ギリシャ語で起点・出発点という意味のΑφετηρία【Afetiria】ですが、
読み方はアフェテリア、アフェティリアのどちらが正しいのでしょうか。

ギリシャ語に詳しい方、お教え下さい。

因にグーグルの翻訳機能ではアフェテリアと発音している様に聞こえました。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

アフェティリアだと思います。

Googleでは確かにテかティか判断付きにくいですが現代語では η は [i] です。古典語にこの単語があったのかは分かりませんが古典語では η は長い「エー」です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギリシャ語

ギリシャ語といえば、ラテン語と並んで古くから西洋人に教養語として学ばれてきた言語ですね。そして、
現在でも ギリシャでは日常的に話されている言語でもありますよね。

そこで質問ですが、古典ギリシャ語と現代ギリシャ語はどの程度違うのでしょうか? ラテン語とイタリア語ほどには かけ離れてはいないと思うのですが。

Aベストアンサー

 ちょうど中英語と現代英語との関係に似ています。つまり文字体系とつづり方はほぼ共通で、一方発音のほうは体系的な変化の前後で大幅にかつ規則的に異なっています。ギリシャ語はイオタシズム(イ音化)と呼ばれる母音体系の歴史的変化を経て現在の形になっているのですが、これは古典語のι(イ/イー)、ει(エイ)、η(エー)、ηι(エーィ)、οι(オイ)、υ(ユ/ユー)がいずれも近代語でι(イ)の音に規則的に変わったというもので、いわば大母音推移のギリシャ語版とでもいうような存在です(ギリシャ語の歴史的音韻変化はもちろんこの他にも色々あります)。
 発音が変わってもつづりが比較的変わらず昔のまま残ったこと、名詞の格変化がシステムを変えながらも現代語に残っていることなどの保守的な特徴から言えば、古典ギリシャ語と現代ギリシャ語が「ラテン語とイタリア語ほどには」違わないと言うのは間違った見方ではあるまいと思います。
 ちなみに実は私も似た疑問を持ち、大学でギリシャ語・西洋古典文学を教えている先生(実際にギリシャ留学の経験あり)に「現代のギリシャ人は古典ギリシャ語の文を読むことができますか」と尋ねてみたことがあります。すると「詩ならともかく、散文ならば楽に読める」とのことでした。ただしこれはカサレヴサ(文語)で教育を受けた世代についての話で、社会主義政権がズィモティキ(口語)を公用語化して新正書法まで定めた1978年より後に教育を受けた世代の人は「昔の難しい本が読めなくなってしまった」と上の世代の人たちを嘆かせているそうです。

 ちょうど中英語と現代英語との関係に似ています。つまり文字体系とつづり方はほぼ共通で、一方発音のほうは体系的な変化の前後で大幅にかつ規則的に異なっています。ギリシャ語はイオタシズム(イ音化)と呼ばれる母音体系の歴史的変化を経て現在の形になっているのですが、これは古典語のι(イ/イー)、ει(エイ)、η(エー)、ηι(エーィ)、οι(オイ)、υ(ユ/ユー)がいずれも近代語でι(イ)の音に規則的に変わったというもので、いわば大母音推移のギリシャ語版とでもいうような存在です(ギリシャ語の...続きを読む

Qディオゲネスが言ったという"παρρησία"の意味は表現の自由で正しいのですか?

παρρησίαは辞書にはfreespokenness, opennessなどの訳語も有ります。
もっと違う良い言い表し方があるのでは?

Aベストアンサー

フリーで見ることができるLSJ9のデータですと

A. outspokenness, frankness, freedom of speech
2. (in bad sense,) licence of tongue
3. freedom of action
4. liberality, lavishness

とありますから、間違ってはいないのではないでしょうか。

Qラテン語・ギリシャ語の語源辞書・対英独仏語

インド・ヨーロッパ語族の言語を勉強するときに、ラテン語・ギリシャ語が語源、あるいは接頭辞をもつ単語に出会いますが、それらを集めた、英語、ドイツ語、またはフランス語の辞書は存在しますか?ご存じでしたら教えていただきたくお願いいたします。また、辞書以外に関連する書物、サイトなどがあればご教示ください。

Aベストアンサー

http://www.lexilogos.com/etymologie.htm

語源辞書リンク集です。すべて内容を確認したわけではありませんが、
Etymologie francais 以下にまとめられているあたりをご覧ください。「インド・ヨーロッパ語族の語源辞典」は、ラテン語・ギリシャ語などからさらに遡ることになりますので現代語の学習に役立つ内容ではないと思います。

>ラテン語・ギリシャ語が語源、あるいは接頭辞をもつ単語に出会いますが、それらを集めた、英語、ドイツ語、またはフランス語の辞書は存在しますか?

The First Book of Etymology
あたりがお探しの書物ではないでしょうか。

Qギリシャ語の読み

翻訳サイトで蟻をギリシャ語に変換したらΜυρμήγκιαと出てきました。
どういう読みになるのか詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
ミルミンギだったと思います。

Qヘブライ語・ラテン語・ギリシャ語がわかる方!

別の質問でキリスト教について教えてもらい、
ヘブライ語・ラテン語・ギリシャ語に少し興味を持ちました。

そこで、まず最初は数の数え方から覚えてみようとネットで探したのですが、
ギリシャ語の数字は「ミゼン、エナ…(中略)…エネヤ、ゼカ」というのは、見つけましたが
他の言語は、見つかりませんでした…(^_^;)

そこで、ラテン語・ヘブライ語での、数の数え方(0~10まで)を教えてください。
(カタカナで読み仮名を書いていただければ嬉しいです…)

また、ヘブライ語・ラテン語・ギリシャ語の挨拶や簡単な単語が載っているサイトや本等がありましたら、教えていただければ幸いです。
(真剣に学習を始めたわけでなく、まだ興味段階なので、あまりに高い本などは買えません…/汗)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、ラテン語では、

0  nihil ニヒル(なにもない、虚無の意)
1  unus ウーヌス
2  duo ドゥオ
3  tres トゥレス
4  quattuor クァットゥオル
5  quinque クィンクェ
6  sex セクス
7  septem セプテム
8  octo オクト
9  novem ノヴェム
10  decem デケム

英語の9月から12月までが、本来7月から10月までの呼び名であったことがわかりますね。

ヘブライ語では、(聖書ヘブライ語ではなく、現代語ですが)

0  efes エーフェス
1  ekhad エハードゥ akhat アハートゥ
2  shnayim シュナーイム shtayim シュターイム
3  shloshah シュロシャー shalosh シャローシュ
4  arba’ah アルバアー arba’ アルバー
5  khamishah ハミシャー khamesh ハメーシュ
6  shishah シシャー shesh シェシュ
7  shiv’ah シヴアー sheva’ シェーヴァ
8  shmonah シュモナー shmoneh シュモネー
9  tish’ah ティシュアー tesha テーシャ
10 ‘asarah アサラー ‘eser エーセル

左が男性形、右が女性形です。
文字はここには表示できません。

まず、ラテン語では、

0  nihil ニヒル(なにもない、虚無の意)
1  unus ウーヌス
2  duo ドゥオ
3  tres トゥレス
4  quattuor クァットゥオル
5  quinque クィンクェ
6  sex セクス
7  septem セプテム
8  octo オクト
9  novem ノヴェム
10  decem デケム

英語の9月から12月までが、本来7月から10月までの呼び名であったことがわかりますね。

ヘブライ語では、(聖書ヘブライ語ではなく、現代語ですが)

0  efes エーフェス
1  ekhad エハードゥ ak...続きを読む

Qギリシャ語の読み方を教えてくださいcalonita

ギリシャ語の読み方(カタカナ発音)を教えてください。

1つ目は: CALONITA

ヘロデ王の肖像(?)の、19世紀の銅版画の枠に、CALONITA  HERODES の文字表記があるのですが・・。
 HERODESは、日本人が発語する際は、「ヘロデス」 で良いのではないかと。

2つ目は: athere

文中に
ギリシャ語で粥を意味する athere から来ている(アテローマ・・・動脈硬化の主な病変である脂肪の層である)
とあるのですが・・。

どちらも音声発声の必要があるので、ギリシャ語が得意な方、カタカナ読みをどうか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

athere は ἀθήρη ですから古典ギリシア語では アテーレー です。

CALONITA は ASCALONITA ではないでしょうか。
http://www.google.co.jp/search?q=ascalonita+herodes&hl=ja&prmd=imvnsb&ei=nviTTq-eEeKNmQWk7unpBg&start=10&sa=N&biw=988&bih=853

Ascalonita とは Ashkelon (=Ascalon) の人、という意味のラテン語で、Ascalonita Herodes は アスカロニタ・*ヘーローデース となります(*ギリシア語形 Ἡρῴδης に基づく読み。ラテン語では母音の長短が異なることがありますが、あまり正確さが必要でないなら長音は無視してもかまわないでしょう)。

Qギリシャ語の呼び掛け

ギリシャ語で相手(男性から女性)を呼ぶとき、
「アガーピ ムー」や「○○(名前)ムー」というように、後ろに「ムー(私の)」をつけて愛情を表す呼び方をすると聞いたことがあるのですが、
「ムー」以外の、名前の前後などにつける呼び掛けの言葉って他にご存知の方いないでしょうか?

フランス語での「プティ」や「ミミ」など、ちょっと可愛らしい語感の呼び掛けの言葉をギリシャ語で探しています。


一般的な呼び掛けでなくても、○○(名前)の前後につけたら素敵だな…っていう言葉でも構いません。

当方ギリシャ語はまったく詳しくないので、出来たら【ギリシャ語(フリガナ)意味】をセットで教えて頂けると助かります☆


ギリシャ語に詳しい方!どうかお力を貸して頂けると助かります。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

【lulu】という単語自体は現代ギリシャ語では存在しないはずです。
何か特別用語で無い限【luludi(ルルーディ)花】という単語の頭の部分であり単語としてはギリシャ語では成立していないはずです。
 ギリシャ語から変化したラテン語ということも考えられますがラテン語はわかりませんので詳しくお答えは出来ません。
 ほかに可能性としては古典ギリシャ語で使用できる可能性と、現代ギリシャ語で口語的に使える可能性があると思います。ただし基本的には【luludi】で、その意味が【花】なのですが、時に花=美しいということから美しいという意味にも使えるということです。説明不足で申し訳ありません。


では、【幸せ・幸福】と【愛】について、
【幸せ・幸福】=【eftixa(もしくはeftihea)エフティヒア(もしくはエフティヒア)】
【愛】=【agapy(もしくはagapy)アガーピ】

というのが一般的です。
単語への補足説明は【私の~】の形に当てはめるならば【私の】が後ろに付き、前に~の部分がきます。

たとえば会話や呼びかけのときに【美しい女性】は
【オモルフィ イネカ】ということがあります。
女性名詞、定冠詞、や動詞の単語一つで相手が誰かなどを表すギリシャ語なので文章では
【イ イネカ イネ オモルフィ】(その女性は美しい という訳になります)となって間にbe動詞にあたるものが入り説明がうしろにつきます。
ですがギリシャ語は単語でも理解できるものという先の説明が功をそうしており会話では【オモルフィ イネカ】で問題なく使えます。

つまり完結に言えば
英語のa beautifl woman と同じように使うのならば同じ語順でかまわないということになります。

最後だの説明だけでも良いとは思ったのですが、ギリシャ語のつくりを一応説明しておいた方が宜しいかと思い長い文になってしまいました。申し訳ありません。

【lulu】という単語自体は現代ギリシャ語では存在しないはずです。
何か特別用語で無い限【luludi(ルルーディ)花】という単語の頭の部分であり単語としてはギリシャ語では成立していないはずです。
 ギリシャ語から変化したラテン語ということも考えられますがラテン語はわかりませんので詳しくお答えは出来ません。
 ほかに可能性としては古典ギリシャ語で使用できる可能性と、現代ギリシャ語で口語的に使える可能性があると思います。ただし基本的には【luludi】で、その意味が【花】なのですが、時に花=...続きを読む

Qギリシャ語のdilemmaは、もともと葛藤の意味のディレンマではなく、

ギリシャ語のdilemmaは、もともと葛藤の意味のディレンマではなく、ただの二値論理、という意味だったということはないでしょうか?

Aベストアンサー

二つの前提とか命題という意味の修辞学の用語から始まっていますから、たしかに初めから葛藤とか板挟みという意味ではありませんでした。
http://www.etymonline.com/index.php?search=dilemma&searchmode=none

True or False とは違うようですが詳しくは分かりません。

Q学名に使われているギリシャ語由来の言葉は古代ギリシャ語?

植物の学名の由来に興味を持ち、いくつかあるインターネットサイトを利用して自分なりの学名辞書を作っています。
学名はラテン語を利用していると思っていたのですが、どうやらギリシャ語が元になっているものが多いようですね。
1例としてDave's Garden Botanical Dictionaryというサイトが大変参考になりますが、そこにで出てくる説明にはギリシャ語由来の言葉が非常に多いようです。
ところが、現代ギリシャ語の辞書を見てもさっぱり該当するものが見当たりません。
聞くところによると、ギリシャ語は現在のものと古代のものではかなり違うということですが、そうすると、学名の意味を調べるのにはどういう辞書使ったらよいのでしょうか、教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

英語のサイトになってしまうのですが、以下のオンライン辞書が役に立つかもしれません。

古典ギリシャ語とラテン語を一括検索可能で、スペルはかなり柔軟に解釈してくれるのが便利です。

これで無理なら古典ギリシャ語の辞書を買うか、地道にネット上で探すぐらいでしょうか。origin, botanical (plant) name, greekなどの単語を上手く組み合わせて検索すると由来の辞典が見つかる可能性もありますし。

参考URL:http://www.wordinfo.info/

Qギリシャ語やスペイン語で隠れ家的な

家のログハウスに名前をつけて
木に刻もうかと思ったのですが、
英語や日本語では少しかっこわるいので
ギリシャ語やスペイン語等で「隠れ家」的な
意味をもつかっこいい言葉って何かありませんか?

「隠れ家」でなくとも何かロマンのある感じの
をどなたかご教授お願致しますmm

Aベストアンサー

スペイン語です。

推薦名称

Quinta xxx(苗字か名前、愛称など) キンタは田舎の別荘の意。

Escondite エスコンディーテ  文字通り隠れ家

Mi casita ミ・カシータ 私の小さな家

Rancho xxx ランチョ  本来は農場(及び付属の家)ですが冗談でランチョと名乗るのもいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報