ネットワークで離れた拠点間を同一セグメントで接続することを考えております。

構成としては、

192.168.1.0/24⇔L3SW⇔L3SW⇔IP-VPN⇔L3SW⇔192.168.1.0/24

のように

192.168.1.0/24

を2拠点で同一とすることです。

この時、図に記載した通り、
複数のL3SWとIP-VPNを経由することが条件となります。
→既存から存在する構成のため。

調べているとL2TP装置等を
L3SWと192.168.1.0/24
の間におけば
L2トンネルをはることで実現できるようにも考えておりますが、
L2TPの各事例をみていると

192.168.1.0/24

192.168.2.0/24
をつなぐ等、同一セグメントではなく、
別セグメントをつなぐ例ばかりが見受けらえれます。

質問のような構成はL2TPでは実現できないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

富士通Si-Rシリーズでは、Ethernet over IPという手法で


拠点間を同一セグメントにできるようです。

以下のサイトに、IP-VPNにNTTフレッツ光を利用したコンフィグ例が掲載されています。

インターネットVPNでのEther over IP機能によるブリッジ接続
http://fenics.fujitsu.com/products/technical/exa …


話が逸れますが、
>別セグメントをつなぐ例ばかりが見受けらえれます。
というのは、以下の意図があるためでしょう。
----
拠点間を同一セグメントで接続する場合、
ブロードキャストパケットが拠点間の通信帯域を浪費してしまう問題が発生する。
この問題を回避するために、ブロードキャストドメインを分割(別セグメントに)している
----

実際には、問題対処として以下のような対策を行うことが多いです。
無策で拠点間を同一セグメント接続することは少ないと思います。
・別セグメントにした上で、拠点間でproxyARPを有効にする
  →IPノードからは同一セグメントのように見える。
・Ethernetで直接通信する古い機器(ホストコンピュータ等)だけを同一セグメントに接続する
  →こういった機器は、無駄なブロードキャストパケットを送信しないので。
・同一セグメントで接続する必要がある通信だけをプロトコル単位でブリッジする
  →SNA(DINA、HNA、FNA)だけをブリッジするというのはよくある話。
    • good
    • 0

これ、



> 192.168.1.0/24⇔L3SW⇔L3SW⇔ IP-VPN⇔L3SW⇔192.168.1.0/24

のネットワークの右と左で同じIPアドレスを使うことが目的というよりも、1つのブロードキャストドメインにしたいということですよね?
その場合はいくらNATで対処してもダメです

L2TPに限らず、L3のネットワーク上にL2のトンネルを張ることができる装置があれば、間にL3のネットワークがいてもL2レベルで接続して同じブロードキャストドメインにすることは可能です
以前、こんな製品を使って構築をしたことがあります
http://www.centurysys.co.jp/router/XR410TX2L2.html
このルータ自体は去年販売終了していますが、ここの製品の後継機でL2VPNと書かれた機種なら大丈夫かと

http://bam-system.ddo.jp:8080/ura/10
にもパケットがブリッジされているように書かれています
    • good
    • 0

(1)L3SW(2)⇔(3)L3SW(4)⇔IP-VPN⇔(5)L3SW(6)


※○数字はポート
の各ポートにブリッジ設定することで可能かと思います。ただし、IP-VPNがキャリア側のサービスである場合、網内でブリッジ設定がオプションで選択できない限り無理です。

「それぞれ192.168.0.1で運用している拠点を、あとからVPN接続する必要がでて、それぞれにサーバがあってIPアドレスの変更ができない」のような理由であれば、NAT変換をお勧めします。つまり、どちらか片側のアドレスを異なるサブネットに変えてしまうことです。例えば

192.168.1.0<----->192.168.10.0(本当は192.168.1.0)
つまり右側の拠点は、192.168.10.0として存在しているとL3SWに思わせることです。一番右にあるL3SWで実施する場合、(5)から入ってくるパケット(192.168.10.x宛)を192.168.1.xとして(6)ポートに吐き出す方法です。逆はまた逆です。IP-VPNの両端にあるルータで実現することも可能です。

前者のブリッジ接続した場合、片側のブロードキャストパケットはそのままもう一方のサブネットに流れるので、IP-VPNの回線に結構な不可がかかります。回線の太さによっては、”マイコンピュータ”などクリックした日にゃ、何分も待たされるようなことになります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交流駆動する素子を7セグメント表示の時計のように表示切替できるような回

交流駆動する素子を7セグメント表示の時計のように表示切替できるような回路はありますか

Aベストアンサー

リレー駆動させれば良いと思います。
ええ、普通のリレーシーケンス回路です。
具体的に教えてというのは、その質問からは欲張りすぎですので
自身で調べる努力をしましょう。

Q負荷分散装置を経由する同一ネットワークセグメント内の通信は可能?

SE修行中の者です。「Webクライアント-負荷分散装置(以下、LB)-Webサーバー」という構成を考えています。

このとき、サーバーと同じネットワークセグメント内のクライアントからHTTPリクエストが発行された場合、「行き」パケットはLBを経由しても「戻り」パケットはLBを経由せずに直接クライアントに戻ってしまうのではないかと思います(別セグメントのクライアントならば、サーバー側のデフォルトゲートウェイをLBのIPにしておけば「戻り」もLBを通ってくれると思いますが。)

そうなると、TCPのコネクションが確立できない、すなわち通信ができない、ということになるような気がするのです。

このような問題を回避するにはどのようにしたらよいものでしょうか?(ちなみに負荷分散装置はAlteon Application Switchというものらしいです)

Aベストアンサー

 Alteon Application Switchなるものはさっぱり知らないので申し訳ないが、どのレイヤで分散するかやね。
 例えばゲートウェイタイプなら同一セグメントだろうとLBがなんとかしてくれる。ルータタイプだとそもそもクライアントとサーバが同一セグメントには無いし、仮りにあったとしたらそれはネットワーク設計者がアホすぎる。

 で、本当にそんな状況があったら確かに通信できんよなぁ、でも実際はどうなんやろと思い、「しょぼいルータタイプ(つまり単なる分散DNAT)でクライアントと実サーバが同一セグメントにあったらどうなるか」を試してみた。
 果たしてサーバの80番はSYN_RECVの状態で止まったままだった。面白い事に、ブラウザでF5を連打したらサーバ側の古いSYN_RECVはTIME_WAITに変わった。同じIPアドレスの別ポートからSYNを受け取ると安全の為に古いソケットを破棄するのかも知れない。ちなみにサーバはLinux 2.4.31とApache2.0.??、LBはLinux 2.6.11、クライアントはWindows XP SP2のIE6SP1。

 で、もしそのAASとやらがルータタイプだった場合は、回避策としてはNAPTするしか無いよね。LBで。ただ、その場合負荷を分散させるLBに負荷がかからないか心配。この辺は#1さんのおっしゃる通り、ベンダを呼びつけてデモをさせましょう。

 Alteon Application Switchなるものはさっぱり知らないので申し訳ないが、どのレイヤで分散するかやね。
 例えばゲートウェイタイプなら同一セグメントだろうとLBがなんとかしてくれる。ルータタイプだとそもそもクライアントとサーバが同一セグメントには無いし、仮りにあったとしたらそれはネットワーク設計者がアホすぎる。

 で、本当にそんな状況があったら確かに通信できんよなぁ、でも実際はどうなんやろと思い、「しょぼいルータタイプ(つまり単なる分散DNAT)でクライアントと実サーバが同一セグメ...続きを読む

QLCDモニターの駆動

SH7144Fマイコンを用いて秋月のLCDモニターSC1602BSの駆動を試みています。
以下のようなソースを用意したのですが、文字化けが発生し、20回くらいリセットをかけるとうまく表示されるようになります。
結線方法はBFチェックなしの4BITです。
#include "7144.h"
#define E_SIG 0x20
#define RS_SIG 0x10

void wait(void)
{
int t = 20000;
while(t--);
}

void waits(void)
{
int ts = 800;
while(ts--);
}

void lcdo(unsigned char d)
{
d=d | E_SIG;
PE.DRL.BYTE.L = d;
d = d & 0xdf;
PE.DRL.BYTE.L = d;
waits();
}

void lcdinit(void)
{
lcdo(3);
lcdo(3);
lcdo(3);
lcdo(2);
lcdo(2);
lcdo(8);
lcdo(0);
lcdo(0x0c);
lcdo0);
lcdo(6);
}

void lcdclr(void)
{
PE.DRL.BYTE.L = 0;
lcdo(0);
lcdo(1);
wait();
}

void lcdxy(int y,int x)
{
PE.DRL.BYTE.L = 0;
lcdo(y);
lcdo(x);
waits();
}

void lcdo2(unsigned char d)
{
unsigned dd;
dd = d;
d = d >> 4;
d = d & 0x0f;
d = d | RS_SIG;
lcdo(d);
waits();
dd = dd & 0x0f;
dd = dd | RS_SIG;
lcdo(dd);
waits();
}

void dsp1g(int c,char *str)
{
int i;
for(i = 1;i <= c;i++)
{
lcdo2(*str);
str++;
}
}
void initLCD(void)
{
wait();
lcdinit();
waits();
lcdclr();
}
void main()
{
PFC.PEIORL.BYTE.L = 0xff;
wait();
lcdinit();
waits();
lcdclr();
lcdxy(8,0);
lcdxy(8,2);
dsp1g(5,"HELLO");
waits();
lcdxy(0x0c,2);
dsp1g(5,"WORLD");
while(1);
}
上記ソースに含まれる間違いや改善点がありましたらどうかご教授ください。

SH7144Fマイコンを用いて秋月のLCDモニターSC1602BSの駆動を試みています。
以下のようなソースを用意したのですが、文字化けが発生し、20回くらいリセットをかけるとうまく表示されるようになります。
結線方法はBFチェックなしの4BITです。
#include "7144.h"
#define E_SIG 0x20
#define RS_SIG 0x10

void wait(void)
{
int t = 20000;
while(t--);
}

void waits(void)
{
int ts = 800;
while(ts--);
}

void lcdo(unsigned char d)
{
d=d | E_SIG;
PE.DRL.BYTE.L = d;
d = d & 0x...続きを読む

Aベストアンサー

ソースプログラムを拝見して一番に改善した方が良いと思うのは、待ち時間を作る関数のwait()とwaits()です。
ソフトウェアのループで待ち時間を作るのは消費電力と時間の無駄です。
お使いのCPUのクロック周波数が解らないので何ともいえませんが、まさか50MHzのような高速では無いでしょうね?

恐らくウェイトの時間が短か過ぎるのが原因だと思います。

折角タイマーが内蔵されているのですから待ち時間作りはタイマーに任せてその間スリープさせるのが懸命な利用方法です。またもし他にすることが有れば待ち時間に他のタスクを実行できますから。
待ち時間の関数は待ち時間を例えばms単位で指定できる形にすべきです。そうすればLCD表示器だけでなく様々な入出力ポートの制御をするのに汎用的に使えます。
例えば1秒間の待ち時間が欲しければ、wait(1000);とすればいいですね。
私はSHマイコンには詳しくありませんが(このご質問を見てハードウェアマニュアルだけダウンロードしてさらりとCPUの概要を見ただけです)、ウェイト関数がライブラリーに無いでしょうか。

お使いのLCD表示器は私も所有していますが、説明書をご覧頂くと、
LCDの電源を入れてVDDが4.5V以上になった後、15ms以上待って、ファンクションセット命令を送って、4.1ms以上待つ、2個目のファンクションセット命令を送って、100μs以上待つ、3個目のファンクションセット命令を送って、それ以降はBFのチェックが利用可能となりますが、BFを利用できなければ規格表に示された各命令の最大実行時間に十分な余裕を持たせた待ち時間の後に、LCDへ次の命令を送る必要が有ります。

LCDの初期設定が先の手順でなされて無事に立ち上がった後では、例えば「表示クリア」と「カーソルホーム」命令の場合、実行時間の最大値が1.52msとなっていますね。これはLCDの動作クロックが標準の270kHzの時の話で、規格では最低は190kHzですから、BFが利用できない場合はこの最低周波数であってもちゃんと動作するように命令を送った後の待ち時間には十分な余裕を持たせる必要が有ります。1.52ms*270/190=2.16msとなりますからこの場合は3msの待ち時間を取ればいいでしょう。

先にあげたLCDの初期化の時の、15msは余裕をみて22msにしたり4.1msは余裕をみて6msにするなどしてより安全に動作させるように考慮します。

ソースプログラムはwait()とwaits()ぐらいで、他の関数はまだじっくり見ていませんのであしからず。

ソースプログラムを拝見して一番に改善した方が良いと思うのは、待ち時間を作る関数のwait()とwaits()です。
ソフトウェアのループで待ち時間を作るのは消費電力と時間の無駄です。
お使いのCPUのクロック周波数が解らないので何ともいえませんが、まさか50MHzのような高速では無いでしょうね?

恐らくウェイトの時間が短か過ぎるのが原因だと思います。

折角タイマーが内蔵されているのですから待ち時間作りはタイマーに任せてその間スリープさせるのが懸命な利用方法です。またもし他にすることが有れば...続きを読む

Q拠点間接続サービスの種類

拠点間で通信を行うには現状では具体的にはどういったサービスがございますでしょうか?
また、セキュリティや価格を考慮してお勧めのサービスをご教示下さい。
条件
1.音声とデータのQoSが必要
2.セキュリティ面が高いこと
3.各アクセス回線は1M~100Mbps
4.価格はできるだけ安く

調べた内容
IP-VPN
Arcster IP-VPN(NTTcom)
Group VPN(NTTcom)

インターネットVPN
OCNビジネスパックVPN(NTTcom)

広域イーサ
BusinessEtherタイプ各種(NTT東)
BusinessEtherタイプ1・2(NTT西)

専用線
メトロハイリンク等(NTTサービス)

ATM
メガデータネッツ(NTTサービス)

以上

他にどういったサービスがあるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.ntt-west.co.jp/senyo/service/service7.html
http://www.kddi.com/business/service/internet/premium_atm/atm_ryokin.html
http://www.gigast.com/atm/

ATMについては、NTTとKDDIくらいでしょう。
メガリンクとメガデータネッツ・・・かなり紛らわしいですが。

参考URL:http://www.ntt-west.co.jp/datatop/mdn/index.html

QワンチップマイコンPICによるLCD(液晶)の制御

PICを使ってLCD表示の実験を行っています。
最終的には、dsPIC33FJ64GP706(64pin)でLCDを利用したいと思っています。
PICの参考書籍を見ながら、例題を用いて16F873や18f2680、dsPIC30f3013など5Vで駆動するPICではLCDの表示はできました。
しかし、なぜか3.3Vで駆動する24FJ64GA002やdsPIC33FJ64GP706ではLCD上にトーフが並ぶのみで、適切な表示ができません。
このときのプログラムが、0.5秒ごとに数字をカウントアップさせるものであり、この黒いトーフもそれに従い濃淡の点滅をしていますので、何らかの信号は伝わっているような気がします。
この場合はPICを3.3Vで駆動させて、LCD電源のみを5Vで供給しています。
この点について、わかる方がありましたら教えてください。
なお、コンパイラはccs-cを使用しています。
また、回路接続や信号については、24FJ64GA002やdsPIC33FJ64GP706では、プログラム上から任意のLEDを点滅させることを確認していますので、回路上のミスはないと思います。
24FJ64GA002では、内臓レギュレーターを使う(VDD3.3V、DISVREGとVSSはGNDへ、VDDCORE/VCAPは10ufを通してGND)の設定になっています。
dsPIC33FJ64GP706もDISVREGピンはありませんがほぼ同様の設定にしてあります。コンパイルする前のLCDを表示するプログラムはどのPICもほぼ同じものを使用して、へッダーファイルやPINの番号を変更しているのみです。
すべてPORT_Bを使用しています。クロックはいずれの場合もヒューズでHSを設定し、セラロックの20MHzを使用しています

PICを使ってLCD表示の実験を行っています。
最終的には、dsPIC33FJ64GP706(64pin)でLCDを利用したいと思っています。
PICの参考書籍を見ながら、例題を用いて16F873や18f2680、dsPIC30f3013など5Vで駆動するPICではLCDの表示はできました。
しかし、なぜか3.3Vで駆動する24FJ64GA002やdsPIC33FJ64GP706ではLCD上にトーフが並ぶのみで、適切な表示ができません。
このときのプログラムが、0.5秒ごとに数字をカウントアップさせるものであり、この黒いトーフもそれに従い濃淡の点滅をしていますので、何らかの...続きを読む

Aベストアンサー

基本として、1電源2電圧でも2電源2電圧でも、すべてのGNDは繋げて下さい。
そうでないと、印加された電圧が何ボルトであっても無効になります。

>LCD電源(4.7V)とPIC電源(3.3V)は全く別の系統の電源を使用している
>LCDのR/W端子のGNDだけは3.3Vに落としています。
R/W端子だけでなく、2つのACアダプタのGNDも繋げて下さい。
(念の為、R/W端子を3.3vに繋げるのではなく3.3vのGNDに継げるのですよ。)

LCDの稼動電圧は4.75~5.25vで、絶対最大定格は7vです。
(7vで壊れると思って下さい。 電圧変動で7vを超えると壊れる、ってのが正しい書き方です。)

こんな所かな!?

                 

Qネットワークアドレスが同一のネットワーク

「ネットワークアドレスが同一のネットワーク」に特別な名称はあるのでしょうか。もしあるのでしたら、その名称を教えて下い。

インターネットで調べたところ以下のような説明を見つけました。しかしなんだか違うような気がします。
「ネットワークアドレスが同一のネットワークをLANという。LANはネットワークの最小単位である」
ネットワークアドレスが違うLANも存在すると思うのですが。

ある雑誌では以下のような記述を見つけました。
「物理的に同じネットワークにノードを接続する場合、すべてのノードでネットワークアドレスを一致させる必要がある。そのうえで、ホストアドレスが重複しないようにIPアドレスを割り当てる。こうして構成されたネットワークは、1つのIPサブネットとなる」「同一のIPサブネットとは、ブロードキャストが到達する範囲と言い換えることができる(=ブロードキャストドメイン)」
この説明だと、IPサブネット=ブロードキャストドメイン=ネットワークアドレスが同一のネットワーク、となりますが、それでいいのでしょうか。
IPサブネットという言葉は聞いたことがないのですが。

よろしくお願いします。

「ネットワークアドレスが同一のネットワーク」に特別な名称はあるのでしょうか。もしあるのでしたら、その名称を教えて下い。

インターネットで調べたところ以下のような説明を見つけました。しかしなんだか違うような気がします。
「ネットワークアドレスが同一のネットワークをLANという。LANはネットワークの最小単位である」
ネットワークアドレスが違うLANも存在すると思うのですが。

ある雑誌では以下のような記述を見つけました。
「物理的に同じネットワークにノードを接続する場合、すべてのノ...続きを読む

Aベストアンサー

まず サブネットマスクという言葉から理解します。
IPアドレスが32bitです。 同一の物理ネットワークのなかでは、この32bitのなかで上位何ビットかは必ず同じビットです。この同じところまでを称して サブネットが同じとか IPサブネットとよびます。 またその同じ所までを明示するために
元のの32bitに 11111111111111111100000000000000のような32bitで1で始まり途中で0に変わり最期が0のbit列をサブネットマスクといいます。
この 1のところが同じアドレスが IPサブネットなどと呼ばれます。
同一の物理ネットワーク内はこのIPサブネットど同一を持ってます。またこの同一の物理ネットワーク内のコンピュータは 先ほどの0のところの番号がそれぞれ違います。
一つの物理ネットワーク内にあるコンピューターが他のコンピューターと通信を希望する場合、まずその通信相手が自分と同じネットワークか宋でないかを自分で判断します。 このため各コンピューターには,ネットワークの設定の中に,自分のコンピューターのIPアドレス(32bit)と サブネットマスクとゲートウェイと呼ばれる自分が存在する物理ネットワーク内の特別なコンピューターのIPアドレスを設定します。 この情報があれば、自分が通信したい相手先が自分の属する物理ネットワークにそんざいするか、そうでないかがサブネットマスクにより判断できます。 もし その通信相手がその物理ネットワーク内であればブロードキャストで
相手のコンピューターに通信済ます。 もし物理ネットワークがいであれれば
ゲートウェイのコンピューターをその通信相手にします。ゲートウ-イのコンピューターは物理的に他の根とワークにつながっていてその回線を使って情報を他のネットワークのコンピューターに転送します。


さてこれまでの説明を理解していただいたとして、ご質問の文章に補足を加えます。

記述
「ネットワークアドレスが同一のネットワーク」に特別な名称はあるのでしょうか。もしあるのでしたら、その名称を教えて下い。

解説
この場合の「ネットワークアドレスが同一のネットワーク」とはサブネットが同一という意味です。


記述
インターネットで調べたところ以下のような説明を見つけました。しかしなんだか違うような気がします。
「ネットワークアドレスが同一のネットワークをLANという。LANはネットワークの最小単位である」
ネットワークアドレスが違うLANも存在すると思うのですが。

解説
この場合のLanは 物理的に一つのLanです。 従ってネットワークアドレスが同じとは、サブネットワークアドレスが同じとの意味です。


記述

ある雑誌では以下のような記述を見つけました。
「物理的に同じネットワークにノードを接続する場合、すべてのノードでネットワークアドレスを一致させる必要がある。

解説
これもサブネットワークアドレスの意味です。

記述
そのうえで、ホストアドレスが重複しないようにIPアドレスを割り当てる。こうして構成されたネットワークは、1つのIPサブネットとなる」「同一のIPサブネットとは、ブロードキャストが到達する範囲と言い換えることができる(=ブロードキャストドメイン)」

解説
このとおりです。 ホストアドレスとは 32bit全てを意味するIPアドレスです。この中では,サブネットワークアドレスは同一である必要があります。



記述

この説明だと、IPサブネット=ブロードキャストドメイン=ネットワークアドレスが同一のネットワーク、となりますが、それでいいのでしょうか。
IPサブネットという言葉は聞いたことがないのですが。

解説
IPサブネット=ブロードキャストドメイン=ネットワークアドレス
ですが、 ネットワークアドレスは32bitすべてではなく サブネットマスク部分のアドレスが同じとの意味です。

わかっていただけたでしょうか

まず サブネットマスクという言葉から理解します。
IPアドレスが32bitです。 同一の物理ネットワークのなかでは、この32bitのなかで上位何ビットかは必ず同じビットです。この同じところまでを称して サブネットが同じとか IPサブネットとよびます。 またその同じ所までを明示するために
元のの32bitに 11111111111111111100000000000000のような32bitで1で始まり途中で0に変わり最期が0のbit列をサブネットマスクといいます。
この 1のところが同じアドレスが IPサブネットなどと呼ばれます。
同一の物理ネ...続きを読む

Q7セグメントLED表示器の応答速度

一般的な赤色7セグメントLED表示器の応答速度はどの位なのでしょうか?
高速で下位桁まで正確に変化するタイマー表示器を作成しようとしています。
当然、駆動回路はダイナミック点灯方式ではなくスタティック点灯方式を使用
します。使うカウンタやドライバーICは数10MHzまで動作するものです。
最下位桁を10μSECにしたいと思います。満足できる応答速度でしょうか?

Aベストアンサー

的確な回答ではありませんが...

特に通信用途のLEDであれば応答速度はデータシートに明記されていたと
思いますが、人間向け表示用途の7セグメントLED ではそのような数字を
みつけられませんでした。

ただ、単体のLED と同程度であろうとの推測の上で書きますと...

検索してみると、LED 単体での応答速度は「50~100nSec程度」だそうです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080130/292434/
の記事では
LED を使った可視光通信でも 10Mビット/秒 の通信速度を出せるとの
ことです。

7セグメントだと、点灯だけでなく消灯も速くないとダメですね。
ずっと点いてる状態に近いと、数値を判読できませんから。
7セグメントでなく単体LEDを10個、100個並べる方がこの心配が減ります。

> 使うカウンタやドライバーICは数10MHzまで動作するものです。

老婆心ながら、ご確認ください。
非同期式カウンタだとすると、「動作可能な周波数は高」くても、
ケタ上がりに時間がかかるため、ある瞬間の指示値が正確でありません。
同期式カウンタだと、ルックアヘッド式ゆえ上限周波数は低めですが、
瞬間値が正確です。
お使いになる予定のカウンタはどちらでしょうか。
今では後者方式でも高速動作可能部品がありますから、心配ないとは思いますが。

的確な回答ではありませんが...

特に通信用途のLEDであれば応答速度はデータシートに明記されていたと
思いますが、人間向け表示用途の7セグメントLED ではそのような数字を
みつけられませんでした。

ただ、単体のLED と同程度であろうとの推測の上で書きますと...

検索してみると、LED 単体での応答速度は「50~100nSec程度」だそうです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080130/292434/
の記事では
LED を使った可視光通信でも 10Mビット/秒 の通信速度を出せるとの
ことです。
...続きを読む

Qネットワークセグメントの件で

こんにちは。初歩的な質問で申し訳ございません。

ネットワークセグメントの件で教えてほしいことがあります。

IPアドレスが172.16.0.0 サブネットが255.255.0.0だった場合、

172.16.1.1と172.16.2.1は同一セグメントということになるのでしょうか?
この場合、例えば、PCが172.16.1.1、プリンターが172.16.2.1だった場合
ルーティング設定無しで普通にPC側にプリンターの設定をし、印刷可能になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>IPアドレスが172.16.0.0 サブネットが255.255.0.0だった場合、
>172.16.1.1と172.16.2.1は同一セグメントということになるのでしょうか?
同一セグメントになります。

>例えば、PCが172.16.1.1、プリンターが172.16.2.1だった場合ルーティング設定無しで普通にPC側にプリンターの設定をし、印刷可能になるのでしょうか?
通信可能になるはずです。
もし、通信できないときはTCP/IPv4の設定で相互のサブネットマスクが255.255.0.0になっていることを確認してください。
ネットワークセグメントはサブネットマスクによって細分化できますのでIPアドレスの値がクラスBであっても自動的に255.255.0.0になるとは限りません。

QDNS設定なしのセグメント越え

Aセグメント(192.168.10.*)
Bセグメント(192.168.20.*)
とあり、Bセグメント内のマシン内のDNSの設定をしておけば、AセグメントからBセグメント
のマシンには到達できます。

しかしBセグメント内にDNSが設定できないマシンがあり、
通常ではAからBに到達できません。

Aセグメントから到達したい場合には、
DNSサーバに何か記述すれば、AからBに到達することは可能でしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと意味がわからない

DNSに関係なくルータとルーティングテーブルさえできていればセグメントが
ちがっても接続できますね
ホスト名でアクセスができないという話をしているのでしょうか?

Qスイッチングハブにセグメントを混在したら同セグメントだけ通信しますか?

ネットワーク初心者です。皆さん宜しくお願いします。

スイッチングハブに別セグメントのLANを混在させた場合、その中の同セグメントのPC同士はやり取りできるのでしょうか?
具体的には以下のハブで混在ができるのかを検討しています。

http://www.allied-telesis.co.jp/products/list/switch/fs716txv2/catalog.html

またもし通信できるとした場合、不具合などはありませんでしょうか?

Aベストアンサー

スイッチングハブはMACアドレスのみでフォワードするので
L3層以上でのセグメントの違いによる通信への影響はありません。

特にユニキャスト通信であればsuper-dogさんの言うように、
通常通り受信側のPCが自分宛でなければ破棄するだけで
異なるセグメントの通信が混在しても影響はありません。

ただしブロードキャストや一部のマルチキャストは
想定する構成において異なるセグメントにも到達してしまうので
何かしらの不都合はあるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報