

海の場合は潜行ロープに印を付けても良いかと思います。

最初は意識しないと動いてしまいますが、神経回路に自動化されれば何も考えなくてもほぼ一定の水深を保つ事ができるようになり、足を動かす必要は無くなりますよ。

慣れてくると、髪の毛や顔に生えている産毛の動きや鼓膜の圧力感で自分が上下動しているのか解るようになります。

多分、質問者様の場合後ろに引っ張られて、やや仰向けになりそうになるのを足を動かして垂直を保とうとされているのだと推察します。(圧倒的に多いです)

それは前の回答者様の回答のように、ウエイトの位置とタンクのバランスによって決まるので、身体の全面にウエイトが集中するように工夫して下さい。

2Kg玉のウエイトを使ったり、ウエイト用ベストを着用して胸側にウエイトをセットしたり、無ければBCDのポケットにウエイトを入れたり、ご自身の水中バランスを調整してみて下さい。

多分、DMのテストですから垂直状態でのホバリングであって、水平状態でのホバリングでは無いと思いますが、水平状態でのホバリングで足を動かさないためには、フロートタイプのフィンを使われるのも良いかもしれません。

ドライスーツならば少し足に空気を移動させると、アンクルウエイトの重さを打ち消す事ができますよ。

呼吸のタイミングと水中バランスで決まりますので試してみて下さい。

DM頑張って下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすいご説明ありがとうございます。

呼吸のタイミングですね。意識して練習してみます。

ありがとうございます

お礼日時:2011/02/23 22:57

>足を組もうとするとオシリから沈んでしまいます。



単純にオーバーウエイト、ってことだと思うんですが。多分、常時フィンキックしていることを前提にウエイトを付けているんではないかと。結構「無意識にフィンキックしていること」ってありますよ。

一度プールなど「ちゃんと安全が確保できる場所」で、フィンを外してホバリングしてみると、適正ウエイト量が分かって良いかと。意外にオーバーウエイトだった、ってことがありますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおそくなって申し訳ありません。

フィンを外して。。。
やってみます。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/02/23 21:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイブマスターのライセンスもってる利点(理由)?

現在アドバンスで今年、ダイマスまでを取ろうと考えています。プロになる気はないのですが、持ってる利点もしくは「必要ないよ。」等ご意見をお聞かせ下さい。自分の収得理由はセルフで潜りたいと考えたのですがみなさんはどう思われますか?かかった費用もよろしければ教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。 不要との意見が多く出ていますが、今はどのように考えていますか?
下記はOWに続き講習を含め10本程度で領収書代わりに簡単にAOW認定するからこんな扱いになったのでしょうね。 お客が付いてる間に講習も器材も押し込んでしまう店が良くないのです。
DMも同じ扱いになりつつありますし、イントラもこれにちかづいています。 あるボートポイントでは団体によってはそこのイントラにはボートを利用させないと休憩室に張り紙がしてありました。

>「えっ、アドバンスなのにセルフですか?」とメジャーなポイントでたまにいわれます。セルフは肩身がせまいのが実情でしょうか?

講習してもスキルはそれほど変わらないし、講習受けなくても今の時代はあふれる情報とファンダイブを通してスキルは身につきますから、受けるにしてもカードがほしいわけではないのならショップ、イントラを十分吟味した方が良いです。 実はかつて自由潜行ができないDMがいまして、本人はスキルがあると思ってそうですがそのショップの講習とツアーしか受けたことがなかったので分からなかったそうです。
ただし、自覚に目覚めDMにふさわしい行動をとるようになればそれは良い方向です。

#2です。 不要との意見が多く出ていますが、今はどのように考えていますか?
下記はOWに続き講習を含め10本程度で領収書代わりに簡単にAOW認定するからこんな扱いになったのでしょうね。 お客が付いてる間に講習も器材も押し込んでしまう店が良くないのです。
DMも同じ扱いになりつつありますし、イントラもこれにちかづいています。 あるボートポイントでは団体によってはそこのイントラにはボートを利用させないと休憩室に張り紙がしてありました。

>「えっ、アドバンスなのにセルフですか?」とメ...続きを読む

Qダイビング・・月(年)いくらくらい掛かってますか?

こんにちわ。週末を無為に過ごすことにそろそろウンザリしてきた男、28歳です。

以前、とあるダイビングショップにてCカードを取りました。ですがカードを取っただけの、いわゆるペーパーで終わってます。

ショップがやたらと機材の購入や次のステップに早く進むことを勧めたり、対応もなんかガサツに感じて嫌気がさして疎遠になってしまいました。要は客としてでなく、同好会のノリで接しようとするんで、なにか違和を感じたのです。

ですがダイビングそのものが嫌いになったわけではないし、お金もなんとかなるようにはまあ、なってきた…ような気がするので、最近また始めてみようかなぞと考えております。

普通にダイビングを趣味としていらっしゃる方にお聞きしたいのですが、ダイビングに月額(もしくは年額で)いくらぐらいお使いですか?どの位のペースで潜ってますか?その出費は、ダイバーとして平均額くらいだと思われますか?

最後に、ダイビング最高!!みたいな意見もお待ちしております。

よろしく願います。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は年間2~3回程度です。
だいたい1回が、3日間×3ボート(計9ボート)ですので、年間にすると18~27本程です。
ショップによって違いますが、3ボートが15000円とすると
1回(3日間)が45000円となります。
器材を持っていないとレンタルになるので、
これにレンタル料金を加算しなければいけませんが、
探せば器材無料レンタル店もありますよ。
平均額くらいか?と言われますと、
すくない方だと思います。
よく行かれる方は月1回行く人もいますし。
私もたくさん行きたいのですが、お金も休みも必要になるので、なかなか行けません。

私の場合は特に知り合いもなく、Cカードを取得した
ショップのツアーにはほとんど参加せずに、
リゾート地にあるショップですませます。
その方が安いですし、現地のインストラクターの方が
やはり詳しいと思います。
なぜリゾート地かというと、リゾートの方が綺麗という
至って単純な考えです。近くでもいい場所はあると思いますが。

器材ですが急いで買う必要はありません。
軽器材くらいなら買ってもいいと思いますが、
重器材となると高いですし、もっとダイビングを経験して
これからも続けたいって思われた時でOKだと思います☆
ショップで買うよりも、器材専門店の方が安いです。
参考までにURLを載せておきます。私も使っているお店です。

スキルアップも、自分がしたいって思われた時が
一番ベストだと思いますよ!
だいたいショップの人が勧めるのは、OWで20本程潜ったころ
がAOWに切り替えるのに一番いい時期だそうです。
確かに私も20本程潜って慣れてきた頃に、
もっと中性浮力とかうまくとれるようになりたいと思い
AOWへのスキルアップを考えました。

最後に海は本当にすばらしいです!
是非続けて頂きたいな~と思います☆

参考URL:http://www.openair.co.jp/

こんにちは。
私は年間2~3回程度です。
だいたい1回が、3日間×3ボート(計9ボート)ですので、年間にすると18~27本程です。
ショップによって違いますが、3ボートが15000円とすると
1回(3日間)が45000円となります。
器材を持っていないとレンタルになるので、
これにレンタル料金を加算しなければいけませんが、
探せば器材無料レンタル店もありますよ。
平均額くらいか?と言われますと、
すくない方だと思います。
よく行かれる方は月1回行く人もいますし。
私もたくさん行きたいのですが、お...続きを読む

Qドライスーツの下に着る物

GWに串本にアドバンスを取りに行こうと思っています。
まだ寒いと思うので、初めてドライで潜ります(ドライの講習も受けます)

ドライスーツの下に着るものですが、
ジャージ上下やスエット上下でいいのでしょうか?

また、スーツをレンタルする場合は、水が入ることがあるので水着を着た方がいいと聞きますが、
やはりそうなのでしょうか?

2泊3日ですが、ジャージやスエットの着替えは必要でしょうか?
汗をかくのか?とか全く分からないもので・・・。
下に着るTシャツなどの着替えくらいで大丈夫ですか?

とても恥ずかしい質問なのですが、スーツレンタルなどで下に水着を着たりしない人の場合、水着ではなく普通に下着をつけますよね?(因みに女性です)

すみませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ドライの服装についてのアドバイスで...

ウェットでもそうだったと思いますが,ドライでも1本目と2本目の間は脱いで待機するのが普通だと思います。

ですから,ドライの場合脱いだとき寒くない程度のインナーにしておくか,あるいは別に羽織るものを用意する必要があります。待機のことを考えると,そのへんをうろうろできる程度のたしなみあるインナーがあったほうがいいですよね(笑)。女性が下着だけだと,周りの人がちょっと困るかも。。。。

性能的に専用のインナーはとても良いです。が,全身タイツ的だったり下着然としていたりして,それだけでうろうろするのはちょっと恥ずかしかったりします。

わたし♂の場合,普通の下着+専用インナー+トレーナー(下)が基本です。トレーナーは,ウィンドブレーカーかサウナスーツのような薄地のポリエステルです(通気性はあり)。

綿製品はやめておきましょう。汗でも浸水でも,濡れるとどうしようもありません。マイクロフリースならまぁOKです。が,やはり薄手のものにした方がいいです。やはりエアを抱えてしまうのでウェイトが多くなります。また,足の吹き上げや潜行の難しさから,下半身にはフリースのようにエア含みの大きい生地はやめたほうがよいように思います。

ドライは1本目はまず寒くないです。寒さを感じ出すのは,1本目上がって風に吹かれてからです。スーツがぐっと冷え込み,2本目がきつく思えるときもあります。ですが,これからの時期ならよほどの悪天候でないかぎりそこまでの冷えを感じることはないでしょう。インナーのセッティングはこの2本目の冷え込みを考慮して行ったほうが良いですよ。でないと,2本目でインナーを着増すことになり,ウェイト調整がやっかいです。

わたしもこのシーズンからドライをはじめましたが,5,6回やってもインナーとウェイトの調整に悩んでいます。一発正解というのはきっとないと思いますが,以上が参考になればと思います。

ドライの服装についてのアドバイスで...

ウェットでもそうだったと思いますが,ドライでも1本目と2本目の間は脱いで待機するのが普通だと思います。

ですから,ドライの場合脱いだとき寒くない程度のインナーにしておくか,あるいは別に羽織るものを用意する必要があります。待機のことを考えると,そのへんをうろうろできる程度のたしなみあるインナーがあったほうがいいですよね(笑)。女性が下着だけだと,周りの人がちょっと困るかも。。。。

性能的に専用のインナーはとても良いです。が,全...続きを読む

Qダイビング器材購入の必要性とタイミング、海外へは器材持っていく?

3月にOWを取得し、その後4月に3日ほどで計13本潜った初心者です。(OW取得の際にも質問させていただきました。その際に回答いただいた皆さん、ありがとうございました。)

今後、ずっと続けていきたいという強い思いはありますが、いかんせんお金がないので器材購入等を迷っております。
ショップの方にも相談したのですが、利害関係のない方々からのご意見をお伺いしたいと思います。

<条件>
・趣味として一生続けたい。
・当面、潜りに行けるのは年数回、10~15本程度と予想
・購入するのであれば、軽器材、ウェット、重器材と徐々に揃えていきたい。

<質問>
(1)このような条件で、器材、ウェット等は購入とレンタルどちらがよいと思われますか?
(2)例えば、全部あるいは一部を揃えた場合、海外で潜る機会があれば、どこまで器材類を持っていかれますか?
 *一週間海外に行くとしたら、通常の荷物+器材だと相当な荷物になると思うのですが、皆さん持っていかれるのでしょうか。
(3)揃える順番としては、軽器材、ウェット、重器材というのが効率的ですか?
(4)器材、ウェットのうち、これは安くても大丈夫、これは高くてもしっかりしたのを購入した方がよい等ありましたらアドバイスお願いします。

一部でも、またその他の事でも結構ですので色々と教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

3月にOWを取得し、その後4月に3日ほどで計13本潜った初心者です。(OW取得の際にも質問させていただきました。その際に回答いただいた皆さん、ありがとうございました。)

今後、ずっと続けていきたいという強い思いはありますが、いかんせんお金がないので器材購入等を迷っております。
ショップの方にも相談したのですが、利害関係のない方々からのご意見をお伺いしたいと思います。

<条件>
・趣味として一生続けたい。
・当面、潜りに行けるのは年数回、10~15本程度と予想
・購入するのであれば、軽...続きを読む

Aベストアンサー

happy_hillsさん、OW取って一年未満のものです。お悩みとのこと、よくわかります!私自身、非常に迷ってたくさんの人と話したり、自身で色々経験しましたので、以下ご参考になれば幸いです!

まず、条件に、以下を加えて考慮してください。
A) 他人の咥えたレギュレータや、他人がお小水したことがあるかもしれないウェットスーツへの抵抗はあるか。
B) BCはレンタルだとボタン位置など毎回違うことになるが、機械モノに強くて、すぐ対処できるほうか
C) 脚力は強いか
D) 寒がりか
E) 体型は普通体型か

以下、質問へのご回答です
1) Eで、極端な太りすぎ・痩せすぎの場合はレンタルがないことが多いので、選択の余地なくBCとウェットは購入になります。
Aで気になる場合はレギュやウェットは購入がお勧め。また、DがYESで伊豆等で潜る予定がある場合はウェットの購入(できればオーダーで)またはフードベスト等のウェットの下に着るものの購入がお勧めです。
また、Bで対処し辛いなら、BCは持っていたほうがいいかもしれません。私は一度、レンタルが不良品で、水面まで吹き上げられました(こういう場合は即座に排気ボタンを押せば対処できますが知りませんでした)。レギュで呼吸してたら、海水がやや混入、ということもありました。レンタルである以上、不具合や不慣れによる不便さは多少あるし、事前にきちんとチェックしてやろうとか、不具合が潜水中にあっても対処してやろうという意気込み?は必要です。わたしは良い具合に鈍感なので、レギュでもしょっぱいな~ぐらいで終わりでしたが。

2) 私は結局器材全て揃えました。力持ちだし、もう買ってしまったので倹約のためもあり全部持って行っています。但し、器材を揃える際に軽量化にこだわりました。器材によって重さはかなり違います。また、余分な荷物は一切持って行きません。南の島なら服などはごく少量になりますので、トータルすれば重量制限内で収まります。

3) 欲しいもの・必要なものから揃えればよいと思います。
いわゆる軽器材・重器材などは、一緒に買うと値引きがあることがよくあります。
例えば計器材と言ってもスノーケルは使わない人も多いですし、マスクも度付きが絶対よい、とかでなければレンタルでもよいでしょう。CでNOの場合は、自分の足に合った弱い力でも使えるフィンを持つといいかもしれません。
お勧めの方法は、何度かレンタルで潜ってみて、必要を痛感し始めたら、購入を検討するという方法です。

4) ダイビング器材の秘密をお教えしましょう♪
安いからといって、機能しないまたはすぐに壊れるものはめったにありません。
理由は、壊れると人命に関わるため、メーカが訴訟などのリスクを避けるためにも、安く出すからといって簡単にすぐ壊れるものは作らないのです。レギュなどは一番安いやつだと30m以上の深場に行ってオクトパスと両方で思いっきり吸ったときにやや出が悪くなるとかあるかもしれませんが、その程度です。出なくなることはありません。これが、他の一般商品と違うところですね。というわけで安心して選んでください。
あとは、価格は品質です。BCの価格差はたいてい布の厚さ(=耐久性)やポケット・Dリングの多さです。
ウェットは、オーダーか既製品かで値段がかなり違いますが、もちろんオーダーのほうがフィット感があり寒くないですがこれも寒がり出なければ関係ありません。


私自身は、全体的に鈍感で、レンタルでも充分間に合いました。
ただ、かなりの本数をレンタルの高い伊豆などで潜ったので、買ったほうがどう考えても安い、となり購入に至りました。
でも荷物は増えて移動はタイヘンになるし、手入れもあるし、必ずしもお勧めではありません。
BCやレギュなどは、毎年点検に出さねばならず、それぞれ1万以上の経費もかかります。
特に海外リゾートではレンタルが安い(1日フルレンタルで500円とかタダとか)ところが結構あります。
業界の人や、お金持ちの先輩ダイバーさんはMY器材のほうが絶対いいよ!とすすめてくるとは思いますが、器材購入でお金をつかって潜れなくなるより、少しでも多く潜れたほうがいいかなぁと思いますよ。

長文、失礼しました!

happy_hillsさん、OW取って一年未満のものです。お悩みとのこと、よくわかります!私自身、非常に迷ってたくさんの人と話したり、自身で色々経験しましたので、以下ご参考になれば幸いです!

まず、条件に、以下を加えて考慮してください。
A) 他人の咥えたレギュレータや、他人がお小水したことがあるかもしれないウェットスーツへの抵抗はあるか。
B) BCはレンタルだとボタン位置など毎回違うことになるが、機械モノに強くて、すぐ対処できるほうか
C) 脚力は強いか
D) 寒がりか
E) 体型は普通体型か

...続きを読む

Qフルフットフィンのサイズ選び(MかL)アドバイスを

フルフットフィンのサイズ選び(MかLか)で悩んでいます。

GULLのフルフットフィン「スーパーミュー」を購入しようと思っています。
「ぴったり目(キツめ)のMサイズ」がいいのか、「余裕のあるLサイズ」がいいのか、知識がないため悩んでいます。
実際に試着もしたのですが、どうしてもサイズが決められないので、フルフットフィン愛用者の方や、ご経験者の方からのアドバイスをいただきたく質問させていただきました。

★着用条件 : フィン用のブーツやソックスは履かず、あくまでも「素足」で着用するつもりです。
★当方データ : 男性で、通常の靴(スニーカーや革靴など)のサイズはだいたい26.5~27.0cmです。

実際に店頭で「素足」で「スーパーミュー」を着用した結果を報告します…。

■Mサイズ
・かかと部分に1本分の指も入らないほどぴったりでした。
・キツめではありますが、本当にピタッとした感じです。
・かかとを地面につけて前後左右にフィンをスイングしてみると、足とフィンがくっついているようにピッタリです。
・ピッタリすぎるためか、「SUPER MEW」というロゴの下(ポケット先端)からは指先がかなり飛び出します(そのためか足に対して、かなりフィンが小さいような視覚的な錯覚がします)。
・それを見たショップスタッフの方からも「Mサイズだと見た目がかなりキツそうに見える」と言われました。

■Lサイズ
・かかと部分に1本半程度の指が入る余裕があります。
・かかとを地面につけて前後左右にスイングしてみると、ポケットの中でかなり足が動く感じでした。
・足の甲部分とポケット上部にも隙間がある感じです。
・「SUPER MEW」というロゴの下(ポケット先端)からは指先が少し見える程度でした。
・ちなみに「フィンソックス」を履いてみたら「ほぼピッタリ」な感覚でした。

※「フィンサポート」という「フルフットフィン」を固定する(?)パーツもあるようですが、みなさんこういったものも併用されているのでしょうか?

「ぴったり(ややキツめ)目」のMサイズか、「少しゆるめ」のLサイズか。
実際に水中で使用する場合、一般的にはどちらが良いのでしょうか?
いただいたアドバイスを参考にして、フィンを購入したいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

フルフットフィンのサイズ選び(MかLか)で悩んでいます。

GULLのフルフットフィン「スーパーミュー」を購入しようと思っています。
「ぴったり目(キツめ)のMサイズ」がいいのか、「余裕のあるLサイズ」がいいのか、知識がないため悩んでいます。
実際に試着もしたのですが、どうしてもサイズが決められないので、フルフットフィン愛用者の方や、ご経験者の方からのアドバイスをいただきたく質問させていただきました。

★着用条件 : フィン用のブーツやソックスは履かず、あくまでも「素足」で着用するつもり...続きを読む

Aベストアンサー

わたしはワープフィンを3mmのミューブーツ着用で使用していますが、多分質問者さんがMサイズを試着した時と同じくらいのフィット感だと思います。

念のためさっき履いてみましたが、かかとに指が入る余裕は全くありませんでした。試着した時はきつめでも水中では当然ポケットの中に水が入りますから、それが潤滑剤になってやや緩めな感触になると思います。Lサイズを試着した感じでは水中に入ったら本当にブカブカになるし、キックしても力が逃げてしまって足が疲れるだけだと思います。わたしの場合、ポケットの中で足が滑る感触が嫌いなので、薄手の綿ソックスを履いてからミューブーツを履いています。そうすると足が滑らずキックした時に確実にフィンに力が伝わります。

質問者さんは「あくまでも素足で着用するつもり」とのことですので、その前提であればMを薦めますが、個人的にはLにしてミューブーツ着用の方が、フィット感の微調整も出来るし保温や怪我防止の点でもメリットが大きいと思います。

Qダイビング器材の保管方法

今年ダイビングを始めたのですが、冬季にはいるため半年ほどダイビングをお休みします。その間レギュレーターやBC、その他軽器材はどのように保管しておくのがベストでしょうか?

Aベストアンサー

半年程度ならば、余り神経質に保管する必要はありませんが基本は
1)塩抜きをしっかり行う。
2)陰干しなどで良く乾かす。
3)冬場の乾燥によるヒビ割れや錆つきに注意をするなどです。

ウェットスーツ:
基本は吊るしがけですが、足は下につけておくと良いです。( ウェットの加重が肩にかかり肩口のラバーが変形する事を防ぐためです。)
ラバー面がある場合は、シリコンパウダなどを塗って置くとラバーの劣化(乾燥のヒビ割れ)を防ぐ事ができます。

レギュレータ:流入調節(ダイヤグラム)は開放にして置くと器材に負担が掛からなくなります。

BCD:スペースが許せば、フロートは空気を入れ膨らました状態にしておく事で型崩れしにくくなります。
ベルクロやバックルは開放状態にして置きます。タンクベルトは乾かしすぎるととき硬くなりすぎ次回使う時にタンクとフィットしにくくなる事があります。たまに揉み解すなどして適度な柔らかさを維持するとベストです。

フィン、スノーケル:プラッスチック、ラバー製品などの軽器材やアクセサリなどはケミカル剤でよく拭き取る事でヒビ割れを防げますが、マスクのガラス面に付着すると曇りの原因になりますので注意してください。
フロートなどは特に中側を乾かした後で畳む事でパリパリとくっついてしまう事を防げます。
アクセサリについている金具類によっては錆るものもありますので充分に水気を取りケミカル剤を充填しておくと良いです。

注意点ですが、ケミカル剤はO(オー)リングを使用しているところには使用しない方が良いです(例えばレギュレータの1st,2ndステージなど)。
これはケミカル剤がOリングのグリスを溶かし出してしまう恐れがあるからです。
Oリングは部位によって異なるグリスが使用されています。一般部位に使用されるグリスと、空気の流入途中などグリス成分が体内に入る可能性のある部分に使用されるものがあります。
Oリングのグリス交換をする場合は古いグリスを良くふき取った後、それぞれに応じたグリスを塗る事でOリングの劣化を防げます。

そしてシーズン前に特にレギュレータなどはしっかり点検をしてから使用するようにすれば、一生ものとして使う事ができます。
大切に使ってください。^^

半年程度ならば、余り神経質に保管する必要はありませんが基本は
1)塩抜きをしっかり行う。
2)陰干しなどで良く乾かす。
3)冬場の乾燥によるヒビ割れや錆つきに注意をするなどです。

ウェットスーツ:
基本は吊るしがけですが、足は下につけておくと良いです。( ウェットの加重が肩にかかり肩口のラバーが変形する事を防ぐためです。)
ラバー面がある場合は、シリコンパウダなどを塗って置くとラバーの劣化(乾燥のヒビ割れ)を防ぐ事ができます。

レギュレータ:流入調節(ダイヤグラム)は...続きを読む

Qスキューバダイビングの機材購入は必須ですか?

スキューバダイビングの機材購入(合計70万越え)をする,しないで非常に悩んでいます。
文面長くなりますが、経験者の方のご意見をぜひお聞かせください。

先日、ネットでCカード取得コースが2万以下のショップを見つけました。
10月に海外で体験ダイブをやってみようと考えていたところだったので、その値段でCカードが取得できるなら今のうちにと思い、興味本位で話しを聞きにショップまで出かけ、申込み。
説明では、Cカード取得後は機材購入コースとレンタルコースとをどちらか選択してくださいと店員さんに言われました。

学科まで終わらせ、後は8月上旬の海洋実習だけとなったのですが、ショップの人から機材の購入を強く勧められました。
合計金額は70万超え!!(36回払い)
自分に合った機材を使った方が断然イイとか、女性はウェットスーツが合わないと不快でストレスを感じるとか、次のステップに進んでもらうためには機材を購入した方が意識も向きやすいなどなど、あーだこーだ言われ、でも決断が付かずに海洋実習まで回答を待ってもらうことにしました。
(まずは実際潜ってみないと分からないですし。。。)

自分としては、Cカードを取得後は機材はレンタルでチャレンジしようと思っていたのですが、その場合レンタル料に保険やボート代などを加算すると、1回のダイブで4~5万かかってしまうとショップの方に言われました。(この値段はホント!?)
Cカード取得しても、実際仕事が忙しくて頻繁には海には行けないですし、このご時勢、正社員といえど今後の給料にかなり不安があります。

お聞きしたいことは、本当に自分に合った機材を購入しなければいけないのか?
70万越えって値段は適切なのか?
機材購入したけど、クローゼットに眠らせている方いらっしゃいますか?

ちなみに、70万越えの内訳は以下のとおりです。
・オリジナルドライスーツセット :24万
・オリジナルウェットスーツ    :7万
・BC,レギュレータ(TUSAセット):33万
・マスク,フィンなど軽機材    :6万
・コンピュータ           :10万
・セット割引           :-7万

その他特典として、
・OWへのステップ講習費(およそ1万6千円)が無料。でも申請費6千円は別途必要
・他、5スペシャル講習費(およそ@1万6千円)が無料(ドライ,DC講習など)。でも各申請費@4千円は  別途必要。
・ツアー代18万円分は無料(@5千円分のチケット×36枚)。1回のツアー代は1万5千円~2万5千円程 度で、場所によっては更に高くなる)
★などなど他若干のサービスが付いて、およそ33万円分を特典として付けるとのこと★

スキューバダイビングの機材購入(合計70万越え)をする,しないで非常に悩んでいます。
文面長くなりますが、経験者の方のご意見をぜひお聞かせください。

先日、ネットでCカード取得コースが2万以下のショップを見つけました。
10月に海外で体験ダイブをやってみようと考えていたところだったので、その値段でCカードが取得できるなら今のうちにと思い、興味本位で話しを聞きにショップまで出かけ、申込み。
説明では、Cカード取得後は機材購入コースとレンタルコースとをどちらか選択してくださいと店員さんに言...続きを読む

Aベストアンサー

ダイバー歴は10年以上ですが、ブランクなどがあり本数は少ないダイバーです。

結論から申し上げます。残念なショップに引っかかってしまわれたのは確定です・・・。

ライセンス料金は、どう軽く見積もっても、正規価格は5~6万円かかります。それが2万円台・・・。どこかで埋め合わせしないといけないのは自明の理です。それが器材販売という「打ち出の小槌」なのです。
70万相当の内容を見てみましたが、まず、ドライはどう考えても要りません。なんとなれば、初心者の時点で「冬場も潜ろう」などという猛者はなかなかいません。
重器材もTUSA製であれば、20程度でかなりのレベルの商品が手に入ります。ネットで、ダイビング器材販売をしているところで見てみればわかります。

だいたい、質問者様がダイビングにはまろうが、いやになろうが、器材を「売りつけた」店は、その後の器材の運命など知ったことではありません。売り上げれば利益が、自分たちの給料が出るのですから、執拗に勧めるのは当然です。又、レンタルコースもかなりの暴利であることは、現地ショップのレンタル代などを勘案しても明白です。
サービスが付いているからという部分で逡巡されているかもしれませんが、店側が離さないでおこうとしている懐柔策でもあることに気付かないといけません。突き詰めたいと思っている人なら渡りに船かもしれませんが、そこまで「おまけ」できるのは、もともとの販売価格で十分に利益を生んでいるからです。

対処法としては、すでにカード所得に動いておられていて、若干の手付け等も打っておられるのであれば、レンタルコースでとりあえずのCカードをゲット。その後、連絡を断ち切り、誘いに乗らないことです。
もっと大胆に行くのならば、今の時点で、所得をあきらめたといってしまい、別のショップを探す、という手法です。深みにはまってしまうと、そういうショップは抜け出しにくくなりますので、どのタイミングでもいいので縁を切ることをお勧めします。

もし別のショップをお考えなら、現地サービスを選ばれるほうがいいです。というのは、そもそもこじんまりとした経営で、多額の利益を生む必要がない、つまり、客数がそこそこあれば成り立つので、器材販売に傾注しなくてもやっていけるのです。当然、押し売りまがいの器材売りはほぼされないでしょう。いわれたとしても軽器材+ウエット程度。体験から入っていって、カード所得後の向き不向きもわかるので、いろいろな意味でお得です。

ダイバー歴は10年以上ですが、ブランクなどがあり本数は少ないダイバーです。

結論から申し上げます。残念なショップに引っかかってしまわれたのは確定です・・・。

ライセンス料金は、どう軽く見積もっても、正規価格は5~6万円かかります。それが2万円台・・・。どこかで埋め合わせしないといけないのは自明の理です。それが器材販売という「打ち出の小槌」なのです。
70万相当の内容を見てみましたが、まず、ドライはどう考えても要りません。なんとなれば、初心者の時点で「冬場も潜ろう」などという...続きを読む

Qダイビングの呼吸法について

体験ダイビングを2本体験しただけの超ド初心者です。
まだ海底の景色を楽しむ余裕はまったくありません。呼吸がとにかく苦しいです。
まったく潜れないわけではないのですが、リズムに乗るまで時間がかかりすぎて…。

例の呼吸法「大きく吸って、大きく吐く」を実践すると、肺がパンパンに張っているのが分かります。
これが吸いすぎなのか、吐きすぎなのか、吐き足らずなのか全然わかりません???
インストラクターさんに聞ければいいのですが、初心者向けのコースでは色々忙しそうで、
話しかける暇がありません…。

そこでダイビング経験者の方にお聞きしたいのですが、
初心者の頃はどのような呼吸法を意識されていたのでしょうか?
また、経験を積んでいく上で分かったコツなどありましたらご享受願います。

Aベストアンサー

当方、80本越えのダイバーです。

>肺がパンパンに張っているのが分かります。
というような呼吸状況に陥った事はありません。それは「吐けていない」ということの裏返しでもあります。
ちなみに当方は、プールでの水泳の際には、息継ぎができない(水面から顔を上げられない)という致命的な欠点を持っているため、ダイビングを始めるときにはいろいろ不安でしたが、「なあんだ、普通に呼吸しているだけでいいんだ」とすぐに気付きました。

それと、呼吸のサイクルには注意をしておくといいかもしれません。大きく、というよりは、「ゆっくり吸って、ゆっくり吐く」という方が正しいと思います。おそらくですが、大きく~~を実践するととんでもなくエアの消費量が上がってしまうと考えます。

所詮は体験であり、しっかりとしたレクチャーを受けて行ったわけではないので、今の自分を責めたりする必要はありません。ただ、文面から察するに、「ダイビングを趣味として取り組んでみたい」ということが伺えます。体験そのものをどこで行ったのかは知りませんが、しっかりとした講習を経て、ダイバーとしてデビューし、経験をつんでいけば、いいだけの話です。
一桁時代はさすがに忘れましたが、なんとなく「潜れてるな」を実感できたのは20本を過ぎたあたりです。個人差はあるにせよ、今の段階で何のトラブルもない、順風満帆な人など、ほとんどいないと思います。
そういう意味では「克服すべき課題がある」質問者様は、今後もしこの道を行こうとするならば、いいテーマがあるという風にも解釈できます。臆せず、トライしてみてください。

当方、80本越えのダイバーです。

>肺がパンパンに張っているのが分かります。
というような呼吸状況に陥った事はありません。それは「吐けていない」ということの裏返しでもあります。
ちなみに当方は、プールでの水泳の際には、息継ぎができない(水面から顔を上げられない)という致命的な欠点を持っているため、ダイビングを始めるときにはいろいろ不安でしたが、「なあんだ、普通に呼吸しているだけでいいんだ」とすぐに気付きました。

それと、呼吸のサイクルには注意をしておくといいかもしれません。大き...続きを読む

Q沖縄1泊2日でダイビングをするのは無謀ですか?

昨年ダイビングを始めたらすっかり魅力にとりつかれてしまいました。特に11月に2泊3日で行った慶良間が忘れられません。もっぱら伊豆の週末ダイバーの私にとってはカルチャーショックに似たものを感じました。
沖縄にまた行きたいのですが、休みがなかなかとれません。そこで1泊2日で土曜日の早朝、羽田を出て、その日ダイビングをして次の日は街中をちょっとぶらぶらして帰るなんてことをしたいのですが、これはそもそも非現実的なのでしょうか?そうするとなるとツアーもないので(?)自分でチケットをとってという形になるのでしょうが、こういうことをする人っているのでしょうか?アドバイスください。

Aベストアンサー

絶対無理じゃないですが、いろいろと工夫しないと難しいですね。

まず初日。朝いちばんの飛行機で沖縄入りしたとして、ダイビングショップの集合時間に間に合うかが問題です。午後から合流して2本潜らせてくれる体制が整っているショップを利用するならOKじゃないでしょうか?

次は帰りの日。夕方まで潜ってそのまま帰るのは、やめましょう。ダイビングより体が大事です。それはいけませんね。とか言いながら、午前中に潜って夜の便で帰ったことはありますが。

私がよくいく宮古島は、東京発の直行便が朝はや~~くにあるんですね。だからそれで宮古入りするお客さんが多くいらっしゃるので、ショップ側に受け入れ態勢ができてます。だから私も、行った当日、昼から2本潜ります。でも那覇に行くときに利用するショップじゃ、それはムリですね。朝、船が出たら夕方まで戻らないので途中合流できないですから。

金曜日の夜に最終便に乗って・・・だったら、ラクなんですけど、お仕事の関係でムリですか?

チケットは、個人でも手配できますから大丈夫。時期さえよければ結構安く手に入るときもあります。

絶対無理じゃないですが、いろいろと工夫しないと難しいですね。

まず初日。朝いちばんの飛行機で沖縄入りしたとして、ダイビングショップの集合時間に間に合うかが問題です。午後から合流して2本潜らせてくれる体制が整っているショップを利用するならOKじゃないでしょうか?

次は帰りの日。夕方まで潜ってそのまま帰るのは、やめましょう。ダイビングより体が大事です。それはいけませんね。とか言いながら、午前中に潜って夜の便で帰ったことはありますが。

私がよくいく宮古島は、東京発の直行便が朝...続きを読む

Q片方の耳だけ、うまく耳抜きできません。

口を閉じ、鼻をつまんで「フン~」とやるのですが、片方の耳は「トパトパ」と、耳抜きできているのですが、もう片方が、うんとも寸ともいいません。うまいやり方、ご存知な方、教えてください。

Aベストアンサー

(1)ガムなどをかんであごの筋肉をほぐす。
(2)あくびをする時のあごの動きを真似てみる。
(3)抜けにくいほうの耳を上に、首を傾けるようにしてやってみる。
出来れば複合技で試してください。


人気Q&Aランキング