古いノートPCにおすすめのlinuxディストリビューションを教えてください!

 CPU Pentium M 725 1.6GHz
 メモリ 512MB

使用目的は,インターネットやデジカメデータやCDの取り込み,再生が主です.

スペック的に今流行りのubuntuは厳しいかなと思いました.
red hatは2年程使っていたので少し知識はあると思います.



よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

実用の可否は、行なう作業にもよるんじゃないかな。



LinuxでのGUI環境の重い軽いの格差は非常に大きいものですが…
実用性を妨げるのは、OSだけでなくコンテンツの重さでもあります。

CUIじゃないと重いというのは、500MHz程度の
WindowsXPでは挑むこともできないような環境での話です。
もっとも技術的には、600MHzのARMで動くAndroid携帯のように
Linuxカーネルで軽量のGUIを利用する方法は多様です。
まぁAndroidやMeeGoをノートPCに入れるのはオススメできませんが。


挙げられている使用目的の中では、インターネット利用での高画素動画
GyaOに代表されるようなDRMを伴う動画配信などの利用が無理です。
前者はFLASHによる動画再生が重いのも一因で
後者は技術的にLinuxでは対応できないのです。

ニコニコ動画やYouTubeでの480p程度は問題ないはずです。
でも、Windows専用やWin/Mac限定のコンテンツはままあります。


またデジカメの動画機能もHD画質が一般化した現在では
これをまともに扱えない場合があります。
Jpegでの写真データは普通に扱えますが
デジタル一眼レフなどのRAW現像などにも対応できません。


うちは、725(Dothanコア)より若干劣る
BaniasコアのPentiumM/1.4GHzのX31を持っていますが
内蔵無線LANの速度は不満ですが…実用の範囲だとは思っています。

ただ、重い処理には別に2GHzのコアを6つくらい動かしているので
X31は外出時のネット端末専用としての実用性があるという認識です。
また、XPのSP無しやSP3との比較は知りません。Windows使いませんし。

持ち歩き時の衝撃を考慮して、安いSSDに換装してありますけど
HDDのままでも、そう遅いとは思っていません。
(ちなみにsudo hdparm -t /dev/sdaの数字で72MB/sec程度)


肝心の利用しているディストリビューションは
軽量のデスクトップ環境として知られるLXDEを用いたLubuntu相当。
実際にはUbuntu10.04LTSを導入し、lubuntu-desktopを追加した構成。

電源投入から10秒でGRUBメニューが出て
その15秒後にはログインメニューが出て…
電源投入から30秒でデスクトップが表示されます。

Chrome相当のchromium-browserを使い、通信速度さえ充分なら
とりたてて問題は無いと思います。


Puppyや、他のLXDE採用のディストリビューションのほうが
Lubuntuより軽いという話はありますが…
この程度のCPUがあれば、問題はOSの重い軽いだけでなく
アプリケーションやコンテンツの重さがより大きな問題となります。

Firefoxが重いという声にも納得はいきます。
でも、これはOSをPuppyにしても画期的な改善は期待できないのです。

Puppyはメモリー消費を抑えるとともに
より軽量なソフトを組み合わせていますが
これにOpenOffice.orgなどを動かしてみると
メモリー不足は緩和されても
大幅に軽くなったりはしないのです。


ですから、1.6GHzあるなら、Puppyを積極的に奨めたいとは思いません。
Ubuntuでは重いでしょうが情報量を考えれば悪くはありません。
通常はLXDE環境にしておいて、必要に応じてGNOMEにしてもいいです。

512MBというメモリー量も難点ですが、XP SP3よりはマシだと思います。
またLinuxでは古いPCへの対応がWindowsより積極的ですから
compcacheのような技術で512MBの環境をより快適にできる可能性もあります。


将来的には、GUIの表示の基礎部分の改良としてWaylandが注目を集め
Ubuntuでは次期11.04での採用を予定していると記憶しています。
それが、どの分野でどのくらい成果を見せるかはまだわからないんですけどね。
    • good
    • 1

PuppyLinuxを日本語化しているサイトで多くの動作報告が寄せられています。



そのコメントをみると、

WIndows95より軽いというコメントやXPより重いというコメントがあります。

なぜでしょうか。

理由はハードウェアの使われ方にあります。

しっかり認識してハードウェアを有効に使えれば軽くもなるし、機能を有効に使えなければ重くもなります。
その辺りの事情はWindowsだろうと同じで、例えば同じチップセットを使っている2種類の機種でも一つの機種ではチップセットの全ての機能を有効に使っているがもう一つの機種ではチップセットの機能の内いくつかが使えてないという事があります。

※メーカは十分にテストが行なえなかった機能を無効化するという選択を行なう場合もありますし、ファームウェアが正しい情報をださないために使えるはずの機能も自動認識では使えないという事もあります。(BIOS更新したら、最高の画面解像度で動くように変わったとかいう話はこの辺りが一因になっている事も)

そもそも、ハードウェアの性能は同じでソフトウェアでどう生かせるか、あるいは生かせないかはハードウェアをしっかり認識して有効化できるかが一つの大きな相違点としてでてきます。
基本的にはパソコンに入っているソフトウェア(ファームウェア)のできに関係なくある程度使えるのがWindows(メーカが人手で有効化するドライバを添付したりしてます)で、自動認識に頼っている、うまく自動認識できない場合には良く知っていて有効に使いたい利用者は有効化するし、そうでない場合には性能低下を受け入れて使うのがLinuxかと思います。

※起動した時点でメモリを使い切るほど機能を載せていて、仮想メモリありきで動かし速度が低下している様な場合は別にして。

私もPuppyLinux4.3.2は使っているけど、標準導入状態ではかなり色々な機能が無効化されていたので(ヴィデオソフト動かすとシステムが凍結してた)別ドライバ追加したり設定で手動有効化したりでそれなりに変わりました。

※PuppyLinuxを普通に使うのはすすめません。はっきりいってセキュリティ的には話にならない危険な面があるディストリビューションです。もちろん、その辺が問題にならないような感じに限定して使ったりある程度自分で対策して使うなら良いですが。例えば、ウェブでどっかのサイトにログインして grep site-account /dev/mem とかやってみると………。全ての操作を管理者権限で行なっても安全上の問題は全くないと認識している方の作っているシステムですから、その点は考慮して使う必要があるかと思います。


> 現状はWinXPなのですが,GUI環境のあるlinuxでWinXPよりも軽快に動作するのは無理ということでしょうか??

現状を確認されると良いかと思います。今XPを動かしていて仮想メモリを多く使っている状態なら(言い換えればメモリ不足で性能低下が起こっている状態)、メモリ使用量の少ない環境に変える事でメモリ不足で起こっている性能低下を低減できる可能性はあります。(今と比べると動作が軽くなる可能性はあります)

今の環境をチューニングして軽くできる可能性もありますし、軽快さを求めた時に取れる方法は様々です。


> それとGUIだから重いという無知もいるけど
> GNOMEやKDEなどの統合デスクトップ環境を利用せずに
> 軽いウィンドウマネージャを利用すれば低スペックPCでも軽く利用できる。

X11自体は386や486の頃から普通に使われていたGUI環境なので軽く動かす事もできます。
例えばフォントを綺麗に見せる機能を制限すれば文字表示は綺麗でなくなるけど動作は随分軽くなったりもしますし。
軽いウィンドウマネージャ使う事もその一つですが、ちょっと低機能ですが古いXサーバに変えるとか、負荷の大きな機能を使わないように制限するとか調整できる項目は非常に多くあります。
※Windowsでも同じですが。

Windowsを軽くするよう(機能と負荷のバランス調整)とか、Linuxでとか、OSが何でも対策可能な事は色々あるはず。

Windowsの更新をお任せ全て更新で行なわず必要な更新に限定したり負荷が上がる事と必要性のバランスを考えて選んで更新しているのとでも重くなり方なんて大きく変わりますし。
お任せ更新って、ハードウェアが最新のものでも有効に使えるようにという部分を優先した更新(負荷増大を避けるような配慮は限定的)なので手間かけずに重くなるのは許容して、重くなりすぎたらパソコンを変える様な割り切りで行なった方が良いやり方な気もします。
    • good
    • 1

>red hatは2年程使っていたので少し知識はあると思います.


その程度のスペックならRed Hat Enterprise LinuxのクローンのCentOSでも十分に動く。

>スペック的に今流行りのubuntuは厳しいかなと思いました.
問題なく動くでしょう。

それとGUIだから重いという無知もいるけど
GNOMEやKDEなどの統合デスクトップ環境を利用せずに
軽いウィンドウマネージャを利用すれば低スペックPCでも軽く利用できる。
もちろん質問者のPCのスペックがあればGNOMEやKDEを利用しても普通に利用できる。
    • good
    • 1

UbuntuやPuppy Linuxではハード・ディスクにインストールしなくてもLiveCDで動作確認ができるので、


ご自分の環境で確認してみるのが一番だと思われます。
 LiveCDで正常に動作するなら、ハード・ディスクにインストールしてWindowsとLinuxのマルチ・ブート環境も構築できますが、
LiveCDでの動作がギクシャクするようであれば使いものになるかどうかも判断できるでしょう。
    • good
    • 0

同等のスペックのPCにLinuxの幾つかのデストリをインストールして動作確認を行ったことがありますが、


まだしもWindows XPの方が軽く動作しました。
 最も軽いと思われる[Puppy Linux]でも、さほど軽くは感じられませんでした。
    • good
    • 2

Linuxが軽く動作すると何か勘違いをしているようですが


Linuxでどうさが軽く動くのはCUIの話でGUIはどのデストリビューションにしたって重たいですよ

そそももディストリビューションを変えたところでGUIの基礎が同じなのだからどれを使ったって大差ないと思います

この回答への補足

回答ありがとうございます^^

現状はWinXPなのですが,GUI環境のあるlinuxでWinXPよりも軽快に動作するのは無理ということでしょうか??

補足日時:2011/03/16 19:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペック の意味

素人ですみません。 パソコン他機器の説明で スペック という言葉を聞きましたがどんな意味でしょうか

Aベストアンサー

spec (specificationの略)
仕様、性能の意味です。
CPUの種類やクロック数、メモリの大きさ、
ハードディスク容量といったことから、
消費電力、大きさ、重さといったことまで含みます。

QLinuxディストリビューションおすすめは?

WindowsOSが壊れた古いノートPCを持っていて、Linux仕様にしたいと考えています。
スペックは
Microsoft Windows xp
Home Edition
Version 2002
service pack3
Genuine Intel(R)CPU
T1300@1.66GHz
997MHz , 760MB RAM
と記載してありました。

私はLinux初心者です。Linuxインストールしたことがあって、少しコマンドが使える程度です。英語はわかりません。
少しだけ触ったことがあるLinuxは、CentOSとRHELです。

希望としましては、
●お金がかからないこと
●分からないことがあった場合ググったり書籍で対処できること。
●重すぎないこと
●ソフトができれば多いほうがいいこと
です。

使い方は、仕事としてではなくLinuxの勉強をしたいと思っています。(漠然としていますが、何かしら自分でサーバー構築できたらなと)
あと、PCとして普通に楽しめたらいいなと思っています。

それと、Linuxを使っていて、こういうところがおもしろい♪ってことがあれば教えてほしいです!

全体的にぼんやりした質問ですみませんが、よろしくお願い致します。

WindowsOSが壊れた古いノートPCを持っていて、Linux仕様にしたいと考えています。
スペックは
Microsoft Windows xp
Home Edition
Version 2002
service pack3
Genuine Intel(R)CPU
T1300@1.66GHz
997MHz , 760MB RAM
と記載してありました。

私はLinux初心者です。Linuxインストールしたことがあって、少しコマンドが使える程度です。英語はわかりません。
少しだけ触ったことがあるLinuxは、CentOSとRHELです。

希望としましては、
●お金がかからないこと
●分からないことがあった場合ググったり書籍で対処で...続きを読む

Aベストアンサー

勉強目的なら主流のCentOSか、新技術のFedoraですが、今はFedoraが先行しすぎているので、初心者であれば情報の多いCentOSがおすすめです。

Linuxを使っていて面白いと思ったのは、Windowsと比べたときの速さと、知識があれば割と何でもできる点ですね。
色々問題が起きることも多いですが、解決能力があればとても面白い物だと思います。

Q「ファイルスペック」の意味

ファイルスペック とは何のことなのでしょうか?

WEBで検索したところ、ファイルのフルパス名の
ことらしいのですが、MSDNを見ると
「パス区切り文字がない場合、そのパスはファイルスペックと見なされます。」
という記述がありました。
じゃあ、パス区切り文字がある場合はファイルスペ
ックでないの?

http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/default.asp?url=/japan/msdn/library/ja/vclib/html/vclrfcpathtisfilespec.asp

ご存知の方、ご教授願います。

Aベストアンサー

まず、パス指定= フルパス(=絶対パス)と相対パスという事を頭にいれておいてください。

その説明はCPathT::IsFileSpecでの動作を表します。

Win上ではパス区切り文字がない(パス指定がない)場合でもファイルスペックとして有効ですが、一部のUnixなどではパス区切り文字が無い場合(パス指定の無い)はファイルスペックとして有効でないものがあったと思います。


要は、
・パス区切り文字が無い=パス指定の無い
・パス区切り文字がある=パス指定がある(絶対パスまたは相対パス)
あとは、パス指定が無いとファイルスペックとして有効かどうかはOSの判断です。h

QVMware用のおすすめLinuxディストリビューション

VMwareを使ってWindows上にLinuxの仮想環境を作ろうと思っているのですが、おすすめのディストリビューションは何かありますでしょうか。
作成の動機としては、Windows上で汎用性があり安定しているUnix環境が欲しいというものです。TeX等による文書作成やプログラミング等が主な用途になると思うので、一度環境を構築した後にその環境を長く安定して使えるのが第一かと思っています。
今メインで使っているWindowsPCはある程度マシンパワーがあるのですが、ノートPCでも同じ環境を使いたいかもしれないので、ある程度軽めのものが良いかもしれません。
このような目的と用途だと、どのようなディストリビューションがおすすめでしょうか。皆さんの意見を参考に色々試してみようと思っています。できれば理由も添えて教えて下さい。
ちなみに、私はほとんどLinux初心者なので、ある程度環境構築が易しいものだと嬉しいです。

Aベストアンサー

Linuxの最先端技術の研究と開発を目的としたディストリビューションでなければ、どれを選択してもさほど違いはありません。

個人使用として、あえて一つ上げるなら、多くの企業が導入(シェア65%-80%と言われてます)しているRHEL(Red Hat Enterprise Linux)のクローンであるCentOSをおススメします。これの最先端試験用にFedoraもありますが、安定性と長期使用を重視するならCentOSです。CentOSはRHELからRed Hatブランドに由来するものとアートワーク(Red Hatのロゴなど)を除去しただけでRHELと同じものです。

ちなみに、最新のバージョンはCentOS7ですが、5、6を含め、VMwareでの動作は問題ありません。

Qデジタル一眼の評価って、あまり意味の無いブランド思い入れとスペック比較

デジタル一眼の評価って、あまり意味の無いブランド思い入れとスペック比較のように思えるのですが。

ネットでは、あーでもない、こーでもないと色々意見を見つけられますが、実際のところを知りたいです。
私は、カメラに詳しくない者です。よろしくお願いします。

プリントを大きく引き伸ばしたり、仕上がりの細部の追求をしない一般ユーザーでの話しとします。

1.とりあえずキャノン最高・やっぱイオスで選んでいる人が多い気がします。
2.高性能かもしれないが、SONY等のゴツイカメラを持つより、軽量コンパクトで撮るまでのストレスが軽い方が大事ではないか。
3.パソコンで撮った写真をいくらでも加工出来る今、カメラやレンズの仕事量は昔と比べそんなに重要視することは無いのではないか。

そう思うのですが、ご教示の程よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

>プリントを大きく引き伸ばしたり、仕上がりの細部の追求をしない一般ユーザーでの話

という仮定での話なのであれば、質問者さんの書いておられることはほとんど当てはまると言えます。

ただ、一眼レフは「レンズに自由度がある」のが最大の魅力。
軽量コンパクト機とは比べ物にならない望遠や接写などにも対応できるのが魅力でしょう。
そこまで追求するか?というのはユーザーの価値観ですから、追い求める人はデジタル一眼レフ、追い求めず気軽さを最優先したい人は軽量コンパクト機でいいのでは?

キャノンのイオスはデジタルではない一眼レフで使っていた事がありますが、確かに「安いカメラとは違う」ので、そのイメージもあるでしょうね。

軽量コンパクト機の方がいいかどうか、ってのは既に述べたとおり、価値観の違いです。
こっちの方がいい、というのは人により違うので、あれこれ言うべき点ではありません。

写真をPCで加工できるとはいえ、カメラが好きな方はデジタルを使っていたとしても「それは邪道」として絶対に加工には手を出しません。
また、コンテストなどでは「デジカメ写真の場合は加工を一切禁ずる」という規定がある事が多く、撮影の腕を要求されます(実際には加工したかどうか解らないケースもありますが、それはコンテスト応募者の良心次第でしょう)。
これまた、重要視すべきなのは「個人の価値観」であり、どちらが正解でもありません。


自己満足でデジタル一眼レフを使っている方もいます。
腕を磨きたいためにデジタル一眼レフを使っている方もいます。
軽量コンパクト機でいいや、って方もいます。
携帯のカメラ機能でいいや、って方もいます。
…すべて、人それぞれ。
その人の価値観です。


軽量コンパクト機でいいや、という価値観なら、それはそれでいい訳です。
キャノンのイオスで撮影している人も、その撮影者が満足していれば、それでいい訳です。
素人でも、超望遠レンズなどを使って野鳥を撮影するのが趣味、なんて方もいらっしゃいますしね。

>プリントを大きく引き伸ばしたり、仕上がりの細部の追求をしない一般ユーザーでの話

という仮定での話なのであれば、質問者さんの書いておられることはほとんど当てはまると言えます。

ただ、一眼レフは「レンズに自由度がある」のが最大の魅力。
軽量コンパクト機とは比べ物にならない望遠や接写などにも対応できるのが魅力でしょう。
そこまで追求するか?というのはユーザーの価値観ですから、追い求める人はデジタル一眼レフ、追い求めず気軽さを最優先したい人は軽量コンパクト機でいいのでは?

キャノン...続きを読む

Q初心者におすすめLinuxディストリビューションは?

タイトルどおりです。
初心者におすすめLinuxディストリビューションを教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

Fedora Core
http://fedora.jp/
書籍の種類では一番かと思います。
新バージョンが出ればすぐに書籍が出ます。


MLD Linux
NTFS、FATにインストールが出来ます。
http://www.mlb.co.jp/products/linux/mld7/mld7.html

昔はKondaraLinuxが好きでした。

Qスペックについて

ウィンドウズXPより7の方が、高スペックのパソコンが必要になるんですか?
パソコンは年々高スペックになっていききますが、新しいOSがでる度にスペックの高さを要求されたら、意味なくね?
例えば5年前に5万のxpのパソコンを買った時より、今5万で買ったパソコンの方がスペックが高いわけだ
でもOSの7を動かすには、xpよりスペックの高いパソコンが必要なら、パソコンを使う上での快適さは結局同じじゃん
スペック的にかなり余裕をもってパソコンを使いたいのにさ、新しいOSが出る度に、スペックの高さが要求されるわけだから

Aベストアンサー

>パソコンは年々高スペックになっていききますが、新しいOSがでる度にスペックの高さを要求されたら、意味なくね?

OSの要求スペックよりも遥かに早いペースでパソコンのスペックが向上しているので問題ありません。


>でもOSの7を動かすには、xpよりスペックの高いパソコンが必要なら、パソコンを使う上での快適さは結局同じじゃん

全然違いますよ。
XP時代で5万円だと、悪名高きCeleron Dなどの低スペックなCPUと512MB程度のメモリしか搭載していない低スペックパソコンしか買えません。
そのため、正直言って快適に動くなんてレベルの性能は期待できませんでした。
ですが、現在の5万円のパソコンだと、最新世代のCeleron(Core 2 Duo並みの性能)と2GB程度のメモリを搭載しています。
これは、Windows 7を快適に動かすだけの性能は十分にあり、ネット・文章作成・動画再生程度の用途なら十分です。
むしろ、2万5千円くらいの安物ノートでもWindows 7が快適に動いちゃいますからね。


>スペック的にかなり余裕をもってパソコンを使いたいのにさ、新しいOSが出る度に、スペックの高さが要求されるわけだから

スペック的な余裕なんてものには何の意味もありませんけどね。
パソコン業界の技術進歩は日進月歩、1年も経てば性能が1割2割は上がった新型が出るし、3年も経てば次世代のパーツが登場して一気に性能が上がります。
パソコンを快適に使い続けるために必要なのは、余裕を持って高性能な機種を買うことじゃなくて、安価なそこそこの機種を短いサイクルで買い替えることです。

>パソコンは年々高スペックになっていききますが、新しいOSがでる度にスペックの高さを要求されたら、意味なくね?

OSの要求スペックよりも遥かに早いペースでパソコンのスペックが向上しているので問題ありません。


>でもOSの7を動かすには、xpよりスペックの高いパソコンが必要なら、パソコンを使う上での快適さは結局同じじゃん

全然違いますよ。
XP時代で5万円だと、悪名高きCeleron Dなどの低スペックなCPUと512MB程度のメモリしか搭載していない低スペックパソコンしか買えません。
そのため、正直言...続きを読む

Q低スペックPCではどのLinux?

CPU:AMD k2 350khz
メモリ:320MB
HD:6G
VG:2MB オンボード
FD:なし
CD-ROM:有

だいぶ前のwin98PCですが、Linuxを試してみたいので、どのLinixが適当か教えてください。

それと、
ルーター - winXPhome sp2(LAN2つ有り)PC ー win98(Linux)PC
ハブなし、XP-98はクロスケーブル

このつなぎ方で、XP-98ファイル共有は可、win98PCからインターネットはできませんでした。
Linuxではできますか?

Aベストアンサー

#2さんのVineLinux(私も使用中)もお勧めですが、CD起動でインストール不要のKnoppixかBerryLinuxでLinuxを体験されてはいかがですか。(どちらも無料です)
また、Linuxは低スペックのPCでもOKと言われていますが、GUIを使う場合(Windowsのような画面)はやはりそれなりのPCが必要です。この場合K6ー2 350MHzでは少し厳しいと思いますが、動かないことは無いと思います。
色々試してみてはいかがですか。

参考URL:http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/index.html http://yui.mine.nu/linux/berry.html

QLBAスペックの設定について

自作をはじめて初めてメインのHDを交換しようと思っています。
マザーボードのスペックを調べたのですが、
ディスク最大値:144,000,000GB(48bit LBAスペック)
と書いてあり調べてもLBAスペックの意味だけがよくわかりません。
LBAスペックとは何でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

旧来の28bit LBAですと137GB以上の容量を認識出来ませんでした。
大容量HDDが一般的で無かった時は問題無かったのですが、今日ですと200GB超の物も普通に手に入ります。
今までの規格では不都合が生じるので、48bitに拡張。
48bitならば、144PBまで問題無く使用可能…

詳しい解説がありますので、ご案内しておきます。
http://home.impress.co.jp/magazine/dosvpr/q-a/0311/qa0311_1.htm
http://www.atmarkit.co.jp/fpc/experiments/009over137hdd/over137hdd_01.html

M/Bの仕様表に「48bit LBAスペック」とあるのなら、137GB超のHDDに対応しています。

Q低スペックノートPCに最適なものは?

富士通の

Pentium II 333MHz
HDD:6GB
Memory:128MB
(間違っているかもしれません。)

のノートPC、FM-V 6333 NU4/X

を持っています。このノートPCにLinuxを入れたいと思います。

このスペックで快適に走る、ディストリビューションと
そのVersionが知りたいのです。Vineは日本語に問題があったので、
避けています。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

最適かどうかは、使用目的によっても違いますが
軽いかどうかなら

Damn Small Linux
http://www.damnsmalllinux.org/
日本語化版
http://2.csx.jp/livecdroom/#damnsmall
がGUIのものでは、一番軽いと私は思っています。
kernel 2.4.x だが今でもVersion-Up が頻繁に行われている。
ただし、install に癖があり
fdisk で自分でPartition を作らなければならない。
swap も自分で設定しなければならない。

Puppy Linux 日本語版:
http://openlab.jp/puppylinux/index.html
動作条件
"CPU: Pentium 166MMX, RAM: 128MB, CDROM: 20倍速以上
メモリーは128MBでも動きますが、できれば256MB以上あれば
快適に使えます" とある。

Ubuntu 派生の
xbuntu,fluxbuntu, minibuntu
などが考えられます。

最適かどうかは、使用目的によっても違いますが
軽いかどうかなら

Damn Small Linux
http://www.damnsmalllinux.org/
日本語化版
http://2.csx.jp/livecdroom/#damnsmall
がGUIのものでは、一番軽いと私は思っています。
kernel 2.4.x だが今でもVersion-Up が頻繁に行われている。
ただし、install に癖があり
fdisk で自分でPartition を作らなければならない。
swap も自分で設定しなければならない。

Puppy Linux 日本語版:
http://openlab.jp/puppylinux/index.html
動作条件
"CPU: Penti...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報