便秘改善のために
オリーブ油を摂取する
つもりです。

大さじ1~2/日と
どこかのサイトに
あったのですが、

朝、目玉焼きを
オリーブ油で焼いた
ような形で摂取でも
いいのですか?

やっぱり何かにかけるような
熱さずそのままのほうが
いいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

朝に大匙2杯を最低2週間継続だそうです。



目玉焼きを作った場合、焼くのに使用したオイルも飲まないと駄目らしいですので、
高いですが質のよいエクストラバージンオイルを購入して、
大匙1をリーンなパンにつけて食べ、もう半分はスープに入れて飲む方が摂取しやすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事おくれてすみません(>_<)

やっぱりきちんと
とりたいのでパンとかに
ぬってみます!
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/13 08:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバージンオリーブ油とそうでないオリーブ油の違いを教えてください。

オリーブ油について、教えてください。
バージンオリーブ油で鶏肉を焼いたら、泡だってしまいました。(これは失敗??)
バージンオリーブ油は、ソテーに使ってよいのでしょうか?

バージンオリーブ油とオリーブ油の違いとか、よくわからないので、教えてください。

Aベストアンサー

バージンオリーブ油は、一番絞り?みたいなものをさすと思います。
オリーブ油の成分が豊富に含まれているのでしょう。

ソテーに使っても問題ないと思いますよ。

Qここで、質問します。えごま油のことですが、生のえごま油 1日大さじ一杯。 大さじ一杯の中にある オ

ここで、質問します。えごま油のことですが、生のえごま油 1日大さじ一杯。
大さじ一杯の中にある オメガ3の成分は何mgあるのでしょうか。基本1日大さじ一杯の量の中にあるオメガ3の成分で、あって、
よく、カプセルのえごま油があり、一粒180mgオメガ3の成分?が表示されてたり200mgのものもありました。1日の摂取量にみたないと効果が薄れてしまって実感できないだとか。大さじ一杯ぶんのカプセルをもしも飲むなら何粒くらい?もしくは 大さじ一杯には どれだけ何mg入っているか 知りたいです

Aベストアンサー

あまり明確でない回答で恐縮ですが、
少々お時間を割いてくださるとうれしいです。

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」では、えごま油の可食部100g当たりのα-リノレン酸は58gとなっています。
実際に私が見た範囲では、商品に記載のαリノレン酸量は57~69で、平均としては60パーセント前後でした。
なので58gは妥当な数字に感じます。

ただ、えごま油に含まれるオメガ3、エゴマ油だとαーリノレン酸ですが、は固定ではありません。
植物なので栽培される土壌や育てられ方、また油として採り出される方法である程度変わるようです。
また海外の製品には、香ばしさをつけるためにゴマ油のように焙煎してから圧搾しているものもあります。
そうなると、αリノレン酸が含まれるといっても、熱に弱く非常に酸化しやすい脂肪酸が劣化しているということになりかねません。

国産品の場合、最近の商品にはおおむね、どの程度のαリノレン酸が含まれているかパッケージに書いてあるものが多いです。
これはおそらく、原材料の一部を搾って分析にかけてみて、その平均値などを記載しているだろうと思われますので、それを目安にされると良いかと思います。

こういうことは、国民生活センターをご覧になると良いです。
見た目だけでは分からない、えごま油の品質
http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20160128_1.html
ちなみに
>20銘柄中1銘柄で脂肪酸組成が一般的なえごま油とは大きく異なるものがありました。
とあり、下のPDFを読むとどの製品かわかります…。

もう一度ちなみに、この報告には
>α-リノレン酸は栄養成分表示の表示義務項目や任意表示項目ではありませんが、任意表示
>項目である n-3 系脂肪酸で表示する場合、表示値に対する誤差の許容範囲は±20%とされてい
>ます。
など商品を選ぶにあたって衝撃的な内容もあってためになります。


さて、ようやく大さじ一杯あたりの話です。
先にいうと、カプセル当たり0.2gならば、大さじ一杯分と同等のαリノレン酸を摂取するのに60数カプセル必要になります。

油は大さじ1あたり約13gです。
さきほど実際に手元のエゴマ油で量ってみましたが、確かに13g前後です。どの程度盛るかで変わりましたけど。
それで、その約6割がαリノレン酸とすると、大さじ1あたりのαリノレン酸は13×0.6で7.8gほどということになります。

αリノレン酸の摂取基準は一日所要カロリーの1パーセントほど(一日2000kcalなら2.2gほど)、
αリノレン酸のみならず他のオメガ3も摂取したほうが良いこと(オメガ3全体で一日の1~2パーセント程度が理想)、
オメガ3が重要なのはオメガ6とのバランスであること(3と6の比率が1:4程度であることが望ましい)、
他の油脂も摂取する上にさらに重ねて摂っているだろうことなどを考慮すると、食事量の多い方でない限り大さじ1は摂りすぎになっている可能性が高いです。
小さじ1,2で十分なはずです。
健康に良い油とはいえ、食品の一つですから摂りすぎれば健康を害します。
それも踏まえ、カプセルには一日どの程度摂るべきか使用量が書いてあるはずですから、それを目安にお召し上がりください。


なお、テレビではエゴマ油ばかり取り上げられているようですが、同じαリノレン酸を豊富に含む油としてはアマニ油もあります。
αリノレン酸の量がやや少ないものの、それでも40~60パーセントほど含みます。
他に、さらに下がるとはいえ、アボカドオイル、サーチャインチオイル、パンプキンシードオイル、等々。
現在、国内のえごまは需要に供給がまったく追いついておらず、良質な商品は品薄ですので、他の油にも目を向けられたら良いと思います。

あまり明確でない回答で恐縮ですが、
少々お時間を割いてくださるとうれしいです。

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」では、えごま油の可食部100g当たりのα-リノレン酸は58gとなっています。
実際に私が見た範囲では、商品に記載のαリノレン酸量は57~69で、平均としては60パーセント前後でした。
なので58gは妥当な数字に感じます。

ただ、えごま油に含まれるオメガ3、エゴマ油だとαーリノレン酸ですが、は固定ではありません。
植物なので栽培される土壌や育てられ方、また油として採り出される方法で...続きを読む

Qオリーブ油が嫌いな人はいますか?

昔からオリーブ油の臭いや味?が苦手です
なのに母はテレビで何だか解らないけど健康にいい!ダイエットにもいいからって炒め物からドレッシング、お味噌汁にも入れてます!
「臭いとか苦手だから、お願いだから使わないで欲しい」と言うと必ず母は「変わった子だね!
オリーブ油が嫌いな人はあなただけだよ!
時々、オリーブ油だと解らず食べてるんだからいいじゃない!
毒じゃないんだから好き嫌い言わないの!」
と言われます(泣)
オリーブ油が苦手なのは変ですか?
オリーブ油が嫌いな人はいないのでしょうか?
みなさんはこんな母をどう思いますか?

Aベストアンサー

>オリーブ油が苦手なのは変ですか?

ちっとも変ではありません。

>オリーブ油が嫌いな人はいないのでしょうか?

蓼食う虫も好き好きと言いますから、好きな人もいれば嫌いな人がいて当然です。

>みなさんはこんな母をどう思いますか?

自分の好みを押し付けるかなり押しの強い方ですね。健康に良いかどうかは食べる人が判断すれば良いことです。少なくとも質問者さんにとってオリーブ油は精神衛生は悪いものでしょう。

>ダイエットにもいいからって炒め物からドレッシング、お味噌汁にも入れてます!

料理は質問者さんがやっては如何ですか。お母様には取り分けたお母様の分だけそれこそ遠慮なく存分にかけていただけば良いと思います。その方が親孝行です。

Q便秘とオリーブ油について

オリーブ油を肛門からスポイトで毎朝、注入したら、便秘に効果あるでしょうか?

毎朝、大さじ2杯飲んでも、効果なしでした。

Aベストアンサー

効果はないと思いますので
やめたほうがいいです。

オリーブオイルも便秘時は即効性があるわけではないので
1週間ぐらい見守ってみてはいかがでしょうか。

参考まで、検索URLを貼っておきます。

Qオリーブ油の和食レシピ

オリーブ油の栄養価に感心して、オリーブ油の料理をつくりたいと思っています。
が、いろいろ検索しても、イタリア料理ばかり。(そらそうでしょうけど)生ハムの~とかパスタとか。。。
そうではなくてもっと和食でおいしく食べたいんです。
何かおすすめないでしょうか?

また、オリーブ油は、普通に野菜炒めなんかの炒め油に使ってもいいんでしょうか?何か変わりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

和食、というかサラダ?
でも和風で簡単で、とってもおいしかったのが、細木数子さんのおすすめレシピ。
(個人の個性は置いといて・・・、このレシピはほんとにおいしいです)
http://shiawase-recipe.sblo.jp/article/6437815.html

お好みで梅肉を抜いてもこれまたおいしい。
ほんとにおいしい。
にんじんを生でもりもり食べてこんなにおいしいとは!
ってとても感心しました。

参考URL:http://shiawase-recipe.sblo.jp/article/6437815.html

Q便秘改善のために,野菜をたくさん摂るには?

こんにちは。よろしくお願いします。

便秘のひどい私なのですが,このままではよくないと思い
体質改善を始めました。(まだ1週間弱です)

朝起きぬけに青汁の牛乳割+バナナ+ヨーグルト
朝食はごはんを食べるときと上記の場合とがあります
(青汁は毎朝)

お昼,夜は通常ですが,
基本的にお肉は悪玉菌のえさになると知ってから食べないように心がけています。

夜は8時か9時以降,間食をしない方が良いそうなので
夜食も食べないようにしています。


こんな生活を始めてみたのですが(日経ヘルスを参照)
青汁で野菜はOKなんて思うのはよくないと思っています。
そこで野菜をたくさん食べたいのですが
どんなメニューや食べ方が良いでしょうか。
生野菜よりも温野菜の方が量がたくさん食べられると聞きますが
実際に食べている方はどういう調理をされているのでしょうか?

ぜひ教えていただきたいと思うのです。
それから,上記の生活メニューでよくないと思われる部分があればご指摘いただけると嬉しいです。
その他便秘に良い食物や習慣等,ご教授いただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いしますm(__)m

こんにちは。よろしくお願いします。

便秘のひどい私なのですが,このままではよくないと思い
体質改善を始めました。(まだ1週間弱です)

朝起きぬけに青汁の牛乳割+バナナ+ヨーグルト
朝食はごはんを食べるときと上記の場合とがあります
(青汁は毎朝)

お昼,夜は通常ですが,
基本的にお肉は悪玉菌のえさになると知ってから食べないように心がけています。

夜は8時か9時以降,間食をしない方が良いそうなので
夜食も食べないようにしています。


こんな生活を始めてみたのですが(日経ヘル...続きを読む

Aベストアンサー

納豆は腸のぜん動を促進しますので便秘にはいい食品です。ごぼうは意外と繊維がないので一粒でたくさん繊維が取れる杏がいいですよ。お芋は繊維はありますが皮ごと食べないと胸焼けします。
後はおへそ周りを「の」の字を書いてマッサージ。腸がグルグル言うまでやれば動いた証拠。
でもでも、私も超便秘で散々苦労しましたが、一番効果があったのは麦ご飯。野菜もいいけど一番いいのは玄米や麦、アマランサス、キヌアなどの穀米を取ること。ビタミンBや鉄分なども豊富に入っていて栄養面でも効果的です。白米や白いパンはやめて食物繊維の多い穀米やパンを食べましょう。主食に気を付けたら私は便秘から解消されました。それから白砂糖もやめましょうね。砂糖も黒砂糖がいいです。

Qオリーブ油は健康?

 オリーブ油は、同じ油でもサラダ油等と異なり、
ある程度食べても健康だと聞きました。

 何を持って健康か、また程度問題があるとは思いますが、
・塩分やコレステロールは控えめにした方がいい。
・ビタミンや食物繊維は積極的に摂取した方がいい。
というレベルで言えば、オリーブ油は「積極的に摂取した方がいい」ものなのでしょうか?

Aベストアンサー

オリーブオイルだから健康になるとかオリーブオイルを摂っても意味がないとか、あまり期待も落胆もしないほうがいいように思います。

自由に食べましょう。オリーブオイルのことを考えるより、偏食しないほうが重要に思います。

>・塩分やコレステロールは控えめにした方がいい。
・ビタミンや食物繊維は積極的に摂取した方がいい。
というレベルで言えば、オリーブ油は「積極的に摂取した方がいい」ものなのでしょうか?

オリーブオイルの脂質はリノール酸です。リノール酸は、動物性脂肪(乳製品の脂、肉の脂)の飽和脂肪酸を沢山摂る人は、リノール酸を摂れば体にいいですが、リノール酸の過剰摂取も心臓病になりやすいなど悪影響があったように思います。(ナッツの油もリノール酸です。)

脂質には他にも種類があります。αリノレン酸です。これは、エゴマ(シソ)油に多く含まれています。αリノレン酸はDHAやEPAの元になります。

DHA、EPAは、魚の油に多く含まれています。

動物性脂肪の飽和脂肪酸は、一般的に、過剰に摂取されがちで、過剰摂取に注意しましょうと言われる脂質の種類です。オリーブオイルは単価不飽和脂肪酸です。αリノレン酸、DHA、EPAは多価不飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸と単価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸。この3つをバランスよく摂るのが身体にいいと思います。

一般的に飽和脂肪酸の摂取が多すぎる人が多いから、単価不飽和脂肪酸(オリーブオイル)を摂ればバランスが摂れますが、多価不飽和脂肪酸も摂らなければ、バランスが良くありません。

また、3つの脂肪酸のバランスがよくても、脂質自体を摂りすぎだと、当然身体によくありません。当然、炭水化物、たんぱく質etcとのバランスもありますから、そのように考えていけば、僕はオリーブオイルにこだわる必要はないように思います。



この脂肪の種類については、僕も昔楽しくて本を読んでいろいろ調べていて、オメガ-3、6、9とか色々理解していたんですが、今はもう忘れました。今少しネットで調べて書きましたが、大体大きく間違ってはないと思います。また、機会があったら、本屋に言って、この種のことが書いてある本を読みたいと思いました。

オリーブオイルだから健康になるとかオリーブオイルを摂っても意味がないとか、あまり期待も落胆もしないほうがいいように思います。

自由に食べましょう。オリーブオイルのことを考えるより、偏食しないほうが重要に思います。

>・塩分やコレステロールは控えめにした方がいい。
・ビタミンや食物繊維は積極的に摂取した方がいい。
というレベルで言えば、オリーブ油は「積極的に摂取した方がいい」ものなのでしょうか?

オリーブオイルの脂質はリノール酸です。リノール酸は、動物性脂肪(乳製品の...続きを読む

Qエコナとオリーブ油

 「脂肪が付きにくい油」としてエコナとかリセッタと言う新しい商品が売られていますよねえ。
 効能書きによると、消化吸収の段階で油は脂肪酸とグリセリンに分解されるのですが、エコナとかリセッタは対しては、人体がそれを元の油に再構成する能力が無いので脂肪になりにくいそうです。
 でも、エコナが脂肪にならなくても、お肉等から脂肪分を摂っていたら、これは脂肪になっちゃう訳で、結局、総カロリーを減らさないと身体には悪いのでしょうか?
 他方、オリーブ油も身体に良いと言いう定番商品ですよねえ。
 一体、どっちの方が、どう良いのでしょうか?
 健康状態は良くなくて、高コレステロール気味、血糖値高しの場合について教えて下さい。

Aベストアンサー

<脂肪のとり方について>
(1)脂肪は1gあたりのカロリーが他の栄養素に対して高いので、とりすぎない事が重要です。普段食べる肉や魚などに十分含まれているので、油でとる量を控えめにします。また、天ぷらや揚げ物は油分を多く含むのでこれらも食べないか控えます。
(2)脂肪酸は多くの種類がありそれらをバランスよくとることが健康を維持したり、病気を予防する上で重要です。分類すると([]内が多く含む食品です):
  1.飽和脂肪酸
    [肉や乳製品]
  2.不飽和脂肪酸
    2.1.一価不飽和脂肪酸
     2.1.1.n-9系(オレイン酸など)
    [オリーブ油、キャノーラ油、品種改良されたひまわり油・菜種油]
    2.1.多価不飽和脂肪酸
    2.2.1.n-3系(αリノレン酸、DHA、EPA)
    [αリノレン酸:紫蘇油、亜麻仁油]
    [DHA・EPA:背の青い魚(鰯・鯖・鮪など)]
    2.2.2.n-6系(リノール酸など)
    [大豆油・トウモロコシ油・紅花油・菜種油など]
厚生労働省はこれらを次の比率で摂取することが健康維持に大切であると言っています:
  飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=2:3:2
  n-3系脂肪酸:n-6系脂肪酸=1:2
現在の平均的な日本人は飽和脂肪酸やリノール酸をとりすぎており、それが生活習慣病・アレルギー・ガン患者が増えている1つの要因になっています。逆にn-3系脂肪酸は不足気味です。n-6系の脂肪酸の過剰摂取は動脈硬化やアレルギーの原因となりますが、n-3系の脂肪酸はそれを抑制する働きがあります。
(3)以上のように、脂肪は量を控えめに、バランス良くとることが大切ですが、それらを食品からどのようにとればいいかが問題です。ポイントをあげておきます:
 ・肉は一般に脂肪が多いので時々にして、魚や大豆製品でタンパク質をとる
 ・ドレッシングに使用する油は、オレイン酸かαリノレン酸が多いものを使う(ただし、控えめに)
 ・天ぷらや揚げ物を極力控える
 ・炒め物や天ぷら揚げ物にはオレイン酸の多い油を使う
   ←多価不飽和脂肪酸(リノール酸・αリノレン酸は熱に弱い)
 ・マーガリンやショートニングは有害なトランス脂肪酸を多く含むので避ける
以上です。さらに高コレステロール血症・高血糖であれば、全体のカロリーを1600Kcal~1800Kcalくらいにして、栄養バランス良く食事をとり、適度な有酸素運動(ウォーキングがおすすめ)をすることが改善につながります。
<エコナなどについて>
エコナなどが脂肪が付きにくいことは実証されているようですが、発ガン性などの危険性については十分に検証されていないようです。現在、厚生労働省は製油会社に再調査を指示しているようです。ですので、健康法の基本である「疑わしきは避ける」の精神でこれらは用いない方がよいと思います。

あくまでも、適切なエネルギーで栄養バランス良く食べ、適度な運動をするということが基本であると思います。

以上、ご参考まで
 

<脂肪のとり方について>
(1)脂肪は1gあたりのカロリーが他の栄養素に対して高いので、とりすぎない事が重要です。普段食べる肉や魚などに十分含まれているので、油でとる量を控えめにします。また、天ぷらや揚げ物は油分を多く含むのでこれらも食べないか控えます。
(2)脂肪酸は多くの種類がありそれらをバランスよくとることが健康を維持したり、病気を予防する上で重要です。分類すると([]内が多く含む食品です):
  1.飽和脂肪酸
    [肉や乳製品]
  2.不飽和脂肪酸
    2.1....続きを読む

Qオリーブ油の搾りかす

大豆油や菜種油の搾りかすは肥料に使いますが
オリーブ油のは何に使うのでしょうか?

Aベストアンサー

オリーブ油の搾りかすは、火をたいたりするときの燃料に使用するそうです。

http://oisissimo.exblog.jp/7059033/

Qオリーブ油のオレイン酸

現在使っているオリーブ油のラベルに成分表示の比較表があります。
よく見てみると「本製品100g中オレイン酸67gを含む」とあります。
油の中に2/3もの酸?
これはおかしくありませんか?

Aベストアンサー

酸といっても酢などのりんご酸やクエン酸の酸ではありません。脂肪酸の酸です。

単体脂肪酸の種類 酸素化合物の酸?
http://www.live-science.com/honkan/theory/compo01.html

参考URL:http://kenko.it-lab.com/info.php/25/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報