わたしは中学3年生女子です。
身長は157~8くらいで、体重は45キロくらいです。
部活は、バスケ部に入っています。

ここで私が悩んでいるのは、題名通りです。。。
バスケをやっているのに、帰宅部の人や
運動が得意で無い人にも腕相撲で勝てませんし、
バスケで大事なパスがよく投げれません。

腕立て伏せ最高5回という記録で、
それ以上全くもって無理です。。。

どうしたら、腕立て伏せができるようになりますか?
そして、腕の力が付くようになりますか?

+、握力も無いのですが、それも
関係が有るのですか?

どっちも詳しく教えていただきたいです!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

16045549さんが腕の力が無いことを悩んでいる本当の元になっている理由は、


・単に腕立て伏せがたくさんできるようになりたいからですか?
・腕相撲に勝ちたいからですか?
・バスケでパスを上手く出したいからですか?

腕立て伏せができるようになりたいのが理由でしたら、コツコツ腕立て伏せを続けることかと思いますが、腕立て伏せができない理由の1つとして、『身体の筋肉を上手に使えていない』ということもあります。腕立て伏せをすると本当は腕が疲れるはずなのに、「腰が痛い」とか「太ももが痛い」とか言う子もいます。これは、腕立て伏せに使う筋肉を間違えており、原因は幼年期の外遊び不足とも言われています。
また、体幹(インナーマッスル)が弱いために軸が曲がってしまい、正しい腕立て伏せの姿勢が取れていないこともあると思います。体幹トレーニングをすることで軸がしっかりし、腕立て伏せもたくさんできるようになると思います。体幹トレーニングについてはWEBや書籍が多いので調べてみて下さい。ちなみに、サッカー日本代表の長友選手は毎晩欠かさず体幹トレーニングを行っているようです。


バスケのパスを上手に出したい場合は力の問題もありますが、判断力や瞬発力、動いているプレーヤーにドンピシャに合わせられる調整力や感覚、身体のどこからでも出せる(右手から、左手から、上から、下から、後ろ向きから、横向きから、走りながら、ジャンプしたまま、止まった瞬間、止まる寸前、2ステップで出す、1ステップで出す、そっぽ向いて、知らん顔して、ループに出す、バウンズで出す、などなど)敵にバレることのない間合いなどが必要かと思います。
判断力や感覚はゲーム練習などでミスを恐れずに思い切ってやってみることでカットされる経験値が上がって身に付けられることかと思います。

速いパスや強いパス、遠投などを身に付けたい場合は、フルパワーでのパス練習を毎日30秒でも良いので続けることが必要かと思います。速いパスや強いパスは、重心移動を上手く使って出すことで速くて強いパスを出すことができます。でも、重心移動を使わずに速くて強いパスができることも大切なので、腕だけのパス練習もやることで効果は上がると思います。
パス力を上げながら楽しめる練習の1つとして、ハーフラインくらいからのシュート練習です。ゴールに入れるように狙いますが、あくまでパス練習なのでフォームはパッシングフォームを気をつけながらやります。はじめは届かないかもしれませんが、届かせることを努力することでパス力を上げられますし、ゴールを決めるにはピンポイントの正確性も必要です。シュートのようにループをかけて入れてみようとしたり、あえて低いライナー気味で入れてみようとしたり、バックボードを使って入れてみようとしたりすると調整力も高まります。ただし必ず、「これはパス練習」という意識でやることです。そのフォームがシュートフォームといっしょになってしまうのは良くないので、シュートフォームとは必ず切り分けて下さい。


長くなりすみません。
夏には中学最後の公式戦ですね。何をするにも大切なのは『継続』だと思いますので、自分に自信を持ってがんばって下さい!応援しています♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ長文で詳しく教えていただき、本当に感謝します!
体幹トレ―ニング、ぜひやってみたいと思います!

応援も有難うございます(*´∇`*)

お礼日時:2011/04/18 15:06

5回、というけど、5回きちんと肘を折りたたんで胸が地につけるぎりぎりまで出来る?そして元に戻せる?出来ないならおそらく1回も難しいから、まず1回、やれるかやってみて。

胸まで無理なら途中まででいい。出来るようになったら、次の日は胸までいって回数少しずつ増やして。

要はいきなり5回や10回は無理、極端な話、3回できたら明日は4回と、1日1、2回ずつ増やしていけばいいかと。無理すると次の日筋肉痛になってやりたくなくなるから。

腕の力をつけるのはいろいろあるけど、お金かけずに出来るのがやはり腕立て伏せです。又は水にペットボトルを入れたものを2本片方ずつの手でつかんで、ダンベル代わりに上下に上げ下げするのもいいでしょう。これなら握力も多少鍛えられるかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただき有難うございます!
やってみたいと思います!

お礼日時:2011/04/13 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腕立て伏せの筋肥大以外の効果について教えてください

当方趣味でキックボクシングをやっておりまして、
最近効果的なトレーニングについて調べています。
ちなみに筋肥大をさせたいわけではありません。

まず簡単に私が知っている筋肉の鍛え方を書き出しますと、

有酸素運動 →脂肪燃焼(ダイエット)
無酸素運動1→最大脈拍数の80%~90%の運動強度で行う事による
          スタミナ増強・酸素を使用しないエネルギー燃焼の効率UP(詳細省略)
無酸素運動2→最大11回程度しかできない負荷でのウェイトトレーニングによる筋肥大

大体こんな感じです。

この時、例えば腕立て伏せを50回しかできない人が100回できる事を目指すといった
トレーニングは上記のどれにも該当し無いと思うのですが、
科学的・医学的どういう効果があるのか、少しつっこんで回答していただける方がいらっしゃったら
アドバイスを頂けたらと思います。

似たような質問では「スタミナがつく」と一言で終わっていたのですが、
もう少し具体的にお願いできたらと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

筋持久力の強化を狙った有酸素性運動ですね。
筋肥大する速筋(筋力・パワー系)を狙ったものではなく、心肺機能向上とともに遅筋に的を絞っています。

それに、なにより、ボクシングは、有酸素性運動の代表のようなものなのですが、簡単に言えば、

最大パワーの90~100%が、ホスファゲン機構で、その運動可能時間は5~10秒(単に6秒以内とも)、
Max75~90%が早い解糖機構で15~30秒、
Max30~75%が遅い解糖機構と酸化機構で1~3分、
Max20~35%が完全な酸化(有酸素性)機構で、この運動時間が3分以上

ということになっていまして、しかも、インターバル・トレーニングのメニュー作成時に考慮すべき運動と休息時間比は「1対1~1対3」が適正とされていますから、全くボクシングと一緒で3分運動(戦い)し、1分休む形なのです。

また、解糖系から有酸素性運動への移行は、ご承知でしょうが、そのエネルギー源が糖質から脂質に変わってゆきます。

また一発の瞬発力のみを競う競技の場合、筋肥大や最大筋力、更にはスピードやパワーの向上が阻害される恐れがあるため、無酸素性運動のアスリートが腕立てを50~100回やることはマイナス要因が大きいため、まず、やりません。6回以下の挙上回数を励行するのが基本です。逆に、有酸素系のアスリートが無酸素性運動をするのは、マイナス要因が無いとされています。従って、マラソン選手やボクシング選手で高負荷ウェイトをやる人は多いですが、砲丸投げの選手が長距離を走るのはダメなんですね。

筋持久力の強化を狙った有酸素性運動ですね。
筋肥大する速筋(筋力・パワー系)を狙ったものではなく、心肺機能向上とともに遅筋に的を絞っています。

それに、なにより、ボクシングは、有酸素性運動の代表のようなものなのですが、簡単に言えば、

最大パワーの90~100%が、ホスファゲン機構で、その運動可能時間は5~10秒(単に6秒以内とも)、
Max75~90%が早い解糖機構で15~30秒、
Max30~75%が遅い解糖機構と酸化機構で1~3分、
Max20~35%が完全な酸化(有酸素性)機構で、この運動時間が3分以上

ということに...続きを読む

Qバスケットゴールについてなのですが、身長約185くらいの人が150くら

バスケットゴールについてなのですが、身長約185くらいの人が150くらいのコを肩車すると、ゴールに手は届きますか?
これは、試合でもなく、ルール無視で・・
分かる方、教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

28歳元大学バスケ部キャプテンです。

>届きますか?
私は届かない気がしますね・・・
私と妻がまさにその身長ですが、無理のような気がしてなりません。(笑)
体型次第と言えば、確かにそうだと思いますが。

やってみてください。
以外と肩にのっけても、ゴールまでは遠いですよ!

Q腕立て伏せの効果的なやり方

僕が普段行っている腕立て伏せのやり方は
まずトータルレップ数を先に決めてインターバル1分半~2分として各セット必ずもう無理って限界になるまで行って決めたトータルレップ数になるまで何セットもやって、上げ4秒下げ3秒位かけて下げる時は胸や顎が床に付く位下げて上げる時は腕が真っ直ぐになる手前多少曲がってる位まで上げてまた下げるの繰り返しでやってます。
それぞれトータルレップ数を60回と決めて
デクライン・プッシュアッを60回
ワイドスパンでプッシュアップを60回
ナロウスパンでプッシュアップ60回
この段階で腕や胸パンパンで肩周りも痛いです。
腕痛くて辛くて普通に出来ないので膝立ててダイヤモンドプッシュアップを30回やって終了です。
上記に書いたメニューをすると必ず2日間は筋肉痛になり鎖骨の下当たりと脇のすぐ下と腕を前に出して後ろに引いたりするとズキッてなります。
このやり方で腕や胸に効果的に効いてるでしょうか?目的はジムが1ヶ月改装で休みでトレーニング出来ないので自重トレで筋肉維持ないしは筋肥大です。
トレ初めて半年です。

Aベストアンサー

No1ですが、isoworldさんも書かれているように、負荷をかけないと無理です。
逆立ちならば、もろ体重分の負荷がかかりますから、十分です。これで一回プッシュアップが出来て、アウトしていれば、筋力アップが出来ます。
でも、それって、バーベルで代用できますよね?
ジムの改装中はあきらめて、その後に、負荷を上げて筋力をつけるようにトレーナーにも相談してみてください。

ただ、一回本を読まれたほうがいいですよ。多分。書店で売ってる筋力トレーニングの書籍ならば、かなりの知識が書いてあります。大半がトレーナーなどの方の書籍ですので、間違いないです。
私もうろ覚えなので、家でダンベルしているときも、当時読んだのを思い出しながらなんとなくやってるだけです。
多分、最大筋力上げるなら、一回でアウトするような負荷が必要ですが、最初っからではなく、少しずつ増大させます。セットも2、3回だと思います。本に目を通してください。ぜひ。

Q私は体重が見た目の割にあります。 身長は165で69キロです。 現在高校です。 ちなみにバスケ部です

私は体重が見た目の割にあります。
身長は165で69キロです。
現在高校です。
ちなみにバスケ部です。

Aベストアンサー

まあ、そういう人がいてもよいと思いますけど、、、
バスケの話をするなら、自分の体格でどのように自分のプレーができるのかって話になります。

友達に190cmで120kgあるやつがいますが、私にはどうあがいてもシュートをブロックすることができません。
ジャンプシュートって言ったって、10cmも飛んでいないのでしょうけれど、前にスクリーンが一人いるくらいのスペースを自分の体で確保しています。 ずるいです。

あなたがチームで活躍したいなら、チームにとってあなたがいることがなんのメリットになるのかですよね。
その身長でしたら、FWは無理でしょうから、機敏に動き回ることができないなら、シュート力を磨くしかないですよね。 3ptを試合で50%以上決められる選手でしたら、そこそこ重宝されますよ。

Q腕立て伏せが3回も出来ない

僕は全体的にヒョロっとしていて、特に腕の部分は「姉よりも頼りない」と母に言われた事があります・・・。

そこで、腕立て伏せをして少しずつ腕力を付けていこうと思ったのですが3回も出来無かった為、膝をついて毎日20回腕立て伏せをしています。現在、1週間ほど継続した状態です。

そこで質問なのですが、膝をついた腕立て伏せでも筋肉を鍛える効果はあるのでしょうか?
それと、腕立て伏せ以外に筋力が弱い僕でも出来るトレーニングはあるのでしょうか?

回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も小さい頃そうでした。むしろ1回しかできませんでしたよ(笑)
ヒョロヒョロというより、肥満児で自分の重さを支えきれなかっただけですが(笑)
1回じゃ話にならないので最初はちょっとヒザついたりもしましたが、しかしその後はズルせず、1回が2回になり2回が3回になり、体重が減ったのもありますが、自重での腕立て伏せは数え切れないぐらいはできるようになったと思います(最近、長年の運動不足がたたって衰えましたが)。
負荷を減らして続けるのも効果はあると思いますが、どちらかといえば、キツくて無理だというほうを可能な範囲で続けるほうが筋力は増強すると思います。「痛み無くして構造改革無し」です。

単純に、今の筋力ではできそうに無いというキツい負荷をかけるから、それができるように筋肉が増強されます。20回もできたらちょっと弱いでしょう。できる筋トレを何度もやったからといって、つくのはまず持久力であって、重いものを持つ力は目に見えてついてくれたりしないでしょう。
3回もできるなら、5回を目標にして集中してがんばったらいいと思います。で、数分休憩してまた頑張る。筋肉が少ない人は最初はすぐ付くといいますから、繰り返せばすぐ太くなると思います。
高たんぱくな食事、必要とあらばプロテインなどもとったほうがいいです。それとゴハンちゃんと食べてないと、もっと筋力があるのに力がでなかったりするので、しっかり食ってください。
ちなみに私は懸垂もゼロ回しかできませんでしたが(笑)、やはりゼロなりに持ち上げようと努力するうちに1回できるようになり、最高3回できるようになりました(たった3回と笑わないでください)。体重を落としてからはいくらでもできるようになりましたが、いくらやっても筋肉痛にもならないし、筋力アップしなくなりました。
やはりキツくて痛いと思う負荷が一番伸びると思います。

私も小さい頃そうでした。むしろ1回しかできませんでしたよ(笑)
ヒョロヒョロというより、肥満児で自分の重さを支えきれなかっただけですが(笑)
1回じゃ話にならないので最初はちょっとヒザついたりもしましたが、しかしその後はズルせず、1回が2回になり2回が3回になり、体重が減ったのもありますが、自重での腕立て伏せは数え切れないぐらいはできるようになったと思います(最近、長年の運動不足がたたって衰えましたが)。
負荷を減らして続けるのも効果はあると思いますが、どちらかといえば、キツく...続きを読む

Q中2バスケ部でセンターをしています。 身長は168cm です。身長の低いセンターが高いセンターに勝つ

中2バスケ部でセンターをしています。
身長は168cm です。身長の低いセンターが高いセンターに勝つにはどうすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

高さでの勝負を避けること。
例えば相手を台形内に入れないようなディフェンスをする、オフェンスならガードやフォワードのように外からドライブする、外からシュートする、などなど。それらに自信が無ければ、スクリーンなど黒子役に徹する。

高さで利点が無ければ他に利点を作る、ソレ中心でゲームを進めればイイだけです。

Q腕立て伏せと懸垂

腕立て伏せと懸垂ならどちらのほうが腕に効果があるのでしょうか?
また、懸垂は腕に効かすのなら肩幅と同じぐらいの幅ですればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>腕立て伏せと懸垂ならどちらのほうが腕に効果があるのでしょうか?

両方、効果があります。それぞれ使う筋肉は違いますから。

>また、懸垂は腕に効かすのなら肩幅と同じぐらいの幅ですればいいのでしょうか?

(1)肩幅より広め、(2)肩幅と同じくらい、(3)両手を頭の真上。それぞれ鍛えられる筋肉が違うので、それぞれ分けて全部やるのも手です。

Qこの身長で・・・

ぼくは、中3で、FDをやっていたのですが、
今、身長が167cmぐらいしかありません
高校で、バスケをするならやっぱポジション変えないといけませんか?

Aベストアンサー

 どんなメンバーが集まるかによりますが、今167cmだというならセンターは難しいでしょう。ガードかフォワードということになりますが、どうも質問の意図はガードへのコンバート(ポジション替え)に不安を感じているようです。
 ガードにも2種類あって、ポイントガードとシューティングガードとがあります。もしゲームコントロールに不向きだというならシューティングガードとして積極的に攻める役割を果たしたらどうでしょう。すべては入学後のことですので、今は受験勉強に全力投球したほうがいいと思います。

Q背中に重りを背負って腕立て伏せ

背中に重りを入れたリュックを背負って10回が限界くらいの強度で腕立て伏せするのはベンチプレスとだいたい同じ効果があるんでしょうか?

Aベストアンサー

強度が違うと比較にならないので、どちらも「10回が限界くらい」であることを前提に、腕立てとベンチプレスを比較してみます。

・腕立ての方が腕をやや下(足の方)に下げた体勢になります。ベンチプレスは胸から真っ直ぐ前に押し出す運動です。
・腕立て伏せは足を支点にしているため、円運動です。ベンチプレスは直線運動です。
・腕立て伏せは足を支点にした円運動であるため、安定しています。ベンチプレスは、支えのない状態で負荷を押し返すので、安定させるための筋力が必要です。
・腕立て伏せは、胸や腕の他に、姿勢を保つために腹筋なども使います。ベンチプレスは胸と腕の筋肉だけで行うのが正しいやり方です。
・腕立ては負荷を手の平で押し返す運動ですが、ベンチプレスはバーを握ります。

このように整理してみると、腕立て伏せよりベンチプレスの方が、筋肉を限定的に鍛えるための運動であると言えると思いますが、腕立て伏せ用のバーを使用したり、足を高い所に乗せたりすることで、二者はより性質の近いものになりそうです。

よって、質問に対する回答は、「大まかに言えば同じだが、部位と方法によって違う」が正解でしょう。

強度が違うと比較にならないので、どちらも「10回が限界くらい」であることを前提に、腕立てとベンチプレスを比較してみます。

・腕立ての方が腕をやや下(足の方)に下げた体勢になります。ベンチプレスは胸から真っ直ぐ前に押し出す運動です。
・腕立て伏せは足を支点にしているため、円運動です。ベンチプレスは直線運動です。
・腕立て伏せは足を支点にした円運動であるため、安定しています。ベンチプレスは、支えのない状態で負荷を押し返すので、安定させるための筋力が必要です。
・腕立て伏せは、胸や腕...続きを読む

Qバレーボールと身長

中二でバレ-部に所属してるんですけど、先日コーチにショッキングな事を言われてしまいました。ズバリ「お前の身長、止まりつつあるな。」とのことです。確かに最近伸びて無い気がします。周りは大体172とか大きい人は178位あって、やっぱ不利な気がしてならないです。バレーってやっぱ背高い方が有利ですよね。
それと背はどの位まで伸びるのでしょうか?コーチの言う「止まった」って言うのは一般論なのか、それとも僕の場合なのか教えて下さい。

Aベストアンサー

#3のsmtsuzです。「お礼」の中でちょっと気になったので再び書かせてもらいます。
「ビタミンD」と「カルシウム」とだけ書かれていますが、文中にも書いたようにバランスが大事だと思います。
おそらく家庭科などで勉強したと思いますが、それぞれの栄養素に目的があって「たんぱく質」「炭水化物」なども大変重要なものになります。また、それらの栄養素を効率よく身体に取り込んだり活用するためにビタミンがあります。
せっかくの機会ですので調べてみてください。
また、中学生の部活レベルではサプリメント食品で摂取・補充するよりも家庭の食事で母親と共に工夫する事が大事だと考えます。

バレーボールのテクニックも当然必要ですけど、栄養学を学ぶ事は自分の将来の可能性を広げてくれると思いますよ。そんなバランスも大切だと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報