こんにちは。日本で、間違えて死刑判決を言い渡されて、亡くなってしまい、後から無実が証明されたことは、今までにあるのでしょうか?また、死刑執行直前に無実だということが明らかになったことはあるのでしょうか?日本に限らず、もし他の国のこともご存知でしたら、是非お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

戦前の日本ではずいぶんあったのではないでしょうか。

たとえば,1910年の大逆事件(明治天皇の暗殺を企てたとされた事件)では26人検挙,全員有罪,うち12人が死刑となっていますが,無関係な人物もかなり含まれていたそうです(高校の時の日本史の教科書による)。
戦後は…どうなのでしょうか。帝銀事件の平沢貞道氏は,裁判の手続きの上では最終的に死刑判決が撤回されていませんので,死刑囚のまま(執行されずに)病死したということになります。無実かどうかは現在も係争中です。
また,いったん死刑が確定したものの,後に再審で無罪が確定したケースは,免田事件(免田栄氏)など,全部で確か4件あったと思います。

海外で有名なものとしては,サッコ・ヴァンゼッティ事件をあげておきます。
「Sacco-Vanzetti case:1920年代の米国における保守反動主義の時代を象徴する裁判事件;ともにイタリア生まれの無政府主義者Nicola Sacco(1888-1927)とBartolomeo Vanzetti(1888-1927)がMassachusetts州で発生した強盗殺人事件(1920)の冤罪で処刑された(1920)が,のちに汚名をすすがれることになった。」(リーダーズ英和中辞典より)
というものです。
背景に,当時の保守反動主義に加えて,ナショナリズムの台頭,移民に対する差別感情もあったといわれています。
公式に無罪が確定したのは,50年後の1977年だそうです。
イタリア映画「死刑台のメロディー」はこの事件を描いたものです。(「死刑台のエレベータ」は別のフランス映画)

ミシガン州立大学のサイトに詳細なページがあります(下記URL参照)。
またYahoo!のリンク集もあります(http://dir.yahoo.com/Government/Law/Cases/Common …)。
いずれも英文ですが,よろしかったらご覧ください。

参考URL:http://www.msu.edu/course/mc/112/1920s/Sacco-Van …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

LINK MADE, GOTEINEI NI OSHIETE ITADAKI, ARIGATOU GOZAI MASHITA =)

お礼日時:2001/04/20 04:23

 日本では公的に確認されたものはありませんが、その疑いのありそうだといわれているものはあるようです。


下記のサイトに具体的事件名が載っています。

参考URL:http://members.tripod.co.jp/stone2/index.shikeim …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご協力、誠に ありがとうございました=)

お礼日時:2001/04/21 11:15

 あまり自信がないのですが、他に回答者がいらっしゃらないようなので、知識内で(間違ってたらゴメンなさい・・・)回答させていただきます。



 死刑判決の後、死刑執行後に無罪が証明された事件は、日本においては存在しません。イギリスでは死刑執行後に無罪が証明されたケースがありますが、日本ではそれがないために死刑存置論が有力だとも言われています。

 死刑判決後、死刑執行前に獄中死して、その後無罪が証明された事件も日本では存在しません(無期刑で獄中死した後、再審で無罪となったケースはあります)。死刑判決後、存命中に再審で無罪が決定した事件として、免田・財田川・松山・島田の4事件が有名です。死刑の執行は不定期なので、直前かどうかは判断できません(再審請求中は死刑の執行は行われません)。

 もちろん、これは公式記録であり、実際は冤罪のまま死刑の執行になってしまった事件がないとは言えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ARIGATOU GOZAI MASHITA (IMA,NIHONGO GA TYPE DEKI NAINODE, ROMA-JI DE SUIMASEN) SANKOU NI SASETE ITADAKIMASU. =)

お礼日時:2001/04/20 04:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冤罪で死刑になったら誰が責任をとるのですか?

死刑廃止に賛成です。冤罪で死刑になったら誰が責任を取るのでしょうか?死刑執行後に「間違っていました。すいません。」ではすまされないでしょう。日本国民の多くが死刑制度を支持しているのが信じられません。多分、質問の仕方が悪いのでしょう。もしも、自分が冤罪で死刑にされる危険があっても死刑に賛成するかと聞けば、多くの人は死刑に反対するのではないでしょうか?もし、それでも死刑制度を維持したいのならば、冤罪が判明した場合、取り調べた刑事、検察官、裁判官等の関係者も死刑にする法案が必要だと思います。人の命の重さを考えて欲しい。最高刑を終身刑とすれば、冤罪が判明しても何らかの補償は出来ます。死者には出来ません。皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

前のご回答者さんの言われるように「それが正当な手続を経て有罪判決が確定した場合」には、誰も責任を負いません。せいぜい補償金が家族に支払われる程度でしょう。
ここに飯塚事件というのがあります。久間三千年さんという死刑囚が犯人とされ死刑が確定、2008年10月に執行されています。これは冤罪の可能性が極めて高いといわれており、そのため2009年10月に執行後にもかかわらず家族から再審請求が出されています。事件の内容、裁判における問題点は長くなるので省きますがこれなどは、はたして本当に「正当な手続を経て有罪判決が確定した」と言えるのか疑問を持たざるをえません。つまり「久間さんは冤罪の可能性が非常に高いのに死刑を執行された」のではなく「冤罪の可能性が極めて高いから執行された」とさえいわれています。これなどは司法責任者が自分たちの保身のために、出世のために死刑制度を利用した犯罪ではなかったでしょうか。
国家がどのような方法で受刑者を殺害しようとも死刑は絶対に許されない究極の人権侵害であり残酷な非人間的行為です。死刑はこのような残酷性や人としての尊厳の問題だけでなく、飯塚事件にみられるように冤罪や裁判官による量刑の差など、執行してしまったら取り返しのつかない重大な問題も含んでいます。
冤罪は決して避けて通ることのできない問題です。したがって冤罪の問題一つをとりあげたとしても死刑はあってはならないと考えます。
死刑賛成論者でさえ冤罪の問題には危惧しています。なぜなら世の中に「絶対間違いがない」などということはありません。人間はどこかで過ちを犯すものでその誤りが「取り返しのつかない誤り」になりうるのが冤罪であり死刑制度です。
人の命を尊重しいかなる理由があろうとも人の命を奪ってはならないことは、人類共通の倫理です。死刑は個人を永久に沈黙させることにより、都合の悪い真実を覆い隠す手段として利用されたり、社会的に「厄介な」個人を抹殺する手段とされてきたことは事実です。
死刑が合法的な刑罰として容認されている限り政治的に悪用される危険性が高く、冤罪を生む原因の一つになっていることも確かです。
「死刑という殺人はその国家がいまだ未熟であることを証明していることである。
死刑は国家がその国民に対して保障した基本的人権をみずから破棄するものである。殺人を犯す側に多少なりとも心の痛みや呵責が伴ううちは、まだ人間として、人として機能している。もし心の痛みや呵責がなく殺人を犯す人間がいたらそれは精神異常者である。精神異常者でなく、心の痛みや呵責が伴わず殺す側に立てるのは、死刑制度と戦争の二つしかない。」
これは、ある住職さんの講演を紹介した記事から引用させていただいたものですが
死刑制度は、国でさえも人殺しをするという人命軽視の風潮に拍車をかけるものであり、それが殺人をなんとも思わない世の中を作っていくのです。
死刑制度は凶悪犯罪の抑止力となるどころか、むしろそれを高める要因になっていると言わざるを得ません。
死刑をただちに廃止して終身刑を設置することを望む一人です。

前のご回答者さんの言われるように「それが正当な手続を経て有罪判決が確定した場合」には、誰も責任を負いません。せいぜい補償金が家族に支払われる程度でしょう。
ここに飯塚事件というのがあります。久間三千年さんという死刑囚が犯人とされ死刑が確定、2008年10月に執行されています。これは冤罪の可能性が極めて高いといわれており、そのため2009年10月に執行後にもかかわらず家族から再審請求が出されています。事件の内容、裁判における問題点は長くなるので省きますがこれなどは、はたして本当に「正当な...続きを読む


人気Q&Aランキング