見当違いな質問をしていたらごめんなさい。
オシロスコープには
1.50[ Ω]
2. 1[MΩ]
の内部抵抗があります。
 私が調べたところによると、
1[MΩ]を使う理由としては、DUTにオシロをつなげたという影響を与えないようにするため
と説明されていました。
 では、何故50[ Ω]の内部抵抗を選択できるようになっているのかわかりません。
 50[ Ω]は、
a) 何のためについているのか
b) 使用する場面

教えていただけないでしょうか?
 宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

オッシロスコープならば参考URLのHPを是非見てください!



参考URL:http://www2.plala.or.jp/Artificial/
    • good
    • 0

高周波電気回路では75Ω、50Ωが標準です 特に50Ω系は10GHz以上でも使用されます



75Ω系  主にビデオ、TV 関連
50Ω系  無線、広帯域信号例えばパルス回路とか

上記信号を接続するときは同軸ケーブルで行います 其の時受け側は同軸ケーブルと同じインピーダンスで無ければ正確に観測出来ません 同軸ケーブルは送り側信号源の出力インピーダンスに合わせないといけません(出力インピーダンスとは信号源の内部抵抗)
    • good
    • 0

入力インピーダンスの事です。


50Ωの場合50Ωケーブルや、無減衰ケーブル、Z0プローブの時に使用します。実際の使用例では、1番の方の仰る用途になると思います。
    • good
    • 0

ビデオ信号などを見るためです。


一般に、ビデオ信号は、同軸ケーブルで繋いでいます。
同軸ケーブルとは、アンテナケーブルなどがそれにあたります。
同軸ケーブルのインピーダンス(抵抗)は50オームです。
インピーダンスを合わせていない物を接続すると、波形が乱れ正しい測定が出来ません。
同じ容量にする為に50オームの内部抵抗にしてあるのです。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオシロスコープのアナログとデジタルの違いについて?

オシロスコープには、アナログオシロスコープとデジタルオシロスコープの2種類あるようですがどのように使い分ければよいのでしょうか?

Aベストアンサー

デジタイジングオシロスコープはトリガポイントよりも過去の波形を見ることができる。

デジタイジングオシロではストレージのシングルトリガモードでほったらかしにしても、管面が焼けてオシロを傷める心配が無い。

波形をポラロイドカメラではなく直接プリンタから出力できる(何枚も出せるところがまたいい)

アナログオシロで昔だとポラロイドカメラの10枚パックがアっと言う間に無くなった。
(つまりベテランと初心者の技量の差が出なくなった)

アナログオシロの帯域は、最高周波数で決まる
デジタルオシロは サンプリング パー セック
つまり1秒間に取れるサンプリングの数(連続波形と単発波形では値が異なる)で決まる

アナログオシロはアッテネータもアナログ
デジタルオシロは、デジタル

デジタルオシロは外部からGPIBやRS-232Cで自由にコントロール出来る。メジャメント機能が使える。自動計測には不可欠

操作手順を記憶させ、繰り返し実行することができる。

Q放射線管理[cpm]と[dpm]の違いについて教えてください。

かけだしの放管です。[cpm]と[dpm]の違いについて
教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

cpmはcount per minute
1分あたりの計数

dpmはdisintegration per minute
1分あたりの壊変数

Qオシロスコープについて

こちらにノカテゴリでいいのかわからなかったのですが
現在仕事で、オシロスコープを勉強しております。
会社の人が言うには、オシロスコープをきちんと使えるようになっていれば
これからの仕事先も、困らないと言われたのですが本当でしょうか?
それと、オシロスコープについて色々覚えたり操作したりするのに困らないくらいになるには
結構時間がかかるのでしょうか?
自分で勉強するのにいい本やインターネットでの情報があったら教えてください
オシロスコープについて知っている方お願いします

Aベストアンサー

確かに、オシロスコープの使用方法を知っているのは限られてますよね。

オシロスコープには画面や切り分けスイッチが数多くあり、どれが何の役目かを知るまでは苦労すると思いますが、

それさえわかれば、あとは有効につかえます。機械組み立て時や、故障した時など自分で機械などの基板上にて電流の波形を確認しながらできますので、好きな人はとことんはまります。

実際、これが出来ることを面接の際に言っておけば、転職試験に有利になる職種も多いと思います。

下記に参考になるURLのせておきます。

参考URL:http://www.cqpub.co.jp/column/books/2001a/11891osiro/default.htm

Q内部抵抗を考慮しての抵抗の測定の接続方法の違い

電流計と電圧計の内部抵抗を考慮しての抵抗の測定、計算方法を習ったのすが、抵抗が比較的大きい場合と比較的小さい場合では有効な接続方法が違うといっていました。
しかし、なぜ抵抗の大小によって接続の方法を変更しなければいけないのかいまいちわからないのです。
どなたか教えてください。
http://www.ee.fukui-nct.ac.jp/~yoneda/text/Experiments/4M/RegisterMeasurement.html
ちなみにこのサイトの図1(a)と図1(b)です。

Aベストアンサー

>1-(a)で大きい抵抗を測ると電圧計の内部抵抗の方へ多く電流が流れ
>ていってしまい、抵抗の値が正しくはかれないということでいいの
>でしょうか?

そうですね。Rが大きい抵抗の場合は電圧計に電流が大きく流れ、
抵抗値を測るとしたら、電流計の電流は抵抗に流れる電流と電圧計に
流れる電流を加えるものになります。従って、抵抗に流れる電流との
誤差が大きくなってしまいます。

>1-(b)が大きい抵抗を測るのに適しているのはなぜなので
>しょうか・・・

Rが大きくなれば、電流計の内部抵抗が無視できるようになります。
そうなると電流計の内部抵抗により発生する電圧降下が無視できる
ようになり、電圧計は抵抗Rにかかる電圧により近くなります。

以上、抵抗を正しく測るためには、R=V/Iとなるので、抵抗に
流れる電流と抵抗にかかる電圧を如何に正しく測るかになります。

Q負荷電圧と回復電圧をオシロスコープで測定できますか?

車のバッテリーなんですが、負荷電圧と回復電圧を測定することでバッテリーの寿命を予測できるとありました。
バッテリーアナライザは安くないし、理屈をみるとオシロスコープでも測定できそうな気がします。
来週オシロスコープが到着するのですが、測定可能でしょうか?

オシロスコープをバッテリーにつないだまま、エンジンをかけて、最低電圧(負荷電圧)と一定の電圧に回復(回復電圧)した電圧で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
基本的な理屈は、ご質問者さんが書かれているとおりではあるのですが、アナライザーでは同時にバッテリーの内部抵抗の測定や回復に要する時間などのデータも取り込んでバッテリーの現状や寿命の予測をしています。
オシロでも直流の電圧測定は可能ですが、画面では横一直線の棒線が0.5秒ごとに上下する様子を観測できるだけになるのではないでしょうか。(普通のオシロでの掃引時間は最大でも0.5秒程度だったはずです)
電圧の変化を観測するだけであれば、ごく一般的なアナログ(指針式)のサーキットテスターで電圧(指針)変化を見るのと同じことになりますので、そちらのほうが簡単ではないでしょうかね。

Q抵抗 1/2W 560Ωを探しています。

抵抗 1/2W 560Ωを探しています。家電の修理の為です。

ネットでhttp://akizukidenshi.com/ 秋月電子
をみつけ、探しましたが、1/4Wまでしかないようです。

名古屋 大須あたりで無いものでしょうか。
また、100本はいりませんから予備を考え
2,3本あれば十分だと思っています。
ばら売り情報もあれば、併せてお願いします。

Aベストアンサー

千石電商にあります。バラで15円です。
http://www.sengoku.co.jp/CategoryIndex/RESISTOR.htm

Q白色雑音をオシロスコープで観測しているのですが・・・。

大学の卒業論文で、白色雑音をオシロスコープで観測する作業を
行っているところなのですが、波形のどの部分に白色雑音が出ているか
いまいちよく分からないので困っています。

それと、今使っているオシロスコープが「スペクトラムアナライザ」という
ものなのですが、普通使われるオシロスコープと、どのように違うものなので
しょうか?また、今回の白色雑音とどのような関係があるのですか?

もし知っていることがあれば何でも結構なので、ぜひ教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

白色雑音と言うのは周波数の全域にわたって、全ての周波数の波が同じ程度の強さで確率的に発生すると言うものです。

まず、「オシロスコープ」と「スペクトラムアナライザ」は形は似ていても全く違うものです。

「オシロスコープ」は波形を見るものであり、「スペクトラムアナライザ」は波形を「フーリエ展開」した分布を見ています。

オシロスコープ・・横軸:時間・・・縦軸:波の強さ
スペアナ・・・・・横軸:周波数・・縦軸:周波数ごとの波の強さ

参考URLにでている白色雑音のスペクトラムを見れば、これに似た波形が「スペアナ」に出ればそれが、白色雑音ということになると思います。

参考URL:http://eieweb.yz.yamagata-u.ac.jp/~kkondo/infocomm-ohp/lec3/lec3.files/v3_document.htm

QP型拡散層抵抗で20kΩを設計するには

P型拡散層抵抗で20kΩを設計するにはどうしたらよいでしょうか。ただし、パタン幅は3μm、シート抵抗は300Ω/、コンタクト抵抗は1個あたり20Ωです

Aベストアンサー

ANo.1です。
間違ってました。修正します。

パタン幅というのは拡散層抵抗のパターン幅のことですね?
抵抗は2箇所のコンタクト(メタル配線との接続点)があるので、全体で 20 kΩ の抵抗を作るには、拡散層抵抗の抵抗値を 19960 Ω とすればいいことになります。シート抵抗というのは、幅と長さが等しい正方形(□)の抵抗値の意味なので、幅 W (μm)、長さ L (μm)のパターンの抵抗値 R(Ω)は
   R = シート抵抗*L/W
になります。今の場合、シート抵抗 = 300 (Ω/□)、W = 3 (μm)なので
   19960 = 300*L/3 → L = 199.8 μm

Qオシロスコープについて

 オシロスコープについて、教えてください。  難しい専門的な用語はわかりませんので、よろしくお願いします  。超音波の発信源を突き止めたいのですが、 コンクリートの壁がある場合、 オシロスコープでも確認できますでしょうか?  又、 発信源を探す方法に何か簡単な方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

使えなくなったチャッカマンを分解します
中に圧電素子があるのでその線をオシロスコープの入力につなぎます
圧電素子をコンクリートの壁に当ててオシロスコープを調整します
壁に超音波振動があれば何らかの波形が見られる
はずです

オシロスコープにつないだままで圧電素子を叩かないでください
圧電素子の代わりにクリスタルレシーバーのロッシェル塩やレコードプレイヤーのカートリッジをつないでも検出できます
というかこちらのほうが感度はいいです

Q1Ωの抵抗値について

抵抗で1/6W1Ωというものを見ました。普段は車用に360Ω等の大きな値しか使わないのですが、この1Ωはどのような用途に使うのでしょうか?

Aベストアンサー

小さい抵抗値の抵抗器の用途に電流検出があるようです。
例えば、1Ωの抵抗器ならば、50mAの電流が流れた場合、
両端の電位差(電圧)は50mVで電力は2.5mWというように電圧降下も小さく、消費電力も小さくなるので
小さい抵抗値が使われるのでしょう。
1Ω1/6Wの抵抗器なら約400mAまでの電流で使えます。

参考URL:http://www.koaproducts.com/basic/ba2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報