福島原発のことで毎日ニュースが多いですね。

ニュースを見ていると
原子力委員会に、原子力安全委員会に、原子力安全・保安院と三つも役立たずの組織があるそうです。
責任もない役にも立たない組織が肥大し、権力を主張し合ています。
お役人の天下り先になっている気がします。

3つまとめたほうがいいと思いませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

原子力委員会と原子力安全委員会は同じもので内閣府にあるきかんです。

原子力安全・保安院は経産省が管轄する資源エネルギー庁の特別機関です。天下りとは全く関係ありません。
貴方は知りもしないことに
『責任もない役にも立たない組織が肥大し、権力を主張し合ています。
お役人の天下り先になっている気がします。』何て無責任なことを言わないように願います。
役立たずの組織って何故断言するのでしょうか。何処が焼く立たないか。言って下さい。
貴方みたいな人が風評被害の元になるって事、お判りでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の質問を読んでご回答いただきありがとうございました。
これからも原子力政策に関心を持ちましょう。
管直人首相も厳しく批判しています。

平成23年8月1日の新聞によると、
管直人首相は31日茅野市で開かれた「みんなのエネルギー・環境会議」の第一回会議に参加し、電力会社に「やらせ質問」を依頼していた経済産業省原子力安全・保安院を厳しく批判した。
…やらせ質問に触れ、「(原発の)安全性をチェックする保安院が、推進する側のお手伝いを超えることをしてる。根本的な問題だ」として、保安院の経済産業省からの分離も含めた「原子力行政の抜本改革」を訴えた。

<やらせメール問題>
定期検査中の佐賀、玄海原発2,3号機の運転再開に向け、九州電力社員が、政府主催の「県民向け原発説明番組」に再会を支持するメールを送るよう子会社などに呼びかけた問題。番組内での賛否が逆転し、賛成意見が多数を占めた。当時の副社長の指示に基づき、同社が組織的に関与していたことが判明。九電は、過去に開かれた原発をめぐる住民向け説明会やシンポジウムなど計6回でも、社員や取引先に参加要請を重ねていた。

驚いたというより、「やっぱり」と思った人のほうが多かったのではないか。原発政策をめぐる世論の誘導に、経済産業省の原子力安全・保安院がかかわっていたことが分かった。★国が主催する原発のシンポジウムで、電力会社に「やらせ」の意見や質問を出すよう求めていたと言う。原発を規制・監督する保安院が推進する側に回っていたとしたら、日本には客観的に原発の安全性を検証する機関などなかったことになる。

お礼日時:2011/08/01 11:19

推進派の経済産業省の方が経済連と連携して力が強すぎたようです。


今後は、原子力安全委員会と保安員を一体化して、原子力委委員会と別個の独立した機関にとして、
それぞれ、推進派と安全監視の両極による相互監視を狙うものとは思います。
個人的には、どちらかというと安全・保安員が監視役としてきっちりと仕事ができる体制がよいとは思います。

天下り先は、人事の事なのでわかりかねます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

きっちりと仕事できる体制を歓迎します。

お返事ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 12:18

えーと、まず、そういうのは天下りとは言いません。



天下りというのは民間企業に就職することであって、
上記の3つは経済産業省所属の機関なので天下りではなくお役所仕事のままです。


で、東電には天下りの人材がいるので、
東電と原子力委員会等の癒着によりチェックが甘くなったのではないかと
言われているのです。


だから原子力委員会等を民間に委託して
チェック体制を厳しくするという案がすでに出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お役所仕事のままですか…。

いろいろ勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 12:10

違います。



二つが正しい。

原子力委員会がアクセルで、原子力安全委員会がブレーキ。この二つが議論を重ねて原子力の平和利用を進める。

アクセルとブレーキが引っ張りっこしているのが気に入らない別の推進者(=経産省)が第三の機関:原子力安全・保安院をつくったのが間違え。アクセルとブレーキが以外にもうひとつアクセルを付けた。こんなの運転出来んでしょ。

原子力の組織はアクセルとブレーキの二つに集約して、それぞれに責任と権限を集中しなければなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アクセル&ブレーキ担当役さんは、日本の最高頭脳の持ち主だから、しっかり仕事をしてもらいたかった。

わかりやすく書いていただきありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 12:09

ん? 3つまとめて潰すの??

    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が総理大臣だったら、(仕事できず使えない組織だから)「職務怠慢」でつぶします。

つぶされた人々は、多大な退職金をもらえます。さらに次の天下り先があるから生活は大丈夫です。

お礼日時:2011/04/16 11:58

おっしゃるとおり。



官僚どもの天下り先として存在しているだけです。

なんの責任も取らない。

そもそも「原発」とは国策では?
公的な面が強い東電といっても、いくらなんでも責任の押し付けすぎでしょう。

イラ管が東電に怒鳴り込んだどニュースでやってましてが、そんなことする前に報道すらも一本化していない官僚組織の天下り団体を解体して、現地に本部を作って実務をさせる。

すべての公務員の「諸手当」を凍結し復興資金に充てる。

この最悪の国難を境に国益よりも省益で利権を貪る「官僚天国」のシステムを断ち切り、国民のための税の使い方を確立させることが出来れば、日本の再建復興も出来るんじゃないかと思います。

いらない「公益法人」が数多くあり、公費のピンハネ額が大きすぎて民間にお金が回らない。

この国はおかしいです。

愚痴っぽい持論を展開してすみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に社会が硬直していますね。
いい事言うと思います。

これからも世の中の未来のために、ご活躍お祈りいたします。

お礼日時:2011/04/16 11:45

違います。

三つを一緒にするのは最悪です。

原子力保安員が経済産業省(原子力推進派)に握られているというのが、今回の惨禍を引き起こした原因の一つです。
本来原子力委員会(原子力の利用を考える部署)が経済産業相に付属し、原子力安全委員会が内閣に直属しその実行部隊として保安員が官僚人事と独立した人事で存在するのが本来の形です。(つまり安全委員会と保安員が一緒)

推進のための委員会が極端に高い地位に居て、安全を監視するべき部署が推進派に握られているのが現在の形です。
安全を管理する部署は、推進はとは切り離し絶対に独立させないといけません。
安全を監視すべき部署が一番高い地位に居て安全を監視する部署を指揮監督する必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

原子力保安委員は安全を監視できなかったので、職務を全うしていません。
職務怠慢です。


要領よく説明していただきありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 11:28

それぞれが発信しないとそれぞれの存在意義がなくなるので・・・


その為にバラバラに情報発信しているから余計混乱し、数値の信憑性がなくなっています。
どんな計算でも仮定条件が違えば結果は違ってきます。放出量を推定して計算してるので計算する人が違えば結果が違うのは当たり前です。
最小で考えるか、最大で考えるか、妥当と思われる線を推定するかの視点により変わります。
原子力関係は仕事をしない高級とりがごろごろいるようです。
でも政府がしっかりしていれば違った結果になっていたようにも思います。時間と金の浪費にしかならない偉い先生たちの会議しかできないようですので。
しかし、現場で働いている人には頭が下がります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通り現場で働いている人には頭が下がります。

私は今度の事故で、原発の1次被害の恐ろしさ、これからの2次被害の膨大さに驚いています。

一番最初にお返事いただきありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 11:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング