直列接続した電池の減りが均等でないんです。
原因は何でしょうか?対応策等あれば、あわせて教えていただきたいです。

機器は子供のおもちゃで、音楽とともにキャラクター人形がタップを踏むものです。LR44を直列に3個使用します。電池寿命は短く実動2時間程度と思われます。(取説記載の作動時間も短いです)
動かなくなって取り外した電池の電圧を購入したテスターで測定してみると、ほとんどの場合、1.2V程度が2個、0.6~0.8V程度が1個という組み合わせになっています。

すでに電池を100個程度買っており、家計圧迫と資源保護の両面から切実な問題となっています。
(ACアダプタから電源がとれれば解決なんですが・・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

> 動かなくなって取り外した電池の電圧を購入したテスターで測定してみると、ほとんどの場合、1.2V程度が2個、0.6~0.8V程度が1個という組み合わせになっています。



・それで正常です。

アルカリ電池の放電特性は・・・
・電圧=ギリギリまでフラット、限界点を越えた瞬間に、急激に電圧は落ち込む。
1.5V~1.1V位までは、ユックリ電圧降下。
1.0V~0.9V位が限界点となり、それ以降は急激に電圧降下。

・電流=使用時間に応じて、滑り台の斜面のように落ちて行く。

電池の有無は、本来「電流」を測るモノで「電圧」測定は目安にしかなりません。
LR44ならば、電流計と電圧計を使用し、電池からの出力電流を0A~0.5A程度、可変し、何Aまでならば電圧降下が発生しないか?により判断出来ます。
新品の電池ならば、0.5A程度を瞬間的に取り出しても、電圧はほとんど変動なし。
寿命に近い電池ならば、0.1A程度取り出しただけで、電圧が降下するワケです。

すべての電池は、個体差があります。
3個直列で使用した場合、3個とも一緒に出力します。
そして、個体差で、尤も劣特性の電池が限界点を超えて、一気に電圧が落ちただけの話です。

だから、3個の内、0.6V~0.8Vの電池以外の1.2Vの電池もちゃんと寿命近くまで使用されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
電圧を見ると1つだけが低いように見えるが、それは限界点以降の電圧降下が大きいためで、数値ほどの差は無い。
差が発生する原因は個体差。
・・・ということですね。

コンスタントに電圧の差が発生するが、電池にそこまでのばらつきはないだろう、と考えていましたが、理解できた気がします。

お礼日時:2011/04/16 02:25

ANo.5です。



>日本でも送料無料になるのですかね?(海外サイトで英語なのでちょっと不安です)

はい。送料無料で届きます。
私もよく利用しますので。
ただし、在庫有りの商品でも2週間ぐらいかかります。
在庫無しだと1ヶ月から、長いもので半年ぐらいかかったことがあります。
時間に余裕を持って注文されると良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなりましたが、ありがとうございました。
みなさまのアドバイスにより、通販で安く買うことができ助かりました。

お礼日時:2012/01/15 21:07

No.4さんの回答が正解ですね。


LR44はボタン電池ですが、中身はアルカリ電池と同じです。
特性としては1.2vまで落ちていればもうほとんど残量はありません。

安価なLR44ならこちらの方が安いですよ。
50個で400円ぐらいです。
送料も無料ですし。
中国製なので品質は・・・?ですが。
http://www.dealextreme.com/p/cell-battery-ag13-l …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そういうことなんですね。
安いですね。50個くらいなら確実に使うと思います。
日本でも送料無料になるのですかね?(海外サイトで英語なのでちょっと不安です)

お礼日時:2011/04/16 02:35

質問の回答ではありませんがお子さまのために・・



LR44 10個で100円
http://akizukidenshi.com/catalog/c/clr44/

資源保護にはなりませんが、家計は助かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
安いですね。現在の消費量だと送料払ってもペイできそうです。

お礼日時:2011/04/16 02:12

LR44は、ボタン電池というものですね。


本来、こういったボタン電池は、モーターの駆動のような、大電流を
流す事は用途として適切ではありません。
では、どういう使用が適切かといいますと、時計やPCのバックアップ
電池などの、超低電流長時間で本来のパフォーマンスが発揮出来ます。

直列で2時間程度というのは、相当電池に負担を掛けていると思いますが
外した直後、結構熱を持っているのでは?
電池(特にボタン電池)は、熱を持つと寿命が縮む傾向にあるようです。

3つを直列につなぐということは、必ず電池にサンドイッチになっている
電池が1個あるはずです。その真ん中に位置する電池の温度が、挟まれる
事により、端の2個の電池より温度が上がる事により劣化が早まり
0.6~0.8Vの電圧になっているのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たしかに適切な使い方ではないですね。寸法が大きくなってもいいので単3か単4だったらいいのに、と思っています。
ただ、電池は熱をあまり持っていないように思います。気にしていないだけかもしれませんが・・・。
電池を装着したときの配置ですが、3個を平面的に装填するようになっていますので、熱的に有利不利がでにくい配置と思います。

お礼日時:2011/04/16 02:05

電池の容量についてはテスターでは分かりません。

テスターで電圧を見るのはほんのかすかな電池の余りでもテスターでは1.5Vの所に針が行く場合が多いです。デジタルテスターならもっとそうです。1.2ボルトも0.8ボルトも全く余りが無いという事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かにテスターはデジタルのものを使っています。
最近では、0.8V程度まで下がったものの代わりに、交換済みの1.2V程度のものに交換(すべて1.2V程度のものを使用)することで対処し、しばらくは使用できます。
ということで、やはり1個だけ消耗度合いが大きいのではないかと考えています。

お礼日時:2011/04/16 01:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLCフィルタの直列共振と並列共振について質問です。

LCフィルタの直列共振と並列共振について質問です。

LCフィルタを作る場合、直列接続と並列接続の2パターンがあると思います。
ただし、どちらで作っても同様の特性が得られるにも関わらず、直列と並列で使い分けられているのはなぜでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>「2 段π型 LPF」が並列で、「2 段 T 型 LPF」が直列 .....

…ですね。

>>通常は C のサイズが L よりも小さく、また C のほうがハイ Q なので
>とのことですが、この部分がよくわかりません。

L の個数が少ないπ型のほうが、小型化できるし、パスバンド内の損失を少なくできる、ということです。
  

Qマイクの電池の減り方について教えて下さい。

マイクの電池の減り方について教えて下さい。
マイクに電池を入れ、コードをジャックに差す昔ながらのマイクを使用した場合、手元のスイッチをOFFにした後、マイクコードを挿したまましまう(片付ける)のと、マイクからコードを抜いて離してしまうのとでは、マイクに入れてある電池の減り方って変わってくるのですか?

電池をそのつど抜けばいい、とかは今回あえて考えないものとしてお願いします。

Aベストアンサー

変わりません。
電源OFFではマイクとして機能していないので、コードの状態は無関係です。

Q並列、直列接続時の電流と電圧の測定

電球が2個接続されている直列、並列接続(2列)において、

直列
電流はどのポイントを計っても一緒
電圧は2点間の和

並列
電流は並列部分の和と直列部分の電流と一緒
電圧はどのポイントを計っても一緒

これは小学校の理科で教わりますが、電流は川の流れのイメージですが、
電圧はなぜ、上記のようになるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

川の流れでご理解されているようですので、それに沿って考えてみますと、電圧は高低差によくたとえられます。

直列では、川は1本ですから、流れる水の量(電流は)どこでも一緒、高低差(電圧)は2つの電球の高低差を足したものとなります。

並列では、川は2本ですから、流れる水の量はそれぞれを足したもの、川の分岐点と合流点は同じ場所なのでこの2点間の高低差は同じになります。


http://www.kangaeru.org/rika-denki.pdf
ご参考までに。

Q充電式電池単三系(1.2V2000mAh)5本を直列で接続し、電子装置

充電式電池単三系(1.2V2000mAh)5本を直列で接続し、電子装置の電源として利用したいのですが、充電池を直列にして、溶接?する方法ってありませんか。

Aベストアンサー

ANo.3 です。URL貼り忘れました
http://www.inedenki.co.jp/

Q並列と直列

こんにちは。
中学生で今電流を勉強しています。

よくある問題のようですが、いまひとつ納得できません。


直列・並列で二つずつ豆電球を繋ぎます。同じ電圧の電源を使い、抵抗も同じ新しい豆電球を使ったとしましょう。どの豆電球がいちばん明るいでしょう?

直列回路と並列回路では、豆電球には並列回路のほうが大きな電圧がかかっています。それで、並列回路のほうが豆電球1個に大きな電流が流れ、直列回路の豆電球より明るくつくことになります。

この問題で「直列では電流はどこでも同じ(どこでも例えば10)」「並列では電流は、電源部分の電圧=抵抗部分の電流1+抵抗部分の電流2(10=5+5)」だから直列の方が明るくて、並列の方が暗い。と考えてしまって納得できません。

電圧だけで考えると「直列では10=5+5」「並列では10=10=10」で並列の方が大きいというのは理解できています。

1、「明るさ」=電流の大きさと考えるのがおかしいのでしょうか?
「明るさ」=電圧の大きさと考えるべきなのでしょうか?
2、電源装置の電圧が10Vだとすると、上記の問題の場合、電圧・抵抗・電流というのはどのようなバランスになるのでしょうか?

どなたかぜひお助けください!

こんにちは。
中学生で今電流を勉強しています。

よくある問題のようですが、いまひとつ納得できません。


直列・並列で二つずつ豆電球を繋ぎます。同じ電圧の電源を使い、抵抗も同じ新しい豆電球を使ったとしましょう。どの豆電球がいちばん明るいでしょう?

直列回路と並列回路では、豆電球には並列回路のほうが大きな電圧がかかっています。それで、並列回路のほうが豆電球1個に大きな電流が流れ、直列回路の豆電球より明るくつくことになります。

この問題で「直列では電流はどこでも同じ(...続きを読む

Aベストアンサー

まず、電球の明るさを決めるのは電力W=電流I×電圧Vです。

回路の問題を解くには、まず電圧に注目してください。電流はオームの法則により、電圧によって決まる、と考えればよいです。水を送り出すポンプでもそうですが、決まったサイズの水路に多くの水を送り出すには水圧が必要です。水圧によって送り出す水量が決まるわけで、送る水量を決めてから水圧を決める、と考えるのはポンプを使う人にとってはちょっとおかしいな発想でしょう。通常は『あ、この位の勢いで水を流すとこの位の水量が流れるのかぁ』って考えをすると思います。

電源の電圧V=100だとしましょう。豆電球の抵抗もR=100です。簡単のため単位は省きます。

並列回路は、今の場合おそらく二つ豆電球が二つに分岐した回路の各々に設置されているわけですが、この場合豆電球にかかる電位(電圧)は100ずつですよね。ってことは、流れる電流はオームの法則よりI=1です。よって各々の豆電球の電力W=100になります。

直流ですと一本道の回路に二つの豆電球がいる訳ですから、電圧V=100を二つの豆電球が分ける事になります。つまり電圧50ずつしか仕事をしなくてすみます。分担作業なのです。この場合電流I=1/2ですね。よってW=50になるでしょう。

そもそも直列と並列では電流が違うのです。電圧(電位)はよく水路の高さに例えられます。水路が二手に分かれ100mの落差が二つある水路の各々の出口(高さ0の地点)に水車を用意するのと(並列)、100m落差の一本道の水路に50m間隔に二つの水車を設けるのと(直列)では、どちらの水車が勢いよく回るか?答えは明白です。

直列回路は電流一定、配列は電流が和、だから直列の方が並列の電流の二倍!という考えは違うのです。

かなり大雑把な説明ですが、この類の問題は、高校や大学で電位やらポテンシャルやらという概念を習うと分かりやすくなると思います。

まず、電球の明るさを決めるのは電力W=電流I×電圧Vです。

回路の問題を解くには、まず電圧に注目してください。電流はオームの法則により、電圧によって決まる、と考えればよいです。水を送り出すポンプでもそうですが、決まったサイズの水路に多くの水を送り出すには水圧が必要です。水圧によって送り出す水量が決まるわけで、送る水量を決めてから水圧を決める、と考えるのはポンプを使う人にとってはちょっとおかしいな発想でしょう。通常は『あ、この位の勢いで水を流すとこの位の水量が流れるのかぁ』って...続きを読む

Qエネループの使用中の電池の減り方は?

 充電池(ニッケル水素電池)を普段から使用していますが、ちょっとでも放っておくと、すぐ自然放電してしまうのがネックでした。そこで、こういった問題を解決したと言われている、サンヨーのエネループの購入を考えています。

 ただ気になるっているのが、実際に使用している間、どのように電圧が減っていくのか、ということです。つまり、マンガン電池のように徐々に減っていくのか、それともアルカリ電池のように、容量が切れる寸前までほぼ同じ電圧を保つのか、ということです。

 エネループを実際に一番使いたいのが、電池を使ったスピーカーでして、このスピーカー、普通の充電池(ニッケル水素電池)を使っていると、使っている内に音が割れてくるんです。これを何とかしたくってエネループを買おうと思ったんですが、エネループでも実使用中の電圧減少特性が同じなら、結局無駄買いになってしまうので、特にこの点について知りたいんです。アドバイス、よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

昨年11月にサンヨーから発売された新製品ですね。

わたしは使ったことがないので、情報に基づく意見しか書けませんが・・・

メーカーサイトによると、この電池の特長は、
 1.充放電回数が多い(約1000回、これは今までの電池の約2倍)
 2.保存中の自己放電が少ない
 3.メモリー効果が少ない(つぎ足し充電OK)
に要約されるようで、これは事実でしょう。
しかし、放電中の電圧が高く維持されることは、記載されてはいません。
http://www.sanyo.co.jp/eneloop/what/what.html

実測データがありました。
http://www.oct.zaq.ne.jp/i-garage/dimage/newbat.htm#ENELP

これは種々のNi-MH電池を、「定抵抗1Ω」で放電したデータを記載しています。
1Ωですから最初は、1.2A流れます。単3型電池にとってはかなりキビシイ条件です。
ただ、あえて意見を言うなら、充電池の性能調査は、本当は「定電流」で行うべきです。
「定抵抗」では、他電池との比較はできても、絶対値が求まりません・・・が他に
実測データは見付からないので、これで評価することにしましょう。

最初から6番目の「充電後1週間経過」のグラフを見てください。
1.2V以上の期間が極めて長いことが表示されています。
これに対してマクセルは、最初から1.2Vを切っています。

このデータは、あまりにも開きが大きいです。
panaのHHR210Aのデータからは、1.2V以上の期間が半分くらいあります。
(図8の1ltの方・・・1ltは2.1A放電であるから、上記テストより厳しい条件)
http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf/ACG4000/ACG4000PJ2.pdf

私見ですが、どうもこのデータは、あまりにも開きが大きく、メーカーの提灯持ちのような感じで、
うさん臭い気がします。(^_^;)
今迄、1A放電でこれほど長く1.2V以上が維持されるデータを見たことがありません。
だからこそ、「新世代の電池」と言われる所以なのかもしれませんが、それならそうと、
そのことがメーカーサイトの宣伝に記載されていてもよいのではないでしょうか?

ま、しかし、それほど高いものでもありませんので、(通販では@300で購入できる
ところもあるようです)、一度購入されて、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

最後になりましたが、使っているうちに音が割れるのは、1.1Vくらいで増幅器の特性が
飽和するためです。
充電式電池の終止電圧は一般に1.0Vとされていますから、本当はここまで性状に動作するように
設計されていなければならないのですがどうやらそうなっていないように思われます。
本当は、この方に(アンプの方に)問題があるのですが、いまさらこれを言っても仕方ないので、
これを言うのはやめておきましょう。

また、ご質問中段のご質問ですが、マンガンもアルカリも放電電圧はダラダラと下がって行きます。
(リチウムも・・・)
ニッカド、Ni-Hは放電終止付近まで1.2V付近を維持するのが、これら電池の特徴です。
(上記資料参照)

参考URL:http://www.oct.zaq.ne.jp/i-garage/dimage/newbat.htm#ENELP

昨年11月にサンヨーから発売された新製品ですね。

わたしは使ったことがないので、情報に基づく意見しか書けませんが・・・

メーカーサイトによると、この電池の特長は、
 1.充放電回数が多い(約1000回、これは今までの電池の約2倍)
 2.保存中の自己放電が少ない
 3.メモリー効果が少ない(つぎ足し充電OK)
に要約されるようで、これは事実でしょう。
しかし、放電中の電圧が高く維持されることは、記載されてはいません。
http://www.sanyo.co.jp/eneloop/what/what.html

実測データがあ...続きを読む

Q太陽電池の並列接続と直列接続

タイトルのとおりです。
太陽電池の並列接続と直列接続の違いはどういうことですか?
もちろん接続法の違いは分かるのですがそれぞれ並列接続するとどうなるか、直列接続するとどうなるか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

太陽電池1セルあたりの電圧は0.45V位です。
並列接続の場合、電圧0.45V、電流は面積に比例して流れます。
直列接続の場合、電圧は0.45V×直列段数、電流は単位セルの面積に比例して流れます。
通常は負荷となるものが数V以上必要(電子回路の場合は3V、5V等、鉛電池の場合は6V、12V等)なため、所望の電圧値になるように太陽電池を直列接続にして使います。
直列接続にした場合、そのうちの一つのセルが陰になった場合、太陽電池はまったく発電できません。例えば、一つのセルが葉っぱで半分しか光が当たらない場合は全体の出力も半分になってしまいます。
それに対して、並列接続の場合は陰になっている部分以外は出力できます。太陽電池面積の1割だけ光が当たらない場合は9割の出力が可能です。
ただし、出力電圧が0.45Vなので昇圧しないと使えません。そして電圧が低い分大きな電流が流れることになります。
昇圧するにしても昇圧回路までにたどり着くまでの損失は抵抗×電流^2になりますので、昇圧回路を太陽電池のすぐ近くに置く等の工夫が必要となります。また、普通の昇圧回路では効率が悪いため、マルチフェーズなど手の込んだものが必要となってきます。
回路のコストがかかっても、陰に対してのリスクを軽減する必要がある用途があれば使われる手法かもしれません。

太陽電池1セルあたりの電圧は0.45V位です。
並列接続の場合、電圧0.45V、電流は面積に比例して流れます。
直列接続の場合、電圧は0.45V×直列段数、電流は単位セルの面積に比例して流れます。
通常は負荷となるものが数V以上必要(電子回路の場合は3V、5V等、鉛電池の場合は6V、12V等)なため、所望の電圧値になるように太陽電池を直列接続にして使います。
直列接続にした場合、そのうちの一つのセルが陰になった場合、太陽電池はまったく発電できません。例えば、一つのセルが葉っぱで半分しか光が当たらな...続きを読む

Q複数本使用時の電池の減り方

単四電池3本のものがあるとします。
電池の減り方はどうなっているのしょうか?

一本の電池を消費~2本目~3本目
または
均等に電池を消費して全て切れるまで

Aベストアンサー

 チョット一言

 3本の電池が並列に接続されているとします。
 (通常この様な使われ方は殆ど有りませんが)
 1本の電池が先に劣化して電圧が下がると他の電池が其の電池を充電しようとします。(乾電池は充電出来ません)
 この為他の電池に余計な負荷が加わり、全ての電池の寿命が短くなります。

 3本の電池が直列に接続されている場合は他の回答者様の回答通りですが、電池には製品にバラツキが有りますので即液漏れや機器を損傷する事は有りませんが、電池の消耗が確認されたら出来るだけ早く電池を外す事を御勧め致します。

Qコンデンサの直列か並列か

よろしくお願いします。
コンデンサを勉強しているのですが、直列と並列をときどき間違えてしまいます。簡単な回路だと一本につながったのが直列で二手にわかれてまた一つになるのが並列だと思うのですが、スイッチやコンデンサ、電池が少し複雑にからむととまどってしまいます。

問題
回路
電池(-+) - スイッチS1 - コンデンサC1 - スイッチS2- コンデンサC2とC3が並列 ー 電池(-+)にもどる
問題
S1だけを閉じる。
1)C2の電圧V2はいくらか。
2)次にS1を開き、S2を閉じる。C1およびC2の電圧はいくらになるか。
1)はわかったのですが、2)の状態がいまいちよくわかりません。
解説には、2)では、並列になっている、とあります。
実はここが少し?で、自分は直列でないかと思うのです。
確かにS1とS2両方のスイッチが閉じていれば、C2とC3は並列だと思いますが、2)では、S1は開き、S2は閉じています。
ということは、このときの回路は、

S2-コンデンサC3-コンデンサC2-S2にもどる
というふうになっていませんか?
ということは、これは直列回路ではないかと思うのです。
どうして並列になるのでしょうか?教えていただけませんか?

このほかの問題でも直列と並列を間違えてしまうことがあります。
なにか直列と並列を見分けるときのコツなどあるのでしょうか?
もしあれば、教えていただきたいと思います。
よろしくお願い致します。

よろしくお願いします。
コンデンサを勉強しているのですが、直列と並列をときどき間違えてしまいます。簡単な回路だと一本につながったのが直列で二手にわかれてまた一つになるのが並列だと思うのですが、スイッチやコンデンサ、電池が少し複雑にからむととまどってしまいます。

問題
回路
電池(-+) - スイッチS1 - コンデンサC1 - スイッチS2- コンデンサC2とC3が並列 ー 電池(-+)にもどる
問題
S1だけを閉じる。
1)C2の電圧V2はいくらか。
2)次にS1を開き、S2を閉じる...続きを読む

Aベストアンサー

「直列接続か並列接続か」を論じるのなら、
「どことどこの間が」の2点を明確にする必要があります。
「この間の接続状態についてどうなのか」ということです。

そしてその2点間に電圧(電位差)を与えた時の電流の流れ方により
ハッキリします。(電池を繋いだ状態に相当します)

質問文、問題の C2 と C3 について、 C2 の両端(=C3 の両端) の
2点間に於いて、 C2 と C3 は「並列接続」ですよね。
2点間に電圧(電位差)を与えると電流は、C2 を通る経路と C3 を通る経路の
2経路、つまり「並走」しています。
電流が「並」走するのが「並」列です。

まぁコンデンサですから、電流はすぐ流れなくなりますが。



> S2-コンデンサC3-コンデンサC2-S2にもどる
> というふうになっていませんか?
> ということは、これは直列回路ではないかと思うのです。

この解釈の場合、「2点」とはどことどこでしょう?
スイッチS2 は閉じてるので導通状態ですよね、「もどる」とも
書かれてるように、2点になっていなく同一点を指しています。

これでは「2点間に電圧を与える」ことができないし、
電流も流れません。
ループ状の閉回路を、電流は勝手に流れてはくれないのです。


「じゃあ、2点なら、例えば 1mm でも間をあければいいのか?」
というと、実はそうなんです。
その2点に着目すると、
「C2 と C3 の直列接続」と 「長さ 1mm の導線」の並列接続状態です。
C2 と C3 は直列なんです。

ただしこの例は、
電気回路...直列・並列、合成容量の求め方を学習する教材としては
不適切(余計なことも考慮しなくてはならない)なので使いません。

(現実にはここまで考慮しなくてはならない場面も生じることもありますが。)

というわけで、「C2 , C3 は直列接続」と呼ぶのは一般的には不適切です。
交互に行います

「直列接続か並列接続か」を論じるのなら、
「どことどこの間が」の2点を明確にする必要があります。
「この間の接続状態についてどうなのか」ということです。

そしてその2点間に電圧(電位差)を与えた時の電流の流れ方により
ハッキリします。(電池を繋いだ状態に相当します)

質問文、問題の C2 と C3 について、 C2 の両端(=C3 の両端) の
2点間に於いて、 C2 と C3 は「並列接続」ですよね。
2点間に電圧(電位差)を与えると電流は、C2 を通る経路と C3 を通る経路の
2経路、つまり「並走...続きを読む

Qマイクの電池の減り方について教えて下さい。

マイクの電池の減り方について教えて下さい。
マイクに電池を入れ、コードをジャックに差す昔ながらのマイクを使用した場合、手元のスイッチをOFFにした後、マイクコードを挿したまましまう(片付ける)のと、マイクからコードを抜いて離してしまうのとでは、マイクに入れてある電池の減り方って変わってくるのですか?

電池をそのつど抜けばいい、とかは今回あえて考えないものとしてお願いします。

Aベストアンサー

タイムスリップしたのかと思いました。
http://okwave.jp/qa/q5942024.html

大丈夫ですか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報