福島原発の危険度レベルは電源確保され何も目立ったことも?起こらず、なぜ急にレベル7になったのでしょうか?

窒素注入で圧力が2.5気圧目標が、1.9気圧しか届かず、その後なんにもマスコミ言わないのはなぜでしょうか。AC電通の情報操作が極度に始まりつつあるのではないのでしょうか?

水素ガスがどんどん溜まって、ひょっとしたら爆発のメルトダウンが始まっているのではないか。

爆発したら、アメリカの言うように、80km圏内危ないのではないでしょうか!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

 福島第一原発事故にはタブー(報道禁止事項)がいくつもあるようです。

その中でも気にかかるのが以下のものです。

1.原子炉から高濃度放射能が流失しているのを認めながら、具体的な箇所を一切報道しようとしない。原子炉圧力容器、一次冷却系の配管、タービンの熱交換器などに破損箇所があって冷却水が漏れ出しているのは間違いないのに、どの程度の破損なのかを何も報道しない。

2.1号機と3号機が爆発した時に、圧力容器や格納容器にもダメージがあったはずだが、何も報道しようとしない。外観から見ても爆発の残骸しか映っていない原子炉が無傷で残っているとは思えない以上、かなりの破損を受けている可能性が大きいはずだが、何一つ情報が出て来ない。

3.福島第一原発周辺の放射能汚染予測地図を「信頼性を欠く。」という一言で葬り去り、信憑性が高い情報として評価しようとしないなど、放射能汚染の実態を隠す不誠実な対応が目立つ。

4.高濃度放射能を含んだ水が海に流れ出したのがわかった後も、具体的な被害状況に関しては十分な情報を出して来ない。

5.原子炉本体で炉心溶融が起こっているのは、スリーマイル島原発事故やチェルノブイリ原発事故の例を見ても明らかだが、どの程度深刻な状況なのかに関しては何も報道されない。シミュレーション映像さえ放送されていない。

6.放射能に汚染された農作物、肉類などの食品汚染に関しては発ガン率が上昇する危険を認めなければならないはずだが、一定の水準を超えなければ癌や白血病にかからないような誤った認識を国民に植え付ける報道を繰り返している。

7.福島県周辺の高濃度放射能汚染の数値を隠して報道しなかったり、過去の原発事故で影響評価が決まっているIAEAの国際基準を批判したり、放射能汚染の自国基準そのものが存在しないなど、現実離れした放射能汚染認識しかないのがわかる対応が目立つ。

8.原発の危険性に関して多くの論文や書籍が出版されているが、何一つ取り上げようとしない。

 チェルノブイリ原発事故後にウクライナはソ連から独立しましたけど、福島第一原発事故後は政治的に何が起こるかわかったものではないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になるご意見を頂き有難うございました。

1.2.について
いつも映像として流れるのは、30km県外から撮影したと注意書きした修正映像ですね。爆発で3号機なんかは水素爆発でぐちゃぐちゃになって、原子炉圧力容器も半分になってしまって、上側は吹っ飛んでしまっているかも・・・。報道しませんね。

3.SPEEDIなるもののシミュレーション結果が、余りにも凄まじいことを意味している。ノルウェイ、ドイツなどのシミュレーション結果もマスメディアは公開していない。動画までありその放射能濃度たるや数百ベクレル/m3と驚くほど高い気流が、関東、中部、近畿に流れている。不誠実どころか犯罪行為とも言える。

4.これもシミュレーションがあるはずなのに、全くマスメディアに公表されない。

5.6について
先日急になにも目立った事象が起きていないにも関わらず、チェルノと同じレベル7と唐突な発表が行われた。多分放射能の全国的な拡散事象が判ってきたためと思われる。そうでないと唐突にこんな重大な発表は行われない。放射能の拡散は素人目には、目立った事象ではなく、お上にはどうでもよいことなのだ。なぜなら事象が発生するのは、半減期の長いセシウムなどから考えると、10年後に発生する。もうそんな時期には、今の政府、東電の人員は霧散している。損害賠償裁判するにしても因果関係が問題となり、容易にはだれも被害には責任を取らない。

7.これは自国の放射能基準もないのに、だれがIAEAの国際基準を批判しているのでしょう?事実としたら怪しからん事ですね。

8.原発の危険性を書いた本は、大きい図書館ならどこにでも置いていますね。筆者の人たちを完全に無視し通せるものでしょうか?

ウクライナがロシアより独立した意味が、身にしみてわかりますね。
ソ連は労働大国の深刻な空洞化が進んでいたわけです。
政治的に日本も何が起こってもおかしくないでしょうね!

お礼日時:2011/04/18 19:08

うーーん、ずっと7だと思ってたから、、、このニュースで驚かれるとは、、、。



あまり政府陰謀説とか隠蔽説を言うつもりもないし、それだけの内部情報も
持ってないんですが、、、。でもずっと公表されていないのがデータ根拠
なんです。最初のうち、水を入れたけど水位が変わらない、、計器が壊れて
いるかもって言ってたのに、それ以降は計器の報道はゼロなんです。
ずっと電源が落ちていたのに計器だけ生きてた????温度も気圧も、
何からデータとっているのかわからない、、、。別回答でも指摘のあった
米国議会証言では、原子炉の状態について「Yes or no ! (どちらとも言えない。」
を繰り返してました。5じゃあないのは知ってたけど、じゃあいくつって
話す数字がなかったんでしょう。

ちなみにmeltdownは、水素爆発とは違い、燃料棒そのものが崩れて下に
落ちてく現象です。SFの世界ではメルトダウン=格納容器の崩壊と思われて
いたので、今の原発事故がメルトダウンを伴っているとすれば、これこそ
想定外なんでしょうね。ちょびっと壊れて、でも勢いよく水を注入したら
再臨界を抑えられるぐらいの水を貯めることができる、、、不思議な均衡
です。

窒素は注入したけど気圧が上がらない、、穴が空いてるって言えばどこに
空いてるって責められ、計器がおかしいかもって言えば、今までの話は
全部想像かって責められ、、、だから黙る、、、しばらくはこの繰り返し
かもしれません。電気がないからって、下請け決死隊がアナログの温度計
や気圧計をもって突撃してるっていう話もないみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
計器の損傷もあったはずなのに、どうやって圧力、温度を測っているのか、謎です。その後報道がありません。
>今の原発事故がメルトダウンを伴っているとすれば、これこそ
想定外なんでしょうね。ちょびっと壊れて、でも勢いよく水を注入したら
再臨界を抑えられるぐらいの水を貯めることができる、、、不思議な均衡
です。

そんなことは、絶対できないと考えますが・・・。まずメルトダウンに陥っているのは、回答者さんの保安院データをみると、燃料棒の頭がかなり出ているのは確かそうなので、陥っていると私も昨日初めて知ったようで驚いています。

そうすれば水素が発生しどんどん容器の中に蓄積して行ってるはずです。窒素は気休めのような気がしてきました。

勢い良く、水を入れて冷やす作業は、もはやタンクがどれも汚染水で満杯になっているので、出来ないと考えます。

陰謀は、なければよいのですがどうもあるようです。
http://65102915.at.webry.info/201103/article_14. …

お礼日時:2011/04/13 07:53

レベル7の事故ってのは、「数万ベクレルの放射性物質の流出を伴う事故」なんだそうです。

で、福島第一原発は現在50万ベクレルくらい流出しているので立派なレベル7事故ってことなんでしょうね。
ちなみにチェルノブイリは500万ベクレルくらい出てるらしいので、そうはいってもまだチェルノブイリの1/10程度ではあるということです。とはいっても、ギネスブックに載っている世界一のデブに比べれば俺は痩せているといっているようなもので、とても「たいしたことはない」とはいえませんね。

ちなみに、作業員に何人か犠牲者が出ているようです。しかしその犠牲者が放射線を浴びすぎて死んだのか、それとも他の原因によるものなのか、恐ろしいことに全く報道されません。
長年東京電力にスポンサードされたマスコミ各社が突っ込めるわけがないですし、与党である民主党は自ら公開するわけがないし、長年東電とズブズブの関係にあった自民党が突っ込むわけもありません。

あとついでに、福島第一原発はちっとも「順調」じゃないですよ。むしろ足踏み状態で、足踏みってことはゆるやか~に悪い方向に進んでいるってことです。以前は燃料棒がどうなっているかとか報道されていましたけど、最近パッタリでしょ。把握できていないか、とても報道できないかのどちらかです。どちらにせよ楽しい話じゃありません。
また水素爆発をしたときに、少なくとも3号機の使用済み燃料も一緒に吹っ飛んだらしいです。つまり燃料棒(の破片)がそこらじゅうに飛び散ったってことです。米軍の無人偵察機の映像が公開されないのはそれが明らかになっちゃうらしいからのようです。だから、いつのまにか「マイクロ」も「ミリ」もなくなって「100シーベルト」になっちゃったでしょ。100シーベルトって、100000000マイクロシーベルトですよ。
また、アメリカの議員は公聴会か議会で、「我々が手に入れた情報では、2号機の燃料棒はメルトダウンを起こして圧力容器から溶け出したようだ」とコメントしています(真偽は不明。なにしろどこも報道しないので)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
報道規制されていることが、以下のご指摘の事項をみると、如実に判ります。

>放射線を浴びすぎて死んだのか、それとも他の原因によるものなのか、恐ろしいことに全く報道されません。

>以前は燃料棒がどうなっているかとか報道されていましたけど、最近パッタリでしょ

>また水素爆発をしたときに、少なくとも3号機の使用済み燃料も一緒に吹っ飛んだらしいです。つまり燃料棒(の破片)がそこらじゅうに飛び散ったってことです。米軍の無人偵察機の映像が公開されないのはそれが明らかになっちゃうらしいからのようです。
この情報は、知りませんでした。驚きました。

要はやはりレベル7宣言を出したということは、今後再臨界や水素爆発があっても、知らないぞと政府が、言いだし始めたということです。恐ろしい限りです。

>アメリカの議員は公聴会か議会で、「我々が手に入れた情報では、2号機の燃料棒はメルトダウンを起こして圧力容器から溶け出したようだ」とコメントしています(真偽は不明。なにしろどこも報道しないので)。

なにが日米安保でしょうか。

そして映すテレビ映像は、被災者さんの、家に戻りたい、再度漁業、農業を手掛けたいという情報だけでしょう。あたかも元に戻れるかのように情報操作で、誤魔化しているとしか、思えませんよね。

お礼日時:2011/04/13 08:08

海に大量の汚染水を流したなど、深刻さを隠しきれなくなったと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
目にみえる情報としてはこれだけで、皆さん不安に思うのは当たり前でしょう。

お礼日時:2011/04/13 08:09

「事故当時の放射線放出量」ではなく、「積算量」ですね。


だから、最初の爆発も含め少しずつ漏れたものを合計した値がレベル7の基準を超えた、ってことです。
といっても、チェルノブイリレベルまではまだ差がありまして、今回を7とするならレベル9です。(最高が7なので同じレベルになっていますが)

アメリカももう80kmなんて言っていません。30kmで安全だと言っていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
ただ積算量だけでは、チェルノと同じレベルの数字がでては来ないのではないかと考えているところです。

お礼日時:2011/04/12 18:10

だって、もう2回も大爆発起こしてるんですよ。


それで配管の1本たりとも損傷していないなんて絶対ありえないですよ。
屋根がふき飛んだ時点がら放射性物質は漏れ出しているんだし、放水した水は汚染されて流れ出ているんだし、なのに、

「完全に漏れてます。爆発してからずっと漏れ続けています。まだ修理できません。だからその間もずっと漏れ続けます。」

っていう単純な話が何でできないのかな。

やはり「日本国民全員退避」 という結論を発表できないからでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

垂れ流しがなぜ言えないのか。それは情報操作する電通テックの黒幕による緘口令が出ているのではないでしょうか?

お礼日時:2011/04/12 18:09

現在、土壌の汚染マップをつくるため、米軍と調査を行っています。

その調査により、実態を公表する必要が出てきたためでしょう。大本営発表ではありますが、今月中には、汚染マップが発表されるのではないでしょうか。

マスコミは、スポンサーである東電や政府にに言いなりですから。

どうも、東電のデータが何を意味しているのか良く分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

>大本営発表ではありますが、今月中には、汚染マップが発表されるのではないでしょうか

太平洋戦争は、天皇の白旗でことは済みましたが、核汚染はことが済まない点で、日本いやひょっとしたら世界の危機と言えますね。

米軍も安保で付き合っているわけですが、それも限界があるということですよね。

お礼日時:2011/04/12 17:54

落ち着けゆとり小僧。


危険度レベルの基準は「事故当時の放射線放出量」だよ。

つまり政府が以前の測定値を「隠してた」ってこと。


今の放出量とは関係無い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

隠蔽して、目立ったことが起こるまで隠し通すしかないのですね。

お礼日時:2011/04/12 17:49

1~3号基の圧力容器内の燃料棒は、ずーっと1.5~2メートルくらい、露出しっぱなしです(恥ずかしい話‥)。

ということは、注水され続けている冷却水に触れていないので、溶けて崩れている事(部分的メルトダウン)を示しています。
溶け崩れた燃料棒は圧力容器底に溜まっていることが考えられます(確認はできない)。圧力容器が、この溶けた燃料体で破損し、本格的なメルトダウンになるのは、まだみたいです(注水による冷却で小康状態)。
今は、注水冷却に伴う高濃度汚染水と、蒸発した汚染蒸気が、環境に出しっぱなしという状態が続いています。(いつまでまき散らし続けるの?)

燃料棒の露出状況などは下記の 「原子力安全保安院」のデータで分ります。
http://atmc.jp/plant/fuel/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変貴重なデータを頂きまして有難うございます。
燃料棒が出っぱなしでしたか。驚いた!!!

水素爆発のように、目立ったことが起こってからしか重大なことは、緘口令で表に出てこないわけです。本当に電通って悪徳、悪辣ですね!!

お礼日時:2011/04/12 17:47

国際原子力事故評価尺度のレベル7評価基準は、「放射性物質の重大な外部放出:ヨウ素131等価で数万テラベクレル以上の放射性物質の外部放出」です。


今は順調に冷却できていても、燃料棒や圧力容器・格納容器が破損していて、「放射性物質の閉じこめ」に失敗していればこの評価になる可能性はあります。
で、「爆発のメルトダウン」って意味不明なんですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。有難うございました。水素爆発に加えてメルトダウンという意味で、深い意味はありません。そうですよね、放射性物質の閉じ込めに失敗したから、レベル7なんて言わざるをえないですよね。
チェルノでは数十人死亡されているのですね。驚いた!!!

お礼日時:2011/04/12 17:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング