ある商品が販売不振のため在庫過多となった場合、
残った商品を営業担当者全員に買い取らせることは
法的に問題ありますか?

販売開始前に通知はしていません。
買取は営業担当者のみです。

また、企画商品の残りを企画提案した社員一人に
買い取らせるのは問題があるか?
(間接的な減給になるのか)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

買取でなくて、賃金の一部として「現物支給」って形なら、可能な場合もあり得ます。



労働基準法
| (賃金の支払)
| 第24条
|  賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。

が原則ですが、

| ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合又は厚生労働省令で定める賃金について確実な支払の方法で厚生労働省令で定めるものによる場合においては、通貨以外のもので支払い、~

って事が出来るって事になっています。


質問の条件では、ちょっと厳しいと思いますが。

・就業規則にその旨規定している。
・労働協約に明記している。

なんかの上で、やむを得ず現物支給するために、
・何が原因で、会社の経営状態がどうだからそうする必要があるのか説明。
・営業担当者を管理監督する担当者、更にその上の担当者、社長なんかの減給なり賃金の返納なりした実績を提示。
・今後、そういう事が起きないための対策なんかを提示。

なんかして、従業員の理解を求める努力を実施とか、それなりの問題解決のための努力は必要だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

現物支給も事前に労使が了承していれば可能かもしれませんが
それも無いので難しいでしょうね

お礼日時:2011/03/18 08:18

拒否すれば良い“だけ”の話しです。

会社のためを思って買取る(買取量を加減してもらう等も含める)のも任意ですし、拒否するのも任意です。

拒否してから会社がどうして来るのかにより法的な問題が生じます。

例えば、給料から差し引けば労働基準法第24条(賃金の支払)違反になるでしょう。

(買取拒否を理由にした賞与等の)不利益取扱い、いじめ・パワハラ、さすがに解雇までは無いでしょうかね。大変ですが、全て違法行為ですから闘う術はあります。そこまで行かないよう多少(この加減が難しい)は買取るのが現実的な対応なんでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

買い取り=罰金=減給のような気がしているので
気になって投稿しました。

ありがとうございました

お礼日時:2011/03/18 11:08

強制なら問題あります



買取させたい場合は、社長に率先して買い取らせると効果的です

長付き役付きは当然追従するでしょうし、

営業担当者も社長の10分の一くらいは購入してくれるでしょう

意表をついて他部門の社員も購入してくれるかもしれませんが、
あとから強要されたといわれないように注意しましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよ
職責の大きさによって買い取り量が変動するぐらい
Topが買い取ってくれれば良いのですが

お礼日時:2011/03/18 11:10

強制的なら違法です。


任意なら問題ありません。
買い取り強制されている方の署名を集め、団体ではっきり拒否してみてはいかがですかしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無言の圧力なので、拒否したときに
見えない処罰がある気がします。

お礼日時:2011/03/18 11:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q在庫管理の移動平均法について

お世話になっております。
在庫管理の移動平均法について質問があります。

移動平均法は、期間を区切っていいのでしょうか?
可能な場合は、税務署に申請が必要なのでしょうか?

例えば、「2004/1月から平均を取ったが、2005/1月からは新たな平均を取る」です。
切り替える際の、在庫単価は最終仕入値を使います。

上記の質問理由は、在庫原価が急激に変動して、昔の値を平均値に加えたくがないためです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 移動平均法は棚卸資産を新たに仕入れるごとにそのときに残存していた棚卸資産と新たに仕入れた棚卸資産とについて平均単価の改訂が行われたものとして棚卸資産を評価する方法です。
 棚卸資産の棚卸高はその人が選定している評価方法によらなければならないとなっておりますので、
 期間を区切るとか、最終仕入れ単価法を採用するとかは自由にできません。
 届出が無い場合は最終仕入れ原価法によるとなっていますが。移動平均法を採用していればそれによらなければなりません。

Q盗品と判明した商品の売主が買戻を要求してきました。商品の一部が盗品であ

盗品と判明した商品の売主が買戻を要求してきました。商品の一部が盗品である場合、どうすれば良いですか?

先日、ネットオークションで個人から商品を3万5千円位で落札したところ、そのセット内容の一部が盗品と判明しました。
それが盗品だということが怪しくなってきたタイミングで
売主から「委託商品だから分からない」と告げられました。
委託者の存在の有無、売主の発言の正否は不明です。
現在売主は、おまけ的なもので委託者は故意に販売目的の為に入手した物ではなかったと主張しつつも、盗品だということを認め、
このままだと(もう既にそうだと思いますが…)違法取引になるので返品して欲しいと言われました。

実際盗品はオマケ的な位置付けのもので、こちらとしては商品の本体は出来ればそのまま所有しておきたいです。全てを手放さないといけないのでしょうか?

また、元々かなり欲しかった物なので結構な労力をかけておりましてこの件で精神的苦痛も被りました。

このまま全部買戻しと言う形をとられるとしたら、物質的にも精神的にもこちらは丸損のような気がします。。

この件で損害賠償を請求することは可能でしょうか?

また、できるとして通常どの程度の金額が正解なのでしょうか?
正解のハッキリしないものでしょうが、こんなケースは初めてなので
大体の相場などがあればそれも併せてご教授下さい。

盗品と判明した商品の売主が買戻を要求してきました。商品の一部が盗品である場合、どうすれば良いですか?

先日、ネットオークションで個人から商品を3万5千円位で落札したところ、そのセット内容の一部が盗品と判明しました。
それが盗品だということが怪しくなってきたタイミングで
売主から「委託商品だから分からない」と告げられました。
委託者の存在の有無、売主の発言の正否は不明です。
現在売主は、おまけ的なもので委託者は故意に販売目的の為に入手した物ではなかったと主張しつつも、盗品だという...続きを読む

Aベストアンサー

>というのは正確にはクラックしたソフトウェアです。

「クラック等で不正使用できるソフトウェア」であっても、そうとは知らずに入手したのなら、罪には問われません。

そうとは知らずに使用した場合も、罪には問われません。

問題があるとしたら「クラック等で不正使用できると知りつつ使用した場合」か「クラック等で不正使用できると知ったのに使用を続けた場合」で、この場合は「メーカーから損害賠償請求訴訟を起こされる可能性がある」でしょう。

なお、このケースでは、質問者さんを著作権法などの「刑事事件として罪に問うのは難しい」と思われます。

また、クラックして不正コピー、不正使用できるようにした「売り主」は、著作権法違反などで「刑事責任」を負う事になるでしょう。

蛇足ですが、該当のソフトウェアを正当に使用し続けたい場合は「メーカーに正規の代金を支払って使用権、所有権を買う」しかありません。

それが出来ない場合は、残念ですが、該当ソフトウェアを削除して、使用を中止しなければなりません。

相手から何も知らされなければ「善意の第三者」として使用し続ける事が出来たのですが、知ってしまった限り「使用を中止するしかない」でしょう。

>というのは正確にはクラックしたソフトウェアです。

「クラック等で不正使用できるソフトウェア」であっても、そうとは知らずに入手したのなら、罪には問われません。

そうとは知らずに使用した場合も、罪には問われません。

問題があるとしたら「クラック等で不正使用できると知りつつ使用した場合」か「クラック等で不正使用できると知ったのに使用を続けた場合」で、この場合は「メーカーから損害賠償請求訴訟を起こされる可能性がある」でしょう。

なお、このケースでは、質問者さんを著作権法などの「...続きを読む

Q消費税低減税率ですが。

衆院解散、選挙が実施されるという事で自由民主党が渋っていた消費税低減税率が公明党の選挙戦を有利にする為採用される事に決まった様です。処で、消費税低減税率採用は景気の向上や社会に貢献なるものでしょうか。確かに低所得者に取って食料品など家計に占める物の税率が低ければ家計を圧迫することが軽減されるでしょう。でも税率が低く抑えられた商品は家計難に無関係な高所得家庭にも関わり、返って高給受給者による購買が増えるのではないでしょうか。高給受給者は低減税率商品でなくとも、高い価格でも物を買います。低減税率商品にした商品としなかった時の商品との税の差額は大きいものですので、金持ちが寄り多く低減税率商品を買えば税収は減ると思います。今や年収2000万円以上の家庭は全給与所得家庭の13%あるだそうです。消費税低減税率採用が景気の浮上と財政難改善に効果のあるものとは思えないのです。低減税率を採用せずに、低減税率で税収が減る分を低所得者の税金を減らすことで、低所得者の生活を援助する方が良いと思うのですが、そうではないのでしょうか。お教え願います。

Aベストアンサー

考え違いしない方がエエで!
年収300万円程度の低所得層を作ったのは、
派遣法に前向きだった小泉政権時代の副産物や!
公明党も共闘してたんやで!
ボンビー人増やして、ボンビー人からの税収を
他より軽減しても、多くのボンビー人はボンビーから
抜け出せへんで~
根本的に社会システムを変えへんと何ら改善しまへん!
目先の税金にバカリ惑わされるバカが多いから野党の
選挙戦も楽だな~^^

Q会社が営業不振になる前に休んでくれと言われた

私の会社は50人以上の従業員がいますが。今回営業停止15日間の業績処分を受けました。
会社が営業不振になる傾向があるので何人かは休んで欲しいと言われ、実質給料カットですね。
休んでくれないと一方的な給料はカットできないので、会社が苦しくなると言われた。
これって会社のエゴでは無いですか。
本当に休まないといけないのでしょうか。
給料は55%は保証するといってますがこれも、矛盾するのでは?
苦しいから、我慢してくれと言われた。
だったら社員全員で同じ我慢をしないといけないのでは、なんで数人の人だけ我慢しないといけないのですか

Aベストアンサー

会社都合の休業の場合、補償しなきゃならない休業手当は最低60%です。

労働基準法
| (休業手当)
| 第26条
|  使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない。


休業自体を行なう/行なわないに関しては、基本的に会社が任意に出来ます。
休業を取りやめた結果、経営傾いて会社が潰れた、人件費で損失が出てとかって事になっても労基署は責任取れないので、行政は積極的に介入するのは困難です。


> だったら社員全員で同じ我慢をしないといけないのでは、なんで数人の人だけ我慢しないといけないのですか

担当する業務内容によっては、この人とこの人が休むと作業が滞るとか、このラインや業務は止められない、この人は休んでもフォローできるとかって事はありますので、ある程度の偏りが出るのは合理性があるし、仕方ありません。
ローテーションで休業する担当者を持ち回りするとかってのは、会社と話し合いする余地はあります。

あるいは、休業の予定を余裕を持って出してもらっておき、収入が厳しいので副業の許可を出してもらうとか。
休業手当+副業の収入の方がラッキーって場合もあるのでは。


> 会社が営業不振になる傾向があるので

こういうケースで休業を行なう場合、雇用調整助成金なんかを申請することで、支払う休業手当の相当部分を行政で負担してもらう事が可能です。
そういう物を受給する条件で、休業手当を法令に沿って支払いするとか、休業以外にも関係する会社へ出向なんかって対応が出来ないか、話し合いとか。

厚生労働省:雇用調整を行わざるを得ない事業主の方へ
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/a-top.html
厚生労働省:雇用調整を行わざるを得ない事業主の方へ
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/a01-2.html

雇用保険に加入している事が前提ですが、加入していないのならこの際に遡って保険料支払って加入出来る場合もありますし。
会社と労働者、ハローワークの担当者を交えた3者で話し合いするのが良いと思います。


会社との話し合いを行なうに当たって、通常であれば、そういう状況での相談先としては、まずは職場の労働組合へ。
組合がない、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談する事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Employment_and_Work/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
など。

会社都合の休業の場合、補償しなきゃならない休業手当は最低60%です。

労働基準法
| (休業手当)
| 第26条
|  使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない。


休業自体を行なう/行なわないに関しては、基本的に会社が任意に出来ます。
休業を取りやめた結果、経営傾いて会社が潰れた、人件費で損失が出てとかって事になっても労基署は責任取れないので、行政は積極的に介入するのは困難です。


> ...続きを読む

QTSUTAYAの在庫検索について

ツタヤオンラインの店頭在庫検索で自分の借りたい映画のDVDが地元のTSUTAYAにあると分かりその店に行ったのですが店内を探しても置いていませんでした。

これは、在庫はあるが店頭には並べていないということでしょうか?
この場合は店員に聞けばレンタルさせてくれるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。TSUTAYAオンライン検索を頻繁に利用する者です。店頭の陳列棚に探している商品のジャケットそのものが見つからなかったんですね? その場合、店員にたずねれば確実に見つかります。 あっさりと見つけてくれます。 他のコーナーに移動してるか、自分のカテゴリーの勘違いが大半です。アクション関連だと思って探したらSFやサスペンスに陳列されてた...よくある事です。検索して在庫○表示の作品は、店に行ったら在庫がすでに無い場合がありますが、陳列は必ずされてます。是非、店員さんに尋ねてみて下さい。

Q建物の買取を要求できますか?

 土地建物がありまして土地はA所有で建物はB所有です。
土地のみが国税局の公売に出ています。Bは国税局の差押え前から使用貸借で土地を使用し建物を所有しています。
この土地を競落してBに建物を収去し土地を明け渡せという訴訟を起こしたいと考えています(任意に応じてもらえない場合)。
 この場合に建物所有者Bは競落人に建物を買い取れという当然の権利はあるのでしょうか?
 このように土地のみを競落する場合に、他に気をつけることがありましたらアドバイスを御願いします。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

BとAの関係にもよります。
Bが土地を使用するのに対して地上権や借地権を設定していたり、相応の賃料を支払って土地を賃借している場合には立ち退き要求できないかもしれません。

使用借地(無償で借りている場合や、相場とは合わない賃料の支払いしかない場合など)である場合には、立ち退き要求ができるかもしれませんが、建物は買い取るなどしなければならなくなります。いくら土地所有者だとしても第三者(AとBが身内であっても今回の差押さえでは別人です)の財産(建物)を勝手に処分することはできません。所有権を取得してから取り壊すなどはできますが所有権を取得するにはやはり売買が絡んでくるはずです。

借地権などがあるような場合(登記が無くても賃料の支払いなどがあれば認められる)については、賃料を受取ることはできますが、立ち退き要求はできません。借地権(地上権)の方が保護されることになります。

このため、このような土地を競売で落札したとしても、借地の賃料目的であればいいですが、土地を活用するのであれば裁判をしたとしても立ち退き請求できないか、建物を買い取るなどしなければ完全な利用はできないことになります。

ケースによっては違う場合もありますので、詳しくは専門家(司法書士など)に聞いてみるのもいいかと思いますよ。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=834984

BとAの関係にもよります。
Bが土地を使用するのに対して地上権や借地権を設定していたり、相応の賃料を支払って土地を賃借している場合には立ち退き要求できないかもしれません。

使用借地(無償で借りている場合や、相場とは合わない賃料の支払いしかない場合など)である場合には、立ち退き要求ができるかもしれませんが、建物は買い取るなどしなければならなくなります。いくら土地所有者だとしても第三者(AとBが身内であっても今回の差押さえでは別人です)の財産(建物)を勝手に処分することはできませ...続きを読む

Q在庫率について

在庫率(平均在庫期間となっている)が低いことはいいことなんでしょうか?
デメリットがあるならその対策法も教えてください。
在庫率についてよくわかっていないので、在庫率が意味することも教えてくださればと思います。

例があるんですが、二つの製品(A,B)があって、Aが開発コストも低く、売上高も高い。そして在庫率が短い
Bはコスト高い、利上げ低い、そして在庫率が長い
製品数は少しだけBの方が多い
この場合Aをいっぱい仕入れてAを売っていく方法でいくと考えたんですけどいいのでしょうか?

問題を割愛して書いたのでおかしいところがあったらすみません

Aベストアンサー

まず、在庫率が低いことは、一言で言えばいいことです。

在庫率とは、出荷に対する在庫の割合のことです。
つまり、在庫÷出荷ということなので、逆に言えば在庫率が低いということは、商品回転率が高いということとほぼ等しいことになるので、これは言うまでもなく商売の鉄則ですよね。

在庫率が低いことによるデメリットがあるとすれば、機械ロスでしょうかね。
在庫を絞りすぎて、注文があった時に在庫を持ち合わせていない、すぐに要望に応えられないということくらいで、でもそれも仕組み作りによって解消できることですから、在庫率が低いことは総じていいことだと思います。

例については、おおよそそれでいいんでしょうね。
素直に、売れて儲かるものを一生懸命売る。
まずはそれが一番大切なことだと思います。

ただ、Bという品揃えがあるからAが生きている、そういう戦略も大いにありますので、
自分の経験のなかで、製品ごとの特性を理解し、戦略を立てていないと、ただ単にデータ重視で、Aだけを押していっては、AもBになりかねない事態に陥るやもしれません。

Q借家の急な立ち退き要求だが、買取はできないのか?

現在、長屋の借家に住んでいるのですが、強制的に立ち退きさせられるか、買取りできるかの相談です。

今までの流れを書いてみます。5年ほど前に大家が経営する工場が倒産し、その当時に出て行ってもらうか買取するかのどちらか選んで欲しいとの話がありました。と同時に坪単価を提示してもらいましたが、「少し単価が高いのではないか」と思えたということと、長屋の各家庭で集まり話し合った結果「大家側が最終的な決断を迫るまでは賃貸でいよう」との話になりました。

そして本日、突然「地主が代わったので出て行ってほしい。この場所に残ることはできない」との話を、これまた新しくなった代理人の方がいきなり家に来て言われました。

今までは前大家が代理人をたてていたのですが、坪単価を提示したあとを境に5年間もの間何の音沙汰もありませんでした。
そして新しい代理人が言うには、「前の大家さんは土地を競売にかけられて(?)違う会社が買い取りました。本来なら借家権15~20%が相場なので60万円程度(立ち退き料兼引越費用)を出すところを100万円だすので半年以内で出て行ってほしい」との話です。

土地主が代わったことで、30年以上住んでいる土地を購入すると3割引があるはず(?)の土地を買うことはできなくなってしまったのでしょうか?

購入できるとすれば、前の提示された価格で土地の購入はできないのでしょうか?
また、立ち退かなければならないとすると、100万円しかもらえないのでしょうか?
よろしくお願いします。
(参考)
・私の家族はこの家、土地に約60年住んでいます
・建物の価値は0ですが、自分達のお金で風呂、水洗トイレ、瓦、その他色々手直ししてきたので現在でも住める建物です。
・決断の話は突然あるかもしれないと考えていたので、話に迫られた場合には購入するつもりで坪単価×坪数+登記料などの諸費用200万程度を現金で一括払いできるお金を用意していた。が、立ち退き前提での話があるとは想像していなかった。
・代理人から「新しい土地主は全員に出て行ってもらい新築一戸建てを数件建てたいと考えているので、土地主には話をもっていくが長屋の分割売りには難色をしめすだろう」との遠まわしに「売らない」ととれる発言があった。また、前の大家からは坪単価を提示されているとの話をだすと、「初耳です」との答えなのですが、本当なのでしょうか?
・6ヶ月の猶予があるがもっと早く出てほしい、とのことです。

現在、長屋の借家に住んでいるのですが、強制的に立ち退きさせられるか、買取りできるかの相談です。

今までの流れを書いてみます。5年ほど前に大家が経営する工場が倒産し、その当時に出て行ってもらうか買取するかのどちらか選んで欲しいとの話がありました。と同時に坪単価を提示してもらいましたが、「少し単価が高いのではないか」と思えたということと、長屋の各家庭で集まり話し合った結果「大家側が最終的な決断を迫るまでは賃貸でいよう」との話になりました。

そして本日、突然「地主が代わったの...続きを読む

Aベストアンサー

>土地主が代わったことで、30年以上住んでいる土地を購入すると3割引があるはず(?)の土地を買うことはできなくなってしまったのでしょうか?

少し勘違いされているようです。それは借地の場合に借地権料がかかっている場合の話ですね。ご質問の場合は借家ですから関係ありません。

>購入できるとすれば、前の提示された価格で土地の購入はできないのでしょうか?
出来るか出来ないかは先方との相談となります。

>また、立ち退かなければならないとすると、100万円しかもらえないのでしょうか?
いくらで立ち退くのかは先方との相談で決まる話です。

>前の大家からは坪単価を提示されているとの話をだすと、「初耳です」との答えなのですが、本当なのでしょうか?

だと思いますよ。

>・6ヶ月の猶予があるがもっと早く出てほしい、とのことです。
問題はこちらの借地権が有効なのかどうかですね。
通常ですと、居住してから60年経過しているということから、借地権に先立つ抵当権はないのではと思われるのですけど、商売を営んでいたとのことなので断言は出来ません。
もし借家権が有効であれば、立ち退く義務はありませんので、こちら有利でこちらの条件を強く主張できます。もっとも先方は建売を立てたいということなので売買に応じるかどうかは疑問ですが、立ち退き料の大幅UPは考えられます。

逆に今回の話が借家権に先立つ抵当権(そこを借りる以前に抵当権が設定されている場合です)行使などにより、競売に掛けられて所有者が変わったのであれば、こちらに居住を続ける借家権はないことになるため、非常に苦しい立場です。
事実上先方の言いなりになるしかなくなります。

ただご質問では裁判所が関与した形跡がないので、どちらなのかがよくわかりません。
一つ司法書士なり弁護士なりに自分の借家権がどうなっているのか相談してみるとよいでしょう。

>土地主が代わったことで、30年以上住んでいる土地を購入すると3割引があるはず(?)の土地を買うことはできなくなってしまったのでしょうか?

少し勘違いされているようです。それは借地の場合に借地権料がかかっている場合の話ですね。ご質問の場合は借家ですから関係ありません。

>購入できるとすれば、前の提示された価格で土地の購入はできないのでしょうか?
出来るか出来ないかは先方との相談となります。

>また、立ち退かなければならないとすると、100万円しかもらえないのでしょうか?
いく...続きを読む

Qジュンク堂の本を丸善に取り寄せする事は出来ますか?

ジュンク堂書店の在庫を丸善に取り寄せする事は可能なのでしょうか?
近くにジュンク堂が無く、丸善でジュンク堂から取り寄せをお願いして受け取りたいと思っているのですが…。
注文しようと考えている本は絶版になっているものですが、ジュンク堂の梅田店には1冊在庫有りになっていたので、それを家から一駅先にある丸善で受け取る事が出来れば…と思っています。
ジュンク堂と丸善は経営統合されたと聞いたのですが、丸善に在庫の無いものをジュンク堂から取り寄せしてもらう事は出来るのでしょうか?
かなり手間がかかって書店さん側には迷惑かもしれませんが、そういう事は可能なのか知りたいです。
ジュンク堂のネットストアで購入出来れば一番簡単なのですが、ネットストアには「在庫無し」となっており店舗に在庫があっても「ネット在庫無し」の場合、ネットでは購入できないとの事でした。
一応、お店に直接聞いてみようと思い、昨日今日と丸善に電話をしてみたのですが誰も出ず、問い合わせは出来ませんでした…(昼頃だと電話は繋がらないようにはずしてあるんでしょうか?)。
何年も置きっぱなしになっているのでそんなにすぐに売れてしまうとは思いませんが、絶版になっているので、なるべく早く注文してたいと焦っています。
取り寄せが可能かどうか詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

ジュンク堂書店の在庫を丸善に取り寄せする事は可能なのでしょうか?
近くにジュンク堂が無く、丸善でジュンク堂から取り寄せをお願いして受け取りたいと思っているのですが…。
注文しようと考えている本は絶版になっているものですが、ジュンク堂の梅田店には1冊在庫有りになっていたので、それを家から一駅先にある丸善で受け取る事が出来れば…と思っています。
ジュンク堂と丸善は経営統合されたと聞いたのですが、丸善に在庫の無いものをジュンク堂から取り寄せしてもらう事は出来るのでしょうか?
かなり手間...続きを読む

Aベストアンサー

 今晩は。
 ジュンク堂のサイト内を大分探しました。下記にあるとおりに「不可」で確定のようです。
http://www.junkudo.co.jp/zaiko_info.htm
とにかく一刻も早く電話をするべきでしょう。

 ところで重要な注意ですが、私は以前ここでそのような本の探索の回答を何度もしています。その際に発見したことがあります。ほとんどの店で品切れになっているような本に関して、「店頭在庫あり」表示に過度の期待をしてはいけないということです。
 それは質問者に紹介した本だけでなく、その過程で私自身が探していた本を発見した際にも生じています。喜び勇んで注文を出したものの、結局在庫は無し、で終了。がっかりしました。本件でもその可能性はありますから、あらかじめ覚悟しておく方が無難かと感じます。

 とにかくそんな状況にある本は、最早受け取り方法を何とかしたいと言っていられる場合ではないと思います。まだ営業時間に間に合います、電話にgo!

Q週休に会社主催で全員参加の営業推進躍進大会は?

週休(3月20日・日曜日)に会社のエリア長が主催で全員参加のエリアの営業推進躍進大会が行われます。

平成22年度の打ち上げと販売成績優績者の表彰式・来年度の営業推進に向けて決意を固める場との位置付けです。(その後に懇親会)

従来は年度末の平日の午後に、販売成績優績者の表彰式を行い、表彰を受ける販売成績優績者、各支店の所属長と管理者、業務推進に支障の無い範囲の正社員で行っていたものです。

さて、質問なのですが労働法上の問題は無いのでしょうか?

現状は、朝礼で欠席者を確認する、「仕事の一部」との発言、欠席者の報告がされる、「人事評価に関係する」ような発言です。

今年は素直に表彰を受ける気にならないので、今のところは参加を保留しています。
会社は全国に多くの支店を構える大手企業です。
コンプライアンスには厳しい会社なので本社のコンプライアンス相談室の相談しようか迷っています。

Aベストアンサー

>現状は、朝礼で欠席者を確認する、「仕事の一部」との発言、欠席者の報告がされる、「人事評価に関係する」ような発言です。

これで「自主参加」なの? エリア長ごときが週休日に全員(自主?)参加のしかも“営業推進躍進大会”を行えるの?しかも取締役まで来るんですよ。

エリアぐるみ、やっぱり会社ぐるみでおかしいんじゃないの?

労働基準法上問題大有りです。無管理・無法状態で大手企業が情けないです(こんなものか?)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報