こんばんは。長文ですがよろしくお願いします。

質問内容は「24(4極管)を3結にしたが、電流を見るとプレート電流よりスクリーングリット電流のほうが多く流れてしまいます。原因は何が考えられますか?」ということです。
3結なんかやめろとかとかそういう事ではありません。純粋になぜなのか?を知りたいです。

カニンガム社製の324という真空管を手に入れました。ナス管でなかなか雰囲気があるのでぜひラジオに!と思っています。
そこで、できるだけ簡単な回路で仕上げたいこと、内部抵抗を減らしたいことなどから3結での利用を考えました。
24の規格としてはプレート電流最大4mA、スクリーングリット電流はプレート電流の1/3らしいので規格内に収まるのか100V程度のB電池(9V角型電池10個列)を用いて実際に試験してみました。
その結果、スクリーングリット電流>プレート電流という結果になってしまい悩んでいます。電流の大きさの比としては1.5:1とか2:1とかその程度です。なぜこのような結果になるのかご教授ください。電極の面積的にプレート電流のほうが大きくなりそうなものですが・・・
電圧を変えて何回か測定してみましたが、測定した50~180Vの範囲全てでこの現象が見られました。

電流の測定は以下のようにして行いました。

(B電池+)----(トランス負荷)----+----(プレート用電流計)---------(24のプレート)
                     |
                     +----(スクリーングリット用電流計)---(24のスクリーングリット)


あと、あまり関係ないかもしれませんが、3結時の特性も少し測りました。それが添付画像のようになります。エミ減してる気もしますが、割とまともな3極管っぽい特性が出てると思います。よって真空管自体は壊れてない(?)
なおこの測定をしたときにはまだ電流計を1個しか使用していなかったため、この図におけるプレート電流とか実際には「プレート電流+スクリーングリット電流」のことです。

「真空管の3結とSG電流」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

NO.1さんの言うとおりだと思います。

スクリーン損失を超えない範囲であれば良いのですが、超えていれば球が短命に終わるでしょう。で、スクリーンをプレートでなくてコントロールグリッドに接続した3結で試してみては如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
現状ではすぐにスクリーン損失を超えてしまいそうです。
コントロールグリッドへの接続による3結も含めて、大事な球を壊さないようにいろいろ検討していきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/15 18:34

その程度の電流であれば


単純に スクリーングリッドの方がカソードに近くプレート電流を横取りしているだけでしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
プレート電流の横取りというのは分かるのですが、それで定格を超えてしまう様な電流が流れるとすれば、この球は3結に向かないということでしょうか?
いずれにしてもまたいろいろ調べてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/15 18:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(1)三相3線式回路の抵抗値を求める問題で、線間電圧200V、線電流1

(1)三相3線式回路の抵抗値を求める問題で、線間電圧200V、線電流17.3Aの場合のRの抵抗値はいくらか?
また、(2)三相負荷で、8時間電力を使用した電力量が320kwhであった時、負荷の力率を80%として、電流計Aの読みはA?

解る方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

(1)Δ接続のときと、Y接続のときで、答えは同じだけど、計算が若干異なります。
線電流17.3Aは、10√3としたほうが計算が楽なので、そうします。

Δ接続の場合、
抵抗R=相電圧/相電流
   =(線間電圧/√3)/10√3
   =20Ω
Y接続の場合、
抵抗R=線間電圧/(線電流/√3)
  =200/(10√3/√3)
  =20Ω

(2)これは解けませんね。
電力量=電力×時間
電力=320kWh/8h
 =40kW
電力=√3電圧×電流×力率

電圧が分かりません。
(1)の抵抗でよければ、
電力=√3電流^2×抵抗×力率
電流^2=電力/(√3抵抗×力率)
   =40kW/(√3×20×0.8)
   ≒1443
電流=√1443
  ≒38A

Q真空管アンプの調整(固定バイアス電流)

真空管アンプの回路と調整について、2つ質問があります。
このアンプはKT88のプッシュプルです。

質問(1)プッシュプルの片側だけ、突然、カソード電流が減少して、VRで調整しようとしても、40mAまで増えません。
  以前は、VRの真ん中あたりで40mAまで流れていたのに、今は最大に回しても、35mAまでしか増えません。
  実際には、カソード抵抗10Ωで測定しているので、0.35V位です。
  真空管に異常があるのでしょうか?
  異常なら、球を早く手配したいです。

質問(2)KT88の第2グリッドとプレートの間に47pFのコンデンサが付いています。Webで調べてもこの意味、効果がわからないので、教えてください。
  オシロで波形を見ると、方形波の時に、リンギングが少し減る様に見えますが。
  この手法はあまり知りませんので、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

他の回答者様の指摘のとうり、真空管の寿命です、早めに予備の真空管と交換してください、真空管は半永久的に使えるトランジスタ半導体素子とは違いだんだん性能が劣化する消耗品です、また片方が寿命が着ます、プッシュプル回路ですので、なるべく特性が沿ったペアの真空管を選んだほうが歪が少なくなります
真空管は内部インピーダンスが高く、以上発振を、しやすいので、それをとめるために、コンデンサーで、出力の一部を入力側に逆位相で戻すことで、、打ち消してとめるのです、以上発振防止コンデンサーです、真空管回路では、増幅率が高いので、どうしても起こりやすい現象です、高周波増幅回路では真空管自体を放熱用の穴が開いたシールドケースに入れて防止します、内部インピーダンスの低いトランジスタ回路とは違いのひとつです、

Q交流回路の位相について教えて下さい 抵抗R、コイルの回路の電流、電圧の位相のベクトル図を書いたのです

交流回路の位相について教えて下さい
抵抗R、コイルの回路の電流、電圧の位相のベクトル図を書いたのですが合ってますか?それぞれ抵抗Rを基準とした電圧の位相、電流の位相、合わせた位相のベクトルです
電圧…抵抗に掛かる電圧よりコイルに掛かる電圧が90度遅れる
電流…抵抗に流れる電流よりコイルに流れる電流が90度遅れる
そのベクトル合成したものがそれぞれ回路に流れる電流、電圧で、合成した電流と電圧は同相

Aベストアンサー

R と L の直列回路だから, R を流れる電流と L を流れる電流は同じでないといけない. つまり
電流…抵抗に流れる電流よりコイルに流れる電流が90度遅れる
は間違っている.

あと, R にしろ L にしろ C にしろ基本的には
その素子の端子間電圧と流れる電流
の関係を理解すべき. その意味では
電圧…抵抗に掛かる電圧よりコイルに掛かる電圧が90度遅れる
もおかしい (「コイルにかかる電圧」の位相を考えるなら「コイルを流れる電流」と比較するのが基本).

Q5Z3Pの整流管と5R4との互換について

中国製のコンサートマスターという300Bのアンプを手に入れました。

整流管に中国球の5Z3Pがついていましたが、手持ちのUSA製5R4系(5R4GYなど)に交換したいと思っています。ネットで調べた感じでは直熱管と傍熱管の違いがあれど似たような特性なので互換性があるとあります。

一方、販売元に問合せしてメーカー確認してもらったら、アンプを傷める可能性が高いのでやめた方が良いと言われました。理由がわからないのですが、アンプの何が傷めてしまうのでしょうか? 

過去、QAを見ると傍熱管は起動時の立ち上がりに時間がかかるとあるので、300Bの出力管が傷んでしまうということでしょうか?


ド素人質問で申しわけありませんが、有識者の方々、ご教授いただけませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回路がわからないので何とも・・・ですが

ネットで「中国製のコンサートマスターという300Bのアンプ」を調べてみました。初段-6N9P(6SL7)、次段-6N8P(6SN7)、出力-300B自己バイアスとなっていましたので、トータルの消費電流は160mA程度、多くても180mAだと思います。これなら5Z3Pに代えて5R4系(5R4GY,5R4GYA、5R4WGBなど)でも十分使用可能だと思います。

5Z3Pと5R4はどちらも直熱管でピン接続も同じです。5R4は内部抵抗が5Z3Pよりかなり高いので出力電圧が1割ほど低下します。アンプ出力も1割低下しますが、出力間300Bにとっては楽な動作になりますのでむしろ寿命には有利です。もちろんアンプをいためてしまうなんてありませんので交換して音の違いを楽しんでください。



蛇足ですが、5R4系の整流管はすべて業務用 軍事用の球で民生規格の球はありません。最大定格の定め方も民生球とは違いますので出力電流値が2割くらい定格を超えても寿命には影響しません。
内部抵抗が高くてあまり人気のない球ですが、真空管最盛期の球が今でも廉価に入手できるので積極的に活用するべきです。ムリにウエスタンの274Bにこだわることもないと個人的には思うのですが・・・

回路がわからないので何とも・・・ですが

ネットで「中国製のコンサートマスターという300Bのアンプ」を調べてみました。初段-6N9P(6SL7)、次段-6N8P(6SN7)、出力-300B自己バイアスとなっていましたので、トータルの消費電流は160mA程度、多くても180mAだと思います。これなら5Z3Pに代えて5R4系(5R4GY,5R4GYA、5R4WGBなど)でも十分使用可能だと思います。

5Z3Pと5R4はどちらも直熱管でピン接続も同じです。5R4は内部抵抗が5Z3P...続きを読む

Q電気抵抗が小さい銅線に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法

電気抵抗が小さい銅線に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法


こんにちは、
下記を教えてください。
電気抵抗が小さい金属に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法


こんにちは、
下記を教えてください。
1.銅線等の電気抵抗が小さい金属に、図のように変圧器を通して、数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加することは可能でしょうか?
2.この図のR2には、実際に数十GVの高電圧、数mAの微小電流が印加されているのでしょうか?この図のL3を削除したら、急に電圧が下がります。やはりR2には高電圧は印加されていないのでしょうね?
3.この図のL3には、実際に数十GVの高電圧、数mAの微小電流が印加されていると思います。銅線をコイル状にすれば、数十GVの高電圧が印加されるのでしょうか?
4.この方法以外に、銅線等の電気抵抗が小さい金属に、この図のように変圧器を通して、数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加することは可能でしょうか?
5.銅線等の電気抵抗が小さい金属に、変圧器を通さないで、数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加することは可能でしょうか?直接、印加すれば可能でしょうね?

コイルL1,L2,L3の抵抗は0.1オームです。

電気抵抗が小さい銅線に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法


こんにちは、
下記を教えてください。
電気抵抗が小さい金属に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法


こんにちは、
下記を教えてください。
1.銅線等の電気抵抗が小さい金属に、図のように変圧器を通して、数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加することは可能でしょうか?
2.この図のR2には、実際に数十GVの高電圧、数mAの微小電流が印加されているのでしょうか?この図のL3を削除したら、急に電圧が下がります。やはり...続きを読む

Aベストアンサー

直流電圧に対して低抵抗
交流、インパルスに対して高インピーダンス
を実現するだけならリアクトルでいい。

ただし、
大電圧に対して高抵抗、高インピーダンス
って条件が厳しい。
これは電流路を物理的に遮断することと一緒。
回路保護が目的なら、逆に大電圧で低インピーダンスになるバリスタとかを並列に挿入する。

Q真空管の出力段のロードラインで、

例えば、シングルで、ロードライン8Kの場合
はシングル用8Kを使用すればよい。
で、PPの場合ロードライン2Kとなった場合、
PP用8Kを使用。
ここで疑問が、PP8Kなので、1本あたり4K
ここまでは理解できます。
シングルの場合、ロードラインの値のものをそのまま使うのに
なぜPPの場合は1/4(半分のさらに半分)になるのですか?
ぎゃくにいいますと、シングルの場合はなぜ1/2
にしないのですか?
という質問です。

Aベストアンサー

> ここで疑問が、PP8Kなので、1本あたり4K

PPで8kΩの場合、「4k+4k」ではなくて「2k+2k」となります。
つまり、片側の巻線は全体の1/2なので、1次:2次のインピーダンス比に直すと(1/2)^2=1/4となるのです。

蛇足ながら、B球PPの場合は1/4ですが、A級PPの場合は1/2となります。
つまり、B級では基点がカットオフ点(Ip=0)となるのに対し、A級の場合は基点が中点(Ip=アイドリング電流=最大電流の1/2)となり、同じ合成ロードラインを引く場合でも、1球当たりのロードラインでは傾きが1/2となるからです。

説明のしかたは若干違いますが、下記リンク先を参照願います。

参考URL:http://home.highway.ne.jp/teddy/tubes/tips/b120.htm

Q一定電圧を供給する充電機を使った場合の電流と抵抗の関係

USBはDC5Vの一定電圧を供給してくれますので、USB充電機を
改造して、いろんなことに使ってみようと思っています。
ただ、電流は装置上、最大値が決まっています。
今、使おうとしている充電機に内蔵のスイッチングレギュレータは1.5Aが上限というものです。

この場合、以下のようなことをするとどのようになるのでしょうか?

(1)3.33オームの抵抗をつないで電流を測定
 この場合は E=IR から 5=I×3.33 I=1.5
 充電機の最大電流が測定できると思っています。
 この考えは正しいのでしょうか?

(2)2.5オームの抵抗をつないで電流を測定
 この場合、式では 5=I×2.5 I=2
 ただし、充電機は1.5Aが上限です。そうすると固定値は
 抵抗と電流の値になりますから、電圧が下がらざるを得ない?
 E=1.5×2.5 E=3.75
 でもUSB充電機は5V一定に出力すると思っています。
 この場合はどのようになるのでしょうか?
 USB充電機の電圧が強制的に下がり、装置に負担がかかるのでしょうか?

USBはDC5Vの一定電圧を供給してくれますので、USB充電機を
改造して、いろんなことに使ってみようと思っています。
ただ、電流は装置上、最大値が決まっています。
今、使おうとしている充電機に内蔵のスイッチングレギュレータは1.5Aが上限というものです。

この場合、以下のようなことをするとどのようになるのでしょうか?

(1)3.33オームの抵抗をつないで電流を測定
 この場合は E=IR から 5=I×3.33 I=1.5
 充電機の最大電流が測定できると思っています。
 この考えは正しいのでしょうか?
...続きを読む

Aベストアンサー

電源側の回路構成にもよりますが、保護回路が入っている場合、
定格を超えた電流を取りだそうとした場合、保護回路によって出力電圧は0Vになります。

保護回路が無い場合は、電源の能力を超える電流を取りだそうとした場合は、電圧が下がっていくことになります。

> 2Aは流れたけれども、電圧降下が起こって5Vを供給できなかった、と考えるのが普通なのですね。

いや、おそらく2Aも流れていないでしょう。
「5Vで2Aが流れる機器」は、「抵抗2.5Ω」に相当しますが、
2.5Ωの抵抗を繋いだ場合、オームの法則的に、
5Vより低い電圧では、流れる電流は2Aよりも小さくなります。

例えば、電圧が4.5Vに下がれば、流れる電流は1.8Aになります。

> ただし、充電機は1.5Aが上限です。そうすると固定値は
>  抵抗と電流の値になりますから、電圧が下がらざるを得ない?

スイッチング電源は(効率を抜きにすれば)「電力(=電圧×電流)」は一定のまま「電圧を下げ、電流を増やす」ような回路です。
その上で、負荷変動に対し電圧が一定になるように制御をかけています。

おおざっぱな計算というか推測になりますが、
「5Vで1.5Aを取り出せる電源」は、「7.5Wの電力供給能力がある」と言えるでしょう。
7.5W電源に2.5Ωを繋ぐと、「電圧が4.3V・電流が1.7Aで、電力7.5W」といった感じになるのではないかと。

あとは、使用したい機器次第ですが、
電子回路系の機器は、そもそも「電圧が5Vより下がった」時点でまったく動作しなくなるものがそれなりに多いと思います。

電源側の回路構成にもよりますが、保護回路が入っている場合、
定格を超えた電流を取りだそうとした場合、保護回路によって出力電圧は0Vになります。

保護回路が無い場合は、電源の能力を超える電流を取りだそうとした場合は、電圧が下がっていくことになります。

> 2Aは流れたけれども、電圧降下が起こって5Vを供給できなかった、と考えるのが普通なのですね。

いや、おそらく2Aも流れていないでしょう。
「5Vで2Aが流れる機器」は、「抵抗2.5Ω」に相当しますが、
2.5Ωの抵抗を繋いだ場合、オームの...続きを読む

Qテレフンケン真空管について

テレフンケン製 真空管の表示でMade in Western GermanyとMade in Germanyが有るみたいですが、何が違うのでしょうか?
選ぶとしましたら、どちらが宜しいのでのでしょうか?

Aベストアンサー

Germanyが戦前製の古い方です。
Westernの付く方が戦後、東西分割時製で真空管製造終了までの製品です。
西ドイツ時代に真空管の製造は終了しています。
戦後の方をお奨めします。

Q抵抗に電流を加えると電圧発生?

抵抗に電流を加えると電圧が発生すると
聞いた事があるのですが
電流は電圧を加えてはじめて、流れると思うの
ですが、違うのでしょうか

Aベストアンサー

電流、電圧、抵抗の関係は良く水の流れに例えられます。
ある水路を考えたとして、その流量(1秒間に流れる水の量)が電流、水路の落差が電圧、水路の細さが抵抗、と考えれば分かりやすいかも知れません。
もし、ある決まった流量(電流)を水路(回路)に流したいと思えば、水路の傾きを調節して目的流量にする必要があります。その目的流量(電流)にするための水路の落差(電圧)は、流量と水路の細さ(抵抗)の積で決まるわけです。
逆に、ある決まった落差(電圧)で水路に水を流せば、その流量(電流)は落差を水路の細さ(抵抗)で割った値になるという関係に有ります。
つまり、電圧と電流のどちらに注目して回路を設計or測定するかという違いで、文章表現としては「電圧を加える」になるか「電流を流す」になるだけの話で、水路の流量と落差を分離できないように電流と電圧も分離は出来ません。
ただし無限に大きい抵抗、例えばコンデンサーに直流電源をつないだ場合など、に電圧を加えれば電流は流れませんから、電圧だけがかかった回路は作れます。
また、その逆にゼロ抵抗(超伝導状態の導体や、短くて太い導線もほぼゼロ抵抗と見なせます)に電流を流せば電圧はかかりませんから、電圧のかからない電流だけが流れる回路を組むことは可能です。

電流、電圧、抵抗の関係は良く水の流れに例えられます。
ある水路を考えたとして、その流量(1秒間に流れる水の量)が電流、水路の落差が電圧、水路の細さが抵抗、と考えれば分かりやすいかも知れません。
もし、ある決まった流量(電流)を水路(回路)に流したいと思えば、水路の傾きを調節して目的流量にする必要があります。その目的流量(電流)にするための水路の落差(電圧)は、流量と水路の細さ(抵抗)の積で決まるわけです。
逆に、ある決まった落差(電圧)で水路に水を流せば、その流量(電流)...続きを読む

Q真空管の名称

この画像の真空管(パワー管)の名前を教えて下さい。
多分”無線と実験”誌に掲載されたアンプだと思います。
掲載された号の年月が分かると助かります。
画像が小さくて見づらいと思いますが、どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

カタツムリタイプの真空管ですね。このタイプはそんなに
種類はありません。
形状から815ではないかなと思いました。
こいつを使ったアンプがここに載ってます。もし違ってたら
ごめんね。

http://miya3.sakura.ne.jp/815PP.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報